September 27, 2019

番外編 “お客さまは直ちに降機して頂きます”

201909240001今日はFeriが出張から戻る際、航空機内で体験した出来事です。ただし、関係方面に迷惑がかかる可能性があるので、場所などは特定できないようにぼかしてご紹介します。また、写真も「イメージ」で、記事の内容とは直接、関係はありません。ご了承ください。

Feriは、10代後半に「スカイメイト」という制度を利用して航空機に搭乗して以来、現在まで、延べ2500回強、航空機に搭乗しています。

幸い事故に遭ったことはなく、トラブルと言えば、気象条件の悪化に伴う代替空港への着陸、遅延による乗り継ぎ不可能、オーバーブッキング、荷物の積み忘れ程度です。

日本では、航空会社は、運送業であると同時にサービス業という意識が強く、海外のようにチェックインカウンターで暴言を吐くお客さまに対して警備員を要請して、拘束するという例は見たことがありません。

また、機内でのトラブルでも、海外では搭乗拒否、降機命令を素早く出すことがあるようですが、日本では、余り聞いたことがありませんでした。

が、まさかFeri自身が、その当事者になるとは‥

201909240004某地方都市への出張を終え、東京へ戻る時のことです。某地方空港から羽田行きの最終便を利用しました。最終便といっても、地方空港なので19時台と、決して遅くはありません。当日は、満席だったようです。

航空会社のラウンジでパーソナルコンピューターを広げて出張の整理をしていると、まもなく優先搭乗が始まるというアナウンスが入りました。ラウンジを出て、ゲートで待機。ゲートは二つあり、同時に優先搭乗が始まりました。Feriが並んでいたゲートの反対側のお客さまが先に登場され、Feriは2番目でした。

Feriが機内に入ると、隣の席(窓側)には先に優先搭乗したお客さまが着席しており、上部の荷物入れには、そのお客さまの荷物が2個は入っていました。

Feriは荷物入れの機体後部側に荷物を入れたのですが、扉が閉まらないため、先客の荷物を若干、前方に移動させようと手をかけた瞬間に「オレの荷物に触るな」とすごい剣幕で怒鳴られ、かつ左手を捕まれました。その剣幕に押されて、一瞬、後ろに下がったほどです。

201909240002すぐさま一部始終を目撃していた客室乗務員が間に入って、件のお客さまに「お客さまお辞め下さい」と毅然とした態度で制止したため、それ以上の暴行は受けませんでした。ただ、険悪な雰囲気であったため、怒鳴ったお客さまとFeriを一旦、離して客室乗務員がFeriに事実確認を行いました。

「私は一部始終を見ていましたが、お客さまは手を捕まれましたね。お怪我はありませんか?」

Feriが「腕は捕まれましたが、怪我はしていません」と答えるとその場で「機長の承認を得た上で、暴行を働いたお客さまには降機して頂きます」という判断を下しました。

直ちに、空港の地上責任者も駆けつけてきましたが、当日は男性職員がいなないため、降機命令に納得できない件お客さまが抵抗することが心配で、Feriは警察官の派遣を要請しました。これ以上、出発が遅れると他のお客さまに迷惑がかかりますので‥

201909240005実際、羽田空港に到着後、鉄道やバスを利用して、帰宅する人が大多数ですから、10分の到着遅れが尾を引いて、自宅に到着するのが1時間近く遅れることがあります。それだけに、事態を早く収集したいという気持ちが働きました。

その後、空港派出所の警察官1名が到着し、機内でFeriに対して簡単な事情聴取があり、結果的に件のお客さまは大騒ぎすることなく降機されました。

一般的に騒ぎ出す男性の多くは、自分より立場が弱い人に対して高圧的に出るケースが多いので、警察官が来ると、おとなしくなると言われています。

その後、警察官から、被害届を出す場合、あなたも降機して警察へ同行して欲しいという指示がありましたが、最終便で、かつ翌日、東京で仕事がある関係で、それは難し旨を説明。客室乗務員の方が、間に入って頂いて、場合によっては後日、証言をする旨を警察官に伝え、Feriは無事、搭乗予定便で帰路につきました。ただ、満席の便でしたが、隣は空席のまま‥

Continue reading "番外編 “お客さまは直ちに降機して頂きます”"

| | Comments (0)

September 15, 2019

謎のソーラーハウス

201909150002日本は16日が「敬老の日」なので、3連休となっている方が多いと思いますが、実家のある市でも、実はまだ停電が続いているエリアがあります。自分の周囲で停電が解消されると、問題は全て解決したような気がするのが「落とし穴」でしょう。

電気がらみに話題」が続いて申し訳ございません。何しろ48時間の停電で、電気の大切さを改めて実感したものですから‥

3.11でも大規模な停電が発生しましたが、あの時、話題になったのが、電力供給不足による「計画停電」。実際、鉄道も計画停電の影響で、運休になったこともありました。

201909150003個人宅でも、3.11以降、太陽光発電システム(自家発電システム)を導入した家庭も多かったようです。Feriの実家周辺でも、屋根に太陽光パネルを設置している住まいを数件、見かけます。

こういった家庭では、今回の大規模停電でも一定時間、自力で電力をまかなえるので、さぞ、助かったことと思います。

さて、ドイツほどではありませんが、オーストリアでも太陽光発電が盛んです。特に山間部では、屋根に太陽光パネルを搭載した大規模農家などを見かけることがあります。

今夏、Lungauで見かけたのが、写真の建物。まず、手前にソーラーパネルを一面に張り付けた巨大な構造物が立っていました。これは、完全に発電線用でしょうね。

Continue reading "謎のソーラーハウス"

| | Comments (0)

September 12, 2019

番外編 大規模停電を体験して思うこと‥

201909110010今日は、オーストリアに住む友人からも、心配して、色々と連絡を頂いたので「大規模停電を体験して思うこと」をまとめてみました。

丸2日間の停電が解消し、改めて電気の重要性を再認識したFeriです。ただ、Feriの実家がある県では、まだまだ停電が続いている地域があります。気温も上がっており、日本ではエアコンがない生活は考えられないので、自治体が開設した避難所を利用する方も多いかも知れません。

また、11日になって、地下水をくみ上げるポンプへの電力供給がストップし、貯水槽の水位が低下。その結果、断水が発生している地域があるという情報も入ってきました。

オーストリアでは、都市部は電線の地中化が進んでいるため、風による電線や電柱の破損による停電は少ないようですが、今回のように高圧送電線が倒れた場合は、やはりお手上げになると思います。

ところで、理由はわかりませんが、今回、奇妙な経験をしました。道路を挟んで、反対側は「通常どおり電気が通っている」ということです。また、同じ丁目でも、電力が供給されている住まいもありました。1軒については、太陽光発電を設置しているので、自家発電で電力を供給しているのだろうと思います。

1軒については、太陽光発電を設置しているので、自家発電で電力を供給しているのだろうと思います。ただ、それ以外については、今ひとつ理由がはっきりしません。恐らく、末端の送電線のルートが関係しているのかもしれません。

ここで、停電の復旧状況についてネットを使って情報収集をしていましたが、同じ「電源難民」の皆さまが集まってきていたので、停電復旧に関する情報交換。同じ被災者として連帯感が芽生えました。また、皆さん、充電中、静かに待っている姿が印象的でした。

201909110002ただ、次々と「電源難民」のお客さまが来店されるので、昼過ぎに移動。停電していないエリアで昼食をとってから、自宅へ戻り、状況を確認しました。

停電が発生した翌日、Feriは充電用の電源を探していましたが、携帯電話ショップへ行ったところ、さすがに充電用の電源が多数準備されており、無料Wi-Fiも使えて、エアコンも効いており、助かりました。ここで、半日ほど過ごして、各種連絡を済ませました。

その後、近くにある自治体開設の避難所(公民館)へ。ここも電源を無料で提供してくれていたので、助かりました。以外と、ここを利用している住民は少なかったのが、印象的です。

201909110013その理由は、この避難所近くで停電対象となっている住民が少ないためだろうと思います。実際、広範囲に停電になっているエリアの避難所では、多くの住民が集まっていることを、後に知りました。

確かに携帯電話の基地局も、ある程度はバッテリーなどで稼働できると思いますが、48時間を経過した当たりから機能停止するケースが多いようで、移動携帯電話基地局がある避難所は、非常に重要な施設になっているようです。

Feriの実家で電源が回復したのは11日早朝ですが、その後、気になって近くにある友人のコンビニエンスストアに出かけてみました。このコンビニは大規模停電の影響を受けなかったようですが、何と、向かいにある大手スーパーマーケットが停電で休業中だったのです。

Continue reading "番外編 大規模停電を体験して思うこと‥"

| | Comments (0)

September 10, 2019

臨時更新 まさか、日本で長時間停電

9月8日、実は仕事で日の某所にいたのですが、台風15号が自宅周辺を直撃しそうだったため、出張を切り上げて、日本の自宅へ急きょ戻りました。

結果は自宅は台風15号の直撃を受けてしまいました。幸い建物や人的な被害はありませんでしたが、自宅周辺が停電‥愛用のノートパソコンはフル充電していましたが、9日朝から情報収集のためネットに接続していたため、2時間ほどでバッテリーがダウン。以降、情報収集手段はガラゲーだけ‥

ガスと水道は使えましたが、部屋の中が暗いため、当然、調理などは不可能。結局、表で食事を済ませることになりました。ただ、広いエリアが停電しているため、誰でも考えることは同じで、結構、混んでいて、電源の確保がままなりませんでした。

また、コンビニエンスストアなどでも、食料を求める人が多かったようで、品切れになっていました。

その後、復旧に見込みが立っていないことから、徒歩圏で行ける携帯電話ショップへ駆け込み、充電させてもらいました。ちょっとした距離なのですが、携帯電話ショップは停電になっていません。

しかし、電源の確保がままならないのはFeriだけではありません。携帯電話ショップはスマートフォンや携帯電話の充電をするお客さまで、大賑わい。ただ、待合コーナーの電源が充実しているのは、さすが日本の携帯電話ショップです。

当初、大規模停電だたので、幹線の送電線にトラブルがあったようです。ただ、その後、電力会社の情報を確認すると、エリアが飛んでいるため、それ以外に末端の送電線に被害ががあったようです

Continue reading "臨時更新 まさか、日本で長時間停電"

| | Comments (0)

September 02, 2019

「あおり運転」に思う

2019090001まず、8月のご報告から。8月は22日だけページビュー1300越えを記録しました。ちなみに当日のエントリーは「日本人もビックリ 肉屋さんの自動販売機」でした。

ただ、個別のエントリーのページビューランキングでは、「オーストリア航空のプレミアムエコノミークラス搭乗記」がトップでした。この記事、何故か根強い人気があるのですよね。ありがたいことです。

さて、今日は昨今、日本で色々と問題になっている「あおり運転の話題」です。日本では、あおり運転が暴行事件に発展するなど、大きな社会問題に発展しているようですね。

あおり運転ですが、煽っているドライバーの中には、「煽っている」という実感が乏しいという問題があるかもしれません。また、受けとめ方なので、「煽られた」と感じるドライバーも多いのかもしれません。このあたりが問題を複雑化させている要因かもしれません。

201908090006では、オーストリアでは、どうでしょうか。今夏、WienからLungauまでドライブを楽しんだ経験を踏まえて、ご紹介したいと思います。

まず、複数のレーンを持っているアウトバーンのケースです。オーストリアのアウトバーンは原則として制限速度130km/hです(ただし、地区によって、それより低く設定されています)。こちらは右側通行ですから、2車線の場合、右側が走行車線、左側が追越車線です。

まず、追越車線を走り続ける車は、ほとんど見かけません。走行車線を走り、前の車との車間距離が短くなると、追越車線を使って追い越し、その後は速やかに走行車線に戻ります。

2019090005また、走行車線に大型車などが連なっている場合は、ある程度、追い抜き車線を走行する場合もありますが、後ろから速度の速い車が接近してきた場合は、速やかに走行車線に車線を変更します。

最高速度を超える速度で追越車線を走っている場合でも、後ろから更に早い車が来た場合は、直ちに走行車線に車線変更します。

最高速度で走っているのだから‥という理由で追越車線を走る続ける車は、見かけません。そのため、いわゆる「あおり運転」は発生しません。

201909010007

なお、大型車同士でも、追越車線を使って追い越しをかける場合があります。このほか、インターチェンジやレストステーションで合流する車を見かけた場合、速やかに追越車線に車線を変更し、合流する車がスムーズに走行車線に入れるようにするのが一般的です。右の写真はFeriがレストステーションから本線に合流する場面のキャプチャーですが、後続の車が車線を変更してくれたのがわかります。

Feriは長大トンネルの中では速度を抑え気味にしていますが、ご覧のように追越車線を使って抜いていく車が多数。

Wien近郊のアウトバーンでは、3車線、4車線というケースもあります。その場合も右側が速度の低い車が走るのが基本です。

201909010006次に一般道ですが、こちらは片側1車線が一般的です。一般国道の制限速度は原則100km/hです。道路によっては、それより低い80km/h制限のところもあります。

地方の道路で80km/hで走っていると、地元の車が制限速度を超えるスピードで接近してくることがあります。

彼らはスピード違反の取り締まりエリアを知っているようで、そのポイント以外では、100km/hを越える速度で走っています。

Continue reading "「あおり運転」に思う"

| | Comments (0)

August 23, 2019

不思議な洗面台

201908190011今日は「ホテルの洗面台の話題」です。

オーストリア国内でも旅行に出ると、ホテルに泊まるので、色々と面白い発見があります。

先日、LungauからWienへ戻る途中、オーストリア某所で宿泊したホテルでのこと。新しいホテルだけあって、設備も充実しています。何しろエアコンが付いている位ですから‥(SIEMENS製でしたね)。

201908190010バスルームの洗面台ですが、見かけは、ごく普通のスタイル。スクエアタイプで目新しいことはありませんが、排水用の栓を開けるレバーが見あたりません。

普通は水栓の後ろなどに付いているのが一般的なのですが‥念のため洗面台の下も見たのですが、特にレバーなどは見あたりません。

閉まっていますから、洗面台に水を溜めることはできるのですが、問題は排水‥

まさか、自動排水になっているのかと思って、しばらく様子を見ましたが、洗面台に貯まった水の量は変化無し。

Continue reading "不思議な洗面台"

| | Comments (0)

August 21, 2019

BadBad Fiscau-Brunnの黄昏

201908200001今日はFeriの○回目の誕生日です。さて、粋なおじさまグループとホイリゲでお目にかかったのは、昼下がり。その後、夕方まで友人と歓談し、友人はご主人が待つご自宅へ戻りました。

FeriはWienまで戻っても良いのですが、久しぶりの休暇なので、Bad Fiscau-Brunnに泊まり、黄昏時を楽しむことにしました。

19時過ぎにホテルを出て、今日から営業を開始した某ホイリゲへ。ここもお気に入りのお店の一つ。

比較的歴史の浅いお店ですが、若い方がWine造りを熱心に行っているようで、美味しいWineを飲むことができます。

201908200003営業期間が限定されているため、11時から営業を開始している関係で、夜は比較的早く店仕舞いするようです。

この当たりは、周辺に山がありませんから、太陽を遮るものがありません。そのため、いわゆる黄昏時の雰囲気が十分楽しめます。

Feriが行った時も、中庭は多くのお客さまで賑わっていました。この時間になるとサイクリングの途中に立ち寄るというグループはなく、地元の方が多いような印象を受けました。

201908200002Feriがお願いしたのは、当然、GRÜNER VELTLINER。今日は日中暑かったので、水分が不足気味。そこで、いつもはオーダーしないSodaも一緒にお願いしました。

ただ、日中、友人に軽食をご馳走してもらったため、この時間になっても空腹にならず、Feriお得意の「飲むだけ」というパターンです。

Lungauと異なり、広い空が時間の経過と共に雰囲気を変えていくのが、印象的です。正に「黄昏時の醍醐味」と言っても過言ではないでしょう。

Continue reading "BadBad Fiscau-Brunnの黄昏 "

| | Comments (0)

August 19, 2019

Lungauで黄昏時を楽しむ

201908190003今日はFeriのお気に入り、黄昏時の話題です。ウィーンの黄昏時は、それまでの喧噪が静まり、静かな時が流れます。もちろん、これはFeriが贔屓にしているホイリゲの場合ですが‥

では、Feriのハイマート、Lungauの黄昏時は、どんな雰囲気でしょうか。まず、当たり前ですがワインの産地ではないので、ホイリゲはありません。

では、黄昏時をどこで過ごすか‥これは、レストランのシャニガルテンです。こちらでは、レストランでも飲むだけでOKというのが基本。

201908190005いつもは「黄昏時はWine」と決めているFeriですが、夏のLungauでは、日中、色々と活動していることもあり、Bierを頂きます。

黄昏時のレストラン。地元の皆さんが来ることもありますが、夏はバカンスでLungauに来ているお客さまが、大多数です。

Lungauでは、アウトドアスポーツが盛んですが、とくにサイクリングをしている人が非常に多いですね。そのため、サイクリングの途中で休憩に立ち寄るというパターンも多く、雰囲気もちょっと異なります。

201908190004さらに、Lungauはイタリアに近いため、お客さまはイタリア人とドイツ人が中心。もちろん、ウィーン人も見かけますが、数は少ないですね。グループが多いので、当然、会話の盛り上がりもお国柄が出ます。

もちろん、地元の人が集まる場所もあります。それはBar。特に若い人はBarに集まることが多いようで、カクテルなどを飲みながら、黄昏時を楽しんでいるようです。

いわゆる著名なリゾート地ではありませんが、やはり客層が大きく別れる点が特徴かもしれません。

また、オートバイのライダーさんも、良く立ち寄ります。最終目的地までの休憩という訳ですね。

Continue reading "Lungauで黄昏時を楽しむ"

| | Comments (0)

August 18, 2019

Lungauへの路

201908170001このところ仕事が忙しく、続けて休みがとれない状況が続いています。幸い短い期間ですが、まとまった休みがとれそうになったので、「Feriのオーストリアの原点」であるLungauへ出かけることにしました。

ただ、日程の関係で、お楽しみイベントはありません。日本で言うところの「お盆の里帰り」のような感じになりました。

201908170010Lungauはザルツブルク州ですが、Tauern山脈の南側。ウィーンから出かけるには、意外と不便です。何しろ中心となる街Tamswegには鉄道は狭軌鉄道のMurtalbahnしか来ていません。

ザルツブルクから路線バスという手もあります。以前、冬に行った時は鉄道やバスを利用しましたが、いずれも時間がかかります。また、運転本数も少ないため、鉄道やバスに合わせたスケジュールを組まざるを得ません。

という訳で、夏はウィーンでレンタカーを借りて、行くのが最も手軽で、基本的には、このパターンです。

201908170011ウィーンから出発後、Graz方面へ行く南高速を下ります。そして、途中からS6に入り、Semmeringへ。

南鉄道でも難所になっているSemmeringは以前は、峠越えで時間がかかりましたが、今はトンネルができたお陰で、大幅に時間短縮。鉄道の方は、現在、ベーストンネルを建設中で、これだけでもハンディキャップがあります。

Semmeringを何本かのトンネルで通過すると、シュタイヤマルク州に入っています。

201908170013Bruck.an der Mur、Leobenを経て空軍基地のあるZeltwegを経由して、Judenburgへ。この付近には、有名なRedBullのサーキットがあるので、イベント開催時には混雑するようです。また、最近ではアウトバーンに標識も出るようになりました。

9月上旬、久しぶりにエアショーが行われるZeltwegの空軍基地は、ウィーンからLungauへ向かう場合、向かって左手に見えます。高い管制塔が見えるので、すぐにわかります。

201908170014また、この基地内にはオーストリア連邦軍の空軍博物館(現在は軍事史博物館の別館扱い)があります。という訳で、この当たりは見どころも多数。

Judenburgでアウトバーンはおしまい。一般道の317号線に入ります。実は、317号線は一部区間で道路の高規格化(アウトバーン化)を進めている関係で、一部、迂回するケースがあります。

Continue reading "Lungauへの路"

| | Comments (0)

August 12, 2019

雑感 形にこだわりすぎるのも‥

201908110001今秋は「お盆休み」という方も多いと思います。日本では連日、猛暑が続いているようですが、先日、JRで列車の運転士さんが、乗務中、熱中症の疑いで搬送されたというニュースを耳にしました。

冷房の効いている運転室ですが、最近の電車はULFではありませんが、前面窓が大きく、直射日光を浴びるケースも多く、体温が上昇することも多いのでしょう。

で、ここで気になったのが「お客さまの視線が気になって、水を飲むことができなかった」という運転士さんのコメントです。

しかし、なぜ、鉄道会社は「安全運行のため、運転士と車掌は乗務中も水を飲ませます」というアピールをしないのでしょうね。不思議な気がします。個人の問題にすり替えては、気の毒な気がしてなりません。

201908110012こちらは、日本ほど暑くはありませんが、窓の大きい車両も増えてきたため、運転台にペットボトルを置いている光景を時々目にします。

さすがに運転中は水を飲みませんが、停車中に飲んでいるケースは、見たことがありますが、それについてイチャモンを付ける乗客は皆無だと思います。

また、このブログをご覧の皆さまもご利用になる国立劇場連盟ブッキングオフィスのカウンターにも、大きなペットボトルを置いて仕事をしている係員もいます。

屋内のオフィスでエアコンは効いていますが、やはり給水が必要な場合は、持ち場を離れずに水を飲むことを優先しているのでしょう。

201908120002日本では、基本的に接客業の場合、仕事中の給水はお客さまから見えないところで行うように指導されているそうです。そのため、一時的に持ち場を離れて、バックルームなどへ戻り、給水するとか‥何か作業効率が悪そうな気がするのですが‥

また、スーパーマーケットのレジでも、チェッカーさんはペットボトルを脇に置いて仕事をしています。さすがに接客中は飲みませんが、随時、業務中も給水できる体制をとっている訳です。

それから、海外ではスーパーマーケットなどの場合、椅子に座ってレジ操作をするのが基本。日本では、お客さまが立っていて失礼になるから、チェッカーさんも立って作業をしています。

201908120004しかし、当たり前ですが、立ちっぱなしでは疲労が蓄積し、作業効率が下がります。それを考えれば、座って仕事をする方が効率が良いと思うのですが‥

ふと、思ったのは、これらに共通することは「日本人は形にこだわりすぎている」ということです。これは、制服着用などにも言えるかも知れません。

さすがに鉄道では接客に当たる車掌さんは、制服姿ですが、運転士さんは私服のケースも多く、夏場になると短パンで乗務しているÖBBの運転士さんもいます。

また、極端な軽装は問題かも知れませんが、要するに正確、安全にお客さまを目的地に運んでくれれば良いわけですから、形は二の次ということなのでしょう。

Continue reading "雑感 形にこだわりすぎるのも‥"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧