« 祝 天皇誕生日 | Main | テロ犠牲者慰霊碑の除幕式が行われました »

February 24, 2021

Wiener Linienの2021年計画

2021022311今日は「Wiener Linienの2021年計画」をご紹介しましょう。

先日、ご紹介したようにCovid-19感染拡大によるロックダウン(住民の移動制限)で、Wiener Linienの利用者は前年より平均40%も減少しました。

なお、最初のロックダウン時には、80%減少しています。2020年の月別乗客数は左のグラフをご覧ください。ロックダウンの影響が顕著に出ていることが、よくわかると思います。

2021022312利用人数ですが、2020年は、地下鉄、路面電車、バスを合わせて約5億7400万人でした。ただ、地下鉄、路面電車、バスの利用者が車内で感染したという事例は報告されていません。

公共交通機関の利用者減少はウィーンだけではなく、ロンドンが95%、リヨンが90%、ブダペストが80%、ベルリンが75%となっています。

乗客数の減少は、Wiener Linienの収入減少につながります。特に観光客激減でシングルチケットや24時間パスなどの利用が伸び悩み、約1億1000万Euroの減収になりました。

2021022314反面、年間パス(シニアパス、ユースパスを含む)は2019年より減ったものの年間100万枚以上、発券されており、Wiener Linienが地元住民に支持されていることを伺わせます。

このデーターが右のグラフですが、年間パスは「基礎売上」となるだけにWiener Linienにとっては、貴重な売上と言えるでしょう。

次に住民の移動手段ですが、2020年はロックダウンの影響で、住民の行動が大きく制限されたため、公共交通機関の利用者が減った反面、徒歩や自転車での移動が増えています。

2021022313また、意外なことに自家用車での移動は2019年と同じ比率でした。つまり、自家用車による移動から公共交通期間や徒歩、自転車による移動が定着しつつあると言うことです。

このような結果を踏まえて、Wiener Linienではウィーン市からの支援を受けて、2021年に5億300万Euroを投資します。2021年の主な計画は、以下のとおりです。

○U2×U5建設プロジェクト
このブログでも再三お伝えしているように2021年はU2×U5建設プロジェクトが本格化します。

20210223162021年1月中旬、U2×U5 Rathaus駅とU5 Frankhplatz駅の建設工事が始まりました。2月には.U2×U3 Neubaugasse駅、U2×U4 Pilgramgasse駅、U2 Reinprechtsdorfer Straße駅の建設準備工事が始まります。そして、3月から全工区で工事が始まります。

2021年5月末には、U5になるU2区間(Rathaus-Karlsplatz間)にホームドアを設置するため、運転区間がSeestadt-Schottentor間になります。工事は約26ヵ月間の予定です。

2021022320○Wiener LinienはGreener Linienへ
環境保護を推進するため、停留所などの緑化、太陽光発電システムの導入などを推進します。また、環境負荷を軽減するため、公共交通機関の車庫を宅配便のサービス拠点とするRemiHubの試行を進めます。

○近距離サービスの充実
2020年はCovid-19感染拡大の影響を受けて、利用者の移動範囲が狭くなりました。

現在、公共交通機関と自転車シェアリング、カーシェアリングを結びつけるWienMobil-Stationenを7ヵ所運営していますが、2021年は最低でも5ヵ所増設されます。

2021022321右の写真は2020年に新設されたWestbahnhofのWienMobil-Stationenです。

そしてCityBikeの後継運営会社の公開入札を、EU全体を対象に実施します。入札結果を踏まえて、2022年からウィーン全域を対象としたCityBikeの発展形WienMobil Radが導入される予定です。

○新型車両の導入 2021022317
2020年に試作車が完成した注目の新型地下鉄X-Wagenですが、2021年も各種テストが継続されます。

営業許可が下りた場合、2022年から既存の地下鉄路線(U1からU4)で営業運転を開始します。

U5の第一期工事が完了した暁(2026年を予定)には、完全自動運転が実施されます。

一方、新型路面電車Flexityは、現在、16編成が導入されていますが、2021年は24編成が納入される予定です。

○セキュリティとサービス
2021022318現在、Wiener Linienでは約130名のセキュリティスタッフを擁していますが、2021年末には約145名に増員します。

Covid-19感染拡大の影響で公共交通機関利用者のマスク着用が義務づけられているため、このチェックも重要な業務。Wiener Linienのセキュリティスタッフだけでは対応できないため、民間の警備スタッフも導入しています。

○職員の採用
現在、Wiener Linienの従業員数は約8700名(これはウィーン市内最大級の雇用)ですが、新しい技術形職員(見習い職員)の採用も進めます。

2021022319○既存設備の改修
継続的に進められているU4リニューアルプロジェクトですが、2021年も継続実施されます。本年はFranz-Josefs-Kai、Marienbrücke-Dominikanerbastei間で、6月末から10月上旬にかけてトンネルや路盤の改修工事が行われます。

また、約172kmに及ぶ路面電車ネットワークを維持するため、約30件の軌道更新工事が実施されます。駅や車両基地でも、車両増加に備えて、設備の近代化や拡張工事が今年も行われます。

2021年の投資概要は、以下のとおりです。
-投資総額:5億300万Euro
-地下ネットワーク拡張:1億8500万Euro
-地下鉄網の近代化:8400万Euro
-新車取得:7900万Euro
-駅、車庫、車両基地近代化:2600万Euro
-軌道近代化改修:2500万Euro

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

| |

« 祝 天皇誕生日 | Main | テロ犠牲者慰霊碑の除幕式が行われました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 祝 天皇誕生日 | Main | テロ犠牲者慰霊碑の除幕式が行われました »