August 18, 2017

Playmobilの世界観

Img_2016_08_2635

今日は「おもちゃの話題」をお伝えしましょう。

最近は大手メーカーの統合が進みましたが、日本のおもちゃメーカーも高い実力を誇っていると思います。

ただ、伝統的におもちゃが強いのはオーストリアのお隣、ドイツ。古くから様々なおもちゃが開発され、独自の世界を築いています。

その中に、Playmobil(プレイモビル)というシリーズがあるのは、日本の皆さまもご存じのとおり。ドイツ・バイエルン州に本社を置くGeobra Brandstätter、Geobra Brandstätter GmbH & Co. KGという会社が製造・販売している「組み立て式のおもちゃ」で、統一された縮尺と、世界観によってジオラマを作ることができるものです。

Feriが子供の頃にはありませんでしたが、仮にFeriが子供の頃に出会っていたら、間違いなく「はまっていた」と思うような規格内容です。余談ですが、Feriの子供の頃は、レゴをはじめとするブロック玩具がやっと出てきた時代でした。

基本となる製品は、身長7.5cmの人形(子どもは5.5cm、赤ちゃんは3.5cm)で、手や足、頭などを動かしたり回転させたりすることができます。また、手に各種の道具を持たせることができるようになっています。

Img_2016_08_2634

人と建物、動植物、各種の道具などをセットにしたものが基本です。この基本セットですが、メーカー側で、ある程度、ストーリー性を持たせているのがポイントです。

小さい子供さんが興味関心を示しそうなシチュエーションが多く、鉄道や空港はもちろん、警察、消防、レスシュー、病院、農家、海賊、宇宙など、幅広いジャンルが設定されています。そして、セット内容によりCity Actionといったシリーズに分類されています。

オーストリアでもおもちゃ屋さんの店頭に飾ってあるケースが多いので、Feriも時々、眺めることがありますが、その世界観に発想の違いを感じることがあります。

例えば、今回お目にかけるCity Actionシリーズの「銀行」には、Bankomat(日本のATM)の模型が付いており、小さな紙幣などが出るようになっています。

これだけならば、日本人でも考えそうなことですが、ストーリーの基本は「拳銃を持った銀行強盗が行員に金を要求している」という場面なのです。犯人は黒いサングラスをかけ、いかにも怪しそうな感じ。そして、銀行強盗を想定しているのか、天井には監視カメラがしっかり付いています。

わざわざ犯罪シーンを再現しなくてもよさそうなものですが、子供の頃から「現実」を直視させる姿勢が反映しているのでしょうかね。

Continue reading "Playmobilの世界観"

| | Comments (0)

August 16, 2017

戦死者を弔う

Img_2012_08_4368

昨日、8月15日、オーストリアは「Mariä Himmelfahrt」(被昇天のマリア、聖母マリアの日)で、祝日になっています。

「聖母マリアが地上の生活を終え、死後3日して、霊魂も肉体もともに天に上げられた」‥この被昇天にあずかった日が、8月15日であると信じられているからです。カトリックの信者が多いオーストリアらしい祝日です。

一方、日本では祭日ではありませんが、8月15日は「終戦記念日」でしたね。

政府主催の全国戦没者追悼式が、天皇、皇后両陛下御臨席の下、日本武道館で開かれていると思います。

式典では、日中戦争と太平洋戦争で犠牲となった約310万人のご冥福を祈り、平和への誓いを新たにする行事ですが、戦後、72年を経過し、世代交代を迎えているという話を耳にしました。

Img_2016_08_2619

その昔、オーストリアを訪問して一つ、驚いたことがあります。それは、小さな街にも、必ず戦死した地元出身者の名前を刻んだ慰霊碑が建立されていることです。

場所については、教会の敷地内に建立されているケース、街の中心部にある広場に建立されているケースなど、様々です。

皆さまもご存じのようにオーストリアは、第1次世界大戦、第2次世界大戦ともに、いわゆる敗戦国になりました。

特に第1次世界大戦後、オーストリアはハンガリーとの二重帝国が解消され、ハプスブルク家が追放されるなど、厳しい結果になりました。

Continue reading "戦死者を弔う"

| | Comments (0)

August 12, 2017

内燃機関自動車の未来は?

Img_2013_09_0291

今日は「環境と自動車のお話」です。

皆さまもご存じのように、7月6日、フランスのユロ・エコロジー大臣(環境連帯移行大臣)が、2040年までに、二酸化炭素の排出削減のため、国内におけるガソリン車およびディーゼル車の販売を禁止すると発表しました。

また、26日には、イギリスも2040年までにガソリン・ディーゼル車の販売を禁止する方針を打ち出しました。

それに呼応するかのように日本でも、トヨタがマツダに出資し、関係を強化して電気自動車の開発を進めるというニュースも流れてきました。

こちらでも、現在、電気自動車は走っているものの、ごく少数です。そのため、20年後にガソリンエンジンやディーゼルエンジンを搭載した自動車を完全に排除できるのか疑問の声も上がっているようです。

Img_2013_09_0301

とくに電気自動車の走行距離やバッテリー寿命など技術的課題、さらに給電インフラ整備や、産業構造転換など経済的課題もあるため、実現は難しいとする見方が一般的です。

確かにドイツや日本など、自動車産業が基幹産業となっている国では、大変な構造転換になるので、難易度は高いと思います。

オーストリアの自動車産業は、Magna Steyr Fahrzeugtechnik AG & Co KG(マグナ・シュタイアー)が代表です。

Img_2013_09_0299

同社は100年以上続く車両生産と、幅広いサービス提供を行っていますが、独自ブランドを表に出さないエンジニアリングパートナー、かつOEMの製造パートナーです。

2002年にはダイムラー・クライスラー社のEurostar車両製造施設を買い取り、年間20万台の生産を行っています。

また、メルセデス・ベンツ車の四輪駆動方式(4MATIC)を開発し、メルセデス・ベンツ・Eクラス・4MATICの組み立てを全数担当しています。

仮に、ヨーロッパでガソリンエンジン車の販売が禁止されることになると、オーストリアでは、同社が最も影響を受けると思われます。

Continue reading "内燃機関自動車の未来は?"

| | Comments (0)

August 10, 2017

「断り言葉」に思う

Img_2016_09_0291

今日は、いつものテーマと趣を変えて「言葉遣いの話題」をお届けしましょう。

こちらでもレストランなどに入ると、従業員さんが、色々と勧めてくれるケースがあります。

例えば、食後だとカフェやデザートなどです。お願いする場合もありますが、その時の状況によっては、断る場合もありますよね。Feriの場合は、懐具合が寂しいので、お断りするケースが多いのですが(笑)。

そうそう、ホイリゲでも、Wineを飲み干すと、従業員さんが勧めてくれますね。いい気になって飲み続けると、後が大変ですが‥(失敗談あり‥)

Img_2016_02_1831

また、飛行機の機内サービスでも、客室乗務員さんが、色々と勧めてくれるケースがあります。とくにビジネスクラスになると、その傾向が強いですが‥ 

長距離線の機内では、基本的に料金は発生しないので、その時の調子に合わせて、お願いする場合もありますが、お断りする場合もあります。

その時、ドイツ語圏では“Nein Danke”という言葉を使うケースが多いと思います。英語圏では、“No Thanks”でしょうか。

比較的ていねいな「断り言葉」なので、日本語に置き換えると、多少ニュアンスは異なるのかもしれませんが、“結構です”が該当するような気がします。

Img_2016_09_0440

先日、日本でコンビニエンスストアを経営している友人と話をした時、最近は、言葉が雑なお客さまが増えているという話題になりました。

例えば、レシートや商品を入れる袋が不要な場合、“レシートは結構です”ではなく、いきなり“いらない”というケースです。

さらに、これを強い調子で言う、手で明確に拒絶する姿勢を示す(払いのけるなど)お客さまもいらっしゃるとか‥

実は、これには心理学的な背景があるようで、厳密にはお客さまは、“レシートはいらない”と言っている訳ですが、主語が抜けていること、明確な否定形の言葉であることなどから、言葉を受けとめる従業員さんは「あなたはいらない」というように感じてしまうことがあるそうです。

Continue reading "「断り言葉」に思う"

| | Comments (0)

July 28, 2017

夏はスイカ!!

Img_2012_08_5458

今日は「フルーツの話題」をお届けしましょう。

しかし、改めて日本と言う国を見ると、本当に果物の種類が豊富だと思います。もちろん、バナナやパイナップル、キウイ、オレンジのように輸入品が幅をきかせている品種もありますが、その多くは国内で生産されていますよね。

林檎、桃、梨、柿、蜜柑に代表される各種の柑橘類、メロン、西瓜、葡萄など、季節に合わせて、国産の「旬の果物」を食べることができるのは、素晴らしいことだと思います。

さらに、海外品種についても、日本で独自に品種改良を施した結果、オリジナルよりも美味しくなっている例もあります。Feriが好きな洋梨も、その一つかもしれません。

これは、国土が狭い割に、南北に広がっていることが要因になっているような気がします。

Img_2012_08_4286


ご存じのようにオーストリアは、元々、緯度が高い上に、国土も狭く、かつ現在は、国土が東西に広がっている関係で、自国で産出される果物は、非常に限られています。

オーストリア産の果物としては、林檎や梨が代表的なものですね。林檎については、需要拡大のキャンペーンを推進していることを、このブログでもご紹介したことがありました。

ただ、陸続きのため、陸上輸送で各国から、各種の農産物が入っているため、店頭には色々な果物が並んでいます。

今日、ご紹介するのは日本でも「夏の果物」の代名詞であるスイカ(西瓜)です。電子マネーのSuicaではありません。

Img_2012_08_4279

夏のバカンスシーズンにオーストリアを旅行すると、ホテルの朝食でスイカが出てくることがあります。こちらでは、Wassermeloneと言いますが、英語がWatermelonなので、同じニュアンスですね。

ホテルの場合、写真のようにスライスしたものが出てきますが、スーパーマーケットなどに行くと、日本と同じく、半分に割った状態、または四分の一に小分けしたものを販売しています。

やはり大食漢の方が多い、こちらでも1個はハードルが高いのでしょうかね(笑)。

また、入り口の平台に陳列しているところを見ると、やはり季節のオススメなのでしょう。

このスイカですが、その野生種がアフリカ中部の砂漠地帯に分布していることから、おそらくそこが原産地だろうといわれています。

Continue reading "夏はスイカ!!"

| | Comments (0)

July 22, 2017

移民トラブル‥

20170721_x201_00002


オーストリアでは、しばらく移民に関連するニュースは少なかったのですが、残念なニュースが入ってきました。

7月中旬、ウィーンで54歳の女性が、ソマリア人難民による暴行で大怪我を負い、入院したというニュースです。

この女性は自宅庭の門のところで、愛犬を連れて近所さんの方とおしゃべりをしていたそうです。そこへベールをかぶった女性が近づいて来ました。

被害者の女性は、イスラム教徒の中には、動物に敵意を持っている人がいることをしていたので、子犬が近づかないようにしたそうです。

しかし、件のベールをかぶった女性は“動物は汚れている”と言って、掴みかかってきました。2人はもみ合いになり、その場に転倒。最終的には男性が3人がかりで、2人を引き離したそうです。

攻撃をしてきたのは、難民申請中の18歳のソマリア人女性で、事件の後、夫も特定されたようです。

しかし、このもみ合いで被害者の女性は膝が割れてしまい、病院へ搬送されました。最終的に2度の手術を行い、人工膝関節を移植したと報じられています。

Continue reading "移民トラブル‥"

| | Comments (0)

July 16, 2017

趣味雑感 楽しいクラブ活動 航空編

Img_2009_08_6015

先日の北九州に続いて、今度は愛知県犬山市周辺で集中豪雨があったようですが、最近は雨の降り方が極端な気がします。一方、関東地方は雨が全くおらず、夏の水不足が心配です。

さて、日本は7月17日が「海の日」なので、三連休という方も多いのではないでしょうか。ただ、雨の被害に遭った皆さまは、お休みどころではないかもしれません‥謹んでお見舞い申し上げます。

今日は「趣味の話題」の続編として航空編をお届けしましょう。オーストリア小さな国ですが、スポーツ航空が盛んです。一つはグライダーなどのスポーツ航空に最適なフィールドが多いことも要因なのかもしれません。

スポーツ航空は、比較的手軽なハンググライダーやパラグライダーであっても、ランディングゾーン(Landeplatz)が必要なため、飛行クラブを中心に活動を行っているところが多いようです。

Img_2011_08_9158

平素、飛行クラブはメンバーを中心に活動をしている訳ですが、夏期にはFluegelFest(またはFlugFest)と題したオープンハウスが開催されます。

FlugFestでは、一般のお客さまにもご来場いただき、クラブメンバーがフライトを披露して、スポーツ航空の魅力をアピールする目的があるようです。

ただ、Festという名がつくと、日本と異なり、こちらでは必ず軽食だけでなく、Bierが提供されます。

クラブメンバーが家族総出でお客さまを「おもてなし」してい姿を見ると、こちらの趣味活動の奥行きを垣間見るような気がします。

Continue reading "趣味雑感 楽しいクラブ活動 航空編"

| | Comments (0)

July 15, 2017

写真特集 オーストリアの猫たち

Img_2015_08_1799

今日は「猫のお話」です。

日本でもペットは「犬派」と「猫派」がいらっしゃるようですが、これはオーストリアでも同じです。

ただ、全般的に見ると散歩をさせることが多い犬の方が目立ちますが、愛猫家も多いようです。ちなみにFeriの友人には愛猫家が多いですね‥

ところで、こちらでは一般的なペットの愛犬が、レストランやホイリゲに入店することが認められているようにペットも、ある意味で「市民権」を得ています。もちろん、それなりのソーシャルスキルを備えていることが前提ですが‥

Img_2007_08_8626

反面、「ペットの闇」になるのかも知れませんが、いわゆる「野良」に関しては、非常に厳しく取り締まっており、捕獲後、専用の施設に収容されて、処分されているようです。

そのため、野良は、まず存在しないと考えてよいようです。
Salzburg空港に隣接するRedBullの博物館近くには、「野良の収容施設」があるのですが、悲しげな犬たちの鳴き声が印象的でした。

犬に関しては、ある程度、飼い主が行動をコントロールできますが、難しいのは猫。飼い猫でも、住まいの中に閉じ込めておくのは難しいようで、勝手に表へ遊びに行かせる飼い主さんが多いようです。

Img_2015_08_1913

そのため、時々、行方不明になることも‥このブログでもご紹介したことがありますが、愛猫が行方不明になったので、情報を求める手作りポスターを街中で見かけることがあります。

また、ノラと間違われないように、識別のため愛猫にリボンなどを付けている飼い主さんもいらっしゃるようです。

今日はオーストリアで見かけた猫を写真でご紹介しましょう。1枚だけは、友人の愛猫ですが、それ以外は見ず知らずの猫たち。窓辺で佇んでいる猫、街中を勝手に歩き回っている猫、店頭で気持ち良く寝ている猫などをお楽しみください。

Continue reading "写真特集 オーストリアの猫たち"

| | Comments (0)

July 04, 2017

趣味雑感(下) 鉄道模型クラブ

Img_2016_08_3558

昨日に引き続いて、「趣味に関するFeriの勝手な考察」です。

昨日ご紹介したTaurachbahnを運営しているClub760ですが、狭軌鉄道の愛好家が集まっている団体です。760という「謎の数字」は、「線路の幅(ゲージ)」を示しています。

ÖBBなどの本線の線路幅は日本の新幹線と同じ1435mmですが、狭軌鉄道は、それよりも狭い鉄道を指します。線路幅は様々なのですが、760mmを採用している鉄道が比較的多いようです。Murtalbahnも当然、760mmです。

Club760は、狭軌鉄道が中心なので、地方中心で、ウィーンにはご縁がありません。が、「Clubabende in Wien」という行事が、存在するのです。

「FALKENSTEINER STÜBERL」(Wien 3., Kleistgasse 28)で行われる「クラブの例会」です。

Img_2013_12_1840

2017年はTaurachbahnの運転が終了する9月から12月に、毎月1回、月曜日に開催されます。

Club760のホームページに掲載されている案内によるとメンバー以外のビジターも参加できるようですが、ビジネスが始まる週初めというのがオーストリアらしいですね。

例会では、写真の紹介や映画の上映、様々な情報提供が行われるようです。

Feriは参加したことがないので、明確なことは言えませんが、「FALKENSTEINER STÜBERL」はClub760の関係者が経営している可能性がありますね。いずれにしても、オフシーズンでも楽しい一時を過ごしているようです。

Img_2013_12_2347

さて、もう一つご紹介するのは、鉄道模型クラブです。こちらの鉄道模型クラブは、クラブハウスを所有しているところが多く、ここが活動の拠点になります。

以前、Wiener Linienの「Sektion Modellbau」です。以前もご紹介したことがありますが、場所はフォルクスオーパーの最寄り駅であるU6のWähringer Straße駅の構内です。

以前、一般公開が行われていた際に訪問したことがありますが、駅舎の余剰スペースを使っているため、狭いものの2フロアーを使用しており、いわゆるジオラマ(鉄道模型の世界ではレイアウトと言いますが…)が設置されています。

こちらでは一般的なHOスケール(1/87)のジオラマは、オーストリアの地方が舞台。非常に作り込まれており、現在も作り込みが行われていました。

Continue reading "趣味雑感(下) 鉄道模型クラブ"

| | Comments (0)

June 08, 2017

有償イベントに思う‥

20170606ss00002

オーストリアの飲料メーカーRedBullが主催する「Red Bull Air Race2017」第3戦が、先週末、日本の千葉県・幕張市でが行われ、日本の室屋義秀選手が、第2戦サンディエゴに続く2連勝、昨年の千葉戦に続く3連覇を達成し、2017シーズンのポイントリーダーにも躍り出ました。

ちなみに、今回、2位はペトル・コプシュタイン選手、3位はマルティン・ソンカ選手でしたが、いずれもチェコから参戦しているパイロットです。

最近、日本ではNHKが、海外のレースを中継していることもあり、大変盛り上がったようです。

今年は、レースの合間に会場を盛り上げるサイドアクトに、アメリカで飛行可能に復元された零戦、ワールドツアーのブライトリングDC-3Aなどが参加したこともあり、多くの航空ファンで賑わったようです。

20170606ss00004

インターネット上には、レースの模様と同時に会場を優雅に飛行する零戦やDC-3Aの写真が多数掲載されており、会場に出向けなかったFeriも、当日の雰囲気を知ることができました。

ただ、その中で気になったのは、有料の観覧エリアに入場せずに、場外から撮影している方が多いということです。

日本で行われる航空ショーの多くは自衛隊や在日米軍などが主催するため、入場無料が一般的です。それに対して、Red Bull Air Raceは、自動車のF-1などと同じく、高額な入場料を支払って見学するようになっています。

また、様々なサービスが提供される高額な観覧席もあります。

日本では、非常に高いという評価が定着しているのですが、こちらでは、ゼクトをかたむけながらレースを観戦するというのは、一般的な行為です。ある意味、対象は全く異なりますが、オペラ鑑賞と一緒です。

ただ、鑑賞する対象が空を飛んでいるため、結果的に観覧エリア外からも見えてしまう‥というだけの話。

Continue reading "有償イベントに思う‥"

| | Comments (2)

より以前の記事一覧