February 07, 2021

お餅がブーム?

2021020510 日本本の皆さまにとってオーストリアの魅力を伝えたミュージカル映画「サウンド・オブ・ミュージック」でゲオルク・フォン・トラップ役を演じたカナダ人のオスカー俳優クリストファー・プラマー(Christopher Plummer)さんが、2月5日、お住まいになっていたアメリカでお亡くなりになりました。享年91歳。

Feriも、あの映画を観てオーストリアやザルツブルクにの憧れた口なので感慨深いものがあります。謹んで、お悔やみを申し上げます。

2021020501今日は「お餅の話」をお届けしましょう。日本でもお正月以外ではお餅を食べる機会が減ってきていると思いますが、日本の伝統食の1つだと思います。

独特の食感があるため、外国人には不向きかと思っていたのですが、昨年くらいからウィーンでは「お餅がブームになっている」らしいのです。

KURIER紙に「Warum sind alle verrückt nach Mochi?」(なぜみんな餅に夢中なのか?)、Die Mochi-Magie]」という記事が掲載されていました。

当たり前ですが、餅のドイツ語はないので、そのまま「Mochi」となっています。

2021020504“一見、本当に食べたいとは思えません。餅を知らない人はしばしば混乱します。それは本当に食べ物ですか、それとも単なる飾り物ですか?”という書き出しから始まります。「摩訶不思議な食べ物」という印象が伝わってきます。

しかし、実際に食べて、独自の食感から餅に「はまる」ウィーン子も多いようです。

Mochiとう名前を冠したレストランチェーンのオーナーさんも、その一人で“実際には説明できない、ふわふわで心地よい味わいの感覚です”と述べています。また、食感をグミと比較しています。

2021020503 食べ方としては、主にデザートの一種になっているようで、ピーナッツバター、チョコレート、ココア、いちご、餡などを入れたものが人気だとか。日本人の感覚だと餅と言うより大福です。大福の生地は餅なので、餅と表現することに間違いはありませんが‥

最近では、こちらでも日本食が普及するにつれて醤油に対する抵抗が少なくなっているので、磯辺焼きも大丈夫かも知れません。Feriは、雑煮以外では、磯辺焼きの方が好きですが‥

実際、ウィーンにはMOCHI GmbHが経営する「Mochi Praterstraße」、「Mochi Vorgartenmarkt」、「Mochi Omk1010」など、餅を店名に関した飲食店チェーンが誕生しています。

ただ、残念なことにCovid-19感染拡大の影響で、現在、飲食店はテイクアウト以外は営業禁止になっていますが‥

2021020502ウィーンでブームの火付け役となったEduard Dimant氏は、従来、工業的に生産された餅だけすか知らなかったらしいのですが、2007年、来日した際、初めて「杵つき餅」を見て、滝に打たれたような衝撃を受けたとか‥

KURIERの記事には、「杵つき」の様子が記事で紹介されていますが、その実態を知っているFeriが見ても、良く再現されています。

例えば、杵つき餅は伝統的な製法で最近は少なくなっている、伝統的な餅つきでは臼と杵(ただし、この名称が出てきません)を使い二人の作業者が必要である、二人のコンビネーションが重要である、300回は杵つきが必要である‥などなど。

この伝統的な製法を見て、餅と「日本の食文化」にはまったことは間違いありません。

Continue reading "お餅がブーム?"

| | Comments (0)

December 20, 2020

農業も盛んなウィーン

2020122001今日は「ウィーンの農業」にまつわる話題をお届けしましょう。このブログでもお伝えしたことがありますが、ウィーンは首都でありながらワイン用ブドウ畑が市内に広がるという希有な街です。
もちろん、それ以外の農業も盛んです。先日、ウィーン産の新しい有機全粒粉ライ麦粉が、ウィーン市で発表されました。

原材料の有機ライ麦は、ウィーン市のロバウ・オーガニックセンター(Bio-Zentrums Lobau)の栽培地域で生産されたものです。非常に丈夫で硬く、パン作りに適しているとされています。発表会では、実際にこの有機全粒粉ライ麦粉で作ったパンも披露されました。
ご存じない方が多いと思いますが、ウィーン市は40年前から大規模な有機農業を実践しており、オーストリアで最も重要な伝統的有機農園の一つ。
2020122004発表会の席上、Michael Ludwig市長は“ この有機全粒粉ライ麦粉は、都市農業と製粉所、そして市場とのパートナーシップが成功した結果です。ロバウ地区で栽培・収穫された200トンの有機ライ麦があれば、この製品は一年中手に入る”と表明しています。

なお、製品に関してはja!のブランドで知られているREWE International AGがスーパーマーケットで販売しています。
Naturschutzgebiet von Groß Enzersdorf(グロース・エンツァースドルフ自然保護区)にあるロバウ・オーガニックセンターは、国内最大級のオーガニック農場で、ウィーン市が所有しています。
ウィーン市/MA49は、合計約2,000ヘクタールの耕地(ウィーンとニーダーエスターライヒ州)を管理していますが、その半分はビオ・ゼントラム・ロバウの有機農地です。

Continue reading "農業も盛んなウィーン"

| | Comments (0)

November 23, 2020

自宅でワイン試飲会を楽しもう

2020112301今日は「ワインの話題」をお届けしましょう。ご存じのように、この時期、オーストリアでは「今年の新酒(Heuriger)」が出回り、ホイリゲはお客さまで賑わいます。

一応、解禁日にあたる11月11日は、ハードロックダウン前でしたが、17日のハードロックダウン実施で、アドベント恒例の忘年会を兼ねたパーティをホイリゲで開くことはできなくなりました。

そんな中、ウィーン市営醸造所Weingut Cobenzlが、ビデオミーティングシステム(Zoom-Video-Konferenz)を活用したワインテイスティングを提案しています。

2020112302オンラインではテイスティングはできませんので、自宅にテイスティングボックスを取り寄せて、オンラインで各種解説を楽しむという趣向です。

テイスティングボックスは、以下の3種類。いずれもテーマに合わせて6本の各種ワイン(いずれも750ミリリットル)がセットされています。
Wiener Lagen(59.9Euro)
Wiener Vielf Vielfalt(64.2Euro)
Wiener Wei(h)nacht(81.9Euro)
配送料込み(オーストリア国内)で、通常価格の30%Offというのがセールスポイント。

オンラインでのテイスティングは、12月3日(Wiener Lagen)、10日(Wiener Vielf Vielfalt)、17日(Wiener Wei(h)nacht)の3日間(いずれも18時30分~)予定されています。

Continue reading "自宅でワイン試飲会を楽しもう"

| | Comments (0)

November 19, 2020

Hotel Sacherがドライブスルー方式でSacher-Torteを販売

2020111802今日は「新しいサービスの話題」をお届けしましょう。

新型コロナウイルス感染再拡大によるロックダウンで、オーストリアでは各業界も大きな打撃を受けているのは、皆さまご存じのとおり。

本来であれば、11月11日の聖マルティン祭以降、クリスマスに向けて商業活動が活発になる時期です。それが12月6日までロックダウンですから、皆さま頭が痛いところでしょう。

さて、Sacher-Torteで有名なHotel Sacherが、ロックダウン当日の11月17日、新しいサービスを開始すると発表しました。何と同ホテル自慢のスィーツSacher-Torteをドライブスルー方式で販売するというものです。

現在、閉鎖されているホテルの駐車場に駐車すると、従業員がオーダーをとり、スィーツを車まで持ってきてくれるというもの。支払いは非接触方式も可能。毎日8時から19時まで営業している点がセールスポイントです。

また、徒歩で来店したお客さま向けにKärntnerStraßeの角を曲がったSacher Confiserieにも販売エリアが開設されました。

2020111803同ホテルのDirektor であるAndreas Keese氏は“オリジナルのSacher-Torteを非接触で購入し、家に戻って楽しんでください。私たち全員が安全で健康な状態を保つことができます”と語っています。今回、kleineren Sacher-Würfelも販売される予定です。

ところで、今や日本のコンビニエンスストアでも販売されている「Sacher-Torte」ですが、皆さまは誕生のいきさつをご存じでしょうか。以前、日本オーストリア食文化協会の方から詳しく教えていただきました。

1832年、クレメンス・メッテルニヒ(Klemens Metternich)に仕える料理人の一人だったフランツ・ザッハー(Franz Sacher)が考案したもの。

当時、フランツ・ザッハーはまだ16歳で、下級の料理人でしたが、当時、病床に伏せっていた料理長の代わりにお菓子屋見習いになって2年目のフランツ・ザッハーにメッテルニヒから“飽食した貴族たちのために、かつて誰も食したことのないようなデザートを作るように”との命を受けて作り上げたのが、あの有名になった「Sacher-Torte」だったのです。

しかし、この「Sacher-Torte」は、正確には彼の発案ではありません。というのはチョコレートを使ったケーキは誰でもが想像できるようで、18世紀前半には文献上にも出現しており、各国でもチョコレートを使ったケーキは作られていました。

Continue reading "Hotel Sacherがドライブスルー方式でSacher-Torteを販売"

| | Comments (0)

October 09, 2020

ウィーン市発行ミールバウチャーの結果と新しい利用者登録

2020100810最初に最新の「コロナ信号」です。赤となったエリアは出ていませんが、オレンジのエリアが10地区に増えています。6地区が緑から黄色に変更されています。

現時点では、ロックダウンなどの対策は打ち出されていませんが、注意が必要な状況です。

2020100805今日、10月10日は、かつて1964年、東京オリンピックの開会式が行われた日です。それを記念して、「体育の日」となったのは皆さま、ご存じのとおり。

「体育の日」は結果として移動祝日となり、さらに2020年、TOKYO2020開催に合わせて「スポーツの日」と名称も変わり、日にちも7月24日に。そのため、今年(来年も)10月は祝日ゼロとなりました。

日本では、新型コロナウイルス渦による景気刺激策として「Go To Eatキャンペーン」が始まりましたね。何でも10000円で12500円分のミールクーポンが買えるとか‥2500円分は国の援助だそうですね。

このブログでもお伝えした「ウィーン市がウィーンに住む全ての世帯に配布したミールバウチャー」(Wiener Gastro-Gutschein)ですが、9月30日に使用期間が終了しました。

2020100803これを受けて、ウィーン市では、最終的な結果を発表しています。

Gastro-Gutschein-Aktionの目的は、ロックダウンによって不便を強いられたウィーンの人々の生活向上を図ることと、6万人が働くウィーンの外食産業(ガストロノミー・ビジネス)を支援すること。

ウィーン市の発表によると、95万枚発行されたバウチャーの83%が使われ、3000万Euroが各企業(店舗)に支払われました。

9月中旬の時点では2/3が使用されたと発表されているので、駆け込み需要があったことがわかります。ウィーン市では、バウチャーを使ってくれたウィーンの皆さまに謝意を表しています。いくら市当局がバウチャーを配布しても、死蔵されてしまったら完全に無駄ですあらね‥

2020100804一方、ヨーロッパでは都市部を中心に感染者が再拡大しており、一部の国や都市では、飲食店の営業制限を再度、実施するところも出てきました。

ウィーン市では、営業については従来どおりですが、このブログでもお伝えしたように万が一感染者が発生した婆、追跡を容易にするため、飲食店に利用者の個人情報登録を義務づけています。

ただ、今までは紙ベースで行っていたこともあり、その管理や個人情報保護などが問題になっていました。

Continue reading "ウィーン市発行ミールバウチャーの結果と新しい利用者登録"

| | Comments (0)

September 23, 2020

「14. Weinwandertag der Stadt Wien」は10月3日・4日に開催

2020092101最初に残念なニュースから。Wiener Opernball 2021 (2021年オペラ座舞踏会、2021年2月11日に開催予定)の中止を政府が決定したことが報道されました。これは新型コロナウイルス感染拡大の影響によるもの。

ただ、オーストリアを代表する文化的行事であるため、政府も慎重に検討したようです。また、劇場側の経済的損失は政府が補償する案も検討されているもようです。オペラ座舞踏会は、湾岸戦争が発生した1991年にも中止されたことがあります。

なお、毎年、開催される職業団体による舞踏会の中には、既に中止が決まったものもあります。

さて、今日はウィーン秋の定番行事「ワインハイキングの話題」をお届けしましょう。

例年、9月下旬に実施されることが多かったWiener Weinwandertag(ワインハイキング)ですが、第14回となる今年は、10月3日・4日の両日、開催されることが発表されました。開催時間は両日とも10時から18時まで。

2020092103新型コロナウイルス感染拡大の影響で開催が心配されていましたが、第14回目を迎える今年は、様々な対策を施した上での実施となったものです。
コースは、以下の4つ。

-16区:Ottakring(4.5km)

-19区:Neustift am Walde-Nussdorf間(10.8km)

-21区:Strebersdorf-Stammersdorf間(9.6km)

2020092104-23区:Mauer(4.6km)

このブログでも何回かお伝えしているように「ワインハイキング」は、ウィーンのブドウ畑に設定されたコースを巡るものです。

十分なスペースがあるハイキングルートなので、ソーシャルディスタンスの確保も比較的容易です。

2020092105しかし、今回、開催に当たって「安全なワインハイキング」を実施するため、ウィーン医科大学の衛生専門家によるアドバイスを得て、包括的な対策が立てられています。

何しろ翌週がウィーン市議会議員選挙。ここでパンデミックが発生したら、選挙結果にも影響が出そうですから‥以下、自粛‥

まず、参加者の集中を避けるため、昨年のような支援プログラムは中止されます。

2020092106以前はスタンプラリーのような企画もありましたが、今回はなくなったようです。要するに純粋な「ワインハイキング」に原点回帰といったところでしょうか。

コースに点在するLabestationen(軽食ステーション)では、「参加者の密」を避けるため、地域の条件に応じて、グリッドとフロアマーキングが設置されます。

また、ワインや軽食を求めるために並ぶ場合、マスクなど、口と鼻を保護する用具の着用が義務づけられます。

確かに以前の写真を見ると、コース上は大丈夫ですが、ステーションやホイリゲは「密」になってしますね。

Weingut Wien Cobenzlは、利用者が最大250名に限定されるほか、新しいホイリゲGenuss am Cobenzlは100名が利用できるスペースが提供されます。

Continue reading "「14. Weinwandertag der Stadt Wien」は10月3日・4日に開催"

| | Comments (0)

September 22, 2020

ウィーン市発行のミールバウチャー、その後

2020092210日本では、昨日まで4連休だった方も多いと思います。「敬老の日」と「秋分の日」がつながったため「シルバーウィーク」と言われているそうですが‥

そう言えば、ウィーンも9月は「Monat der SeniorInnen 2020」(高齢者月間)です。60歳以上の方を対象に様々なプログラムが組まれています。

9月も中旬を過ぎるとウィーンも晩秋といった雰囲気になります。夏は人気を集めた屋外の市営プールも先週末で今シーズンの営業を終了。

今シーズンは新型コロナウイルス渦のため、大規模な入場制限がかかった関係で、利用者数は約120万人だったそうです。ちなみに2019年は250万人でしたから、半減です。

最も昨年は猛暑だったことで利用者が増えた訳ですが‥なお、屋内プールは、感染拡大防止対策を取った上で、21日から営業を開始しました。

2020092120さて、今日はロックダウンに協力してくれた住民へのプレゼントとしてウィーン市が提供した「ミールバウチャー(Wiener Gastro-Gutscheine)の後日談」をお届けしましょう。

このブログでもお伝えしたようにロックダウン解除後、2020年6月、94万世帯にWiener Gastro-Gutscheineが送付されました。

20200625061世帯50Euro(単身世帯は25Euro)のバウチャーが送付されましたが、総予算は3900万Euro。バウチャーの発行や送付といった実務はWien Holding GmbHが担当しました。

Michael Ludwig市長は、9月20日、記者会見の席上、送付したバウチャーの約3分の2に当たる61万1000枚以上が利用されたと発表しました。

このプログラムには約3700軒のレストランやカフェが参加しており、合計2300万Euroがお客さまによって使われたそうです。

2020092211Michael Ludwig市長とWalter Ruckウィーン商工会議所会頭は、記者会見で“数字が物語っているように、この施策はレストランやカフェの支援、特に雇用の持に大きく貢献した”と自画自賛しています。何しろ批判も多かった施策ですから‥

ウィーンの外食産業ですが、年間14億3000万Euroの売り上げがある「ウィーン市でも重要な産業」。6万人以上の従業員が働いています。

なお、当初、盗難の多発などが報道されていましたが、最終的に発行枚数の2%に当たる19000枚が再発行されました。

Continue reading "ウィーン市発行のミールバウチャー、その後"

| | Comments (0)

August 22, 2020

ブルストスタンドがオーガニック認証を取得

2020082201今日は「ウィーンの街角で見かけるWürstelstandの話題」をお届けしましょう。

「Würstelstand」というといわゆるジャンクフードを販売している屋台という印象が強いと思います。実際、Feriも時々、この手のジャンクフードが無性に食べたくなることがあります。

日本だと屋台の雰囲気に近いのですが、こちらの場合、歩道上に許可を得て常設しているところが大きな違いでしょうか。日本の「立ち食いそば」に近いイメージかもしれません。

最近、ウィーンでWürstelstandに関する興味深いニュースがありました。

2020082203JosefstadtのWürstelstand(StrozzigasseとPfeilgassの角にあるお店、住所はPfeilgasse 1080 Wien)が、「Natürlich gut essen」の認証を受けたというものです。

「Natürlich gut essen」は、単に「味が良い、おいしい」というだけではなく、有機栽培・飼育、原産地指定など、使用する食材について様々な規定があります。

今回、この規定をクリアしてウィーンのWürstelstandとして初めて「Natürlich gut essen」の認証を獲得しました。

2020082204提供しているKäsekrainer、Bratwürstel、Waldviertler、LammwürstelはいずれもWaldviertelで有機生産されたものです。

また、自家製ポテトチップス(Erdäpfel-Rohscheiben)も販売しています。これ、生のジャガイモをスライスして油で揚げたもの。揚げたては美味しいです。

もちろんWürstelstandでは定番のホットドッグ系もしっかりメニューに掲載されています。

また、ブロートやピクルスなども有機栽培の材料を使っています。さらにスタンドですから、通常は飲料を販売する際、缶やペットボトル入りのものが提供されますが、ここでは一切使用していません。という訳でBierは瓶入りです。

2020082202当たり前ですが、有機栽培・飼育の材料を使うと値段が高くなります。ちなみに、ここのスタンドではBiowürstelは約5Euro(一般的なスタンドでは3.5Euro程度)です。そのため、学生さんには、敷居が高いかもしれません。

共同経営者のStefan SenglさんはORFのインタビューに答えて、“夜中の3時でも、自分が食べるブルストに何が入っているのか気になる人もいます。また、エコロジーに関心の高い人もいます”と述べています。

Josefstadtは富裕層が多いエリアなので、「意識が高い住民」がお客さまと言うことでしょう。

ちなみに扱っている食材に有機栽培・生産のものがどの程度、含まれているかによってランキングが決まるようになっています。

Continue reading "ブルストスタンドがオーガニック認証を取得"

| | Comments (0)

August 15, 2020

カットしたスイカ

2020081404こちらでは8月16日は「Mariä Himmelfahrt」(聖母の被昇天)でお休みです。今年は日曜日と重なりましたが、こちらは「振替休日」という制度がないため、お休みが1日減った勘定になります。

ウィーンなどは、まだまだ暑い日が続きますが、山間部では「Mariä Himmelfahrt」が夏の終わりを告げる祝日。バカンスのお客さまの都会に引き上げ始め、徐々にではありますが、秋の気配が感じられるようになります。

Feriが大好きな地方の「夏祭り」も、この日までに行われるケースが多いですね。ただ、「夏祭り」も様相が変わっているような気がします。

日本では、夏の果物と言えばペンギンマークのSuicaではなく「西瓜」(Wassermelone)でしょうか。オーストリアでは栽培されていないと思いますが、こちらのスーパーマーケットの店頭でも、夏の時期はスイカを見かけます。

2020081402また、ホテルの朝食にスイカが出てくることもありますね。Feriが子供の頃は、日本でも1個まるごと販売するのが一般的だったような気がします。

今頃の時期、親が買ってきて自宅にあった井戸で冷やしていた記憶があります。

その後、世帯構成の変化などにより、日本ではスカイはカットして販売する方式が主流になってきたような気がします。

そう言えば、最近では、ブロック状にカットしてきれいなプラスチックパッケージに入ったものも販売されていますね。さすが、きめ細かい日本。もっとも、この容器が、レジ袋以上にプラスチックゴミになる訳ですが‥

2020081405日本では熊本や千葉が「西瓜の産地」として知られていますが、ヨーロッパではトルコやイランが多いようです。

品種が違うためなのか、こちらのスイカは大きめです。そのため、通常、果物はまるごと販売することが多いオーストリアでもスイカはカットして販売するケースが多いようです。

カットしてラップでくるんで販売する方式は、日本と同じ。スーパーマーケットの店頭で見かけて、懐かしく思ったことがあります。

2020081403日本では1/4カットが主流のようですが、こちらも基本的には同じ。ただ、時々、ハーフカットも見かけます。

以前、オーバーエスターライヒ州の小さな街にあるBILLAを訪問した際、店頭で特売をしていましたが、“Josefa”という名前がついていました。

これが品種の名称なのでしょうかね。この名前を聞くと、Feriはオペレッタ「白馬亭にて」の女将を連想してしまいます。

また、日本人の感覚からすると標準サイズなのですが、何故か「Mini Wassermelonen」との表示が‥

Continue reading "カットしたスイカ"

| | Comments (0)

August 14, 2020

日本上陸 Salzburger Stiegl

20200811158月7日は“Tag des Bieres”(ビールの日)でしたが、今日は「オーストリアビールの話題」をお届けしましょう。

日本では、ビールは居酒屋なので“とりあえずビール”というフレーズに代表されるように、強いこだわりを持った愛飲家が少ないように感じることがあります。

もちろん、ビールメーカー直営のビアレストランのように「こだわりのビール」を提供することをウリにしているところもありますが‥

2020081112また、日本では税率の高いビールを敬遠して「第3のビール」(ビール風味の発泡アルコール飲料)が伸びているとか‥

このような背景があるためか、割高になりやすい輸入ビールは、残念ながら影が薄い存在です。

当然、オーストリアビールは、ほとんど見かけませんが、今までJenaという会社が孤軍奮闘してZillertal Bier、Edelweiss SNOWFRESH、Gösser Pilsner、Edelweiss Weißbierなどを輸入、販売していました。本当に頭が下がります。

2020081114オーストリアも、日本でワインやビール販売に力を入れており、FOODEX JAPANなどにも積極的に出展しています。

さて、1ヵ月ほど前になりますが、コンビニエンスストアを経営している友人から、“Feriさん、日本でStieglを売り始めたよ”という連絡をもらいました。

2020081116しかも、6月、7月の2ヵ月間限定で、全国に2万店以上展開する某コンビニエンスストアのお取り寄せ商品カタログに掲載されていたというのです。これにはびっくり仰天。

どうやら夏に向けて世界各国のビールを販売する企画だったようです。お値段は税別で1缶270円でした。

今回、日本で輸入を担当したのは埼玉県に本社があるグリーンエージェント株式会社。

2020081117さっそく同社のホームページで確認したところ、2020年4月10日から「Stiegl-Goldbräu」(330ml缶)を日本発売を開始したようです。

Stieglは500年以上の歴史を誇るザルツブルクの醸造所。ザルツブルクやウィーンで召し上がった方も多いと思います。

Stieglも色々な種類のビールを販売していますが、その中で代表的な銘柄でしょうか。後日、有人から写真が送られてきました。

2020081111通常、少数を輸入する場合、ワインなどのように輸入後、日本の輸入元で紙ラベルを貼るケースが多いのですが、写真を見て、ビックリ。何と輸入元も含めて、詳細なデーターが日本語で印字されているではありませんか。

ちなみに写真では切れていますが、右側には中国語らしい文字が‥ということは、アジア向けのスペシャルバージョンで、かつ、専用の缶を用意しているので、ある程度のロットを生産していることでしょう。

なお、同社の説明によると「日本市場向けに開発したビール」となっていますので、味を変えている可能性があります。

アルコール度数は5%、原材料は大麦麦芽とホップ。好き者の友人も個人的に取り寄せて、試飲したそうですが、味以上にきれいな泡が印象的だったと言っていました。

Continue reading "日本上陸 Salzburger Stiegl"

| | Comments (1)

より以前の記事一覧