January 27, 2020

ウィーン市がクリーンエネルギー推進キャンペーンを展開

20200126001今日は「クリーンエネルギー導入推進プロジェクトの話題」をお届けしましょう。

ヨーロッパでは、人工的に排出されるCO2が地球温暖化の主要因であると「目の敵」にされているのは、皆さまもご存じのとおりです。

そのため、化石燃料を使う交通機関に対しても厳しい目が向けられています。

ただ、一部には「人工的に排出されるCO2は、地球の気候を変動させるほどの量ではない」という説を訴えている専門家もいますが、事実上、無視されているとか‥まぁ、色々と「大人の事情」が絡んでいるのでしょう。

さて、ウィーンでは、市内を歩いていると宅配便の業者さんが貨物自転車で配達している光景をよく目にします。

20200126002日本でも都心部ではリアカーを使って宅配便の配達をしているようですが、日本の場合は、配達用車両を止める駐車場問題が理由のようなので、背景が違いますね。

さて、ウィーン市では、2020年、エネルギー効率の高い輸送手段を充実させるための資金援助キャンペーンを開始します。

企業やNPOを対象とした支援策としては、物流事業で電動貨物自転車の導入と運用を推進するため、資金を援助します。

ご存じのように物流は化石燃料最大の消費者。そのため、都市部では化石燃料を使う自動車から、クリーン電力で運用可能な電動貨物自転車へのシフトを推進しようという政策です。

ウィーンはコンパクトシティなので、市内の小規模輸送に関しては、電動貨物自転車を活用することで、交通混雑緩和も期待できます。

20200126004資金調達キャンペーンは、2020年2月1日から開始され、2021年末まで行われますが援助する資金総額は280万Euro。

ちなみに荷物搭載量40 kg~100 kgの電動貨物自転車を導入する場合、取得費用の最大50%が補助金対象となります(最大2000Euro)。

さらに貨物搭載量100kg以上の大型電動貨物自転車または電動貨物トレーラーの場合、取得費用の最大30%が補助金対象となります(最大4000Euro)。

一方、地域住民を対象としたプロジェクトでは、住宅から最寄りの公共交通機関までの電動シェアバイク導入が補助金対象となります。

Continue reading "ウィーン市がクリーンエネルギー推進キャンペーンを展開"

| | Comments (0)

January 24, 2020

ダブルデッカーのCityJetが誕生

202001241011月22日に行われた「Wiener Eistraum 2020」のオープニングセレモニーの公式写真が入手できましたので、ご紹介しましょう。

今年は市庁舎の中央尖塔が改修工事中のため、若干、雰囲気が異なりますが、この時期、ウィーンにお越しの際には、是非お立ち寄りください。

20200124002さて、今日は「ÖBB、CityJetの話題」をお届けしましょう。

このブログでもお伝えしているように、現在、ÖBBでは旅客のサービス向上に向けて、都市圏で使用している電車のCityJet化を進めています。

落成時からCityJetを名乗っているのは4746型・4747型とTalent3(4758型)。しかし、その後、Talent2の4023型、4024型、4124型などもCityJet仕様に改造され、ウィーンのS Bahnでも見かける機会が増えてきました。

20200124006そして、かねてから予告されていた近郊型(Regionalzug)ダブルデッカー(Nahverkehrs-Doppelstockwagen der ÖBB、26型・86型)にもCityJet仕様車が登場しました。

ÖBBのダブルデッカー(2階建て客車)ですが、ウィーンからバーデンなどへ行くとき、お世話になった方も多いと思います。

機関車牽引ですが、運転室のある制御車(86型)が連結されており、プッシュプル方式で運行されています。

1996年から製造が開始され、2009年まで増備が続けられ、現在、253両(72編成)が在籍しています。

20200124003今回、公開されたダブルデッカーですが、写真のように外観がCityJet仕様になっているだけでなく、客室内のアップグレードも行われています。主な改造は、以下のとおりです。

- Cityjet仕様の客室デザイン

-ビデオ監視システムの追加

20200124004-トイレの刷新(ベビーベッド設置、ユニバーサルデザイン化も含む)

-シートピッチの拡大

-各座席にフットレストと折りたたみテーブル設置

-多目的エリア(自転車、荷物、ベビーカー用スペース)の新設(階下)

-サイレントゾーン(Ruhezone)の新設

20200124005-無料Wi-Fiの設置(ÖBB Railnet)

-LED照明の採用

-運転情報を表示する大型ディスプレイの設置

-USB電源ソケットの設置

Continue reading "ダブルデッカーのCityJetが誕生"

| | Comments (0)

January 11, 2020

オーストリア新政権発足

20200110004「三聖王の日」が終わり、こちらはクリスマス・新年モードから、通常モードに切り替わりました。

クリスマスツリーの回収は1月12日が最終日。街角にあるクリスマスツリー回収臨時ステーションには、役目を終えたツリーがうずたかく積まれています。もちろん、これらは資源として再利用されるので、ご心配なく。

20200110001さて、今日は、このブログではほとんど取り上げない「政治の話題」です。

日本では取り上げられていないかもしれませんが、オーストリアでは「国民党」(Österreichische Volkspartei、ÖVP)と「緑の党」(Die Grünen - Die Grüne Alternative)の連立政権が発足し、現在、国民議会が開催されています。

新政権では、「国民党」のクルツ党首(Sebastian Kurz)が、従来どおり首相となり、財務相、外相、内相、経済相、国防相など主要閣僚ポストを「国民党」が占めています。

20200110002一方、「緑の党」は副首相、環境インフラ相、司法相、社会相のポストが割り当てられました。

昨年、行われた国民議会選挙では、国民党が得票率約37.5%を獲得し、第一党となりました。また、ヨーロッパで盛り上がっている地球温暖化問題が追い風となり、「緑の党」が得票率13.9%と大躍進しましたが、国民議会では第4勢力。

第二党は社会民主党(SPÖ)なのですが、国民党との政策が大きくことなるため、連立は断念。その結果、「緑の党」との連立になったものです。消去法のような選択ですね。

Continue reading "オーストリア新政権発足"

| | Comments (0)

January 05, 2020

ÖBBの夜行列車拡大計画

20200104008日本では報道されていないかもしれませんが、オーストリアでは中道右派「国民党」(ÖVP)と左派「緑の党」(GRÜNE)の連立交渉が合意に至りました。

今後、1月7日にも大統領府でバン・デア・ベレン大統領のもとで宣誓式を行い、初の「国民党・緑の党」連立政権がスタートする予定です。

ところで「国民党」と「緑の党」では、難民政策などで大きな開きがあり、マスコミの中には「政治的実験」という見方をしているところもあります。正に「オペレッタ国家」の面目躍如‥と言ったところでしょうか。

今回、連立交渉の中で、環境保護政党である「緑の党」の主張に配慮して、近中距離航空便を利用する場合、一律12Euroの環境税が加えられることが決まったようです。

さて、今日はCO2排出削減で注目されている「長距離夜行列車の話題」です。

20200104007このブログでもお伝えしたように3年前、2016年にÖBBはドイツ鉄道(DB)の夜行列車事業を引き継ぎました。2019年も「NightJet」の利用者が増加するなど、ÖBBの思惑通り、事業は順調に推移しています。

具体的にはウィーン-フェルトキルヒルートでは、20%利用者が増加しました。また、ウィーン-チューリッヒ間、ミュンヘン-ミラノ間では、前年より利用者19%増え、平均して、すべての目的地で乗客が11%増加しました。

これを受けて、ÖBBでは、現在、新しい目的地への運行を目指して各国の鉄道会社と交渉を行っています。

20200104003まず、2020年1月19日から、ウィーン-ブリュッセル間に「NightJet」が週2便、運行されます。そして、2020年12月のダイヤ改正では、ウィ-ン-アムステルダム間の「NightJet」運行が計画中です。ÖBB幹部によると、2026年までにパリ、バルセロナ、北欧への「NightJet」運行を計画しているとのことです。

現在、ÖBBは「Nightjet」ブランドで夜間列車18本を運行しています。さらに、パートナーによりブダペスト-チューリッヒ間など8本が運行されています。

20200104005現在は、従来の寝台車を使用していますが、2022/23シーズンには近代化された新しいタイプの寝台車(カプセルタイプ)投入され、更に魅力がアップします。

「NightJet」の特徴は、オール寝台ではなく、「価格に敏感な旅行者」をターゲットに座席車も連結されている点です。

その昔、日本の国鉄でも初代ブルートレイン20系が就役した頃、座席車を連結していましたが、それと同じ発想だと思います。

20200104002ÖBB幹部によると、各国との交渉で問題になっているのは路線使用料です。特に国によっては、高速列車用の料金カテゴリーを提示してくるところもあり、ÖBBとしては夜行列車なので、別のカテゴリーを設定するように要求しているようです。

また、国際航空便には付加価値税は課税されませんが、鉄道運賃には付加価値税が課税されます。この点についてもÖBB幹部は、競争力確保の観点から見直しを図るように要求しています。

さらに、工事などにより夜間、路線が閉鎖されると迂回せざるを得なくなり、ダイヤ維持が困難です。従って、夜行列車運行路線の夜間保守をどうするかも、問題になっています。

Continue reading "ÖBBの夜行列車拡大計画"

| | Comments (0)

December 30, 2019

ウィーンのS-Bahnで終夜運転がスタート

20191229001今日は「ウィーンのS-Bahnの話題」をお届けしましょう。

日本では、JR、民鉄とも大晦日は一部の路線で初詣のお客さまの利便性を向上させるため、終夜運転が行われていますね。Feriも、昔は大晦日に終夜運転の列車に乗っていました。

しかし、日本では、通常、JR、民鉄共に終夜運転は行われていませんね。一部には週末は終夜運転を期待する向きもあるようですが、日本では夜間に線路のメンテナンスなどを行うことが多いため、難しいのかもしれません。

20191229002さて、12月15日のダイヤ改正から、ウィーンのS-Bahnで週末の終夜運転が始まりました。ウィーンでは、ご存じのように地下鉄が週末に終夜運転を行っていますので、それに続く施策です。

従来、S-Bahnは1時から4時まで列車が運転されていませんでしたが、ダイヤ改正を機に毎週、金曜日から土曜日、土曜日から日曜日、祝日の深夜、30分間隔で運転されるようになりました。

20191229004終夜運転の区間は、Wien Floridsdorf-Wien Meidling-Mödling間です。S2(Mistelbach-Mödling間)の変則運転という形になりますね。

Wiener Neustadt方面に関しても週末の終夜運転が開始されましたが、運転間隔は1時間間隔となっています。

この沿線は、最近、人口が急増しているので、自動車から鉄道へのシフトを狙った施策のようです。

Continue reading "ウィーンのS-Bahnで終夜運転がスタート"

| | Comments (0)

December 28, 2019

Pilgramgasse駅は2020年1月末に再開予定です

20191227006クリスマスも終わり、慌ただしくなってきましたが、今日はU4の「Pilgramgasse駅の工事進捗」をお伝えしましょう。

地下鉄U4のリニューアル工事に合わせて、U2駅建設の準備工事も同時に行われているPilgramgasse駅ですが、このほどWiener Linienから工事進捗状況が発表されました。

このブログでもお伝えしているようにU4のPilgramgasse駅は、本格的な工事が開始される2019年2月3日から閉鎖されており、全列車が通過しています。

20191227004この間、6月30日からKarlsplatz-Längenfeldgasse間で列車を運休しての大規模工事が行われましたが、Pilgramgasse駅の工事は継続中です。

先日、Feriは所要の帰りに工事中のPilgramgasse駅に立ち寄りましたが、巨大な垂直クレーンは、既に撤去されており、U4の駅部分に関しては、工事は終盤を迎えていることがわかりました。もちろん、関係者ではないので、構内に入ることはできませんので、構内の写真はWiener Linien提供の公式写真でご紹介します。

12月現在、まだ工事の関係で、Pilgramgasse駅を挟む区間は単線運転(全列車がHütteldorf方面の線路を使用)を行っています。そのため、ダイヤが乱れることが多く、単線区間通過のための時間調整を行っているケースがあります。

20191227002工事の関係でウィーン川には人工地盤が作られていますが、これはU2の駅建設が完了するまで、撤去されることはないようです。

工事前、Pilgramgasse駅にはKarlsplatz側にオットー・ワグナーがデザインした駅舎が、反対側には近代的な駅舎がありました。

今回の営業再開にあたっては、オットー・ワグナーがデザインした駅舎側だけが使用されます。これは、反対側に関してはU2の駅と統合するため、工事に時間を要するためです。

ただ、今までリフトは近代的な駅舎側に設置されており、オットー・ワグナーがデザインした駅舎側はバリアフリーにはなっていませんでした。

20191227001そこで、暫定開業に際して、Hütteldorf方面のプラットホームとRamperstorffergasseを結ぶ屋根付のスロープ(勾配100‰)が仮設されることになりました。

ただ、Heiligenstadt方面のプラットホームは、従来どおり、階段だけのアクセスになるようです。

Wiener Linienでは、階段の利用が困難な乗客がPilgramgasse駅からHeiligenstadt方面へ行く場合、バリアフリー対応の路線バスなどを使ってKarlsplatzからU4を利用することを推奨しています。

Continue reading "Pilgramgasse駅は2020年1月末に再開予定です"

| | Comments (0)

December 12, 2019

Badner Bahnの中期計画

201912110001今日は「Badener Bahnの話題」をお届けしましょう。

11月25日から12月1日まで、工事のためTraiskirchen Lokalbahn-Tribuswinkel Josefsthal間(約2.5キロ)で、列車を全面的に運休して、線路の大規模補修工事を行っていたBadener Bahnですが、このほど、今後、15年間の中期計画が発表になりました。

ご存じのようにウィーンおよび周辺の公共交通機関の多くは、VOR(Verkehrsverbund Ost-Region)という組織に属しており、運営会社が違っても同一ゾーンであれば、同一運賃で利用できるようになっています。

201912110004VORはパートナーである各運営会社と連携しながら、輸送改善に努めています。先日、VORはBadener Bahnと2020年12月以降、15年間のパートナー契約を更新しましたが、合わせて輸送改善に関する中期計画が発表されました。

注目される施策は、このブログでもご紹介した車両の更新です。ご利用になった方はご存じかと思いますが、現在、Badener BahnにはWiener LinienのU6で使用されている車両と同タイプのType 400(Bombardier製)と、床が高い路面電車タイプのType 100という2種類の電車が使用されています。

Type 100(26編成)については、更新改造が行われていますが、床が高いためバリアフリーの観点から問題が多いこともあり、このブログでもお伝えしたように新型電車Type 500への更新が計画されています。

201912110003現在の計画では、落成するのは2023年12月で、実際に運用を開始するのは2024年の予定です。発注されているのは18編成ですが、更にオプション契約で16編成増備の可能性があります。

オプション契約が遂行された場合、Type 400も置き換えられることになるようです。当たり前ですが、同一車種に統一されると、保守も含めて運用効率が大幅に向上します。

一方、ダイヤ面では、輸送需要の増大に合わせて、運転間隔の短縮化が図られます。同線は、最近では通勤路線としての性格が強くなり、混雑が激しくなっているためです。

Wien Oper – Wiener Neudorf – Baden Josefsplatz間の運転間隔が、毎日、5時00分から24時30分まで15分間隔となります。さらにWien Oper-Wiener Neudorf間に関しては、混雑する時間帯の6時30分~9時00分、15時30分~18時30分までについては、7分30秒間隔で運転されます。

Continue reading "Badner Bahnの中期計画"

| | Comments (0)

December 08, 2019

冬眠中のオーストリア航空日本線は3月12日から再開

20191207001今日は「オーストリア航空日本線の話題」をお届けしましょう。現在、冬眠(冬期運休)中のオーストリア航空日本線(OS51便、OS52便)ですが、先日、2020年の夏期スケジュールが発表されました。

同社の発表によると日本線は需要が高いため、予定より2週間早く運行再開に踏み切ったとのこと。

ウィーン発51便は3月12日(木曜日)、成田発52便は3月14日(土曜日)から運行されます。なお、冬ダイヤ中は機材がB767-300WLで、運航は週4便です。

-OS51便 ウィーン17時45分発、成田(翌日)13時15分着(火曜日、木曜日、土曜日、日曜日運行)、フライトタイム11時間30分

-OS52便 成田14時15分発、ウィーン18時35分着(土曜日)、フライトタイム12時間20分
-OS52便 成田14時50分発、ウィーン19時10分着(月曜日、水曜日、金曜日、日曜日)、フライトタイム12時間20分

20191207004その後、夏ダイヤ(ウィーン発3月29日)からは機材が本来のB777-200ERになり、週6便の運行となります。

-OS51便 ウィーン17時50分発、成田13時15分着(月曜日、火曜日、木曜日、金曜日、土曜日、日曜日)、フライトタイム11時間05分

-OS52分 成田13時35分発、ウィーン18時35分着(月曜日、水曜日、木曜日、金曜日、土曜日、日曜日)、フライトタイム12時間00分

20191207005この他、長距離路線では、3月29日(日曜日)から、初のボストン線が開設されます。就航時は週4便ですが、4月中旬から週6便に増便される予定です。

同社の長距離線用機材はB777-200ER(5機)とB767-300WL(5機)の2機種、10機。機材繰りが大変だと思います。

なお、2020年夏ダイヤではヨーロッパ内では、ルフトハンザ傘下のユーロウイングスからの移管も含めて、路線の再編成が行われることになっています。

Continue reading "冬眠中のオーストリア航空日本線は3月12日から再開"

| | Comments (0)

November 27, 2019

ホイリゲも全面禁煙に‥

20191125001今日は「喫煙にまつわる話題」をお届けしましょう。

今まで、たばこ産業が比較的盛んだったオーストリア(このブログをご覧の方はご存じのようにAustria Tobaccoの親会社は日本のJTです)は、正直なところ禁煙には消極的でした。比較的狭い店舗の場合、禁煙・喫煙の選択方式も可能でした。また、レストランやホイリゲでも喫煙席、禁煙席の両方を設けるのが一般的でした。

しかし、最近では喫煙に対する風当たりが強くなり、規制も強化されるようになりました。そして、ついにホイリゲも全面禁煙になりました。

20191125002今はたばこを吸わないFeriとしては、大歓迎ですが、地元民ご用達のホイリゲは「第二の居間」ですから、そこでたばこが吸えないのはワインを愛する愛煙家としては、厳しいものがあると思います。

ちなみにホイリゲの多くはビュフェを境に喫煙席と禁煙席を分けているケースが多かったですね。Feriが贔屓にしているホイリゲでは、かつての喫煙席から灰皿が消え、禁煙マークが掲出されるようになりました。

もちろん禁煙マークは、入り口の扉にも掲出されています。

20191125003ただ、全面禁煙にすると、客席の稼働率(効率)が上がります。最近では、日本でも、喫煙席の設置が常識だったビアレストランが全面禁煙になっているケースも増えています。

ちなみに最初はお客さまが減少するそうですが、その後は、逆に増えるという話を耳にしたことがあります。

では、ウィーンのホイリゲの場合、愛煙家は完全に排除してしまったのでしょうか。実は店外(夏はシャニガルテンの一部)に喫煙スペースを設けて、対応しています。

右の写真が「店外の喫煙スペース」です。

Continue reading "ホイリゲも全面禁煙に‥"

| | Comments (0)

November 19, 2019

臨時更新 豪雨で被害が出ています

20191119002今年、日本では大規模な自然災害に見舞われましたが、オーストリアでもOsttirol とKärntenを中心に豪雨と降雪による被害が発生しています。

山間部では、すでに雪が積もっているところもあり、水害に加えて、雪崩による被害も発生しています。また、Kärntenでは土砂崩れで家屋が倒壊し、お亡くなりになった方も出ているほか、学校が休校になっているという情報もあります。

20191119001何しろ新聞の見出しが「Ausnahmezustand in Österreich」(オーストリアの緊急事態)となっていることからも、かなり大規模な自然災害であることがうかがわれます。

土砂崩れや雪崩によって道路が寸断されており、孤立した地域も出ています。大規模な災害であるため、消防や警察に加えて、連邦軍も災害派遣で出動しています。

雨は峠を越したという見方も出ていますが、地盤が緩んでいるため、土砂崩れや雪崩の危険性は残っており、厳重な警戒が必要です。ちなみに地図で紫、赤、黄が降水量の多かった箇所です。

Continue reading "臨時更新 豪雨で被害が出ています"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧