« オーストリア航空からターボプロップ機が引退 | Main | Raimund Theaterが新装オープン »

June 04, 2021

2021/22国立歌劇場プログラム

2021060403例年より2ヵ月遅れて、6月3日、11時30分から国立歌劇場の舞台でBogdan Roščić、 Philippe Jordan、Martin Schläpferによる「2021/22シーズンプログラム」有料公開プレゼンテーションが行われました。

従来は、報道関係者を集めてプレゼンテーションをするのが通例でしたが、プレスを中抜きにして、いきなり音楽愛好家を対象に実施するとは、正直、驚きました。しかもORFⅢ(タイムシフト中継)とYouTube(同時中継)で中継するという念の入りよう。

確かに、この方式の方がインパクトは大きいですね。しかも、単なるプレゼンテーションだけでなく、オーケストラの演奏や歌手のアリア、バレエが入るなど、見どころ、聴きどころ満載。ご覧になったファンの方も多かったと思います。

 それでは、プログラムの概要をご紹介しましょう。なお、シーズンは9月3日の「TOSCA」で幕を開けます。時節柄、オープンハウスは開催されないようです。

また、通常は6月末でシーズンが終わりますが、今回は7月8日まで上演されることになりました。フィナーレは「ROSSINI GALA」となっています。

2021060401Premiere
来シーズン、オペラのPremiereは5作品です。
Il Barbiere di Siviglia(2021年9月28日)
Don Giovanni(2021年12月5日)
Wozzeck(2022年3月13日)
Tristan und Isolde(2022年4月14日)
L'orfeo(2022年6月11日)
「Wozzeck」(ヴォツェック)はオーストリアの作曲家アルバン・ベルクが作曲した3幕のオペラ。「L'orfeo」(オルフェオ)はクラウディオ・モンテヴェルディが作曲した5幕からなるオペラ。

Feriは、昔ながらの雰囲気を伝える「Il Barbiere di Siviglia」が好きだったのですが、いよいよ新演出で雰囲気が一変しそうです。

2021060402レパートリー(再演を含む
Mozart作品
「LE NOZZE DI FIGARO」、「DIE ENTFÜHRUNG AUS DEM SERAIL」、「DIE ZAUBERFLÖTE」の3作品。例年ですと上演回数が比較的多い「DIE ZAUBERFLÖTE」ですが、来シーズンは少なくなっています。

Wagner作品
「DER FLIEGENDE HOLLÄNDER」(再演)、「PARSIFAL」、「DAS RHEINGOLD」、「DIE WALKÜRE」、「SIEGFRIED」、「GÖTTERDÄMMERUNG」と充実しています。ワーグナーものには力が入っている感じがします。

Verdi作品
「FALSTAFF」(再演)、「LA TRAVIATA」、「OTELLO」、「NABUCCO」、「DON CARLO」(再演、イタリア語版)、「MACBETH」、「RIGOLETTO」の7作品。ヴェルディものは人気がありますからね。

Puccini作品
「TOSCA」、「LA BOHÈME」、「MANON LESCAUT 」(再演)の3作品ですが、定番が並んでいます。

Strauss作品
「SALOME」、「DER ROSENKAVALIER」、「CAPRICCIO」の3作品。こちらも定番です。

現代オペラ
「DAS VERRATENE MEER」、「 PETER GRIMES」(再演)、「DIE TOTE STADT」(再演) の3作品。

ロシアオペラ
「EUGEN ONEGIN」、「PIQUE DAME 」(再演)、「BORIS GODUNOW」(再演)の3作品。

ベルカントオペラ
グルヴェローバさんが現役だったらFeriが注目するベルカントものですが、来シーズンは充実しています。
「L’ELISIR D’AMORE」、「DON PASQUALE」、「LA CENERENTOLA」、「ANNA BOLENA」(再演)、「LUCIA DI LAMMERMOOR」、「I PURITANI」の6作品です。

フランスオペラ
「FAUST」、「CARMEN」、「WERTHER」の3作品です。

その他
「L’INCORONAZIONE DI POPPEA」、「ADRIANA LECOUVREUR」、「DIE FLEDERMAUS」(年末年始のみ上演)。

また、「Opernball」は2月24日に開催される予定です。そして、翌日、25日「Die Zauberflöte für Kinder」が上演されます。

この他、子供向け、青少年向けのプログラムなども盛り込まれています。

バレエ
国立歌劇場でのPremiereは「Im siebten Himmel」、「Liebeslieder」、「Die Jahreszeiten」、「Nurejew Gala」の4作品です。

レパートリーとして「Tänze Bilder Sinfonien」、「A Suite of Dances」、「Onegin」、「Giselle」、「Schwanensee」、「Mahler, live」が国立歌劇場で上演されます。

作品数は多いのですが、気になるのは上演回数が少ない作品が多いことです。概ね1ヵ月くらいの期間で全公演を終了してしますパターンが中心。

全シーズンを通して上演される作品は、なくなりました。そのため、海外から訪問する場合、ある程度、的を絞らざるを得なくなります。

チケットですが、6月8日14時00分から公式前売り券の販売開始。その後、9月と10月の全日程が先行販売され、11月1日以降の全公演の先行予約が始まります。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります

Br_decobanner_201105_b_3

| |

« オーストリア航空からターボプロップ機が引退 | Main | Raimund Theaterが新装オープン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« オーストリア航空からターボプロップ機が引退 | Main | Raimund Theaterが新装オープン »