January 21, 2019

48er-TandlerでElvis展が行われました

20190117fee_4168

今日は「音楽関連の話題」をお届けしましょう。

日本でもエルビス・プレスリーのファンは多いと思いますが、先日、1960年台・1970年台に、エルビス・プレスリーのバックバンドとして活躍していたことでも有名なTCB-BandのメンバーであるRonnie Tuttさん(ロニー・タットさん、ドラム担当)に、ウィーン市から「Goldenen Verdienstzeichen」が贈られました。

なお、同じTCB-BandのメンバーであるJames Burtonさん(ジェイムス・バートン、ギター担当)とGlen D. Hardinさん(グレン・D・ハーディン、キーボード担当)は、2014年に同賞が贈られています。

授章式は、ウィーン市の清掃当局が主導しているリサイクルショップ48er-Tandler(5区のSiebenbrunnenfeldgasse 3にあります)で行われました。

20190117fee_2810


なぜ、48er-Tandlerで?と思われる方も多いと思いますが、実は1月17日から19日まで48er-Tandlerでは「From Memphis to Vienna」というエルビス・プレスリーに関する特別展が開催されていたためです。

つまりエルビス・プレスリーに縁の品々が展示された会場で、授章式‥と相成った訳です。

期間が短かったため、Feriも見学することは叶いませんでしたが、この展示会は入場無料で、1959年にエルビス・プレスリーがフランクフルトで購入したギターをはじめ、オリジナルの服、バッジ、ゴールドディスク、サングラスをはじめとする各種アクセサリー類、サインなど「縁の品」や写真が多数、展示されたようです。

ウィーンの皆さま中には、この時代のアメリカがお好きな方も多いので、短い期間の展示会とは言え、賑わったことでしょう。

Continue reading "48er-TandlerでElvis展が行われました"

| | Comments (0)

July 01, 2015

Conchita Wurstさんが来日するそうです<ビデオ付き>

Img_2015_06_0823_001

ウィーンも7月に入り、学校も夏休み。街中で、日中も子供さんの姿をよく見かけるようになりました。

さて、Feriが日本に戻っても全く話題にはなりませんが、今回「ヒゲ女装」で有名なConchita Wurst(コンチータ・ヴルスト)さんが、7月6日に初来日を果たすこと発表されました。

こちらではウィーンで盛大に催されたユーロビジョンソングコンテスト以来、あまり見かけなくなったコンチータ・ブルストさんですが、水面下では色々とプロモーションが進行しているのですね。

今回、コンチータ・ヴルストさんは、2015年7月1日発売の日本でのデビューアルバム「コンチータ」のプロモーションのために来日するそうです。ちなみに日本での歌手名は「コンチータ」だそうです。さすがにブルストだと、ソーセージになっちゃいますからね。

日本で発行されているスポーツ新聞の報道によると、コンチータさんは1週間ほど滞在し、テレビ各局への出演のほか、同性パートナー条例を認めた渋谷区の区役所訪問も視野に入れているそうです。

Continue reading "Conchita Wurstさんが来日するそうです<ビデオ付き>"

| | Comments (2)