December 06, 2018

ÖBB本社広報訪問記

Img_2018_12_0643

今日の記事は、載せるかどうか、非常に迷いました。というのは、自分が特定できる情報が含まれているからです。

しかし、バレても大きな問題にもならないと考えて、掲載することにしました。このブログを長く愛読している方は、Feriがオペレッタとともに、鉄道や飛行機にも詳しいことをご存じかと思います。

実は、日本で出版されている鉄道雑誌に、今年、ÖBBの電気機関車に関する記事を書きました。

自分と親友が20代から撮りためた写真をふんだんに使った記事ですが、海外ものにもかかわらず編集者が気をきかせてくれて16ページもとってくれました。

そこで、ふと、考えたのが、日本語の記事ですが、せっかくなのでÖBBの本社広報に献本しようと考えました。せっかく、こちらに居る訳ですから、郵送では面白くないので、本社広報を訪問し、直接、お渡しすることにしました。

そこで、メールでアポイントをとり、訪問日時が決まりました。その日は、Feriの大先輩が別件でWienへ来ることになっていたので、同行してもらいました。

現在、ÖBBは複数の会社に別れていますが、訪問したのはオーストリア連邦鉄道ホールディングス本社広報部門。

本社はHauputbahnhofの前にある高層ビルディングです。エントランスに受付があり、そこでアポイントをとった担当者に連絡をとってもらうと、ICカード式の臨時パスが発行されました。


最近の日本も同じですが、大手企業の場合、セキュリティ対策が徹底しており、このICカードでアクセスできるフロアーは限定されています。

Continue reading "ÖBB本社広報訪問記"

| | Comments (0)

June 07, 2018

Auf Rädern und Ketten 2018(下)

Img_2018_06_5970

今日は、昨日に引き続き「Auf Rädern und Ketten 2018」の模様をお伝えしましょう。

先日、「大人の倶楽部活動」という記事で、「産業遺産の保存」について、「日墺の違い」を記述しましたが、図らずも軍用車両の世界でも、民間で、これだけ大々的に動態保存をしているのには、驚かされました。

ビンテージカーですから、動態で維持するためには、それなりの費用もかかると思いますが、それを捻出できる経済力があるのですから、たいしたものです。

もう一つ、興味深かったのは、単に車両だけではなく、いわゆる当時の軍服を身に守った「本格的なコスプレイヤー」が集団で参加している点です(サークルが存在するようです)。

Img_2018_06_0242

ご存じのように、第二次世界大戦後、オーストリアはイギリス、フランス、ソ連、アメリカによって分割占領されました。

一応、「オーストリアはドイツに侵略され、連合国によって解放された国」と扱われたためか、コスプレイヤーのグループは、オーストリアを開放したイギリス軍、アメリカ軍が圧倒的に多いのです。

また、少数ですがソ連軍のグループも。ただ、フランス軍のグループは見かけませんでした。

いずれもテントなどを張って、小規模な前線基地を再現し、そこで野営をしているのですから、恐れ入ります。

Img_2018_06_5779

さすがにコスプレイヤーは、前線を想定しているため男性が多いですが、看護師姿の女性なども見られました。

なお、軍用車両のドライバーは、必ずしも軍服を身にまとっている訳ではなく、私服の形も多数。

ドライバーには女性も多く出場しており、この手の趣味が一般的に市民権を得ていることがよくわかります。

Img_2018_06_5926

余談ですが、日本人から見ると、話をしない限り、アメリカ人、イギリス人、ドイツ人、ロシア人の区別はつきません。

そういう意味では、コスプレで雰囲気は大いに盛り上がっていました。日本でやると、如何せん、顔が東洋人ですから、コスプレイは本格的でも雰囲気は出ないのですよね。

ところで、連合軍がオーストリアを占領中、ウィーンはソ連領内にある「特別な都市」として、市内が分割統治されていました。

そのため、占領軍同士のトラブルを防ぐため、占領軍合同のパトロールが行われています。そのパトロールを再現した展示も行われました。

Continue reading "Auf Rädern und Ketten 2018(下)"

| | Comments (0)

June 06, 2018

Auf Rädern und Ketten 2018(上)

Img_2018_06_0288

日本の皆さまもテレビ中継などでご存じかと思いますが、テニスの「全仏オープン」男子シングルス4回戦で、日本の錦織 圭選手とオーストリアのDominic Thiem(ドミニク・ティーム)選手が対戦しましたね。

オーストリア期待の選手だけに、こちらでも大きく報道されました(写真は撮れませんでしたが、地下鉄のインフォスクリーンでも紹介されていました)。結果は、ドミニク・ティーム選手が勝ち、ベスト8に進出しました。

先週末は、「Life Ball 2018」がウィーン最大のイベントでしたが、軍事史博物館(Heeresgeschichtliche Museum)では、6月2日と3日「Auf Rädern und Ketten 2018」と題した「ちょっと変わったイベント」が開催されました。日本語だと「装輪と装軌」といった意味になります。

Img_2018_06_5750

このイベントですが、毎年、開催されているのですが、残念ながらFeriはスケジュールが合わず、参加することはできませんでした。

今年は、2日の夜、Volksoperで「Gasparone」のPremiereがあり、昼間の時間も開いていたので、見学してきました。
このイベントですが、「11. Oldtimertre¬ffen im Arsenal」という副題がついているように軍用のビンテージカーが大集合するというものです。

軍事史博物館は、オーストリア連邦軍の管轄で、博物館自体も動態保存している戦闘用車両や軍用車両もありますので、Feriは、当初、博物館が所有している車両を中心に展示するものだと思っていました。

Img_2018_06_5727

しかし、実際に集まったのはアマチュアの愛好家(グループを含む)が保存している車両が大多数。その数に、正直、Feriは驚きました。

そして、この2日間、軍事史博物館は入館無料。会場となった特設エリアはもちろん、通常の館内見学も無料。連邦軍は太っ腹です。

会場は軍事史博物館裏の特設エリアで、軍用車両の代表ジープなどは、非常に沢山、集まっていました。

Continue reading "Auf Rädern und Ketten 2018(上)"

| | Comments (0)

May 30, 2018

番外編 日本の倶楽部活動に思う(下)

2018_rass_5638

今日は昨日の続きをお伝えします。

活動のコンセプトはオーストリアのClub760と羅須地人鉄道協会は相通じるものがありますが、取り巻く環境は、大きく異なるようです。

羅須地人鉄道協会は、1973年の発足当初は、新潟県糸魚川市にあった某工場の協力を得て、その工場の専用線で機関車の動態保存をはじめました。

その後、車両保存に理解があった工場が閉鎖になったため、所有していた車両を各地に分散して保存していたようです。

外野の人間には知る由もないような苦労があったと思いますが、最終的に「成田ゆめ牧場」という「安住の地」を得て、ここに鉄道を建設し、各地に分散していた保存車両を集めました。

Club760と共通しているのは、「まず、車両の保存を優先し、動態復帰を含む、整備作業は自分たちの身の丈にあった方法で、時間をかけてゆっくり行う」という考え方です。

2018_rass_5554

先を急がない、息の長い活動ですね。これは、利益を優先せざるを得ない私企業にはできない発想です。

ところで、羅須地人鉄道協会の皆さまも恐らく、できれば欧米のような「開かれた保存鉄道」を運営したいのだろうと思います。しかし、日本ではオーストリアのような純粋な保存鉄道を運営することは、非常に困難なようです。

まず、日本では「この手の愛好家の活動」を、否定的に捉える人たちが比較的多く存在することです。

“自分たちの趣味のために、周囲に迷惑をかけないでほしい。関係のない住民の安全を担保して欲しい”という意見です。

このような意見も一理ありますが、これは「価値観の違い」ですから、乗り越えるのは容易ではありません。その点、私有地内であれば、比較的、このような意見は少ないようです。

Img_2018_rass_5693

もう一つは関係法令の問題です。

「成田ゆめ牧場」のような「テーマパークの遊戯施設」は、通常の「鉄道関係の法令」は適用されません。しかし、日本では、通常、営業列車が走らない保存鉄道であっても、原則として一般の鉄道と同じ法令が適用されます(最近は若干、規制が緩和されているようですが‥)。

そのため、通常の鉄道を運営している営鉄道会社(もしくは関連会社)でないと、事実上、不可能なようです。

という訳で、日本では、純粋な保存鉄道は極めて少なく、蒸気機関車の動態保存は、いずれも既存の鉄道会社によって行われています。

それでも、普通のお客さまを輸送する列車と同じ規制が適用されるため、保安装置の増設をはじめ、安全面を担保するための苦労が多いようです。

それに対して、オーストリアをはじめとする欧米では、一般的な鉄道と保存鉄道では、別のレギュレーションが存在するようです。

Continue reading "番外編 日本の倶楽部活動に思う(下)"

| | Comments (2)

May 29, 2018

番外編 日本の倶楽部活動に思う(上)

2018_rass_5536

今日は、番外編として「日本で行われている大人の倶楽部活動」についての雑感です。

先日、私の友人グループが「大人の遠足」と称して、千葉県成田市にある「成田ゆめ牧場」を訪問したという連絡をもらいました。

友人グループは、鉄道趣味が縁で集まったグループです。職業や勤務先なども全く異なりますが、時々、時間の合う仲間で日帰り小旅行や飲み会などをしているようです。

今回、「おじさんグループ」がファミリー向けの観光牧場「成田ゆめ牧場」へ行った理由ですが、ここには「まきば線」という名称がついたトロッコ鉄道が運行されているため、それを見学するため。

2018_russ_5582

「成田ゆめ牧場」は、元々、観光牧場として設立されたものではなく、明治時代から乳牛の育成と牛乳の生産を中心に行ってきた「本物の牧場」。その後、本物の牛乳の美味しさを広めるため、観光牧場に転身しました。

現在は、牧場内にファミリーで楽しめるアトラクションも多数、設営されており、その一つがトロッコ列車です。

このトロッコ列車ですが、開設の経緯がちょっと変わっています。というのは、「成田ゆめ牧場」が設置したものではなく、羅須地人鉄道協会(らすちじんてつどうきょうかい)という狭軌鉄道の動態保存を行っている鉄道ファンのグループが建設したものです。

同団体のホームページには、以下のように紹介されています。

Continue reading "番外編 日本の倶楽部活動に思う(上)"

| | Comments (0)

April 22, 2018

Pflanzen für Balkon und Garten - Blumenmärkte 2018

Img_2015_09_3056

今日は「ガーデニングの話題」をお伝えしましょう。

ウィーンでも郊外に出ると庭付き戸建て住宅が増えてきますが、中心部は集合住宅なので、中庭のある建物は別にしてガーデニングを楽しむのは難しいようです。

しかし、草花を愛好する方が多い国らしく、集合住宅でもバルコニーやテラスを活用して小規模なガーデニングを楽しんでいるご家庭も多いですね。

ウィーンだけではありませんが、こちらではプランターなどを活用して窓辺にゼラニウムなどの花を飾る習慣があるので、その点でも「花の苗」などには一定の需要があるようです。

20180420_x201_00001

Feriも、初めてオーストリアに来た時には、窓辺に飾られているゼラニウムがすごく印象に残ったものです。

日本でも、この時期はフラワーフェスティバルが各地で行われていますが、ウィーンでは4月16日から5月9日まで、「Pflanzen für Balkon und Garten - Blumenmärkte 2018」が開催されています。

これは、市内の各地でバルコニーやガーデニング用の「花の苗」を、生産者が直接販売する臨時の市です。この時期に行われるのは、ちょうど、新しい苗の植え付けに最適な時期だから‥という訳です。

期間中、ほぼ毎日、3ヵ所から4ヵ所程度の場所で開催されており、苗の販売に加えて、生産者から手入れの仕方などのアドバイスを受けることができるようになっています。

市では色々な花が販売されているのですが、興味深いのは、こちらでは都市部での栽培にはペラルゴニウム(Pelargonien)を推奨している点です。

Continue reading "Pflanzen für Balkon und Garten - Blumenmärkte 2018"

| | Comments (0)

July 16, 2017

趣味雑感 楽しいクラブ活動 航空編

Img_2009_08_6015

先日の北九州に続いて、今度は愛知県犬山市周辺で集中豪雨があったようですが、最近は雨の降り方が極端な気がします。一方、関東地方は雨が全くおらず、夏の水不足が心配です。

さて、日本は7月17日が「海の日」なので、三連休という方も多いのではないでしょうか。ただ、雨の被害に遭った皆さまは、お休みどころではないかもしれません‥謹んでお見舞い申し上げます。

今日は「趣味の話題」の続編として航空編をお届けしましょう。オーストリア小さな国ですが、スポーツ航空が盛んです。一つはグライダーなどのスポーツ航空に最適なフィールドが多いことも要因なのかもしれません。

スポーツ航空は、比較的手軽なハンググライダーやパラグライダーであっても、ランディングゾーン(Landeplatz)が必要なため、飛行クラブを中心に活動を行っているところが多いようです。

Img_2011_08_9158

平素、飛行クラブはメンバーを中心に活動をしている訳ですが、夏期にはFluegelFest(またはFlugFest)と題したオープンハウスが開催されます。

FlugFestでは、一般のお客さまにもご来場いただき、クラブメンバーがフライトを披露して、スポーツ航空の魅力をアピールする目的があるようです。

ただ、Festという名がつくと、日本と異なり、こちらでは必ず軽食だけでなく、Bierが提供されます。

クラブメンバーが家族総出でお客さまを「おもてなし」してい姿を見ると、こちらの趣味活動の奥行きを垣間見るような気がします。

Continue reading "趣味雑感 楽しいクラブ活動 航空編"

| | Comments (0)

September 23, 2014

今日はお父さんがLokführerだ!

Img_2290_001

日本では、今日は「秋分の日」で、お休みですね。ウィーンも、急に秋が深まったようで、気温が下がってきました。

さて、今日は「鉄道趣味の話題」をお届けしましょう。

鉄道趣味も最近では、乗り歩き、写真撮影、模型、各種コレクション、文献調査など多岐にわたるようになりました。また、「鉄ちゃん」という言葉も一般的になってきましたが、実は、この言葉を最初に使ったのはFeriの大先輩にあたる方です。

そんな鉄道ファンの多くが憧れるのが、「実物の車両を自分の手で運転すること」ではないでしょうか。日本の場合、国交省の規制が厳しいため、資格を持たないアマチュアに鉄道車両を運転させるのは非常に難易度が高く、車両基地や専用線など本線と切り離された場所でしか実現できないようです。

さて、オーストリアでは、資格を持たないアマチュアが、何と本物の蒸気機関車を本線上で運転できる場所があります。「Amateurlokfahrten」というプログラムを展開しているのは、今年、開業120周年を迎えたムールタールバーンです。

Continue reading "今日はお父さんがLokführerだ!"

| | Comments (0)

December 29, 2013

Wiener Linien文化・スポーツクラブ鉄道模型サークル探訪

Img_2013_12_2375_001

今日は「企業内レクレーションサークルの話題」をお届けしましょう。

ウィーンの市内交通を担っているWiener Linienでは、職員を対象にKultur-und Sportverein(文化・スポーツクラブ)を設けています。様々なサークルがあるのですが、鉄道会社でもあるので、当然、鉄道模型サークル(Sektion Modellbau)も存在します。


先日、某おもちゃ屋さんを訪問したとき、この鉄道模型サークルの一般公開が12月14日・15日に行われることを知りました。

しかも会場は、日ごろフォルクスオーパーへの往復で利用しているU6のWähringer Straße駅の中。という訳で、一般公開を見学してきました。

当日は、入り口に写真のような看板が掲げられており、わかりやすくなっていました。一般公開なので、普通のお客さまの見学も大歓迎‥という訳です。

Continue reading "Wiener Linien文化・スポーツクラブ鉄道模型サークル探訪"

| | Comments (0)

November 06, 2013

スクープ? ウィーンで日本向け鉄道模型を製造中?

Img_2013_10_1282_001

今日は「鉄道模型の話題」をお届けしましょう。

日本はオーストリアよりも鉄道模型を製造・販売している会社が多数存在します。また、その昔は日本製の海外向け高級鉄道模型車両(真鍮製のハンドメイド製品)はアメリカに数多く輸出されていました。

ただ、最近ではコストの関係から、日本国内に流通している鉄道模型(主に車体がプラスチックの製品)の中には中国などで製造しているケースが増えていますが、企画や設計などは日本で行っているようです。しかし、さすがにヨーロッパのメーカーに製造を委託するというケースは、今まで、ほとんどなかったと思います。

さて、先日、近くまで用事があったので、帰りに10区の工業団地にあるHOスケールの路面電車模型を中心に製造しているLEOPOLD HALLINGの本社工場を久しぶりに訪問してみました。

前にもご紹介しましたが、この本社工場では自社製品を事務所で販売しています。これは、同社の製品を取り扱っている店舗が少ないためです。とくにドイツ各都市の路面電車などは、オーストリア国内では、なかなか手に入りません。

Continue reading "スクープ? ウィーンで日本向け鉄道模型を製造中?"

| | Comments (0)