May 20, 2018

Red Bull Air Race 第6戦はWiener Neustadt開催

Kalender2018_2277x1281resize

オーストリアが誇る世界的な飲料メーカーRedBullが主催するエアレース「Red Bull Air Race World Championship 2018」の第6戦が、Wiener Neustadtで開催されることが発表されました。

「Red Bull Air Race World Championship 2018」はアラブ首長国連邦・アブダビ(2月2日、3日)で開幕し、第2戦はフランス・カンヌ(4月20日~23日)で行われました。

そして、第3戦は2017シーズンのチャンピオン室屋義秀選手の地元でもある日本の幕張で5月26日から27日の日程で開催されます。

余談ですが、幕張のコースは海上ですが、レースで使用する臨時滑走路近くに高層ホテルが建築されたため、日本の航空法に抵触する恐れが出てきたそうです。

そこで、主催者側は、レース期間中、隣接する高層ホテルを総て貸し切り、「無人の状態」にした上で、レースの開催を申請しているそうです。金がある企業は違うものです。

20180519ss00001

その後、第4戦はハンガリー・ブダペスト(6月23日・24日)、第5戦はロシア・カザン(8月25日・26日)と転戦し、9月15日・16日にWiener Neustadtで開催されることになったものです。

今まで、「Red Bull Air Race」は、過去、Zeltweg(ツェルトベク)で2回、Spielberg(シュピールベルク、サーキットコースRed Bull Ring)で3回、それぞれ開催されていました。

Red Bull Ringは会場としては申し分ないのですが、一般のお客さまに多数来場いただくことを目的としている主催者からすると、首都ウィーンから遠いため、観客の会場へのアクセスがネックとなっていました。

何しろブダペストなどでは、市内中心部のドナウ川が会場ですからね‥

Wiener Neustadtはウィーンからも近く、ÖBBなどの公共交通機関を使っても簡単に行くことができるため、非常に便利です。

今回、会場となるのは「1909年に建設されたヨーロッパ最古・最大の飛行場」と紹介されています。

Continue reading "Red Bull Air Race 第6戦はWiener Neustadt開催"

| | Comments (0)

May 02, 2018

200年ぶりの平均気温更新 市営プールも営業開始

20180501ss00001

日本もゴールデンウィーク前半は、好天に恵まれて、外出を楽しまれた方も多かったのではないでしょうか。

日本では、気温が25度を超えるとコールドドリンクの売り上げが急増すると言われています。

実は、ウィーンでは4月下旬、天候に恵まれたのは良かったのですが、気温が異常に上昇し、200年ぶりに記録を更新。4月の平均気温が例年よりも4.8度上昇しました。

20180426img_7481jpg

このブログにもバナーに天気が出しているので、ウィーンの天候はご理解いただけるかと思います。

この好天を受けて、ウィーンの市営プール(Sommerbäder)が、4月の最終土曜日(4月28日)から営業を開始しました。

2枚目の写真は、プールの営業に先立ち、万全の体制をしいたウィーン市の当局者(ウィーン市の公式写真です)。

4月28日に営業を開始したのは、17箇所のSommerbäderKombibäderです。

Laaerbergbad

Sommerbäderは、屋外の施設で、基本的に夏期のみ営業します。それに対してKombibäderは、屋内プールと屋外プールの両方を設置しており、屋内に関しては、基本的に通年営業です。

有名なOttakringer Bad やTheresienbadをはじめ、Simmeringer Bad、Hietzinger Bad、Döblinger Bad、Großfeldsiedlungsbad、Donaustädter Badなどの施設です。

20180501ss00003

また、5月2日からは9箇所のFamilienbäderもオープンします。こちらは、通常のプールやサウナに加えて、子供さんも安心して利用できるタイプのプールを備えた施設です。

ウィーン市では、市営プールのバリアフリー化を進めており、今シーズンは、約半数の施設で化粧室などのバリアフリー化が実現するようです。

また、7月5日には、新しく「Familienbad im Einsiedlerpark」がオープンします。この施設は5区にあるもので、既存施設を改修し、Familienbad仕様にしたものです。

なお、子供プールについては、7月5日から全面的に使用できますが、その他の施設については、9月まで工事が継続されることになっています。

Continue reading "200年ぶりの平均気温更新 市営プールも営業開始"

| | Comments (0)

April 19, 2018

今週末は「Vienna City Marathon」です

20180418_x201_00001

今日は恒例の「Vienna City Marathonの話題」をお届けしましょう。

今年で第35回を迎える「Vienna City Marathon」は、4月22日に本大会が行われます。

この大会は、世界120ヵ国から42000名以上の選手が参加するオーストリア最大のランニングイベントです。有名な選手も参加しますが、いわゆる市民マラソンなので、多くのアマチュアランナーがウィーン市内を疾走します。

22日のレースはフルマラソン、ハーフマラソン、駅伝(3区間)の3競技が行われます。イベントエリアは市内14.7平方キロメートルに及びます。

日本のマラソン大会では考えられませんが、コース周辺には30ヵ所のHot-Spotsと呼ばれる応援用イベント会場が開設され、音楽演奏、ダンスなどが繰り広げられます。

20180418_x201_00002

この他、沿道では大型ビデオ装置によるパブリックビューイングも行われます。まぁ、スポーツ大会というよりもお祭りですね。

ちなみに35回の参加選手を累計すると565000人以上になるそうで、走った距離は1270万キロになるとか‥

スタート地点はUNO-Cityで、大会本部発表の地図のようにレースによってルートが異なります。ただ、ゴールについてはいずれもRathausplatz前になっています。

また、本大会の前にした、21日には子どもさん向けの大会などのプレイベントも開催されます。

Continue reading "今週末は「Vienna City Marathon」です"

| | Comments (0)

February 23, 2018

許せない街中の落書き

20180222ss00001

まずはオリンピックの話題から‥

22日に行われた女子ビッグエア決勝。オーストリアのAnna GASSER(アンナ・ガサー)選手が、185.00点で金メダルに輝きました。

日本選手も健闘していたので、表彰台にアンナ・ガザーと日本の岩淵選手が並ぶことを期待していたのですが、残念ながら夢は叶いませんでした。

複合団体では、ジャンプで首位になったオーストリアと日本が3位争いを繰り広げるという、Feriとしては嫌な展開。結局、オーストリアが3位になりましたが‥

なお、22日現在、オーストリアのメダル獲得状況が紹介されていました。金:5個、銀:2個、銅:6個、合計13個です。金メダル獲得数で見ると、歴代3位という成績のようです。

20180222ss00002

ワールドカップでは強くても、オリンピックでは弱いというジンクスがあるオーストリア。今年は、多少、このジンクスを打破することができたようです。

さて、今日は、こういった「楽しい話題」とは正反対のテーマをお送りしましょう。

このブログでも、時々お伝えしていますが、街中に見られる異常な落書き。

Img_218_02_0158

特に公共施設に対する落書きは、正直、当局も修復を断念したのではないかというほど、酷い状況が続いています。

Feriが非常に残念に感じたのは、先日まで列車を通過させて徹底した修復工事を行っていた地下鉄U6のWähringer Straße駅で、すでに落書きが見られたことです。

しかも、写真をご覧になるとわかるように、監視カメラの直下。当局に対する悪質な挑戦です。

修復作業中の様子を見ていたFeriとしては、職人さんが開業時の姿に戻すため、涙ぐましい努力をした作業に対して、このような落書きをするのは「文化に対する冒涜」だと思います。

この他、以前、このブログでもお伝えした18区にあるStrauß-Lanner-parkのモニュメントに対する落書きも、未だに修復されていません。

Continue reading "許せない街中の落書き"

| | Comments (0)

February 12, 2018

冬季オリンピック 金メダル第1号は‥

20180212ss00001

平昌オリンピックが始まり、日本でも注目が集まっていると思います。日本は、まだメダル獲得に至っていませんが、オーストリア勢は、失礼ながら「意外な競技」で金メダル第1号が誕生しました。

オーストリアの場合、アルペンスキーに注目が集まりますが、今回、金メダル第1号となったのは、11日に行われた「リュージュ男子一人乗り」(ドイツ語ではRennrodeln)。

優勝したDavid GLEIRSCHER選手は、チロル出身の23歳。ご本人も、この結果には驚いているようです。

20180212ss00002

ちなみに2位はアメリカのChris MAZDZER選手、3位はドイツのJohannes LUDWIG選手でした。

オリンピックでは、2日に分けて、合計4回、滑走するシステムになっているそうです。

ちなみにDavid GLEIRSCHER選手は、10日に行われた1回戦では首位に立ちましたが、同日行われた2回戦では7位、11日の3回戦では4位、4回戦でも4位でした。

David GLEIRSCHER選手の優勝タイム(合計タイム)は3分10秒702。2位のChris MAZDZER選手は3分10秒728だったので、僅差での勝利ということができるかもしれません。

Continue reading "冬季オリンピック 金メダル第1号は‥"

| | Comments (0)

January 24, 2018

150周年を迎えたWiener Eislauf-Veriin

20180123_x201_00001

ウィーンの冬も本番。屋内では、Feriとは無縁の舞踏会のシーズンになりました。そして、1月19日から、冬の風物詩「Wiener Eistraum 2018」が市庁舎前で始まりました。こちらは、3月4日までの営業です。

毎回、書いているような気がしますが、オーストリアでは「冬のスポーツ」はスキーが圧倒的なのは、皆さまもご存じのとおり。オリンピックやワールドカップで注目を集めるのもアルペンスキーが中心です。

それに対して、国際大会でのスケートは影が薄い存在。しかし、これは競技スポーツの話で、レジャーとしてのスケートは、結構、根強い人気があり、「Wiener Eistraum」も、連日、多くの人で賑わっています。

さて、今日は「スポーツクラブの話題」をお届けしましょう。

Img_2017_12_0074

Feriは、この手の話に造詣は深くないのですが、日本では、いわゆるスポーツクラブの活動が盛んになったのは、最近のことだと思います。

従来は、どちらかというと、学校や企業といった学域・職域単位の組織が中心でしたよね。

良い、悪いは別にして、こちらでは、昔からクラブ単位でスポーツを楽しむという文化が根付いているようです。

今日、ご紹介する「Wiener Eislauf-Veriin」も、そのようなクラブの一つです。「Wiener Eislauf-Veriin」の設立は1867年なので、150周年を迎えたことになります。

世界最古、かつ最大のスポーツクラブとして、様々な活動をしてきました。スポーツの普及や選手の育成はもちろん、レジャー施設の運営なども行っています。コンツェルトハウスの隣にあるスケートリンクの運営も、このクラブが行っています。

Feriは、詳しくは知りませんが、オーストリアのスケート選手の中には、このクラブ出身者も多いという話です。

Continue reading "150周年を迎えたWiener Eislauf-Veriin"

| | Comments (0)

October 29, 2017

普及するには訳がある ノルディック・ウォーク

Img_8722_001

今週末も日本には台風襲来。週末毎に台風が来るため、せっかくの週末がだいなし‥という方も多いのではないでしょうか。

また、一部の地域では雨が降り続いているため、土砂災害も心配です。

さて、今日は「散歩の話題」をお届けしましょう。

こちらでは、季節を問わず、散歩を楽しむ方が本当に多いですね。ただ、その中で、ポールを両手に持って歩くスタイルの人が非常に多いのが気になりました。

Feriは、その理由が良くわからなかったのですが、先日、日本でウォーキングの指導をしている専門家とお話をする機会があったのですが、その理由が良くわかりました。

日本では、ポールを両手に持って歩くスタイルを「ノルディック・ウォーク」というそうです。

ノルディック・ウォークは、フィンランドが発祥の地。1930年代から、フィンランドのクロスカントリー選手が、夏場のトレーニングの一つとして導入していたプログラムだそうです。

Img_2014_09_7176

その後、1990年代後半から、手軽さと高い運動効果が注目され、一般の人でも楽しめるスポーツとして普及しました。

この「ノルディック・ウォーク」ですが、三つのメリットがあるというお話でした。

メリット1:ウォーキングより消費カロリーがアップ(消費カロリーは20%アップ)
2本のポールを交互に地面について歩くため、自然と上半身を使います。一般的なウォーキングよりも効率的な有酸素運動です。酸素摂取量は12%アップと言われています。

メリット2:全身の筋力アップ、引き締めが期待できる
ランニングやウォーキングは、下半身の筋肉が主体となる運動ですが、ノルディク・ウォークは、ポールで体を支えるため、上半身を積極的に活用します。一説によると、体の約90%の筋肉を使う全身運動ができるそうです。

メリット3:全身運動なのにひざ・腰への負担が軽減(負担は30%軽減)
ポールを使うノルディック・ウォークでは、四点歩行になるため、ウォーキングに比べて、ひざや腰にかかる負担が一歩につき、5kg軽減されると言われています。

2017_10_nordic_wakl

こちらでは、ご年配の方でも、体格の良い方(太っている方)が多いのですが、ノルディック・ウォークは、正に、このメリットがピッタリと当てはまるではありませんか。

元々、足が弱い方も多いので、足への負担がウォーキングよりも少ないのは、大きなメリットだと思います。また、健啖家が多く、健康維持のために歩いている方が多いことを考えると、消費カロリーが高いのもポイントです。

また、お話をしてくれた専門家の方によると、ポールの長さを変えることで、体への負担を変えることができるので、目的に合わせて、ポールを選ぶことが大切‥という話でした。


「基本の長さ」は身長×0.65で、負担を小さくする場合は、係数が0.63,負担を大きくしたい場合は0.67にすると良いそうです。

ポールですが、旅先でのノルディック・ウォークを楽しめるように、セパレートタイプも発売されています。

Continue reading "普及するには訳がある ノルディック・ウォーク"

| | Comments (0)

January 16, 2017

Tischtennis Centerをちょっと拝見

Img_2016_12_0387

今日は「スポーツの話題」をお伝えしましょう。

オーストリアのスポーツと言うとスキーに代表されるウィンタースポーツや、ヨーロッパでは一般的なサッカーを思い浮かべると思います。

しかし、意外に根強い人気があるのが「Tischtennis(卓球)」です。

オーストリアには、約600のクラブがあり、30000名の男女選手が所属しているそうです。その頂点が、Tischtennis-bundesliga。現在、8月にオープニングの試合が行われ、その後、9月から翌年5月までリーグ戦が、各地で行われます。

最近では、中国から帰化した選手も増えているようで、Feriは、複雑な心境ですが、ヨーロッパでは実力のあるチームも多いようです。

日本でも卓球は一般的なスポーツとして定着していますが、本格的な国内リーグがあり、テレビで中継されるなど、オーストリアでは人気のあるスポーツの一つ。

その理由は、詳しくは知りませんが、厳しい冬があるオーストリアの場合、アウトドアで行うスポーツは、ウィンタースポーツ以外は、試合の実施に制限があることが影響しているような気がします。

20170114ss00002

Tischtennis(卓球)やHandball(ハンドボール)は、基本的に体育館の中で試合を行うことができるので、天候に左右されません。

また、冬期は観客も寒い思いをしないで済むというメリットがあると思います。そのため、インドアのスポーツが一定の人気を得ているのではないでしょうか。違っていたら、申し訳ございません。

このように人気があるスポーツなので、以前にもご紹介したように、ウィーン市内にも「Tischtennis Center(卓球場)」が存在します。複数の競技施設と併設になっているところもありますが、専業のところも‥

その中でも有名なのは、8区にある「Tischtennis Center Langegasse」。42系統・43系統と5系統・33系統が交差するLandesgerichtsstraßeの停留所近くにあります。

Continue reading "Tischtennis Centerをちょっと拝見"

| | Comments (0)

August 16, 2016

ウィーンにもあるTischtennis Center

20160815ss00001

リオ・オリンピックも前半戦が終了し、後半戦に入りましたが、オーストリア勢の結果は、皆さまご存じのとおり。

こちらの新聞でも特設サイトを設置していますが、如何せん、自国選手が華々しい成績が上げていないため、今ひとつ‥といった感じです。

ちなみに、ヨットが期待できるようですが、どうなることでしょうか。

逆に人気を集めたのが、14日にSpielbergのレッドブル・リンクで開催されたMotoGP10戦。会場へ向かう観客のため、Feriもよく使うS35が大渋滞になりました。

20160815ss00002

あるのですよ‥こちらでも大渋滞が‥ちなみにお客さまの数は95000人だったそうです。

という訳で、今日は「スポーツの話題」をお届けしましょう。

卓球というと中国をはじめとするアジアのイメージが強いですが、実はヨーロッパでも盛んです。

国際卓球連盟に加盟する協会の最新チームランキングでは、オーストリアは男女とも10位(日本は男子4位、女子2位‥さすがです)。

実はオーストリアやドイツには、フットボールと同じく、卓球のプロリーグ・ブンデスリーガ(Tischtennis-bundesliga)が存在します。

ちなみに、以下のようなチームが活躍しています。

Continue reading "ウィーンにもあるTischtennis Center"

| | Comments (0)

August 10, 2016

オーストリアが誇るスポーツモーターサイクルメーカーKTM

Img_2014_04_1766

リオオリンピックが始まり、日本は男子体操団体、競泳、柔道などで、すでに金メダル3個を含む10個のメダルを獲得していますが、オーストリアは、未だにメダルはゼロです。日本は強いですね。

さて、今日は以前もご紹介したことがありますが、「オーストリアが誇るスポーツモーターサイクルメーカーKTMの話題」をお伝えしましょう。

日本と異なり、首都ウィーンから離れた地方都市に隠れたメーカーが存在するオーストリア。今日ご紹介するKTM-Sportmotorcycle AGも、その一つと言っても良いでしょう。

本社所在地はザルツブルクの北北東約40kmにある山間の街Mattighofen(マッティングホーフェン)という街にあります。場所にご興味のある方はググってください(笑)。

同社は1953年にはじめてオリジナルのモーターサイクル(オートバイ)を発売して以来、スポーツバイクを中心に製造しており、各種レースでも活躍しています。

Img_2016_02_1500

同社のモータースポーツサイクルの特長は、「鮮やかなオレンジ色」のカラーリングでしょう。また、製造面では、本社工場で各種パーツから生産しているのもポイントと言えるかも知れません(もちろん、部品の一部は外注していますが、内製化立が高いのが特長です)。

ところで、こちらでは季節の良い夏は、各地でモーターバイクや自転車のレースが行われていますが、当然、地元企業のKTMも協賛企業として参加しており、各種のサポートを行っています。

そのため、レース会場付近で同社のライトバンを頻繁に見かけます。しかも、本格的なモーターサイクルレースはもちろん、小さな街で開催される地元密着の自転車レースといった行事などにも参加しています。

3枚目の写真は、Lungauで開催されたアマチュアを対象とした自転車ラリーのサポートに参加したKTMのライトバンです。

Continue reading "オーストリアが誇るスポーツモーターサイクルメーカーKTM"

| | Comments (0)