January 21, 2018

オール電化住宅

Img_2017_12_0113

今日は「オール電化住宅の話題」をお届けしまそう。

Feriが最初にお世話になった17区のアパートは、暖房と給湯は集中ボイラー方式でしたが、キッチンはオーブンも含めて電気でした。

その後、引っ越した5区のアパートは古い建物だったので、給湯は個別方式で、このだけはガスを使用した給湯器でした。当然、暖房も給湯器からお湯が供給されるシステムです。

しかし、キッチン関係は17区の場合と同じくオール電化でした。なお、5区のアパートはキッチンのシンクにもお湯がでますが、こちらは暖房や風呂用の給湯器からお湯が供給されているのではなく、シンクの下の小型電気給湯器があり、これからお湯が供給されていました。

Img_2017_12_0081

これは、配管の問題のようでした。ただ、小型で能力が低いため、連続してお湯を流していると、お湯がでなくなることもありましたね。これは給湯能力の関係のようです。

Feriは、日本ではオール電化のキッチンになれていなかったので、戸惑いましたが、ある程度、調理を行ってみると、使い方のコツを掴むことができました。

ガスト違い炎が出ませんので、ある意味、安心です。

その後、友人が借りたウィークリーアパートを訪問した際は、もっと徹底した電化住宅でした。こちらに関しては、給湯器も電気式であることあり、暖房も電気ヒーターでした。

Img_2017_12_0093

ちなみに、このアパートですが、バスルームの暖房も電気ヒーター(天井に取り付けるタイプ)でした。つまり、エネルギー供給は総て電気ということです。

レンタルアパートなので、不特定多数の人が利用するため、リスク回避の観点からオール電化にしているものと推察されます。

ところで、興味深かったのは、友人が借りたウィークリーアパートに設置されいる電力量計が、室内側に世知されていたことです。

日本では、電力会社の社員さんが、定期的に資料電力をチェックして料金を請求するため、表から見える場所に設置されているのは、皆さまもご存じのとおり。

室内で、どのようにチェックするのでしょうね。係員が入室してチェックするのでしょうかね。ただ、住民が不在の場合は、チェックが不可能なので、その点は、どのように行うのかはわかりませんが‥

もしかしたら、遠隔監視システムで、電力量をチェックできる仕組みになっているのかもしれませんね。

ちなみに電力量計は、日本でも一般的な「内部に回転する円盤が見える誘導形電力量計」でした。Feriは、学生時代、電気工学を専攻していたので、懐かしかったですね。

Continue reading "オール電化住宅"

| | Comments (0)

January 20, 2018

通学風景に思う

Img_2017_12_0100

今日は「小学校の通学風景にまつわる話題」をお届けしましょう。

ウィーンでは、市内に沢山の小学校(Volksschule)が開設されており、朝は通学風景で賑わいます。

Feriは、小学校の通学時間帯に出かけることは少ないのですが、日本からウィーンに戻った際には、戻った翌日、食材料の買い出し(特に朝食の材料)に出かけるため、小学生の通学場面と遭遇することがあります。

最近では、いつもの光景なので、何も感じなくなりましたが、最初のうちは日本との違いに違和感を持ちました。

それは、ほとんどの小学生が保護者同伴で通学してくることです。必ずしも母親という訳ではなく、父親が引率してくるケースも多いですね。

日本では、小学校の場合、集団で登下校するケースが多いですが、こちらではスクールバスを使うケースは別にして、個人単位で通学するのが一般的なようです。

Img_2017_12_0101

また、下校時にも保護者が迎えにくるのが一般的で、学校の前に保護者の皆さんが待機している姿を見かけることがあります。

これは、昔からの風習のようで、共働き家庭が増えている今日でも、受け継がれているようです。

Feriは、保護者同伴の通学について、詳しい理由は知りませんが、どうも安全上の理由も、一つにあるようです。

逆に、こちらの方から見ると、日本のように小学生だけで通学している場面を見ると、驚かれるかもしれません。

ましては、小学生が一人で電車に乗って通学するのが当たり前になっているのは、想像できないかもしれませんね。

Continue reading "通学風景に思う"

| | Comments (1)

January 13, 2018

まだまだ治安の良い国 日本

Img_2017_12_0343

日本では、そろそろ受験シーズンに突入ですね。

コンビニエンスストアを経営している友人から聞いた話で、つくづく日本は「治安の良い国」だと実感したことがあります。

最近では、各種受験料もインターネットで申請し、コンビニエンスストアで支払うことができるケースが増えているとか。

また、学校によっては店頭に置いてあるマルチメディア端末で手続きを行い、そのままレジで受験料を支払うシステムを採用しているところもあるという話を耳にしました。昔では考えられなかった時代になったものです。

さすがに入学金については、まだコンビニエンスストアでの支払いはないようですが、これも時間の問題かも知れません。

ところで、コンビニエンスストアで取り扱う代金支払い(代行収納)ですが、各種公共料金や税金、通販代金、チケット代金など、多種多様に及んでいるます。

Img_2017_12_0525

そのため、支払いが集中する時期になると、両々の現金が持ち込まれるとか‥もちろん、防犯上の問題から、一定の金額(特に絶対に支払いに使わない1万円札)になると、貯まった現金を金庫へ入れるルールになっているようです。ただ、忙しい時には、その時間もないことがあるとか‥

コンビニエンスストアだと、安い商品など10円代のものから販売されていますが、この手の支払いでは、1件の支払いで30万円以上という桁違いの金額になることがあるとか‥

これだけ金額の差がある商品(実際には高額商品を販売している訳ではありませんが‥)を取り扱っているのは、日本のコンビニエンスストアくらいかもしれません。当たり前ですが、こちらには、そのような商業施設はありません。

こちらでは、基本的に各種料金の支払いは銀行経由です。日本と異なり、振込用紙に対応したATMが銀行に設置されており、これを使います

。いわゆる自動化ロビーの場合、窓口の営業時間外でも使うことができるので、便利です。自分のBankomat Cardを使って口座から振り込むことになるので、高額の現金を持ち歩くことは少なくなっています。

高額な現金を持ち歩くのを避けるのは、治安上の問題も影響していると思います。

日本と異なり、陸続きですから、犯人が他国に逃げられてしまえば、捜査は困難。そのため、窃盗犯ば跋扈している可能性がありますから、高額の現金を持ち歩かないのは、当然かも知れません。

Continue reading "まだまだ治安の良い国 日本"

| | Comments (0)

January 01, 2018

Prosit Neujahr 2018

2018_01_01_s

Prosit NeuJahr 2018」 新年、あけましておめでとうございます。

皆さまにとって、2018年が良い年になりますよう、お祈りしております。オーストリアでは、年末にセバスチャン・クルツ首相が率いる新政権が発足し、政治的な話題が多い年になるかもしれません。

日本時間では夜になりますが、こちらではお昼に、恒例のウィーンフィルのニューイヤーコンサートが行われますね。今年はリッカルド・ムーティーさんの指揮。すでに曲目も発表されていますが、楽しみにしている方も多いと思います。

さて、新年、最初の話題は「ウィーンの可愛い同胞」です。オーストリアでは「干支」は関係ありませんが、Feriは日本人。

Img_2017_12_0557

という訳で「戌年」にちなんで、安直ですが日本犬の話題を‥

このブログでも何回かお伝えしていますが、ウィーンでも時々、日本犬を連れている人を見かけることがあります。

日本から持ってきた訳ではなく、こちらで日本犬のブリーダーさんがいらっしゃるので、その方から分けてもらっているようです。

こちらでは、比較的大型の犬を飼う方が多いため、日本犬は小型に見えてしまいますが、尻尾がくるりと丸まった姿は、海外で見ると、日本以上に愛おしく感じます。

Img_2017_12_0558

こちらでは、比較的大型の犬を飼う方が多いため、日本犬は小型に見えてしまいますが、尻尾がくるりと丸まった姿は、海外で見ると、日本以上に愛おしく感じます。

多くの犬種がいる中、日本犬を飼っているということは、飼い主さんも、ある種の思い入れがあるのでしょう。そのため、かわいがっている様子が感じられて、微笑ましい限りです。

トップと2枚目の写真は、昨年の12月、「Adventmarkt in dir REMISE」で見かけた日本犬。非常におとなしい犬でした。残念ながら飼い主さんに名前をうかがうチャンスがありませんでしたが‥

Continue reading "Prosit Neujahr 2018"

| | Comments (0)

December 27, 2017

Volksoperからクリスマスカードが!

Img_2017_12_3017

こちらは、休日だった昨日から、旧市街を中心にシルヴェスターの準備が急ピッチで始まっています。

何しろ、Adventの飾り付けやヒュッテを撤去してから、新しくイベント用の設備を架設するため、結構、手間がかかります。

基本的にのんびりしているオーストリアでも、この時だけは、「お尻」が決まっているので、仕事が早いです。

さて、先日、Volksoperから一通の封書が届きました。中を開けてみると、クリスマスカードでした。

表のデザインは、2017/18シーズンのPremiere作品に登場する主人公をあしらったもの。年間プログラムの表紙と同じデザインですが、クリスマスバージョンに変更してあります。

中を開くとDirektorのRobert Meyerさんからの手書きメッセージが添えられていました。

Img_2017_12_3018

Feriは、ここ数年、Adventの時期になると、Robert Meyerさんにクリスマスカードを送っています。ただ、郵送ではなく、劇場の楽屋口で守衛さんにお願いして渡してもらうというパターンです。

日本へ戻ったときに、日本風のカードを準備して‥

自分のカードに電子メールのアドレスも書いているので、最近では電子メールでお礼が来ることが多かったのですが、今回は、立派な紙ベースのカードでお返事が来ました。

ご本人自筆というのが、嬉しいところです。

今シーズンは、オペレッタの上演回数が減っている上に、Feri自身の多忙さもあり、劇場から足が遠のいていることを察しているのかどうかは存じませんが、絶妙のタイミングで、Feriの心を掴むカードの到着でした。

Continue reading "Volksoperからクリスマスカードが!"

| | Comments (0)

December 24, 2017

写真特集 Frohe Weihnachten!

Img_2017_12_0354

今日は12月24日。今年はクリスマスイブが日曜日と重なりました。

日本では23日の方が盛り上がったのかもしれませんね。

今日は、「写真特集 Frohe Weihnachten!」と題してAdventの写真をお目にかけましょう。

皆さまが、良いクリスマスをお過ごしになることをお祈りしております。

Img_2017_12_0351

以前は、キリスト生誕のジオラマをよく見かけましたが‥

Img_2017_12_5316

今年も大勢のお客さまで賑わった市庁舎前のクリスマス市にて‥Feriは完全に日が落ちる前の「黄昏時」がお気に入りの時間帯です。

Img_2017_12_0346

こちらでも最近は立木にLEDで電飾をするケースが増えてきました。

Img_2017_12_5444

観光客の皆さまに人気の「グラーベンの巨大シャンデリア」。

Continue reading "写真特集 Frohe Weihnachten!"

| | Comments (0)

December 07, 2017

ペットは家族の一員ですが‥

Img_2014_05_3951

今日は、諸般の事情で更新が遅くなりました。今日は「ペットの話題」をお届けしましょう。

先日、日本興味深いニュースがありました。

飼育が禁止されているアライグマ4匹を自宅で飼育し、その後、山中に放したとして、女性が書類送検されたというものです。

犬や猫が飼えなくなって、どこかに放置する飼い主さんが売るのは決して日本ばかりではありません。

このブログでも、たびたびお伝えしているように、こちらでは、原則としてペットの動物はペットショップでは手に入れることはできません。ブリーダーさんから、分けてもらうのが原則です。

という訳でペットショップの店頭に並んでいるのは、飼育用のグッズだけです‥

その際、ブリーダーさんが飼い主としての資質をある程度、判断して譲るかどうかを判断しているという話です。

Img_2012_08_4240

そのため、日本よりは、飼えなくなったから、どこかに放す‥というケースは少ないのですが、最近は困った問題が起きています。

EUの拡大に伴って、旧東欧圏で小遣い稼ぎのためなのか、アウトバーンのステーションなどで、子犬などを闇で売っている業者が現れたのです。

Adventの季節、どこかへ出かけて帰りに子供さんにせがまれて、つい飼い主になったというケースが、一番、手放す確率が高いと言われています。

そのため、ウィーン市でも、この時期になると「ペットをむやみに買わないように」というキャンペーンを展開しています。

というのは、こちらは「ノラ」に関しては、容赦なく捕獲して、処分しますので‥それだけ飼い主に高いモラルが求められる‥という訳です。

Img_2012_08_4407

ペットの一生は、飼い主よりも短いのが一般的。そのため、飼い主の資質によって、ペットの一生も決まってしまうと言っても過言ではありません。

Feriが、オーストリアで見かけたペットたちは、幸い優し、愛情あふれた飼い主さんの元で幸せな生活を送っています。そういうペットは、気のせいか表情が違うように見えるのですが‥

一方、最近、日本の有人から聴いた話ですが、有人の自宅近くに野良猫に餌を与えている家庭があるそうです。

一応、周辺住民に配慮して、ペット保護の団体と協力し、避妊手術などをしており、これ以上、個体が増えないようにはしているようです。

Continue reading "ペットは家族の一員ですが‥"

| | Comments (0)

December 06, 2017

クリスマスに流れる音楽に思う

Img_2015_12_7116

今日は「クリスマスの音楽にまつわる話題」です。

日本でも12月に入って商業施設では、まずクリスマスをターゲットにした各種プロモーションが始まっていると思います。

ただ、日本の場合、新年も伝統的な御祝いなので、クリスマス用のグッズと来年の干支グッズが一緒に並ぶなど同時並行で進むところが特徴ですが‥

先日、日本でコンビニエンスストアを経営している友人から、“うちでも店内のBGMが12月に入って、クリスマスバージョンに変わったよ”という話がありました。

店内のBGMを気にしているお客さまは少ないと思いますが、従業員さんの場合、働いている時間、店内で聴くため、どんな音楽が流れているのかが、気になるそうです。確かに‥

Img_2014_12_8742

今年は、従来の楽曲(J-POPなど)に加えて、賛美歌をアレンジした曲も流れているとか‥

最近では、賛美歌をポップスやジャズ調にアレンジしたものが、あるんですねぇ‥ Feriは知りませんでした。これも時代でしょうか。

Feriの両親はキリスト教徒(プロテスタントでしたが)だったので、この時期になると凝り性の父親がクリスマスツリーを準備すると同時に、自慢のステレオで賛美歌を流していたのを思い出します。

そのため、Feriは、子供の頃から、賛美歌には親しんでいました。特にクリスマスの時期に流れる賛美歌は、よく覚えています。

ところで、こちらでは、日本のように、商業施設ではBGMを流すことは少ないような気がします。これは音楽を大切にするという文化と関係があるのかどうか、詳しくは知りませんが、日本とは大きな違いのような気がします。

Continue reading "クリスマスに流れる音楽に思う"

| | Comments (0)

December 04, 2017

祝日の小売店営業

Img_2015_12_7088

今日は「祝日の小売店営業」の話題をお届けしましょう。

最近、見直しの動きが出ているとは言え、日本では年中無休のお店が多いですね。コンビニエンスストアは、その代表ですが、多くは24時間営業。多少お値段が高くても、困ったときには頼りになる存在です。

それに対して、ドイツやオーストリアには、閉店法(Ladenschlussgesetz)が施行されており、小売店は基本的には日曜日や祝日の営業は禁止されています。

カトリック教会の意向(安息日)という意見もありますが、「労働者の保護」(長時間労働の抑制、過当競争の防止)という側面も強いようです。

営業時間も厳格に規定されていましたが、最近は緩和の動きが出てきて、金曜日などは長時間営業になってきています。

Img_2014_12_8684

今まで、「日曜・祝日は小売店は休むのが当たり前」という価値観が国民に根付いていて、あまり問題にはなりませんでした。

ドイツでは、「自分自身が休んでいるのだから、他人に働けとは言わない」という話を聴いたことがあります。

ある意味、お客さまと労働者が、対等な立場になっているのかもしれません。

それに対して、日本の場合、過剰なサービス競争の結果、お客さまは、自分の方が従業員よりも立場が上であると思い込んでしまったような気もします。

という訳で、オーストリアでも日曜・祝日の休業は例外を除いて堅持されていましたが、最近では日本と同じように、小売店の経営者だけでなく、消費者からも、営業を許可して欲しいという声が上がるようになりました。

カトリック教会は反対の意向を示しているため、現時点では日曜日の閉店は維持されています。

しかし、カトリック教会に祝日である12月8日の「無原罪の聖マリア」(Mariä Empfängnis)については、数年前から小売店の営業が、許可されるようになりました。

Continue reading "祝日の小売店営業"

| | Comments (0)

November 20, 2017

アドベントの電飾に思う

Img_2004_12_9198

クリスマス市の開幕に合わせて、こちらでは街中の電飾も本格的にスタートします。

最近は電球を使う方式から、省エネ特性、メンテナンス性に優れたLEDが多用されるようになってきました。

ただ、これはFeri個人の見解なのですが、LEDの電飾は「温かみが弱い」(「ない」というと語弊があるので、表現をセーブしました‥)気がしています。

かつて、始めてクリスマスの時期、ウィーンを訪れて道路上の電飾を目にしたとき、体感温度は低いものの、心に温かさが芽生えたような気がしたものです。

Img_2015_12_7412

日本では、電球色のLEDなども販売されていますが、さすがに電飾では使うケースは少ないのかもしれません。

現在でもMariahilfer Straßeの電飾は、昔のスタイルで、Feriは気に入っています。

ところで、こちらで電飾が盛んな理由は、色々あると思いますが、電飾が際立つ要因の一つに、「街が暗い」というのがあると思います。

最近では、大型ディスプレイを使った公告なども出始めていますが、基本的にこちらは、いわゆるネオンサインに当たるような、ケバケバしい電飾看板は少ないと思います。

Img_2016_12_0381

また、街路灯はありますが、道路の真ん中に蛍光灯を吊しているケースが多く、基本的に暗いですね。

ましてや、誘蛾灯のように電気を煌々と付けているコンビニエンスストアのようなお店は存在しません。ショーウィンドウは閉店時でも電気がついていますが、どちらかというと控え目な感じです。

最もケルントナーシュトラーセ当たりでは、ウィーンの中では、お店の看板も派手な方ですが‥

それに対して、日本でも電飾が盛んになりましたが、平素から「派手なネオンサインや看板」が乱立しているため、電飾の効果を弱めているような気がします。

また、一般家庭の電飾も、控え目なところが多いような感じがします。Feriが、感心するのは窓を上手に活用した電飾です。この当たりはセンスなのかもしれませんが‥

Continue reading "アドベントの電飾に思う"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧