« 修理バウチャー予算増額 第2弾スタート! | Main | 75周年を迎えたMA48 »

March 03, 2021

“Du bist fahrtastisch!”お客さまに感謝 Wiener Linien

2021030221日本では、3月3日は「ひな祭り」。こちらでは、イースターを前にレストランやカフェのシャニガルテン営業再開を検討する動きが出ています。

さて、今日は3月1日に行われた「Wiener Linienの興味深いアクション」をご紹介します。

先日、お伝えしたように2020年はCovid-19感染拡大によるロックダウンなどの影響で、Wiener Linienの利用者は大幅に減少しました。

しかし、そんな中でも利用するお客さまがゼロになった訳ではありません。また、年間パスの発行枚数も100万枚を超えています。

このようにお客さまから支持されているWiener Linienですが、感謝の気持ちをお客さまに伝えようというアクションを3月1日に実施しました。

日本では知られていませんが、3月1日は「World Compliment Day」(Tag der Komplimente)。感謝の言葉やほめ言葉を具体的に相手に伝えることで、関係者の気持ちを幸せにしていこうというもの。2000年に入ってから、オランダの専門家が提唱したそうです。

2021030222通常は、自分の身近な人たちや、自分ために毎日のサービスを提供している人々(公共交通期間のスタッフ、店舗やレストランのスタッフなど)に出会ったとき、笑顔で“ありがとう”という感謝の気持ちを現すのが基本ですが、Wiener Linienの試みは、この逆というのが、何ともユニークです。

今回、Wiener Linienでは「Tag der Komplimente」合わせて、お客さまに感謝の気持ちを込めた認めたメッセージボードを従業員が掲げました。

メッセージの内容ですが、“Du bist fahrtastisch”“Du bist mein Öffi-Hero”など、普通では恥ずかしくて言えないようなメッセージが満載。メッセージボードの写真はWiener Linienが公開したものです。

2021030223もちろん、こういったアクションに対して、否定的な見方をする人もいますが、「感謝の気持ちを伝える」というのは大切なことだと思います。

しかし、当日、車内から、このメッセージボードを持ったスタッフを見かけたお客さまも驚いたことでしょうね。

なお、この他、Wiener Linien関連の話題としては、3月8日の「国際女性デー」に合わせて、1系統に特別塗装のULF「Frauentags-Straßenbahn」が運行されています。

3月8日は通常、「世界女性デー」を記念して様々なイベントが開催されますが、時節柄、今年はオンライン開催となりました。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

| |

« 修理バウチャー予算増額 第2弾スタート! | Main | 75周年を迎えたMA48 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 修理バウチャー予算増額 第2弾スタート! | Main | 75周年を迎えたMA48 »