« ÖBBとWestbahnがWien-Salzburg間の列車を減便か | Main | 国境を越えたペット売買が横行 »

February 09, 2021

2月8日から薬局で無料検査を実施

2021020810オーストリアでは2月8日にCovid-19に関する規制が一部解除されました。制約はありますが、一般の商業施設や美容室などが営業を再開したことを待ちわびた皆さまも多いと思います。

一方で、チロル地方は南アフリカから渡来したと思われる亜種の感染が拡大しており、ロックダウンが検討されています。

そんな中、2月8日から、オーストリア全土約400の薬局で、コロナウイルスの迅速抗体検査を無料で開始しました。

ウィーンでは、従来の検査場に加えて79の薬局で無料検査を実施中です。

無料検査を受ける手順は、以下のようになっています。

2021020811 -検査を受けたい薬局に電話を入れ予約を入れる。
-当日はE-Cardを持って薬局を訪問する。
-薬剤師が検査標本を採取し、抗体検査を実施する。
-検査の結果、陽性の場合、本人が市当局に連絡し、指示を受ける。また、陰性の場合、薬局から検査証明書が届く。

さらにウィーン市では、薬局に出向かなくても無料で検査ができるプランを検討しています。

商工会議所などの協力を得て実施するもので、ドラッグストアチェーンBIPAで簡易検査キットを受け取ります。

自宅でWebで登録の上、サンプル採取(うがい方式だそうです)。サンプルをBIPAへ持ち込むと24時間以内に結果が通知されるというものです。

2021020812検査の拡大については、色々な意見があるようです。特にPCR検査も含めて検査精度に問題があり、複数の検査で違う結果が出るという話も耳にしました。

そのため、仮に検査で陰性になった場合、完全に問題がないと思い込むことはリスクが高いとも言われています。

ただ、オーストリアでは、とにかく徹底した検査で発症しない感染者を洗い出すことが対策の原点であるという考え方をとっているようです。そのため、検査機会を拡大している訳です。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

| |

« ÖBBとWestbahnがWien-Salzburg間の列車を減便か | Main | 国境を越えたペット売買が横行 »

Comments

一般に簡易テストと言われているものはAntiGenTestで、これ は抗原検査です。
現在感染しているのかがわかります。
AntiKörperTestは抗体検査で血液採取が必要になります。
過去に感染したかどうかがわかります。
この差を誤解している方が多くいます。
以下の言葉で検索すると正確な知識が得られます。

新型コロナのPCR検査、抗原検査、抗体検査。一体どう違うの?! | 内科総合クリニック人形町

Posted by: 小言幸兵衛 | February 09, 2021 23:49

BIPAのホームページを閲覧すると、店頭でCorona Selbst-Test von Lead Horizonは、現時点で1個59ユーロで販売されている様です。20個を一度に購入すると1050ユーロでお買い得です。残念ながら今のところは無料ではない様です。ウィーンの商工会議所などの協力が実現する事を切望しています。

Posted by: 小言幸兵衛 | February 10, 2021 21:48

小言幸兵衛様

貴重な情報、ありがとうございます。現在、パイロット・プロジェクトとして、ウィーンのエッセンシャルワーカーを対象に、ウィーン商工会議所の協力のもと、無料でテストを実施しているようです(企業については、申し出が合った場合、その従業員が対象となります)。ウィーンの新興企業 Lead Horizon社が開発した検査方法(うがいを使う方法)を使っていると紹介されています。
パイロット・プロジェクトを通じて、様々なデーターを収集した上で、ウィーン市では、一般の人を対象にした無料検査に拡大するかどうかを検討する模様です。なお、現時点では、3月頃、結論が出るようです。

Posted by: Feri | February 11, 2021 03:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ÖBBとWestbahnがWien-Salzburg間の列車を減便か | Main | 国境を越えたペット売買が横行 »