« 連邦軍が電気自動車を導入 | Main

June 13, 2021

30 Jahre Film Festival auf dem Wiener Rathausplatz

2021061101昨年、Covid-19感染拡大下でも万全の対策を施して実施された.「Film Festival auf dem Wiener Rathausplatz」ですが、30周年を迎える2021年は、7月3日から9月4日までの64日間、開催されることが発表されました。

オーストリア連邦政府は7月1日からイベントエリアの全面開放を予定しており、ウィーン市では連邦政府の規制に則った開催を実施すべく、現在、計画の詳細をつめています。

詳細は追って発表されますが、入場無料ながら、場合によっては昨年と同じような予約制が採用される可能性があると思います。

もちろん、音楽映画の上映だけでなく、レストランの屋台も出店され、お食事を楽しみながら作品を観ることができます。正に「夏のお楽しみ」。

2021061103記者会見でMichael Ludwig市長は“市庁舎前広場で開催される映画祭のないウィーンの夏は考えられません。今からちょうど30年前、初めて開催されたユニークなイベントです。それ以来、ウィーンの人々やオーストリアや海外からのゲストの心を掴み、イベントカレンダーには絶対的な存在となっています。なぜなら、ウィーンの市庁舎前広場で開催される映画祭は、他のどの映画祭よりも純粋な生きる喜びを表現しているからです。”と述べています。

気になるプログラムは、すでに発表されていますが、各日原則として1演目の上映です。以前はクラシック音楽が中心でしたが、近年では幅広いお客さまに楽しんでもらうというコンセプトの下、ポップスやジャズなどの作品も上演されるようになりました。

2021061102ちなみにオペラは、以下の作品が上演されます。
-7月7日:La Traviata(2021年Wiener Staatsoper)
-7月14日:Turandot(2019年Gran Teatre del Liceu, Barcelona)
-7月23日:Zazà(2020年Theater an der Wien)
-7月28日:Don Pasquale(2019年Royal Opera House, Covent Garden)
-8月3日:Carmen(2021年Wiener Staatsoper)
-8月9日:Platée(2020年 Theater an der Wien)
-8月18日:Cosi fan tutte(2005年Salzburger Festspielen)
-8月27日:Madama Butterfly(1974年)
-9月4日:Il Trovatore(2019年Arena di Verona)
この中で、Cosi fan tutteはAnna Netrebko、Rolando Villazón、Thomas Hampsonが出演した作品ですね。

また、オペレッタは3作品が上演されます。
-7月9日:Gräfin Mariza(2018年Mörbisch)
-8月13日:Eine Nacht in Venedig(2015年Mörbisch)
-8月23日:Die Fledermaus(2011年iener Staatsoper)

ウィーンでは、ロックダウン解除後、様々なイベントが再開されました。今夏、30周年を迎えるフィルムフェスティバルが成功することを期待したいところです。

なお、プログラムの詳細はこちらからどうぞ。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

| |

« 連邦軍が電気自動車を導入 | Main

Comments

いつもブログを楽しみにしています。お変わりございませんか。読者になって10年ほどになります。いつもはほぼ毎日更新されているのに、6月13日から10日以上更新されていないので、心配しております。私はウィーンの街が好きで、2020年に7回目の訪問を計画していたのですが、コロナ禍のためできませんでした。それだけにいつもFeriさんのブログを楽しみにしています。

Posted by: hokkaikazu | June 24, 2021 00:55

私も同じく心配しております。どうかお大事になさってください。また再開されることを楽しみにしております。

Posted by: 小言幸兵衛 | June 24, 2021 12:58

ウィーン在住のものです。毎晩、寝る前に最新記事を読むのを楽しみにしておりましたところ、記事が追加されなくなって心配しております。再開を心待ちにしております。

Posted by: Naohiko | June 28, 2021 11:08

体調不良でご入院中と伺いました。早いご快復をお祈り申し上げます。
ブログの再開を待っています。

Posted by: はなこ太郎 | July 01, 2021 10:08

以前、失礼と思いながらもコメント欄にて記事と関係の無いウィーン観光について質問しましたところ、ご親切な回答を頂き感謝をいたした者です。お体の回復をお祈りし、ブログの再開を待っております。

Posted by: | July 02, 2021 01:13

1日も早いご快復をお祈り申し上げます。
ブログの再開を心待ちにしております。

Posted by: | July 07, 2021 01:04

わたしもウィーンに住んでいたことがあります
鉄道情報等 いつも楽しみにしております
また再開される日を待っております 

Posted by: | July 09, 2021 13:29

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 連邦軍が電気自動車を導入 | Main