January 08, 2020

変わったお店シリーズ164 SNACK SHOP

20200107003今日は2020年、最初の「変わったお店シリーズ」をお届けしましょう。色々なお店が集まるMariahilfer Straße。最近では、お店の入れ替わりも激しくなっていますが、その分、「変わったお店」を見かけることも増えてきました。言わば、「ブログネタの宝庫」です。

今日、ご紹介するのは「お菓子屋さん」(ソフトドリンクも取り扱っています)です。屋号は「SNACK SHOP」。日本人の感覚からすると、お菓子屋さん=SNACK SHOPというのはピンとこないのでしょうが、こちらの皆さまにとっては、「パッケージに入ったお菓子=SNACK」になるのでしょうね。

店頭のガラス窓には、大きなキャンデーが描かれていますので、目立ちます。

このお店ですが、最近、オープンしたものですが、特徴はアメリカ産をはじめ、輸入お菓子やソフトドリンクを中心に扱っていることです。

20200107002日本でもおなじみのPringles、OREO、Reese’sといったブランドのお菓子が販売されています。看板を見ると「SHOP」のOがクッキーになっているのがご愛敬。

また、取扱いブランド名の下地が星条旗模様になっているのも「アメリカ色」を前面に打ち出したいのでしょう。
SNACK SHOPは2013年1月、Hamid Alizadeh GerakaniとSiavash Alizadehという兄姉が設立したブランド。本店は、Mariahilfer Straßeではなく、9区の, Liechtensteinstrasse 25にあります。

という訳でMariahilfer Straßeのお店は2号店のようです。他店舗展開が実現したと言うことは、収益が上がっている証拠でしょう。

20200107001Feriは、買うつもりがなかったので、店内には入りませんでしたが、円筒形のケースに入ったポテトチップスが縦に積み上げられているなど、展示にも工夫が見られます。 現在、このお店で現在、売り出し中なのが、「minimelts」(ミニメルツ)とういアイスクリーム。

「THE ICE CRAM DREAM」という説明がついており、小さな粒状のアイスクリームがカップに入っているという変わった商品です。

20200107004小さな粒状のアイスクリームは、マイナス196℃の液体窒素で瞬間的に凍結したもの。サラサラなのに口の中でサッと溶けて拡がるという新感覚のアイスクリーム。

カラフルで、豊富なフレーバーがラインナップされている点も特徴。粒は、厳選素材、天然素材でできており、キュートなカップに入っています。

日本でも販売されているようですが、ウィーンの「SNACK SHOP」では、1カップ2.9Euroで販売されています。

Continue reading "変わったお店シリーズ164 SNACK SHOP"

| | Comments (0)

December 29, 2019

鞄屋さんがCaféに‥

20191228002今日は「お店の業態転換の話題」をお届けしましょう。

このブログでも、時々、お伝えしていますが、最近、ウィーンの旧市街ではテナントの入れ替わりが多くなっています。

長い歴史があった伝統的なお店が消えるのは、一抹の寂しさを感じます。特にファザードまで変わってしまうと、街の景観にも大きな影響があるだけに、残念です。

後継者難で事業継続が困難になっているケースが多いようですが、賃貸物件の場合、賃料の高騰も影響しているのかもしれません。Schottenkirche前には、皆さんご存じのように様々な行事が行われる広場Fryungがあります。

Fryungを囲むように立っている建物は伝統的なデザインで、Feriも気に入っているエリアです。以前は、この近くにある某ホテルを定宿にしていただけに、思い入れのある場所の一つ。

20191228001Fryungの向かい、地下駐車場の入り口付近にある建物の一角に、女性ものの鞄を中心とし商品を販売していたショップがありました。Feriは利用したことはありませんが、感じの良さそうなお店でした。

先日、この前を通りかかったところ、何とビックリ。Cafeに衣替えしているではありませんか。

屋号は「Vanillas Wien」。アイスクリームショップとして紹介されているケースもありますが、必ずしもアイスクリーム専門(こちらではアイスクリーム専門店を「アイスサロン」と言いますが)ではなく、ケーキやコーヒーなども楽しめます。

20191228003また、各種の朝食も提供しているようです。ただ、営業時間が月曜日から金曜日が8時から(週末は8時30分から)なので、ビジネスパーソンというより、観光客の皆さんをメインターゲットにしているような気がします。

日本流に言うと「甘み喫茶」というイメージでしょうかね。Feriは、まだ利用したことはありませんが、表から見た範囲では、パステルカラーのきれいな店内が特徴。

女性のお客さまを意識したデザインのようです。また、ロゴマークにハートをあしらっているところに、お店のコンセプトがうかがわれます。

Continue reading "鞄屋さんがCaféに‥"

| | Comments (0)

December 07, 2019

名菓「猫の舌」

20191206001Adventっも2週に入りました。さて、今日は「お菓子の話題」です。かつての宮廷文化の影響もあり、ウィーンには多種多様なお菓子が販売されているのは、Feriが申し上げるまでもなく、皆さま、ご存じのとおり。

最近では日本のコンビニでも販売されているザッハトルテに代表される生菓子もありますが、その他にも色々なお菓子があります。

今日、ご紹介するのはウィーンの名店DEMELで見かけた「LES LANGUES DE CHAT」(ラング・ド・シャ、フランス語)。

パッケージの写真には可愛らしい猫が赤い舌を出していますが(イラストかも知れません。写真でもPhotoshopで加工しているようですが‥)、ドイツ語圏では「Katzenzunge」(猫の舌)と呼ばれることが多い商品。

オリジナルの名称からもわかるように、フランスの伝統的なお菓子。小麦粉を使ったお菓子(焼き菓子)ですが、サブレなどと異なり、ざらついた食感が特徴。

ちなみにフランス語でも「猫の舌」という意味(langue:舌、de:冠詞、chat:猫)。こういった洒落た名前がついたのは、「形状と食感」からきたようです。

20191206002DEMELで販売されているものは、オリジナルよりも細長いのが特徴。ある意味、食べやすいかもしれません。そしてポイントは表面がチョコレートでコートしてあること。

また、DEMELでは、ドイツ語圏で一般的な「Katzenzunge」ではなく、オリジナルを尊重しているのか、「LES LANGUES DE CHAT」というフランス語名で販売しています。

ところで、この商品、DEMELが考案したものではなく、発祥については色々な説があるようです。

一つはベルギー、もう一つはオーストリアのKüfferle 社。Feriは専門家ではないので、残念ながら、オリジナルを開発したのが、どなたなのかは存じません。

Continue reading "名菓「猫の舌」"

| | Comments (0)

December 02, 2019

21区のホイリゲを訪ねて

20191130003今日は「ホイリゲ訪問記」をお届けしましょう。平素は滞在している場所の関係もあり、16区から19区にかけてのホイリゲを利用することが多いFeri。

最近は、時々、23区にも顔を出すこともありますが‥ 23区にも良いホイリゲが沢山ありますが、若干、アクセスに時間がかかるため、気軽に‥という訳にはいかないのが難点。

そして、ご存じの方も多いと思いますが、もう一つホイリゲが多いのがドナウ川の川向こう側です。

20191130002以前、東京で開催されたオーストリアワインのイベントには色々な醸造所が参加していましたが、その中で、今回、初参加だったのが、Weingut Christ

ブースでお話をすると、“うちはホイリゲもやっているので、ウィーンにお住まいになっているのだったら、是非、立ち寄って下さい”という話になりました。

ただ、例によって通年営業ではなく、時期を限っているため、なかなかタイミングが合いません。今回、営業している期間に時間がとれたので出かけてみました。Feriは21区は、あまり出かけることはありませんが、東京都葛飾区と姉妹都市になっているので、ご存じの方も多いと思います。

20191130005Feriは、路面電車(30系統、31系統)を利用しましたが、最寄りの停留所はGroßjedlersdorfです。せっかくなので停留所を下車してから付近を散策してみました。今は、大型ショッピングセンターが立ち並んでおり、のどかな雰囲気は感じられません。

ちょうど、歩いているとWeingut Christの工場側に出ました。家族経営の歴史ある醸造所ですが、今の経営者は伝統を基盤に革新にも挑戦しており、近代化された工場が特徴です。ちなみにホイリゲの「正規の入り口」は工場の反対側です。

ホイリゲの入り口はShopと兼ねており、建物は近代的で、ちょっと拍子抜け。ただ、ホイリゲ側は伝統的なデザインの建物です。ちなみにトップ写真の奥がホイリゲ、手前がShopです。そのため、店内は、いかにもホイリゲらしい雰囲気になっています。

20191130004せっかくなので、店内を一通り見ましたが、ホイリゲといては広い客席が特徴で、多くのお客さまに対応できるようです。

営業時間は15時からですが、15時過ぎに入店した時には、予想外にお客さまが多く、ちょっとビックリ。また、18時以降の予約もたくさん入っていました。

という訳で、長時間、粘る予定はないので、遅い時間の予約席を利用させてもらいました。お姉さんにお願いしたのは、当然、GRÜNER VELTLINER。同じ銘柄を呑みくらべることで、味の違いが実感できますし‥

Weingut ChristのGRÜNER VELTLINERですが、非常にまろやかで、口当たりが良いのが特徴。今までFeriが飲んだGRÜNER VELTLINERとは、ちょっと口当たりが異なりました。口当たりが良いだけに、飲み過ぎにご注意‥という感じですね。

Continue reading "21区のホイリゲを訪ねて"

| | Comments (0)

November 08, 2019

サンドイッチショップの移動販売車

20191107002今日は「移動販売車の話題」をお届けしましょう。

最近は日本でも、従来の「屋台」に変わって、自動車に調理器具などを搭載した移動販売車増えているようですね。友人に話によると、色々なイベントに登場する機会も増えているとか。中には今まで日本では馴染みの浅かったケバブの移動販売車(運営しているのは外国の方)などを見かけることも多くなったという話です。

オーストリアでは、これからクリスマスマーケットが始まると、マーケットには小屋形式の屋台が見られるようになります。木製の組立式(いわゆるプレハブですね)で、専門のメーカーもあるようです。

20191107003それとは別に、移動販売車も時々見かけます。こちらは、クリスマスマーケットだけではなく、その機動性を生かして、色々なイベントに顔を出します。

今日、お目にかけるのはウィーンでは有名なオープンサンドチェーンTrześniewskiのもの。Trześniewskiは、日本語のウィーンガイドブックにも掲載されているので、ご利用になった方も多いと思います。

Franciszek Trześniewskiというポーランド生まれの料理人が、1902年にウィーンで操業したもの。現在は家族の手を離れているそうですが、屋号は健在です。色々な種類のオープンサンドを販売しているのが特徴で、ちょっと小腹が空いたときには、絶好の「上品なスナック」です。

さて、そのTrześniewskiの移動販売車が写真のミニバン。この手の移動販売車には、フランス車が、なぜかしっくりくるのですよね。このミニバンもエンブレムを見ればおわかりのようにCitroën製。最新モデルではなく、古いモデルを転用しているところに風情を感じます。

Continue reading "サンドイッチショップの移動販売車"

| | Comments (1)

October 21, 2019

MIKADO特売中

20191019001今日は「日本食材の話題」です。最近はスーパーマーケットに行くと、日本をはじめとする海外の商品も数多く見かけるようになりました。それだけ、こちらのスーパーマーケットでも「国際化」が進んでいるのでしょう。

ただ、お菓子大国であるヨーロッパで市民権を確立している日本発のお菓子は少ないのが実情です。その中で際立った存在感を示しているのが、日本でもおなじみに江崎グリコの「ポッキー」です。1966年から発売されているため、Feriも子供の頃から親しんでいました。

ポッキーは、海外展開している数少ない日本生まれのお菓子です。海外でもポッキー(Pocky)という商品名で販売している国もありますが、国によってはポッキーの名称がふさわしくない(良くない言葉)ため、別の名称が使われています。

ご存じの方も多いと思いますが、オーストリアをはじめとするヨーロッパでは、恐れ多くも「MIKADO」という名称です。

こちらで、いつ頃から販売が始まったのかは、よくわかりませんが、少なくとも一定の支持を集めているからこそ、スーパーマーケットでも「定番商品」として棚を確保しているのでしょう。以前、このブログでもご紹介したようにホイリゲで、スナックとして販売しているくらいですから(詳しくはこちら)。

20191019002先日、某スーパーマーケットに立ち寄ったところ、ワゴンで特売を行っていました。通常1.99Euroのところ、1.32Euroになっていました。ただ、まとめ買いが条件のようですが‥

余談ですが、ポッキーの芯部分はプリッツですが、こちらはヨーロッパ起源のお菓子「プレッツェル」に由来するものだそうです。

今日は、オマケで日本食材の話題をもう一つ。こちらで販売されている日本食材の中には、日本では販売されていない商品もあります。

Continue reading "MIKADO特売中 "

| | Comments (0)

October 19, 2019

「Strmの季節」になりました

20191016001今日は「Strmの話題」をお届けしましょう。ご存じの方も多いように、早いところではワイン造りは8月から始まります。そして、ワインの新酒(ホイリゲ)が出る前に飲むことができるのがStrm(シュトルム)です。

これから生まれるワインの初期段階。爽やかでフルーティー、まだ残っているブドウ糖の繊細な甘みが快く、レモネードのように清々しい飲み心地。

ジュースでもあり、かつまたワインでもあるというStrum(シュトルム)は甘く、飲み易いため、ついつい飲み過ぎてしまいます。発酵していくため、毎日、どんどん味が変わり、1ヶ月もたつと、甘みも少なくなり、まったく違った味になります。

20191016003そのため、飲むタイミングによって、色々な味が楽しめる‥という訳です。

Sturmとは「嵐」という意味ですが、「ついつい飲み過ぎてしまい、頭の中がくるくる回ってしまう」から名付けられたと言われています。

9月から10月にかけて、ウィーン市内でもStrmを売る屋台を見かけることが多くなります。特にこの時期開催されるFestでは、必ず販売され、楽しみにしている人も多いようです。

また、スーパーマーケットなどでも販売しています。「秋の風物詩」と言った感じでしょうか。

Continue reading "「Strmの季節」になりました"

| | Comments (0)

September 26, 2019

Wiener Pratersternに新しいレストランが誕生します

201909260002今日は「Wiener Pratersternの話題」をお届けしましょう。

Wiener Pratersternは遊園地が注目されますが、毎日150,000人のお客さまが利用する交通ハブとして重要な役割を担っています。

Michael Ludwig市長はPratersternの魅力を高めるために、付近の禁酒化をはじめとする施策を実施していますが、その一環として、旧警察署の跡にレストラン「yamm!」がオープンすることが発表されました。これは警察署の移転に合わせて行われることになったものです。

201909260001施設は、172平方メートルのGastgarten:(78席)と96席の屋内客室(367平方メートル)で構成されており、子供さん用の遊び場も設けられます。

この他、小さい子供さんの利用を想定して、ベビーカーの駐車スペースも6台分、設けられます。ウィーン市が主体となって建設するため、省エネルギーや廃棄物処理などにも工夫が凝らされているようです。さらに、提供される料理もオーガニック食材を使うことが計画されています。

興味深い取り組みの1つとして、緑化した屋上にミツバチの巣箱が設置されることが発表されました。

Continue reading "Wiener Pratersternに新しいレストランが誕生します"

| | Comments (0)

September 08, 2019

Caféで見かけた「BIO-MATCH」

2019090700049月に入って、日本はまだまだ暑い日が続きますが、台風も襲来し、その被害も心配です。皆さまもご自愛ください。

オーストリアで、最近、最大のニュースと言えば「オーストリアのアルペンスキー界の英雄、Marcel Hirscher選手の現役引退発表」でしょう。

ご存じの方も多いと思いますが、Marcel Hirscher選手は2007年3月にワールドカップに初参戦して以来、12年間、アルペンスキー界で活躍してきました。

特に2011/12シーズン、2018/19シーズンまでの8シーズン、ワールドカップで連続総合優勝を果たしたオーストリアの英雄です。現在、30歳なので、まだ、現役を続けることができそうですが、「頂点にある時の引退」という路を選んだようです。

201909070003さて、今日はウインタースポーツとは関係ない「ドリンクの話題」をお届けしましょう。

ウィーンにある「お茶の専門店」では、日本の抹茶を販売しているところも多くなりました。また、実際の抹茶を提供しているお店もありますね。

先日、夏期休暇で訪れたBad Fiscau-Brunnで、友人とホイリゲでの一時を過ごした後、友人が乗る列車まで時間があったので、街中のCaféで一休みすることに‥

201909070001Feriは、定番のGROSSER BRAUNER(大きいカップで入れるミルク入りのブラックコーヒー)一択なのですが、シュパイゼカルテがテーブルに置いてあったので、GROSSER BRAUNERが出てくるまで、眺めてみました。

すると「BIOTEAQUE」というセクションが目に留まりました。こちらでもハーブティーなどは人気があるようです。

そして、その中に出ていたのが「JAPANISCHER BIO-MATCHA」というお飲み物。写真は掲載されていませんが、茶碗と茶筅のイラストが描かれており、茶碗には「茶」の感じも‥

実際に茶筅を使って入れてくれるのかどうかはわかりませんが、少なくとも本格的なお茶であることは間違いないでしょう。

お値段.4.5Euroでした。どのくらい需要があるのかは、残念ながらわかりませんが、ある種のブームになっているような気もします。

Continue reading "Caféで見かけた「BIO-MATCH」"

| | Comments (0)

August 29, 2019

まさか、ここでお目にかかるとは‥

201908280012Lungauの中で、比較的大きい街Tamswegは、オーストリアの中で、最も治安が良い街と言われています。

そして、商業的な中心地でもあります。そのため、オーストリア全土に展開している大手スーパーマーケットも出店しています。

COOP Shopping Centerの核テナントはEUROSPARで、そのすぐ近くにBILLAがあります。さすがにMERKURはありませんが、安売りで有名なLIDLもちょっと離れた場所に店を構えています。

狭いエリアにスーパーマーケットが集まっているので、ある意味、ウィーンよりも便利かもしれません。

余談になりますが、市場規模が小さいエリアに大手スーパーマーケットが複数出店したら、個人商店はひとたまりもないような気がしますが、Tamswegではベッカライ、肉屋などの「専門店」は、いずれも健在です。

このあたりの「棲み分け」は、日本の地方都市でも学ぶ要素があるかもしれません。

201908280013さて、今日は「Lungauのスーパーマーケットで見つけた商品の話題」です。

Feriが初めてTamswegを訪問した時から営業しているCOOP Shopping Center。COOPの名前がついているところから、以前は生活共同組合のお店だったようですが、現在は名前に名残が残るだけで、普通のショッピングセンターになっています。

グランドフロアにはキーテナントのEUROSPARが入っています。最近、店内を全面的に改装して、店内で製造・加工した商品を販売するコーナーが増強されました。

旅行中は、基本的に自炊はしませんが、Birne(西洋梨)が食べたかったため、EUROSPARに立ち寄りました。

201908280010せっかくなので、青果売場だけでなく、色々な売場をチェック。そしてインスタント食品売場で、衝撃の出会いが!! 

何と、このブログでも、試食レポートも含めてお届けしている「日本人のソウルフード」とも言える「NISSIN焼きそば」が販売されているではありませんか。

ウィーンの一部スーパーマーケットで販売されており、Feriも何回かお世話になっていますが、まさか、Lungauでお目にかかることができるとは、正直びっくり仰天。30年以上、Lungauに通っていますが、ビックリした出来事のベスト3ですね。

Continue reading "まさか、ここでお目にかかるとは‥"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧