January 26, 2020

アパートの調理器具雑感(家電編)

20200125007今日は、最近利用する方が増えている「レンタルアパートの調理器具に関する話題」をお伝えしましょう。

ホテル予約サイトでもアパートが増えてきましたが、ホテル以上に重要なのが、アパートの設備です。一応、予約サイトには設備が列挙されている他、写真が掲載されていることもありますが、どうしても現地に行ってみないと詳細はわからない部分があります。

まず、調理に必要な調理器具。こちらのアパートは基本的にオール電化なので、コンロは電気(電磁調理器の場合もあります)です。

20200125008レンタルアパートの場合、簡易キッチン仕様が多く、2口が一般的ですが、コンロが接近しているため、鍋とフライパンを同時に使えないケースもあります。

ちなみにFeriがお世話になったアパートの場合、四つ口で、同時使用も全く問題ありませんでした。

また、最新型のコンロは操作部分がタッチパネル式になっていますが、友人が使ったアパートでは、タッチパネルのロックを解除する方法がわからなかったそうです。

ロックがかかっていると主電源が入らず、各コンロの温度を上げることもできません。 

20200125001友人はキッチン周辺の収納を家捜ししたところ、取扱説明書が残っていました。が、これがくせ者。最近は多言語化が進んでおり、見たこともない言語の説明書が‥肝心の英語版が、なかなか出てこなかったそうです。

最終的に英語版を探し当てて、わかったことは「ロックボタンを3秒間押し続けるとロックが解除される」という簡単のものでした。

20200125011ウィーンでは電子レンジは日本ほど普及していませんが、レンタルアパートの場合、簡易キッチンなので、逆に電子レンジの装備率が高いようです。

日本の電子レンジは高機能化が進んでいますが、逆に単純なものが設置されているケースが多いようです。つまり「温めるだけ」の機能です。そのため、説明書がなくても、何とかなるとか‥

20200125005また、こちらのアパートで魅力的なのは電気オーブン。冷凍食品の中には電気オーブンを遣うことを前提にしている商品も多々あります(冷凍シュニッツェルなどは、その代表)。

また、スーパーマーケットで売っている半生センメルを電気オーブンで焼くと、焼き立てセンメルを食べることができます。これは、ご機嫌です。

Feriがお世話になっていたアパートの場合は、家主さんとの同居だったため、電気オーブンは、当然装備。

しかし、操作方法はノブを回して温度設定と機能選択(送風の有無など)をするという単純なものでした。

20200125002しかもピクトグラム付き。そのため、家主さんに説明を受けなくても、遣うことができました(左の写真がFeriが最初にウィーンで使った電気オーブンです)。

ところが、先日、友人が利用したレンタルアパートの電気オーブンは最新式。操作部分の中央に液晶パネルがビルトインされており、左右のノブも電子式。

タイマーも入っているらしく、使い方がわからなかったそうです。最初、半生センメルを温めているつもりが、実は火が入っていなかったという笑い話も‥

Continue reading "アパートの調理器具雑感(家電編)"

| | Comments (0)

January 18, 2020

Hernalsのアパートができあがりました

20200117005今日は「S BahnのHernals駅に隣接するアパートの話題」です。

鉄道線路側にガラス製防音壁が設置されているユニークなアパート(Frauenfeld-Terrassen)ですが、先日、訪問したところ、どうやら建物は完成したようです。すでに工事用足場や仮設事務所などは撤去されていました。

Frauenfeld-Terrassenですが、17区と16区の境に建設されたユニークな物件です。地図を見ると物件の間を区の境界線が通っています。

20200117003余談ですが、Hernals駅も16区と17区の境界上に建設されており、駅舎は17区側にありますが、プラットホームは分断されています。

建物はL型を組み合わせた構成になっており、駅舎側の建物1階にはスーパーマーケットLiDLがテナントとして入っており、2019年12月12日から営業を開始しています。

LiDL(リドル)はリドル は、世界中に約8000店舗を展開するドイツのディスカウントスーパーマーケットのチェーン。オーストリアでは、国内に約180店が展開しています。

20200117001ただ、このアパートは場所柄、分譲部分は富裕層を対象とした高級アパートなので、その1階にディスカウントスーパーマーケットが入るというのは、ちょっと違和感があります。

物件のブランド力を弱めることにならないか、ちょっと心配です。この近くには、反対側にMERKURが、LiDLの並びには、同じくディスカウントスーパーマーケットのHOFERがあるというスーパーマーケット激戦区です。

20200117004防音壁のある部分は、テラスガーデン(公開緑地)になっているので、アパートがオープンしていれば、テラスガーデンから内部から詳しく見ることができるのですが、フェンスが取り付けられたままで、入ることはできませんでした。

Feriが見た限りでは、まだ入居が始まっている様子はありませんでした。もしかしたら、内装工事などが残っている可能性があります。

道路から見た感じだと、アパートのベランダ越しに防音壁が見えましたので、線路に面した部屋の騒音低減を狙っているのでしょう。

アパートには、自然光が入る吹き抜け(エレベーター有り)からアクセスできます。 テラスガーデンには、ベンチ、花壇などがあるほか、バリアフリーのトイレ、屋根付子供用遊び場が設けられます。

Continue reading "Hernalsのアパートができあがりました"

| | Comments (0)

December 21, 2019

暖かいウィーンの冬

20191213002ウィーンも寒さが戻ってきて、小雪が舞う日もある、今日この頃です。今日あたりからクリスマス休暇に入る方も多いようです。そのため、列車も混雑することでしょう。

ちなみにFeriが贔屓にしている某ホイリゲも、今日からクリスマス休暇。営業再開は2020年に入ってからです。

さて、今日は「ウィーンの住まいにまつわる話題」をお届けしましょう。

現在、Feriの友人、森野由みさんが公演活動で日本に滞在しています。冬の時期、日本へ行くと多くの友人が、異口同音に言うのが“日本の部屋は寒い”。

さすがにホテルの部屋などは暖かいですが、一般家庭(特に戸建て住宅)の多くは部屋の中が寒いケースが多いという意味です。

20191213005もちろん、最近の高気密高断熱住宅の場合は例外ですが、在来工法の場合、確かに寒いですね。そのため、問題になるのは皆さまご存じのヒートショック。例えば、風呂場との温度差が激しくて、血圧が大きく変動して、体調に異変をもたらす‥というケースですね。

ウィーンに限らず、オーストリアの場合、寒冷地なので基本的に外断熱工法である上に、大量の断熱材(恐らく日本の2倍以上)を使っています。

さらに、日本では少ないスチーム暖房を導入している住まいが多いのが特徴です。スチーム暖房のラジエーターが窓際に設置されているケースが多いようです。冬は基本的に常時スチームが通っており、部屋全体が暖まっています。

20191213001また、寒冷地なので窓の密閉度も高く、隙間風が入ることはありません。このブログでもご紹介したことがありますが、換気のため、上部が内側に開くようになっています。

こちらで生活するようになって驚いたのは、窓を換気用に内側に空けておいても、スチーム暖房が入っていると室温が下がらないということです。それだけスチーム暖房の能力が高いことと、断熱性が高いのでしょう。

もちろんリビングルームやベッドルームはもちろん、バスルームにもスチーム暖房のラジエーターが取り付けられています。

20191213007ただ、通常の部屋と異なるタイプ(背が高く、タオルなどを掛けることもできます)です。そのため、洗濯物などをバスルームに干しておくと、非常に早く乾きます。変な話ですが、スチーム暖房が入っている冬の方が、暖房がない夏よりも早く乾くことがあります。

ご存じのようにウィーンは、冬期は寒い上に晴れる日が少ないですから、洗濯物は部屋乾しになりますが、全く問題ありません。

日本でも、最近は浴室暖房機(乾燥機)を設置するご家庭が多いという話を耳にしますが、この考え方を以前から採用していることになります。このあたり、寒冷地ならではの事情と言えるかもしれません。

20191213006_20191219141301さらに、部屋が暖かいため、毛布だけでも寝ていて寒いと感じることはほとんどありません。逆に寝汗をかくことも‥

Feriがお世話になった家主さんも、朝起きるとシャワーを浴びてから出社していましたが、バスルームが暖かいため、朝、シャワーを浴びても体が冷えることはありません。

最近は、Feriも、同じように、朝、シャワーを浴びてから朝食をとるようになりました。日本では、夜、寒いために体を温める目的で風呂に入っていたので、住環境によって生活習慣も変わることを実感しています。

Continue reading "暖かいウィーンの冬"

| | Comments (0)

November 12, 2019

実は屋根は木造です

201911110001日本の話題が続いたので、今日は本来の「オーストリアの話題」に戻りましょう。2019年4月、パリのノートルダム大聖堂が火災で焼失したのは、皆さまもご存じのとおりです。

日本の方から見ると、石造りの大聖堂が大規模な火災で焼失したという事実に驚いた方も多いかも知れません。

こちらの古い建物は石造りのものが多いですが、実は屋根などは木造になっています。ノートルダム大聖堂の場合も、鐘楼は木造であったため、火災により焼失してしまいました。

ウィーンでも市内を歩いていると古い建物の改築工事を見かけることがあります。

201911110002最初にお目にかけるのはOttakringの某所で見かけた古い集合住宅です。伝統的なスタイルで、屋根部分も住まいになっているようです。

ちょうど、足場を組んで正面の改修工事を行っていますが、屋根の部分を見ると、両側にある塔の間は、木造であることがわかります。

改修工事の最終段階では、この上に屋根材を貼り付けるため、できあがってしまうと構造体が木造であることはわかりません。しかし、また、煙突も取り付けられています。

201911110003煙突は耐熱構造になっているので、ここから出火することは、希だと思いますが、居室で火災が発生した場合は、この木造屋根に引火して、一気に焼け落ちる可能性があります。

2ケース目も集合住宅ですが、最初の物件よりは新しく、シンプルなデザインです。恐らく第2次世界大戦後、新しく建設されたものだろうと思います。シンプルなデザインですが、屋根部分にご注目ください。

中層の建物ですが、三角屋根になっています。そして、三角屋根の構造体は、こちらも木造です。

201911110004アップにするときれいな木組みの構造がよくわかります。

この建物は、煙突は煉瓦造りになっているため、それを取り囲む形で屋根の構造体が組まれていることがわかります。そして、その下にはブルーのシートが見えますが、養生シートだろうと思います。

何しろ、現状、屋根は構造体だけで屋根材が貼り付けられていないため、雨が降ったら水を防ぐ手段はありません。そこで、工事中、内側に養生シートを貼っているのでしょう。ここでも足場を組んで工事を行っています。

Continue reading "実は屋根は木造です"

| | Comments (0)

August 25, 2019

おしゃれな集合住宅ができました

201908230004今日は「Lungauで見かけた集合住宅の話題」です。

Murutalは、その地域性から、現在でも林業が盛んなエリアです。また、Murutalのシュタイヤマルク州側には林業博物館などもあり、地域の産業積極的にアピールしています。

Lungauにも実際、 伐採した木材を加工する製材所などがあります。今回、訪問した際、建設中だった集合住宅が完成していました。

通常、Lungauでも集合住宅は、ウィーンなどで見かけるコンクリートタイプが一般的です。さすがに場所柄、高層住宅はなく、3階から4階程度の物件が中心。

201908230003そんな中、今回、できあがったのは写真をご覧になるとわかるように「木をふんだんに使った斬新なデザイン」です。

ご参考までに、建設中に現場に掲出されていた完成予想イラストをお目にかけますが、実際にできあがった建物の方が、おしゃれなつくりになっていることがおわかりになると思います。

躯体のデザインはイラストと、ほぼ同じようですが、実は色が大きく異なっていることで、印象が変わったようです。

201908230001イラストでは、明るい色を基調にしていましたが、実際にできあがった建物は、濃い色を活用した重厚な仕上がり。
一見すると、木造建築のようにも見えますが、階段室がコンクリート打ちっぱなしになっていることから、構造躯体はコンクリートなどを活用し、外壁や仕上げに木材を多用しているのだと思います。

このエリアは「オーストリアでも最も寒い地域」と言われており、木を多用してあっても断熱材などはふんだんに使われていると思われます。

本当は、詳しく観察したかったのですが、如何せん、すでに人が住んでいる集合住宅ですから、勝手に構内に入って、細部をチェックする訳には行かず、敷地外からの観察に留まりました。

Continue reading "おしゃれな集合住宅ができました"

| | Comments (0)

August 23, 2019

不思議な洗面台

201908190011今日は「ホテルの洗面台の話題」です。

オーストリア国内でも旅行に出ると、ホテルに泊まるので、色々と面白い発見があります。

先日、LungauからWienへ戻る途中、オーストリア某所で宿泊したホテルでのこと。新しいホテルだけあって、設備も充実しています。何しろエアコンが付いている位ですから‥(SIEMENS製でしたね)。

201908190010バスルームの洗面台ですが、見かけは、ごく普通のスタイル。スクエアタイプで目新しいことはありませんが、排水用の栓を開けるレバーが見あたりません。

普通は水栓の後ろなどに付いているのが一般的なのですが‥念のため洗面台の下も見たのですが、特にレバーなどは見あたりません。

閉まっていますから、洗面台に水を溜めることはできるのですが、問題は排水‥

まさか、自動排水になっているのかと思って、しばらく様子を見ましたが、洗面台に貯まった水の量は変化無し。

Continue reading "不思議な洗面台"

| | Comments (0)

August 07, 2019

不思議な集合住宅の雨戸

201908070005日本では8月6日に台風8号が九州を横断したようですが、皆さまは影響を受けなかったでしょうか。Feriの取引先には九州の会社もあるので、社員の皆さんの安否も気になります。

一方、7月は晴れの日が少なく、日照時間が極端に少なかったようですが、8月になって一気に晴れの日が増えて、気温も急上昇。友人の話だと、連日、熱中症で病院に搬送される方が増えているとか‥

当然、テレビでも「屋外での運動は控えて、室内では適切に冷房を使用して下さい」というご案内が‥あれ、来年の今頃、東京オリンピック大会の真っ最中ですよね。オリンピック競技の放送中も「屋外での運動は控えて、室内では適切に冷房を使用して下さい」というテロップが出るのでしょうか。まるで、ブラックジョーク。

また、何故か、この気温で犠牲者が出ているにもかかわらず、「来年のオリンピック大会での事故が懸念されます」という報道は皆無とか‥「大人の事情」でしょうね。

201908070001さて、前置きが長くなりましたが、今日は「建物の話題」をお届けしましょう。

このブログでも何回かお伝えしていますが、建物や住宅設備は、その地域の文化が色濃く反映されていると思います。

昔は、気象条件や風土の影響が強かったため、その傾向が顕著だったような気がします。現在でも、街中でちょっと変わった建物や住宅設備を見かけることがあります。今日、ご紹介するのも、その一つ。

201908070004最近できた集合住宅のようですが、Feriが気になったのは窓です。ほとんどの窓の扉(雨戸でしょうか)が閉まっていましたが、1箇所だけ空いていて、その構造が確認できました。

珍しい開き戸仕様のようです。こちらでは、以前は開き戸方式の雨戸が中心でしたが、最近はシャッター方式が中心になっています。

古い家屋の開き戸式雨戸は、中央に採光を兼ねて小さな開口部(装飾されているケースが一般的ですが‥)がありますが、この雨戸は、一見すると何もなさそうです。

201908070002撮影した時は気づかなかったのですが、後日、撮影した写真を拡大したところ、小さい丸型通風口らしきものが設けられていることがわかりました。

これで、多くの部屋で雨戸が閉まっていた理由も、何となくわかりました。つまり、雨戸が閉まっていても、室内は意外に光が入ってくるのかもしれません。

暑い時期だと直射日光が部屋に入ると、部屋の温度は急上昇。しかも、基本的に外断熱構造なので、室温が上がってしまうと、下げるのは一苦労。

日本のようにエアコン完備という住まいは集合住宅でも少ないですから‥

Continue reading "不思議な集合住宅の雨戸"

| | Comments (0)

May 18, 2019

アヒルちゃん登場 「謎の看板」

201905170001今日は「看板の話題」をお届けしましょう。

お店や企業の看板というのは、結構、お国柄を反映していて面白いものがあります。先日、ご紹介した「下水道工事会社の看板」もイラストが入ったユニークなものでしたね。

さて、今日、ご紹介するのは、Ottakringの某建物で写真のような「謎の物体」です。

こちらではポピュラーな「お風呂グッズの代表であるアヒルちゃん」です。

しかし、通常、店頭に並んでいるアヒルちゃんは手の平サイズですが、これは建物に取り付けられていますから、実際にはかなり巨大なものだと思います。

201905170004ただ、ちょっと汚れているのが気がかりですが‥

親の後ろに続いて、子供が5羽。ごていねいに親のすぐ後ろは「黒いアヒル」になっているではありませんか。

単なるオブジェではなく、会社もしくはお店のアピールを目的としたものだと思います。で、後日、例によってググってみると、その正体がわかりました。

この建物には「RIEDEL(Peter Riedel Ges.m.b.H.)」という会社が入っているのです。さて、何の会社でしょうか。そのヒントは同社のホームページアドレスにあります。

「www.klenbad.at」。ただ、お風呂屋さん(銭湯)ではありません。

家庭の風呂や洗面所、シャワールームなどを施行する設備会社でした。

Continue reading "アヒルちゃん登場 「謎の看板」"

| | Comments (0)

March 25, 2019

定点撮影 Hernalsのアパート工事

201903240006今日は、懲りもせず「定点撮影シリーズ」をお届けしましょう。
場所は、かつてFeriがお借りしていたアパートの最寄り駅であるS BahnのHernals駅に隣接するエリアです。

12月に訪問した際は、すでに躯体工事が急ピッチで進められていましたが、最近、所要があって訪問した際、工事の進捗具合が早いのに驚きました。

かつて、駅に隣接するエリアは小高い丘で、何も立っていなかったのですが、丘を崩して、平地にした上で、高級アパートが2棟、建設されています。それほど広大な敷地ではありませんが、2棟は別のデベロッパーが建設しています。

ちなみに左の写真は、工事が始まるかなり前のものです。まさか、この丘を崩して平地にしてしまうとは‥

面白いのは、このエリア、17区と16区の境にあたるため、住所がHeigerleinStrasse43(17区)とPaletzgasse40(16区)に別れている点でしょうか。

なお、基礎工事中の様子は2018年3月21日の記事をご覧ください。

こちらでは、別の場所で作ったコンクリートパネルを組み合わせて建設する方式が主体なので、基礎工事が完了すると、その後は、予想以上に早いペースで建設が進みます。

駅に近い方のアパートがトップの写真。ここはmigraというデベロッパーが建設中。6階建てのようで、既に躯体は、ほぼ完成しています。

201903240003

このアパートについては、1階は商業施設が入るような感じです。また、窓の形などから、一部はオフィスなどになるのかもしれません。

完成予想イラストを見ると、上層階(日本式の5階と6階)については、ルーフバルコニーがついた仕様のようです。Hernalsは「ウィーンの森」も近いので、眺めは良いでしょうね。

201903240005

どのような物件なのか興味があったので、同社のホームページをチェックしてみましたが、まだ、この物件に関する情報は出ていませんでした。こちらは、HeigerleinStrasse43です。

一方、Ottakring寄りのPaletzgasse40に建設されているアパートはARWAGというデベロッパーが担当。こちらはバルコニーが各部屋に付いているので、恐らくアパート中心の構造だろうと思います。

こちらも躯体は、ほぼ完成しており、足場でよく見えませんが、窓のサッシなどの取り付けも進んでいます。

201903240004

この物件については、同社のホームページで概要が紹介されていました。

6階建てで、総戸数は125戸。そのうち46戸は2~4室をもつファミリー向け物件のようです。やはり上層階にはルーフバルコニーが備えられています。

Continue reading "定点撮影 Hernalsのアパート工事"

| | Comments (0)

February 15, 2019

定点撮影 お店は変わります‥

201902130001

本日、オーストリアのセバスティアン・クルツ首相の来日が予定されています。その前に韓国に立ち寄ったそうですが‥

日本オーストリア修好150年に当たり、オーストリアと日本の外交、経済や文化の交流等、両国の関係を深めることになるでしょう。さて、日本では、どの程度、報道されるのでしょうね。

さて、今日は「一昨日、お伝えした変わったお店シリーズ」の続編です。

最近、ウィーンでは店舗の業態転換が増えているような気がします。後継者難による廃業から業態転換というケースも増えているようです。

もちろん、それ以外にも良い場所では、店舗を転売して利益を得るというパターンがあるのかもしれません。

昨日、お伝えしたSchottentor地下にある小さなショッピングゾーンですが、現在、Bushdoctorとなっている場所ですが、2006年頃は小さな書店(屋号はKUPP TSCH)でした。

201902130002

Feriもこの書店でクリスマスカードを購入した記憶があります。小さな書店でしたが、店主のこだわりを感じるような品揃えでした。また、左隣は洋品店だったような記憶があります(写真も、少し写っていますが‥)。

ちなみに、この書店ですが、ファザードには「SEIT 1789」という文字が‥ 別の場所で営業していたのでしょうが、かなり歴史のある書店だったのでしょう。近くにウィーン大学もありますから、需要が多かった可能性もあります。

ただ、ショップのスペースが狭く、バックルームもありません。そうなると物販店には不利。

そういった背景もあったのか、数年後には、この書店と洋品店は大きく業態転換を行いました。恐らくオーナーさんも変わったのだろうと思います。

201902130003

洋品店と書店はテイクアウト方式の飲食店になりました。小さなテーブルが店の前に置かれていたので、一応、その場で食べることもできましたが、テイクアウトをするお客さまが多かったような気がします。

扱っていたお食事ですが、洋品店側が巻き寿司などを中心とした「なんちゃって日本料理系」、書店側が焼きそば中心でした。

ファザードを活用したためか、「焼きそば屋」さんの方が中途半端な感じがしたものです。Feriの見た範囲では、店内はつながっており、両社は同じ経営だったようです。

ところが、その後、同じエリアにLuckyNoodleが出店。こちらはチェーン展開しているため、件の独立系の「焼きそば屋」は不利な状況に‥ 

そこで、焼きそばに加えてホットドッグやブルストなども併売するようになりましたが、状況は余り変わらなかったようです。

Continue reading "定点撮影 お店は変わります‥"

| | Comments (0)