October 08, 2018

窓辺に佇む愛犬

Img_2018_09_0165

日本では、今年は10月8日が「体育の日」でお休みですが、1964年の東京オリンピックを体験しているFeriとしては、10月10日にこだわりがありますので、移動祝日には違和感を覚えますね。

さて、今日は「ペットの話題」をお届けしましょう。

ウィーンでは犬や猫を飼っている皆さまが多く、街中でも犬を連れた人をよく見かけます。

基本的に躾ができている愛犬については、ホイリゲやレストランなどにも入店できるのはご存じのとおりです。ある意味、本当に家族の一員ですね。

先日、市内を歩いていたら、とある集合住宅の窓辺に犬が立っているではありませんか。場所が、場所だけに最初は、「作りも」のかと思ったのですが、本物の犬でした。

猫が窓辺に佇んでいるケースは多いですが、比較的大きな犬が、窓の外へ出て、立っているというのは、何とも不思議な光景です。

Img_2018_09_0164

日本式では2階なので、間違って下に落ちたりしないのか、他人事ながら心配になってしまいました。

日本でしたら、大型犬になりそうですが、こちらでは中型犬でしょうか。このクラスの犬でも、普通に集合住宅で飼うことができるというのは、こちらならでは‥と言えるかもしれません。

表に連れていってもらえないので、散歩に行きたい意思表示なのか、それとも別の意図があるのか‥これだけは、Feriにも予想がつきません。

また、猫の場合、前を人が通ると、人の動きを目で追うケースが多いように感じるのですが、犬は人が通っても、目で追うケースは少ないような気がします。Feriは、動物の生態には詳しくないので、詳しいことはわかりませんが、面白い違いだと思います。

Continue reading "窓辺に佇む愛犬"

| | Comments (0)

July 21, 2018

“HUNDE LOUNGE“

Img_2018_06_0795

日本では連日、生命に危険が生じる恐れがある「酷暑」が続いているようですが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

Feriが子供の頃は「熱中症」という言葉はありませんでしたが、最近では部屋の中でも熱中症にかかる方が増えているとか‥ どうぞ、皆さま、ご自愛ください。

さて、今日は「ペットにまつわるお話」です。

ウィーンでは犬を飼っている人を多く見かけます。もちろん、猫を飼っている人も多いのでしょうが、猫を連れて街中を歩く人が少ないので、必然的に犬の方が目立つ‥という訳です。

最近はウィーンも夏は非常に暑くなります。今年は6月が非常に暑く、人間も大変でした。何しろエアコンがないところが多いですから‥ 日本は7月に入って酷暑が続いていますが、逆にこちらは、一段落といった感じです。

Img_2018_05_0059

いずれにしても、こちらも気温が上昇傾向にあるのは事実のようです。

ご存じのように、体感温度は地面に近いほど、反射熱などにより高くなります。そのため、大人よりも、身長の低い子供さんは暑く感じます。

夏の強い日差しの照りつけで、気温が30℃程度の日でも、道路は簡単に50℃以上にまで上昇します。大人はおよそ1.5mくらいの所で息をしているため、顔の回りの環境は気温と同じ30℃くらい。

しかし、小さい子供さんの場合、顔の回りでは38℃くらいにも達し、ベビーカーではもっと厳しい環境になるそうです。

さらに、人間よりも、足が短い犬の場合、子供さん以上に暑く感じていることでしょう。

Img_2018_06_0785

犬の場合、「体の芯の温度(直腸温)」が41℃を上回ったとき、熱中症と診断されるそうです。

犬は汗をかかない分、人間に比べて体温を下げることがあまり得意ではありません。その結果、人間が「暑いなぁ」くらいに感じている時、犬は「暑くて死にそう!」と感じている可能性があるとか。

余談になりますが、日本に住むFeriの同僚で愛犬家がいるのですが、今年は酷暑なので、日中、愛犬が休んでいる部屋のエアコンを全開にしていると言っていました。本人曰く、自分は寒いけれども“お犬様優先“。

なお、犬の場合、熱中症にかかると死亡率は30~50%という報告もあります。

Continue reading "“HUNDE LOUNGE“"

| | Comments (0)

June 18, 2018

ペット雑感 ユーモアあふれるポスター

Img_2017_12_0395

今日は「ペットにまつわる公共広告の話題」をお届けしましょう。

このブログでも、何回かお届けしていますが、ウィーンでは、愛犬の糞を飼い主が処理しないと罰金が科せられます。最近では罰金の金額も上昇し、50Euroとなっています。

罰金が科せられることを表示した看板も、しないの随所に設置されているのは、皆さまもご存じのとおり。

また、日本では、「処理のための道具」は飼い主が準備することが義務づけられていますが、ウィーンでは公共のゴミ箱付近に専用の袋を取り出すことができるディスペンサーが設置されています。

Img_2018_06_0117

そのため、飼い主が、道具を持たずに愛犬を連れて散歩に出た場合でも、処理が可能なようになっています。ある意味、「いたせり尽くせり」という感じですね。

元々、こちらでは愛犬の躾がしっかりしていることが多い上に、愛犬家の意識も高いので、糞を放置して立ち去るというケースは少なかったと思います。

しかし、こういった政策が打ち出された背景には、愛犬家の意識低下もあるのでしょう。ある意味、ソーシャルスキルの高い愛犬だからこそ、ホイリゲなどへの出入りも認められているだけに残念なことです。

さて、先日、市内を歩いていたところ、MA48が運営する公共ゴミステーションの大型ゴミ箱に写真のようなポスターが貼られていました。

Img_2017_12_0562

図柄はFeriが説明するより、写真を見れば一目瞭然。公園にある仮設トイレを犬が利用しているというものです。しかも、長蛇の列が‥

下にある矢印には「HUNDEKLO ODER EINFACHER SO」という文字が書かれており、矢印の先には件の黒い専用ビニール袋が‥

「トイレを使わなくても簡単に処理できますよ」という訳でしょう。

色々な犬がトイレの前に列を作っているというのが、一つのポイントかも知れません。

Continue reading "ペット雑感 ユーモアあふれるポスター"

| | Comments (0)

March 01, 2018

お犬様を連れてお買い物‥

Img_218_02_0291

今日から3月。ウィーンは、一時期、気温が上がったのですが、また真冬に逆戻り‥街中では、イースターの飾りも見られるようになりました。

ところで、先日閉幕した冬季オリンピックの女子フィギュアスケートで金メダルを獲得したアリーナ・ザギトワ選手がご褒美に秋田犬を希望していると、ロシアのメディアが伝えているそうです。

ザギトワ選手は、大会前、新潟で調整しており、その際、雑誌で秋田犬を写真を見て、気に入ったとか‥ これを受けて、秋田犬保存会会長が、秋田犬を贈呈する用意があることを表明しているようです。さて、どうなるでしょうね。

さて、今日は「ペットの話題」をお届けしましょう。ウィーン市内を歩いていると愛犬を連れて歩いている人を沢山見かけます。

Img_218_02_0300

先日、旧市街を歩いていたら、あるお店の前に大型犬が二頭、つながれていました。スーパーマーケットを含む食料品店は、愛犬の立ち入りは禁止されているため、店の前に犬をつなぐスペースが取り付けられています。

躾ができている愛犬の場合、飼い主さんがお買い物中、ここでおとなしく待っています。

この大型犬も、おとなしく待機していました。Feriは、“こんな大型犬を飼っている飼い主さんは、屈強な男性だろうな”と思っていました。

その後、所要を済ませて、街へ戻ると、再び、この二頭とバッタリ。何と飼い主さんはご年配の女性でした。

Continue reading "お犬様を連れてお買い物‥"

| | Comments (0)

December 07, 2017

ペットは家族の一員ですが‥

Img_2014_05_3951

今日は、諸般の事情で更新が遅くなりました。今日は「ペットの話題」をお届けしましょう。

先日、日本興味深いニュースがありました。

飼育が禁止されているアライグマ4匹を自宅で飼育し、その後、山中に放したとして、女性が書類送検されたというものです。

犬や猫が飼えなくなって、どこかに放置する飼い主さんが売るのは決して日本ばかりではありません。

このブログでも、たびたびお伝えしているように、こちらでは、原則としてペットの動物はペットショップでは手に入れることはできません。ブリーダーさんから、分けてもらうのが原則です。

という訳でペットショップの店頭に並んでいるのは、飼育用のグッズだけです‥

その際、ブリーダーさんが飼い主としての資質をある程度、判断して譲るかどうかを判断しているという話です。

Img_2012_08_4240

そのため、日本よりは、飼えなくなったから、どこかに放す‥というケースは少ないのですが、最近は困った問題が起きています。

EUの拡大に伴って、旧東欧圏で小遣い稼ぎのためなのか、アウトバーンのステーションなどで、子犬などを闇で売っている業者が現れたのです。

Adventの季節、どこかへ出かけて帰りに子供さんにせがまれて、つい飼い主になったというケースが、一番、手放す確率が高いと言われています。

そのため、ウィーン市でも、この時期になると「ペットをむやみに買わないように」というキャンペーンを展開しています。

というのは、こちらは「ノラ」に関しては、容赦なく捕獲して、処分しますので‥それだけ飼い主に高いモラルが求められる‥という訳です。

Img_2012_08_4407

ペットの一生は、飼い主よりも短いのが一般的。そのため、飼い主の資質によって、ペットの一生も決まってしまうと言っても過言ではありません。

Feriが、オーストリアで見かけたペットたちは、幸い優し、愛情あふれた飼い主さんの元で幸せな生活を送っています。そういうペットは、気のせいか表情が違うように見えるのですが‥

一方、最近、日本の有人から聴いた話ですが、有人の自宅近くに野良猫に餌を与えている家庭があるそうです。

一応、周辺住民に配慮して、ペット保護の団体と協力し、避妊手術などをしており、これ以上、個体が増えないようにはしているようです。

Continue reading "ペットは家族の一員ですが‥"

| | Comments (0)

August 19, 2017

Hier Bin ich Der BOSS!

Img_2016_08_2421

今日は、所要が重なってしまい時間がとれないため、短めの話題でご容赦ください(言い訳モード‥)。テーマは「ペットにまつわる話題」です。

ブルゲンラント州Rustは観光客で賑わっていますが、中心部以外は閑静な住宅地になっています。特に日中は暑いため、住宅も静まりかえっているような印象を受けます。

以前もご紹介したように窓にはシャッターが付いているため、余計にそのような印象を受けるのかも知れません。

Img_2016_08_2355

そんな街を歩いている時、あるご家庭の門(実際には門柱に取り付けられている郵便受けですが)に、写真のようなプレートがかかっていました。

きっとペットを飼っているご家庭なのでしょう。

手前は犬、奥は猫ですが、猫の方はイラストの横に「Hier Bin ich Der BOSS!」という文字が‥

きっと愛猫がボスのように振る舞っているのでしょうか。ぜひ、実際の愛猫を見てみたいところですね。どんな振る舞いをしているのか、関心がありますよね。

一方、手前の犬の方には「Hier Wache Ich!」。そして、下には「Betreten auf eigene Gefahr」の文字が‥日本の「猛犬注意」と相通じるものがありそうです。

Continue reading "Hier Bin ich Der BOSS!"

| | Comments (0)

July 15, 2017

写真特集 オーストリアの猫たち

Img_2015_08_1799

今日は「猫のお話」です。

日本でもペットは「犬派」と「猫派」がいらっしゃるようですが、これはオーストリアでも同じです。

ただ、全般的に見ると散歩をさせることが多い犬の方が目立ちますが、愛猫家も多いようです。ちなみにFeriの友人には愛猫家が多いですね‥

ところで、こちらでは一般的なペットの愛犬が、レストランやホイリゲに入店することが認められているようにペットも、ある意味で「市民権」を得ています。もちろん、それなりのソーシャルスキルを備えていることが前提ですが‥

Img_2007_08_8626

反面、「ペットの闇」になるのかも知れませんが、いわゆる「野良」に関しては、非常に厳しく取り締まっており、捕獲後、専用の施設に収容されて、処分されているようです。

そのため、野良は、まず存在しないと考えてよいようです。
Salzburg空港に隣接するRedBullの博物館近くには、「野良の収容施設」があるのですが、悲しげな犬たちの鳴き声が印象的でした。

犬に関しては、ある程度、飼い主が行動をコントロールできますが、難しいのは猫。飼い猫でも、住まいの中に閉じ込めておくのは難しいようで、勝手に表へ遊びに行かせる飼い主さんが多いようです。

Img_2015_08_1913

そのため、時々、行方不明になることも‥このブログでもご紹介したことがありますが、愛猫が行方不明になったので、情報を求める手作りポスターを街中で見かけることがあります。

また、ノラと間違われないように、識別のため愛猫にリボンなどを付けている飼い主さんもいらっしゃるようです。

今日はオーストリアで見かけた猫を写真でご紹介しましょう。1枚だけは、友人の愛猫ですが、それ以外は見ず知らずの猫たち。窓辺で佇んでいる猫、街中を勝手に歩き回っている猫、店頭で気持ち良く寝ている猫などをお楽しみください。

Continue reading "写真特集 オーストリアの猫たち"

| | Comments (0)

March 22, 2017

オーストリアで人気の犬種は?

Img_2017_02_0142

今日は「愛犬の話題」をお届けしましょう。

オーストリアやウィーンに永住しているFeriの友人ですが、猫をペットとして飼っている方が多く、今のところ犬を飼っている方はおりません。


犬の方が手間や費用がかかるので、やむを得ないかもしれませんが‥
逆に日本の同僚には、愛犬家が多く、よく愛犬の自慢話や苦労話を聴く機会がありました。

ご存じのようにウィーンでは、愛犬を連れている人を沢山見かけます。日本と異なり、一定のルールを守っていれば、路面電車やバス、地下鉄にも乗ることができますし、レストランやホイリゲの店内に入店も許可されています。

Img_2014_09_7192

正に「家族の一員」という感じが伝わってきます。左の写真は、ワインハイキングの一コマですが、飼い主さんがワインwの楽しんでいる間、おとなしく待っている愛犬が健気ですね。

最近は、十分に躾ができていない愛犬(これは犬の責任ではなく、飼い主の責任ですが‥)も多くなっており、社会問題に発展しているのは残念なことです。

そのため、ウィーンでは、大型犬に関しては、飼い主にライセンス取得を義務づけるようになりました。これも、社会で一緒に生活するための措置なので、やむを得ないと思います。

Img_2014_09_7026

さて、先日、街頭で無料配布されている新聞に「Österreich kommt auf den Hund」という記事が掲載されていました。これによると、オーストリアでは、75万頭の犬が飼われているようです。

ちなみに日本では991万頭の犬が飼われているという統計データーがあるので、日本の方が圧倒的に多いことになります。

ただ、オーストリアは人口が834万人ほどなので、それを考えると飼い犬の数は多いのかもしれません。

Continue reading "オーストリアで人気の犬種は?"

| | Comments (0)

July 29, 2016

“Ich Wart draußen!” 愛犬の待機場所

Img_2016_04_1136

今日は「ペットの話題」をお伝えしましょう。

このブログでも時々取り上げますが、こちらでは犬を飼っている人が本当に多いですね。また、家族の一員として、色々な場所へ連れて行くのも「当たり前」になっています。

日本では考えられませんが、レストランやバイスル、カフェ、ホイリゲも基本的に愛犬の同伴が認められており、店内で色々な犬を見かけることがあります。

愛犬の入店が認められている背景は、「躾がしっかりしている(ソーシャルスキルが高い)」ことにあるようです。

Img_2014_09_6798

実際、ご主人が食事中でも、決して餌をねだることなく、床に伏せて静かに休んでいます。今のように暑い時期には、お店側で水を用意しているケースも多く、水だけは飲んでいます。

左の写真は、Feriが贔屓にしているホイリゲですが、飼い主さんが愛犬に水を与えています。犬も咽が渇いていたのか、尻尾を振って喜んで居ます(尻尾が揺れているのにご注目)。

ところで、いつも気になるのですが、こちらには「犬アレルギー」の人は存在しないのでしょうかね‥

さて、そんな賢い犬たちが入店できないところがあります。それが、スーパーマーケットや食料品店、ドラッグストアなどです。

衛生面で問題があるということなのでしょうが、飲食店も同じような気がするのですが、本当の理由はよく知りません。

Img_2013_10_1302

まぁ、肉屋さんなどだと、犬の本能を呼び起こしそうな気もしますが‥

そのため、ウィーン市内を歩いていると、店の玄関先で待機している愛犬をよく見かけます。

日本でもスーパーマーケットなどは、愛犬の入店が禁止されていますが、店の前で静かに待っているケースは少ないような気がします。

その点、こちらの犬は、よその犬と一緒になっても、静かに待機しています。これも躾の成果でしょうか。

興味深いのは、「愛犬の待機場所」の表示です。各店舗とも工夫を凝らしており、これを見るだけでも、なかなか楽しめます。

Continue reading "“Ich Wart draußen!” 愛犬の待機場所"

| | Comments (0)

May 28, 2016

“BÖSER HUND”は罰金だ!

Img_2016_02_1651

今日は「愛犬の話題」をお伝えしましょう。

このブログでも、何度もホイリゲやCaféで見かける「愛犬の話題」をお伝えしています。しっかりと躾がされている愛犬は、ソーシャルスキルが高いため、ホイリゲやCafé、レストランへの入店が認められている訳ですね。

日本では、食品衛生上の問題もあり、ペットの飲食店入店は原則として禁止されているのはご存じのとおりです(盲導犬などは別ですが‥)。

実際にホイリゲなどで、くつろいでいると愛犬がいるのがまったくわからない‥というケースが多々あります。飼い主さんが、楽しく食事をしていても、決しておねだりしませんから、たいしたものです。

Img_2016_02_1652

最もこれから暑くなってくると、脱水症状に陥ってしまうリスクがあるため、店側でも犬が水を飲むボウルを用意しているところがほとんどで、時々、水を飲んでいる姿を見かけます。

とは言っても、最近は、犬の躾に関心がない「困った飼い主」が少なからず出てきて、ウィーン市では大型犬に関しては、飼い主に対するライセンスを義務づけました。

以前は、こんなことをしなくても、大丈夫だっただけに、ちょっと残念です。これも色々な人が増えたことが要因なのかもしれません。

さて、5区のアパート近くを歩いている時、とあるCaféで写真のようなポスターを見かけました。

お持ち帰りのCoffeeが1.5Euroのようですが、問題は、その下‥

「BÖSER HUND €2.9」

当たり前ですが、Caféで、「BÖSER HUND」を2.9Euroで販売している訳ではないと思うので、“素行の悪い愛犬は2.9Euroの罰金”という意味でしょうね。

もちろん、犬から罰金を徴収する訳にはいきませんから、飼い主さんからとることになるのでしょうが‥

また、ブルドッグのような犬が描かれていますが、決して、ブルドッグの素行が悪い訳ではありませんので‥

Continue reading "“BÖSER HUND”は罰金だ!"

| | Comments (0)