June 29, 2020

ウィーンのBierとWineこぼれ話

2020062402本当は昨日、日曜日にお届けする予定でしたが、グラーツ歌劇場のプログラムを優先させたため、月曜日にふさわしくない話題ですが、ご了承ください(笑)。今日はFeriが大好きな「お酒にまつわる話題」をお届けしましょう。

ウィーンの代表的なお酒と言えばWeinとWiener Bierでしょう。いずれもウィーン市内で製造されている点がポイント。

このブログでもご紹介したことがありますが、小さなBier醸造所も存在し、手作りの美味しいBierを飲むことができます。これから暑くなってくるとWienも良いですが、炎天下のシャニガルテンで飲むBierも、また格別。

一方、Bierを大量に生産し、出荷しているメーカーもありますが、その一つが16区に工場があるOttakringer Brauerei GmbH

先日、Ottakringer Brauerei GmbHとWiener Landwirtschaftskammer(ウィーン農業会議所)の協力を強化することが発表されましたが、その席で、Michael Ludwig市長は“Bierでウィーンを盛り上げる”と宣言。

2020062401意外と知られていませんが、オッタクリンガーが製造している「Wiener Original」というラガービールで使用している麦芽大麦は、その名にふさわしくウィーン産です。

麦芽大麦はFavoriten、Simmering、Floridsdorf、Donaustadtの各区にある計34の畑(総面積面積105ヘクタール)で栽培され、Stadlauer Malzfabrikでウィーン麦芽に加工された後、オタックリンガーの工場に搬入されてBierになります。

首都でありながら緑が多いウィーンですが、緑地の1/3は、何と農業に使用されています。皆さま、ご存じでしたか? 野菜や小麦などを中心に700以上の農園がありますが、その中でも注目されるのは、ご存じ、ワイン用ブドウ畑の存在。

畑でワイン用ブドウをアトランダムに生産し、それを収穫して生産するWiener Gemischten Satz(ウィーナー・ゲミッシュター・サッツ)は有名ですね。

2020062404話が横道に逸れましたが、今回、オッタクリンガーと農業会議所の協力が強化されたことで、「Wiener Original」(右のBier)は地域の特産品になりました。

原材料の生産拠点から、製造拠点までの輸送ルートが短いことは、CO2の排出削減にも貢献するのは言うまでもありません。

今回、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、世界規模のサプライチェーンが機能しなくなったことで、地産地消という考え方が見直されるようになりました。今回の協力関係強化に際し、農業会議所のFranz Windisch会頭も地産地消の重要性を強調しています。

2020062403一方、オッタクリンガーのブラウマイスター(Braumeister、醸造家)であるTobias Frank氏は、“麦芽はビールの魂である”と述べています。

そして、“良いビールの基本は、常に良い大麦から作られた良い麦芽である。ウィーン産の麦芽を使用しているのは「Wiener Original」だけ。100年以上前の伝統的な製造方法に基づいて醸造されている”と述べています。

なお、「Wiener Original」は濃い琥珀色が印象的なビールです。グーラッシュやブルストなどの肉料理にピッタリ。

オーストリアには各地に美味しいBierがありますが、日本からオーストリアに戻る際、機内でOttakringerを飲むと、“やっとウィーンに帰ってきたな”と感じますね。

🍺 余談ですが、日本の某大手ビールメーカーK社はBraumeisterという商品を発売しています。期間限定で、一般にも発売されることがありますが、通常は飲食店向け。

名前にふさわしく、Feri好みに味。Feriが日本で友人と会う時は、Braumeisterを提供しているビアレストランに足を向けるのは言うまでもありません。ただ、若干、お高いのがネックでしょうか(笑)。

Continue reading "ウィーンのBierとWineこぼれ話"

| | Comments (0)

June 11, 2020

黄昏のCobenzlでピクニックを楽しもう!!

2020061001今日は「手軽なレジャーの話題」をお届けしましょう。自然が豊富な街ウィーン。ウィーンの森やドナウ島などハイキングに最適な場所が沢山あります。

新型コロナウイルス感染防止のためのロックダウンが解除されたのを受けて、6月11日からWeingut Cobenzlとimpacts Cateringが共同で、ピクニックボックス(Picknick-Genussbox)の提供を始めました。

事前に申し込みをしておき、当日、オーストリア料理とワインがセットになったピクニックボックスをimpacts Picknick Hütteで受け取り、ピクニックをお楽しみくださいという趣向です。

ピクニック用の広いスペースも用意されており、Feriが大好きな黄昏時のウィーンを堪能できます。確かにCobenzelの夕日は美しい‥

という訳で、今夏、遠くに出かけなくてもウィーン市内でバカンスを気分を楽しめます。

2020061002Genuss am Cobenzl」のベースとなるのはPicknick-Hütteで、芝生の中で本格的なピクニックを楽しむことができます。

また、ブドウ畑の中にはHeurigen-Garniturenも30箇所、設置されるようです。トイレなども設置されるので、安心してピクニックを楽しめます。何となく毎年、秋に実施しているワイン・ハイキングとイメージが重なります。

なお、「Genuss am Cobenzl」には公共交通機関でもアクセスが可能。HeiligenstadtまたはGrinzingから路線バス38Aで、Cobenzl Parkplatz停留所へ。ここから徒歩で、Höhenstraße/Oberer Reisenbergweg方面へ向かいます。

impacts Picknick Hütteでは、季節のオーストリア料理や各種ワインなどを販売しており、当日の購入も可能です。

なお、事前にインターネット(www.impacts.shop)でピクニックボックスをオーダーすると、テーブル席が予約されるシステムになっています。

Continue reading "黄昏のCobenzlでピクニックを楽しもう!!"

| | Comments (0)

May 19, 2020

Weingut Cobenzlがバーチャルワイン試飲会を企画

20200518015月15日から、オーストリアではレストランやカフェなどの飲食店が営業を再開しました(営業時間は6時~23時まで、クラブ、ディスコは除く)。気になるのはお客さまが戻ってきたかどうか‥という点。

ウィーンでは、週末、天気が悪かったこともあり、予想よりもお客さまの入りは悪かったようです。天気が良ければ、感染リスクが比較的少ないシャニガルテンという手もありますが、如何せん、天気が悪いと‥ ただ、高級レストランは、それなりにお客さまが来店したようです。

飲食店の場合、2ヵ月間という長期のロックダウンを経験しているため、住民が外出することに慎重になっているという背景もあります。物販店も、飲食店の営業再開で、来店客数が増えると期待していたようですが、思った程、伸びなかったとか‥

特に旧市街のKärntner Straßなどは、閑散としていたようです。まぁ、あの当たりは、基本的に外国人観光客が多かったですから、地元の方だけとなると、人出は限られますね。

また、オーストリアでもテレワークが推奨された結果、ランチタイムのお客さまが激減しているようです。

2020051802この他、従業員にはマスク着用が義務づけられていますが、働きにくいという不満が募っているようです。このような状況を見ると、経済の復興には、かなり時間がかかりそうです。

また、教会のミサも再開されましたが、Stephansdomでは、参列した信徒に賛美歌の斉唱をしないように案内があったようです。

そんな中、5月15日からWeingut Cobenzlがユニークな企画を実施しました。「テイスティングボックスとバーチャルワイン試飲会」です。

例年ですと、Weingut Cobenzlでは5月に「Tag der offenen Kellertür」(オープンハウス)を開催しています。Feriも、過去に何回か行ったことがあります。

最初に試飲券を買って、これを使ってテイスティングを楽しむという楽しい行事。通常のテイスティングルームだけではなく、工場内に仮設の客席が設置されます。

2020051803しかし、多くの人が集まる行事のため、今年は中止。そこで、代わりに企画されたのが、「自宅でワイン試飲会を楽しもう」というものです。

Weingut CobenzlのマネジャーであるThomas Podsednik氏らが、インターネット上でワインに関するプレゼンテーションを実施。ちなみに5月15日、11時から第1部が配信され、続いて4部まで、週1回配信。これを見てから、自宅でテイスティングをするというものです。

では、テイスティングをするワインは、どうやって入手するのか?という疑問が生まれますが、そこは太っ腹のWeingut Cobenzl。

テイスティングボックス(Die Degustationsboxen 、Wiener Vielfalt & Wiener Lagen)を準備。料金は、通常の50%Off。それに加えて、オーストリア内は送料無料。

2020051805○Verkostungspaket „Wiener Vielfalt“
以下の6本セットで、通常価格85.60Euroが、42.80Euroの特価で提供されます。
-Wiener Gemischter Satz DAC 2019
-Ried Reisenberg - Grinzing, Wiener Gemischter Satz DAC 2019
-Ried Steinberg - Grinzing, 1 ÖTW, Wiener Gemischter Satz DAC 2018
-Grüner Veltliner Grinzing 2019
-Riesling Nussberg 2018
-Cuvée Atrium 2016

Continue reading "Weingut Cobenzlがバーチャルワイン試飲会を企画"

| | Comments (0)

May 15, 2020

ウィーン市が「Restaurant-Besuche」の全世帯配布を決定

20200514015月15日から、2ヵ月間のロックダウンを経て、新しいレギュレーションの下でレストランやカフェの営業が再開されました。オーナーが一番、心配しているのは、果たしてお客さまが戻ってくるかどうか‥という点だと思います。

ウィーン市では、営業を再開したカフェ、レストラン、バイスルの需要を喚起するため、ウィーン市の全世帯(95万世帯)に25Euroと50Euroの「Restaurant-Besuche」を配布すると発表しました。

5月13日、Michael Ludwウィーン市長、Walter Ruckウィーン商工会議所会頭などの関係者が、アルベルティーナにあるAugustinerkellerのシャニガルテンで記者会見を開いて発表したものです。

なお、全世帯への「バウチャー」配布という「隠し球」があったためか、この記者会見が事前に広く広報されていました。

20200514022ヵ月間のロックダウンは、日本の「自粛要請」と異なり、強制力を持っていたため、否応なしにカフェ、レストラン、バイスルなどは営業中止になり、大変な影響を受けました(最も日本でも「自粛警察」と呼ばれる自警団による営業妨害活動がありますが‥以下、自粛‥)。

ただ、5月15日に営業を再開しても、残念ながら外国からの観光客は期待できないことから、経営は非常に苦しいことが予想されます。

ウィーンのカフェやレストラン、バイスルは、「ウィーンの食文化」でもあるので、これを住民が利用することで支援しようということから、今回のバウチャー配布となったものです。当たり前ですが、商工会議所会頭は“歓迎すべき景気刺激策である”と絶賛。

Continue reading "ウィーン市が「Restaurant-Besuche」の全世帯配布を決定"

| | Comments (0)

April 05, 2020

Starbucks(スターバックス)

20200404006今日は「カフェハウスの話題」です。皆さま、ご存じのように現在、オーストリアでは「第2の居間」と呼ばれるカフェハウスは営業休止中です。


Feriが40年前に初めてウィーンに行った頃は、ほとんどが伝統的なカフェハウスでした。McDonald’sなどのファストフード店は進出し始めた頃だったと思います。当時は、地元の人も利用していましたが、主に外国人観光客の利用が多かったと思います。


20200404001その後、北米大陸で新しい業態のコーヒーショップが誕生し、ヨーロッパにも進出するようになったのは、皆さまもご存じのとおりです。


その代表は日本でもおなじみのStarbucksでしょう。アメリカ合衆国・シアトルに本社を置く、同社は、現在、世界90の国と地域に展開しており、店舗数は2万店を超えているようです。


ウィーンでも現在、20店舗以上、展開しています。冒頭の写真はウィーン国際空港到着ロビーの店舗。こちらはオープンスペースです。


20200404004ウィーンにお越しになった方は、ご存じかと思いますが、旧市街で展開している店舗に関しては、伝統的な建物に入居しているケースも多く、ファザードには、それなりの配慮が見られます。


3枚目の写真はウィーン子で賑わうNeubaugasseのお店。ファザードはガラスを多用したスターバックスらしいデザインです。


20200404003 最近はスーパーマーケットでもコーヒーの「To Go」(テイクアウト)が増えてきことからも、ペーパーカップでコーヒーを飲むという習慣も、定着しつつあるのでしょう。


Operのはす向かいKärntner Straßeの入り口にもスターバックスがありましたが、最近、場所が移転しました。新しい場所は、以前、別のコーヒーショップが入っていたところで、Hotel Bristolの入っている建物の1階です。


20200404002なぜ、移転したのかはわかりませんが、以前の場所は、インテリア用品を扱うZara Homeになっています。


4枚目と5枚目の写真は、以前の場所にあった頃のスターバックスです。伝統的な建物に入っているため、ファザードは控え目でした。


そう言えば、場所柄なのか、外国からお越しになった観光客の皆さまがよく利用していた気がします。

Continue reading "Starbucks(スターバックス)"

| | Comments (0)

March 28, 2020

謎の家電製品「Smart Grow」

20200326001自宅での引き籠もりが強要されているオーストリア。今日は「インドアで楽しめるグッズ」をご紹介しましょう。

外出が禁止される前、Mariahilfer StraßeにあるBOSCHのお店で興味深い商品を見つけました。名付けて「Smart Grow」。最初はアロマを発生させる加湿器か何かと思ったのですが、回りには植物が‥

という訳で、改めて同社のサイトを確認したところ、「室内ガーデニングシステム」であることがわかりました。

20200326101栽培するのは、こちらでは料理などによく用いるハーブ類。BOSCHが特許を取得している特殊光線と灌漑システムにより、室内でハーブを栽培するというシステムです。

スーパーマーケットなどで販売されているものと異なり、一年を通して新鮮なハーブが使える上に、味が置く、長持ちするというのが同社のアピール。

この装置ですが、Feriが、あえてシステムと呼んだのには訳があります。

20200326100というのは「ハーブの種」が専用カプセルに入っており、これを本隊にセットした上で、専用の栽培液を使用するのです。

傘の部分に特殊な光線を発する素子が取り付けられています。本体下には栽培駅と水を補給します。そして、ハーブの生育にともなって、屋根を上げることができるようになっています(自動ではなく、手動のようで、延長スリーブを販売しています)。ドイツらしいと言うか…

20200326002そして、最近のシステムだけあって、スマートフォンの専用アプリと連携しています。スマートフォンのアプリで、ハーブを使った料理レシピや、ハーブについての情報を提供するほか、水を補給するタイミングを通知する機能も付いているそうです。

こちらでは、日本よりもハーブを使った料理が多いですし、実際、家庭菜園でハーブを栽培している方も多いようですが、室内で、人工的にハーブを栽培するというのは、なかなか斬新な発想。

当然、害虫の被害を受けるリスクもないので、農薬も使う必要がありません。また、本体のデザインも、観葉植物のようにインテリアになるように工夫されています。

Continue reading "謎の家電製品「Smart Grow」"

| | Comments (0)

February 29, 2020

心機一転 再スタート

20200228004最初に皆さまが注目するコロナウィルス情報から。27日、 ウィーン市内でイタリア・ロンバルディア州での休暇から帰国した家族4人がウィーン市10区カイザー・フランツ・ヨゼフ病院に搬送され、それぞれ隔離されました。

新型コロナウィルスの症状があったためで、同日夜のテストの結果、父親と母親の感染が確認され,翌28日に子供2人のうち,息子も感染(娘は陰性)が確認されました。オーストリ連邦保健省によれば,これでオーストリアにおける確定症例は6名となります。

しかし、市内にはイタリアからのお客さまも沢山いらっしゃいます。

暖冬のウィーンだったので、今年は「25. Wiener Eistraum」のリンク維持は大変だったようです。

3月1日で今シーズンの営業を終了しますが、当日は19時から22時まで無料で開放されます。コロナウィルスの感染が危惧されますが、こちらは連日、賑わっています。

さて、2月29日はVolksoperで「Der Zigeunerbaron」のPremiereが行われます。終演時刻が21時45分頃になるため、日本時間では2月30日になってしまいます。

20200228002そこで、恒例のPremiereReportは3月1日の早い時間にお届けすることにして、今日は、「通常の話題」をお届けしましょう。

昨年、11月23日、Volksopeの向かいにあったCafe 「Theater Pause」が家賃の高騰が理由で閉店となりました。ちょうどVolksoperで「König Karotte」のPremiereが華やかに行われた日です。

20200228003その後、クリスマスコンサートに合わせて開催された歌手組合のクリスマスバザーについては例外的に会場を提供するなど、変則的な営業を続けていました。

2020年1月、「König Karotte」を観るため、Volksoperへ行った際、向かいのCafé「THEATERPAUSE」が営業している光景を目にしましたのは、当ブログでお伝えしたとおりです。さて、その後ですが、経営者が変わり、本格的に再スタートを切りました。

今回、経営権を取得したのはGrand Cafe am AlsergrundというCaféです。Alsergrundという地名は9区にあるので、そこに本店があるのでしょう。Feriは利用したことはありませんが、本店は長い歴史を誇るお店だと思います。

「Der Zigeunerbaron」のゲネプロに行った際、開演まで時間があったので、利用してみました。店内は、まだ以前のままで、本格的な模様替えなどは、これからのようです。

Continue reading "心機一転 再スタート"

| | Comments (0)

February 27, 2020

「灰の水曜日」

20200226012オーストリアも出展する予定だった「FOODEX JAPAN 2020」の中止が主催者から発表されました。幕張メッセ全館を使って行われる大規模なトレードショーですが、政府の方針を受けて、中止が決まったようです。

昨日、2月26日は四旬節の始まりを告げる「灰の水曜日」(Aschermittwoch)でした。

イエスが宣教生活に入られる前、砂漠で40日間断食をされたことにならい、教会生活の伝統では断食、節制が行われてきました。

そこで「四旬節に入る前にごちそうを思いっきり食べておこう」というのがカーニバルの起こりと言われています。

20200226011Feriの馴染みのホイリゲでも、26日は「HERINGSSCHMAUS」という行事が行われました。節制の期間に入る前に、美味しいものを沢山食べようという催しです。

普段は使わない宴会場が会場で、ビュフェ形式。お値段はお一人49Euroです。普段は提供されないお料理が並ぶようです。

馴染みのホイリゲで行っている行事なので、本当は参加したいのですが、食が細くなっているFeriは元が取れないのでパス(笑)。

ところで、25日に件のホイリゲに立ち寄り、いつものようにHEURLGERをお願いしたところ、女将さんがFasching krapfenをプレゼントしてくれました。

Continue reading "「灰の水曜日」"

| | Comments (0)

February 24, 2020

スナックスタンドにPHOが登場

20200224001日本は、今日、振替休日でお休みですね。3連休という方も多いかもしれません。しかし、コロナウイルスの蔓延を受けて、外出を控えた方もいるのでは‥

今日はひさしぶりに「スナックスタンドの話題」をお届けしましょう。このブログでも、何度もお伝えしていますが、ウィーンでは焼きそばは、スナックスタンドの定番商品に上り詰めました。

かつて、焼きそばは専門のスタンドで販売されているだけでしたが、昨今ではブルストスタンドでも焼きそばを併売するようになったのは、時代の変化でしょうか。

実際、多くのウィーン子が昼食や軽食に焼きそばを食べている姿を見かけます。ブルスト、ケバブー、焼きそばはスナックスタンドの「三大商品」と言っても過言ではないでしょう。

20200224003しかし、一方、同じ中国系の麺類でも、日本人にはおなじみのラーメン系(汁そば)については、販売しているお店も少数ながら存在しましたが、焼きそばほど、爆発的にヒットする兆しはありません。

これは食生活の違いが影響しているという話を耳にしたことがあります。日本人などは、ラーメンに限らず、汁そばを食べるときは「啜る」という習慣がありますが、こちらの人はマナー違反になるためか、「啜る」という行為を行いません。

そのため、熱い汁そばは敬遠するのではないか‥というものです。

という訳で、こちらでは中国料理の専門店(もしくは「なんちゃって日本料理店」)以外では、汁そばは見かけることが少なかったのです。もちろん、一部の麺類専門ファストフード店では、汁そばにチャレンジしていましたが‥

先日、ウィーンで焼きそばを広めた功労者とも言えるSchwedenplatzのHappy Noodles Schwedenplatzの前を通りかかったところ、写真のような看板を見かけました。

Continue reading "スナックスタンドにPHOが登場"

| | Comments (0)

February 18, 2020

Krapfen(クラップフェン)の季節がやって来ました

20200217002こちらでも横浜に停泊中の「ダイヤモンドプリンセス号」のニュースが連日、報道されています。

まぁ、外国人のお客さまが多数、乗船しているので、関心が高いのでしょう。ところで、今年のオーストリアは暖冬で、過ごしやすいですね。

さて、今日は、オーストリアを代表する揚げ菓子「Krapfen(クラップフェン)」の話題です。

昨年もご紹介しましたが、「ドーナツの原型」と言われているKrapfenは、最近では年中、発売されていますが、正式な名前は「Fasching krapfen」なので、ファッシング(謝肉祭)の時期になると、各ベッカライでは特売を始めます。

20200217001Krapfenは、発酵生地を丸めて、油で揚げるのですが、浮力によってできる「中心部の白い帯」が特徴。中にアプリコットジャムが入っているため、、高カロリーなお菓子です。

カトリックでは、復活祭までの40日間(四旬節)は、本来は「断食の期間」。ファッシングは「四旬節に入る前日」という意味。2020年の復活祭は、4月12日(2019年は例年よりも遅い4月21日でした)なので、「灰の水曜日」は2月26日です。

ところで、四旬節に入る前日に、なぜファッシング(カーニバル)があるのかという話ですが、「断食(節食)」期間は何も食べられないため、前日に脂っこいものを沢山食べておこうという風習が生まれたようです。

という訳で「Fasching krapfen」は油で揚げたお菓子である上に、表面に砂糖が振りかけられていますから、断食前の「カロリー補給」にはうってつけです。

Continue reading "Krapfen(クラップフェン)の季節がやって来ました"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧