June 05, 2017

オーストリアの風力発電事情

Img_2014_09_7317

今日は「オーストリアの電力事情」にまつわる話題です。

オーストリアでは再生可能エネルギーの活用という観点から、太陽光発電に加えて、以前から風力発電にも力を入れています。ただ、太陽光発電と異なり、最適な地域が限られています。

ご存じの方お多いと思いますが、風力発電は強風が吹く場所は不向きで、風は弱くても、安定して風が吹く場所が最適なようです。

ブルゲンラント州の風力発電施設を観ると、プロペラがゆったりと回転しており、これで本当に発電できるの?という疑問がわくほどです。

実際にはプロペラの回転数をギアで増速して、発電機を回しているので、ゆっくりと回っていても問題はないそうです。

Img_2015_06_0998

ところで、日本のように定期的に台風が襲来する地域では、プロペラの保護が難しいという話を耳にしたことがあります。

実際、日本の離島などでは、台風が襲来した際、プロペラが破損し、風力発電が一時、運用を停止したこともあるそうです。

また、北海道の宗谷岬には大規模なウィンドファーム(風力発電施設)がありますが、風との付き合い方が難しいとか‥ あのエリアも冬は強風が吹きますからね‥

以前、新聞にオーストリアの「風力発電の現状」が紹介されていましたが、最も発電量が多いエリアがニーダーエスターライヒ州(797mw)、次がブルゲンラント州(770mw)です。それ以外は発電量が少なく、ウィーンは7mw、シュタイヤマルク州は83mw、オーバーエスターライヒ州26mw、ケルンテン州0.5mwとなっていました。

Img_2010_10_0789

やはり山が多いため、気流が安定しないザルツブルク州、チロル州などではウィンドファームはなく、発電実績がないようです。

この情報を見ると風力発電に向いている地域と不向きな地域がはっきり別れていることがわかります。

Feriは、てっきり広大な平原が広がるブルゲンラント州の方が、発電量が多いと思っていたのですが、ニーダーエスターライヒ州の方が、上なのですね。

なお、現在、オーストリアにある風力発電施設は1191箇所あるそうです。

この記事を見ると、2000年には79mwだった風力発電の総発電量が、2014年には2064mwにまでアップしていることがわかります。

発電量が3倍弱に増えている訳です。このデーターを見るとオーストリアが積極的に風力発電を推進している様子がわかります。これはクリーン電力法の施行が大きく後押しをしているようです。

Continue reading "オーストリアの風力発電事情"

| | Comments (0)

April 16, 2017

“観光競争力ランキング”雑感

Img_2017_04_0005

日本の友人から「桜の便り」が届きました。今年は春先、寒い日が続いたため、桜の開花遅かった地区もあるようです。

今日はイースター(復活祭)ですが、当ブログでは「日本人が好きなランキングの話題」をお届けしましょう。

ダボス会議で知られている世界経済フォーラム(WEF)が隔年で公表している「観光競争力ランキング」の2017年版報告書(観光競争力レポート、Travel & Tourism Competitiveness Report)が発表されました。

日本では、日本の順位が、前回の2015年から5つ上げ、調査対象136カ国・地域の中で過去最高の4位に浮上したことが話題になっていると思います。

このレポートは、世界の旅行・観光業に関する報告書で、17年版は評価算出基準となる4領域14項目90指標に基づき、各種調査により算出しています。

Img_2017_04_0002

調査は各種統計データーと、世界各国の企業トップへのアンケート調査により、1から7点でスコア化して、評価しています。

ちなみに、2017年版では、4つのインデックスと、14のカテゴリーで評価が行われています。

観光政策・条件整備
―観光政策の優先度
-国際社会への開放性
-価格競争力
-環境の持続性

交通・観光インフラ
-航空インフラ
-道路交通・鉄道・港湾インフラ
-観光サービスインフラ
Img_2014_03_1072

自然・文化観光資源
-自然観光資源
-文化・娯楽観光資源

事業環境・社会環境整備
-事業環境
-治安
-医療・衛生
-人材・労働環境
-ICT環境


Continue reading "“観光競争力ランキング”雑感"

| | Comments (0)

October 02, 2016

大統領再選挙雑感

20161001ss00001

10月に入り、日本でも様々な新制度がスタートしたようですが、ウィーンでも色々な行事が行われています。

まず、10月1日には市内にある防空サイレンのテスト吹鳴が行われました。

また、当日は、恒例の「Lange Nacht der Museen 2016」(博物館の長い夜)が開催されました。オーストリア全土にある700箇所にもおよぶ博物館、美術館が通常よりも開館時間を大幅に延長して、深夜まで観賞可能なこの行事。多くの人で賑わっています。

また、各博物館へのアクセスをよくするため、ウィーンではWiener Linienが臨時便を設定して、利用者の利便性向上を図っています。「夜に強いオーストリア」らしい行事ですね。

さて、今日は「大統領再選挙の話題」です。

郵送による投票に不備があったことが判明し、裁判所の判断で、前回の大統領選挙のやり直しが決定しました。当初、夏休み明けの、今日、10月2日に実施される予定だったのですが、またまた問題が発覚。

Img_2016_09_0106

何でも郵送投票カードを入れる封筒に問題が見つかり、公正で完全な選挙実現が難しくなったため、封筒の作り直しを行うために延期となったようです。現時点では、12月4日の投票が予定されています。

ちなみに、オーストリアの大統領選挙は、4月24日に6名の候補者で実施されましたが、得票率の関係で決まりませんでした。そのため、ノルベルト・ホーファー氏とアレキサンダー・バン・デ・ベレン氏という上位2位の候補者による決選投票が5月22日に行われました。

当ブログでもご紹介したように、この決選投票は、希に見る接戦となり、どちらが当選してもおかしくないような状況になりました。

最終的に、僅差で「緑の党」元党首のアレキサンダー・バン・デ・ベレン氏が当選し、7月8日に就任式が行われることになりました。

ところが、その直後、「投票集計で形式的ミス」が発見され、憲法裁判所が「決選投票のやり直し」を要請。そこで10月2日に、やり直し選挙が行われることになったものです。

ちなみに「投票集計で形式的ミス」とは、 本来、開票と集計は選挙委員会代表と監視員の立会いのもとで行われなければならないのですが、関係者不在で開票が行われた選挙区があったことです。

しかも、投票終了時刻前に開票を行い、その結果がマスコミに流れたそうです(出口調査ではなく、公式の情報が流れてしまったようです)。

とくに郵送による投票の開票が投票締め切り時間前に行われたことが、大きな問題になったようです。

Continue reading "大統領再選挙雑感"

| | Comments (0)

May 24, 2016

オーストリア大統領選挙 決選投票の結末は‥

Sn00598

基本的に政治の問題は取り上げない当ブログですが、日本でも「オーストリアに極右の大統領誕生か」という報道がなされているので、今回は例外的に取り上げることにしました。

5月22日に行われたオーストリア大統領選挙の決選投票ですが、昨日もお伝えしたように希に見る接戦となったため、マスコミ得意の「出口調査」などを駆使しても、当選確実を打てなかったようです。そのため、実際の開票結果待ちとなり、当選の確定に時間がかかりました。

実際、リアルタイムで更新されている新聞社のホームページでも、左写真のような結果に‥ しばらく50%のままでした。

候補者はノルベルト・ホーファー氏(Norbert Hofer、自由党出身)と、アレキサンダー・バン・デ・ベレン氏(Alexander Van Der Bellen、緑の党出身)ですが、両極端な政党の指示を受けているのが特長。

Sn00596

しかし、中道左派が主流のヨーロッパでは、日本人が考える以上に愛国保守勢力に対する警戒心が強く、ORFの討論番組では、司会者がホーファー氏を中傷する発言をするなど、ホーファー氏を引きずり下ろすために、手段を選ばず‥という感じになったようです。

ただ、アメリカ大統領選挙でも、過激な発言で有名なトランプ氏を、マスコミや既存の政治家が叩けば叩くほど、国民の人気が高まるという傾向もあるので、こういった情報操作は、逆効果のような気もするのですが‥

Sn00600

さて、最終結果が出るまでに非常に時間がかかりましたが、これは選挙日当日の投票では決まらず、何と郵送による期日前投票の開票結果が当選を左右する事態に陥ったためです。

最終結果は、オーストリア内務省の発表によると、緑の党出身のAlexander Van Der Bellen氏が得票率50.3%という僅差で当選しました。Norbert Hofer氏の得票率は49.7%でした。

とりあえず愛国保守系(マスコミは極右という表現を使っていますが)のNorbert Hofer氏が大統領に当選しなかったことで、隣国ドイツをはじめとする国は、「ヒトラーの再来」を阻止することができて、ほっとしていることでしょう。

Continue reading "オーストリア大統領選挙 決選投票の結末は‥"

| | Comments (0)

April 26, 2016

オーストリアの大統領選挙雑感

Sn00578

今日は「大統領選挙の話題」をお伝えしましょう。

オーストリアでは、4月24日、社会民主党(SPÖ)出身のハインツ・フィッシャー現大統領大統領の後任を決める大統領選挙が行われました。
オーストリアでは、1950年から、国民による直接選挙で大統領が選ばれるようになりました。

憲法の規定で、大統領の任期は6年、2期までの再選が認められており、現大統領のハインツ・フィッシャー(Heinz Fischer)さんは、2004年の就任後、2期12年を勤め上げたので、任期満了ということになります。

日本は、大統領制ではありませんから、ピンときませんが、多くの人は大統領と聞くと、強大な権力を握るアメリカ大統領をイメージすると思います。

しかし、オーストリアの大統領は、実は名誉職で、政治的な権限は非常に限定されています。

そのため、本当かどうかは知りませんが、“誰が大統領になっても、オーストリアの政治に大きな影響はない”という声も聞かれます。

今回の大統領選挙に立候補したのは、以下の6名で、この中には、楽天のテレビコマーシャルに出演している「あの有名人」も入っていました。

Sn00574

ルドルフ・フンドストルファー前社会大臣(Rudolf Hundstorfer、与党の社会民主党出身)

アンドレアス・コール元議会議長(Andreas Khol、政権パートナーの国民党出身)

ノルベルト・ホーファー第3国会議長(Norbert Hofer、自由党出身)

アレキサンダー・バン・デ・ベレン元党首(Alexander Van Der Bellen、緑の党出身)

イルムガルド・グリス元最高裁判所長官(Irmagrad Griss)

リハルド・ルーグナー氏(RichardJLugner、楽天のコマーシャルにも出ている変わり者の実業家)

なお、オーストリアの大統領選挙は、第1回投票で過半数を獲得できる候補者がでなかった場合、上位2名の候補者による決選投票(5月22日実施予定)が行われる規定になっています。

選挙前、例の難民問題で、政権与党への批判が高まっており、野党候補が上位に入るのではないかと言われていました。

Continue reading "オーストリアの大統領選挙雑感"

| | Comments (0)

March 12, 2016

番外編 FOODEX JAPAN2016 オーストリアパビリオン

Foodex_2016_00

今日は3月8日から11日まで幕張メッセで開催された「FOODEX JAPAN2016(国際食品・飲料展)のオーストリアパビリオンに関する話題」をお届けしましょう。

Feriが行った訳ではないのですが、友人が関係者なのでのぞいてきたものです。ただ、友人はPRESSではないため、場内の写真はありません。ご了承ください。

今年は過去最大の79ヵ国の国と地域が参加しました。さすが「食の王国」です。ヨーロッパではアルバニア、リトアニア、ベラルーシといった国もブースを出していたそうです。

さて、Feriが関心のあるオーストリアパビリオンですが、5ホールに開設されていました。

今回は、ワインとお菓子関連を中心に、ビール、オーガニックパンプキンシードオイル、ミネラルウォーター、リキュールなどの企業が出展していました。

まだ、日本でインポーターが決まっていない企業も出展していましたが、以前よりも通常の食料品やお菓子関連が減り、ワインの比重が高くなっていたようです。

これは、2015年も同じ傾向だったので、費用対効果を考えて、ある程度、「選択と集中」を行うようになったのでしょう。

Foodex_2016_01

また、会期中はオーストリアのビールとワインのセミナーが会場内で行われました。友人も、両セミナーに参加したかったようですが、先約があったため、今回は残念ながらセミナー参加は実現しませんでした。

初日の3月8日に行われたのが、恒例のワインセミナー。今回は「オーストリアワインがおいしい7つの理由」と題して、オーストリアワインマーケティング協会会長のMr.Willi Klinger (ヴィリー・クリンガー)さんが、プレゼンターを務めました。こちらは、セミナールームでの開催だったようです。

そして、3月10日に行われたのは、Beer & Local Food Festa「オーストリア最高峰のクラフトビール」と題したセミナー。

プレゼンターは、エッゲンベルグ社のマネージング・パートナー Mr. Karl Stoehr (カール・シュトア)さん。

通常のセミナーと異なり、3ホール奥にあるグローバルステージで開催されました(予約制ではなく、先着100名)。

内容は、日本で取り扱いのある下記6種類のオーストリアのクラフトビール(サミクラウス、ウルボック、ネッシー、シルバーボトル、グレゴリアストラピスト、ベノートラピスト)を、試飲を交えたご紹介。

オーストリアのBierが、こういった会場で大々的にアピールされるケースは少ないだけに、お客さまの反応などが見たかったところです。

Continue reading "番外編 FOODEX JAPAN2016 オーストリアパビリオン"

| | Comments (0)

January 25, 2016

新しい局面を迎えた難民問題

Sn00482

今日は「難民問題」について、少しご紹介したいと思います。

ご存じのように2015年12月31日、ドイツで大規模に発生した性犯罪や強盗事件がきっかけとなり、ヨーロッパでもアフリカや中東からの難民受け入れに対して、国民の考えに変化が生じています。

とくにドイツの事件は、詳細な報道が遅かったこともあり、余計に国民に不安を与えてしまったようです。最近になって、12月31日には、ドイツ全16州のうち、12州で事件は発生していることが発表されました。

発生件数が最も多かったのは、ケルンのあるノルトライン・ウェストファーレン州で、約1000件の被害届が提出さたようです。また、北部のハンブルク州でも約200件の被害届が出ているという話です。

オーストリアに接するバイエルン州の被害届は27件と比較的少なかったようですが、性犯罪の場合、被害者全員が被害届を出す訳でもないので、実際には、被害はもっと多いのかもしれません。

また、被害者はケルンで発生した事件のように、ほぼ全件で女性だったようです。さすがに、こういった事件が起きると、ドイツに限らず、今まで難民受け入れに好意的だった国でも方針を変更せざるを得なくなると思います。

さて、オーストリアでは、今のところ、難民による大規模な事件は発生していないようですが、先週、オーストリア連邦と州、自治体による「難民政策の見直し」に関する会議が開催されました。

この会議で、オーストリアは、2016年、37000人の難民申請を受け入れるという決定を下しました。さらに、難民申請を受け入れる人数を、2017年は35000人、2018年は30000人、201年は25000人と設定しました。今後、4年間で合計127500人を受け入れるという訳です。

この人数ですが、「難民申請者の数」なので、申請が却下されれば、本国に送還されます。

Continue reading "新しい局面を迎えた難民問題"

| | Comments (0)

August 29, 2015

深刻な難民問題

Img_2015_08_2242_001

基本的に明るい話題をお届けしている「オーストリアこぼれ話」ですが、今日は、最近、こちらで頭が痛い難民問題をご紹介しましょう。

日本では十分、報道されているかどうかはわかりませんが、こちらのテレビでは、毎日のように難民に関するニュースが流れています。また、特集番組も放送されています。

26日・27日の両日だけで、ブルゲンラント州では、難民や不法移民が計300人以上も拘束されていますが、同州のアウトバーンA4では、放置されていた冷凍車の荷台から難民とみられる遺体が発見されています。警察の発表では、オーストリアに入る前に死亡していた可能性が高いそうです。

Sn_x6100107

なぜ、難民が乗ったトラックがオーストリアに来るのか‥その理由は、後半でお伝えします。

さて、今夏、訪れたLungauの中心都市Tamswegには、連邦軍の駐屯地があり、統廃合の対象となってたことから、真っ先に難民収容施設を作るというプランが国から提示されました。

オーストリアは、たすけあい精神が浸透している国で、小さな国であるにもかかわらず、恵まれない人々に対する寄付活動は非常に活発です。しかし、難民の受け入れとなると別のようです。

Tamswegでも地元住民の民意を背景に、市長さんが断固、拒否の姿勢を示しているようで、Feriが訪問した時点では、難民収容の動きはありませんでした。

3枚目の写真は、Tamswegの駐屯地正門です。この週は演習があったようで、頻繁に兵士や車両が出入りしていましたが、土曜日はゲートもしまっており、静かでした。

こんな中、8月中旬、政府は、法令の改正を国会に提出。これは、全国にある連邦軍の駐屯地を含む国有施設を、たとえ所在地の地方自治体が反対しても、国の権限で難民収容に転用できるというものです。

Continue reading "深刻な難民問題"

| | Comments (7)

April 17, 2015

ウィーン“解放”から70年

Sn00216

今日は「歴史の話題」をお届けしましょう。

今年は第二次世界大戦が終結して70年を迎えるため、日本でも色々と政治的な動きもあるようです。

戦争末期、地上軍に侵攻を前に、1945年3月12日、連合軍による大規模な空爆が行われ、ウィーン国立歌劇場やシュテファンドーム、ブルグ劇場、美術史博物館も被災しています。その後、当時のソ連赤軍がウィーンに侵攻し、4月5日からウィーン周辺で大規模な戦闘が始まりましたが、13日には組織的な抵抗が終結。

4月13日はウィーンが当時のソ連赤軍により、ナチス・ドイツから“解放”された日にあたるため、今年は市内のロシア兵記念碑前で、ロシア大使などを招き70年追悼記念集会が行われたようです。

当時のソ連側から見ると、「ナチス・ドイツに占領オーストリアを“解放”した」という見方になる訳ですが、ご存じの方も多いように、ヒトラーがウィーンのヘルデンプラッツで行った凱旋演説には、20万人ものオーストリア人が集まったのは有名な話です。

また、当時は、少なからずオーストリアの皆さんが、自国出身のヒトラーを歓迎したのも事実です。そして、第二次世界大戦当時、オーストリアはドイツに併合されており、ナチス・ドイツとして戦いました。

Continue reading "ウィーン“解放”から70年"

| | Comments (0)

April 12, 2015

選挙運動に思う

Wien_marathon

4月12日、ウィーンでは恒例の「Wien Marathon」が開催されます。

ご存じのように「Wien Marathon」は市民マラソンなので、参加者も多く、市内は大規模な交通規制が行われます。こういうときは、規制が掛かっているエリアに出向かないのが一番です。

さて、今日は「選挙運動の話題」をお伝えしましょう。

日本では4月に統一地方選挙が行われるため、選挙運動で賑やかなことだと思います。前半戦(投票日4月12日)と後半戦(投票日)26日に投票日が別れているため、選挙カーによる街宣などが「うるさい」と感じる期間が長いかもしれません。

11日の土曜日は、前半戦の選挙戦最終日でしたから、選挙カーによる連呼が凄まじかったのではありませんか?

Img_2013_09_0504_001

さて、こちらの場合、大統領や首町の選挙は異なりますが、議員は比例代表方式(政党名簿比例代表)が採用されているため、日本のように選挙カーを巡回させて、候補者名を連呼するという選挙運動はありません。

また、ポスターも政党をアピールするものが中心なので、写真は党首や代表の顔になっています。つまり、候補者独自のポスターは存在しない訳です。

ただ、ウィーンなどでは、選挙前になると、政党をアピールするための「捨て看板」が大量に街中に設置され、正直、景観上は好ましくありませんが‥

また、日本では選挙時に選挙管理委員会の許可を得て張り出している候補者のポスターにイタズラをすると、公職選挙法違反になるそうですが、こちらでは、政党のポスターにいたずら書きが絶えません。だいたい党首の顔にいたずら書きをするパターンが多いですが‥

Continue reading "選挙運動に思う"

| | Comments (0)