« U2×U5工事で路面電車が部分運休 | Main | ÖBBがウィーン市内でレール削正作業を実施中 »

February 05, 2021

子供たちと一緒にウィーンの街を再発見-Grätzl-Rallye-

2021020401ウィーンでは、Covid-19感染拡大で学校での対面授業が中止になるなど、子供たちへの影響も出てきています。

ロックダウンや在宅授業の結果、体育の授業や自転車通学もなくなり、子供たちは運動不足に陥っています。また、諸般の規制によりスポーツの機会も限られています。

2月8日からは、一応、義務教育に関しては制限はあるものの対面授業が再開される予定ですが、色々な制約が伴うことでしょう。

そんな中、新鮮な空気の中、街中を散歩をしながら楽しむというコンセプトのGrätzl-RallyesをMobilitätsagentur Wienが提案しています。

2021020402このラリー(オリエンテーリング)は「Die Stadt & Du」という移動教育プログラムで、小学生を対象に、年齢に応じた方法で、積極的に、安全に、そして気候に優しい方法で街を移動する方法を体験を通じて修得するものです。

ただ、現在は学校単位で課外活動として「Die Stadt & Du」を実施することが難しい状況であるところから、個人や小グループで自主的に取り組み、運動不足を解消してもらおうというのがGrätzl-Rallyesです。

2021020404Grätzl-Rallyes、何かを集めて得点を競い合うフィールドゲーム「スカベンジャーハント」(直訳すると「ガラクタ集め」、欧米では一般的なフィールドゲームです)という手法を採り入れたものです。

ホームページから各区のラリー用ガイドブックがダウンロードできます。

なかなか凝った作りになっており、該当する区内のウォーキングルートをまわりながら、ガイドブックに出ている場所を見つけて、クイズに答えていくことで、地域の理解を深めるという素晴らしい内容です。

2021020405そして、回答もちゃんと用意されており、仮に自分たちで全ての場所を発見できなかった、設問に答えることができなかった場合、この回答(言わば種明かし)を見ることで、理解が深まるという構成です。

実際に自分たちで場所や答えを見つけたあとで、「種明かし」を見ることで、更に理解が深まることでしょう。

しかし、クイズの内容に16区を代表するホイリゲ10ER MARIEが出ているのは、さすがウィーン。

そして、19区版では、このブログでもご紹介したことがあるSetagayaparkもクイズとともに登場。という訳で、今回はラリー用ガイドブックと回答編を合わせてお目にかけることにしました。

Feriの散歩コースも多数、収録されており、ガイドブックの写真を見ただけで、場所が特定できるところも多数。

しかし、さすが奥の深いウィーン、まだ知らない場所も多数、存在しており、正に「ブログネタの宝庫」と言っても過言ではありません(笑)。

モビリティ担当のUlli Sima市議は“ウィーンを知る上で、徒歩ほど素晴らしい方法はありません”と述べていますが、これについては今まで、散歩を通じて、色々な発見をしたFeriも全面的に同意。

2021020403ガイドブックはwww.diestadtunddu.at から無料でダウンロードできます。本来、学校で行う課外活動では小冊子になったガイドブックを子供たちに渡すようですが、今回、個人利用なのでダウンロード版を使ってもらいという趣旨。

もちろん、子供同士で挑戦しても良いですし、家族で楽しむという方法もあります。

ウィーンにお越しになれない皆さまも、このガイドブックをダウンロードしてクイズに挑戦してみてはいかがでしょうか。なかなか楽しめると思います。

もっと、早く現地で回ってみたいという想いが募るのも困りものですが‥

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

 

| |

« U2×U5工事で路面電車が部分運休 | Main | ÖBBがウィーン市内でレール削正作業を実施中 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« U2×U5工事で路面電車が部分運休 | Main | ÖBBがウィーン市内でレール削正作業を実施中 »