May 30, 2018

番外編 日本の倶楽部活動に思う(下)

2018_rass_5638

今日は昨日の続きをお伝えします。

活動のコンセプトはオーストリアのClub760と羅須地人鉄道協会は相通じるものがありますが、取り巻く環境は、大きく異なるようです。

羅須地人鉄道協会は、1973年の発足当初は、新潟県糸魚川市にあった某工場の協力を得て、その工場の専用線で機関車の動態保存をはじめました。

その後、車両保存に理解があった工場が閉鎖になったため、所有していた車両を各地に分散して保存していたようです。

外野の人間には知る由もないような苦労があったと思いますが、最終的に「成田ゆめ牧場」という「安住の地」を得て、ここに鉄道を建設し、各地に分散していた保存車両を集めました。

Club760と共通しているのは、「まず、車両の保存を優先し、動態復帰を含む、整備作業は自分たちの身の丈にあった方法で、時間をかけてゆっくり行う」という考え方です。

2018_rass_5554

先を急がない、息の長い活動ですね。これは、利益を優先せざるを得ない私企業にはできない発想です。

ところで、羅須地人鉄道協会の皆さまも恐らく、できれば欧米のような「開かれた保存鉄道」を運営したいのだろうと思います。しかし、日本ではオーストリアのような純粋な保存鉄道を運営することは、非常に困難なようです。

まず、日本では「この手の愛好家の活動」を、否定的に捉える人たちが比較的多く存在することです。

“自分たちの趣味のために、周囲に迷惑をかけないでほしい。関係のない住民の安全を担保して欲しい”という意見です。

このような意見も一理ありますが、これは「価値観の違い」ですから、乗り越えるのは容易ではありません。その点、私有地内であれば、比較的、このような意見は少ないようです。

Img_2018_rass_5693

もう一つは関係法令の問題です。

「成田ゆめ牧場」のような「テーマパークの遊戯施設」は、通常の「鉄道関係の法令」は適用されません。しかし、日本では、通常、営業列車が走らない保存鉄道であっても、原則として一般の鉄道と同じ法令が適用されます(最近は若干、規制が緩和されているようですが‥)。

そのため、通常の鉄道を運営している営鉄道会社(もしくは関連会社)でないと、事実上、不可能なようです。

という訳で、日本では、純粋な保存鉄道は極めて少なく、蒸気機関車の動態保存は、いずれも既存の鉄道会社によって行われています。

それでも、普通のお客さまを輸送する列車と同じ規制が適用されるため、保安装置の増設をはじめ、安全面を担保するための苦労が多いようです。

それに対して、オーストリアをはじめとする欧米では、一般的な鉄道と保存鉄道では、別のレギュレーションが存在するようです。

Continue reading "番外編 日本の倶楽部活動に思う(下)"

| | Comments (2)

May 29, 2018

番外編 日本の倶楽部活動に思う(上)

2018_rass_5536

今日は、番外編として「日本で行われている大人の倶楽部活動」についての雑感です。

先日、私の友人グループが「大人の遠足」と称して、千葉県成田市にある「成田ゆめ牧場」を訪問したという連絡をもらいました。

友人グループは、鉄道趣味が縁で集まったグループです。職業や勤務先なども全く異なりますが、時々、時間の合う仲間で日帰り小旅行や飲み会などをしているようです。

今回、「おじさんグループ」がファミリー向けの観光牧場「成田ゆめ牧場」へ行った理由ですが、ここには「まきば線」という名称がついたトロッコ鉄道が運行されているため、それを見学するため。

2018_russ_5582

「成田ゆめ牧場」は、元々、観光牧場として設立されたものではなく、明治時代から乳牛の育成と牛乳の生産を中心に行ってきた「本物の牧場」。その後、本物の牛乳の美味しさを広めるため、観光牧場に転身しました。

現在は、牧場内にファミリーで楽しめるアトラクションも多数、設営されており、その一つがトロッコ列車です。

このトロッコ列車ですが、開設の経緯がちょっと変わっています。というのは、「成田ゆめ牧場」が設置したものではなく、羅須地人鉄道協会(らすちじんてつどうきょうかい)という狭軌鉄道の動態保存を行っている鉄道ファンのグループが建設したものです。

同団体のホームページには、以下のように紹介されています。

Continue reading "番外編 日本の倶楽部活動に思う(上)"

| | Comments (0)

May 25, 2018

航空会社の収益性向上策に思う

Oelpf_02

今日は先日、再就航したオーストリア航空に関連して「航空会社の収益性向上策の話題」をお届けしましょう。

オーストリア航空の「日本線の再就航」に当たって、メディアの取材を受けたルフトハンザグループで、オーストリア&スロバキア地区セールス担当シニアディレクター・シュテファン・リンハルト氏と、ルフトハンザ ドイツ航空の日本・韓国支社長を務めるドナルド・ブンケンブルク氏が興味深い発言をしています。

まず、成田線の観光需要と商業渡航需要の比率については、“正確な数字は言えないが、明らかに観光が大きい。ウィーンは観光に魅力的な都市だ”(リンハルト氏)と述べています。

また、プレミアムエコノミーについて、ブンケンブルク氏は、“何年か前にルフトハンザがプレミアムエコノミーを導入した際、ツアー客に売れた。オーストリア航空も同様で、ツアーでエコノミーからのアップグレードが期待でき、予約も順調だ”と述べています。

オーストリア航空の担当者ではなく、ルフトハンザの担当者がメディアの取材に応じるところが、正直、現在のオーストリア航空の位置づけを示しているような気がします。

20180523_x201_00004

Feriの予想どおり、観光需要をメインに考えていることが良くわかります。ただ、団体が多くなると、運賃のディスクカウントが行われるので、収益性の向上という観点からは、頭が痛いかもしれません。

ところで、最近は、各航空会社とも手数料を支払う必要がない自社ホームページからの予約・発券が基本になってきましたね。

さらに、航空会社自身が発券する正規ディスカウント航空券にも色々な種類が出てくるようになりました。これらは、いずれも「収益性の向上」を視野に入れた施策だろうと思います。

現在、ヨーロッパはベストシーズンなので、基本的に航空運賃は高めに設定されるケースが多いですが、ホームページで確認するとオーストリア航空の場合、Economy Saverでは各種税金込みでも往復12万円以下というお値段のようです(日本発券の場合)。

20180523_x201_00005

さらに、海外の航空会社では、予約だけしておくことが不可能なケースが多く、予約即決済が普通になっています。

そして、最も安い運賃の中には、払い戻し不可(ただし、税金は預り金なので、これは払い戻し対象)という設定も増えているのは、皆さまもご存じのとおりです。

Continue reading "航空会社の収益性向上策に思う"

| | Comments (0)

April 06, 2018

珍道中“オーバーブッキングの思い出”

Img_2005_09_0027

今週、長年、お世話になっているFeriの大先輩ご夫婦が、日本へ旅立ちました。1週間ほどのご滞在とのことですが、ご夫婦揃っての訪日は、お久しぶりとうかがっております。

まだまだ寒いオーストリアから、春爛漫の日本へ。ご夫婦にとって素晴らしい旅になることをお祈りしております。

さて、今日は、10年ほど前に経験した「笑い話」です。30年以上もオーストリアを訪問していると、正直、色々な事があります。

航空便の遅延によるトラブルは以前にも、このブログでご紹介したことがありましたね。直行便ならば、そういった心配は皆無なのですが、ヨーロッパ内乗り継ぎの場合、接続時間に余裕を持っていても、諸般の事情で、乗り継ぎができないことがあります。

ただ、Feriは、今まで航空便でオーバーブッキングにより、搭乗便変更というケースはありませんでした。もっとも予約クラスのオーバーブッキングにより、アップグレードしてもらったケースは何回かありますが‥(インボラアップグレードと呼ばれるケースです)。

Img_2005_09_0028

今日は、ホテルのオーバーブッキングです。2005年の9月、日本からフランクフルト経由でウィーンへ向かった時の話です。

この時は、出発からケチがつきました。というのは日系航空会社利用だったのですが、出発前に使用機材(懐かしのB747-400)にトラブルが見つかり、機材整備に時間がかかってしまいました。

トラブルは、カーゴルームの床に不具合が見つかったので、修理かシップチェンジを行うという。対処方法により出発時刻が異なるため、一旦、上級会員用ラウンジに戻り、待機することになりました。

結果的には、修理に時間を要するということで、別の機材に変更(シップチェンジ)となり、出発時刻も3時間遅れと案内されました。しかし、その後、さらに遅れて出発は15時30分。フランクフルト・アム・マイン空港到着予定が20時10分に‥

接続便はOS126便を予定していましたが、これには間に合いそうもありません。これには、オチがあって、当初、その後のLH3542便だったのですが、待ち時間が長いため、OS126便に変更してもらった経緯があるのです。

そこで、ラウンジで待機中にLH3542便の空席状況を確認したところ、空席があることがわかり、フランクフルト・アム・マイン空港到着後、振り替えをお願いすることにしました。

Img_2005_09_0029

結局、成田出発は16時になってしまいました。当たり前ですが、少しでも遅れを取り戻すべく、頑張ったようですが、残念ながら遅れは戻らず、20時55分、フランクフルト・アム・マイン空港到着しました。

出発遅れのため、各種手続きをするお客さまが多く、時間がかかります。LH3542便の出発時刻が刻々と迫ります。

Img_2005_09_0031

日本人係員に事情を説明し、裏書きだけしてもらい、脱兎のごとくターミナルDからターミナルAへ向かうFeri。その時、係員から“万が一、乗れなかった場合は、あきらめて下さい”と言われました。

ターミナルAのトランジットカウンターに駆け込んだところ、“ここで手続きをする時間がない。連絡を入れておくから、即、A01ゲートへ行け”との指示。

途中、イミグレーションと手荷物検査を経て、A01ゲートにはLH3542便の出発時刻、ぎりぎり。すでに、出発便案内も消えていました。

ただし、ボーディングブリッジが、まだつながっていたので、何とか乗れそうです(こういうところは冷静に分析しているFeri)。

ゲート係員にチケットを出して、搭乗を依頼。“あなたが、最後だ。ラッキー”という「有り難いお言葉」をいただき、搭乗が許可されました(こういった台詞が出るのが、こちら風)。

Continue reading "珍道中“オーバーブッキングの思い出”"

| | Comments (0)

March 31, 2018

どうなるのでしょうか?

20180330_x201_00001

今度の日曜日はOstern(イースター、復活祭)です。

ただ、こちらはちょっと天候不良が続いており、「春の訪れを告げる」という感じにはならないかもしれません。もしかすると、昨年のクリスマスよりも寒くなるという話も出ています。

また、今週末はVerkehrsmuseum Remise(ウィーン交通博物館)で、「Ostern in der Remise」の行事が行われます。このように、カトリック教徒が多いオーストリアでは、祝日も含めて、キリスト教に関連する行事が多いのが特徴です。

しかし、近年、キリスト教徒以外の人が急速に増えていること、難民・移民などの問題もあり、こういったキリスト教に関連した行事を見直す動きも出ているという話を耳にしたことがあります。

ところで、最近、日本ではヨーロッパの移民に関するニュースが報道されているのでしょうか。ヨーロッパでは、何故か、難民や移民に関するネガティブな情報は、マスコミがセーブしている傾向があります。そのため、あまり情報が伝わってきません。

Feriは行ったことがないので、断定的なことは言えませんが、北欧スウェーデンの治安が急速に悪化しているという話もあります。

そのため、スェーデンの医療機関で働く外国人医療関係者の中には、母国へ戻る人も出てきているという話を耳にしました。

更に、一部の国では、移民・難民に対するヘイトスピーチを徹底して取り締まる動きも出ており、インターネット上でも情報が伝わらなくなっているという噂もあります。

20180330ss00001

ドイツほどではありませんが、オーストリアでも移民に関するネガティブな話題は、マスコミがあまり取り上げない傾向があるようです。

一つには無用な対立を招かないための配慮なのかもしれませんが、その他にも色々な事情があるようです。

そんな中、珍しくオーストリアのKronen Zeitungで、こんな記事を見かけました。

ウィーンにあるAKH(国立病院)での出来事です。ウィーンに住むSalfenauerさんご夫婦のお嬢さんが難病を発症し、定期的にAKHに通院し、治療を受けているそうです。

治療は、24時間以上かかる薬剤接種なのですが、副作用は命の危険が伴うため、今までご夫婦はお嬢さんにつきそっていたそうです。

3月中旬、いつものように治療でAKHを訪れたSalfenauerさんご夫婦は、病院側から次のような指示を受けました。“同室の‘radical Muslim woman’(過激ムスリム女性)が、男性の入室を拒否しているので、お父さんは病室外で待機してください”。

仕方なく病院側の指示に従ったSalfenauerさんですが、それにもかかわらず、件のイスラム女性は、“彼の声が聞こえる”と訴え、そこからも立ち去るよう要求したそうです。

イスラム女性患者とSalfenauerさんは口論になったようですが、Salfenauerさんご夫婦が譲歩する形で、待合室に引き揚げました。

Continue reading "どうなるのでしょうか?"

|

March 11, 2018

東日本大震災から7年

Img_2011_03_5385

平素は「お気軽な話題」のノー天気に展開しているFeriですが、さすがに「この日」だけは、色々な想いが心をよぎります。

3月11日の朝、Wienで目覚めたFeriは、ORFのテレビニュースで、東日本大震災を知りました。最近は便利な世の中になり、インターネット経由で様々な情報が入手できます。

過ぎにパソコンを立ち上げて、震源地や被災状況を把握しましたが、千葉県内陸部にあるFeriの実家が、どの程度の被害だったのかまでは、わかりません。

電話も通信規制がかかっていたため、連絡がつき、家族の無事を確認するまで、1日を要しました。

最終的に当日は震度5弱の揺れが襲ったことがわかりましたが、自宅の構造や地盤の問題もあり、建物には若干の被害が出ていました。幸い、生活に支障が出るほどの被害ではありませんでしたが、仮にもう一回、巨大地震に見舞われたら、今度は倒壊の可能性があるかもしれません。

当初から、震災の翌日12日は、Wienの友人宅に集まるスケジュールだったのですが、当然、話題は東日本大震災関連の話題になりました。

特に、福島第一原子力発電所の事故については、センセーショナルに取り上げていたのが、印象に残っています。

その後、こちらでの震災関連の報道は、福島第一原子力発電所関連の情報が多くなり、いかに放射線に神経質なのかを肌で実感しました。

後日、日本に駐在していた欧米の皆さまは、関西へ避難、もしくは帰国したという話を耳にして、複雑な感想を持ったものです。

Continue reading "東日本大震災から7年"

| | Comments (0)

March 07, 2018

今、ここにある危機 アパート建設ラッシュですが‥

Img_218_02_0178

今日は「アパート建設ラッシュの話題」をお届けしましょう。

このブログでも、色々とお伝えしていますが、旧市街周辺でも、最近は再開発の動きが活発になってきました。

従来、ウィーンでは伝統的な様式の建物を生かしながら、内部をリフォームするというパターンが多かったのですが、最近では、日本流の「スクラップアンドビルド方式」が増えてきたのが気がかりです。

特に旺盛なアパート需要を反映して、富裕層向けの高級アパート(日本で言うマンション)やオフィスビルディングの建設が各地で行われています。

富裕層向けの高級アパートなので、従来のリフォーム方式では、販売価格を上げることができないためか、完全新築に踏み切っているような気がします。

Img_218_02_0174

今日、お目にかけるのは、そんな物件の一つ。場大手のデベロッパーBUWOG Groupが開発を進めているもので、場所はJosefstädter Straßeの旧市街側、Auerspergstraßeと交差する角という、抜群のロケーション。同社のホームページを確認しましたが、まだ物件情報は掲載されていませんでした。

現在、基礎工事が始まった段階ですが、Feriは、後ろの建物を見て、愕然としました。伝統的な美しい建物が並んでいるではありませんか。しばし、この美しさに見とれてしまったFeri‥

現場に掲出されていた同社の物件を見ると、現代的なデザインが特徴。恐らく、ここに建つアパートも、斬新なデザインになることは、まず間違いないと思います。

先日、「Weinが危機遺産に」という記事を掲載しましたが、Feriは、インターコンチネンタルホテル周辺の再開発以上に、このような局地的に行われているスクラップアンドビルド方式の方に危機感を持っています。

もちろん、Wienは多くの住民が生活している都市であり、例え旧市街や隣接する区であっても、博物館ではありません。しかし、今までは、古い建物のファザードを生かしながら、内部を徹底的に近代化することで、快適な生活を手に入れていたのだと思います。

もちろん、後付けのエレベーターが使いにくい、天井が高すぎて暖房効率が低いといった難点はありましたが、ある意味、オーストリアの皆さまは、多少の不便さは受け入れていたような気がします。

Continue reading "今、ここにある危機 アパート建設ラッシュですが‥"

| | Comments (0)

March 03, 2018

国民性の違いなのでしょうか?

Img_2018_02_0240

3月に入って、日本では気温が上がっていると思います。気温が上がると、必ず問題になるのが「スギ花粉」。

一節によると、花粉症は前年は発症していなくても、一定の許容量を超えると突然、発症する場合があるとか‥ という訳で、これからは花粉症でマスク‥という皆さまも多いと思います。

冬季オリンピックも終わり、パラリンピックまで、時間が空くため「祭りの後」のような雰囲気になっているかと思います。何でも分析が好きな日本人は、マスメディアでも、メダルが取れた要因、期待されながらメダルが取れなかった要因の分析をしていますね。

その中で、興味深い分析を目にしました。今回、メダルを獲得した種目に多いのは、1.外国人コーチの採用、2.ナショナルチームを創立しての長期的・継続的なトレーニング、というものです。

確かに羽生選手、女子スピードスケート、女子カーリングなどは、いずれも優秀な外国人コーチの指導があったことが、結果に大きく寄与しているのは事実でしょう。

ただ、日本のコーチが海外に招へいされて、素晴らしい実績を残している例もありますから、コーチの国籍は関係ないと思います。

Img_2018_02_0240_2

さらに、コーチの指導を成果に結びつけるためには、個々の選手にも高い実践力が問われますから、コーチだけの力とは言えないと思います。

Feriが注目したのは、従来の所属組織別に選手がトレーニングをするのではなく、ナショナルチームを組んで長期間、同じメンバーでトレーニングをするという点です。

たしかに長期間、共同生活を送れば、団体競技の場合、チームメイトの特性もつかめます。また、個人競技でも、良い意味でライバルが身近にいるので、刺激にもなりますね。

実際、同じスケート種目でもショートトラックは、ナショナルチーム制をとらなかったため、今回は惨敗したという分析も目にしました。

この話を耳にして、ふと、思い出したことがあります。それは、以前、ウィーン国立歌劇場の専属歌手を10年間、務めていた甲斐 栄次郎さんから聴いた話です。

ご存じのようにウィーン国立歌劇場では、演目数は少なくなったとは言え、現在もレパートリー方式で、多数の演目を上演しています。さらに主役級には、外部から著名な歌手をゲストとして招へいするケースも増えています。

Continue reading "国民性の違いなのでしょうか?"

| | Comments (0)

January 21, 2018

オール電化住宅

Img_2017_12_0113

今日は「オール電化住宅の話題」をお届けしまそう。

Feriが最初にお世話になった17区のアパートは、暖房と給湯は集中ボイラー方式でしたが、キッチンはオーブンも含めて電気でした。

その後、引っ越した5区のアパートは古い建物だったので、給湯は個別方式で、このだけはガスを使用した給湯器でした。当然、暖房も給湯器からお湯が供給されるシステムです。

しかし、キッチン関係は17区の場合と同じくオール電化でした。なお、5区のアパートはキッチンのシンクにもお湯がでますが、こちらは暖房や風呂用の給湯器からお湯が供給されているのではなく、シンクの下の小型電気給湯器があり、これからお湯が供給されていました。

Img_2017_12_0081

これは、配管の問題のようでした。ただ、小型で能力が低いため、連続してお湯を流していると、お湯がでなくなることもありましたね。これは給湯能力の関係のようです。

Feriは、日本ではオール電化のキッチンになれていなかったので、戸惑いましたが、ある程度、調理を行ってみると、使い方のコツを掴むことができました。

ガスト違い炎が出ませんので、ある意味、安心です。

その後、友人が借りたウィークリーアパートを訪問した際は、もっと徹底した電化住宅でした。こちらに関しては、給湯器も電気式であることあり、暖房も電気ヒーターでした。

Img_2017_12_0093

ちなみに、このアパートですが、バスルームの暖房も電気ヒーター(天井に取り付けるタイプ)でした。つまり、エネルギー供給は総て電気ということです。

レンタルアパートなので、不特定多数の人が利用するため、リスク回避の観点からオール電化にしているものと推察されます。

ところで、興味深かったのは、友人が借りたウィークリーアパートに設置されいる電力量計が、室内側に世知されていたことです。

日本では、電力会社の社員さんが、定期的に資料電力をチェックして料金を請求するため、表から見える場所に設置されているのは、皆さまもご存じのとおり。

室内で、どのようにチェックするのでしょうね。係員が入室してチェックするのでしょうかね。ただ、住民が不在の場合は、チェックが不可能なので、その点は、どのように行うのかはわかりませんが‥

もしかしたら、遠隔監視システムで、電力量をチェックできる仕組みになっているのかもしれませんね。

ちなみに電力量計は、日本でも一般的な「内部に回転する円盤が見える誘導形電力量計」でした。Feriは、学生時代、電気工学を専攻していたので、懐かしかったですね。

Continue reading "オール電化住宅"

| | Comments (0)

January 20, 2018

通学風景に思う

Img_2017_12_0100

今日は「小学校の通学風景にまつわる話題」をお届けしましょう。

ウィーンでは、市内に沢山の小学校(Volksschule)が開設されており、朝は通学風景で賑わいます。

Feriは、小学校の通学時間帯に出かけることは少ないのですが、日本からウィーンに戻った際には、戻った翌日、食材料の買い出し(特に朝食の材料)に出かけるため、小学生の通学場面と遭遇することがあります。

最近では、いつもの光景なので、何も感じなくなりましたが、最初のうちは日本との違いに違和感を持ちました。

それは、ほとんどの小学生が保護者同伴で通学してくることです。必ずしも母親という訳ではなく、父親が引率してくるケースも多いですね。

日本では、小学校の場合、集団で登下校するケースが多いですが、こちらではスクールバスを使うケースは別にして、個人単位で通学するのが一般的なようです。

Img_2017_12_0101

また、下校時にも保護者が迎えにくるのが一般的で、学校の前に保護者の皆さんが待機している姿を見かけることがあります。

これは、昔からの風習のようで、共働き家庭が増えている今日でも、受け継がれているようです。

Feriは、保護者同伴の通学について、詳しい理由は知りませんが、どうも安全上の理由も、一つにあるようです。

逆に、こちらの方から見ると、日本のように小学生だけで通学している場面を見ると、驚かれるかもしれません。

ましては、小学生が一人で電車に乗って通学するのが当たり前になっているのは、想像できないかもしれませんね。

Continue reading "通学風景に思う"

| | Comments (1)

より以前の記事一覧