« ウィーン市が子犬の違法取引に対する訴訟を開始 | Main | 工事が進むSchloss-Restaurant Cobenzlで定礎式実施 »

April 24, 2021

5月19日から規制緩和 経済活動再開

2021042502このブログではお伝えしていませんでしたが、最近、ウィーン近郊で地震が発生しています。先週火曜日にはNeunkirchen地域でマグニチュード4.4の地震が発生。

土曜日(24日)にも、余震と思われる地震が観測されています。日本では、この程度の地震で驚く人は少ないと思いますが、何しろ「地震がない国」なので、それなりに騒ぎになっています。

さて、日本では4月25日から3回目の緊急事態宣言が出されましたが、オーストリアでは、連邦政府が5月19日から規制を大幅に緩和することを発表しました。

まだ、グリーンパスポート制度が正式に導入された訳ではありませんが、これを見越しての規制緩和です。つまり、「予防接種を受けているか、検査を受けているか、快復しているか」が自由な活動の前提条件となる模様です。

2021042401観光立国オーストリアとしては、海外からの観光客も含めて、ある程度のリスクを承知の上で、規制緩和に舵を切った形です。

○入国制限の緩和
5月19日から、グリーンパスポートを提示した場合、発生率の高い地域からのゲストを除き、検疫要件は撤廃されます。

○飲食店
長らく営業禁止となっていた飲食店ですが、屋内・屋外ともの営業が許可されます。ただし、利用時にはFFP2マスク着用が義務づけられます。なお、飲食中(テーブルでは)マスクを外すことができます。
昨年同様に、利用者は自分名前、連絡先などを登録する必要があります。
屋内では各テーブルは最大4名、屋外では最大10名が同じテーブルにつくことが可能です。なお、屋内の場合、座っての喫食だけでカウンターなど、スタンディングはソーシャルディスタンスを確保できないため禁止。ビュフェについても衛生基準をクリアしていれば、営業可能です。テーブル間の間隔は2メートルです。
これが実現するとFeriが大好きな「黄昏のシャニガルテン」を満喫できることになります。

2021042504○ホテル
通常どおり、営業が再開されます。ただし、利用時にグリーンパスポートの提示が必要です。当たり前ですが、なお、ホテル内レストランについても22時までの営業となっています。

○文化関連行事
各劇場は2020/20シーズン後半ですが、劇場では最大定員1500名と入場人数を絞って公演再開が許可されます。劇場内ではFFP2マスク着用が義務づけられるほか、座席の間隔も空けられます。
なお、屋外の場合、座席指定の場合、3000名まで許可。座席指定のないイベントは入場人数が50名に制限されます。なお、終演は22時。最近はVolksoperでは22時の終演が多いので、大きな問題にはならないかもしれません。
このような制約の中、各劇場がどのように公演を再開するかが注目されます。

2021042501○スポーツ FFP2マスクは、屋内スポーツ(フィットネスクラブを含む)の、すべてのエリアで着用する必要がありますが、スポーツ中は着用が除外されます。
さらに1人あたり2メートルと20平方メートルの距離規制が適用されます。なお、ハンドボールやホッケーなど選手同士が接触する競技では除外されます。利用者登録とテストは、飲食店と同じ。
屋外のスポーツでは、選手同士の接触を伴う競技のみ選手にテストが義務づけられます。チームスポーツは、最大10名まで一緒にプレイできます。これはサッカーを想定しているようです。

○レジャー施設 スパ、プールなどのレジャー施設を利用する場合も、グリーンパスポートの提示が必要です。
さらに、2メートルの距離規制に加えて、屋内の場合、1人あたり20平方メートルを確保するというルールが適用されます。

○学校 日本在住の皆さまには関係がありませんが、親御さんが心配している学校は5月17日から対面授業が再開されます。なお、学校では検査が週3回行われます。

2021042505今回の規制緩和に際して、連邦政府は国民に向けて「パンデミックが完全に治まった訳ではないので、引き続き注意して欲しい」というメッセージを発表しています。

さて、日本では現在のところグリーンパスポート制度導入の動きがないため、仮にオーストリアを訪問する場合、個別に証明書を用意する必要がありそうです。

このあたりの情報に関しては、しばらく調べる必要があると思います。「夏のバカンス」に向けて動き出したオーストリア。さて、どんな結果になるでしょうか。

余談になりますが、先日、FeriはPCR検査を実施しました。結果は、検査時点では陰性でした。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

| |

« ウィーン市が子犬の違法取引に対する訴訟を開始 | Main | 工事が進むSchloss-Restaurant Cobenzlで定礎式実施 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ウィーン市が子犬の違法取引に対する訴訟を開始 | Main | 工事が進むSchloss-Restaurant Cobenzlで定礎式実施 »