May 16, 2019

路面電車にもパートタイム運転士制度を導入

201905160011今日は「Wiener Linienの運転士募集にまつわる話題」をお届けしましょう。


最近は、いずこも人手不足で社員の確保が大変です。日本でも「働き方改革」の一環として、有給休暇取得が義務づけられたため、有給休暇をとる社員をカバーするための要員確保が大きな問題になっているという話を耳にしました。


特に日本の場合、年中無休という業態も多いため、人員の確保は頭の痛い問題だと思います。


さて、2019年1月に、このブログでWiener Linienが地下鉄の運転士にパートタイム制度を導入するという話題をお届けしました(詳しくはこちらから)。


その際、地下鉄でのプロジェクトがうまくいった場合、路面電車やバスにもパートタイム運転士制度を広げる可能性があることをご紹介しました。


201905160012このほど、Wiener Linienから路面電車の運転士に もパートタイム制度を導入することが発表されました。


パートタイム運転士の勤務は、朝夕のラッシュ時、大規模イベント時など、多くの運転士が必要な場合に投入されます。また、フルタイムの運転士が、急病で欠勤した場合などのカバーにもあたります(オペラみたいですね)。


パートタイム運転士の勤務は、週12時間以上。パートタイム運転士を希望する人は、申し込み後、フルタイムの運転士と同様のトレーニングを通じて、適性を判断されます。このトレーニングは17日間です。


そして、適性があると判断された候補者は、40日間にわたる本格的なトレーニング(実地訓練)に入ります。


トレーニング内容ですが、教習車を使っての実車運転(18日)、異常時対応(4日)、トレーナーが同乗した営業路面電車でのトレーニング(18日)、応急措置対応(1日)、お客さま対応(4日)などとなっています。

Continue reading "路面電車にもパートタイム運転士制度を導入"

| | Comments (0)

April 02, 2019

ひさしに佇む「フチ子さん」

201904010000昨日、注目の新元号が「令和」と決まり、発表されましたね。巷の予想とはかなり異なった元号だったようで、色々と話題になっていると思います。

昭和生まれのFeriとしては、まさか自分が3つの元号を経験するとは、想像もできませんでした。

さて、今日は改元とはまったく関係のない「ある建物の玄関で見つけたオブジェの話題」です。

201903310004_1先日、所用があって16区に出向いた際、ある建物の玄関で、ちょっと変わったオブジェを見つけました。

まぁ、この手のものは、言葉で説明するよりも、写真をご覧頂いた方が、早いですね(笑)。

重厚な作りの建物の玄関。その「ひさし部分」に腰掛けている女性らしい人物の像です。赤い色に塗られているので、モノトーンの建物では、目立ちます。

日本で人気を集めている「コップのフチ子さん」を思わせる形状ではありませんか。

201903310001_1サイズは等身大か、若干、大きいかも知れません。この「フチ子さん」が佇む建物ですが、「Höhere Bundeslehranstalt für Mode und künstlerische Gestaltung」という学校の校舎でした。

20190331005この学校の前身は1874年に設立されました。当時は女性を対象とした専門的な高等教育機関は少ない時代でした。そこで、女性を対象にレースやタペストリーといった工芸技術を教えることを目的に、この学校が設立されたそうです。

その後、教育の領域も広がり、ファッションや服飾技術を教えるコースが開設されました。

現在では、女性だけではなく、男性に対する教育も実施しており、木工(家具と彫刻)、彫金(宝飾品デザイン、彫金)、陶芸(デザインと彫刻)、刺繍などを教えるコースが開設されています。

Continue reading "ひさしに佇む「フチ子さん」"

| | Comments (0)