December 14, 2019

クリスマスツリーの販売が始まりました

201912130012今日は「クリスマスには欠かせないツリーの話題」をお届けしましょう。Advent3週の週末から、ウィーンでクリスマスツリー(Christbaum)の販売が始まりました。

販売期間は原則として24日まで。営業時間は、毎日、8時から20時までとなっています。ウィーンで販売されているツリーの多くはNiederösterreichの農家が自然栽培方式で生産されているものです。

201912130011ウィーン市内には約300箇所のChristbaummärkteがあるそうですが、生産農家が直接販売しているケースも多いようです。

ツリーには写真のように生産場所を表すタグが取り付けられています。まだ、販売が始まったばかりなので、ツリーを買い求める方は少ないようですが、Ottakringで大きなツリーを二人がかりで運んでいる姿を目撃しました。

201912130013ちなみにネットに入れて運搬します。そのため、ネットに入れる道具が置かれています。

気になるお値段ですが、Feriが見かけたある市では、Blaufichtenの場合、0.5~1メートルが8Euro~24Euro、1~1.5メートルが17Euro~45Euro、1.5~2メートルが25Euro~72Euro、2~2.5メートルが35Euro~80Euroとなっていました。なお、Tannenの方が若干、お値段が高いようです。

Continue reading "クリスマスツリーの販売が始まりました"

| | Comments (0)

December 11, 2019

SIEMENSの犬?

201912100002今日は「犬の話題」をお届けしましょう。

日本では2020年は「東京オリンピック・パラリンピック」が開催されるため、当局が各種テロ対策に力を入れているという話を耳にしました。

1964年当時は、「オリンピックでテロ行為」などは想像できませんでしたが、ミュンヘンオリンピックのテロ事件以降、様相が変わりましたね。

先日、日本の国土交通省鉄道局が「危険物探知犬」を使った実証実験を東京駅で行ったというニュースを耳にしました。空港などでは、麻薬探知犬をはじめとする犬が仕事をしていますが、鉄道の駅では初めてだそうです。

さて、前置きが長くなりましたが、先日、Handelskai駅でS-Bahnの列車を待っていると、対向ホームに写真のような大型犬を連れた男性が登場。

20191210002こちらでは、ルールに則っていれば大型犬を列車の乗車させることは問題ありませんので、これ自体は見慣れた光景です。Feriが気になったのは、飼い主と思われる男性が蛍光カラーをあしらったジャケットを身につけている点です。

こちらでは、各種作業をする際、危険防止などの観点から、職務中は、このようなジャケットを身につけるのが一般的です。ただ、仕事が終わった場合は、脱いでいるケースが多いと思います。

遠かったので、よくわからなかったのですが、後日、写真を拡大して見ると、このジャケットにはSIEMENSの文字が‥

ということは、この男性はSIEMENSの関係者ということになります。SIEMENSの関係者がS-Bahnの駅にいるのは、珍しいことではありませんが、犬を連れているというのは初めて目にしました。

さて、この犬が、この男性の職務と関係があるのか、否か‥残念ながら、これ以上はFeriの想像の域を出ません。

Continue reading "SIEMENSの犬?"

| | Comments (0)

December 10, 2019

Volksoperncaféの思い出

20191209005今日は「11月に閉店したVolksoper前のcaféにまつわる思い出話」です。

記事を掲載してから、パソコンに保存してある写真をチェックしたところ、Volksoperncaféの見落としていた懐かしい写真が出てきました。

「記憶ではなく、記録」と言われるように、ちゃんと整理しておかないと短時間で、必要な写真や資料を探すことができないという典型です‥

先日の記事では、Volksoperのイラストが描かれたシュパイゼカルテをご覧頂きましたが、その後、店内の写真をあしらったものに変わりました。

20191209007写真は、今から12年前の2007年に撮影したものですが、10月の休店日が印刷されています。ということは、毎月、シュパイゼカルテを印刷していたのでしょうかね。

営業時間も最近とは異なり、月曜日から土曜日までは16時~午前1時、日曜日は15時~24時となっており、日中の営業は行っていませんでした。営業時間を見ると、完全にVolksoperのソアレに的を当てて営業していることがわかります。

20191209008そして、写真の下には1958の文字が‥どうやら1958年に営業を開始したようです。庶民的なcaféとして、劇場と共に歴史を刻んできたのですね。

Feriは、当時、基本的に観劇の後、クールダウンを兼ねて、ここで軽食をとってから、ホテルへ戻るのが決まった行動パターンでした。だから従業員さんに覚えられた訳ですが(笑)。

20191209009Feriが好んでオーダーしていたのはSchinkenkäsetoast。今、シュパイゼカルテを見ると「Kleine Kaffeehausspeisen」というカテゴリーに入っていました。

ちなみに、このカテゴリーにはFrankfurterやGulaschsuppeなども入っており、充実した「軽食」が特徴。やはり場所柄、本格的なお食事よりも軽食をとるお客さまが多いことから、こういった編成になったのでしょう。しかし、カテゴリーの名前が洒落ていますね。

20191209001ダウンライトが印象的なカウンター席。こちら仕様のカウンターなので、カウンターも高めで、足の短いFeriなどは、椅子に座ると不安定でした。

そのため、基本的にテーブル席を使っていましたが、開演前の混雑時には、やむを得ず、カウンター席を利用したこともあります。ちなみに、カウンターの奥に写っている男性が当時のオーナーさんだと思います。

20191209004ところで通常、シャニガルテンには歩道上でもビーチパラソルや天幕が設置されているケースが多いのですが、トップの写真をご覧になるとわかるように、この店は単純に椅子とテーブルを置いただけでした。

なお、後年になってビーチパラソルを設置していた時期はありました。

もう一つ、全回の記事では、“Feriが利用するようになった頃には「Kegelbahn」は既に営業中止になっていた”と書きましたが、その後、同店の窓に「Kegelbahn Frei」と書かれた看板が掲げられている写真が出てきました。

20191209010撮影したのは2004年5月。手で窓に掛ける看板(鹿も2枚)なので、営業していたのは間違いありません。

ということは、少なくともFeriが通い始めた頃には、まだ営業をしていたことになります。

オーストリアでは、一時期、ボーリングに似たゲーム「Kegelbahn」が大変な人気を集めたようで、地方の街でも競技場が開設されていたようです。ちなみにFeriが夏に訪れるLungauになるTamswegのホテル地下にも、かつてKegelbahnの競技場があったようです。

Continue reading "Volksoperncaféの思い出"

| | Comments (1)

December 07, 2019

名菓「猫の舌」

20191206001Adventっも2週に入りました。さて、今日は「お菓子の話題」です。かつての宮廷文化の影響もあり、ウィーンには多種多様なお菓子が販売されているのは、Feriが申し上げるまでもなく、皆さま、ご存じのとおり。

最近では日本のコンビニでも販売されているザッハトルテに代表される生菓子もありますが、その他にも色々なお菓子があります。


今日、ご紹介するのはウィーンの名店DEMELで見かけた「LES LANGUES DE CHAT」(ラング・ド・シャ、フランス語)。


パッケージの写真には可愛らしい猫が赤い舌を出していますが(イラストかも知れません。写真でもPhotoshopで加工しているようですが‥)、ドイツ語圏では「Katzenzunge」(猫の舌)と呼ばれることが多い商品。


オリジナルの名称からもわかるように、フランスの伝統的なお菓子。小麦粉を使ったお菓子(焼き菓子)ですが、サブレなどと異なり、ざらついた食感が特徴。


ちなみにフランス語でも「猫の舌」という意味(langue:舌、de:冠詞、chat:猫)。こういった洒落た名前がついたのは、「形状と食感」からきたようです。


20191206002DEMELで販売されているものは、オリジナルよりも細長いのが特徴。ある意味、食べやすいかもしれません。そしてポイントは表面がチョコレートでコートしてあること。


また、DEMELでは、ドイツ語圏で一般的な「Katzenzunge」ではなく、オリジナルを尊重しているのか、「LES LANGUES DE CHAT」というフランス語名で販売しています。


ところで、この商品、DEMELが考案したものではなく、発祥については色々な説があるようです。


一つはベルギー、もう一つはオーストリアのKüfferle 社。Feriは専門家ではないので、残念ながら、オリジナルを開発したのが、どなたなのかは存じません。

Continue reading "名菓「猫の舌」"

| | Comments (0)

December 03, 2019

深刻化するリゾートアパート問題

20191202000611月、当ブログで最もページビューが多かったのは、11月18日でした。また、11月のエントリーでご覧になった方が多かったのは「日本オーストリア修好150周年記念切手」、「“ベルリンの壁”崩壊、30年に思う」などでした。

さて、今日はオーストリアのリゾートエリアで、最近、問題化している「リゾートアパートの話題」をご紹介しましょう。

バブル全盛期、日本でもリゾートエリアにマンションが大量に建設されたことがありましたね。当初は強気の価格設定だったようですが、バブル崩壊後、分譲価格が下落。信じられないような低価格で販売されていたという話を耳にしたことがあります。

ちなみに、以前、Feriが務めていた会社でも、社員の福利厚生施設として越後湯沢近くの高層マンションの一室を購入したことがありました。

ちなみに社長に購入価格を聞いて、その安さにビックリした経験があります。

201912020003さて、先日、昼間にORFを見ていたら、興味深い番組を放送していました。途中から見たので、特集のタイトルは失念しましたが、「リゾートエリアで続々とリゾートアパート(日本のマンション)が建設されており、これが地域住民とのあつれきを生んでいる」といった内容でした。

リゾートエリアですから、観光客が来ることは基本的に歓迎なのですが、一時滞在を前提としたホテルやペンションではなく、問題は「インバウンド需要を狙った分譲アパートの建設」という点です。

建設されているのは、ザルツブルク州やチロル州などにあるスキーリゾートや国立公園エリアが中心。

201912020005建設しているデベロッパーとしては、海外の富裕層に販売することを念頭にしており、「景色が良い」というのが最大のウリです。

何が大きな問題になっているかというと、景観を損ねるという要素もあるのですが、それ以上に問題なのは、地域住民と新住民との間に発生する軋轢。

ウィーンでも、旺盛な需要を踏まえてスクラップアンドビルド方式でアパート建設が進められており、高級アパートの入居者は、海外の富裕層が多いと聴いています。

しかし、ご存じのようにウィーンは、元々、他民族都市。実際、ウィーン市内を歩いていると、ドイツ語がほとんど聞こえてこないエリアも沢山あります。

そのため、「外国人に対する抵抗がない」とは言いませんが、比較的低いと思います。

201912020002それに対して、リゾートエリアの場合、元々、住んでいる住人はオーストリア人で、多くは農業・酪農業を営んでいる皆さま。

最近では、繁忙期にはホテルで外国人従業員が働いているケースもあるようですが、定住者の多くは古くから住んでいるオーストリア人です。

そこへ、大量の外国人が流入してくる訳ですから、生活習慣の違いなども相まって、新住民に対して、ある種の嫌悪感を抱く方々が増えてくるのは、やむを得ないかもしれません。

番組では、地域住民だけでなく、自治体やデベロッパーの責任者にもインタビューをするという多角的な構成になっていました。

201912020004デベロッパーとしては、法令に違反することなく建設を進めており、景観にも十分配慮しているという主張です。確かに新しくできたアパートも、高層アパートではなく低層で、周囲に配慮したデザインになっています。

また、自治体としては、通常の観光客ではなく、新しい定住者が増えることは、税収の増加につながりますから、法令違反がない限り、表立って規制を打ち出すことには抵抗があるようです。

201912020007番組では新しい住民の様子も映し出されていましたが、ベールをかぶった女性など、中東系住民の姿も‥当然、生活習慣も大きく違うので、古くから住んでいる地域住民の皆さまから見ると、違和感を強く感じるのでしょう。

これが、ペンションなどであれば、長くても滞在期間は限られていますが、分譲アパートになると、維持コストを考慮すれば、そのに一年中、住むとは言わないまでも、滞在期間は長くなるのは当然です。

実際、将来的にイスラーム系の住人が増えてくれば、モスクの建設などという話に発展することも考えられます。

Continue reading "深刻化するリゾートアパート問題"

| | Comments (0)

December 02, 2019

21区のホイリゲを訪ねて

20191130003今日は「ホイリゲ訪問記」をお届けしましょう。平素は滞在している場所の関係もあり、16区から19区にかけてのホイリゲを利用することが多いFeri。

最近は、時々、23区にも顔を出すこともありますが‥ 23区にも良いホイリゲが沢山ありますが、若干、アクセスに時間がかかるため、気軽に‥という訳にはいかないのが難点。

そして、ご存じの方も多いと思いますが、もう一つホイリゲが多いのがドナウ川の川向こう側です。

20191130002以前、東京で開催されたオーストリアワインのイベントには色々な醸造所が参加していましたが、その中で、今回、初参加だったのが、Weingut Christ

ブースでお話をすると、“うちはホイリゲもやっているので、ウィーンにお住まいになっているのだったら、是非、立ち寄って下さい”という話になりました。

ただ、例によって通年営業ではなく、時期を限っているため、なかなかタイミングが合いません。今回、営業している期間に時間がとれたので出かけてみました。Feriは21区は、あまり出かけることはありませんが、東京都葛飾区と姉妹都市になっているので、ご存じの方も多いと思います。

20191130005Feriは、路面電車(30系統、31系統)を利用しましたが、最寄りの停留所はGroßjedlersdorfです。せっかくなので停留所を下車してから付近を散策してみました。今は、大型ショッピングセンターが立ち並んでおり、のどかな雰囲気は感じられません。

ちょうど、歩いているとWeingut Christの工場側に出ました。家族経営の歴史ある醸造所ですが、今の経営者は伝統を基盤に革新にも挑戦しており、近代化された工場が特徴です。ちなみにホイリゲの「正規の入り口」は工場の反対側です。

ホイリゲの入り口はShopと兼ねており、建物は近代的で、ちょっと拍子抜け。ただ、ホイリゲ側は伝統的なデザインの建物です。ちなみにトップ写真の奥がホイリゲ、手前がShopです。そのため、店内は、いかにもホイリゲらしい雰囲気になっています。

20191130004せっかくなので、店内を一通り見ましたが、ホイリゲといては広い客席が特徴で、多くのお客さまに対応できるようです。

営業時間は15時からですが、15時過ぎに入店した時には、予想外にお客さまが多く、ちょっとビックリ。また、18時以降の予約もたくさん入っていました。

という訳で、長時間、粘る予定はないので、遅い時間の予約席を利用させてもらいました。お姉さんにお願いしたのは、当然、GRÜNER VELTLINER。同じ銘柄を呑みくらべることで、味の違いが実感できますし‥

Weingut ChristのGRÜNER VELTLINERですが、非常にまろやかで、口当たりが良いのが特徴。今までFeriが飲んだGRÜNER VELTLINERとは、ちょっと口当たりが異なりました。口当たりが良いだけに、飲み過ぎにご注意‥という感じですね。

Continue reading "21区のホイリゲを訪ねて"

| | Comments (0)

December 01, 2019

クリスマスマーケット雑感

20191130014早いもので2019年も「最後の月」に入りました。こちらでは、いよいよAdventに入り、クリスマス商戦も活況を呈してきます。

さて、12月最初の話題は「クリスマスマーケット雑感」です。

以前はAdventに入ってから開催されることが多かったクリスマスマーケットですが、ウィーンでは、最近、11月中旬から始まるのが一般的になってきました。

20191130015開催期間が長ければ、その分、売り上げに貢献することははっきりしているので、その点を踏まえての会期設定なのだろうと思います。

最近ではテロの標的になるケースもあるクリスマスマーケット。幸いオーストリアでは、現在までのところ、クリスマスマーケットを対象としたテロは発生していませんが、警察当局は警備も含めて神経を尖らせていることと思います。

20191130012また、一部では、テロが宗教と関係があるため、宗教色を薄めるため「ウィンターマーケット」に改称したらどうか‥という話も出ているとか‥

万が一、テロ事件が発生すれば、沢山のお客さまが集まっているだけに被害は甚大。それを考えると安全性を高めるため、宗教色を薄めたいと思う人が出てくるのもわかりますが、そうなるとクリスマスそのものの存在意義が問われるようになると思います。

20191130013ところで、Christkindlmarkt auf dem Rathausplatzの混雑は、毎年混雑が増しており、週末のピーク時など、Feriは恐怖心を感じることがあります。

以前、このブログでもご紹介したことがありますが、最近はイタリア、ドイツ、フランスなどに加えて、東欧圏からのお客さまも激増しています。

何しろ陸続きですから、バスを使って訪問することができるので、日本の国内旅行感覚でしょうね。

Continue reading "クリスマスマーケット雑感"

| | Comments (0)

November 30, 2019

コーヒーカップ回収機を発見

2019112900111月最後の話題は、以前、このブログでお伝えした「エコプロジェクトの続編」です。

2019年7月12日の記事で「myCoffeeCupで廃棄物を削減しよう」というウィーン市の取り組みをご紹介しました(詳しくはこちら)。

最近、増えているテイクアウト(こちらでは「coffee to go」と言うのが一般的になっていますが‥)可能なコーヒーショップやベッカライで使用していた使い捨てカップを再利用しようという試みです。

「myCoffeeCup」は、いわゆる本格的なマグカップではなく、使い捨てカップをバージョンアップしたような仕様で、ポリプロピレン製。サイズは200ミリリットル(レギュラー)と300ミリリットル(ラージ)の2タイプがあります。

20191129002最大500回まで再利用可能で、最後におもちゃにリサイクルされます。

プロジェクトに協賛している店舗で、1個1Euroで購入することができますが、デポジットシステムになっています。

不要になった「myCoffeeCup」をプロジェクトに参加している店舗や回収機に持ち込み、返却すると1Euro分のクーポンが戻ってくるのです。

今回、Feriが見つけたのは、この回収機。場所はクリスマスマーケットで賑わう旧AKHにあるウィーン大学キャンパスの構内でした。

Continue reading "コーヒーカップ回収機を発見"

| | Comments (0)

November 28, 2019

馴染みのお店が閉店

201911270010今日はちょっと寂しいお話です。

Volksoperへお越しになった方はご利用されたかおしれませんが、向かいにあったCafe 「Theater Pause」が11月23日限りで閉店となりました。ちょうどVolksoperで「König Karotte」のPremiereが華やかに行われた日です。

201911270009Feriが20前、初めてVolksoperへ行った時から営業していたCafeで、ホテルを拠点にしていた時は、開演前と終演後には必ず、利用していました。毎回、オーダーするものが同じなので、従業員さんにも覚えられてしまいました。

その後、拠点がアパートになってからは、ちょっとご無沙汰気味。実は、閉店したのを友人から聞いたのは、閉店の翌日だったため、閉店前、最後の利用は叶いませんでした。まさか、そこそこお客さまが入っていたので、閉店するとは思ってもみませんでしたので‥

201911270008Feriが最初に、この店を利用したときは、ご年配のオーナーさんと従業員さんが切り盛りしており、屋号も「Volksopern」でした。当時は、喫煙全盛時代。紫煙の香織が漂う、いかにもウィーンの庶民的なCafeという雰囲気でした。

右の写真は、当時のシュパイゼカルテですが、表紙にVoklsoperのイラストが描かれており、劇場とともに歩んできたというイメージが伝わってきます。

201911270005開演前はVolksoperの観劇に訪れたお客さまが中心で、開演30分から40分前には満席になっていることも多々ありました。

やはりWeimarよりも近い上に、手頃な値段だったことがよかったのかもしれません。また、一旦、Cafeに入ってから、劇場にチケットやプログラムを買いに行くお客さまも多かったですね。これも劇場向かいという立地の良さが功を奏したと言えそうです。

201911270007一方、日中や経終演後は、劇場関係者も多数、利用していました。Feriも、指揮者や歌手の皆さんを見かけたことがあります。もちろん、プライベートな場なので、おとなしく見ていましたが‥

そう言えば、若手の歌手がデビューした際、終演後、ご友人が御祝いの会を開いている場面に遭遇したこともあります。

また、Feriが利用するようになった時は、すでに営業していませんでしたが、地下にはKegelbahnのレーンがありました。営業終了後も、看板が出ていました。

Continue reading "馴染みのお店が閉店"

| | Comments (0)

November 23, 2019

落ち葉が一杯

20191122002

21日はボジョレーヌーボーの解禁日でしたね。一応、ORFのニュースでもフランスの模様を流していました。

今晩はVolksoperでオッフェンバックのオペレッタ(厳密にはオペレット・フェリー)「König Karotte」のPremiereが行われます。公演終了がウィーン時間の22時頃になるため、Reportの掲載が遅くなります。

例によってディープな記事になりそうな予感‥そこで、オペレッタや音楽に、あまり興味のない方にも楽しんで頂ける「軽い話題」を1本掲載しましょう。

先日、南チロルやケルンテン州で豪雨があったように、オーストリアも異常気象の傾向が出ています。

20191122003ウィーンでも、クリスマスマーケットが始まっていますが、気温は高め。天気が悪くても今週は最高気温が12度位あります。例年よりも気温が高いためか、紅葉(実際には黄色い葉が多いのですが‥)が遅くまで観ることができました。 また、シャニガルテンを営業しているところも多数。もちろん、遠赤外線の暖房装置は付いていますが…

ウィーン市内の木は街路樹も含めて、落葉樹が多いため、道路や公園は落ち葉で一杯です。通常では、11月下旬になって落ち葉が一杯というケースは少ないのですが、今年は様子が違うようです。

20191122004市が管轄する公園では、ウィーン市当局による落ち葉の回収が頻繁に行われています。

公園の面積にもよりますが、その量は半端ではなく、車両を使って効率的に回収しています。集めた落ち葉は堆肥などに活用するのでしょう。余談ですが、使っている小型トラクターは日本のISEKI製です。

Continue reading "落ち葉が一杯"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧