June 12, 2021

連邦軍が電気自動車を導入

2021060911今日は「オーストリア連邦軍の話題」をお届けしましょう。このブログでも再三お伝えしているように持続可能な社会をつくるため、オーストリアでは温室効果ガス削減のため、様々な政策を実行しています。

公共交通機関への電気バスや燃料電池バス導入も、その一つです。さて、6月2日、オーストリア連邦軍が電気自動車を導入したというニュースがありました。

軍事の分野でも使用エネルギー削減という観点から、様々な工夫がなされていますが、さすがに戦闘用車両を電動化するのは、エネルギー方法の供給も含めて、技術的に難易度が高いようです。

2021060910今回、導入されたのは平時の連絡や移動用に使用されるもので、車種はフォルクスワーゲンID.3。第一段として30両が導入されますが、導入コストは約114万Euro。

当日は、ウィーン軍司令官Kurt Wagner准将とニーダーエスターライヒ州軍司令官Martin Jawurek准将が、全軍司令部を代表して、Klaudia Tanner国防相から電気自動車を引き渡しを受けました。

Continue reading "連邦軍が電気自動車を導入"

| | | Comments (0)

June 11, 2021

ウィーンが「世界で最も住みやすい都市」から陥落

2021061002先日、「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット・ランキング(EIU)2021」の結果が発表されました。

今まで3年連続で首位をキープしていたウィーンが、ついに首位陥落。しかもトップ10以下の12位という衝撃的な結果でした。

ウィーンに代わって首位に躍り出たのはニュージーランドのオークランド(前回6位)、そして、日本人として複雑なのは、第2位が何と大坂。そして、第3位はオーストリアのアデレードでした。

同調査は、2021年2月22日~3月21日の間にデーターが収集された上で、分析されています。ウィーンに限らず、ヨーロッパの都市は、軒並みランキングを下げていますが、その理由は「Covid-19感染拡大にともなうロックダウン」で、「生活の質」が大幅に低下したため。

外食はもちろん、外出禁止、商業施設の営業禁止、音楽や演劇も上演禁止になってしまったのですから、当然と言えば当然。同調査のサマリーでも、ヨーロッパやカナダの多くの都市が、文化、スポーツ関連のイベントを大幅に制限、学校やレストランを閉鎖したことが、ポイント下落の要因としています。

2021061001ちなみに調査結果によると、Covid-19感染拡大の影響で、パンデミック前の平均居住性スコアと比べ、7ポイント下落しています。

トップに躍り出たオークランドの場合、EIUによると「Covid-19パンデミックの封じ込めに成功したアプローチ」が高く評価されたようです。

ベスト10から陥落した都市のうち、8つはヨーロッパ。その中で、最もランクの下落が激しかったのはドイツ・ハンブルクで、34も下がり、47位になりました。

201907180002ドイツは軒並み大幅下落で、Frankfurtは39位(マイナス29)、デュッセルドルフが50位(マイナス28)です。ヨーロッパの都市でベスト10に残ったのは、スイスのチューリヒ(7位)とジュネーブ(8位)という結果です。

さて、オーストリアのメディアは自国のことを中心に取り上げるので、オリジナルのサマリー(概要判は無料)を取り寄せて、チェックしてみました。

ベスト10の結果は、写真のとおり。ニュージーランド、オーストラリアというオセアニアが6都市、日本が大坂(2位、94.2ポイント)、東京(ウェリントンと同率4位、93.7ポイント)でした。

Continue reading "ウィーンが「世界で最も住みやすい都市」から陥落"

| | | Comments (0)

June 10, 2021

今年は6月19日に開催“25. Wiener Regenbogenparade”

2021060902今日は「Vienna Pride 2021の話題」をお届けしましょう。

最近は日本でも話題に上ることが多い「LGBTIQ」(こちらではLGBTに加えて、最近ではintergeschlechtlicheとqueereが加わるようになりました)。

昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で行事の規模が縮小されましたが、今年はVienna Pride(6月7日~20日)の中心行事である「第25回Wiener Regenbogenparade(ウィーン・レインボーパレード)」が、6月19日に開催されることが決まりました。

Vienna Prideの主催者であるKatharina Kacerovsky-Strobl氏は、記者会見で“「特にこのような危機的状況下では、生きる喜びを可視化し、強い一体感を求めて立ち上がることが、より重要です”と述べています。そのシンボルとなる行事がWiener Regenbogenparade。

2021060904近年、装飾自動車やステージを備えたトラックを中心とした大規模なパレードに変貌してきましたが、今年は原点回帰で徒歩と自転車によるパレードになります。

当日は、14時00分にRathausplatz、Burgtheaterを出発。リンクを進行方向とは逆に周回し、17時00分にRathausplatzに戻ります。そして、活動家や政治家のスピーチを含む最終集会が行われます。

2021060901写真は2013年のものですが、この頃は、徒歩や自転車での参加者も居ましたが、多くは周囲に各種パフォーマンスでアピールできるステージ付きのトラックを使っていました。

実は1996年の第1回では、トラックを使わず、徒歩または自転車でパレードを繰り広げましたので、正に「原点回帰」と言えるでしょう。

Continue reading "今年は6月19日に開催“25. Wiener Regenbogenparade”"

| | | Comments (0)

June 05, 2021

Raimund Theaterが新装オープン

2021060101今日は「劇場の話題」をお届けしましょう。Covid-19感染拡大の影響で、各劇場は2020年から2021年にかけて、公演中止を余儀なくされ、厳しい状況に置かれています。

このような状況下、現在、ミュージカル劇場として存在感を示しているRaimund Theater(ライムラント劇場)のリニューアル工事が完了したというニュースが入ってきました。

6区にあるライムラント劇場は、1893年、Ferdinand Raimundの「Die gefesselte Phantasie」上演で幕を開けた中産階級の劇場です。

当時の大劇場へのアンチテーゼとして、ドイツの古典的な民族劇や現代劇を上演していました。1908年、ヨハン・シュトラウスのオペレッタ「Zigeunerbaron(ジプシー男爵)」が初演され、1940年代末はオペレッタ劇場として全盛期を迎えます。

2021060103同劇場でミュージカルが上演されたのは1796年のこと。その後、Vereinigte Bühnen Wienが劇場を買収し、常設のミュージカル専門劇場となりました。

日本のミュージカルファンで、訪れたことがある方も多いと思います。

リニューアル工事は、2019 年 7 月から開始され、このほど完成。9月には「こけら落とし」として、Vereinigte Bühnen Wien所属歌手によるミュージカルガラ(Große Eröffnungs-Gala)が開催され、11月からは世界的にヒットしたミュージカル「ミス・サイゴン」の上演が始まります。

今回、躯体改修の一環として、排水対策と緊急に必要なファサード、屋根の工事が行われています。

劇場ホールは、床・壁・天井を一新。座席も完全に新しくなりました。特に客席に関しては、将来的に自由なレイアウトができるように工夫されています。1階と2階の通路も全面的に改修された他、Wallgasseに面した屋外バルコニーも改修されました。

Continue reading "Raimund Theaterが新装オープン"

| | | Comments (1)

June 03, 2021

オーストリア航空からターボプロップ機が引退

2021060208今日は「オーストリア航空の話題」をお届けしましょう。

5月31日、同社はターボプロップ機DHC-8-400(Q400)の最終旅客運航を行いました。最終運航となったのはウィーン-インスブルック間(OS905便、OS906便)で、機体番号OE-LGI“Eisenstadt”が使用されたようです。

Feriも、オーストリア航空で思い出深い機材の一つのDHC-8シリーズがあります。オーストリア航空のDHCシリーズ導入ですが、1980年4月、チロリアン航空(Tyrolien Airways)が4発ターボプロップ機デハビランド・カナダのDHC-7(定員48名)を2機(OE-LLS、OE-LLU)導入したのが始まりです。

2021060200当時、チロリアン航空はインスブルック空港を拠点としており、山間にある空港には短距離離着陸性能に優れた同機が最適と判断したようです。

このブログでもお伝えしたことがありますが、Feriも1983年7月、インスブルック-ウィーン間VO075便でDHC-7(OE-HLS)に搭乗した経験がありますが、4発ターボプロップ機の搭乗は、これが最初で最後です。

その後、1985年からチロリアン航空は、双発のDHC-8-100(定員37名)に切り替えました。さらに1995年からは大型のDHC-8-300(Q300、定員50名)を導入。

20210602062000年からはDHC-8-400(Q400、定員72名)の導入が始まりました。最終的にチロリアン航空は44機を運航していました。

2021060205一方、オーストリア航空では、子会社のオーストリアン・エア・サービス(Austrian Air Services)がFokker50というターボプロップ機を1988年から導入し、主に国内線や近距離国際線で運航していました。

ちなみにFeriは、1992年8月、ザルツブルク-チューリヒ間OSSR963便(オーストリア航空とスイス航空の共同運航便)で搭乗しています。

2021060203その後、チロリアン航空とオーストリア航空が併合され、ダッシュ8シリーズはオーストリア航空に引き継がれました。

同時にオーストリア航空では使用機材の整理を実施し、ターボプロップ機はダッシュ8シリーズに一本化されました。

オーストリア航空では、最盛期にはQ400を18機保有し、オーストリア国内線のみならず、ミラノ、ワルシャワ、ザグレブ、ライプチヒ、ブダペストといった短距離路線に投入しています。

2021060201Feriもウィーンからドレスデンやブダペストに行く際、、日本からザルツブルクへのイン、アウトで利用したことがあります。

そして、何とチロリアン航空時代も含めるとDHC-8シリーズ3機種、全てに搭乗しています。DHC-8-100は、1995年8月、アムステルダム-ザルツブルク間VO705便1回限りですが‥同機は翼が動態の上にあるため、窓から地上がよく見えるのが特徴です。

オーストリア航空によると、この20年間で2000万人以上の旅客を輸送し、飛行距離は2億3700万キロメートルに達しましたが、無事故でした。

Continue reading "オーストリア航空からターボプロップ機が引退"

| | | Comments (0)

June 01, 2021

太陽光発電の電力で列車を運行

2021052904今日から6月になりました。まもなく国立歌劇場の2021/22シーズンプログラムが発表されるので、楽しみにしている方も多いと思います。

さて、今日は「太陽光発電、まっしぐらパート2 ÖBB編」をお届けしましょう。

かつてのオーストリア連邦鉄道ÖBBは、民営化後、再生可能エネルギー導入を積極的に進めており、同社が使用する電力は、すでに100%グリーンエネルギーです。

こんな中、5月中旬からBahnstrom-Solarkraftwerk in Ladendorf(列車運行用太陽光発電所)が稼働を始めました。

ちょっと専門的になりますが、オーストリアやドイツ、スイスの連邦鉄道は15000Vの交流で電化されていますが、日本のように商用交流ではなく、鉄道専用の低周波交流(周波数16 2/3Hz、現在は16.7Hzと表現されています)が使われています。

2021052903これは、交流で直接、列車を動かす交流モーターを駆動させるためでした。

ÖBBは、列車の動力源として必要な電流の約3分の1を、8つの自社発電所で生産しています。残りの3分の2は、提携先の発電所や公共の送電網から供給されています。

ただ、周波数が異なるため、ÖBBの7つの周波数変換変電所で50Hzから16.7Hzに変換し、独自の送電グリッド(110kV)で供給しています。

太陽光発電に関しても積極的に導入していますが、このような事情があるため、主に駅施設などに使用されていました。

しかし、2015年、ニーダーエスターライヒ州Wilfleinsdorfに、世界初の16 2/3Hz交流電力を供給する太陽光発電所が稼働を開始。

2021052901そして、今回、Ladendorfに建設されているÖBB最大の太陽光発電所も、列車の運行用電力を供給するものです。ソーラーエネルギーで列車を走らせている訳です。

ÖBBは、現在、オーストリア国内で50Hz(商用交流)の太陽光発電所を21基、16 2/3Hzの太陽光発電所を3基、運用しています。

Ladendorfの新しい太陽光発電所稼働により、ÖBBは、自社の再生可能エネルギー生産量を増やし、オーストリア国内で独自のグリーン電力供給を行うという長期的な目標に近づいたことになります。

Continue reading "太陽光発電の電力で列車を運行"

| | | Comments (0)

May 30, 2021

Wiener Netzeが電動消防車を導入

20210526mona_01今日は「電気自動車の話題」です。Wiener Linienでは路線バスへ電気バス導入を進めていますが、警察や消防関係車両については、機動性が求められることから、現在も内燃機関を使った特殊車両が標準になっています。

そんな中、Wiener Netzeが電動消防車(E-Feuerwehrauto)を導入したというニュースが入ってきました。

Wiener Netzeは、オーストリア最大のエネルギーネットワーク事業者。電気、ガス、地域暖房、通信を地域に供給しています。

20210526mona_04同社は2013年8月、Wien Energie Stromnetz、Fernwärme Wien、Wien Energie Gasnetzの3社が合併して誕生したもので、Wiener Stadtwerke Holding AGが株式を100%保有している特殊会社です。

ウィーン市だけではなく、ニーダーエスターライヒ州、ブルゲンラント州の一部もサービスエリアになっており、200万人以上の顧客を擁しています。

同社は合併前のガス会社時代の1953年に自衛消防隊を設立し、1968年に消防局との連携が始まりました。

20210526mona_05現在、専門的な訓練を受けた23名の隊員(女性4名、男性19名)がおり、同社施設内で、通常の業務と平行して万が一の場合、消防活動にあたります。

自衛消防隊なので、ウィーン消防本部の消防車よりも活動範囲が狭いのがポイント。同社のHarald Rauscher消防隊長は、導入の理由として、
1.通常の消防車よりメンテナンスフリーであること
2.自社で生産した電力で充電できること(同社の施設屋上には1700を越える太陽光発電モジュールが設置されています)
3.活動範囲がエネルギー供給施設やWiener Netzeキャンパス構内と狭いこと
などあげています。

20210526mona_02なお、今回、同社が導入した電動消防車は、出力が136 PS、航続距離が100km。

写真をご覧になるとわかるように消防車の代名詞であるポンプ車ではなく、隊員と消防機材を現場に運ぶためのミニバンスタイルの車両です。

さすがに消防ポンプを電気で駆動したら、バッテリーが持たないでしょうね。とは言っても常時使う車両ではありませんから、出動しない時は充電しておくのでしょう。

メーカーによると、特殊装備と1000 kgのトレーラー牽引能力を備えており、オーストリアで最初に導入された電気消防車両です。

Continue reading "Wiener Netzeが電動消防車を導入"

| | | Comments (0)

May 27, 2021

ÖBBがRaaberbahn車両メンテナンスを契約

各劇場とも、延び延びになっている2021/22シーズンのプログラム発表ですが、ウィーン国立歌劇場が、6月3日、11時30分から劇場で一般公開形式(有償)でプログラム発表(SPIELZEITPRÄSENTATION)を行うことを表明しました。この模様はORFⅢやYouTubeでも配信されます。年間プログラムは、プレゼンテーションと同時に公開される予定。恐らく各劇場も、その後に続くものと思われます。

2021052001今日は「鉄道車両のメンテナンスの話題」をお伝えしましょう。オーストリアに限らず、ヨーロッパでは多くの国が上下分割方式で国鉄(連邦鉄道)を民営化しました。

その結果、線路を持たない列車運行会社が各国で多数、生まれました。オーストリアのWest Bahnもその一つ。

今回、ご紹介するRaaberbahn AGは、最近、流行の運行会社とは異なり、1872年に設立された自前の路線を持つ由緒ある私鉄です。本社はハンガリーのショプロンにあります。路線の総延長は437kmです。

ご存じのようにハンガリーは、第二次世界大戦後、共産主義のハンガリー人民共和国となり、国内の全ての鉄道会社は国有化されました.。

2021052003しかし、同社はオーストリアとの国境を複雑に跨いでいた関係で、国有化されず残存されました。その後、ハンガリーの民主化などにより、現在は、ハンガリー政府とオーストリア政府、およびオーストリア企業が株式を保有しています。

同社では、ÖBBのCityiJetと同じタイプのSIEMENS製電車4744型5編成を導入、4746型8編成を導入中です。

同社では、旅客サービス向上のため、この電車をDeutschkreutz -Sopron-Wien-Bruck an der Leitha-Bratislava Petrzalka間で、順次、導入していく予定です。

2021052004ヨーロッパでは最近、鉄道車両の保守を外注する動きがありますが、今回、Raaberbahn AGは、2030年まで、これらの車両13編成のメンテナンスをÖBB-TechnischeServicesGmbH(ÖBB TS)に委託する契約を締結しました。

今回の保守契約はヨーロッパ全域を対象とした国際入札が行われましたが、ÖBB-TechnischeServicesの高い技術力が評価されたことになります。

今回の契約は、大規模なオーバーホール(定期検査)だけでなく、日常的な車両の調整、事故発生時の修理などを、保守全般をカバーします。

Continue reading "ÖBBがRaaberbahn車両メンテナンスを契約"

| | | Comments (0)

May 26, 2021

珍しい?落書き犯の現行犯逮捕

2021052503今日は「落書き犯逮捕の話題」です。大変残念ですが、ウィーン市内ではスプレーによる落書きが数多く、見られます。

ÖBBやWiener Linienの列車に対して落書きが行われた例もあります。落書き犯が多いことに加えて、当たり前ですが人気の無い深夜に犯行に及ぶため、なかなか検挙されることはありません。

更に落書きを消すためには、多額の費用がかかるためか、そのままにしている例も多く、結果として落書き犯の犯行を増長させているような気がします。

2021052504特に防音壁の場合、ハニカム状の金属板であるため、塗料のスプレーを使った落書きは有機溶剤を使用しないと除去するのは難しいことも、放置されている遠因になっているような気がします。

さて、ロックダウン解除後、最初の週末となった5月22日、ウィーン市内で落書き犯2名が検挙されたというニュースがありました。落書き犯検挙がニュースになるというのは、それくらい現行犯で逮捕されるケースが少ないということなのでしょう。

202105250122日(土曜日)の6時頃、2人の若い男性(18歳と24歳)が、焼き栗スタンドをはじめ、いくつかの施設にスプレーで落書きをしているところ、通りかかった市民が発見。直ちに警察に通報しました。

18歳の被疑者はE-Rollerで逃走しようとしましたが(今風ですね)、あえなく警察官に身柄を確保されました。

一方、24歳の被疑者は、Karlsplatzに隣接するResselparkにある池に逃げ込みました。彼は酒に酔っていたようで、池の水は冷たいにもかかわらず、警察官の説得にも応じず、池から出ようとはしません。

Continue reading "珍しい?落書き犯の現行犯逮捕"

| | | Comments (0)

May 25, 2021

緑化プロジェクトの一般投票始まる

2021052402オーストリアはキリスト教の行事に伴う祝日が多いのですが、2021年、移動祝日であるペンテコステ(聖霊降臨日)は、5月23日でした。これに合わせて、お休みをとる方も多いことから、ロックダウン解除を、その前に実施したともいわれています。

さて、このブログでもお伝えしているウィーン市主催の都市緑化プロジェクトですが、一般から500件を越える応募があり、5月21日からインターネットによる一般投票が始まりました。
現在、専用サイトで公開されているプロジェクトは、予備審査を通過したプラン。

投票はインターネットの専用サイト(https://wienwirdwow.submit.to/landing/showcase)にアクセスし、プロジェクトごとに1から5の星(星5が最高評価)で評価する仕組みです。締め切りは5月30日、23時59分。

2021052401同時に専門家により構成された審査員が、公開されている全てのプロジェクトについて、実現可能性、有効性(問題解決)、革新度、メンテナンスのしやすさ、独創性などを審査します。

ランキングは、一般投票と専門審査員の合計ポイントで決まりますが、ポイント配分は専門審査員70%、一般投票30%となっています。

Continue reading "緑化プロジェクトの一般投票始まる"

| | | Comments (0)

より以前の記事一覧