July 30, 2016

Ernest-Bevin-Hof

Img_2013_04_4814

ウィーン17区(Hernals区)の話題が続きますが、今日は「Ernest-Bevin-Hofという住宅団地のお話」です。

17区にFeriが住んでいた頃、すぐ近くに市営アパートがありました。複数のアパートが立ち並ぶ形なので、日本で言うところの「団地」です。

例によって公園を中心としており、16棟の中層アパートが建っています。ウィーン市のデーターによると16棟に230戸の住まいがあるようです。

棟数の割に戸数が少ないのは、中層アパートである上に、一戸の面積が広いのでしょう。

Img_2014_03_0503

ただ、最近できた団地ではなく、1956年から建設が始まり、1958年に完成しました。ということは、築58年という物件です。

当時、この周辺は都心部に住まいをもつ人の別荘や古い建物が点在していたそうです。戦後の旺盛な住宅事情に応えるため、自然を生かしつつ、住宅団地の建設が行われました。

今でこそ、トップの写真のように周囲は住宅だらけにですが、当時は、画期的なプロジェクトだったことでしょう。

ちなみに設計を担当したのは、Walter Jaksch、Hans Jaksch、Siegfried Theiß、Franz Peydlというオーストリア工科大学出身の建築家4名です。ただ、いずれの建築家も既に鬼籍に入られています。

Ernstbevinhof

1950年代の設計なので、建物は比較的シンプルなデザインです。ただ、この団地のシンボルとなるのが二棟の「星形アパート」(9号棟と16号棟)です。

20160728ss00001

そう言えば、日本にも、このようなデザインの住宅団地があったような気がします。

興味深いのは、各棟の玄関付近に、シンボルとなる植物のレリーフが取り付けられていることです。シンボルとなる植物ですが、ポプラ、イチョウ、トウヒ、松、栗、オリーブなどだそうです。

1950年代後半なので、効率優先ではなく、遊び心のあるデザインが採用されたのでしょう。

築50年が経過したことから、2009年から2012年にかけて、躯体の改修を含めた大規模なリフォーム工事が行われています。その際、暖房装置の取り替え、断熱性能の向上、エレベーターの改修なども行われました。

Continue reading "Ernest-Bevin-Hof"

| | Comments (0)

July 19, 2016

謎の壁画がある住まい

Img_2016_04_1313

日本では7月18日が「海の日」で祝日だったため、3連休の方も多かったと思います。皆さまは、いかがお過ごしだったでしょうか。

こちらでは、7月から「長期間の夏休み(バカンス)」をとる人もいるので、人の流れも変わってきます。そういった背景があるので、路線を運休してのU4の大規模改修工事などができるのでしょう。

さて、今日は「住まいの話題」をお届けしましょう。

住まいというのは、各国の文化が色濃く反映されることが多いので、見比べてみると興味は尽きないものです。
こちらでは、集合住宅も含めて、住まいに壁画を描くある物件が比較的多いように思います。

Img_2016_04_1314

労働風景などを壁画で描いたものもありますが、時々、固有の人物を描いた住まいを見かけることがあります。

今日、ご紹介するのも「固有の人物」(と思われる)を描いた住まいです。場所はOttalring区ですが、街中ではなく住宅が立地する周辺部です。

ご覧のように教会に隣接した集合住宅の壁にモザイクで人物が描かれています。

その下には、プレートが取り付けられているのですが、どうも人物の解説ではなく、この人物が記した文章が書かれているようでした。というのは、右下にサインが描かれていたので‥

残念ながら、Feriは、この人物のことをよく知りませんが、この教会があるエリアは、Eduard Mörike氏という司祭(詩人や賛美歌作曲家でもあったそうです)にちなんで、1927年9月にMörikewegという地名になっています。

そのように考えると、この壁画の人物はEduard Mörike氏である可能性が高いような気がしてきました。

Continue reading "謎の壁画がある住まい"

| | Comments (0)

June 25, 2016

18区の高級アパート“Stilvoll Wohnen”

Sn00648

世界中が注目したイギリスのEU離脱を問う国民投票は、皆さまもご存じのように離脱派が、過半数を占めました。
この結果、残留を主張していたキャメロン首相が辞意を表明しています。

当たり前ですが、EUの一角を占めるオーストリアでも特別番組を編成して、大々的に報道を行っています。

このブログでもお伝えしたようにオーストリアでも大統領選挙の際、オーストリア・ファーストを掲げたノルベルト・ホーファー氏が、過半数に近い支持を集めるなど、EUの拡大にともなう不安が、各国の国民に広まっているようです。

Img_2016_02_0468

観光客の立場だと、イギリスは通貨もポンドのままですし、シェンゲン協定に加盟していませんから、国境検査も行われているので、EUを離脱しても、あまり影響がないように見えます。

しかし、今までオーストリアからイギリスに働きに出る場合、就労ビザは不要でしたから、仮にEUから正式に離脱すると、こういった自由もなくなるわけです。そういう意味で、今後、色々な問題が浮上してくるでしょう。

さらに大陸の国からもEU離脱を考えるところが出てくる可能性もあるような気がします。

Feriは、株式には手を出していませんが、ヨーロッパ各国では株価の下落など、経済への影響も大きいようですね。

さて、今日は「ウィーンの高級アパート」の話題をお届けしましょう。

今、ウィーンはアパート不足が顕著で、家賃も高騰しているそうです。「家賃の高騰」は需要と供給の関係ですから、まぁ、やむを得ない部分もありますが、頭が痛い問題でもあります。

Sn00649

公営アパートに関しては、このブログでもお伝えした2万人が住む予定の住宅Seestadt(2015年10月23日の記事はこちらから)の開発が完了すると、かなり供給量が増えると言われています。

一方、市内では再開発事業も盛んですが、こちらに関しては、富裕層を対象とした高級アパートが建てられるケースが多いようです。

一つは、日本と異なり高層アパートの建設に制約があるため、低層アパートで利益を確保しようとすると、どうしても質の高い「高級アパート」になるようです。

Continue reading "18区の高級アパート“Stilvoll Wohnen”"

| | Comments (0)

June 20, 2016

「秘密の屋根裏」を探訪

Img_2005_05_0171

今日は、「皆さまに日頃、目にすることがない場所」をご案内しましょう。

ウィーンの街を歩いていると、現在でも伝統的なスタイルの建物をよく見かけます。

外側が石造りで、三角形の屋根が載っているのが一般的かと思います。居室に関しては、こちらはリフォームが行き届いていますから、外観からは創造できないくらい洗練されたインテリアデザインのところが多いようです。当然、お住まいになっている方の趣味・趣向が反映される訳ですが‥

また、以前もご紹介したように、こちらでは戸建て住宅を施主さんが自分で建てるケースがあるなど、日曜大工も本格的。

そのため、室内のリフォームについても、住設機器の交換など以外は、自分で時間をかけて行う人が多いそうです。その当たり、日本とはずいぶん考え方が違いますね。

Img_2005_05_0172

さて、前置きが長くなりましたが、集合住宅の場合、普通、入居者でも目にすることがない空間が「屋根裏」です。

屋根裏に収納スペースなどが設置されているケースは別ですが、何もない場合、屋根裏に入る必要性もないため、見ることはほとんど無いでしょう。というか何か工事をするのでもなければ、入る必然性がありませんね。

以前、Feriの大先輩がWestBahnhof近くにオフィスを構えていました。典型的なウィーンの古い建物で、複数の企業が入居していました。駅から近いにもかかわらず、ちょっと奥にあるため、比較的静か。

Feriも、時々、そのオフィスに先輩を訪ねていったことがあります。あるとき、その先輩から“Feriさん、実は、今日、屋根裏に工事が入っていて、中に入ることができるのだけれども、せっかくだから見てみない?”というお誘いが‥

Continue reading "「秘密の屋根裏」を探訪"

| | Comments (0)

June 16, 2016

ウィーンの大規模住宅団地Wohnpark Alt-Erlaa 続編

Img_2016_04_1175

本来、2回で終わりにする予定だったWohnpark Alt-Erlaaのレポートですが、読者の方から“居室を紹介して欲しい”というリクエストがあったので、今日は、続編をお届けしましょう。

Feriも、この手のアパートは内部をぜひ見たいと思っているのですが、残念ながら築年数が経過している上に公営アパートであるため、いわゆるモデルルームは存在しません。

一応、Wohnpark Alt-Erlaaの公式ホームページには、間取りの例が掲載されていたので、そちらをお目にかけます。

Sn00640

この間取りを見ると、同じフロアでも間取りが異なる住まいが設置されているようで、ますます内部を見たい衝動に駆られますね(笑)。

ただ、時々、ウィーン市が新しい入居者を募集するためのオープンハウスを行うことがあり、その際に見学できるケースもあるようです。

ただ、これは毎回、Wohnpark Alt-Erlaaが対象となる訳ではなく、市内にある市営アパート全部が対象なので、見学のチャンスを見つけるのは大変そうです。

Continue reading "ウィーンの大規模住宅団地Wohnpark Alt-Erlaa 続編"

| | Comments (2)

June 15, 2016

ウィーンの大規模住宅団地Wohnpark Alt-Erlaaを訪ねて(後編)

Sn00638

Img_2016_04_1164

昨日、EURO2016でオーストリアはハンガリーと対戦しましたが、残念ながら0-2でハンガリーに敗れてしまいました。初戦の負けは痛いですね。今後の活躍に期待しましょう。

さて、今日は昨日に引き続き「ウィーンの大規模住宅団地 Wohnpark ALTERLAA」をご紹介します。

裾が広がった独特の形状を誇るアパートですが、遠くから見て気になっていたのは、「下層階の緑」です。

実際に近くに行ってみると、裾が広がっている部分には、ベランダに巨大なプランターが設置されており、ここが緑化されていることがわかりました。

少なくとも、通常のアパートにあるベランダとは仕様が異なり、「公園の一部」といった趣です。

Img_2016_04_1166

そのため、人工的な構造物なのですが、半分は緑に覆われているような感じがします。緑を大切にするウィーンらしい工夫と言えるでしょうか。

実は裾が広がっている以上に、この「緑」がポイントなのかもしれません。ただ、建物自体は巨大なので、近くに行くと、その高さに圧倒されます。

さて、このアパートで、もう一つの特長は、公共住宅でありながら、建設時、屋上にプールが開設されたことです。珍しい施設なので、このプールもよく紹介されるようです。

屋上プール(Dachschwimmbäder)は、何と7箇所。しかも、それに加えて屋内プールも7箇所に設置されています。

Img_2016_04_1179

この手の施設は、経年によって廃止されるケースが多いのですが、この団地では、現在でも案内が出ていたのでプールは健在なようです。3枚目の写真は、下から見上げたものですが、屋上プールのフェンスが見えると思います。

余談になりますが、Feriの先輩に建築専門家がいるのですが、その人に言わせると、日本では高層建築の場合、上層階に巨大なプールをはじめとする重量物を配置するというデザインは考えられないそうです。

確かに地震が多い日本では、高層建築の屋上に巨大なプールを設置すれば、トップヘビーになりますから、色々と問題が発生しそうです。

Continue reading "ウィーンの大規模住宅団地Wohnpark Alt-Erlaaを訪ねて(後編)"

| | Comments (2)

June 14, 2016

ウィーンの大規模住宅団地Wohnpark Alt-Erlaaを訪ねて(前編)

Img_2016_04_1155

今日は「ウィーンの大規模住宅団地 Wohnpark ALTERLAA」をご紹介しましょう。

ウィーンというと古くからある伝統的な建物を使った集合住宅が多いような印象を受けますが、実際には人口の増加に伴って周辺部には新しい集合住宅が建設されています。

これらは、比較的最近になって建設されたため、伝統的な建物に見られる彫刻などの装飾はなく、機能的なデザインが特長です。

そんな中、Feriがかねてから気になっていたのは、「Wohnpark ALTERLAA」という23区にあるオーストリア最大の住宅団地です。

Img_2014_10_8289

建物の裾が広がっているデザインでも有名で、日本でも建築関係の皆さまには、良く知られているようです。

日本では、1976年にオープンした新宿の損保ジャパン日本興亜本社ビル(旧・安田火災海上本社ビル)が、裾がスカートのように広がっていることが有名ですが、それに近いデザインです。

何回か、ウィーンから日本へ向かう際、付近を定期便で通過したことがあるので、上空から見たことはありますが、周囲の住宅と比べると、アパートの高さが、圧倒的に高く、異彩を放っています。

Img_2016_04_1186

Feriも前から気になっていたものの、なぜか、今まで実際に訪問したことがなかったのですが、先日、地方からウィーンに来る友人との待ち合わせまでに時間があったので、その間を利用して出かけてみました。

「Wohnpark ALTERLAA」は、地下鉄U6の沿線にあります。Feriのアパートがある5区からは、U4とU6を乗り継いで、20分ほどで行くことができます。

都心から大規模住宅団地まで30分程度で行くことができるというのは、コンパクトシティのウィーンらしいところかもしれません。

例えてみれば「ウィーン版」の千里ニュータウンか、多摩ニュータウンと言ったところでしょうか。

Continue reading "ウィーンの大規模住宅団地Wohnpark Alt-Erlaaを訪ねて(前編)"

| | Comments (2)

May 07, 2016

アパートでお洗濯

Img_2014_12_8693

「生活実感のある話題」に人気があるようなので、今日は「アパートでのお洗濯の話題」をお伝えしましょう。

Feriのアパートには家主さんがお買い求めになった全自動ドラム式洗濯機が、バスルームに設置されています。

17区のアパートを使っていた当時から、全自動洗濯機は使っていました。ドラム式なので、使用する水の量は比較的少ないようです。

使い方は、日本のものと全く同じ。電源を入れて、「ドア開ボタン」を押すと、前面のドアロックが外れて、ドアを開けることができます。

Img_1012_12_1465

洗濯物を投入し、左上にある洗剤の投入口に洗剤をセット。後は、右側にある回転式スイッチを使って洗濯コースを選択して、スタートボタンを押すだけです。

現在使っている洗濯機の場合、洗濯のコースは12コースもあるのですが、Feriが使ったことがあるのは、3コースほどです。

比較的汚れが少ない時に使うコースでは、40度のお湯を使うようにプログラムされていました。ただ、この温水に関しては洗濯機本体で水をお湯にしているのではなく、給湯器から直接お湯を供給しているような雰囲気です。

というのは、洗濯機が動き出すと、給湯器も動き出すもので‥(笑)

ちなみに17区で使っていた洗濯機も温水モードがありましたが、実際には温水は供給されていなかったようです。

これはアパートの給水システムによるものだと思います。詳細を確認できないうちに、引っ越してしまったのが残念です。

Continue reading "アパートでお洗濯"

| | Comments (0)

November 02, 2015

寒い季節になりました‥暖房こぼれ話

Img_2015_09_5550_01

日本では、11月3日が「文化の日」(昔は明治節)でお休みなので、こちらだったら2日はズル休みが増える「窓の日」という訳です。最も、まじめで働き者の日本人の皆さまは、ズル休みをする人はいないでしょうが‥

さて、今日は「暖房の話題」をお伝えしましょう。

10月中旬くらいからウィーンも寒くなり、朝、アパートの窓から外を眺めると煙突から排気が出ている住まいを多く見かけるようになりました。

Feriが以前、お世話になっていた17区のアパートは最近の建物なので、集中ボイラーによる全館給湯システムでした。そのため、各戸で何も操作をしなくても、蛇口からお湯が出ましたし、暖房用のスチームもラジエーターのバルブをひねるだけで暖かくなりました。

更に最近の建物なので、天井が低く(と言っても日本並みの高さはありますが‥)、ほとんど暖房を使わなくても快適に過ごすことができました。

昨年、9月に家主さんについていく形で移動した5区のアパートは、築年数はわかりませんが、石造りで装飾を施してある建物の外観から想像すると、100年以上は経っているような気がします。

もちろん、室内は床や壁なども含めてリフォームされており、古い感じはしません。さらに窓についても新しいものに取り替えられているため、すきま風云々という心配は皆無。さすが寒い国です。

Continue reading "寒い季節になりました‥暖房こぼれ話"

| | Comments (0)

May 21, 2013

「住まいのドア」に見る考え方の違い

Img_102_01_3145_001

今日は「住まいのドア」にまつわるお話です。

住まいというのは、食事と並んで、国民性が出るような気がします。特にヨーロッパの場合、日本と異なり、伝統的な「仕様」というのを大切にする傾向があるので、日本人は戸惑うことがありますね。

Feriがアパートに住むようになって最初に感じたことは、「玄関ドアに“遊び”がない」ということでした。つまり、閉めてしまうと全く扉が動かなくなってしまうのですよ。完全密着‥という感じですね。

日本の場合、地震が多いという事情があるため、自信などで枠が歪んでもドアを開けることができるように、若干、遊びを設けていることが多いようです。その点、「地震? 何ですか?」という国ですから、遊びという概念がないのかもしれません。

当たり前ですが、セキュリティの問題があるので、玄関ドアにはドアミラーが付いているだけで、窓などは一切ありません。また、室内側に開くようになっています。

Continue reading "「住まいのドア」に見る考え方の違い"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧