« 3-Gルールが始まりました | Main | 5月20日は「ミツバチの日(Tag der Biene)」 »

May 22, 2021

祝営業再開 ウィーン市長と商工会議所会頭がCafé Frauenhuberを利用

2021052011今日も「ロックダウン解除にまつわる話題」をお届けしましょう。

ウィーンの飲食店は、半年以上も営業が禁止されていました。持ち帰り以外は全面的に営業禁止でしたから、今回の営業再開を待ち望んでいたウィーン子も多いと思います。

皆さまもご存じにようにウィーンの伝統的カフェハウスは、単なる飲食店というより、「第2の居間」と言われるように、特別の存在。

5月19日、営業再開、初日の朝、Michael Ludwig市長とWalter Ruckウィーン商工会議所会頭が揃って旧市街にあるウィーン最古のカフェハウス「Café Frauenhuber」を訪れたというニュースが入ってきました。

2021052012集まった記者団に対して、Michael Ludwig市長は、“ここ数週間、ウィーンが厳格な防護措置をとっていたおかげで、感染拡大が抑制され、病床の使用率が予想よりも早く減少しました。それが今回の営業再開につながっています”と述べました。

そして“しかし、状況は依然として深刻です。営業再開に感染のリスクを可能な限り低く抑えるための保護措置が必要です”と、昨日、後消化した5-Gルールの重要性を訴えました。

ちなみに商工会議所会頭も、2021年になってはじめてカフェハウスを訪れたとのこと‥日本とは大変な違いですね。

20210520155月19日の飲食店営業開始後、ウィーン市は警察と協力して、各飲食店が決められたルールを遵守しているかをチェックしています。

左がウィーン市が公表した立入検査時の写真ですが、制服警察官が同行しており、日本のように民間人による「見回り」とは体制が大きく異なることがわかると思います。

もちろん、これは法令に基づくものなので、立入検査を受けた飲食店も協力せざるを得ません。仮に不備があれば、営業禁止になってしまいますKので‥

なお、カフェハウスをはじめとする飲食店を利用する場合、お客さまは商工会議所とウィーン市が共同開発したシステムにより、ゲスト登録をすることが義務づけられています。

2021052013

来店時、スマートフォンでQRコードを読み取り、必要なデータ-(氏名、電話番号、電子メールアドレスなど)を入力します。そして、退店時には、再度、スキャンし、滞在時間を明確にすることになっています。

一方、ウィーンの宿泊施設ですが、4月の宿泊者数は前年比16.3%増加しましたが、Covid-19感染拡大前の2019年に比べると、わずか5%という惨憺たる結果。それだけに、関係者は規制緩和を待ちわびていたことでしょう。

2021052014一方、「うがいによるPCR検査」ですが、ウィーン市では「Alles gurgelt!」キャンペーンの一環として、対面授業が再開された学校の学童・生徒にも拡大することを発表しました。

自宅で「うがいによるPCR検査」を実施し、検体を学校に設置された回収ボックスに投入するというシステムです。

一方、ワクチン接種ですが、オーストリアではアストロセネガ製とファイザー製の2種類が使用されています。

ただ、アストロセネガ製のワクチンを接種した若い方に血栓症の副作用が出たことから、一時、同社のワクチン接種が中断され、接種対象の見直しが行われているようです。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

| |

« 3-Gルールが始まりました | Main | 5月20日は「ミツバチの日(Tag der Biene)」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 3-Gルールが始まりました | Main | 5月20日は「ミツバチの日(Tag der Biene)」 »