August 13, 2019

ウィーンの市が元気です 

201908130002今日は「ウィーンの市にまつわる話題」をお届けしましょう。 ウィーンは近代的な都市ですが、現在でも古くからの「伝統的な市」が立つ場所があります。ウィーン市が公認している市に関しては、いつもお客さまで賑わっています。

最近、ウィーン市が「市の動向」を発表しました。まず、週当たり360000名弱の利用者がありましたが、これは新記録です。

ウィーンの市ですが、月曜から金曜の利用者が圧倒的に多く、週末利用者はほとんどいないというデーターも発表されました。このことから、毎日の買い物に利用しているお客さまが中心になっていることがわかります。

201908130006市の営業時間は、従来、個店ごとに違っていましたが、2018年10月以降、コアタイムが設定されました。火曜日から金曜日は15時から18時まで、土曜日は8時から12時までがコアタイムです。

コアタイムの設定により、利用者が10%増えたというデーターもあり、ウィーン市では市場の革新が効果を上げていると分析しています。とくに延長した営業時間帯の利用者増が目立つそうです。

気になるのは人気の市場がどこか‥という話題ですが、Brunnenmarkt、Rochusmarkt、Naschmarktの3つが人気を集めています。

201908130005ちなみに、この3つの市場だけで、1週間に19000人弱の集客を記録しています。この中で「最強の市場」は16区にあるBrunnenmarktで、72674人のお客さまが来場したそうです。

Brunnenmarktは約160の店が出店しており、ヨーロッパ最大の「恒久的な市」と言われています。お値段が安いことも特徴ですが、色々な商品を取り扱っている点も人気を集めている要因です。取扱商品の多様さから「Orient ums Eck」とも呼ばれています。

一般的に「路上の市」というと、何となく胡散臭い感じがするかもしれませんが、公認の市に関してはウィーン市がしっかりと管理しています。

Continue reading "ウィーンの市が元気です "

| | Comments (3)

August 11, 2019

新店舗開店

201908100013日本では、今日、8月11日が「山の日」で、12日は「振替休日」。という訳で、そろそろお盆休みに入っている方も多いと思います。

恐らくテレビのニュースでは、渋滞が何キロ、新幹線駅や飛行場の混雑などを報道していることでしょうね。毎年、同じような映像が流れていて、新鮮味がありませんが‥

さて、今日は「新店舗開店にまつわる話題」をお届けしましょう。

最近は、こちらでもお店の入れ替わりが激しくなりました。色々な事情があるのでしょうが、以前は、同じお店が何十年も続いていたことを考えると、寂しさを感じるときもあります。

201908100010その際、いわゆる業態転換して、前のお店の面影が全くなくなってしまうケースと、お店は変わったものの業態は同じというケースがあります。後者の場合、基本的な設備は流用することもあるので、日本の関係者は「居抜き」と言うようです。

このブログでも、時々ご紹介しているSchottentorの地下商店街。最近は、特に変化が激しく、言ってビックリというケースも多々あります。

場所柄、いずれも小さなお店ですが、路面電車の系統が複数乗り入れている上に、U2の駅とも直結しているので、お客さまが多く、商売をする上では、好立地と言えるのかもしれません。

201908100012先日、地下の路面電車停留所の向かいに「VIP BÄCKEREI」という屋号のお店がオープンしました。ちなみに、このお店の斜め向かいには、大手チェーンのDer Mann、Ankerもお店を出している大激戦区です。

実は、この場所には、以前、ブルストやピザなどを販売するスナックスタンドが入っていました。今年の冬に、この店が閉店となり、しばらく写真のような状態でした。

Continue reading "新店舗開店"

| | Comments (0)

July 30, 2019

変わったお店シリーズ158「El Hac」

201907300001今日は「変わったお店シリーズ」をお届けしましょう。暑い時期になると、洋の東西を問わず人気を集めるのが冷たいドリンクを提供するお店。

日本ではジューススタンドは、以前よりも見かけることがすくなくなったような気がしますが、逆に専門特化したお店は健在だと思います。

今日、ご紹介するのはSchottentorの地下にある「El Hac Juices & Bowls」というお店です。通年営業していますが、暑い時期に訪問したので、店頭には「The coolest way to eat FRUIT」というPOPが掲げられていました。

基本的には絞りたてのジュースを提供するジュースバーですが、サンドイッチやサラダなどの軽食やフローズンヨールグルとなども販売しています。

201907300005このお店ですが、2017年頃にオープンしたようですが、これだけだったら、ごく普通の「オシャレな飲食店」です。

なぜ、「変わったお店シリーズ」に入れたかというと、実は、このお店を立ち上げたのがタトゥーアーティストEl Hac。

日本では、色々と物議を醸し出すことがあるタトゥーですが、「文化の違い」もあり、こちらでは市民権を得ています。別に怪しい人物特定のものではありません。ただ、日本人のFeriには、どうも馴染めませんが‥

201907300004さて、話を元に戻すと、タトゥーアーティストEl Hacは、環境変化で絶滅の危機に瀕している蜂に非常に強い関心があるようで、蜂をテーマとした作品を多数、発表しています。

また、蜂蜜やウォッカが入ったドリンクなども創作し、提供しています。蜂のデザインはタトゥー以外にも及んでおり、蜂をモチーフにした独特のデザインのTシャツやスマートフォンケースなどが販売されています。

Feriは利用したことはありませんが、同店で提供されているカップにも、同じコンセプトのデザインが採用されているようです。

商品のお値段ですが、この時期に飲みたくなるSäfteは4.2Euro(0.4リットル)、Smoothiesは5.2Euro(0.4リットル)、Froyoは3.2Euroとなっています。全般的にお値段は高めに設定されているような気がしますが、自然素材をふんだんに使っているので、妥当な金額でしょう。

Continue reading "変わったお店シリーズ158「El Hac」"

| | Comments (0)

July 24, 2019

利用してみましたが‥

201907240004今日は、2019年5月、このブログでご紹介した「森の中の小さなレストラン 続編」です。

43系統の終点、Neuwaldeggにほど近い路地に面したレストラン「Wilhelm Busch」。今回の営業再開前、Feriは何回か利用したことがありますが、気持ちの良い時を過ごすことができました。

新装開店となり、どんな雰囲気になったのかが気になっていたので、先日、散歩の途中で利用しました。この日は週末で天気も良かったため、利用するお客さまも多く、残念ながらシャニガルテンで木陰の席は満席。誰でも考えることは一緒です。

まぁ、天気が良いのは結構なこと。多少日差しはきつかったですが、シャニガルテンを利用したのは、言うまでもありません。

201907240001週末の午後でしたので、散歩の途中に遅めの昼食をとるお客さまが多かったですね。そのため、女性従業員が一人でてんてこ舞い‥といった雰囲気でした。

という訳で、メニューをおいたら、さっさと他のお客さまのところへ言ってしまいました。この時点で、嫌な予感が‥ メニューには店名と関係のある「マックス&モーリッツ」のイラストが入っており、微笑ましい雰囲気。

ご存じの方も多いと思いますが、こちらのレストランでは、食事をせず、飲み物だけでも大丈夫。暑かったこともあり、FeriはTrumer Pils vom Fass(生ビール)をオーダーしました。

201907240003しばらくすると、Trumer Pils vom Fassが運ばれてきました。暑い中、ちょっと待ったので、最初の一口の美味しいこと。これはBierがお好きな方なら説明不要ですよね。 ちなみに以前はGösserだったので、新装開店に合わせて、提供するドリンク類も変わったようです。

Bierを飲みながら見ていると、食事を終えて変えるお客さまもいらっしゃれば、入れ替わりで入ってくるお客さまもいて、シャニガルテンに賑わいは途絶えることはありません。

しかし、件の女性従業員さん、忙しいことが不満なのか、何となく態度が冷たい感じ‥その後、料理を運んでくるときには、別の従業員さんも加わりましたが、こちらの方が丁寧な感じがしました。

また途中から男性従業員さんも参戦。3名体制で対応するようになりました。ただ、応援のお二人は店内を主に見ているような感じで、シャニガルテンは件の従業員さんが仕切っているようです。

Continue reading "利用してみましたが‥"

| | Comments (0)

July 20, 2019

ついに「三角おにぎり」が登場

201907200001今日は「ファストフードの話題」をお届けしましょう。以前、仕事の関係でお付き合いがあった方から「店舗減少、接点爆発」という現象がマーケティングの世界で起きているという話を伺ったことがあります。

例えば、日本の場合、お米を専門に扱う米穀店(お米屋さん)は、最近ではほとんど見かけなくなりました。では、お米を食べる機会がものすごく減少ししているかと言えば、コンビニエンスストアなどでお弁当やおにぎりを買って、食べる人が多いため、それほど減少していないというような話です。

そう言えば、日本のコンビニエンスストアでは、定期的に「おにぎり100円セール」を打っていますが、この時は、結構、売れるという話を聞いたことがあります。

さて、前置きが長くなりましたが、ウィーンでは「なんちゃって日本料理店」が増えたことから、日常的に日本風の食事(厳密には和食とは言えないかも知れませんが‥)を食べる人が増えているようです。

今まで、スーパーマーケットやスナックスタンドで販売されている日本料理は「寿司系」でした。ある意味、「寿司」は完全に市民権を得ていると思います。

 先日、Schottentor地下にある路面電車の停留所で38系統を待っている時、待ち時間があったので、近くのスナックスタンドを観察。

すると、そこには驚愕の商品が‥「Neu Eröffnung」という文字の下に日本のコンビニエンスストアでおなじみの「三角おにぎり」のPOPが出ているではありませんか。そして、商品の写真には「シーチキンマヨネーズ」と書かれています。

そして「Hand Made!」(なぜ!が付いているのかは不明)。シーチキンマヨネーズ以外にも何種類か販売されていました。

Continue reading "ついに「三角おにぎり」が登場"

| | Comments (0)

July 17, 2019

変わったお店シリーズ156 “MATCHA KOMACHI”

201907160001このところ「乗り物関連の話題」が続きましたので、今日は気分を変えて「変わったお店シリーズ」をお届けしましょう。

日本では、色々なスィーツやソフトドリンクが人気を集めていますが、今、ブームなのはタピオカと抹茶でしょうか。タピオカに関しては、台湾発祥のタピオカミルクティーが人気を集めているという話ですね。

ただ、市販されているタピオカミルクティーの中には、「黒いタピオカを、イカスミ色素で着色されている」商品もあるようで、アレルギーを持つ方が気にしているという話も耳にしました。

さて、もう一つは抹茶。抹茶を使ったスィーツや各種ドリンクが、コンビニエンスストアの店頭を賑わしているようですね。

201907160004さて、前置きが長くなりましたが、先日、路面電車2系統に乗っていたところ、8区のJosefstädter Straßeで、写真のようなお店を見かけました。

この周辺は、以前、Feriの先輩がお住まいになっていたアパートがあるので、よく訪れたエリアですが、その頃は、ありませんでした。

ちょっと調べたところ、2018年8月にオープンした新しいお店なので、まもなく、1年を迎えることになります。

201907160002屋号からわかるように「日本食レストラン」です。可愛らしい忍者をモチーフにしたロゴマークが特徴。Feriは、利用したことがないので、体験記はご紹介できませんが、「MATCHA KOMACHI」となっていますが、カフェではなく、かなり本格的な日本料理を提供しているレストランです。

という訳でお料理に関しては、同店のホームページに掲載されているものをご紹介しましょう。お刺身なども提供しているようですが、写真を見る限り、かなり本格的な感じがしますね。

ただ、Feriは実際に利用していないので、抹茶を使ったお料理やスィーツなどが提供されているかは、確認できませんでした。

Continue reading "変わったお店シリーズ156 “MATCHA KOMACHI”"

| | Comments (0)

July 12, 2019

myCoffeeCupで廃棄物を削減しよう

201907120014今日は「飲食店の環境対策にまつわる話題」です。

皆さまもご存じのようにウィーンをはじめ、オーストリアは環境保護に非常に熱心です。

色々なアプローチがありますが、今回はウィーン市が音頭をとって、コーヒーショップで使い捨てカップの削減プロジェクトを立ち上げました。

ウィーンの伝統的なカフェハウスの場合は、店内でのんびりとCaféを楽しむため、廃棄物は余り問題になりません。

一方、最近、増えているテイクアウト(こちらでは「coffee to go」と言いますが)可能なコーヒーショップやベッカライでは、今まで使い捨てのカップを使っていました。

201907120013そこで、ウィーン市では使い捨てカップから再利用可能なカップへの切替プロジェクトをはじめました。これが「myCoffeeCup」です。

日本でもスターバックスなどでは、お客さまが自分の容器を持ってくるケースがありますが、ウィーンの場合、行政がイニシアチブをとって、チェーンの垣根を越えてエリア全体で実施するというのがポイント。

現在、市内中心部(1区および周辺エリア)で50社が参加しています(プロジェクトスタート時は30社)。ウィーン市の発表によるとプロジェクトがスタートして、最初の2ヵ月間で、50000個のmyCoffeeCupが利用されました。

201907120015現在、ウィーンだけでも、年間約8400万個の使い捨てカップが使用されています。そこで、プロジェクトは初年度、使い捨てカップ100万個削減を目標にしています。

仮に100万個の削減に成功すると、22990kgの木材、10t以上の紙が節約できるそうです。

当プロジェクトは、ウィーン市が中心となって、CUP SOLUTIONS Mehrweg GmbH、VKS Verpackungskoordinationsstelleなどの民間会社・団体が協力して実施しています。

「myCoffeeCup」は、いわゆる本格的なマグカップではなく、使い捨てカップをバージョンアップしたような仕様で、ポリプロピレン製。

サイズは200ミリリットル(レギュラー)と300ミリリットル(ラージ)の2タイプがあります。最大500回まで再利用可能で、最後におもちゃにリサイクルされます。

Continue reading "myCoffeeCupで廃棄物を削減しよう"

| | Comments (0)

July 02, 2019

AUSTRIANTASTING TOKYO「オーストリアワイン大試飲会2019」

2019070100046月も多くの方にご覧頂き、深く御礼申し上げます。6月、当ブログでは最もページビューが多かったのは10日でした。また、アクセスの多かった記事を確認すると、意外と以前に掲載した記事をご覧になっている方が多いようです。さて、今日は日本の話題です。

7月1日、東京で「オーストリアワイン大試飲会2019」がオーストリア大使館商務部、オーストリアワインマーケティング協会の主催で開催されました。

会場は東京駅に隣接するシャングリ・ラ ホテル 東京、27階のシャングリ・ラ ボールルーム。いぁー、お金がありますねぇ‥以下、自粛。

今年は、日墺友好150周年を記念して、50以上のワイナリーが一挙来日。合計約100のワイナリーから、400以上のアイテムが集まる大規模なイベントになりました。

日中は「業界の部」が開催されましたが、友人が参加して、その模様を送ってくれましたので、当ブログでも当日の模様をご紹介しましょう。

○ワインセミナー
「業界の部」で注目されるのは、ワインセミナーです。今回は、以下のようなセミナーが開催されました。

1.ター・オブ・ワインのアンドレアス・ヴィックホフ氏によるセミナー
新規のワインをお探しのインポーター向けのセミナー。オーストリアワインの魅力や、その使い方について、マスター・オブ・ワインのアンドレアス・ヴィックホフ氏が、ワインテイスターで活躍されている大越基裕氏と共に解説。本セミナーでは、まだ日本では知られてない未輸入ワイナリーの製品が試飲できました。

2019070100012.グリューナー・ヴェルトリーナー ワークショップ

3.和食の味わいを引き立てるオーストリアワインの魅力

4.オーストリアのナチュラルワイン

5.Greatest business opportunities in Austrian wine

201907010006Feriが気になったのは、何と言ってもオーストリアで愛飲しているGRÜNER VELTLINERに関するワークショップ。これは、是非、参加したかったですね。

友人の話によると、事前申し込み制でしたが、抽選で参加者が決まるシステムだったとか。くじ運の良くないFeriは、申し込んでもハズレでしょうねぇ‥

さて、「グリューナー・ヴェルトリーナー ワークショップ」ですが、友人は当日のキャンセル待ちで参加が実現しました。

201907010008当初はGRÜNER VELTLINERというワインに関するセミナーだと思っていたのですが、実は、内容はびっくり仰天。「GRÜNER VELTLINERにピッタリのワイングラスは何か」という内容でした。

セミナー講師は、Riedel JapanのWolfgang Angyal氏。改めてご紹介するまでもなく、Riedelはオーストリアを代表するグラスメーカー。

最近では、同社のグラスを採用するエアラインも増えています。特にワインの種類に合わせたグラスを開発していることでも知られています。

201907010009実は、「グリューナー・ヴェルトリーナー ワークショップ」は、GRÜNER VELTLINERに最もあったグラスを決めるため、オーストリアのワイナリーの人たちに集まってもらい、14種類のグラスでテイスティングを行ったものです。

今回は、それを再現したという訳です。ただ、時間の関係もあり、使ったグラスは4種類。注目されたのはPerformanceと呼ばれるシリーズ。何とワイングラスの内側に特殊加工が施されており、ワインとの接触面積が増えるようになっているのです(右の写真が、そのグラスです)。

最終的にオーストリアでGRÜNER VELTLINERに最も合うグラスはPerformance Rieslingというモデルでした(左の写真では左から3番目)。

201907010007友人に話によると、4種類のグラスでテイスティングをしたそうですが、グラスが違うだけで、香りや味が異なることが体験できたとのことです。ワイングラスの世界も奥が深いですね。右の写真は、オーストリアでのワークショップの様子です。

○オーストリアワイン大使によるミニガイドツアー
オーストリアワイン大使が各ブースを一緒に回りながら、ガイディングをするミニガイドツアー。

「オーストリアらしさを表現するワイン(白ワイン篇)」、「和食とオーストリアワインのマリアージュ」、「きらりと光る、オーストリアの隠れた地場品種」、「イタリアンでオーストリアワインをどう使うか」、「オーストリアの自然派ワインを知る」、「フレンチでオーストリアワインをどう使うか」、「オーストリアらしさを表現するワイン(赤ワイン篇)」といったテーマが設定されていました。

Continue reading "AUSTRIANTASTING TOKYO「オーストリアワイン大試飲会2019」"

| | Comments (0)

June 23, 2019

McDonald’sのプロモーション

201906190007今日は「McDonald’sの新しいプロモーション」についてご紹介しましょう。

世界的に展開しているハンバーガーチェーンMcDonald’s。McDonald'sの面白いところは、アメリカ文化の代表のようでありながら、実は展開している地域に密着した商品開発や施策を実施している点です。

201906190008最近、始まったのが「Griaß di, Österreich!」というプロモーション。

これは、「遠くへバカンスに出かけなくても自宅で素晴らしいオーストリアを満喫しよう」というものです。まぁ、Feriなどはウィーンのホイリゲで十分、オーストリアを満喫していますが(笑)。

201906190004具体的には、オーストリアの郷土料理にヒントを得たバーガー類の提供です。

Schmankerl Burger、Hühner-Schnitzel Burger、Hühner-Schnitzel Wrap、Jaus´n Burgerなどが販売されています。そして、ドリンクに登場したのは、皆さまおなじみのAlmdudler

201906200011確かにオーストリアを代表する清涼飲料ですからね。芸が細かいことに、市内に張り出されている広告では、Almdudlerが瓶入りになっている点です。

また、サイドメニューとしては、Emmentaler Herzen、Chicken Cordon Bleu Stripes、Chicken Cheese Box、Natural Friesなどが並んでいます。

ウィーンの街角にも、写真のような広告が沢山、張り出されていますが、いかにもオーストリアらしい感じの図柄。

Continue reading "McDonald’sのプロモーション"

| | Comments (0)

June 22, 2019

果物の美味しい季節

201906200012連日の猛暑が続くウィーンですが、「果物が美味しい季節」になりました。

「今が旬」なのが苺です。ウィーン近郊の農家で栽培された苺が、市内の市で販売されています。また、以前、このブログでもお伝えしたように、臨時の直営屋台が出て、販売していることもあります。

トップの写真はOttakring駅前広場の市で見かけた直営売店。実際に栽培しているところの写真などを貼りだしており、産地直送を強調していました。

201906200013気になるお値段ですが、500gで3.9Euro、1kgで7.5Euroとなっていました。

そして、夏には欠かせないのがスイカ。こちらでもWassermeloneという名称で、店頭に並ぶようになりました。

もちろん輸入品ですが。写真のように1個単位で販売もしていますが、最近では日本と同じようにカットして販売するケースが増えてきました。

201906200010とくにウィーンのスーパーマーケットでは、基本的にカット売りが主流になってきたような気がします。これも時代の変化でしょうか。

さて、Feriお気に入りの西洋梨(Birnen)も、色々な銘柄がありますが、実は、この時期、美味しくなります。

というのは寒い時期は十分熟成させるのに時間がかかるのですが、この時期、店頭に並んでいるBirnenは、気温が高いため、すでに熟成しているものが多く、買ってからすぐに食べても柔らかく、かつ甘いのです。

Continue reading "果物の美味しい季節"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧