December 12, 2019

Badner Bahnの中期計画

201912110001今日は「Badener Bahnの話題」をお届けしましょう。

11月25日から12月1日まで、工事のためTraiskirchen Lokalbahn-Tribuswinkel Josefsthal間(約2.5キロ)で、列車を全面的に運休して、線路の大規模補修工事を行っていたBadener Bahnですが、このほど、今後、15年間の中期計画が発表になりました。

ご存じのようにウィーンおよび周辺の公共交通機関の多くは、VOR(Verkehrsverbund Ost-Region)という組織に属しており、運営会社が違っても同一ゾーンであれば、同一運賃で利用できるようになっています。

201912110004VORはパートナーである各運営会社と連携しながら、輸送改善に努めています。先日、VORはBadener Bahnと2020年12月以降、15年間のパートナー契約を更新しましたが、合わせて輸送改善に関する中期計画が発表されました。

注目される施策は、このブログでもご紹介した車両の更新です。ご利用になった方はご存じかと思いますが、現在、Badener BahnにはWiener LinienのU6で使用されている車両と同タイプのType 400(Bombardier製)と、床が高い路面電車タイプのType 100という2種類の電車が使用されています。

Type 100(26編成)については、更新改造が行われていますが、床が高いためバリアフリーの観点から問題が多いこともあり、このブログでもお伝えしたように新型電車Type 500への更新が計画されています。

201912110003現在の計画では、落成するのは2023年12月で、実際に運用を開始するのは2024年の予定です。発注されているのは18編成ですが、更にオプション契約で16編成増備の可能性があります。

オプション契約が遂行された場合、Type 400も置き換えられることになるようです。当たり前ですが、同一車種に統一されると、保守も含めて運用効率が大幅に向上します。

一方、ダイヤ面では、輸送需要の増大に合わせて、運転間隔の短縮化が図られます。同線は、最近では通勤路線としての性格が強くなり、混雑が激しくなっているためです。

Wien Oper – Wiener Neudorf – Baden Josefsplatz間の運転間隔が、毎日、5時00分から24時30分まで15分間隔となります。さらにWien Oper-Wiener Neudorf間に関しては、混雑する時間帯の6時30分~9時00分、15時30分~18時30分までについては、7分30秒間隔で運転されます。

Continue reading "Badner Bahnの中期計画"

| | Comments (0)

December 08, 2019

冬眠中のオーストリア航空日本線は3月12日から再開

20191207001今日は「オーストリア航空日本線の話題」をお届けしましょう。現在、冬眠(冬期運休)中のオーストリア航空日本線(OS51便、OS52便)ですが、先日、2020年の夏期スケジュールが発表されました。

同社の発表によると日本線は需要が高いため、予定より2週間早く運行再開に踏み切ったとのこと。

ウィーン発51便は3月12日(木曜日)、成田発52便は3月14日(土曜日)から運行されます。なお、冬ダイヤ中は機材がB767-300WLで、運航は週4便です。

-OS51便 ウィーン17時45分発、成田(翌日)13時15分着(火曜日、木曜日、土曜日、日曜日運行)、フライトタイム11時間30分

-OS52便 成田14時15分発、ウィーン18時35分着(土曜日)、フライトタイム12時間20分
-OS52便 成田14時50分発、ウィーン19時10分着(月曜日、水曜日、金曜日、日曜日)、フライトタイム12時間20分

20191207004その後、夏ダイヤ(ウィーン発3月29日)からは機材が本来のB777-200ERになり、週6便の運行となります。

-OS51便 ウィーン17時50分発、成田13時15分着(月曜日、火曜日、木曜日、金曜日、土曜日、日曜日)、フライトタイム11時間05分

-OS52分 成田13時35分発、ウィーン18時35分着(月曜日、水曜日、木曜日、金曜日、土曜日、日曜日)、フライトタイム12時間00分

20191207005この他、長距離路線では、3月29日(日曜日)から、初のボストン線が開設されます。就航時は週4便ですが、4月中旬から週6便に増便される予定です。

同社の長距離線用機材はB777-200ER(5機)とB767-300WL(5機)の2機種、10機。機材繰りが大変だと思います。

なお、2020年夏ダイヤではヨーロッパ内では、ルフトハンザ傘下のユーロウイングスからの移管も含めて、路線の再編成が行われることになっています。

Continue reading "冬眠中のオーストリア航空日本線は3月12日から再開"

| | Comments (0)

November 27, 2019

ホイリゲも全面禁煙に‥

20191125001今日は「喫煙にまつわる話題」をお届けしましょう。

今まで、たばこ産業が比較的盛んだったオーストリア(このブログをご覧の方はご存じのようにAustria Tobaccoの親会社は日本のJTです)は、正直なところ禁煙には消極的でした。比較的狭い店舗の場合、禁煙・喫煙の選択方式も可能でした。また、レストランやホイリゲでも喫煙席、禁煙席の両方を設けるのが一般的でした。

しかし、最近では喫煙に対する風当たりが強くなり、規制も強化されるようになりました。そして、ついにホイリゲも全面禁煙になりました。

20191125002今はたばこを吸わないFeriとしては、大歓迎ですが、地元民ご用達のホイリゲは「第二の居間」ですから、そこでたばこが吸えないのはワインを愛する愛煙家としては、厳しいものがあると思います。

ちなみにホイリゲの多くはビュフェを境に喫煙席と禁煙席を分けているケースが多かったですね。Feriが贔屓にしているホイリゲでは、かつての喫煙席から灰皿が消え、禁煙マークが掲出されるようになりました。

もちろん禁煙マークは、入り口の扉にも掲出されています。

20191125003ただ、全面禁煙にすると、客席の稼働率(効率)が上がります。最近では、日本でも、喫煙席の設置が常識だったビアレストランが全面禁煙になっているケースも増えています。

ちなみに最初はお客さまが減少するそうですが、その後は、逆に増えるという話を耳にしたことがあります。

では、ウィーンのホイリゲの場合、愛煙家は完全に排除してしまったのでしょうか。実は店外(夏はシャニガルテンの一部)に喫煙スペースを設けて、対応しています。

右の写真が「店外の喫煙スペース」です。

Continue reading "ホイリゲも全面禁煙に‥"

| | Comments (0)

November 19, 2019

臨時更新 豪雨で被害が出ています

20191119002今年、日本では大規模な自然災害に見舞われましたが、オーストリアでもOsttirol とKärntenを中心に豪雨と降雪による被害が発生しています。

山間部では、すでに雪が積もっているところもあり、水害に加えて、雪崩による被害も発生しています。また、Kärntenでは土砂崩れで家屋が倒壊し、お亡くなりになった方も出ているほか、学校が休校になっているという情報もあります。

20191119001何しろ新聞の見出しが「Ausnahmezustand in Österreich」(オーストリアの緊急事態)となっていることからも、かなり大規模な自然災害であることがうかがわれます。

土砂崩れや雪崩によって道路が寸断されており、孤立した地域も出ています。大規模な災害であるため、消防や警察に加えて、連邦軍も災害派遣で出動しています。

雨は峠を越したという見方も出ていますが、地盤が緩んでいるため、土砂崩れや雪崩の危険性は残っており、厳重な警戒が必要です。ちなみに地図で紫、赤、黄が降水量の多かった箇所です。

Continue reading "臨時更新 豪雨で被害が出ています"

| | Comments (0)

November 09, 2019

日本オーストリア修好150周年記念切手

20191108006最初にRathausplatzに搬入されたWeihnachtsbaum設置の模様を紹介する画像が入ってきました。

大型クレーンを使って11月5日に設置された後、専門家によりツリーの形を整える剪定作業が行われています。剪定作業終了後、電気技術者により照明用LEDの設置が行われます。これでクリスマスマーケットの準備も急ピッチで進むことでしょう。

さて、今日は「記念切手の話題」をお届けしましょう。

日本は、郵政省の頃から様々な行事にあわせて記念切手を発行していたのは、皆さま、ご存じのとおりです。そして、10月16日、日本郵便株式会社から、「日本オーストリア友好150周年記念切手セット」が日本全国で発売されました。

20191108001友人が現物を購入してくれましたが、Feriの手元には、まだ現物がありません。そこで、写真と情報を送ってくれました。

ちなみに友人の話によると、発行後、半月ほど経過しても地元の特定郵便局では販売していたという話です(日本郵政の発表では、発行枚数は70万シートだそうです)。

今回、発酵されたのは封書用の84円切手10枚の特殊シートです。切手には図柄の説明は入っていませんが、オーストリアがお好きな皆さまならば、すぐにわかるものばかり。

20191108002まず、上段の左側は新王宮(ホーフブルク)。ヘルデンプラッツ側から見たおなじみの構図です。手前はオイゲン公の騎馬像ですね。

右側は旧市街のシンボル、シュテファンドーム。グラーベン側から見上げた定番の構図です(笑)。

2段目の左側はシェーンブルン宮殿。中庭側からの構図になっています。庭は季節に合わせて草花が植栽されるので、草花がきれいな時期、恐らく初夏のイメージでしょうか。

右側は、市庁舎前のクリスマス市。Feriが一番好きな完全に暗くなる前、「黄昏時」の絵柄になっています。ただ、最近のものというより、ちょっと前の風景のように見えます。

20191108003いずれも日本人観光客の皆さまにも「定番の観光スポット」なので、親しみを感じる方も多いと思います。

3段目の左側は、オーストリアを代表する著名人モーツァルトの肖像画。左側は日本でもファンが多いクリムトの代表作「接吻」です。この段は芸術路線ですね。

4段目の左側は、ザッハトルテとメランジェ。カフェ文化の代表として選ばれたのでしょうか。正直、Feriはザッハトルテが切手になるとは想像していませんでした。

20191108004右側はウィーンから離れたオーストリア・アルプスの谷のようです。さすがのFeriも、場所は特定できませんでしたが、ちょっと特徴がないのが残念。

もし、Feriだったが、オーストリアの自然を紹介するのであれば、ザルツカンマーグートの真珠ハルシュタットか、グロースグロックナーへ通じる道にある美しい街ハイリゲンブルート(Heiligenblut am Großglockner)あたりを選ぶと思います(あくまでも個人的な見解ですが‥)。

そして、下段の左側は、ザルツブルクの旧市街が背景ですが、オーケストラが描かれています。日本郵政の説明ではウィーンフィルハーモニー管弦楽団だそうです。

Feriは、最初、プラッツコンツェルトかと思ってしまいましたが、言われてみれば、皆さん、スーツ姿でした。ということは、ザルツブルク音楽祭をイメージしているのかもしれません。

Continue reading "日本オーストリア修好150周年記念切手"

| | Comments (1)

November 03, 2019

Wiener Linienの車庫を宅配便配送の拠点に

201911020001日本は11月3日は「文化の日」。2日から3連休という方もいらっしゃると思います。また、災害ボランティアとして被災地に赴いている方も多いようですが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。


さて、今日は「Wiener Linienの新しい取り組み」についてご紹介しましょう。


今や宅配便王国となった日本。そのスピードたるや驚愕に値します。何しろ通信販売の場合、翌日には到着するというのが当たり前になっていますから‥ それだけ強力なネットワークが構築されているということの証かもしれません。


201911020002日本に戻ると宅配便のトラックや配送用車両を多数、見かけますが、やはり気になるのは環境への影響です。大手の宅配便業者さんは、ハイブリッドトラックの導入、荷物自転車や荷車による配送といった環境対策にも力を入れているという話も耳にします。


さて、日本ほどではありませんが、ウィーンでも最近は宅配便が増えてきています。そこで、Wiener Linienでは、RemiHubなどと協力して新しい都市物流プロジェクトのテストを始めました。


このプロジェクトですが、日中は車両が出払っているバス車庫を小荷物配送のハブに利用し、ここを拠点に個別配送を行おうというものです。


日本の場合、宅配便業者さんの営業初が地域配送のハブになっていますが、今回はWiener Linienのバス車庫を拠点として利用しようというもものです。

Continue reading "Wiener Linienの車庫を宅配便配送の拠点に"

| | Comments (0)

November 02, 2019

Badner-Bahnで工事運休が行われます

2019110100210月で最もアクセスの多かった日は10月21日でした。記事で沢山の方にご覧頂いたのは「老舗のおもちゃ屋さんが廃業」が当月の記事では、最も多かったようです。ただ、いつものように過去の記事についても、ご覧頂いている方が多いようです。

11月と言えば、「ホイリゲ解禁の月」ですね。今年のワインは、どのような仕上がりでしょうか。今日はホイリゲが点在するBadenとウィーンを結ぶ「Badner-Bahnの話題」をお届けしましょう。

ウィーン市内中心部のOperと郊外のBaden(Baden Josefsplatz)を結ぶBadner-Bahn(Wiener Lokalbahnen)ですが、11月25日から12月1日まで、工事のため運休することが発表されました。

20191101001運休となるのは郊外区間のTraiskirchen Lokalbahn-Tribuswinkel Josefsthal間(約2.5キロ)で、列車を全面的に運休して、線路の大規模補修工事を行います。

この期間中、鉄道が運転されるのは図のようにOper-Traiskirchen Lokalbahn間となり、鉄道運休区間については代行バスが運転されることになっています。

Traiskirchen-Baden Josefsplatz間の代行バスは、鉄道路線と平行に15分間隔で運行されます。代行バスなので、Badner-Bahnの各駅に停車します。ただし、Melkergründe駅は例外で、駅から徒歩3分ほど離れた停留所に停車します。

皆さまもご存じのように同社は、バス路線も多数運行していますから、代行バスも自社手配で対応できると思います。

20191101003線路閉鎖期間を短くするため、10月下旬から列車を運行しながら準備工事が行われています。そして、12月2日から全線で通常どおりの運行が再開される予定になっています。

なお、工事については、列車を運行新柄引き続き行われますが、クリスマス前には完了する予定です。

Continue reading "Badner-Bahnで工事運休が行われます"

| | Comments (0)

November 01, 2019

クリスマスツリーの切り出しが行われました

20191031001早いもので、今年も11月に入りましたね。今月はVolksoperでオペレッタのPremiereが行われますので、できれば、その様子を紹介したいと思います。ただ、このところ個人的にバタバタしているので、ゆっくり鑑賞に行くことができるかどうか‥

さて、11月最初の話題は「クリスマス市になくてはならないツリーの話題」をお届けしましょう。

毎年、Rathausplatzで開催されるヨーロッパ最大の「クリスマス市」のシンボルWeihnachtsbaumの切り出しが行われたというニュースが入ってきました。

毎年、各州から寄贈されるWeihnachtsbaum。昨年は、形が良くないという評判が立ってしまって、急きょ、剪定が行われましたね。

20191031004今年はSalzburg州のEmbachの森(Pinzgauer Gemeinde Lend)で、樹齢130年のトウヒが伐採されました。山奥から搬出するため、道路のフェンスが一時的に取り外されたようです。

伐採中、トウヒが痛まないように、大型クレーンを2基使って、上下を支えて、トラックに積み込みました。また、ウィーン市内は路面電車の架線などがある関係で、高さ制限があります。

20191031002そこで、高さ制限を超えないようにパッケージングされて、搬出されました。

また、万が一、Rathausplatz到着時、枝が損傷していた場合に備えて、バックアップ用の枝も準備されているそうです。昨年の経験を踏まえて、準備万端‥と言ったところですね。

現在、伐採場所から大型トレーラーでウィーンに向かっており、11月5日の朝、ウィーンに到着する予定です。

Rathausplatz到着後、大型クレーン2基を使って設置工事が行われ、ウィーンの庭師によって2000個のLEDライトが取り付けられることになっています。ツリーの設置が終わると、クリスマス市の準備も急ピッチで進めれます。

そして、11月16日(土曜日)に、ウィーン市長Michael Ludwigさん、Salzburg州知事Wilfried Haslauerさんが参加して点灯式が盛大に行われます。なお、クリスマス市は11月15日から始まります。

Continue reading "クリスマスツリーの切り出しが行われました"

| | Comments (0)

October 30, 2019

番外編 災害情報に思う

20191029013

今日は番外編として、災害情報の提供について、思うところをまとめてみました。

日本では9月から10月にかけて、台風15号、19号の襲来に加えて、台風20号、21号関連の大雨により各地で被害が発生していると思います。まず、被害に遭われた皆さまには、お見舞いを申し上げます。

Feriの実家も、台風15号の停電に加えて、先週末、大雨に見舞われました。マスコミの断片的な情報を見ると、市内全域が水没しているような錯覚に陥りました。

心配になって同じ市内に住む兄夫婦に連絡をしたところ、“ウチや実家は全く水害の影響を受けていないけれど、世間は大騒ぎしているね”とあっけらかんとしていました。

マスコミの場合、テレビ、新聞を問わず「絵になる映像や写真」をセンセーショナルに流すため、事情を知らない人が見たら、「市内全域が水没し、壊滅状態」と錯覚するのは当たり前ですね(だから、口の悪い人は、役に立たない情報を流すため「マスゴミ」と嘲笑しているようです)。

20191029012ふと、思い出したのが15年前の中越地震です。この地震は内陸部直下型地震だったため、震源に近いところは、甚大な被害を受けましたが、少し離れた場所は、ほとんど被害がありませんでした。

しかし、道路が寸断背あれ外界と孤立した山古志村に関しては、村長の英断で、村民全員避難が決定され、自衛隊の大型ヘリコプターで長岡市内の避難所へ移動しました。

この様子を見ると、長岡市全域が壊滅状態になっているような錯覚を覚えました。Feriは、友人家族を支援するため、震災1週間後、新潟経由で長岡に入りましたが、新潟市内は全くと言っていいほど、被害は見られませんでした。

それどころか、長岡市内でも、市内中心部は建物の大希望倒壊などはなく、正直、狐につままれたような気持ちになりました。

20191029014そこで、Feriも市内の被害状況が気になったので、市のホームページを閲覧してみました。どうも、大雨当日の避難に関する情報(避難所を含む)は掲載されていたようです。

しかし、マスコミによると大雨が降った後、2日たっても水が引かない地域があるという報道にもかかわらず、「現在、市内のどの場所が浸水しているのか。道路の、どの区間が通行止めになっているのか」という最も知りたい情報が地図などで提供されていないことがわかりました。

昨今話題のハザードマップは公開されているので、どうやら、このエリアが被害を受けたと思われますが、その実態は不明‥

Continue reading "番外編 災害情報に思う"

| | Comments (0)

October 18, 2019

Tag der Wiederbelebung

201910170112019年も自然災害が多発した日本ですが、9月9日が「救急の日」ということで、各地で様々な行事が行われたと思います。

Feriは、専門家ではないので、詳しくないのですが、10月16日は「Tag der Wiederbelebung」(国際蘇生デー)という日だったようで、ウィーンでも関連した行事が行われています。

最近は、日本でも街中でAEDを設置しているところを数多く見かけるようになりました。AEDは、「異常な拍動を繰り返し、ポンプとしての役割を果たしていない状態の心臓を、電気ショックによって一時静止させることで正常な拍動の再開を促す装置。

20191017013AED使用で、一時静止させられた心臓は、本来は自動的に拍動を再開するそうですが、酸欠などの状態にあると拍動が再開しにくいため、AED使用後、速やかに胸骨圧迫(一般に心臓マッサージといわれるもの)を行う必要があるそうです。

AED使用の有無にかかわらず、心停止に至った場合、なるべく早く心肺蘇生を試みることが、命の維持につながることは間違いありません。

一般の人たちに対して、このような活動を啓蒙するために「Tag der Wiederbelebung」が制定されました。

生活習慣の違いによるためなのか、日本よりもヨーロッパの方が、心臓疾患が多いようで、実際に街中で突然、倒れて死亡する方も多いという話を耳にしたことがあります。

Continue reading "Tag der Wiederbelebung"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧