« 75周年を迎えたMA48 | Main | オーストリア最大の太陽光発電プラントがウィーンで稼働 »

March 05, 2021

オーストリア航空 B767-300ERの引退始まる そして日本線再開は‥

2021030401 今日は「オーストリア航空機材引退の話題」をお届けしましょう。現在、世界各国の航空会社ではCovid-19感染拡大の影響を受けた業績低下を補うため、機材の整理を行っています。

オーストリア航空では長距離国際線用としてB777-200ER(6機)とB767-300ER(6機)を使用していますが、このうち、B767-300ERの半数を引退させることを決定。

退役機は、アメリカのMonoCoque Diversified Interests社に売却されましたが、3月3日、最初に引退した1機(登録番号OE-LAT)がウィーンを離れ、売却先のアメリカへ出発しました。

オーストリア航空が運航しているB767-300ERは、元々、ラウダエアが導入し、運航していた機材です。

20210304022004年、ラウダエアがオーストリア航空に吸収合併された際、移管された機材です。

アメリカへの輸送に際して、オーストリア航空の技術スタッフが機体のノーズギアドアに挨拶文を記入。オーストリア航空の運行乗務員も離陸前、“Servus”というオーストリア流の挨拶をかけました。

同機はOS1411便として、Flughafen Wien-Schwechaを7時55分に出発(スケジュールは7時)。大西洋を横断して、アメリカ・メイン州Bangor International Airportへ9時47分に到着しました。フライトタイムは7時間52分でした。

2021030403ここで通関手続きを済ませた同機は、3月4日、OS1413便と名前を変えて、アリゾナ州Marana Regional Airportへ向かう予定です。

Marana Regional Airportは郡が管轄する公共空港ですが、航空ファンには有名な場所。というのは換装した砂漠気候のため、退役した民間旅客機を保管しておくPinal Airparkという施設が存在するのです。

そのため、「最後の旅路」がMarana Regional Airport (Pinal Airpark)行きになるケースが大多数。

機齢が若い機材でも航空会社の都合などで、一時保管されるケースもあります。しかし、年数の経過した機材の場合、ここから現役に復帰するケースはなく、部品を外され、他機に転用されることが多いようです。

2021030405いわゆる「飛行機の墓場」的な存在。日本の航空ファンはPinal Airpark 行きを“砂漠送り”と言うこともあります。

“砂漠送り”にする際、自社のロゴなどを消す会社もありますが、公開されている写真を見ると、今回は、そのままの塗装でアメリカへ旅立ったようです。

なお、退役したOE-LATの総飛行時間は133000時間、19000回以上の離着陸を行っています。ちなみに同機の愛称は「Thailand」。

今後、OE-LAX(愛称:Salzburger Festspiele)が5月、OE-LAW(愛称:China)が本年後半に、それぞれ“砂漠送り”になる予定です。

ただ、オーストリア航空ではB767-300ERに代わる同サイズの機材導入計画はなく、当面は、現在のフリートで長距離国際線を回すことになるようです。

2021030404ところでオーストア航空日本線は、最近ではB777-200ERが使用されるため、同社のB767-300ERに搭乗するチャンスは少ないのですが、Feriは2009年1月に、ウィーン-北京間のOS63便でOE-LAE(愛称:Wiener Sängerknaben、ウィーン少年合唱団)に搭乗した経験があります。

別に北京に用があった訳ではなく、マイレージの特典航空券を手配している際、航空会社から北京経由ならばとれるという案内があり、同便を選んだもの。

まわりは中国のお客さまが中心で、いつもの日本線とは雰囲気が違ったことを覚えています。ちなみに北京から乗り継いだ成田行きのANA906便もB767-300ERでした。

この他、2012年、間合い運用でFrankfurt-Wine線に入った便でも搭乗したことがあります。こちらはOE-LAXでしたので、引退組です。

B767-300ERは、機体サイズが大きすぎず、小さすぎず、通路が2本あるため、以外と快適性が高い航空機です。また、日本も製造に参加している機体です。

しかし、オーストリア航空は面白い航空会社で、公式プレスリリースに機体の登録番号を明記し、航空ファンの期待に応えてくれます。

この他、先日、お伝えした夏ダイヤ(3月下旬から)のオーストリア航空日本線ですが、同社のホームページにスケジュールが掲載されるようになりました。3月29日のOS51便から運行再開のようです。

-OS51便:ウィーン13時20分発、成田7時25分着(翌日)
-OS52便:成田発11時05分、ウィーン16時05分

ただ、運航日については、不確定要素があるようで、4月前半はウィーン発が月曜日、木曜日、日本発は水曜日、土曜日となっています。しかし、4月16日からはウィーン発が金曜日と月曜日に、成田発が日曜日、水曜日になっているようです。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

| |

« 75周年を迎えたMA48 | Main | オーストリア最大の太陽光発電プラントがウィーンで稼働 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 75周年を迎えたMA48 | Main | オーストリア最大の太陽光発電プラントがウィーンで稼働 »