« ドナウ氾濫原 | Main | ウィーンのパーキングチケットシステム問題 »

May 07, 2021

X-Wagenの愛称が「FeliX」に決まりました

20210507025月6日、専門家との意見交換を終えたMichael Ludwig市長とChristoph Wiederkehr副市長が5月19日からの規制緩和を正式に発表しました。

適切なセキュリティコンセプトを備えた飲食店、ホテル、文化施設、レジャー施設、スポーツ施設が再びオープンします。学校は5月17日から教室での対面授業を開始します。

これはロックダウンにより人口10万人当たりの感染者数(発生率)と病院のベッド占有率が大幅に低下したことが要因です。

ただし、信頼性の高いPCR検査(無料)を受けて陰性証明書を取得することが前提。

なお、ウィーン市では特別編成チームが市内を巡回し、飲食店、ホテル、文化施設などの営業条件をチェックすることも発表されました。

2021050703さて、先日、このブログでもお伝えしたWiener Linienの新型地下鉄車両X-Wagenの愛称が投票の結果、決まりました。決まった愛称は「FeliX」。

インターネットの専用サイトを使ったオンライン投票には約2週間で、約44000名が参加。得票率40%を獲得したのが「FeliX」でした。

2週間で44000名が投票したということで、Wiener Linienは“利用者の期待が高いこの表れである”と分析しています。

愛称が決まったことを受けて、先頭部運転室横には特別にデザインされたロゴステッカーが貼られました。ちょっと控え目な感じです。

2021050701X-Wagenは、現在、先行試作車1編成を使って各種適合テストを実施していますが、平行してウィーンのSimmeringにあるSiemensで量産車の製造も進められています。

第2編成は2021年末にWiener Linienに引き渡される予定ですが、2022年には5編成が製造される計画になっています。

最後に投票結果をお伝えしましょう。
-FeliX:17544票
-MaXi:7246票
-Xandi:5990票
-Xenia:5117票
-Xaverl:4992票
-Xyla:2658票

さて、皆さまお気に入りの愛称は上位に入りましたか?

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

| |

« ドナウ氾濫原 | Main | ウィーンのパーキングチケットシステム問題 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ドナウ氾濫原 | Main | ウィーンのパーキングチケットシステム問題 »