April 08, 2016

速報 オーストリア航空 今秋、日本線から撤退

Img_2012_04_1577

大変残念なニュースが入ってきましたので、予定を変更してお知らせします。

オーストリア航空は4月7日、成田-ウィーン線を運休すると発表しました。最終便は、2016年9月4日(日曜日)の成田発ウィーン行きOS52便に決まりました。

「運休」という表現ですが、事実上の日本線からの撤退です。

オーストリア航空は、1989年、当時、同社の長距離路線用最新鋭機、エアバスA310-324(ファーストクラス12席、ビジネスクラス37席、エコノミークラス123席の合計172席仕様)を使い、全日空・アエロフロートとの共同運行という形でウィーン-成田線(モスクワ経由)を開設しました。

長距離国際線は、アメリカ線に続くものですから、当時の日本線に対するオーストリアおよび同社の力の入れ方がよくわかります。

Sn00555

その後、1995年夏のダイヤから使用機材が4発のA340-212に変わり、アエロフロートとの共同運行も解消され、直行便になりました。

なお、A340の導入に合わせて、ファーストクラスが廃止され、C、Yの2クラス制に移行しています(双発のA330-223がA340の代わりに投入されたこともあります)。

さらに、1997年には、同じA340シリーズながらストレッチ型のA340-313Xに機種が変わりました。その間、成田空港の発着枠の関係もあり、ウィーン-関空線も開設されましたね。

その後、2007年、B777-200に変更され、今日に至っています。

日本からの撤退ですが、オーストリア航空の発表によると、「日本経済の停滞」、「3年前から円安が進み価格競争が激しくなっていること」が、運休の理由としています。

Feri個人の意見ですが、現在のOS51便、OS52便は純粋なビジネス需要が少なく、事実上、ディスカウント運賃での団体旅行客が中心になっているため、収益性が悪いことが背景になっているような気がします(要するに儲からないお客さまが大多数‥ということです)。

Continue reading "速報 オーストリア航空 今秋、日本線から撤退"

| | Comments (13)

March 05, 2016

実践的な訓練

20160302_a

今日は「オーストリア連邦軍の訓練」にまつわる話題をお伝えしましょう。

日本では、警察や自衛隊なども各種の訓練を行っていますが、どうしても「訓練のための訓練」という感じになっているケースが多く、必ずしも実践的な訓練にはなっていないという話を聞いたことがあります。

とくにお偉いさんやマスコミに公開する訓練の場合、事前に「シナリオに基づいた訓練のための練習」を実施することが多いとか‥日本らしいと言えば、日本らしいですが‥

さて、3月2日にオーストリア連邦軍が、オーストリア航空のボーイング767型機を国籍不明機に見立てて、Zeltweg空軍基地に強制着陸させる訓練を実施しました。訓練の詳細はオーストリア連邦軍のホームページに紹介されていました。

Zeltweg空軍基地は、シュタイヤマルク州にある基地で、空軍博物館があるため、Feriも何回か訪れています。

Img_109_08_8705

ちなみに同基地には、現在、オーストリア連邦軍の主力戦闘機Eurofighterが配備されています(右の写真がZeltweg空軍基地)。

訓練は、フライトプランが未提出で、かつ無線交信ができない国籍不明機がオートリア領空に侵入したという想定です。

Zeltweg基地を緊急発進した2機のEurofighter戦闘機が、防空司令部の誘導で国籍不明機に接近(Identifizieren)。

1番機は、国籍不明機の横を飛行し、登録記号や国籍、航空機の種類を識別して司令部に報告。一方、2番機は、万が一の自体に備えて、背後の射撃位置につき監視。そして報告に必要な写真撮影を行いました。

Continue reading "実践的な訓練"

| | Comments (0)

December 28, 2015

難民問題、その後‥

Sn_x1_0007

今までの記事でお伝えしたように、ウィーンではクリスマス市に多くの観光客の皆さんが来場されて、大賑わいでした。今年は23日から天気に恵まれたため、人出も多かったと思います。

クリスマスが終わると宗教行事とは無関係のシルベスターのお祭りも待っており、ふと難民問題は解消されたようなイメージを持ちますが、実は、まだ続いています。

という訳で、今日は「難民問題に関する話題」です。

パリのテロ事件以降、シリアなどから流入する難民の話題をあまり聞かなくなりましたが、最近、ドイツのメルケル首相は、難民受け入れ人数の上限を示さないという方針を打ち出しました。

しかし、受け入れ施設などの問題もあり、どの程度、スムーズにドイツが難民を受け入れるのかは不透明です。また、ドイツでの難民認定に時間がかかるため、オーストリア国内にも難民が滞留している状態です。

夏の間はテント生活でも何とかなりましたが、暖冬の12月とは言え、冬なので屋外での生活は困難を極めます。当然、暖房施設のある屋内へ収容せざるを得ません。

また、ウィーンではセルビッテン教会に付属する修道院が難民の受け入れ施設として利用されているというニュースもありました。これは、修道士が減ってしまい、施設が空いていたことから、実現したようです。

ご存じのように修道院は、修道士が寝泊まりする施設がありますから、空室が多ければ難民収容にはうってつけかもしれません。

トップの写真はウィーン市が呼びかけている「難民のためにアパートの提供を‥」という告知です。6ヶ月以上、難民のためにアパートを提供してくれる家主さんを募集しているものです。

Continue reading "難民問題、その後‥"

| | Comments (2)

December 13, 2015

臨時更新 南鉄道は12月13日から通常運行

Sn00448

12月1日、セメリング付近で貨物列車が脱線し、現在、南鉄道が部分運休になっていました。

場所が山間部で、かつ事故現場がトンネルないであったため、復旧作業に時間を要していましたが、12月13日6時から運行が再開されました。ダイヤ改正には何とか間に合わせた格好です。

現在は通常どおりのダイヤで運行されていますので、グラーツ、クラーゲンフルト方面にお出かけの方も、ご安心ください。

なお、運行再開に伴い、臨時更新は、本日をもって終了します。

※「人気ブログランキング」に登録しています。この記事がお気に召しましたら、下記のバナーをクリックしていただくとFeriの励みになります delicious

Br_decobanner_201105_b_3

ニュース | | Comments (2)

December 02, 2015

臨時更新 鉄道運行情報 RailJetのMünchen乗り入れ再開

Sn00445

しばらく運転中止が続いていたらRailJetなどの優等列車のMünchen Hbfへの乗り入れが、11月27日から再開されました。ダイヤも平常どおりに戻っています。そのため、臨時更新は、本日でひとまず終了する予定です。

今後、大きな変化があった場合は、臨時更新で情報をご提供します。なお、ÖBBでは、国境を通過する列車に乗車する場合、パスポートを所持するように案内しています。

難民問題に関連する鉄道運行の臨時更新です。

27日からRailJetなどの長距離列車のミュンヘン直通が再開されました。

12月1日、朝の鉄道運行情報です

○オーストリア国内
現時点では、難民輸送の関係でオーストリア国内のダイヤが乱れているという情報は入っていません(Salzburg Hbf-München Hbf間の長距離列車を除く)。

Salzburg-Freilassing間のローカル列車については、現在、変則ダイヤになっており、12月12日までの時刻表が発表されています。詳しくはこちらから。

このほか、オーストリア国内を運行するWestBahnもダイヤどおり運行されています。

Continue reading "臨時更新 鉄道運行情報 RailJetのMünchen乗り入れ再開"

| | Comments (17)

November 06, 2015

番外編 「オーストリアを味わう試食・試飲会2015」がありました

2015_11_04_004

秋は収穫の季節‥という訳では、ありませんが、恒例のオーストリア大使館商務部が音頭をとったイベント「オーストリアを味わう試食・試飲会」が11月4日、東京・汐留のコンラッド東京で開催されました。

日頃、お世話になっているオーストリアの行事なので、当日、参加した友人の話をまとめて、その模様をご紹介しましょう。

今回は、関係者対象の「オーストリアを味わう試食・試飲会2015」が13時~17時30分まで、一般対象の「第2回オーストリアワイン大試飲会」(有料)が、19時~21時の時間帯で行われました。

友人は一般対象の「第2回オーストリアワイン大試飲会」には参加していないので、レポートは前半のみとなります。

また、当日はワインセミナー「ブラウフレンキッシュ:オーストリア赤ワインの魅力」と、チーズセミナー「オーストリアアルプスと自然の恵み」も開催されました。ただ、ワインセミナーは、大変な人気だったようで、友人も申し込んだのですが、最終的に応募人数超過で参加できませんでした。

2015_11_04_002

今回は、オーストリア本国からアンドレー・ルップレヒター農林環境水資源管理大臣も参加され、冒頭で、ご挨拶をされたそうです。気合いが入っていますね。

ルップレヒター大臣ですが、ロシアへの制裁で農産品の輸出が禁止され、大臣の地元で、リンゴの名産地シュタイヤマルクが困った時、“1日1個のりんごで医者要らず“をもじって、“1日1個のりんごでプーチン要らず、国民のみなさん、どんどんりんごを!“という名言で有名になった方です。

友人の印象によると、オーストリアワインのインポーターさんが、ずいぶん増えているという感じがしたそうです。実際、会場に出展したインポーターさんは20社以上だったようです。

元々、大量生産をしていないオーストリアワインなので、大量に輸入・販売することは難しいだけに、中小のインポーターさんの方が、向いているのかもしれません。

友人もワインが好きなので、こちらではホイリゲにも行きますが、懐かしいGRÜNER VELTLINERを色々と試飲したようです。

Continue reading "番外編 「オーストリアを味わう試食・試飲会2015」がありました"

| | Comments (0)

October 17, 2015

臨時更新 Salzburg-München間の長距離列車直通運転中止は継続

Img_2015_09_5221_001

難民問題に関連する鉄道運行に関する臨時更新です。

ドイツがシリアなどから押し寄せる難民の流入を制限するため、オーストリアとの国境で、9月13日から入国検査を導入しました。

これに合わせて、ドイツ鉄道は、オーストリア(ザルツブルク)からの長距離列車乗り入れを止めていますが、10月13日の現時点で、この措置が解除される日程は発表されていません(10月12日まで運休という情報は取り消しになりました)。17日、朝の時点で、この措置は継続中です。

鉄道では、10月8日に新しい動きがありました。10月8日の5時からSalzburg-Freilassing間の運行が再開されました。ただし、これはローカル列車だけの運転です。

Railjetなどの優等列車については、引き続きSalzburg Hbf-München Hbf間は運休となっており、運転再開の見通しは立っていません。なお、Innsbruck Hbf-München Hbf間(Kufstein経由およびMittenwald経由)は通常どおり運行されています。

さらにWien HbfからPassau Hbf経由でドイツに向かうICEについても、通常どおり運行されていますので、乗り継ぎを行えば、鉄道での移動も可能になっています。ただし、混雑している列車もあるので、その点はご注意ください。

Feriは、現在、ウィーンを離れているため、ウィーン市内の駅の状況は先週のものです。ご了承ください。

9月19日の時点では、ウィーンの駅では難民の数が激減していました。これは、国、自治体が難民一時収容施設を開設し、そこへ移送したためだと思われます。そのため、駅でのボランティア活動も食料の提供などはなくなり、通訳ボランティアの姿が目につくようになりました。

Continue reading "臨時更新 Salzburg-München間の長距離列車直通運転中止は継続"

| | Comments (26)

September 17, 2015

臨時更新 中央駅と西駅の近況

Img_2015_09_4840_001

難民に関する臨時更新です。ドイツがシリアなどから押し寄せる難民の流入を制限するため、オーストリアとの国境で、9月13日から入国検査を導入しました。

ドイツ-オーストリアの直通列車に関しては、ドイツ側の指示に従うというのがÖBBの見解です。18日、朝の段階では直通列車のRailJetに関しては、Salzburg-München間は運休となっています。

ただ、先週と大きく異なるのは、難民のドイツ移送がスムーズに行かなくなった‥ということです。この結果、「Salzburg Hbf構内が難民で大混雑している」と報道されていました。新聞も「SalzburgとFreilassingがボトルにネックになっている」と報じています。

17日現在、オーストリア国内で10000人以上の難民が、立ち往生している状況ですが、政府、自治体が一時的な難民収容施設を開設し、駅で待機していた難民を、そこへ移送したようです。そのため、ウィーンの各駅で待機している難民の数は、非常に少なくなりました。

以下は、15日の内容ですが、17日の夕方、Westbahnhofへ立ち寄りましたが、難民の数が非常に少なくなっていました。

15日の夕方、友人と会うためにWien Hbf(中央駅)に行きましたが、1階のコンコースには難民が大勢、待機していました。また、長距離列車のチケット販売窓口には、難民が長蛇の列を作っていました。

先週、West Bahnhofに行った際、NPOが行っていた食料の支援活動は、こちらでは行っておらず、ÖBBの職員が案内をしている程度でした。また、難民の数が増えたため、相対的に警備に当たる警察官の数も増えています。

Img_2015_09_4864_001

このほか、15日は暖かかったこともあり、プラットホームのベンチで休んでいる難民も多数見かけました。

ドイツへの移動の目処が立たないためか、難民の多くも不安な表情を浮かべていました。また、ドイツにいる知人らに連絡をするためか、プリペイド式のSIMカードを求める難民が多くなっているようです。当然、駅構内のコンセントは、携帯電話はスマートフォンを充電する難民で一杯。

友人も同じ意見だったのですが、失礼ながら身なりが良い難民が多く、食料などは地下にあるスーパーマーケットで調達しているようでした。また、子供におもちゃを買い与えている姿も見かけました。

Continue reading "臨時更新 中央駅と西駅の近況"

| | Comments (15)

June 21, 2015

速報 グラーツの自動車暴走事件

Sn00321

日本では詳しく紹介されていないかもしれませんが、20日の午後、グラーツで、26歳の男がSUV車で群衆に突っ込み、子供さん1人を含む3人が死亡、少なくとも34人が負傷(うち6名は重体)するという事件がありました。

その場で、セルビア出身のオーストリア人が逮捕されています。事件が起こったのは、グラーツの中心部Herrengasseです。路面電車も通るグラーツの目抜き通りで、通常は自動車の通行は禁止されている通りです。

男の乗ったSUV車は、図のようなルートを時速100キロ以上のスピードで突っ込んだと報じられています。

Feriもグラーツには何度も訪問していますが、Herrengasse周辺はいつも大勢の人で賑わっています。また、自動車の乗り入れが禁止されているため、皆さんものんびりと歩いているショッピングゾーンでもあります。

Continue reading "速報 グラーツの自動車暴走事件"

| | Comments (2)

March 12, 2015

ブルクリンクで路面電車軌道の改修工事がおこなわれます

Sn00179

今日は「Wiener Linienが行う路面電車軌道改修工事の情報」をお届けしましょう。

現在、Burgring(ブルクリンク)には5系統が乗り入れているため、軌道への負担が激しく、かなり痛んでいるようです。

先日、軌道が痛んだため徐行処置がとられた例を、このブログで紹介(2015年1月26日)しましたが、こういった事態が頻発しているようです。

そこで、Wiener Linienでは、3月28日から4月7日まで、Burgringの軌道615メートルについて、路面電車の運行を停止して、本格的な改修工事を行うことになりました。工事は軌道敷きを一旦、取り外して行う大がかりなものです。

この日程が工事期間に選ばれたのは、ちょうどイースター休暇にあたり、住民の利用が通常期よりも減ることが予想されるためだそうです。

Burgringを通過する各系統については、改修工事中、工事区間だけでなく迂回ルートの関係から、Schwarzen-Bergplatz-Palament間が全面運休となります。

Continue reading "ブルクリンクで路面電車軌道の改修工事がおこなわれます"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧