January 16, 2017

Tischtennis Centerをちょっと拝見

Img_2016_12_0387

今日は「スポーツの話題」をお伝えしましょう。

オーストリアのスポーツと言うとスキーに代表されるウィンタースポーツや、ヨーロッパでは一般的なサッカーを思い浮かべると思います。

しかし、意外に根強い人気があるのが「Tischtennis(卓球)」です。

オーストリアには、約600のクラブがあり、30000名の男女選手が所属しているそうです。その頂点が、Tischtennis-bundesliga。現在、8月にオープニングの試合が行われ、その後、9月から翌年5月までリーグ戦が、各地で行われます。

最近では、中国から帰化した選手も増えているようで、Feriは、複雑な心境ですが、ヨーロッパでは実力のあるチームも多いようです。

日本でも卓球は一般的なスポーツとして定着していますが、本格的な国内リーグがあり、テレビで中継されるなど、オーストリアでは人気のあるスポーツの一つ。

その理由は、詳しくは知りませんが、厳しい冬があるオーストリアの場合、アウトドアで行うスポーツは、ウィンタースポーツ以外は、試合の実施に制限があることが影響しているような気がします。

20170114ss00002

Tischtennis(卓球)やHandball(ハンドボール)は、基本的に体育館の中で試合を行うことができるので、天候に左右されません。

また、冬期は観客も寒い思いをしないで済むというメリットがあると思います。そのため、インドアのスポーツが一定の人気を得ているのではないでしょうか。違っていたら、申し訳ございません。

このように人気があるスポーツなので、以前にもご紹介したように、ウィーン市内にも「Tischtennis Center(卓球場)」が存在します。複数の競技施設と併設になっているところもありますが、専業のところも‥

その中でも有名なのは、8区にある「Tischtennis Center Langegasse」。42系統・43系統と5系統・33系統が交差するLandesgerichtsstraßeの停留所近くにあります。

Continue reading "Tischtennis Centerをちょっと拝見"

| | Comments (0)

August 16, 2016

ウィーンにもあるTischtennis Center

20160815ss00001

リオ・オリンピックも前半戦が終了し、後半戦に入りましたが、オーストリア勢の結果は、皆さまご存じのとおり。

こちらの新聞でも特設サイトを設置していますが、如何せん、自国選手が華々しい成績が上げていないため、今ひとつ‥といった感じです。

ちなみに、ヨットが期待できるようですが、どうなることでしょうか。

逆に人気を集めたのが、14日にSpielbergのレッドブル・リンクで開催されたMotoGP10戦。会場へ向かう観客のため、Feriもよく使うS35が大渋滞になりました。

20160815ss00002

あるのですよ‥こちらでも大渋滞が‥ちなみにお客さまの数は95000人だったそうです。

という訳で、今日は「スポーツの話題」をお届けしましょう。

卓球というと中国をはじめとするアジアのイメージが強いですが、実はヨーロッパでも盛んです。

国際卓球連盟に加盟する協会の最新チームランキングでは、オーストリアは男女とも10位(日本は男子4位、女子2位‥さすがです)。

実はオーストリアやドイツには、フットボールと同じく、卓球のプロリーグ・ブンデスリーガ(Tischtennis-bundesliga)が存在します。

ちなみに、以下のようなチームが活躍しています。

Continue reading "ウィーンにもあるTischtennis Center"

| | Comments (0)

August 10, 2016

オーストリアが誇るスポーツモーターサイクルメーカーKTM

Img_2014_04_1766

リオオリンピックが始まり、日本は男子体操団体、競泳、柔道などで、すでに金メダル3個を含む10個のメダルを獲得していますが、オーストリアは、未だにメダルはゼロです。日本は強いですね。

さて、今日は以前もご紹介したことがありますが、「オーストリアが誇るスポーツモーターサイクルメーカーKTMの話題」をお伝えしましょう。

日本と異なり、首都ウィーンから離れた地方都市に隠れたメーカーが存在するオーストリア。今日ご紹介するKTM-Sportmotorcycle AGも、その一つと言っても良いでしょう。

本社所在地はザルツブルクの北北東約40kmにある山間の街Mattighofen(マッティングホーフェン)という街にあります。場所にご興味のある方はググってください(笑)。

同社は1953年にはじめてオリジナルのモーターサイクル(オートバイ)を発売して以来、スポーツバイクを中心に製造しており、各種レースでも活躍しています。

Img_2016_02_1500

同社のモータースポーツサイクルの特長は、「鮮やかなオレンジ色」のカラーリングでしょう。また、製造面では、本社工場で各種パーツから生産しているのもポイントと言えるかも知れません(もちろん、部品の一部は外注していますが、内製化立が高いのが特長です)。

ところで、こちらでは季節の良い夏は、各地でモーターバイクや自転車のレースが行われていますが、当然、地元企業のKTMも協賛企業として参加しており、各種のサポートを行っています。

そのため、レース会場付近で同社のライトバンを頻繁に見かけます。しかも、本格的なモーターサイクルレースはもちろん、小さな街で開催される地元密着の自転車レースといった行事などにも参加しています。

3枚目の写真は、Lungauで開催されたアマチュアを対象とした自転車ラリーのサポートに参加したKTMのライトバンです。

Continue reading "オーストリアが誇るスポーツモーターサイクルメーカーKTM"

| | Comments (0)

August 01, 2016

New extreme sport“Alpine Soccer”

20160731ss00005

8月最初の話題は「新しいスポーツの話題」をお伝えしましょう。

自力でフットボールEURO2016の本選出場を果たしたオーストリアでしたが、残念ながら予選敗退で、決勝トーナメントには進むことができませんでした。

前評判が高かっただけに、がっかり感が漂うことになってしまったのは、言うまでもありません。

が、全く新しいスポーツがオーストリアで誕生しました。その名は「アルパインサッカー」。オーストリア・ファンの皆さまならば、名前を見ると、どんなスポーツか想像がつくのではないでしょうか。

20160731ss00004

そう、ピッチが平地ではなく、「山の斜面」という訳です。YouTubeに動画が公開されているのですが、この動画、なかなか良くできています。

というのは、最初は平地で行っているように角度を調整しているのです。が、その後、本来の水平線に合わせてアングルが調整されると‥それは、とてつもない斜面だった‥という「落ち」が‥

通常のフットボールと異なり、ゴールキーパーを含めて4名1チームで試合を行いますが、転倒すれば、傾斜地故に、すぐに山麓側へ転がっていきます。実際、試合会場へ向かう自動車が登る坂が急なこと。これを見ても、標高が高い上に、傾斜が急な場所にピッチが設定されているのがよくわかります。

とにかく傾斜地で行うため、通常のフットボール以上に体力と、山岳歩行の技術が要求されるようです。

Continue reading "New extreme sport“Alpine Soccer”"

| | Comments (0)

April 21, 2016

ウィーンの「凧揚げ」

Img_2014_09_6611

来シーズンのプログラム紹介が続いたので、音楽に余り興味のない方は、「お腹いっぱい」かもしれません。

ところで、先日の「オーストリア航空 日本線からの撤退」は、日本でも大変注目を集めたようで、当ブログでも、近年では珍しいアクセスを記録しました。明るい話題でアクセス数が増えるのは、運営しているFeriもうれしいのですが、こういった話題の場合は、正直、複雑な心境です。

さて、こちらの日本人にとってもオーストリア航空の日本線撤退は「寝耳に水」だったのですが、有志の方が中心となって路線継続に向けた署名運動が始まりました。

友人の話によると、現在、500名ほど書名が集まっており、1000名を目標にしているようです。

オーストリア航空が、以前のように国営だったら、政治的な問題にもなるので、もしかしたら何とかなったかもしれませんが、現在は民間会社になっていますし、なおかつ、一度、倒産した会社なので、正直、撤退の取り消しは難しいような気がします。

また、後日、ご紹介しますが、最近、オーストリア航空は新品の機材を導入する計画がないため、中国線と日本線の両方を維持するだけの長距離用機材が存在しません。

Img_2016_02_0828

「ウィーン発、中国経由、日本行き」という裏技がない訳ではありませんが、さすがにそこまでしてくれるかどうか。この話題については、またニュースが入り次第、お伝えします。

さて、今日は「凧揚げの話題」をお伝えしましょう。

日本では、最近、凧揚げをあまり見かけなくなりましたね。Feriが子供の頃は、付近に空き地があったこともあり、凧揚げで遊んだ記憶があります。

さて、ウィーンでは、どうでしょうか? 実は今でも凧揚げを楽しんでいる人がいます。市内にも「凧の専門店」が存在しており、完成品を含めて、色々な種類の凧を販売しています。

Continue reading "ウィーンの「凧揚げ」"

| | Comments (0)

September 11, 2015

オーストリアがEURO2016本戦に出場決定

Img_2015_09_4055_001

難民問題に関して追加の情報ですが、ハンガリー側の対応が変わると、必然的にオーストリアの状況も変わってきます。どうもハンガリーの対応がはっきりしないため、混乱が生じているようです。そのため、WestBahnhofの難民も、全く姿を見かけない時もあるそうです。

また、今週末、ハンガリー方面から難民が来ることが予想されるため、ÖBBでは、ハンガリー方面への乗車券販売を中止している模様です。そのため、オーストリアからハンガリー方面へ鉄道を使ってのご旅行は、控えた方が良さそうです。

さて、難民問題など、暗い話題がクローズアップされるオーストリアですが、9月8日、久しぶりに明るい話題で盛り上がりましたので、臨時更新です。

現在、各地で予選が行われているUEFA(ヨーロッパサッカー連盟)ヨーロッパ選手権(UEFA European Football Championship)ですが、G組のオーストリアが快進撃を続け、宿敵のスウェーデンをアウェーで4対1の大差で破り、2016年にフランスで行われる本戦出場が決まりました。

8戦7勝1分という好成績。もちろんG組トップでの、本戦出場です。皆さん、オーストリアはUEFAヨーロッパ選手権の本戦出場は、何と初‥という快挙です。

2008年にも出場していますが、その時はオーストリア・スイスの共同開催だったため、開催国特権で、予選を免除されていたのです。

Continue reading "オーストリアがEURO2016本戦に出場決定"

| | Comments (0)

August 28, 2015

山の中の総合スポーツ施設「BADEINSSEL」

Img_2015_06_0928_001

最初にお知らせから。今週末は8月末なので、様々なイベントが開催されます。Eizenbahnmuzeum Sigmundsherbirgでは、8月28日から30日まで「Fest der Franz-Josef-Bahn」が開催されます。

29日には、蒸気機関車による特別運転や新型電車CityJetの展示なども行われるようです。

あいにくFeriは、所用があって参加できませんが‥ 

Img_2015_08_1990_001

さて、今日は「山の中にある総合スポーツ施設の話題」をお届けしましょう。

Feriが、今夏も訪れたLungau地方のTamswegには、大きな総合スポーツ施設「BADEINSSEL」があります。

総合スポーツ施設ではありますが、「BADEINSSEL」という名称が示すように、メインは大きなプールです。写真をご覧になるとわかるようにウォータースライダーも備えた結構、大きな施設です。

普通に考えると、Muru川やプレーバーゼー(Prebersee)がある、自然が豊かな山の中に、人工のプール施設もないだろう‥と思いますが、実は、Lungau地方は標高が1000メートルを超える高地。

そのため、夏でも気温が低い上に、水温も低くなっています。そのため、Muru川ではラフティングなどは楽しむことは可能ですが、水遊びは辛いものがあります。さらに標高が高いプレーバーゼーでは、湖畔をハイキングする程度、水遊びはできません。

そこで、夏でも温水プールを備えた「BADEINSSEL」の存在意義がある訳です。ちなみに5月20日から9月20日まで営業している屋外プール(Friebad)でも、水温は25度に保たれています。

Continue reading "山の中の総合スポーツ施設「BADEINSSEL」"

| | Comments (0)

May 26, 2015

番外編「レッドブルフルークターク」、日本開催決まる

Sn_x6100100_a

様々なスポーツイベントを開催しているオーストリアを代表するエナジードリンクメーカーRedBullですが、先日、千葉県で開催されたエアレースに続いて、「フルークターク」(Red Bull Flugtag)が今秋、神戸で開催されることが決まりました。

Red Bull Flugtagは、1992年にウィーンで初開催されて以来、世界各国で100回以上、開催されてきたイベントです。

「フルークターク」とは、直訳すれば「飛ぶ日」。日本でも某テレビ局が主催している「鳥人間コンテスト」と同じような内容のイベントです。

具体的には自作した飛行機に乗り、水上に設けられた高さ6メートルのデッキからテイクオフ。人力飛行の限界にチャレンジするイベントですが、滞空時間が長くても上位に入ることはできないのがミソ。

某テレビ局が主催する「鳥人間コンテスト」では、飛行距離などの記録を競う内容になっていますが、フルークタークの方は、どちらかと言うとエンターテインメントの色彩が強いようです。

Continue reading "番外編「レッドブルフルークターク」、日本開催決まる"

| | Comments (1)

May 25, 2015

ゴルフ雑感

Img_2014_08_5525_001

今日は「スポーツの話題」をお届けしましょう。

オーストリアのスポーツというとスキーに代表されるウィンタースポーツをイメージされる方が多いと思います。確かにオリンピックなどで活躍するのもスキー競技ですからね‥

しかし、プロの世界で活躍する選手は少なくても、オーストリアでも色々なスポーツが盛んです。

意外なのはゴルフ。Feriは、ビジネスパーソンなのにゴルフをしない(できない)人間ですが、オーストリアにも日本ほどではありませんが、ゴルフ場が点在しています。

リゾートエリアの場合、冬はウィンタースポーツでお客さまを集めることができますが、夏のスポーツとしてゴルフ場(Golfplatz)を開設しているところも多いようです。

降雪の多いエリアでは、当然、営業できるのは夏の間だけ。冬はクロスカントリースキーのコースになるところもあるようです。そういう意味では、北海道のゴルフ場と同じイメージでしょうか。

日本の場合、ゴルフ場は「自然破壊の代表」のようになってしまっていますが、こちらでは、地形などを最大限活用し、自然に余り手を加えない形でコースを作っているようです。

Continue reading "ゴルフ雑感"

| | Comments (0)

April 14, 2015

森の中のホッケークラブ

Img_2013_09_0309_001

今日は「スポーツクラブの話題」をお伝えしましょう。

日本とは少々事情が異なり、こちらでは民間のスポーツクラブが盛んです。子供さんたちも、学校ではなく地域のスポーツクラブに所属して、各種スポーツに取り組んでいることが多いようです。

地域にあるスポーツクラブの代表は、何と言っても人気の高いサッカーでしょう。オーストリアでは、サッカーチームが所属するクラブは、地方にも沢山あります。

さて、そんな中、ちょっと変わったスポーツクラブ(Sport Union)が、以前、Feriが住んでいた17区のアパート近くにあります。

17区のアパートからオットー・ワグナー教会方面へ向かうFeriの散歩ルートの途中に、大きな芝を敷き詰めたグラウンドを持つスポーツクラブがありました。

最初は、サッカークラブだろうと思っていたのですが、たまたま通りかかった際、子供達が練習をしている光景を目にしました。

選手がスティックを持って走り回っていたので、サッカーではなく、ホッケー(hockey)だということがわかりました。

Continue reading "森の中のホッケークラブ"

| | Comments (0)