January 11, 2014

これであなたも楽友協会通 「ウィーン楽友協会 二〇〇年の輝き」

031v

今日は「日本で発売された新刊本のご紹介」です。

今年も華やかなウィーンフィルのニューイヤーコンサートが行われたウィーン楽友協会大ホールですが、このブログでもご紹介したようにウィーン楽友協会は2012年に創立200年を迎えています(2012年6月に行われた「ウィーン楽友協会200周年記念演奏会」の記事はこちらから)。

さて、NHKで放送された2014年のウィーンフィル・ニューイヤーコンサートでも収蔵資料を活用したすばらしい解説で映像出演されたウィーン楽友協会資料館館長のオットー・ビーバ博士(Dr Otto Biba、2枚目の写真の方)が、副館長のイングリード・フックス博士(Dr Ingrid Fuchs、3枚目の写真の女性)と共著で「ウィーン楽友協会二〇〇年の輝き」という書籍を日本で出版されました。

一見すると難しそうな本というイメージがありますが、実は資料館に収蔵されている貴重な資料の写真をふんだんに使っている上に、わかりやすい文章なので、クラシックファン、オーストリアファンの皆さまには気軽に楽しむことができる本に仕上がっています。

読んでの感想ですが、「楽友協会の歴史を語るには、このお二人以外、考えられない」‥という見事な内容です。

ところで、日本ではウィーン楽友協会というと、「ウィーンフィルの本拠地」「ゴールデン・ザーレがあるコンサートホール」といったイメージが強いのですが、実は音楽の普及と発展に大きく寄与している組織です。

この本を読むと、ウィーン楽友協会とは、どのような経緯で生まれた組織で、今日までウィーンの皆さまと、どのように関わってきたのかが、よくわかります。本書は四章で構成されています。

Continue reading "これであなたも楽友協会通 「ウィーン楽友協会 二〇〇年の輝き」"

| | Comments (0)

September 21, 2012

速報 オペラ歌手の甲斐 栄次郎さんが写真集を出版しました

Img_106_09_6345_001

今日は、「日本で新しく出版された写真集の話題」をお届けしましょう。

ウィーン国立歌劇場の専属歌手として活躍中の甲斐 栄次郎さんが、このたび「ライカで綴る古都ウィーン-音楽が聞こえるモノクロームの風景-」という写真集を日本で出版されました。

ご存じの方も多いと思いますが、甲斐さんは今年、ウィーン国立歌劇場の専属歌手となって10周年を迎えます。また、来月には同劇場の来日公演では10月26日、横浜で1回だけ上演される「子供のための魔笛」にも出演されます。

日本ではバリトン歌手は、残念ながらあまり注目されませんが、前シーズンの「ロベルト・デビュリュー」のように主役と肩を並べる重要な役もたくさんあります。素晴らしいオペラは、主役の脇を固めるキャストのレベルが高くないと、実現できません。また、10年間、ソロ歌手として継続して専属契約を結ぶことができるというもは、大変なことだと思います。

さて、Feriも、ごく最近まで知らなかったのですが、甲斐さんは学生時代から写真が趣味だったそうで、留学先のニューヨークやイタリアでも、オフには写真を撮っていたそうです。

Continue reading "速報 オペラ歌手の甲斐 栄次郎さんが写真集を出版しました"

| | Comments (3)

November 21, 2009

番外編 「神聖ローマ帝国の王冠」のご紹介

Isbn9784

今日は番外編として、最近刊行された「興味深い書籍」をご紹介しましょう。

先日、知り合いの方から、渡辺 鴻氏著「図説 神聖ローマ帝国の王冠」という本を頂きました。

ご存知の方も多いと思いますが、神聖ローマ帝国の「帝国冠」は、現在、ウィーンの王宮宝物館に安置されています。この本は、「神聖ローマ帝国冠」の成立にまつわる謎にはじまり、流転の歴史、美術品としての価値、さらには宝石や図像の配置に秘められたシンボリックな意味などまで、詳細に解説しています。
「図説」とあるように、写真を多用しているのが本書の特徴で、王冠の写真だけでなく、王冠を頂いた国王の絵画、戴冠式の絵画、関連する図書など、幅広い資料が掲載されている点も興味深いものがあります。

Continue reading "番外編 「神聖ローマ帝国の王冠」のご紹介"

| | Comments (1)

February 11, 2009

番外編 「起承転々 怒っている人、集まれ!」のご紹介

2009_02_nbs

番外編が続いて申し訳ありませんが、今日は、ちょっと面白い書籍のご紹介です coldsweats01

日本にウィーン国立歌劇場やフォルクスオーパーを招へいしている財団法人日本舞台芸術振興会(通称:NBS)という団体があります。この団体の理事である佐々木忠次氏は、日本以上に海外のオペラ、バレエ界の有名人です。

その佐々木氏が、日本舞台劇術振興会の発行する「NBSニュース」というニュースレター(いわゆる機関紙ですね)に、1989年から20年近く「起承転々」というコラムを連載していました。このほど、このコラムが一冊の本になりました。

Continue reading "番外編 「起承転々 怒っている人、集まれ!」のご紹介"

| | Comments (0)

December 07, 2008

「一枚のディスクに」

The_art_of_rcording_2

今日はウィーンと関係のある「 book 興味深い本」のお話です。

先日、ウィーン滞在中、現地にお住まいの方と一緒に市内を歩いていたとき、“そういえば、この近くにカメラータトウキョウさんが、レコーディングしているスタジオがあるけれど、知っている?”という話がありました。Feriは知らなかったのですが、お話を聴くと「バウムガルテン」という施設で、昔はカジノだったとか…

で、その話の続きなのですが、“そういえば、Feriさんは、カメラータトウキョウの井坂社長が書いている本は読んでいるよね”という話になりました。実は、お恥ずかしながらFeriは読んでいなかったので、遅ればせながら、日本に戻ってから、さっそく手に入れました。

cd一枚のディスクに レコード・プロデューサーの仕事」という本で、春秋社から2006年8月に出版されたものです。

内容は、月刊誌の「レコード芸術」(音楽之友社)に連載されていた記事を、再編集したものですが、非常に興味深い内容が綴られています。

Continue reading "「一枚のディスクに」"

| | Comments (3)

January 02, 2007

新刊書のご紹介 「ウィーン わが夢の町」

Img_3741c

今日は、ウィーンにちなんだ書籍のご紹介Dす。

アンネット・カズエ・ストゥルナートさんが書かれた「ウィーン わが夢の町」という書籍が、昨年末に発行されました(新潮社刊)。

アンネット・カズエ・ストゥルナートは、NHKラジオの名物番組「ラジオ深夜便」に出演されたことがあるので、ご存じの方も多いと思います。

単身、日本からウィーンに渡り、1971年、日本人(というか東洋人)として初めてウィーン国立歌劇場団員歌手のオーディションに合格し、先駆者として活躍されている女性です(現在も国立歌劇場に所属しており、合唱団で活躍されています)。

その半生を綴った内容で、前半は少々時代の経験や、歌手を目指すきっかけになったエピソード、日本での音楽生活の模様(本格的に声楽の勉強をすることになった先生との劇的な出会いや合唱団での活動など)などが紹介されています。

Continue reading "新刊書のご紹介 「ウィーン わが夢の町」"

| | Comments (0)

November 16, 2004

おとなが楽しむこどものための街歩きガイド

wien_a.jpg


すばらしい本を見つけました 「wien おとなが楽しむこどものための街歩きガイド」という本です。オリジナルは、オーストリアで発行された絵本(当然、ドイツ語版)なのですが、何と、これを和訳して出版してしまった会社があるのです。正直、びっくり。

オーストリアに限らず、ヨーロッパでは、おとなでも楽しめる「一品の絵本」が数多く出版されています。
この本は、いわゆるウィーンを紹介した「ガイドブック」なのですが、ウィーンを愛している人が作っているようで、普通の観光客が見落としてしまうような内容が、網羅されています。とくにウィーンを訪問した方は、楽しさが倍増すること、請け合いです。
本来、子供向けにつくられた内容ですが、解説も気がきいています。とくに要点が押さえられており、日本人にはオーストリアやウィーンの歴史を、簡単に知ることができます。
さて、内容ですが、オーストリアとウィーンの簡単な歴史紹介から、始まります。その後、旧市街を中心に「街を歩きながら巡る」というコンセプトで、6つのコースが設定されています。そして、コース上の「見どころ」を「独自の視点」でまとめています。

また、子供が興味を持って街歩きができるように、本には要所に「なぞなぞ」が入っています。これを持ってウィーンの「街歩き」をしたら、楽しさが広がること、間違いなしです。

オリジナルは、文:ブリギッタ・ヘプラー、アレクサンダー・ポティカ、絵:ジルビレ・ホーゲルで、原作の持つ「味」を活かしながらの和訳にしている点も、配慮が感じられます。

日本での出版元はセパ工房という会社で、同社のサイトから直接注文することができます。
オーストリアとウィーンが好きな方、ぜひ購入して、第二弾、第三弾を期待しましょう。
最近では、一押しの「楽しい本」です。
http://www.seba.jp

| | Comments (1) | TrackBack (0)