« 臨時更新 イースター休暇ロックダウン発動 | Main | ÖBBがコウノトリの営巣地を建設 »

March 26, 2021

U5への転換に向けてU2改修の具体的計画が決まりました

2021032510昨日、3月25日から東京オリンピックの聖火リレー(TOKYO 2020 OLYMPIC TORCH RELAY)が福島からスタートしたというニュースを耳にしました。

そこで、Feriのスクラップブックに張ってあった1964年のポスターをお目にかけましょう。50年以上前のポスターとは思えない素晴らしいデザインだと思いませんか。

2021032303今日は「U5への転換に備えて大規模改修工事が行われるU2の話題」をお伝えしましょう。このブログでも再三(しつこく)、お伝えしているU2/U5プロジェクトですが、新規建設区間と同時に注目されるのは、U5完成後はU5に組み込まれるU2のRathaus-Karlsplatz間大規模改修工事です。

U5は完全自動運転になるため、各駅にはホームドアが設置されます。3月22日、具体的な工事期間と代替え交通機関の詳細が発表されました。

まず、U2は2021年5月31日からSeestadt-Schottentor間の運行となります。工事完了日は、さすがに発表されませんでしたが、2023年秋まで工事が続きます。

注目される代替え交通機関ですが、U2Z系統という路面電車がSchotenring-Karlsplatz間に臨時運行されます。RingにはD系統、1系統、2系統、71系統が運行されているため、Schottentor-Karlsplatz間はピーク時、1分間隔で路面電車がやってきます。

2021032302これに加えて、地下鉄U1も運転本数が増加されます。U2とはPratersternで接続しているので、乗り換えは伴いますが、都心へ短時間で向かうことが可能です。

次に改修工事の内容ですが、Rathaus、Volkstheater、Museumsquartier、Karlsplatzの各駅に、合計144枚のホームドアが設置されます。

日本の東京メトロ南北線と同じくプラットホームと線路は完全に仕切られているため、約16000平方メートルのガラス壁が設置されます。

今回、はじめてU2区間の完成予想イラストが公開されました。場所はVolkstheaterで、プラットホームのラインカラーはU2。これは新鮮です。

2021032301この工事を行うため、プラットホームの線路側を解体することになりました。さらに完全自動運転に向けて、列車制御システムも一新される他、4.8km区間のレール交換を含めて、軌道システムも更新されます。

2023年秋までの工事期間中、駅内にあるエレベータ6基とエスカレータ10基が更新されます。駅構内の照明は、最新の省エネタイプのLEDに変更されます。また、視覚障害者の方のため、新たに触覚誘導装置が設置されることになりました。

この他、トンネルの一部を改修する計画も発表されましたが、この関係で2021年、夏に交通規制が実施されます。

20201218032023年秋、U2再開時にはRathaus-Karlsplatz間で、先行してホームドアが使用される予定です。

このブログでもお伝えしているようにU2/U5はRathausがジャンクションになります。そのためUniversitätsstraßeにある現在のU2トンネルは解体されます。

そして、Landesgerichtsstraßeに建設されるU5のFrankhplatzは、現在のU2トンネルとオープン工法で接続されます。

2021012102Rathaus-Karlsplatz間の運休を前にSchottentorでU2を折り返すための準備工事が5月28日から5月30日まで行われます。そのため、この期間、U2はSeestadt-Praterstern間の運行となります。

この関係で、Praterstern-Karlsplatz間にU2Z系統が運行されます。Praterstern行きのU2Zは、この3日間限り。ファンの注目を集めそうです。

Rathaus-Karlsplatz間の改修工事完了後の予定ですが、2023年秋からU2はSeestadt-Karlsplatz間の運行に戻ります。前述のとおり、ホームドアも使用されます。

U5はFrankhplatz-Karlsplatz間、U2ははSeestadt-Karlsplatz間の運行です。このことからもRathausはU2とU5の線路がつながるジャンクションになる訳です。地下のジャンクションですから、これは大規模工事。

2020121801その後、U5とU2延伸区間の工事は、それぞれ独立して行われます。そして、U5の第一工区が完成する2026年からRathaus-Karlsplatz間はU2とU5の両方が運行されることが発表されました。

2028年、U2の新区間Rathaus-Matzleinsdorfer Platz間が完成した時点で、U2はSeestadt-Matzleinsdorfer Platz間(途中駅はNeubaugasse、Pilgramgasse、 Reinprechtsdorfer Straße)に変更され、Rathaus-Karlsplatz間はU5だけが運行されるようになります。

建設中に運行系統が結構、変更される点が興味深いので、ÖBBのHauptbahnhofのように記録をしたいところ。果たしてFeriが記録できるかどうか‥それは誰にもわかりません。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

| |

« 臨時更新 イースター休暇ロックダウン発動 | Main | ÖBBがコウノトリの営巣地を建設 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 臨時更新 イースター休暇ロックダウン発動 | Main | ÖBBがコウノトリの営巣地を建設 »