June 16, 2018

いずこも同じ お気に召さない政治家

Img_2018_06_0142

いよいよワールドカップ・ロシア大会が始まりましたが、出場していないオーストリアは、余り関心がないかもしれません。

ただ、直前に行われたドイツとの親善試合では、オーストリアが勝利。これは大いに盛り上がりました。さて、結果は、どうなるでしょうか。

このブログでは、「政治の問題」は、余り取り上げません。そちらは、専門家にお任せすることにしていますので‥

オーストリアでは、昨年、政権交代が行われ、従来とは異なる中道右派の国民党(ÖVP)と、極右政党と呼称されることが多い自由党(FPÖ)による連立政権が発足しました。

首相は国民党のSebastian Kurz(セバスチャン・クルツ)氏です。

先日、街頭で写真のようなステッカーが貼ってあるのを見かけました。現在の連立政権がお気に召さないグループが貼り付けたのでしょう。

20180615ss00001

ご存じのようにオーストリアには、トルコ出身の方が数多く生活しています。

オーストリアは、過去、トルコと戦争をしてきた経緯もあり、同国に対しては、好感情は持っていないようです。ただ、こちらで生活をしているトルコ系住民の多くは、ユーロイスラームと呼ばれるグループで、オーストリアの文化をある程度、受け入れて生活しています。

ところで、Sebastian Kurz氏は、首相になる前、移民統合事務局局長として活躍していましたが、「能力による社会統合」という考え方を基本にしていました。

ただ、最近は、過激な思想を持ったイスラームが増えたことあり、トラブルの火種が‥

先日もウィーンで最も大きなモスクで、オーストリア政府が激怒した行事が行われています。このモスクはATIB(トルコ宗教協会The Union of Turkish-Islamic Cultural Associations in Europe)という組織が運営しており、複数の幼稚園も運営しているそうです。

ATIBは、トルコ宗教省に直結する組織で、基本的にトルコ政府の方針に従っています。

今回の行事は、第1次世界大戦中に行われた「ガリポリの戦い」にちなむもの。

Continue reading "いずこも同じ お気に召さない政治家"

| | Comments (0)

May 28, 2018

ウィーン市長が交代しました

Imageformatservlet

今日は「ウィーン市長交代の話題」をお届けしましょう。

このブログでも2018年1月にお伝えしたように24年間、市長を務めたMichael Häuplさんが、5月24日に市長職を辞任し、後任にMichael Ludwig氏(ミヒャエル・ルドヴィク)が議会で新しい市長に任命されました。

ウィーン市長は、日本の首長のように住民の直接選挙で選ばれるのはなく、市議会選挙の結果を受けて、議会で選任されるシステムです。

ウィーンは市ですが、連邦州でもあるため、市長は事実上の州首相です。

2017年の国政選挙では、国民党が躍進しましたが、ウィーン市議会に関しては、戦後、1945年から、現在に至るまで社会民主党(前社会党、SPÖ)が政権を掌握してきました。

20180527ss00001

そのため、オーストリアではウィーン市は「赤い砦」と呼ばれていました。

1949年9月にAltlengbachで、教師の家庭に生まれたMichael Häupl氏は、生物学者でもあります。

1988年、当時市長だったHelmut Zilk氏の進めもあって、政治家の道を選んだそうです。そして、1994年11月、ウィーン市長に選出されました。

後任のMichael Ludwig氏は、1961年4月にWienで生まれました。ウィーン大学で政治学と歴史を学び、卒業後、1999年からウィーン市議会議員を務め、副議長、副市長などを歴任しています。

Continue reading "ウィーン市長が交代しました"

| | Comments (0)

May 26, 2018

Bundesheerの戦闘機問題

Img_218_02_0369

今日は「オーストリア連邦軍の戦闘機にまつわる話題」をお届けしましょう。

アルプスの小国オーストリアは、ご存じのように永世中立国で、独自の軍隊を保有しています。

隣国とは陸続きであるため、いわゆる陸軍(地上部隊)が主力です。しかし、航空部隊(空軍)も存在します。

オーストリアの場合、自国に戦闘機を製造する航空機メーカーがないため、過去、いずれも輸入によって整備しています。

永世中立国であったことから、スウェーデンのSAAB105やSAAB35“ Draken”などを使っていました。主力戦闘機であったSAAB“ Draken”については、当初、後継機として同じSAABのGripenを導入する予定でしたが、最終的にはEurofighters Typhoon Tranche 1(ユーロファイター・タイフーン トラッシェ1)に決まりました。

この機種選定には、色々な話題があります。

当初、オーストリアはSAABからGripenを導入する約束をし、スウェーデンから中古のDrakenを受領していました。しかし、オーストリアが趣旨替えをしたため、スウェーデンが対抗措置としてDrakenのメンテナンス費用を正規料金に引き上げます。

20090219_143414_01_1280x853_1527161

オーストリアは対抗策として、スイスからリースしていたアメリカ製戦闘機F-5Eと入れ替える形でDrakenを引退させました。

また、主力戦闘機Eurofighters Typhoonは当初24機が導入される予定でしたが、2002年の大洪水による支出増加で計画が変更。

また、導入時期が2007年まで延期され、さらに調達奇数も15機まで削減されています。調達は2007年からはじまり、2009年に完了しました。

なお、Eurofighters Typhoonは段階的に改良されており、オーストリアが導入したTranche 1 Block5は完全作戦能力を持った機体です。

ただし、悪天候時や夜間に標的機に安全に接近し、視覚で捉えるシステムが弱いとされています。また、自己防衛システムにも難点があると言われています。

Img_2009_08_1396

従って、今後、継続使用する場合、各種システムをアップグレードする必要があるようです。

ところで、オーストリアにはSAAB105という練習機を保有しています。復座の練習機です。

しかし、外部に武装を取り付けることで、軽攻撃機としても使用できます。現在、15機を保有していますが、1970年から72年にかけて導入された機体なので、2020年には老朽化により退役を迎えます。

そこで、オーストリア政府では、SAAB105の後継機をどうするかが、議論の対象になっています。

元々、所有している戦闘機が少ないため、SAAB105も有事の際は、攻撃機として使用することを前提にしているため、後継機は純粋な練習機ではなく、戦闘機の調達が視野に入っています。

現在、候補になっているのはEurofighters Typhoon、SAAB Gripen、F-16C Fighting Falconの3機種。

Continue reading "Bundesheerの戦闘機問題"

| | Comments (0)

May 25, 2018

航空会社の収益性向上策に思う

Oelpf_02

今日は先日、再就航したオーストリア航空に関連して「航空会社の収益性向上策の話題」をお届けしましょう。

オーストリア航空の「日本線の再就航」に当たって、メディアの取材を受けたルフトハンザグループで、オーストリア&スロバキア地区セールス担当シニアディレクター・シュテファン・リンハルト氏と、ルフトハンザ ドイツ航空の日本・韓国支社長を務めるドナルド・ブンケンブルク氏が興味深い発言をしています。

まず、成田線の観光需要と商業渡航需要の比率については、“正確な数字は言えないが、明らかに観光が大きい。ウィーンは観光に魅力的な都市だ”(リンハルト氏)と述べています。

また、プレミアムエコノミーについて、ブンケンブルク氏は、“何年か前にルフトハンザがプレミアムエコノミーを導入した際、ツアー客に売れた。オーストリア航空も同様で、ツアーでエコノミーからのアップグレードが期待でき、予約も順調だ”と述べています。

オーストリア航空の担当者ではなく、ルフトハンザの担当者がメディアの取材に応じるところが、正直、現在のオーストリア航空の位置づけを示しているような気がします。

20180523_x201_00004

Feriの予想どおり、観光需要をメインに考えていることが良くわかります。ただ、団体が多くなると、運賃のディスクカウントが行われるので、収益性の向上という観点からは、頭が痛いかもしれません。

ところで、最近は、各航空会社とも手数料を支払う必要がない自社ホームページからの予約・発券が基本になってきましたね。

さらに、航空会社自身が発券する正規ディスカウント航空券にも色々な種類が出てくるようになりました。これらは、いずれも「収益性の向上」を視野に入れた施策だろうと思います。

現在、ヨーロッパはベストシーズンなので、基本的に航空運賃は高めに設定されるケースが多いですが、ホームページで確認するとオーストリア航空の場合、Economy Saverでは各種税金込みでも往復12万円以下というお値段のようです(日本発券の場合)。

20180523_x201_00005

さらに、海外の航空会社では、予約だけしておくことが不可能なケースが多く、予約即決済が普通になっています。

そして、最も安い運賃の中には、払い戻し不可(ただし、税金は預り金なので、これは払い戻し対象)という設定も増えているのは、皆さまもご存じのとおりです。

Continue reading "航空会社の収益性向上策に思う"

| | Comments (0)

May 19, 2018

Arnold Schwarzenegger、路面電車で環境保護をアピール

16778364731

今日はオーストリア出身の映画俳優「Arnold Schwarzeneggerさんの話題」です。

5月15日・16日の両日、「R20 Austrian World Summit in Wien」が開催されました。

「R20 Austrian World Summit」は、温暖化対策の新しい枠組みである「パリ協定」を踏まえて、温室効果ガスの排出削減を踏まえて、持続可能な開発を推進するための会議です。

この年次イベントですが、Arnold Schwarzeneggerさんが主宰するR20 (Region of Climate Action)が事務局を務めている民間団体主催の会議ものですが、国連、国際金融機関、C40(Cities Climate Leadership Group)、ICLEI (Local Governments for Sustainability)などの機関と連携しています。

20318702041

オーストリアからは、Alexander Van der Bellen連邦大統領、Sebastian Kurz首相なども参加する国際会議です。

2017年、ウィーンのHofburgで初の「R20 Austrian World Summit in Wien」が開催され、今回が2回目になります。なお、日本からは政府要人の参加はありませんでした。

今回の「R20 Austrian World Summit in Wien」では、Arnold Schwarzeneggerさん議長として参加することになり、それに合わせてウィーン市、Wiener Linienが「R20 Austrian World Summit in Wien」をアピールするため、路面電車ULF(785号車)にラッピングを施しました。

このラッピングですが、「R20 Austrian World Summit in Wien」の主催者であるArnold Schwarzeneggerさんを描いたものであるところから、そのお披露目にご本人を招待し、実際に路面電車にも乗ってもらったようです。

Continue reading "Arnold Schwarzenegger、路面電車で環境保護をアピール"

| | Comments (2)

May 16, 2018

祝 本日再就航、オーストリア航空日本線

2018_05_16_os51_03

2016年9月、日本線を休止したオーストリア航空ですが、日本では、本日から再就航となります。

日本線から中国線にシフトを切り替えたオーストリア航空が、これほど早く日本線を再開するとはFeriも予想していませんでした。

2018年5月15日、17時58分にウィーン国際空港(VIE/LOWW)を離陸したOS51便は、本日、11時33分に成田国際空港(NRT/RJAA)に到着。

折り返し52便となって13時30分に成田国際空港を出発する予定です(このブログを書いている時点では、日本へ向けて高度37000フィートを飛行中)。成田到着時には歓迎セレモニーが行われるかもしれません。

さて、気になる再開初便シップですが、すでに日本線でもおなじみの登録番号OE-LPD(Boeing 777-2Z9ER)が使用されています。残念ながら増備された60周年記念塗装機は、初便には投入されませんでした。

20180516ss00001

当面はデイリーではなく、週5便(ウィーン発は月、火、水、金、日、成田発は月、火、水、木、日)というのはちょっと寂しいですが、順調なスタートを切ることを祈るばかりです。

なお、機材繰りの関係から、日曜日ウィーン発51便は13時30分発、月曜日成田発52便は10時55分発となっています。

このブログをご覧になっている方の中には、もしかしたら日本線再就航初便、5月16日のOS52便にご搭乗になった方がいらっしゃるかもしれませんね。

Feriは、残念ながらお呼びではありませんが、もし、ご搭乗になった方がいらっしゃったらコメントをお寄せいただければ幸いです。

今年はオーストリア航空60周年ですから、ある意味、節目の年。この年に路線が再開されたのは、意義あることでしょう。

また、2019年は、オーストリアと日本は、「修交150年」の記念の年を迎えます。そのため、文化交流も活発になることが予想され、それを踏まえての路線再開かもしれません。

ところで、日本線を休止した理由に「収益性の低下」がありましたが、このほど、オーストリア航空60周年の式典に参加するためウィーンにやってきたルフトハンザの幹部が興味深い発言をしています。

Continue reading "祝 本日再就航、オーストリア航空日本線"

| | Comments (4)

April 23, 2018

どうなるUber問題

20180423ss00001

最初は22日に行われた「第35回ウィーン・シティ・マラソン」(35. Vienna City Marathon)の話題から。

日本も22日は「夏日」になった地区が多かったようですが、こちらウィーンも、ここ数日、初夏のような天候に恵まれています。

22日はスタート時点での気温は20度でした。しかも「快晴、無風」。Feriはマラソンには詳しくありませんが、選手の立場では、あまり良い気象条件ではなかったようです。

最終的な参加選手は41919名(ハーフマラソンに出場する一般参加選手が大多数ですが)でした。しかし、気温が高く、無風だったため、体調不良になる選手が続出し、新聞記事によると赤十字の医療スタッフが500回以上、出動したようです。

病院へ搬送された選手もいました。当然、給水に使う水の量もうなぎ登り。大会では、145000リットルの水が消費されと新聞記事では報じています。

ご参加の皆さま、お疲れさまでした。怠惰なFeriとしては、このように季候が良くなると、ホイリゲのシャニガルが恋しくなります(笑)。

20180422_x201_00001

さて、今日は「ウィーンのタクシーに関する話題」です。

最近は乗らなくなりましたが、以前はシュヴェヒャート空港から市内までは、タクシーを利用していた時期がありました。これは、ヨーロッパ内乗り継ぎで、空港到着が遅くなっていたことも理由の一つ。また、公共交通機関がバス中心だったこともありますが‥

劇場がはねる時間には、玄関前にタクシーが並んでいるのはいつもの光景ですね。

さて、そんなウィーンのタクシー業界で、問題になっているのはUber。ご存じの方も多いと思いますが、Uberは、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリを運営している会社。

車両とドライバーさんは、同社に登録した一般の方。副業で有償運送を行う訳で、言葉は悪いですが「昔の白タク」です。

実際にはドライバーの質を向上させるため、評価システム(ドライバーと乗客の双方)を採用している他、アプリによる目的地の指示、クレジットカードによる決済など、トラブルを防ぐ仕組みも導入されているようです。

Img_2017_02_0672

現在、世界70カ国・地域、450都市以上で展開しているそうです。オーストリアではウィーンで、運用中。

日本では、2015年に、福岡市で一般のドライバーが自家用車で運送サービスを行う「みんなのUber」のテストが始まりましたが、を国土交通省から「自家用車による運送サービスは白タク行為に当たる」という指導が入り、サービスは中断されました。

その後、、最近話題の国家戦略特区諮問会議で、一般のドライバーが自家用車で有償送迎する「ライドシェア(相乗り)」を可能にする規制緩和を検討されているようですが、具体的に、どの程度進んでいるのかは、Feriは存じません。

さて、オーストリアではご存じのように、職能別組織が強いように、今までは事業領域が厳密に規定されていました。

そのため、このような規制緩和に関しては、既存のタクシー業界から強い反発が出ています。

Continue reading "どうなるUber問題"

| | Comments (0)

April 05, 2018

ウィーン市内にも出現Post Partner

Img_218_02_0357b

今日は「郵便局の話題」をお届けしましょう。

このブログでも、何回かご紹介したように、こちらでは郵政事業民営化の際、Telecom、Bank、Postの三事業に分割されました。

郵便に関しては、郵便貯金がPOST BANKとして分離されて、現在ではドイツ資本の銀行BAWAG(BAWAG PSK)が運営しています。

以前、このブログでお伝えしましたが、地方の直営郵便局が凄まじい勢いで廃止され、Post Partnerに移管されています(詳しくはこちらから)。

Img_218_02_0358

日本の簡易郵便局は、原則として郵便事業専業(ゆうちょ銀行の業務も委託されていますが)ですが、こちらのPost Partnerは、もともと別の事業をやっていたお店に郵便事業の一部を委託するという方式です。

地方では、洋品店やブティック、スーパーマーケットがPost Partnerになっているケースも沢山あります。

基本的に長く地元で商売をしている店舗を選んでいるらしいのですが、正直、任命されたお店(というかオーナーさん)は、正直、ありがたくないそうです。

これは責任だけが重く、商売としてうま味が薄いからだとか‥まぁ、郵便事業を支えるという社会的使命で引き受けている方が大多数だそうです。

従来、Post Partnerは、地方の小さな町に限定されていたのですが、ついにウィーン市内にも登場しました。

今日、ご紹介するのはSchottentorにある書店です。Feriも、時々利用する書店ですが、先日、前を通りかかったら、写真のような表示が掲出されていました。

営業時間は月曜日から金曜日の9時から18時で、取扱いは郵便サービス全般(郵便小包、EMSを含む)と銀行業務サービス(引き出し、預け入れ、振込)です。

Continue reading "ウィーン市内にも出現Post Partner"

| | Comments (0)

April 02, 2018

タバコのお値段

Img_2017_12_0303

今日は「タバコの話題」をお届けしましょう。

日本では新年度に入って値上げされた商品がいくつかあるようですが、その中にはタバコもありましたね。

従来、低価格に抑えられていた「わかば」、「エコー」、「ゴールデンバット」、「しんせい」、沖縄限定の「バイオレット」、「ウルマ」が昨年4月に続いて値上げになり、いずれも300円代になりました。

Feriは、タバコは吸わないのですが、これらの商品は旧3等品というグループで、紙巻きタバコの中では、最も安いグレードに位置づけられています。

20180401ss00001

今回の値上げは、2015年のたばこ税改訂をうけて、数年間にわたって順次値上げが続けられることになっていたそうです。

従来は200円代ということもあり、経済的にゆとりの少ない愛煙家が愛好していたという話を聴いたことがあります。

フェイの友人が経営している日本の某コンビニエンスストアでも、「わかば」、「エコー」は一定のファンがいると話していました。当然、旧価格で販売していた3月31日にはまとめ買いをした愛煙家もいたようです。

Img_218_02_0485

以前は外国タバコと国産タバコの価格差がかなりありましたが、最近では、色々な事情もあってか、ほとんど価格差がなくなりましたね。

この話を耳にして、ふと思い出したのが、こちらの「タバコのお値段」です。こちらでも、日本と同じ銘柄(日本の外国タバコに当たる銘柄)を販売しているので、直接、価格を比較できる数少ない商品です。

日本でもおなじみのフィリップモリスが製造・販売している「Marlboro」。世界でベストセラーになっているタバコなので、日本でも愛好者が多い銘柄と思います。

日本では、現在、460円ですが、こちらでは5.3Euroです。現在のレートで換算すると700円近い価格になります。結構、高いですね。

こちらの感覚では、1Euroが100円のイメージですが、それでも500円以上、ワンコインを上まわる訳ですから、やはり高いような気がします。

Continue reading "タバコのお値段"

| | Comments (0)

March 31, 2018

どうなるのでしょうか?

20180330_x201_00001

今度の日曜日はOstern(イースター、復活祭)です。

ただ、こちらはちょっと天候不良が続いており、「春の訪れを告げる」という感じにはならないかもしれません。もしかすると、昨年のクリスマスよりも寒くなるという話も出ています。

また、今週末はVerkehrsmuseum Remise(ウィーン交通博物館)で、「Ostern in der Remise」の行事が行われます。このように、カトリック教徒が多いオーストリアでは、祝日も含めて、キリスト教に関連する行事が多いのが特徴です。

しかし、近年、キリスト教徒以外の人が急速に増えていること、難民・移民などの問題もあり、こういったキリスト教に関連した行事を見直す動きも出ているという話を耳にしたことがあります。

ところで、最近、日本ではヨーロッパの移民に関するニュースが報道されているのでしょうか。ヨーロッパでは、何故か、難民や移民に関するネガティブな情報は、マスコミがセーブしている傾向があります。そのため、あまり情報が伝わってきません。

Feriは行ったことがないので、断定的なことは言えませんが、北欧スウェーデンの治安が急速に悪化しているという話もあります。

そのため、スェーデンの医療機関で働く外国人医療関係者の中には、母国へ戻る人も出てきているという話を耳にしました。

更に、一部の国では、移民・難民に対するヘイトスピーチを徹底して取り締まる動きも出ており、インターネット上でも情報が伝わらなくなっているという噂もあります。

20180330ss00001

ドイツほどではありませんが、オーストリアでも移民に関するネガティブな話題は、マスコミがあまり取り上げない傾向があるようです。

一つには無用な対立を招かないための配慮なのかもしれませんが、その他にも色々な事情があるようです。

そんな中、珍しくオーストリアのKronen Zeitungで、こんな記事を見かけました。

ウィーンにあるAKH(国立病院)での出来事です。ウィーンに住むSalfenauerさんご夫婦のお嬢さんが難病を発症し、定期的にAKHに通院し、治療を受けているそうです。

治療は、24時間以上かかる薬剤接種なのですが、副作用は命の危険が伴うため、今までご夫婦はお嬢さんにつきそっていたそうです。

3月中旬、いつものように治療でAKHを訪れたSalfenauerさんご夫婦は、病院側から次のような指示を受けました。“同室の‘radical Muslim woman’(過激ムスリム女性)が、男性の入室を拒否しているので、お父さんは病室外で待機してください”。

仕方なく病院側の指示に従ったSalfenauerさんですが、それにもかかわらず、件のイスラム女性は、“彼の声が聞こえる”と訴え、そこからも立ち去るよう要求したそうです。

イスラム女性患者とSalfenauerさんは口論になったようですが、Salfenauerさんご夫婦が譲歩する形で、待合室に引き揚げました。

Continue reading "どうなるのでしょうか?"

|

より以前の記事一覧