October 12, 2020

変わったお店シリーズ172 謎の自動販売機 SWITCH Tauschautomaten

202010130110月11日に投票が行われたウィーン市議会議員選挙ですが、12日に開票が行われ、結果が、ほぼ判明しました。郵便投票の結果が判明するまでに、若干、時間がかかるため、暫定結果ですが、大きな変化はないと思われます。

グラフをご覧になるとわかるように、現在の市長を擁するオーストリア社会民主党(SPÖ)が強さを発揮。また、連邦政府与党のオーストリア国民党(ÖVP)が復活しました。

緑の党、NEOSも議席を伸ばしましたが、逆に大幅に議席を減らしたのが、全開選挙で大躍進したオーストリア自由党(FPÖ)でした。区によって各政党の得票率は異なりますが、全体的な傾向は変わらないようです。

2020101204さて、スマートフォンを使う方が増えてくると大きな問題になるのが充電。最近では、バーコード決済の普及につれてスマートフォンの使用頻度が高まっている人も多いと思いますが、電源が落ちていれば、○○Payも使用できず、話になりません。そこで、予備の外付けバッテリーを持ち歩いている方も多いのではないでしょうか。

今日はスマートフォンのバッテリーに関連してウィーンで見つけた不思議な自動販売機をご紹介しましょう。

このブログでも度々、お伝えしていますが、オーストリアには「自動販売機大国の日本」では見かけないユニークな自動販売機が設置されています。

その一つが携帯電話のアクセサリーなどを販売する自動販売機だと思います。日本ではコンビニエンスストアなどでも変換アダプターやイヤホンなどを購入できますから、そのような販売形態の違いが影響しているのかもしれません。

先日、所用があって川向こうのFloridsdorfに出かけた時、帰りに駅構内で写真のような自動販売機を見かけました。向かって右側に関しては、市内で比較的良く見かける携帯電話アクセサリーの自動販売機です。

気になったのは、向かって左側。一体になっているところから、自動販売機の一部であることは間違いないようです。

後日、自動販売機に描かれている「SWITCH Powerbank」というブランド名から検索してみました。

2020101202するとユニークなサービスを提供している会社がヒットしました。現在はNeckhaim Automaten GmbHという会社ですが、元々は2018年にGründung der NAGとして誕生。ÖBB構内で携帯電話のアクセサリーを自動販売機で販売していました。

その後、ÖBBの社内調査で、多くのÖBB利用客が、公共の場でスマートフォンや携帯電話の充電を緊急に必要としていることが判明。

そこで、同社ではスマートフォン用外部バッテリーを自動販売機で提供するアイデアを考案します。ただ、このアイデアは、単に外部バッテリーを販売するのではなく、件の自動販売機の左側で使い切った外部バッテリーを満充電した新しいバッテリーと交換できるシステムにしたこと。

20201012012019年初頭、「SWITCH Tauschautomaten」(スイッチ自動交換機)の試作機が完成し、Wiener LokalbahnのGriesfeld駅で実用化試験が始まりました。

実用化試験の結果が両行で会ったことから、既存の携帯電話アクセサリーの自動販売機に併設する形で、SWITCH Tauschautomatenの運用が始まりました。

さて、使い方ですが、まず、自動販売機またはオンラインショップで、専用の外部バッテリーSWITCH Powerbank (容量4000 mAh、出力5.1V 2100 mA、USB接続ケーブル付き)を購入します。お値段は12Euro。

これは通常市販されている外部バッテリーと同様に使用できますし、自分が持っているUSB充電器で充電も可能です。

ただ、SWITCH Powerbankのウリは、街中でSWITCH Powerbankのバッテリーが消耗し、スマートフォンに電力を供給できなくなった場合、SWITCH Tausch-Automatenで満充電のSWITCH Powerbankと交換できる点です。

Continue reading "変わったお店シリーズ172 謎の自動販売機 SWITCH Tauschautomaten"

| | Comments (0)

October 24, 2019

番外編 カメラの修理

20191024001今日は番外編として「カメラの修理」にまつわる話題をお届けしましょう。

Feriは、以前、仕事でお世話になった関係でカメラは、フィルム時代からキヤノン製を愛用しています。デジタル化した現在でも、一眼レフを始めコンパクトカメラも基本的にはキヤノンの製品です。

本格的に写真を撮影する際は、デジタル一眼レフを持ち出しますが、通常、街中を歩いている時は、荷物にならないコンパクトデジタルカメラを常時、携帯しています。最近ではスマートフォンで写真を撮る方が激増していますが、古いFeriは、「写真はカメラで撮るもの」という呪縛から逃れることはできません。まぁ、フィルム時代から写真を撮影しているおじさんの「変なこだわり」なのですが‥

Feriが気に入っているコンパクトデジタルカメラは、小型でデザインも優秀なIXY3というモデルです。金属製のボディで高級感のある仕上げ。ブログに掲載する写真を撮影する分には性能も申し分ありません。

実は、故障に備えて同じ機種を2台所有しています。これはメモリーカードやバッテリー、充電器などを使い回しできるためです。

先日、ウィーンでブログのネタ集め中、突然、露出が極端にオーバーになるという現象に見舞われました。カメラのリセットを何回か繰り返しても症状は変わりません。

20191024002ちなみに2枚目の写真が、故障した時に撮影した画像。何も加工していません。露出補正機構を使い、二絞りくらいアンダーに設定すれば、急場はしのげましたが、根本的な解決にはなりません。当たり前ですが、外出時、常時2台を携帯するほど、慎重派ではないので、予備機はアパートで待機中。この時は、友人と待ち合わせがあったのですが、一旦、アパートへ戻り、予備機と交代。そのため、滅多に待ち合わせには遅れないFeriが、30分ほど遅刻。Sさん、ごめんなさい‥

そこで、日本へ出張した際、故障したIXY3を修理ができないかと考え、ネット経由で調べてみました。が、ここで衝撃の事実が‥実はメーカーでは製造終了後、一定年を経過すると修理不可能となるのです。IXY3は2012年発売のモデルで、既にメーカーでは修理をしていないことがわかりました。

まぁ、「新しい機種を買いなさい」という啓示なのですが、現在発売中のコンパクトデジタルカメラではFeriの物欲を刺激するようなモデルは存在しません。

Continue reading "番外編 カメラの修理"

| | Comments (0)

August 17, 2019

Lungauへの路

201908170001このところ仕事が忙しく、続けて休みがとれない状況が続いています。幸い短い期間ですが、まとまった休みがとれそうになったので、「Feriのオーストリアの原点」であるLungauへ出かけることにしました。

ただ、日程の関係で、お楽しみイベントはありません。日本で言うところの「お盆の里帰り」のような感じになりました。

201908170010Lungauはザルツブルク州ですが、Tauern山脈の南側。ウィーンから出かけるには、意外と不便です。何しろ中心となる街Tamswegには鉄道は狭軌鉄道のMurtalbahnしか来ていません。

ザルツブルクから路線バスという手もあります。以前、冬に行った時は鉄道やバスを利用しましたが、いずれも時間がかかります。また、運転本数も少ないため、鉄道やバスに合わせたスケジュールを組まざるを得ません。

という訳で、夏はウィーンでレンタカーを借りて、行くのが最も手軽で、基本的には、このパターンです。

201908170011ウィーンから出発後、Graz方面へ行く南高速を下ります。そして、途中からS6に入り、Semmeringへ。

南鉄道でも難所になっているSemmeringは以前は、峠越えで時間がかかりましたが、今はトンネルができたお陰で、大幅に時間短縮。鉄道の方は、現在、ベーストンネルを建設中で、これだけでもハンディキャップがあります。

Semmeringを何本かのトンネルで通過すると、シュタイヤマルク州に入っています。

201908170013Bruck.an der Mur、Leobenを経て空軍基地のあるZeltwegを経由して、Judenburgへ。この付近には、有名なRedBullのサーキットがあるので、イベント開催時には混雑するようです。また、最近ではアウトバーンに標識も出るようになりました。

9月上旬、久しぶりにエアショーが行われるZeltwegの空軍基地は、ウィーンからLungauへ向かう場合、向かって左手に見えます。高い管制塔が見えるので、すぐにわかります。

201908170014また、この基地内にはオーストリア連邦軍の空軍博物館(現在は軍事史博物館の別館扱い)があります。という訳で、この当たりは見どころも多数。

Judenburgでアウトバーンはおしまい。一般道の317号線に入ります。実は、317号線は一部区間で道路の高規格化(アウトバーン化)を進めている関係で、一部、迂回するケースがあります。

Continue reading "Lungauへの路"

| | Comments (0)

December 27, 2018

ウィーンでも好評発売中 EOS-Rシステム

Img_2018_12_0298

今日は「カメラの話題」をお届けしましょう。

デジタル一眼レフカメラに関しては、ヨーロッパでも主流は、もはや日本製です。

Canon、Nikonという二大メーカーに加えて、αを引き継いだSONYやPanasonicなどのカメラが店頭に並んでいます。

最近ではミラーレス一眼レフの登場によって、市場の動向も変わりつつあるようです。

従来のデジタル一眼レフカメラは、基本的に銀塩カメラの延長だったので、フィルムを使う一眼レフカメラを開発・製造していたメーカーが圧倒的に有利でした。

しかし、ミラーレスになると、メカニカルシャッターを含む機械部分の構造が大きく変わるため、電子機器メーカーでもカメラ専業メーカーに太刀打ちできると言われています。

ただ、一眼レフカメラの場合、何と言っても交換レンズの品質とラインナップがユーザーにとっては大きな関心事。

そういう意味では、築き上げた資産を継承できるカメラ専業メーカーが有利という見方もありました。

とは言ってもミラーレスになると、本来は新しいレンズシステムを開発した方が、システム全体としては最適化を図ることができます。

その点、豊富な過去の資産を持っているカメラ専業メーカーは、逆に本格的なレンズ構造(主にカメラと接続するマウント部分)の変更に着手するのは大変だという話を耳にしたことがあります。

これは、かつてフィルムを使う一眼レフカメラでも、電子化の進展によって、マウントの変更を余儀なくされた例がありました。

かつて某出版社に勤務していたFeriは、CanonがFDマウントからEOSシリーズの登場により、EFマウントに変わった場面に直面しました。その結果、ボディを変えると社有のレンズがほとんど使えなくなるという事態に‥

Continue reading "ウィーンでも好評発売中 EOS-Rシステム"

| | Comments (0)

June 11, 2018

Canon Testtag 2018 in Wien

20180610ss00001

今日は「日本製品のPRイベントの話題」をお届けしましょう。

Feriは、以前、出版関係の仕事をしていたことがありますが、その際、キヤノンの皆さまとお付き合いがありました。プロ機材担当のスタッフの方をご紹介いただいたこともあり、それ以来、カメラについてはデジタル化してもキヤノンの愛用者になりました。

出版社当時は、もっぱらフィルムカメラでした。ただ、レンズに関しては業務で使うこともあり、会社で高性能レンズ(キヤノンではLレンズと呼ばれるもの)を準備しており、それを使っていました。

やはり高性能レンズを一度使ってしまうと、なかなか一般のレンズには戻れないもの。

その後、自腹でも数本ですが高性能レンズを購入しています。もっとも、最近では、専門的に(“気合いを入れて”という意味)写真を撮ることも少なくなったため、出番は減りましたが‥

Img_2018_06_5958

そう言えば、先日の「Auf Rädern und Ketten 2018」では、常にメモ代わりに持ち歩いているキヤノンのコンパクトデジタルカメラIXYではなく、キヤノンのEOS70Dを引っ張り出しました。

さて、このところ、日本のエレクトロニクス産業は衰退の一途をたどっていますが、そんな中で、カメラ産業は、まだ世界的なシェアを誇っているようです。

とくにプロ用のカメラに関しては、レンズも含めて、事実上、日本企業が独占している状態です。

最近はスマートフォンで写真を撮影するのが一般的になってきたため、コンパクトデジタルカメラは、世界的にも劣勢ですが、本格的に写真を撮る方は、一眼レフを愛用する方が多いのは、万国共通。

まもなくロシアでワールドカップが始まりますが、プレス席でカメラを構えているプロは、恐らく保どんどが日本製の一眼レフを使っていることでしょう。

実際、「Auf Rädern und Ketten 2018」でも日本製の一眼レフカメラを持っているファンの方を多数見かけました。

20180610ss00002

という訳で、日本のカメラメーカーは、海外でも盛んに、カメラ関係の見本市に出展している他、色々なイベントも自主的に開催しています。

6月23日、キヤノンが「Canon Testtag 2018 in Wien」を開催することが発表されました。メーカーイベントなにに、一般のメディアに掲載されるのはたいしたものです。

カメラや写真に興味のある皆さんに、実際に製品を手に取ってもらい、使い心地を確かめてもらおうというイベントです。

キヤノンではWienだけでなく「ÖSTERREICH TOUR」として4月から6月にかけて、オーストリア各地で「Canon Testtag 2018」を開催しています。

総ての会場ではありませんが、単に製品の試用イベントだけでなく、各種ワークショップも開催されます(こちらは、事前登録制)。

Continue reading "Canon Testtag 2018 in Wien"

| | Comments (0)

December 10, 2010

ウィーンで○○○を買った話

1151519_001_img

今日は、ウィーンでの「買い物のお話」です。

2001年1月、ウィーンへ行った時の話です。この頃から、Feriはデジタルカメラを本格的に使用するようになりました。

昔は カメラ本体よりもフィルムを持って行くのが大変でしたね。35mmカメラの場合、36枚撮りが普通ですが、10本で360枚。

写真撮影が旅行の主目的だった時代は、35mmカメラは最低でも二台持参していました(一眼レフカメラのボディ2台または、一眼レフカメラ1台+コンパクトカメラ1台)。

フィルムもカラー(これも仕事の関係で一眼レフはポジフィルムでした。当然、スナップ用にネガフィルムも持参していました)とモノクロの二種類を使っていたので、その量たるや半端ではありませんでした。

当時、海外旅行では空港のX線検査からフィルムを守るため「鉛の袋」に収納することが推奨されていましたから、余計にかさばりました(実際に某国のX線検査でフィルムがダメになったという事例が報告されていました)。

Continue reading "ウィーンで○○○を買った話"

| | Comments (0)

June 10, 2010

観光案内付携帯電話登場

Img_0357_001s

今日は 携帯電話のお話」です。日本の携帯電話を「ガラパゴス携帯」と揶揄する人がいます。これは、Iモードをを初め、日本独自の進化を遂げたという意味らしいのですが…

しかし、ヨーロッパの携帯電話を見ていると、通信方式こそ違いますが、日本の後を追って高機能化が進んでいるように感じます。すでに、着メロやカメラ付きはは一般的になっています。Iモードではありませんが、インターネットに接続して、様々なサービスを受けることが出来るようになっています。

そうそう、日本で言うところの「おサイフケータイ」も誕生しており、ウィーンではSバーンや路面電車に乗ることができるようになっています(こちらの話題は後日、お届けします)。

Continue reading "観光案内付携帯電話登場"

| | Comments (0)

November 17, 2009

携帯電話に路面電車が走る?

Qando_001

今日は「 携帯電話にまつわるお話」です。

最近、日本では携帯電話を使ったサービスが多様化していますよね。独自のインターネット接続サービスをはじめ、電子マネー、音楽のダウンロード、デジタルテレビの視聴などなど、日常生活には欠かすことのできないアイテムになっている人も多いようです。

さて、先日、Wiener Linienの案内所に立ち寄ったところ、面白いリーフレットを発見したので、もらってきました。

どうも、「携帯電話を使った新しいサービスのご案内」(Mobile Info-Service)のようです。QANDOという会社が提供しているようで、メインは日本でもおなじみの時刻表とルート検索サービスです。

Continue reading "携帯電話に路面電車が走る?"

| | Comments (2)