September 11, 2020

“Animal Hoarding” 動物への情熱が苦しみをつくり出す悲劇

2020090901今日は「ペットにまつわる悲しいお話」です。

先週末、ウィーンでショッキングなニュースがありました。「アパートから62匹の猫が当局により救出された」というものです。

Brigittenau(20区)のアパートから救出された猫は、事実上、放置されており、病気を患っていたり、妊娠していたものも含まれていたそうです。

救出された猫はTierQuarTier Wienに収容されて、ケアを受けています。今回ご紹介した写真は、TierQuarTier Wienでケアを受けている猫たち。

なお、報道によると飼い主の女性には7500Euroの罰金に加えて、猫を治療するための医療費を支払う必要があるそうです。

飼い主の女性、動物の飼育が禁止されていたようですが、虐待目的で猫を飼っていた訳ではありません。

Feriは今回の事件まで知らなかったのですが、生きた動物を大量に集めることを「Animal Hoarding」と言うそうで、精神的に病んでいる人の行動だそうです。

そのため、“飼い主に対して適切な治療を行わないと、同じような行動を繰り返してしまう”とTierschutzombudsstelle Wien(TOW)専門家は警告しています。

2020090902飼い主は、"どんな動物も拒絶せず、皆を助けるという「救世主」のような使命感で動物を集めてしまうが、結果として十分な世話がができず動物たちを苦しめてしまうことに気づかない”のだそうです。

このような事件は、今回は初めてではなく、ウィーンでも発生しているそうです。ちなみに2019年は5件、発生しています。2020年では、今回の件が初めてでした。

集める動物は犬や猫に限らず、モルモットなどの小動物も対象になっており、ゴミや排泄物が堆積して、何匹いるのかがわからないケースもあるそうです。

なお、獣医師の調査によるとオーストリアの「Animal Hoarding患者」は、平均41匹の動物を飼っているそうです。また、大半は40歳以上の女性という調査結果も出ています。さらに2/3は一人暮らしだそうです。

Continue reading "“Animal Hoarding” 動物への情熱が苦しみをつくり出す悲劇"

| | Comments (2)

August 25, 2020

愛犬のユニットコストは?

2020082405 今日は「ペットを飼うコストの話題」をお届けしましょう。

日本に住むFeriの友人で、奥さまが「大の愛犬家」というご家族がいます。現在、ミニチュアダックスフントを2頭(以前は3頭)飼っているのですが、とにかく費用がかかると「笑顔」でこぼしています。

室内犬で暑さに弱いため、真夏はエアコンを全開、冬はホットカーペットの上で優雅に生活しているそうです。

奥さまは、愛犬(お犬様)の養育費をカバーするため、パートタイムで働いているとか‥

2020082402何しろ人間と異なり、国民健康保険などがありませんから、費用はすべて飼い主が自己負担するので、確かに大変かもしれません。ましてや愛犬は「稼ぎ」がありませんから‥

さて、オーストリア人にとって、最も人気があるペットですが、実は猫がトップ。次が犬で、オーストリア全土で827000頭の犬が飼われていると推定されています。

2020082403統計によるとウィーンだけでも犬は55000頭が飼われています。

しかし、残念なことに、毎年、何千ものペットが捨てられ、動物保護施設に収容されています。特に休暇前にペットを遺棄する人が多いと言われています。

こちらでは犬などを飼う場合、「ペットショップで買う」のではなく、ブリーダーさんからわけてもらうシステムでした。そのため、ブリーダーさんが、犬を譲渡する前に、飼い主の資質(飼い続けることができるかどうか)を見極めていました。

2020082410そのため、途中で、愛犬が遺棄されるケースは少なかったと言われています。

ところが、最近は東欧方面で、子犬を安易に販売するケースが多く、問題が多発しているようです。

その一つが、飼い主の費用負担の件です。つまり、飼ったのはいいが、予想以上に費用がかかり、音を上げた‥というケースです。

2020082401さて、先日、オーストリアで愛犬を飼うのに、どのくらいのコストがかかるか‥という話題が出ていました。

結論から言うと、オーストリアの場合、取得費用以外に年間コストは1頭、約785~2330Euroだそうです。

まず、飼い始める際に必要な費用が最低限でも720Euro。以下が、その内訳です。
-初年度の獣医受診(毎年1回):65Euro
-予防接種:150Euro
-犬を飼うための道具・設備(ボウル、ボックス、首輪など):200Euro

そして、毎年、最低でも785Euroがユニットコストとしてかかります。その内訳は、
-年1回の獣医受診:65Euro
-餌代:720Euro(当然、犬種によって異なることでしょう)
などです。

2020082408この二つは最低限で、実際の愛犬家は追加で色々なサービスを利用しています。

代表的なサービスの費用は、以下のとおりです。
-ドッグシッター(週に2時間、1時間あたり14Euro):1456Euro
-グルーミング(年に2回、1 回あたり45Euro):90Euro
-愛犬のトレーニング(5ユニット、1時間あたり40Euro):200Euro

という訳で、毎年、最低限の費用に追加サービスを加えると、2330Euroほどになります。

Continue reading "愛犬のユニットコストは?"

| | Comments (2)

July 30, 2020

愛犬も水浴が楽しみ

20200730気温が上昇した28日、ウィーンは大気の状態が不安定になり、夜間は一転して雷雨となりました。雷の発生は5700回が記録されたそうです。

さて、一昨日、「公設アスレチックパークの話題」をお届けしましたが、今日は「愛犬とウィーンの夏を楽しむ」という話題です。

2020072806酷暑の日本では、室内犬の場合、日中、エアコンをつけて暑さ対策をしている愛犬家もいらっしゃるようです。さらに散歩のタイミングも難しいですね。

何しろアスファルトやコンクリートの歩道に関しては、日中、極度の熱せられるので、散歩の時間帯に気をつけないと素足の愛犬は火傷をしてしまうこともあるとか‥これはウィーンも同じですが‥という訳で、猛暑襲来で、専門家も愛犬家に注意を促しています。

2020072803最近は飼い主に対する各種規制を強めているウィーンですが、元々は「愛犬家には優しい街」です。規制を強めているのは、犬を不幸にしないためと考えた方が良いでしょう。

何しろ犬は飼い主を選ぶことはできませんから‥

Feriが、最初の頃、ウィーンで驚いたのは「愛犬用給水ボウル」をおいてあるレストラン、カフェ、ホイリゲが沢山あることでした。

暑い時期になると、散歩の途中で立ち寄った飼い主さんが、従業員さんのお願いして水を張ったボウルを持ってきてもらい、美味しそうに愛犬が水を飲んでいる姿を見かけます。

2020072805また、入店が禁止されているスーパーマーケットや食料品店の店頭にも、犬用給水ボウルが設置されています。ちょっと日本では、見ないシーンですね。

この他、このブログでも何回かお伝えしていますが、市内にある旧市スポットの3/4には愛犬の飲用ボウルが設置されており、飼い主と愛犬の双方が「アルプスの水」でリフレッシュできます。

先日、人が楽しむウィーンの水浴場をご紹介しましたが、ウィーンには「愛犬用水浴場」も存在します。

2020072802人気が高いのはDonauinsel(ドナウ島)にある2つの施設。です。「Hundestrand Nord」。路面電車31系統のFloridsdorferBrücker停留所の近くにあります。

もちろん駐車場も完備。14000平方メートルの面積を誇り、愛犬に水遊びを楽しませることができます。

もう一つは「HundestrandSüd」。Stadlauer OstbahnbrückeとPraterbrückeの間、Neuen Donauの左岸にあります。

Continue reading "愛犬も水浴が楽しみ"

| | Comments (0)

July 07, 2020

愛犬と住民の良い関係を目指して

2020070601基本的に梅雨がないオーストリアは、日本よりも一足先に夏が来たような感じです。ウィーンも晴れると30度近くまで気温が上がります。

今日は「七夕」ですが、ウィーンでは7日の夕方以降、雲が広がりそうで、星空が見えるかどうか、微妙なところです。

さて、今日は「愛犬の話題」をお届けしましょう。

このブログでも、良く取り上げているオーストリアの愛犬(飼い犬)。

Feriが、ウィーンに行くようになって驚いたのは、地下鉄や路面電車などの公共交通機関に愛犬を連れて乗っている人が結構多いことと、愛犬同伴で利用できるレストランやホイリゲが多いことでした。

さすがにスーパーマーケットや食料品店に関しては、衛生上の問題もあるため、愛犬の入店はできませんが、日本と様相が違うことに、良い意味で衝撃を受けました。 2020070602このように愛犬を連れて行くことができる場所が多い最大の理由は、「躾がしっかりできている」こと。

愛犬のソーシャルスキルが高いことが、愛犬の自由度を高めたと言っても良いでしょう。権利と義務はセットになっているのは、洋の東西を問いません。

今までは、別に法令で各種規制を義務づけなくても、オーストリアの愛犬家は、愛犬のソーシャルスキルを高める訓練をしっかりしていた訳です。

それが大都市ウィーンで愛犬と住民が共存できる道であることを、皆が自覚していた訳です。Feri個人としては、このような暗黙のルールが機能しているのは素晴らしいことだと思います。

2020070607しかし、このところ残念なことですが、犬による事故(事件)も増えるようになってきました。

その背景をFeriは詳しく調べた訳ではありませんが、ウィーンなどの場合、価値観や考え方の違う人が海外から流入したことも影響しているのかもしれません。

その結果、このブログでもご紹介したように、「特定の大型犬」の飼い主に対するライセンス制導入、各種ルールの明文化が行われました。

さて、ウィーンでは7月1日から2週間にわたって警察とMA60(ウィーン市獣医・動物福祉局)などが連携し、飼い主に対する指導を実施中です。

2020070603これは、スタッフが飼い主に対して、飼育ライセンスを取得しているか、登録はしているか、口輪やリートの着用に代表される各種ルールを遵守しているか、予防接種をしているかなどをチェックするものです。

当局の発表によると、ウィーンでは現在、56000頭の犬が飼われており、大型犬のライセンス保持者は7877名となっています。

本当は、このような指導強化は、ウィーン市としても本意では無いと思いますが、事故が増えている状況を考えると、住民との共存を図る上で、やむを得ないのでしょう。

なお、ウイーンで、愛犬に課せられる主なルールは、以下のとおりです。

2020070604-通りや広場などの公共の場所、一般公開されている家、庭、レストランの一部では口輪を着用するかリートでつなぐことが義務づけられています。

-フェンスで囲われたドッグラン以外では、指定大型犬には口輪とリートが義務づけられています。なお、ドッグランでも指定大型犬は口輪の着用が義務づけられています。

-指定大型犬の飼い主は、散歩の際、アルコール制限が課せられます(1リットル中のアルコール濃度が0.5mg)。

-一般の公園では、すべての犬はリートでつなぐことが義務づけられています。

-飲食店やイベントなど多くの人が集まる公共の場では、すべての犬に口輪の着用が義務づけられています。

-「犬の糞」の処理は飼い主に義務づけられています。放置した場合は50Euroの罰金が科せられます。

Continue reading "愛犬と住民の良い関係を目指して"

| | Comments (0)

May 22, 2020

愛犬とのサイクリングにご注意

2020052101最初に5月20日、ウィーンで発生した火事のニュースから。ウィーン市の広報資料には、時々、火事のニュースが出ることがあります。

今回、火事が発生したのはドナウ島ライヒスブリュッケ近くにある「Sunken City」という川上レストラン。かなり火勢が強かったようで、煙が市内の大部分で確認できました。

消火のためウィーン消防本部は消防車15台、消防艇1隻を派遣。70名の消防士が消火活動にあたりました。

レストランは木造建築だったため、写真のように全焼しましたが、火災発生時、レストランは営業していなかったこともあり、幸い、人的被害は発生しませんでした。ただ、初夏作業に伴い、ライヒスブリュッケは通行止めになりました。

2020052102今日は、「愛犬とのサイクリングの話題」をお伝えしましょう。

先日、Tierschutzombudsstelle Wienが、愛犬とのサイクリングについての注意喚起を行いました。とりあえずロックダウンも解除され、季節が良くなると愛犬とお出かけを考える飼い主さんも増えてきます。

飼い主さんがサイクリングを行う際、愛犬を同伴させる‥一見すると、微笑ましい光景ですが、実はオーストリアでは「犬を自転車に乗せること」は法令で禁止されています。

これは道路交通法で禁止されているもので、公道やサイクリングロードで愛犬を自転車に乗せていると罰金(最高726Euro)が科せられます。

2020052104なぜ、愛犬を自転車に乗せてはいけないのか‥Tierschutzombudsstelle Wien の代表Eva Persy氏によると、“人間が楽しいことだと思っていることが、犬にとっては大きなストレスとなり、最悪の場合、犬自身だけでなく、他の道路利用者が生命の危険にさらされる状況に発展する恐れがある”と言っています。

実は、自転車に乗ると、犬の常識では考えられない高速で風景が移動することになり、乾大きなストレスを与えるそうです。

その結果、暴れたりするリスクが伴うとか‥犬種によって、ストレスの感じ方は異なるそうですが、動物愛護の観点から好ましくない訳です。

Continue reading "愛犬とのサイクリングにご注意"

| | Comments (0)

April 20, 2020

動物病院にて

20200419001今日は新型コロナウイルスの話題は一休みして、「動物病院の話題」をお届けしましょう。ウィーンは犬や猫をペットとして飼っている方が多いため、動物病院を数多く見かけます。

余談になりますが、日本に住むFeriの友人に愛犬家がいますが、皆さまもご存じのように動物には公的健康保険がありませんから、基本的に自由診療。そのため、診療を受けるとかなり費用がかかるようですね。

友人の奥さまはパートで働いていますが、友人、曰く“愛犬のために働いているようなものだよ”と冗談交じりに話していました。

20200419003最近では、人間の生活習慣病のような症状の愛犬、愛猫も多いとか‥ こちらでも愛犬家や愛猫家は治療費も含めて、色々とお金がかかることでしょう。

以前、Ottakringの駅近くを歩いているとき、Vierbeiner-Tierarztpraxisという動物病院を見つけました。

主に犬と猫に加えてウサギやモルモットなど「四つ足の動物」が診療の対象らしいですが、病院での診療(入院を含む)に加えて、往診も行っているようです。また、飼料などを販売するショップやペットの一時預かりなどのサービスも実施中。

Feriが気になったのは、入り口脇に張り出されたポスターです。犬や猫の写真と共に、説明がぎっしり。どうも行方不明になった愛犬や愛猫を探してもらうためのポスターのようです。

Continue reading "動物病院にて"

| | Comments (0)

December 11, 2019

SIEMENSの犬?

201912100002今日は「犬の話題」をお届けしましょう。

日本では2020年は「東京オリンピック・パラリンピック」が開催されるため、当局が各種テロ対策に力を入れているという話を耳にしました。

1964年当時は、「オリンピックでテロ行為」などは想像できませんでしたが、ミュンヘンオリンピックのテロ事件以降、様相が変わりましたね。

先日、日本の国土交通省鉄道局が「危険物探知犬」を使った実証実験を東京駅で行ったというニュースを耳にしました。空港などでは、麻薬探知犬をはじめとする犬が仕事をしていますが、鉄道の駅では初めてだそうです。

さて、前置きが長くなりましたが、先日、Handelskai駅でS-Bahnの列車を待っていると、対向ホームに写真のような大型犬を連れた男性が登場。

20191210002こちらでは、ルールに則っていれば大型犬を列車の乗車させることは問題ありませんので、これ自体は見慣れた光景です。Feriが気になったのは、飼い主と思われる男性が蛍光カラーをあしらったジャケットを身につけている点です。

こちらでは、各種作業をする際、危険防止などの観点から、職務中は、このようなジャケットを身につけるのが一般的です。ただ、仕事が終わった場合は、脱いでいるケースが多いと思います。

遠かったので、よくわからなかったのですが、後日、写真を拡大して見ると、このジャケットにはSIEMENSの文字が‥

ということは、この男性はSIEMENSの関係者ということになります。SIEMENSの関係者がS-Bahnの駅にいるのは、珍しいことではありませんが、犬を連れているというのは初めて目にしました。

さて、この犬が、この男性の職務と関係があるのか、否か‥残念ながら、これ以上はFeriの想像の域を出ません。

Continue reading "SIEMENSの犬?"

| | Comments (0)

November 19, 2019

変わったお店シリーズ162 犬の美容室「Hundefriseur WIEN16」

20191118001今日は「変わったお店シリーズ」をお届けしましょう。オーストリアはレストランやホイリゲにも愛犬を連れて行くことができる「ペット大国」です。もちろん、「愛犬のソーシャルスキルが高い」ことが前提な訳ですが‥

最近は、ソーシャルスキルの低い愛犬も見かけますが、本当の愛犬家は「家族の一員」として大切にしているだけでなく、街の人たちから受け入れられるように躾をしっかりしています。

ご主人がホイリゲで楽しんでいるとき、テーブル下のでおとなしくしている犬をみると、微笑ましさを感じます。

20191118004さて、余談が長くなりましたが、先日、Ottakringで「Hundefriseur WIEN16」というお店を見つけました。

店頭の看板には愛犬のイラストと「理髪店のシンボルマーク」が‥日本でも最近は増えているペットサロンです。日本でも「犬の美容室」という名称で営業しているお店も多いと聴いています。

ただ、看板に「理髪店のシンボルマーク」を描いているところが、面白いですね。思わずオペレッタ「ヴェネツィアの一夜」に登場するカラメッロを思い浮かべてしまいました。

20191118003Feriは、もちろん利用したことはありませんが、このお店の特徴は「Welpen Service」(子犬向けのサービス)が提供されていることです。

子犬のうちに、トリミングを経験することで、トリミングに対する警戒心をなくすことを目的にしているようです。そのため、子犬の場合、料金は無料。太っ腹ですが、将来の「お客さま」を獲得するための施策と考えれば、納得できます。

もちろん、成犬のサービスがメイン。1つは「Klein Service」と呼ばれるサービス。こちらは毛の手入れ(カットを含む)を中心としたものです。

Continue reading "変わったお店シリーズ162 犬の美容室「Hundefriseur WIEN16」"

| | Comments (0)

October 17, 2019

犬がお掃除中

20191017003今日は「清掃局の話題」をお届けしましょう。

日本で言うところのウィーン清掃局MA48(正式な名称は異なりますが‥)は、ゴミの収集はもちろんですが、街をきれいにするための啓蒙活動を色々と行っています。

各種ポスターなどは、その代表ですが、日本と異なり、ウィットに富んだ内容になっています。ある意味、住民の注目度を上げるための考え方なのかもしれません。

20191017001オーストリアでは、ペットを飼っている飼い主のマナーは、比較的良いですが、それでも、最近は困った飼い主も増えています。これがウィーンで実施されている大型犬のライセンス制につながっている訳です。

日本よりは少ないとは言え、愛犬の散歩中の糞は、大きな問題。

街中には糞を処理する(捨てる)ための黒いビニール袋が無料で設置されているほか、糞を放置すると罰金(今は50Euro)がかかるようになっています。

余談ですが、この警告看板は、よく見かけますが、破損しているものが多いのも気になります。

20191017002ある意味、硬軟取り混ぜた対策で、街角から「犬の糞」をなくすように努力している訳です。

その一つに清掃当局が実施している啓蒙活動があります。今回、ご覧にいれるようなゴミ箱や清掃車に啓蒙用ポスターを掲出しています。

このポスターの内容を考えるのも、なかなか大変だと思いますが、思えず見てしまうような内容になっていますね。

最初にご紹介したポスターは、犬が「ほうきとちりとり」を持って糞を片づけている図柄。芸が細かいのは、後ろで別の犬が、その様子を見ているところです。

Continue reading "犬がお掃除中"

| | Comments (0)

October 05, 2019

Welttierschutztag(世界動物の日)

20191004000110月に入ってウィーンも秋が深まってきました。街中でも、コートやダウンジャケットをお召しになっている人を見かけるようになりました。さて、今日は「ペットの話題」をお届けしましょう。10月4日は「世界動物の日」でした。

世界動物の日(Welttierschutztag、World Animal Day)は、動物愛護・保護のための世界的な記念日で、世界各地で動物愛護・保護のための様々な活動が行われます。

歴史は古く、1931年、イタリア・フィレンツェで開催された「国際動物保護会議」で制定されたものですが、10月4日が選ばれたのは、この日がアッシジのフランチェスコの聖名祝日であるためだそうです。

201910040004アッシジのフランチェスコは、「神の前では、人も動物も、あらゆる神の被造物は神を父とする兄弟姉妹であり、平等である」と説いています。

ペットを家族の一員として大切にするオーストリアでも、色々な行事が行われます。ウィーン市では10月4日にTierQuarTier Wienのオープンハウスが行われました。Feriは残念ながら見学に行くことはできませんでしたが‥

201910040002TierQuarWienは、捨てられた動物の保護と新しい飼い主捜しをする団体です。これまでに約8,000匹の犬、猫、小動物を新しい飼い主に引き渡しています。

ドナウシュタットにある施設には、約300匹の動物が収容されています。こちらでは、基本的にペットを店で売買する週間がなく、ブリーダーさんが飼い主の資質を見極めた上で譲り渡すため、野良は比較的少ないと言われています。

Continue reading "Welttierschutztag(世界動物の日)"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧