February 10, 2019

Almdudlerの新製品は?

201902090003

日本では3連休という方も多いと思いますが、寒波の影響で、雪が降っているところが多いとか‥ 関東地方でも9日は降雪に見舞われて、大変な思いをした方も多いのではないでしょうか。

ウィーンは、一応、北国なので雪の対策は東京よりもしっかりとしていると思います。

さて、今日は、寒い時期には何ですが「清涼飲料の話題」をお届けしましょう。

オーストリアでは一般的なハーブソーダAlmdudler(アルムドゥードゥラー)。何度か日本への進出を計画したようですが、残念ながら現在、輸入はされていないようです。

アルコールが苦手な方にお勧めできるドリンクなので、日欧EPAの締結に伴い、今後、輸入が実現すれば面白いですね。

同社は1957年にウィーンで創業され、今日も伝統的なオーストリアの家族経営企業として4世代に渡り受け継がれています。

201902090002

ドイツなどにも輸出されており、現在では生産量の20%が輸出に宛てられているそうです。

何と言ってもボトルに描かれた民族衣装の男女がオーストリアらしさ(日本人にはチロル風かな)を表しています。

日本の清涼飲料メーカーは、日々、新製品の開発に余念がありませんが、こちらは、定番商品を中心としているケースが多いようです。

もちろん、新製品も発売されますが、日本ほど、頻度は高くないような気がします(あくまでも個人的な感想です)。

先日、地下鉄や路面電車の車内に設置されているWiener Linienの雑誌を見ていたらAlmdudlerの新製品広告が目に留まりました。

今回は、一挙に2つ発売です。新製品の名前は「MATE & GUARANA」と「INGWER & MATCHA」。

Continue reading "Almdudlerの新製品は?"

| | Comments (0)

January 29, 2019

「NISSIN焼きそば 袋麺編」試食レポート

Img_2018_12_0132

今日は「ウィーンのキッチンから」をお届けしましょう。

前回、ご紹介した「NISSIN焼きそば カップ麺編 試食レポート」に続き、皆さまご期待(か、どうかはわかりませんが)の「袋麺編」です。

購入したのはカップ麺と同じく大手スーパーマーケットチェーンのSPAR。お値段は0.79Euro(現在のレートだと100円ほどですね)。

味はカップ麺と同じくTERIYAKIとCLASSICの2種類。今回もFeriはオーソドックスなCLASSIC(いわゆる日本のソース味)です。

Img_2018_12_0049

ちなみに「売場」はMaggieやKnorrなどが販売しているインスタントの中華風焼きそばなどと同じコーナーです。

袋の裏に作り方が書かれていますが、こちらにしては珍しく図解はなく、文字中心でした。

恐らく「湯切り」が必要なカップ焼きそばに比べると、一般的な商品として作り方も認知されているため、図解を使った解説が省略されているのでしょう。ちなみに190gとなっています。

袋を空けると、乾麺と液体ソース、そしてフリーズドライのネギが出てきました。日本では、焼きそばの薬味は「青のり」と相場が決まっていますが、馴染みがないためかネギになったのでしょう。

Img_2018_12_0289

作り方は、基本的に日本で販売されている「即席焼きそば」と同じです。

まず、フライパンに指定された量の水を入れて沸騰させます。そこへ、乾麺を入れてお湯を吸わせます。なお、こちらでは、比較的短い麺が多いのですが、「NISSIN焼きそば」は、伝統の長い縮れ麺。それだけに食欲をそそります。

なお、本来はキャベツや肉などを入れると美味しくできるのですが、今回は玉ねぎとベーコンを具材にしました。麺の調理に入る前に、予め玉ねぎとベーコンを炒めておきました。これで準備は万全。

Img_2018_12_0290

乾麺は二層になっており、途中で、裏返します。写真をご覧になるとわかるように、だんだん、良い感じになってきました。

水気がなくなったタイミングで、別に炒めておいた具材を投入。麺と絡めてから、液体ソースをかけます。

正直、ソースの袋が小さかったので“味が薄くなるのでは‥”という不安があったので、別途、日本のソースを準備しておいたのですが、実際には意外と濃いソースで、別にソースを追加する必要は感じませんでした。

Continue reading "「NISSIN焼きそば 袋麺編」試食レポート"

| | Comments (0)

January 24, 2019

クラシックなエスプレッソマシンも乙なもの

20190123ss00001

1月22日、世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)がスイスのダボスで開幕しましたが、オーストリア連邦軍のユーロファイター・タイフーンが、会場の空域警備に当たっていることをEurofighter Jagdflugzeug GmbHが公開しています。

発表によると、1時間毎にパートナーの各国と共に、ダボス周辺の空域の安全性を確保しているそうです。現在、オーストリアの戦闘機はユーロファイター・タイフーンしかありませんから、出番が回ってきたのでしょう。

そう言えば、日本の安倍首相もロシアからスイスのチューリヒへ政府専用機で飛んで、ダボス入りしましたね。

今日は「ウィーンのキッチンから」として「コーヒーマシンの話題」をお届けしましょう。

Feriは、基本的にエスプレッソタイプのコーヒーが好きなので、アパートではNespressoを使っていました。

Img_2018_12_0028

コストは高いですが、さすがに金属製のカプセルに入っている上、抽出時間が厳格に決められているため、味は文句なし。しかも、様々なタイプが販売されており、味のバリエーションも楽しむことができます。

先日、友人が借りているアパートへ行った際、なつかしいエスプレッソマシンでコーヒーを用意してくれました。直接、火にかけるタイプですね。

ウィーンの食器専門店などに行くと、必ず見かけるタイプです。日本でも輸入品が販売されているので、ご利用になっている方が多いかもしれません。

電動式にない「味のあるマシン」。使った方はご存じかと思いますが、このマシンは上下が分割できるようになっています。

下が水タンクで、コーヒーの粉を入れる金属製フィルターを取り外してから、タンクに水を入れます。そして、フィルターをセットしてから、ここへエスプレッソ用に挽いたコーヒー豆(実際は粉末ですが)を入れます。

その後、上の部分をセットします。圧力がかかるため、上下の接点にはネジが切ってあり、回転させて固定します。
あとは、火にかけて、しばらく待つと、エスプレッソの出来上がり‥という訳です。

Continue reading "クラシックなエスプレッソマシンも乙なもの"

| | Comments (0)

January 04, 2019

ホイリゲの日本代表MIKADO

Img_2018_12_0435

日本では、今日から「仕事始め」という会社が多いと思いますが、実家にお帰りになったご家族は週明けにお戻りになるというパターンもあるようですね。

さて、今日は久しぶりに「ホイリゲの話題」をお届けしましょう。

ホイリゲをご利用になった方はご存じのように、ホイリゲの多くはワインについては各テーブルでオーダーしますが、料理などのお食事ものは、お客さま自身がビュフェへ出かけて行って、そこで購入して、同時に決済を行うシステムになっています。

ショーケースの中には各種肉料理やサラダ、チーズなどが並んでいます。パンの上にペーストを載せた軽食も定番でしょうか。

Img_2018_12_0434

また、プレッツェルなどの「乾き物」も置いてあります。ビュフェの品揃えに関してはホイリゲによってかなり異なっており、温かい料理が少ないお店もあります。

逆にレストラン並みの品揃えを誇るお店もあり、用途に応じてお店を選ぶ方も多いようです。ちなみにFeriは、ホイリゲでは、基本的に「飲むだけ」なので、ビュフェはほとんど利用しません。

お店にとっては、ありがたくないお客の代表かも知れません。

最もFeriだけでなく、ワインだけ飲んでお帰りになるお客さまも時々見かけますが‥

Continue reading "ホイリゲの日本代表MIKADO"

| | Comments (0)

December 15, 2018

Weihnachtskekse

Img_2018_12_0145

今日は「クリスマスにまつわるお菓子の話題」をお届けしましょう。

この時期、日本では、いわゆる「クリスマスケーキ」の予約が積極的に受け付けていると思います。

洋菓子専門店はもちろん、スーパーマーケットやコンビニエンスストアでも、立派なパンフレットを作成して、予約獲得に懸命ですね。

Feriが、子供の頃は、クリスマスケーキと言えば「苺の載ったショートケーキ」などシンプルなものが多かったですが、最近は和風テイストのものをはじめ、様々なケーキがラインナップされているようです。

実際には、おせち料理の予約も同時並行で行っていることを考えると、クリスマスはどうでも良い訳で、商売につながるならば何でもOKというのが経営側の本音でしょう。

ご存じのように、こちらではクリスマスは宗教行事という性格が強いので、色々な行事や関連する食品も、日本よりは伝統的なものが多いようです。最も、これはFeriの主観ですが‥

Img_2018_12_0146

先日、大手ベッカライチェーンANKERの店頭で、写真のようなディスプレイを見つけました。写真をご覧になるとおわかりのように、クリスマス用のお菓子を並べたものです。

中央はChriststollen。このブログでも何回かお伝えしている「伝統的なお菓子の代表」でしょうか。

以前、日本オーストリア食文化協会会員の専門家からうかがったお話によると、Stollen(シュトレン)はドレスデンで誕生したお菓子で、1329年の文献に、その名が記されています。

もともと新年や収穫祭、皇帝の即位式などの祝事の際に作られていたようです。その後、徐々にクリスマス菓子として定着していきます。その由来が興味深いところ。

名前の由来には、以下のような諸説があります。
Img_2006_12_3365

-イエス=キリストのおくるみの姿やゆりかごの形

-東方三博士がキリストを訪ねたときの杖

-神父がかける袈裟(シュートル)

-坑道(シュトレン)ドレスデン南方エルツ山地はヨーロッパ有数の鉱山

-表面の粉砂糖を「キリスト生誕の日の雪」に見立てた

なお、日持ちすることが求められたため、「Dauerbrot(ダウワーブロート)」、つまり時間の経過をともなっておいしくなるパンとも呼ばれています。

発祥の地・ドレスデンのシュトレンには、「Dresdner Stollen(ドレスドナー・シュトレン)」という特別な名前が与えられ、それ以外の「Christstollen(クリストシュトレン)」とは一線を画しているとか。

ちなみに右の写真はドレスデンのクリスマス市で、以前、撮影したものです。正に「本家」。

Continue reading "Weihnachtskekse"

| | Comments (2)

October 27, 2018

やはり美味しい日本が誇る西洋梨

Img_2017_02_0377

今日は「Birne(梨)の話題」をお届けしましょう。

このブログを比較的長くご覧になっている方はご存じかと思いますが、Feriが好きな果物に「Birne」があります。

こちらで売っている梨なので、日本では「西洋梨」と呼ばれているものですね。

子供の頃、なぜかFeriの父親が西洋梨が好きでした。いつもは果物などは買ってこない父親が、この時期になると、西洋梨だけを自分で買ってきたことを思い出します。

随分、昔の話ですが、当時、西洋梨は、今のような「高級フルーツ」ではなかったような気がします。

当時、日本の梨は、「二十世紀」などが主流でしたね。その後、様々な品種改良が進み、色々な品種が登場しているのは、皆さまもご存じのとおりです。

余談ですが、当時は「洋梨」と呼んでいましたが、最近では「用無し」と揶揄されるためか、「西洋梨」に名称を変えたというウワサも‥

特に西洋梨に関しては、一般の梨、以上に贈答品用として高級志向に突き進んたような気がしています。

Img_2013_04_4734

その結果、日本では、「ラ・フランセ」をはじめ、「ル・レクチェ」、「バートレット」、「ブランデーワイン」、「マルゲリット・マリーラ」、「ゼネラル レクラーク」、「オーロラ」など、様々な品種が生産されているようです。

日本の西洋梨は、いずれも海外から苗木などを取り寄せ、それを試験場などが品種改良して、日本の風土、日本人の味覚に合わせたものだと言われています。

日本では「西洋梨」の旬は、10月から1月位までの間ですが、傷みが早いため、長期保存が難しく、店頭に並んでいる時期も短いような気がします。

しかも、日本の西洋梨は、季候の関係もあり、大玉で、しかも芳醇な香りと甘さ。本当に美味しいと感じます。

Img_2017_12_0108

Feriが、こちらで嬉しいのはBirnenの販売期間が長いこと。輸入品を含めると、事実上、一年中、スーパーマーケットの店頭で手に入れることができます。

また、こちらでは高級フルーツというより、普段使いの普通のフルーツなので、値段も安いのが嬉しいところ。こちらでは、スーパーマーケットでも量り売りが中心ですが、1kgあたり3Euro程度で販売されています。

そうそう、時々、Feriにとっては嬉しい特売もありますね。日本で販売されている西洋梨と比べると、サイズは2/3程度です。

Continue reading "やはり美味しい日本が誇る西洋梨"

| | Comments (0)

August 22, 2018

「会議は踊る」、美食は武器?

Img_2017_02_0729

今日は「美食が外交交渉で大きな武器になる」という興味深い話題をお届けしましょう。

このお話は、日本オーストリア食文化協会の方から伺ったものです。

日本では映画が有名だった「会議は踊る」。そして、Feriにとっては印象深かったVolksoperのオペレッタ版「会議は踊る」。

オペレッタ(映画もそうですが‥)では、主人公はロシア皇帝アレクサンドルI世と手袋店を経営するクリステルの「はかない恋」を中心にしたお話でしたね。Volksoperのオペレッタでは、Robert Meyerさんが出演したので、宰相メッテルニヒの存在感が際立っていましたが‥

オペレッタでは、ウィーン会議に出席した各国代表も非常に個性的なコスチュームで登場。見事な踊りと合唱で、舞台に華を添えていました。各国代表のキャスティングも見事でした。

舞台の冒頭、開催地になったことを喜ぶ市長に対して、財務大臣は膨大な会議の費用を嘆く場面がありましたが、実際にも大変な出費だったそうです。

というのは、各国の代表は夜な夜な大宴会を開くのですが、この晩餐会費用も開催国のオーストリア持ちだったからです。人様のお財布で晩餐会(大宴会)をするのですから、各国代表は笑いが止まりません。

Img_2016_02_0219

恐らく財務大臣は、この晩餐会の費用も頭に入っていたことでしょう。また、舞台の中盤でも財務大臣が、会議費用が膨大になっていることを嘆く場面もありますが、これは、大宴会の費用が予想以上だったからかもしれません。

オペレッタでも、昼の会議では、各国のエゴがぶつかり合い、話がまとまらない場面が出てきましたね。

さて、オペレッタには描かれていませんでしたが、「ウィーン会議」では、「夜の部」も含めて敗戦国であるフランス代表Charles-Maurice de Talleyrand-Périgord(シャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴール)の天才的外交手腕が炸裂します。

まず巧妙に立ち回って会議への出席を実現。そして、敗戦国であるフランスの戦争責任の大半を回避させることに成功します。

一方、夜な夜な開催される晩餐会も、時が立つにつれマンネリ化してきました。まぁ、何となくワンパターンの晩餐会ですからね。

Continue reading "「会議は踊る」、美食は武器?"

| | Comments (0)

August 01, 2018

「冷たい飲み物」雑感

Img_2018_06_0941

8月になりましたので、今日は暑い日には欠かせない「冷たい飲み物の話題」をお届けしましょう。

日本では、連日の酷暑で、冷たい飲み物や、氷が入った飲み物が売れていると思います。何しろ体温を上まわる気温ですからねぇ‥

今から、40年ほど前、初めてオーストリアを訪問したのは、真夏でしたが、冷たい飲み物というのは少なかったような気がします。

20180729ss00001

駅の売店で販売しているミネラルウォーターも、日本のようにギンギンに冷えているというよりは、温まらない程度に冷やしているといった感じでした。もちろん、これは個人的な感じ方ですが‥

Feriが好きなBierは、昔から飲み頃に温度管理が徹底していましたが‥

また、日本では冷たい飲み物に氷を入れるのが一般的ですが、当時は、氷の入った飲料というのは見た記憶がありません。

20180729ss00002

こちらでは、元々、氷を入れて飲むという習慣がないため、日本のように純度の高い氷(雑菌などが入っていない安全性の高い氷)がないためという話を耳にしたことがあります。最も、真偽のほどは確かではありませんが‥

とにかく「生活習慣が違うものだ」ということを、肌で実感したことを覚えています。

それからかなりの年月がたち、外国人が増えてきたウィーンでは、アメリカ系のファストフード店の展開にあわせて、「氷を入れた冷たいドリンク」も一般的になってきたようです。

Continue reading "「冷たい飲み物」雑感"

| | Comments (0)

July 30, 2018

番外編 セルフ式スターバックス

Img_2018_06_0506

今日は「スターバックスコーヒーの話題」をお届けしましょう。

ご存じ、アメリカ・シアトル発祥のスターバックスコーヒー。日本でも、瞬く間に店舗が増えて、利用する方も多いと思います。

ご存じのようにCafé文化が根付いているウィーンでも、スターバックスコーヒーは多店舗展開中。現在、市内では13店舗が営業しています。

外国からいらっしゃった方にとっては、自分の国で慣れている場合、地元のカフェよりは利用しやすいのかもしれません。

Feriも、日本ではスターバックスコーヒーのお店を利用することもありますが、さすがにウィーンでは入ろうという気持ちは起こりません。

Img_2017_02_0244

ただ、ウィーンの場合、写真の旧市街にある店舗のように、周囲の景観に配慮している点は、評価できますね。

スターバックスコーヒーの場合、ファストフード系ですが、バリスタと呼ばれる皆さんが、ていねいにコーヒーを作ってくれるところがウリですね。その分、若干、待ちますが‥

まぁ、雰囲気も「味の一部」と言ったところでしょうか。

さて、先日、日本へ戻る際、ヘルシンキ・ヴァンター国際空港を利用しました。最近はヨーロッパのゲートウェイとしてヘルシンキを利用する人が増えているようです。確かにヘルシンキ-日本間の所要時間は10時間を切りますから、楽なことは事実です。

乗り継ぎの際、制限エリア内で見つけたのが、写真のショップです。スターバックスの看板が掲げられていますが、無人。つまりセルフ式です。カウンターの上に自動式エスプレッソマシンが設置されており、コインを入れて利用する方式でした。

Continue reading "番外編 セルフ式スターバックス"

| | Comments (0)

July 18, 2018

日清焼そば ウィーンに見参

Img_2018_06__0841

今日は「日本が誇る即席麺の話題」をお届けしましょう。

最近は外国人の方が増えたことも関係しているのか、ウィーンのスーパーマーケットでも各種の即席麺を見かけるようになりました。

現在、日本の即席麺メーカーの中には、日清食品のように、こちらの生産工場を持っており、現地生産している会社もあります。

実際、ドイツでは日清食品金星のカップ麺なども、スーパーマーケットの店頭に並んでいます。東日本大震災以降、日本からの加工食品輸入が禁止されていた時期は、フランクフルト・アム・マイン空港にある日本航空のラウンジでも、現地生産のカップヌードルが提供されていました。

Img_2014_12_9963

また、最近では同空港のルフトハンザ・セネターラウンジでも、同社のドイツ製カップヌードルが提供されるようになりました。

3枚目の写真はフランクフルト空港のセネターラウンジに掲げられていた案内です。市民権を得ていますねぇ。

ただ、ウィーン市内のスーパーマーケットでは、基本的にKnorrやMaggieといったメーカーの即席袋麺は販売していますが、日系の即席袋麺は見かけたことがありませんでした。

Img_218_02_0107

また、KnorrやMaggieの即席麺は、基本的に中華料理系です。Feriも、以前、何回か食べたことがありますが、味については、まずまずなのですが、一番、違和感を感じたのは「麺が短い」ということでしょうか。

日本の即席麺は袋麺、カップ麺ともにブロックになっているのに対し、こちらの即席麺はバラバラです。そのため、麺が短く、ヌーデルズッペのような感じです。

さて、先日、ウィーン市内の某SPARに立ち寄ったところ、即席麺売場で「驚愕の商品」を発見。

Continue reading "日清焼そば ウィーンに見参"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧