« バーデン市立劇場の夏プログラム | Main | 今年は6月19日に開催“25. Wiener Regenbogenparade” »

June 09, 2021

ÖBBが進めているウィーン-ブラチスラバ間の複線化

2021060702今日は「ÖBBが進めているウィーン-ブラチスラバ間の複線・電化計画」の話題をお伝えしましょう。

現在、ÖBBではウィーン-ブラチスラバ間の所要時間を15分間、短縮するため、2016年9月からオーストリア国内(37km)の複線化と電化工事を進めています(Projekt „Twin City Rail“)。

現在、Siebenbrunn-Leopoldsdorf-Schönfeld-Lassee間の複線・電化工事が進められています。同時に利用者の利便性を向上させるため、各駅の近代化(バリアフリー化、P&R化を含む)も進められています。

今回、Schönfeld-Lassee-Siebenbrunn-Leopoldsdorf間の複線化工事では、高速線路敷設装置を使用し、わずか数日で5km以上の線路を敷設しましたその間、列車の運行も停止されませんでした。

2020年4月にRaasdorf 駅、2020年12月にGlinzendorf駅、Siebenbrunn-Leopoldsdorf駅、Breitensee駅の近代化が完了。

2021060701

2022年9月にはSchönfeld-Lassee駅の近代化工事が完了する予定です。沿線の陸橋やアンダーパスは、半分以上が完成しており、すでに通行可能になっています。

全体の工事は、三つのセクションに分けて行われています。最初のセクション、Wien Stadlau-Wien Aspern Nord間は2016年9月から2018年12月まで複線・電化工事が行われました。

工事完成後、Hauptbahnhof Wien-Wien Aspern間にS80が30分間隔で運転されるようになりました。

2021060703第2セクションはSiebenbrunn-Leopoldsdorf-Schönfeld-Lassee間の複線化。この区間では踏切が全て廃止され、陸橋またはアンダーパスに切替られます。

そして、2021年4月から、第3セクション3番目の複線化の工事が始まりました。オーストリア国内については、2025年12月に複線化が完了する予定になっています。

ご存じのようにウィーン-ブラチスラバ間は、鉄道に加えて、高速道路、ドナウ川を航行する高速船という三つの交通手段があり、激しい競争が繰り広げられています。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

| |

« バーデン市立劇場の夏プログラム | Main | 今年は6月19日に開催“25. Wiener Regenbogenparade” »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« バーデン市立劇場の夏プログラム | Main | 今年は6月19日に開催“25. Wiener Regenbogenparade” »