January 19, 2021

デジタルコンペ "Vienna Tickethon" 開催中

2021010803オーストリアでは、2月8日までロックダウンの延長が決まり、100日を越えることになりました。なお、ホテルや飲食店の営業開始は更に遅れ、2月末まで閉鎖が継続されます。

劇場に関しても2月末まで休演が正式に決まりましたが、その後、上演許可が出るかどうか予断を許さない状況です。

さて、今日は「Wiener Linienが開催中の興味深いコンペの話題」をお届けしましょう。

先日、Wiener Linienが発表した2020年の無賃乗車データーについてご紹介しましたが、現在、同社では、より効率的な臨時検札方法のアイデアコンペ「Vienna Tickethon」を実施しています。

先日もお伝えしたように、Wiener Linienでは路線や系統を公開した上で、毎日、100名以上のスタッフが巡回し、臨時検札を実施しています。これを効率的に行う方法を募集しているという訳です。

2021011802現在は係員の目視、または専用端末を使ったチェックを行っていますが、スマートフォンのアプリ「WienMobil」に組み込まれたデジタルチケットのチェックに最も時間がかかることが問題になっています。

ちなみに紙ベースのチケットや記名式年間パスに比べると、チェックに10倍近い時間がかかるそうです。

その理由は、日本のバーコード決済と同じ。つまり、検札に際して、お客さまが次のステップを踏む必要があるからです。
―スマートフォンを取り出す
―スマートフォンを起動させる
―アプリを探し、起動させる
―デジタルチケット をクリックし、係員に画面を見せる

なお、デジタルチケットについても、チェックは係員が画面を目視で行っていますので、この時間は1~3秒と非常に短いそうです。

実際、日本でもバーコード決済をするお客さまが、アプリが起動しない、画面が表示されないなどのトラブルで、別の決済手段に切り替えるケースがあるという話を耳にしたことがあります。

という訳で、今後、デジタルチケットの普及が加速することを視野にデジタルチケットの検札を効率的に行う「既成概念に囚われないアイデア」を募集することになったものです。

デジタルチケットのチェック時間短縮は、お客さまの満足向上と業務効率向上につながるという訳です。

 

Continue reading "デジタルコンペ "Vienna Tickethon" 開催中"

| | Comments (0)

December 27, 2020

アプリで情報提供を‥“すぐやります”

2020122601クリスマス休暇中は、基本的に各種情報提供が減る傾向があるオーストリア。今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、関連する情報は提供されていますが‥

という訳で、今日は、クリスマス前に紹介された情報をお伝えしましょう。以前、日本の地方自治体で住民からの要望に対して、即対応する部門を作ったところがあったと記憶しています。縦割りが多い自治体では、対応するまでに時間がかかることを解消する試みだったと思います。

さて、ウィーンでは、現在、住民からの各種要望を、スマートフォンのアプリ経由で寄せてもらい、迅速に対応するプログラムが展開されています。
このプログラムは2017年はじめから開始されたもので、「Sag’s Wien-App」というアプリをダウンロードし、ここから身近な要望を市当局へ連絡するというものです。

ウィーン市の発表によると、導入以来、74000件のダウンロードがあり、今までに約10万件の情報提供があり、その内99%以上を解決しました。
住民から寄せられた情報ですが、マンホールの緩み、街路灯の球切れ、街中の汚染、信号機の不具合など多岐にわたっているようです。
2020122602Feriは実際に試したことがないので、使い勝手については、コメントできませんが、このアプリでは、数回クリックするだけで、具体的な情報を市当局に通報できるようになっています。
特にスマートフォンに搭載されているカメラ機能を使って、写真を送付することで、情報伝達の精度を上げているようです。
地図とも連携しているので、問題のある場所を、当局がすぐに特定できる点は、アプリの威力と言えるでしょう。
ウィーン市によると、本システムは、恐らく「ウィーンのデジタル化」で、最も成功した例の一つであると自画自賛。これがウィーンでの「生活の質の向上」につながっていると指摘しています。

Continue reading "アプリで情報提供を‥“すぐやります”"

| | Comments (0)

December 05, 2020

Volksoperが過去の名作をオンライン配信

2020120501例年ならば、12月5日あたりから、アドベントが本格化し、市内はクリスマスムード一色になりますが、今年は事情が大きく変わってしまいましたね。

また、Feriの予定では、今日からVolksoperの「Der Teufel auf Erden」PremiereReportをお伝えするでしたが、劇場閉鎖で公演はキャンセル。ゲネプロを含めて確保したチケットは「幻」になりました。

20201204021月7日以降も、どのような展開になるか予想ができないため、「Der Teufel auf Erden」のPremiereもどうなることやら‥

さて、今日は劇場閉鎖中の「Volksoperの話題」をお届けしましょう。

新型コロナウイルス感染拡大に関する規制延長のため、年内の公演が全てキャンセルとなった各歌劇場ですが、Volksoperでは過去の作品をオンライン配信することを発表しました。

クラシック系コンテンツ配信サイト「fidelio」を利用し、12月に以下の作品が配信されます。いずれもRobert MeyerさんがDirectorを務めている時期の作品です。

オペレッタ
「Axel an der Himmelstür」、「Die Csárdásfürstin」、「Der Zigeunerbaron」

2020120401子供向け作品
「Antonia und der Reißteufel」、「Max und Moritz」

オペラ、ミュージカル
「BaRock-Oper」、「Vivaldi – Die fünfte Jahreszeit」

スペシャル
「Tannhäuser in 80 Minuten」

Continue reading "Volksoperが過去の名作をオンライン配信"

| | Comments (0)

November 26, 2020

Wiener Linien全面協力Simulator-Spiel TramSim

2020112401今日はWiener Linienが発売した「Simulator-Spiel TramSimの話題」をお伝えしましょう。

ヨーロッパではパソコン用「トレインシュミレーター」が意外と人気があるようで、Microsoft用のアドオン・ソフトが結構、発売されています。この中にはÖBBのものもあります。

さて、クリスマスシーズンを前にWiener Linienでは鉄道ファンに最適な「Simulator-Spiel TramSim」を発売しました。

乗務できるのはウィーンの新型路面電車Flexityです。Wiener Linienのファンショップでダウンロード版(34.99Euro)が発売されていますが、ウィーン交通博物館のミュージアムショップ(現在は閉鎖中)では、パッケージ版(39.99Euro、右の写真)も発売。

2020112402Feriが、ファンショップのサイトを見て気になったのは、パソコンソフトの場合、動作環境が重要なポイントであるにもかかわらず、推奨動作環境に関する記述がないことです。

その後、色々と調べたところ開発元(ViewApp GmbH、Wein)のWebサイトを発見しました。ここには商品の詳しい解説が列挙されており、その全容が明らかになりました。

2020112403まず、推奨動作環境は、以下のとおりです。
―OS:Windows 7、8、10 (64ビット)
―プロセッサ:3.6GHz以上、6コア
-メモリ:16 GB RAM
-グラフィック:NVIDIA GeForce RTX 2060 SUPERまたはAMD Radeon RX 5700(8GBのVRAM GDDR6以上を搭載)
-ネットワーク:ブロードバンドインターネット接続
-ストレージ:30GBの空き容量

2020112406グラフィックが素晴らしい分、高性能のグラフィックボードが必要なようです。ゲーミングノートPCは別ですが、一般的なノートPCでは厳しそうな感じです。

基本的にはキーボードとマウスで操作可能ですが、ゲーム用にジョイスティックがあると、更に快適な運転ができるようです。

2020112407実際のFlexityもジョイスティックとボタンを駆使して運転しますから、違和感はありません。

そして、時代はVR。VRゴーグルを使うと、運転士の視点でゲームを楽しむことができると謳われています。

2020110204YouTubeにはチュートリアル動画がアップされていますが、とにかくグラフィックが素晴らしい。街中の景色に関しては、写真と見間違うばかりのクォリティ。

街中なので、当然、建物には各種の看板がありますが、それも再現されています。そして、路下区間では、壁の落書きも再現。Flexityを運転しながら、ウィーン市内を散策できるという素晴らしいソフトです。

2020112405しかもWiener Linien全面協力で制作されているため、車内放送やドア開閉音はオリジナルです。正直、Feriは、この音声を耳にしただけで感激。

道路には自動車も走っている他、乗客の様子も描かれています。乗客に関しては、年齢構成に偏りがありそうな気もしますが、動きは極めてリアル。

2020112308 開発元ではAIを駆使して開発したと言っています。例えば、乗るかどうか迷っている乗客、電車を下りた乗客が電車の前を横切るといった行動も見られます。

さらに停留所に停車中、ドアを閉めてから、やってきた乗客のためにドアを開けるかどうかの判断も「運転士のあなた」に任されます。

2020112307開発元のホームページに紹介されているバージョンでは、乗客は普通の姿ですが、Wiener Linienが発売しているバージョンでは、現在のレギュレーションに合わせて全員が「マスク着用」。

2020112421逆に言えば、「コロナとの共生」という貴重なバージョンと言えるかも知れません。ただ、跡からマスクを追加したようで、若干、不自然な点がありますが‥

登場する電車は全てFlexityですが、しっかりナンバーは変えてあります。当然、対向列車もやってきますし、先行列車も走っており、追突するとゲームオーバー‥

ご存じのように路面電車には自動列車停止装置は装備されていないので、前方の列車に接近しても自動的には止まりません。

運転士の「あなた」が、マスターコントローラーとブレーキを捜査しながら、追突しないように接近しないと、ダイヤを維持することはできません。

2020112310YouTubeの動画を見ると、街中の景色はもちろんのこと、信号機も緻密に再現されています。

鉄道ファンの方はご存じだと思いますが、路面電車の場合、通常の交通信号に加えて、路面電車線用の信号機も設置されています。

このゲームでは、信号もしっかりと変わるようになっており、信号現示を確認しながら、運転する訳です。

2020112415今回、取り上げられている路線はStefan-Fadinger-Platz-Prater, Hauptallee間を結ぶ1系統。

1系統はご存じのように、フンデルトヴァッサーハウス、市庁舎、ブルク劇場、国会議事堂、国立歌劇場などの名所を通る上に、変化に富んだ路線なので、良い選択だと思います。

ちなみに10枚目の写真は、Stefan-Fadinger-Platzの本物です。ゲームでも有名な浄水場の給水塔も登場します。

Continue reading "Wiener Linien全面協力Simulator-Spiel TramSim"

| | Comments (0)

July 10, 2020

アプリ「Cooles Wien」で暑い夏を乗り切ろう

2020071001今夏、恒例の「夏の音楽祭」がかなり中止になっていますが、一部は「新しい生活スタイル」に合わせて開催しています。

現地へ行くのが難しい方も多いこと、観客が限られているためか、テレビでも音楽祭の模様が放送されています。

さて、今日は「ウィーン市が提供しているアプリの話題」です。

ご存じのように、気候変動により、このところ、夏は非常に暑くなるウィーン。日本の場合、気温が上がると“熱中症防止のため適切にエアコンを使用しましょう”という警告がテレビなどから流れますね。

最近は増えたとは言え、こちらは、ご存じのようにエアコンが入っているところは少ないのが現状。

また、先日のWiener Linienの記事でもお伝えしたように、気候モデル都市を標榜しているウィーンでは、環境負荷を考慮して、過度な冷房は避ける傾向があります(ヒートアイランド現象の防止)。

2020071002そこで、ウィーン市では、エアコンだけに頼らず、「涼をとる」各種アイデアを推進中です。これは、以前、このブログでもお伝えしましたね。

さて、今回、ウィーン市は「Cooles Wien」というアプリで、「涼をとれる場所」に関する情報提供を始めました。

このアプリでは、ウィーン市内にある1000を超える水飲み場、55の噴水、50のミストシャワーを装備した可動式水飲み場、木陰のある1000を超える公園、7つの水遊び場、公園内のミストシャワー(75箇所)、消火栓を活用した仮設ミストシャワー(100箇所)などの場所がデジタルマップ上に表示されます。

Continue reading "アプリ「Cooles Wien」で暑い夏を乗り切ろう"

| | Comments (0)

April 06, 2020

ウィーンのパブリックWi-Fi事情

20200407001オーストリア政府の指示により、各劇場の休演期間が6月末まで延長されました。この結果、2019/20シーズンの公演は、終了したことになります。恐らく2020/21シーズンのプログラムにも影響が出ると予想されます。

20200406004さて、今日は「パブリックWi-Fiの話題」をお届けしましょう。最近は通信量が多いスマートフォンの普及で、Wi-Fiの需要が高まっていると思います。

ちなみに、昨年の夏、Feriが日本滞在中、台風15号の影響で停電になった際、活躍したのが「00000JAPAN」(ファイブゼロジャパン)と言う「大規模災害時に無料で提供される公衆無線LAN」。実際、Feriも台風による停電時、「00000JAPAN」を使って情報収集や各種連絡を行い、そのありがたみを実感しました。

20200406002日本でも最近は無料Wi-Fiが増えていますが、セキュリティ確保の観点からユーザー登録が必要なケースが多く、かつ使える場所も施設内や駅構内、空港内などに限定されていると思います。

その点、「00000JAPAN」は災害時用なので、そのような手続きを経ずに使うことができて、便利でした。

さて、ウィーンでも最近はWi-Fiを設置してある店舗や施設が大幅に増えています。ÖBBでは、RailJetを始め、近距離を走るCityJetなどにも無料Wi-Fiが搭載されています。

20200406003そんな中で、ウィーン市(担当はWien Leuchtet)が中心になって展開しているのが「wien.at」という「Public WLAN」です。

このシステムがユニークなのは、施設内だけでなく、公園などの屋外にもアクセスポイントが設置されていることです。

ウィーン市が提供している地図で、アクセスポイントがわかりますが、周辺部は少ないものの、中心部は濃密なネットワークが展開されているのがわかります。

20200406001写真は、某公園に設置されているアクセスポイントです。また、ユーザー登録は必要なく、利用条件に同意するだけで、即、利用が可能です。

ウィーン市が中心になって運営しているため通常のインターネットアクセスに加えて、地域情報(天気予報や各種イベント、救急ステーションの場所なアクセスしている地域周辺の各種情報)も閲覧することが可能です。

なお、パブリックWi-Fiなので、大量のデーターを送受信すると、速度制限を受けることがあります。これは多くの方に利用してもらうことを前提にしているので、やむを得ないと思います。アクセスポイントから、概ね100メートルが利用範囲となっています。

Continue reading "ウィーンのパブリックWi-Fi事情"

| | Comments (0)

February 18, 2020

オーストリアこぼれ話 記事が5000件になりました

202002190062004年9月10日から始めた「オーストリアこぼれ話」ですが、紆余曲折を経ながら本日の記事が5000件目となりました。

最初の記事は「Volksoper100周年記念ガラコンサート」の話題でした。当時は、中嶋彰子さんがアンサンブルとして活躍しており、その模様もお伝えしました。

それ以降、定期的に記事をアップしてきましたが、最近では、原則、毎日更新を行っているのは、ご存じのとおりです。途中、諸般の事情でお休みした時期もありましたが、15年以上も続けることができたのは、自分でも信じられません。

オペレッタの話題はもちろん、街角の話題、鉄道や航空機の話題、ホイリゲや旅行記などなど、幅広いテーマで展開してきました。

最初の頃は写真の数も少なかったですが、最近は写真の量も増えましたね。また、ブログ開設より、かなり前からオーストリアを訪問していたため、定点撮影で、その変化をお伝えするパターンも生まれてきました。

20200219007そして、最近ではVolksoperのオペレッタに関してはPremiere Reportをお届けするのが恒例になりましたが、どこまで、皆さまのお役に立っているのか、コメント欄へのレスポンスが少ないので、自分では判断のしようがありません。

FeriはVolksoperの私設応援団(当たり前ですが、チケットは完全自腹)なので、おかしな演出でも、極力、楽しく観ていただけるように工夫しているつもりですが‥

振り返ってみると、当時、VolksoperのDirectorはRudolf Berger さんでした。2003年から就任した同氏は、今まで日の当たることがなかった「クーハンデル」や「シカゴの侯爵夫人」などのオペレッタ作品を取り上げるなど、新しい試みに取り組みました。「ヴェネチアの一夜」や「伯爵令嬢マリッツア」などが、同氏がDirector時代に新演出になった代表的な作品です。

20200219005ただ、当時の新演出オペレッタはオペレッタファンの期待を裏切るものでした。幸い、当時は、Robert Herzl氏が演出を担当した「Die lustige Witwe」、「Die Csardasfürstin」といった魅力的な作品も上演されていました。

Feriが最初に観たオペレッタは「Die lustige Witwe」。次が「Die Csardasfürstin」ですが、これが新演出作品でしたら、ここまで長くVolksoperに通うことはなかっただろうと思います。

さらに当時は、今から考えると、まだ魅力的なオペレッタ歌手が出演していました。客席と舞台が一体となった盛り上がりが、Feriがオペレッタにはまった最大の要因。現在も演出がほとんど変わらない「Die Fledermaus」も素晴らしい作品ですが、観始めた頃では、その魅力を感じ取ることはできなかったと思います。

Continue reading "オーストリアこぼれ話 記事が5000件になりました"

| | Comments (2)

February 01, 2020

A1 Paket Station

202002020112020年1月ですが、当ブログでアクセス数が最も多かったのは1月19日と28日でした。

人気のあった記事は「ÖBBの夜行列車拡大計画」、「ウィーンのキッチンから Knorr JAPANESE MISO」などでした。例によって、過去の記事も多くの方にお読み頂いたようです。

ところで、今日(2月2日)、武漢からフランス経由でオーストリア人7名がウィーンに戻ってくるというニュースが流れました。

しかもフランスからウィーンまでは、医療関係者が同乗した連邦軍の軍用輸送機(C-130)で輸送することが決まりました。なお、中国出発前の検査では、感染は確認されていないようです。

20200201002さて、今日はオーストリアの通信会社A1が行っている新しい取り組みの話題をお届けしましょう。

日本は宅配便の再配達件数増加を解消するための一つとして、駅、スーパー、コンビニ、ドラッグストア、駐車場、公共施設などに設置されているオープン型宅配便ロッカー(PUDOステーション)が注目されていると思います。

宅配便を最寄りのPUDOステーションに配達してもらい、自分の好きな時間に取りに行く‥というシステムのようですね。

20200201003このブログでもご紹介したことがありますが、POST(郵便会社)が運営している宅配ポストがあります。有人局だけでなく、無人局にも設置されており、自分で指定した局の宅配ポストで荷物を受け取ることができます。

先日、ÖBBのBaden駅で「A1 Paket Station」という施設を発見。POSTが運営している宅配ボックスに似ていますが、運営会社が通信会社のA1というのがポイント。

20200201004後日、調べたところ、なかなか興味深いシステムであることがわかりました。通常の宅配ポストのように、民間の宅配便業者(DPDとGLS)が配達を担当する荷物を指定のA1 Paket Stationに配達してもらうこともできます。まぁ、これだけだったら単なる宅配ポストなのですが、ユニークなのはコインロッカーのような使い方ができることです。

個人が友人などに荷物を渡したい場合、このA1 Paket Stationを使って荷物を渡すことができるのです。これが可能なのは、物理的な鍵を使っていないため。

荷物を渡したいお客さまは、A1が提供しているA1 Paketアプリを使いスマートフォンからステーションの区画を予約します。そして、荷物を受け取ってもらいたい相手にSMSで情報が送ります(該当するA1 Paket Stationとロッカーを開けるために必要な暗証番号が送られます)。

Continue reading "A1 Paket Station"

| | Comments (0)

November 15, 2019

拡張現実を活用した車両メンテナンスをテスト中

20191115002今日は「Wiener Linienの車両メンテナンスに対する新しい取り組み」をご紹介しましょう。

鉄道では安全運行のため、定期的な車両のメンテナンスが不可欠です。各種の検査により、事前に不具合を発見することで運転中の事故を防止することができるのは、万国共通です。

現在、Wiener Linienでは、車両メンテナンスを効率的に行うため、拡張現実(Augmented Reality、オーグメンテッド・リアリティ、AR)を活用したシステムのテストを行っています。

拡張現実とは、人が知覚する現実環境をコンピューターにより拡張する技術です。身近なところでは、ビデオゲームなどに導入されており、専用のゴーグルを付けてプレイすることで、よりリアルな体験ができます。

Feriは、ゲームはやりませんが、通常、ゲームで使用する拡張現実は、ゴーグルを付けることで、プレイヤーが「ゲームの世界」に入り込んでプレイができるようなスタイルが多いと思います。

20191115003今回、Wiener Linienが開発したシステムは、それとは異なり、最近の飛行機で導入されているヘッドアップディスプレイ(飛行情報などが、操縦室前面の窓に重ねて表示されるシステム)に近いもので、メンテナンスに必要な情報が、実際の視界に重なって表示されるものです。

車両のメンテナンスは、各種マニュアルや作業指示書に沿って行う必要があります。従来は、マニュアル類を横に置いて、作業員は、それを確認しながら作業を進めていました。

今回、Wiener Linienが開発したシステムでは、専用のゴーグルに作業手順をはじめとする必要情報がコンピューターから表示されるため、作業員は、ゴーグルに映し出される情報を見ながら作業を進めることができます。3Dモードでは、ネジの締め付けトルクなどが仮想的に表示されるようになっています。

Continue reading "拡張現実を活用した車両メンテナンスをテスト中"

| | Comments (0)

October 03, 2019

久しぶりの新しいノートパソコン

201910030003今日はオーストリアで仕事をする上で不可欠な「パーソナルコンピューターの話題」をお届けしましょう。
各種資料の作成や通信などで不可欠な存在となっているパーソナルコンピューター。Feriが出版社で仕事をしていた40年前には、実用的なものは存在していませんでした。

当時は傍流だった電気工学を専攻していたFeriが、大学の研究室で実験に使っていたのは、マイクロコンピューターと呼ばれる「基盤」でした。そして、唯一、冷房が完備した個室に入っていたのが、大きな筐体のビジネスコンピューター。入力は、穿孔テープかパンチカードでした(キーボードを使えるのは管理者だけ)。

出版業界では、今はDTPが標準になり、入稿から編集まで、その過程は様変わりしていますが、当時はやっと日本語ワードプロセッサーが導入された時期でした。

これが今から考えると時代物で、8インチのフロッピーディスクにプログラムと辞書が入っており、これを入れて、随時、アクセスしながら使うものでした。

Feriが、出版社から別の会社に転職した頃から、やっとパーソナルコンピューターが一部で出回りだし、その後、10年ほどで急速に普及しました。

201910030005Feriが最初に手に入れたのは、今や珍品の部類に入るオリベッティのノートPC。これは比較的値段がリーズナブルだったためです。

その後、本命IBMのThinkPadシリーズに乗り換え、今も継続して同シリーズを使っています。まぁ、ブランド名は変わりませんが、メーカー名が中国資本のLENOVOになったのは、正直、ガッカリですが‥唯一の救いは、ThinkPadシリーズに関しては、IBM時代から実績のある大和研究所が設計を行っている事でしょうか。

左の写真は、Feriが最近まで使っていた歴代のThinkPad。

その間、使ってきたのは日本で人気の高いXシリーズ。535からスタートし、X240(これは名機でした)、X31(15周年記念ピアノブラックモデル)、X40(唯一の1.8インチHDD搭載機)、X61sX201sX1Carbonなどの機種を使ってきました。当たり前ですが、性能はどんどん上がってきます。

201910030001現在、出先でメインとして使っているのはX201s。ただし、登場してから、かなり年数が経過しているため、ハードディスクをSSDに交換、メモリーを増設するなどのブラッシュアップを行っています。X1Carbonが最も高性能なのですが、14インチのマシンで、ちょっと大きいため、出張のお供にはちょっと‥という面はあります。

現在も予備機として頑張っているのはIBMのロゴが残っているX61sです。これも愛着のある機種ですね。

個人的にはWindowsXPの仕様が最も気に入っていたのですが、これだけはセキュリティの問題があるため、OSを変更せざるを得ません。そして、2020年、いよいよWindows7のサポートが打ち切られます。

現在、現役の3機種の中で、X1Carbonはテストの意味も兼ねてWindows10に更新していますが、その他は、Windows7Proです。

201910030004アップグレード権を確保しているX201sをWindows10化すること検討していましたが、同機は中古(ただし、程度は非常に良かったですが)であったため、今回、リプレイスすることを決めました。

当初、同じ12インチサイズのX280を購入するつもりだったのですが、資金調達に手間取っているうちに、同機は生産中止。一回り大きい13インチのX390になってしまいました。

中古のX280購入も検討しましたが、仕様が自分の好みに合うものが見つかりません。LENOVO直販で、大幅値引きをやっていたこともあり、自分好みにカスタマイズしたX390の導入を決定。

今回の日本出張に合わせてオーダーし、日本で受け取りました。久しぶりの日本製(米沢のNEC工場生産)です。

Continue reading "久しぶりの新しいノートパソコン"

| | Comments (0)