« 国有地でUrban Gardeningを楽しもう | Main | 今秋、シェーンブルン宮殿にImperialer Heuriger "Joseph II."誕生へ »

March 19, 2021

公設シャニガルテン“Gastroinseln”計画

2021031806先日、このブログでもお伝えしたウィーン市が開設する公設シャニガルテン(öffentlichen Schanigärten)ですが、“Gastroinseln”という名称になるようです。

ウィーン市からは公式発表はありませんが、こちらのマスメディアが断片的な情報を伝えていますので、おぼろげながら計画の概要が見えてきました。

ウィーン市の担当者は、3月16日、各区に開設予定場所を呈示し、理解を求めているようです。

中央会場となるのはStadtparkで、ここには合計10ヵ所のGastroinselnが開設予定。予定されている場所の多くは公園内で、道路や交通量の多い広場は除外されるもようです。

ウィーンでは、各種Festでは道路や広場を通行止めにして会場にするケースがありますが、今回は、開設期間が3ヵ月間と長いため、このような方法は避けられたようです。

2021031802公設シャニガルテンのコンセプトも決まったようです。食事と飲み物を提供するSpeis-und-Trank-Inselnは約150平方メートルで、最大8つのテーブルに32席が設けられます。

トップの写真は、Covid-19感染拡大が発生する前のFilmFestivalですが、恐らく、このようなイメージになるのでしょう。

このブログでもお伝えしたことがありますが、自店前の道路などにシャニガルテンを仮設する場合、市当局の許可を得た上で、設置者が使用料を支払います。

今回の公設シャニガルテンも、このルールが適用され、通常の料金(Schanigartentarif)を支払う必要があります。

2021031801これは、売上に関係なく、土地の使用料なので、お客さまが予想よりも入らなかった場合、設置者にとっては持ち出しになります。

通常、店舗前の公道に設置したシャニガルテンでは、トイレは店内のものを使います。しかし、今回は公園内であるため、仮設トイレが2ヵ所設置されます。

3枚目と4枚目写真は2014年5月、Stadtparkで開催された「GenussVestival」のものですが、密集度は違いますが、このようなイメージになるかもしれません。

今回は、基本的にシャニガルテンでの飲食を前提にしていますが、テイクアウトも可能。そのため、キッチンと倉庫を備えた小屋(ヒュッテ)が各サイトに設けられることになりました。

2021031804利用希望者は、運営コンセプトを提出した上で、当局の審査を受けることになります。また、期間中、多くのレストランやバーの経営者が利用できるように、1月単位で交代。また、割り当てには、その地区に店を構える業者が優先されます。

KURIER紙がすっぱ抜いた開設予定地を示した地図です。この計画に対して、Innere Stadt(1区)は、反対を表明。

というのは、1区の場合、多くのレストランが店前の道路にシャニガルテンを設置しているため、必要性が低いという訳です。また、テイクアウトを可能にすると、逆に混雑が激しくなるのでは‥という懸念も示しています。

2021031803また、オーストリア国民党(ÖVP)は中央会場となるStadtparkの仕様には反対しており、動議を提出することも視野に入れているとか‥

現時点で、ウィーン市が予定している会場は以下のとおりです。
-1区:Stadtpark、Schillerpark、Beethovenplatz
-2区:Venediger-Au-Park、Mexikoplatz
-3区:Schwarzenbergplatz、Schweizergarten
-4区:Resselpark
-5区:Rote-Erde-Platz、Sallinger-Park
-6区:Fritz-Grünbaum-Platz、Christian-Broda-Platz
-7区:Strauß-Park、Weghuberpark
-8区:Hamerlingpark、Schönborn-Park
-9区:Arne-Karlsson-Park、Freud-Park
-10区:Helmut-Zilk-Park、Kurpark Oberlaa
-11区:Park am Leberberg、Parkanlage Seeschlachtweg
-12区:Bruno-Pittermann-Platz
-13区:Hügelpark
-14区:Matznerpark、Baumgartner Casino近くの広場
-15区:Reithofferplatz、Auer-Welsbach-Park.
-16区:U3終点Ottakring付近、Ottakringer工場付近
-17区:Lorenz-Bayer-Park、Nöstlinger-ParkまたはDornerplatz
-18区:Türkenschanzpark
-19区:Heiligenstädterpark、Hilde-Spiel-Park
-20区:未定(来週、候補地決定の予定)
-21区:Hedwig-und-Johann-Schneider-Park、 Wasserpark
-22区:Hannah-Arendt-Park、Donaupark
-23区:Liesinger Platzl、Nansen-Park

2021031807 このリストは、あくまでも候補地であり、最終決定ではありません。集中を防ぐため、原則として各区ともに2ヵ所開設する計画のようです。

Feriのホームグラウンドとなっている16区は、ほぼ予想どおりでした。また、18区のTürkenschanzparkも 訪ねたことがありますが、案内図のように、緑の多い広い公園なので候補地としては適しているかも知れません。

いずれにしても、やる気満々のウィーン市。最終的な発表を待ちたいと思います。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

H_banner

| |

« 国有地でUrban Gardeningを楽しもう | Main | 今秋、シェーンブルン宮殿にImperialer Heuriger "Joseph II."誕生へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 国有地でUrban Gardeningを楽しもう | Main | 今秋、シェーンブルン宮殿にImperialer Heuriger "Joseph II."誕生へ »