« 合理的な店舗設計 | Main | 修理バウチャー予算増額 第2弾スタート! »

March 01, 2021

Neue Marktの緑化プロジェクト

2021030103早いもので2021年も3月に入りましたが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。この1年間で、市民生活がここまで大きな変化を遂げるとは、Feriも全く想像ができませんでした。

さて、3月最初の話題はウィーン旧市街の名所「Neue Markt」の緑化プロジェクトです。

ヒートアイランド解消のため、積極的に緑化を進めるウィーンですが、先日のPratersternに続いて、Neue Marktの緑化プロジェクトが発表されました。

2021030107現在、Neue Marktでは民間資本(Neuer Markt Garagenerrichtungs-und Betriebs GmbH、Best in Parking & Real Estate AG)により、地下駐車場の建設が進められています。

この駐車場工事と連動して、ウィーン市が地上部分の緑化プロジェクトを行うことが決まりました。

訪問された方も多いと思いますが、Neue Marktは、Kärntner Straß、Graben、Albertinaplatzなど、旧市街のランドマークの入口になっている約6200平方メートルの広場です。

2021030108

中央にDonnerbrunnenがありますが、基本的に都市中心部の広場なので、緑が少ないのが難点。ちなみに右の写真は駐車場工事が始まる前のものですが、ご覧のように樹木はありません。

そこで、今回、民間資本による大規模な地下駐車場の建設に合わせて、地上部分の緑化が決まったものです。

緑化後のイメージは冒頭のイラストをご覧ください。今までとは随分、雰囲気が異なると思います。

まず、日陰をつくるため、樹齢25年、高さ10メートルの樹木6本(ウィーン市の発表ではXLサイズ)を設置します。ただ、地下駐車場の上なので、御影石製の基部が準備されます。この基部のまわりには木製のベンチが取り付けられます。

2021030106また、一部の樹木周囲には多年草の草花が植えられます。この他、小さな木を植えた移動式大型プランター15基も設置されます。

この付近には地下鉄U1の換気口がありますが、これも周囲を緑化することが決まりました。さらに、利用者に涼を提供するミストシャワーも設置されますが、水は樹木の灌漑用を兼ねています。

今回、注目されるのは広場の舗装です。場所柄、芝生や土にする訳にはいきませんが、熱の蓄積を軽減する淡い色の花崗岩が使用されることになりました。

2021030105また、広場の照明には全面的にLEDが採用されることが発表されています。

地下駐車場工事に合わせて、MA31がDonnerbrunnenの改修作業も進めており、2022年秋までにはNeue Marktのリニューアル工事が完成する予定です。

余談ですが、20世紀前半までNeue Marktには路面電車が乗り入れていました。1942年、58系統がRing Straße発着に変更され、1948年、Neue Marktへの路線は閉鎖されています。

20210301042019年1月から建設が進められている地下駐車場の概要ですが、駐車スペースは364台(充電スポット付き駐車スペース19台)で、Tegetthoffstrasseから地下1階に入り、Helmutの地下2階からZilk Platzへ出る構造です。

場所柄、再開発工事の際、ローマ時代の遺跡が数件、発見されています。

ところで、このニュースを見ている時、2007年7月、イギリスへ行った帰り、猛暑のウィーンに立ち寄ったことを思い出しました。

2021030102この時、エアコンが完備しているホテルの方が吉というはっぱさんのアドバイスで、Neuer Marktに面したHotel EUROPAに宿泊。

滞在中の気温ですが、早朝が25度、夕方でも36度を越えており、エアコン付きのホテルで本当に助かりました。

今では新しいホテルはエアコン付きが当たり前になっていますが、2007年頃は、まだ少なかったような気がします。

2021030101 エアコン完備のホテルが増えたのも、気候変動の影響によるものなのかもしれません。

話が横道に逸れましたが、今後、旧市内の広場などでも緑化が進められそうな気がします。

最後の写真は、この手の話題では、必ず登場するウィーン市議など、本プロジェクトの推進に関わった関係者の皆さまです。政策実行能力のアピールに余念がありませんね。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

| |

« 合理的な店舗設計 | Main | 修理バウチャー予算増額 第2弾スタート! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 合理的な店舗設計 | Main | 修理バウチャー予算増額 第2弾スタート! »