September 02, 2020

Bambiのふるさとアッターゼー

2020090104こちらでは9月から新学期が始まりますが、新型コロナウイルス渦のため、例年とは違ったスタートになるようです。

さて、日本はもとより、オーストリアでも人気が高い「ディズニーのアニメーションにまつわるお話」をお届けしましょう。

最近でも定期的にアニメーションの新作を発表するディズニーですが、Feriが子供、すでに多くの作品が世に出ていました。すごい歴史ですね。

物語の内容については、正直、よく覚えていないのですが、「バンビ」が印象に残っています。というのは、何故か、子供の頃、自宅に「バンビ」の陶器製フィギュアがあったもので‥

2020090101このフィギュアも、どのような経緯で自宅に来たのか、こちらも記憶が定かではありません。恐らく親が買ってくれたのだろうと思いますが、Feriが親におねだりしたのかどうか‥

さて、先日、ウィーン郊外に住む声楽家の友人と久しぶりに話をしていた時、ひょうんなこと~ディズニー・アニメーションの話題になり、彼女もバンビが好きだったということで、ちょっと盛り上がりました。

その際、“ところで、Feriさん、バンビの原作者はオーストリア人だったことをご存じですか?”と言われて、びっくり仰天。

 何しろディズニー・アニメのバンビは北米の森が舞台ですから、オーストリア人が原作者とは考えてもみませんでした。原作者はフェリックス・サルテン(Felix Salten、1869年9月6日~1945年10月8日)氏で、1923年に発表しました。

2020090105原作は「Bambi. Eine Lebensgeschichte aus dem Walde」。「森の中の物語」というニュアンスの作品ですが、残念ながら発表された時は、全く見向きもされなかったそうです。

その後、別の出版社から世に送り出されて、世に知られ、最終的にディズニーが「バンビ」というタイトルでアニメーション化。これで大ブレイクしたものです。

アニメーションのキャラクターは、ディズニーらしい可愛いデザインで、こちらの方が印象に残ってしまいますが、「生きていくこと」をテーマにした奥の深い文学作品。

それまでの動物文学と異なり、「動物の視点」から周囲の動物や環境、人間を見るという視点が画期的だったと言われています。

可愛らしいキャラクターとはうって変わって、作品の中に登場する「人間」への眼が、時には重く描かれています。

2020090107さて、サルテンは、オーストリアでも有数の避暑地アッターゼーの湖畔で、ある夏、この構想を考えたと言われています。

アッターゼーと言えば、グスタフ・クリムトが晩年、夏季に滞在していたことで知られていますね。今では湖畔にクリムトの博物館も開設されています。

アッターゼーはザルツカンマーグートの一画にある大きな湖で、周囲には森や山が連なっています。

実はFeriの先輩がアッターゼーからほど近い小さな街に住んでいるため、お宅を訪問した際、ご一緒にアッターゼーまで出かけたことがあります。

Continue reading "Bambiのふるさとアッターゼー"

| | Comments (0)

August 21, 2020

Mein Geburtstag

2020082104私事で恐縮ですが、今日は「Feriの誕生日」です。今年は「大きな節目の誕生日」なのですが、時節柄、ひっそりと“Mein Geburtstag”を迎えることになりました.

色々と話題も考えていたのですが、ちょっとFeriの興味を引くニュースが入ってきました。

某ニュースサイトのタイトルは「"Netter Austausch": Süffiges Sommertreffen von Van der Bellen und Kurz beim Heurigen in Wien」。

2020082102オーストリア連邦大統領Alexander Van der Bellenさんとオーストリア連邦政府首相Sebastian Kurzさんが、8月18日の黄昏時、ウィーンのホイリゲで、リラックスした中、会談を行ったというものです。

激動の1年を振り返って、新型コロナウイルスのパンデミックと、それに伴う経済危機、EU問題、気候問題など様々な意見交換が行われたようです。

意見交換のテーマの中は“Feriの誕生日”は入っていなかったと思いますが、インバウンドがオーストリアの経済を支えているので、国境閉鎖の解除などはテーマになったかもしれません。

2020082101気になる会場は、19区にあるHeurigen Fuhrgassl-HuberのGastgarten。有名どころですね。
報道によると、会談中、Weißweinを傾けながらSchweinsbratenを召し上がったとか‥良いですねぇ。オーストリアらしくて‥

ホイリゲで国家元首と首脳の会談。オペレッタ国家の面目躍如です。

両者の会談終了後、記者がAlexander Van der Bellen大統領の広報担当官に、嫌らしい質問をしました。記者、曰く“今度の会見では、門限は守られましたか?”。

Continue reading "Mein Geburtstag"

| | Comments (3)

August 04, 2020

祝 親友の定年退職に思う

2020080301今日は「Feriの個人的な話題」です。8月に入って、40年来のFeriの親友Sさんが、務めていた会社を定年退職しました。

実は本年、2月に定年を迎えたのですが、会社側から仕掛かりのプロジェクトがあること、後任者への引き継ぎなどのため、半年間、勤務して欲しいとの要請を受けて、7月いっぱい、勤務していたものです。

Feriの友人も、続々と定年退職を迎える時期になりました。今回、定年退職したSさんは、学卒で入社した会社を勤め上げています。Feriが就職した当時は、「入社した会社を勤め上げる」というのが一般的な価値観でしたが、途中から、転職が増えてきました。

2020080303友人の中で、最初に勤務した会社を勤め上げた仲間はSさんも含めて5名、途中で転職した仲間は4名。ちなみにFeriも入れると転職組はプラス1となりますが‥

しかも転職組は、前職と全く関係の無い業種へ移っています。これも時代の流れかもしれません。

実はSさんとは、20代にオーストリアを含むヨーロッパ(主に東西ドイツ、スイス、イタリアなど)を毎年、巡った仲です。

7月から8月という「夏の時期」でしたが、一緒にウィーンも訪問したことも‥ もちろん、当時、40年後、Feriがウィーンに入り浸りになるとは誰も思っていなかったことでしょう。

ちなみに左の写真は、1981年のKärntner Straßです。

2020080302

最初の頃は、ユーレールパスを使い鉄道で移動していましたが、後半はオーストリアでは地方を回ることが多くなったこともあり、レンタカーでの移動が増えました。

旅行中は、今だから笑える失敗談も多数。それだけに色々な思い出を共有しています。

30代中盤以降、Sさんが会社の要職につき、まとまった休みが取れなくなったこと、Feriが転職したことなどから、日常的に会って一杯やることはあっても、一緒に海外旅行をすることは叶いませんでした。

2020080304その間、一緒に訪問したドイツ民主共和国(DDR)が無くなってしまうなど、この40年間には色々なことがありました。

Sさんと一緒に久しぶりに海外を巡ったのは、昨年のアメリカ遠征。ただ、あの時は、複数の友人と一緒だったこと、現地で合流したこと、ハードスケジュールだったことから、Sさんとゆっくりと語り合う時間はとれませんでした。

Continue reading "祝 親友の定年退職に思う"

| | Comments (0)

July 27, 2020

ウィーンの夏 市内の水浴場で楽しもう

2020072501新型コロナウイルス幹線拡大に関係なく夏本番になったウィーン。今日は夏に不可欠な「水浴場の話題」です。

日本では、今年、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて海水浴場の多くがオープンしないようですが、ウィーンでは市営プールを始め、「水遊びに関する施設」は一定の規制はあるものの、営業中です。

こちらでも、幹線を完全に押さえ込んだ訳ではなく、感染者も若干増えています。このあたり、考え方の違いが現れているような気がします。

ウィーンには、7つの水浴場がありますが、7月20日には、14区のCasinoparkにウィーン市内で初の「子供用仮設水遊び場」(Pop-Up-Wasserspielplatz)がオープンしました。

広場に小型のプールなどを仮設して、夏休み中の地元の子供たちに、気軽に水遊びを楽しんでもらおうという趣向です。

2020072502オープン時間は月曜日、火曜日、木曜日は15時00分~18時00分、水曜日、金曜日は15時30分~18時00分で、利用料金は無料。

ロックダウン中、自宅待機を強いられた子供さんへのサービスという位置づけもあるようです。

従来、常設のプールや水遊び場はありましたが、ポップアップ式(仮設)というのは、ウィーンでは初めてだそうです。

一方、ウィーン市では、「今夏も自然の中で水浴を楽しむことができます」と水浴場をはじめとする施設のアピールに余念がありません。

2020072503特に家族で楽しむことができるDonauinsel、CopaBeach、 Alte Donau、Dechantlacke & Coはお勧めです。

意外ですが、ウィーンは「水の都」で、市内の約5%が水域です。気になる水質ですが、当局により随時、検査が行われており安全性が担保されています。

ウィーンでは水浴場では、木陰のある日光浴用の芝生エリア、木製桟橋、遊泳エリア、トイレ、水遊びができるドッグエリアなど、すべてが無料で利用することができます。

近年、23000平方メートルの日光浴エリアを備えた水浴場もオープンするなど、施設の充実にも力を入れています。

2020072505気になる「密」ですが、“Donauinselだけで42kmもの河岸ゾーンがあるため、ソーシャルディスタンスを十分確保することができます”とはウィーン当局の弁。

ご存じの方も多いと思いますが、Donauinselは1972年から1988年にかけて、ウィーンの洪水対策のために作られた人工島です。

この建設に当たって、副次的にレジャー施設化にしたものです。余談ですが、日本では見かけないヌーディストビーチがあるのもDonauinsel。

ウィーン子が大好きなバーベキュー場もあります。今夏も利用可能ですが、当局のスタッフが感染拡大のルールを遵守しているか巡回しています。

202007204CopaBeachはNeuen Donauにあります。Copa Cagranaの跡地に建設された施設で、面積は約4ヘクタール。Neuen Donauに面して300メートルの河岸線が広がっています。

2015年から、スポーツ、リラクゼーション、レストラン・カフェのための新しいゾーンが建設されました。今年、最後の工事が完了し、従来より緑地や樹木が増え、日陰が増えています。

Familienbadestrandは、地下鉄U-6のNeue Donau駅の近くのNeuen Donau左岸にある家族用水浴場。

Continue reading "ウィーンの夏 市内の水浴場で楽しもう"

| | Comments (0)

July 24, 2020

幻の「オリンピック・ウィーン大会」、オリンピック雑感

2020072401今日、7月24日は、本来ならばTokyo2020(東京オリンピック)の開会式が行われる日でしたね(閉会式は8月8日だったそうですが)。

東京では1964年に第18回オリンピック大会が開催されましたが、過去、1940年に開始予定だった第12回夏季オリンピックは、戦争のため返上。

その後、1960年と2016年の2回、開催地に立候補したものの、選出されなかったのは、皆さまもご存じのとおりです。

第18回オリンピックの開催都市が決まったのは、1959年5月、西ドイツ・ミュンヘンで行われたIOC総会でした。

この時、立候補していた都市は東京の他、アメリカ合衆国デトロイト、オーストリア・ウィーン、ベルギー・ブリュッセル。得票数は東京が過半数を超える34票を獲得し、1964年のオリンピック開催都市は東京に決まりました。

ちなみにデトロイトが10票、ウィーンが9票、ブリュッセルが5票だったようです。ウィーンにとっては、残念な結果に終わったわけです。

2020072402当時、ウィーンが、どのような計画でオリンピックを開催する予定だったのかを知りたいところですが、「幻に終わった大会」なので、正直なところ、オーストリアとしては「無かったことにしたい話」だろうと思います。 そのため、情報は手に入りませんでした。恐らくプラーター当たりがメイン会場だったことでしょう。

現在、ウィーンマラソンがプラーターを起点として、市庁舎前広場をゴールに開催されていますが、このあたりが参考になりそうです。

ただ、東京の例に漏れず、当時、ウィーンでオリンピックが開催されたら、競技場建設などでウィーンの街も大きく変貌したかもしれません。

ところで、1964年当時、小学生だったFeriは東京・渋谷区に家族で住んでいました。

2020072403国立競技場からは若干、離れていましたが、「オリンピックの開催地」ということで、色々な特典がありました。

その一つは、渋谷区の小学校合同運動会のような行事が国立競技場で開催されたことです。低学年だったので、記憶が定かではありませんが、メイングラウンドに入ったことは覚えています。

そして、10月10日の開会式では、自宅の庭からブルーインパルスが描く「五輪の輪」を生で見ることができました。

学校では、沿道で観戦できるマラソンを課外授業で見に行ったような気がします。

渋谷区には30年以上住んでいましたが、諸般の事情で、その後、別の場所に転居。現在は千葉県某市に実家があります。

Continue reading "幻の「オリンピック・ウィーン大会」、オリンピック雑感"

| | Comments (0)

July 14, 2020

10区に新しい生活様式対応の「おしゃべりコーナー」ができました

2020071204今日は「10区(Favoriten)にできた新しい施設の話題」をお届けしましょう。

Feriは、性別によって差別するつもりはありませんが、こちらウィーンでも女性はおしゃべりがお好きなように感じることがあります。

以前も、このブログでお伝えしたように歩道上で、楽しそうにおしゃべりに興じている女性を見かけることも(Feriがスーパーマーケットへ買い物へ行く途中見かけて、帰りも、まだおしゃべりに夢中でした)‥

その点、男性はホイリゲなどでは別ですが、街頭でおしゃべりをしている姿を、余り見かけることはありません。

さて、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、洋の東西を問わず、新しい生活様式が求められるようになったのはご存じのとおり。その一つが、不特定多数の相手とは距離をとるというソーシャルディスタンス。そのため、おしゃべりの習慣も変化しつつあるようです。

2020071203そこで、4区の区長Marcus Franzさん(男性ですが‥)は、このような住民のニーズに応えるため、Columbusplatzに、ウィーンのデザインスタジオによって特別設計された4つの異なるデザインの「おしゃべりコーナー」(Plauderecken)を試験的に開設しました。

 発案者の1人であるBirgit Hebein副市長は、“社会の誰もが、親近感を必要としています。現在の距離のルールにより、私たちの日常生活は変化しています。このようなおしゃべりコーナーを設けることで、ウィーンの人々が気兼ねなく一緒に座ることが実現できます”と、意義を強調しています。

皆さん、選挙前なので、色々と住民が喜びそうな政策を実施していますね。10区にはHauptbahnhofがありますが、基本的に下町で、おしゃべり好きの方が多いと思いますので、住民には喜ばれるかもしれません。

2020071201公開されている写真を見ると、一般的なベンチも相手との距離が微妙に確保されるようになっています。

この他、テーブルを付けることで、距離を確保するデザインも採用されています。

なお、10区では、Columbusplatz以外にも、Waltergasse、Staudgasse、Putzendoplergasse、Karmeliterplatzにも「おしゃべりコーナー」を開設しています。

ただし、残りの4箇所については、2つのデザインが採用されており、4つのデザインが体験できるのは、Columbusplatzだけです。

Continue reading "10区に新しい生活様式対応の「おしゃべりコーナー」ができました"

| | Comments (0)

July 13, 2020

ウィーン博物館リニューアル工事スタート

2020071112今日はKarlsplatzにある「ウィーン博物館リニューアル工事スタートの話題」です。

常設展はもちろんのこと、ユニークな企画展を開催しているウィーン博物館ですが、このブログでも2018年4月の記事(詳しくはこちらから)お伝えしたように設備の拡充を図るため、全面的なリニューアル工事を行うことが正式に決まりました。

ウィーン博物館Karlsplatzは、Oswald Haerdtl氏が設計したもので、1959年にオープンしました。

途中、改修工事なども行われていますが、さすがに60年以上経過し、老朽化と設備の陳腐化が目立つようになったことから、拡張を含むリニューアルが検討されてたものです。

2020071115今回、各種の手続きや事前調査が完了し、7月10日、現地で、盛大に起工式が行われました。

日本では建設現場の起工式は「鍬入れ式」ですが、こちらでは写真のようにスコップを使います。でも、使う道具は異なりますが、基本的な考え方は一緒ですね。

ウィーン博物館のリニューアルプロジェクトで最も困難だったのが予算の確保でした。

20200711182018年4月の記事でお伝えしたように、今回は今までの建物をそのまま使って内部をリニューアルするのではなく、新しい建物も建設され、施設が大幅に拡充されます。

工事完成後は、展示スペースが、従来の倍になる予定です。展示スペースの拡大により、ウィーン市が所有する貴重なクリムトのコレクションなど、100万点以上が含まれます。

2020071113工事に伴い常設展示は2020年2月14日をもって終了。特別展については、ウィーン・ミュージアムMUSA(Felderstraße6-8)に場所を移して開催中です。

現在の建物を完全に解体して、新しい建物を建設するスクラップアンドビルド方式ではなく、現在の建物を部分的に活用しつつ、新しい時代に合わせて増築する方式が採用されます。

2020071116これは、博物館の建てや事態が歴史的な価値があるため。つまり「建物も展示物」という考え方です。

リニューアル後は、完成予想イラストのように屋上には広いテラスが設けられることになっています。 今後、ファサードの部分的な解体、倉庫エリアでの掘削作業、内部の解体作業、新しい2階建て構造の基礎工事などから行われ、2023年にオープンする予定です。

2020071117Feriも、何度かウィーン博物館Karlsplatzを訪れていますが、印象に残っているのは、常設展示では、古いウィーン市街の巨大ジオラマです。また、ユニークなテーマの企画展も多々、開催されています。

例えば、2007年に開催された「GROSSER BAHNHOF」(大駅展)。博物館前に実物の小型蒸気機関車を展示していました。

2020071120特別展ではWestBahnhofやWien Nordの完成予想イラストや模型が展示されていました。そう、当時は工事が本格的に始まっていなかったのです。

今、当時の完成予想イラストを見ると、当たり前ですが、そのとおりにできあがっており、感慨深いものがあります。

ただ、この時点ではHauptbahnhofに関する展示はなかったような気がします。

Continue reading "ウィーン博物館リニューアル工事スタート"

| | Comments (0)

July 03, 2020

いずこも同じPOSAカード詐欺勃発

20200702016月のアクセスですが、最もアクセスの多かった日は6月1日でした。また、オーストリア航空関連の記事にアクセスが多かったようです。

さて、今日は「オーストリアで発生している詐欺犯罪の話題」をお届けしましょう。

日本では、ほとんど報道されていないため、一般の方はご存じ無いかもしれませんが、「POSAカード詐欺」という犯罪があります。

まず、「POSA」(Point Of Sales Activation)とは、ギフトカードやプリペイドカードに関連する技術のひとつで、店頭のレジでお金を支払い、レジで「アクティベーション(有効化)」することで、ギフトカードやプリペイドカードとして使える仕組みのことです。

日本では、コンビニエンスストアやスーパーマーケット、量販店などで、各種カードが販売されており、ご利用になっている皆さまも多いと思います。

種類も多種多様で、インターネットで使える電子マネー系(Google PlayやAmazonなど)、通信系、ゲーム系などに加えて、クレジットカード代わりに使えるものも出ています。

2020070202額面も色々ありますが、結構、高額のものも出ています(日本の場合、2万円くらいまであるようです)。このカードのポイントは、仮にカードを盗んでも、アクティベーションしていないと使用できないということです。そのため、高額な額面のカードが無造作に店頭に置かれている訳です。

昨年くらいから、Feriの友人が経営するコンビニエンスストア本部から、「POSAカード詐欺に注意」という案内が頻繁に来ているようです。

これは、店舗に本部社員や運営会社社員を名乗る人物から電話が入り、POSAカードをレジでアクティベーションさせるというものです。犯人がアクティベーションが済んだカードを取りに来ることはなく、従業員からカード番号を聞き出し、遠隔地で使う(もしくは現金化する)というものです。

POSAカードはアクティベーションしてしまうと、取消が難しのですが、犯人は、言葉巧みにアクティベーションしても、すぐに本部側で取消をするといったトークで、従業員を安心させるとか‥

いわゆる「特殊詐欺」の変形で、にわかには信じがたいのですが、犯人グループは経験の浅い従業員、外国人従業員がいる時間帯を狙って電話を掛けてくるそうです。

従業員にアクティベーションさせる話法が研ぎ澄まされていないと、失敗します。実際、どのようなトークを使うかも聴いていますが、問題があるので、非公開。なお、アクティベーションさせるカードは換金性が高いものが狙われるとか‥

さて、先日、新聞を見ていたら、ウィーンでも同様のPOSAカード詐欺が発生していることが報じられていました。

こちらでは、コンビニエンスストアがないため、POSAカードはスーパーマーケットや家電量販店、書店のほか、タバコ屋で販売されています。

狙われているのはタバコ屋。なぜなら、電話に出ながらレジを操作させる必要があるため、分業制の徹底しているスーパーマーケットでは不可能だからです。

Continue reading "いずこも同じPOSAカード詐欺勃発"

| | Comments (0)

July 02, 2020

Café Oper Wienが閉店

20200701017月1日から、予定どおりオーストリア航空の長距離国際線が運行を再開しました。今後、どのように路線復帰が拡大されるか注目したいところです。


さて、今日は、ちょっと残念な話題をお届けします。Feriも、友人との待ち合わせなどによく利用した国立歌劇場内のCafé Oper Wienが6月30日をもって閉店しました。


これは新型コロナウイルス感染拡大によるお客さま減少で撤退したのではなく、家主のBundestheater-Holdingが賃貸契約を延長しなかったためです。


2020070102今年に入ってから、Bundestheater-Holdingは、Café Oper Wienの跡地をボックスオフィスにする計画を立案し、6月末をもって賃貸契約を終了することを伝えていたそうです。


計画が明らかになると、2000人以上の贔屓筋が、すぐにCafé Oper Wienの存続を支持する請願書に署名。Caféでも集会が行われたようです。


2020070107皆さま、ご存じのようにVolksoperと異なり、国立歌劇場はビュフェが非常に充実していますから、開場してしまえば、Café Oper Wienを利用しなくても十分に対応できます。


しかし、早めに劇場に来て一休みする、劇場で待ち合わせをするといった時には便利な存在でした。そのため、開場前は、いつも混んでいて、利用できないことも多々ありました。


また、朝から営業しているため、普通のCaféとして利用できる点も魅力的でした。


2020070103閉店を前にCafé Oper Wienでは、28日から「店内の備品」のチャリティー・フリーマーケットを実施しました。


フリーマーケットでは、テーブルや椅子、食器類や調理器具、メニュー、店内に飾ってあった写真なども販売されています。


2020070104当初、フリーマーケットは28日だけの予定だったのですが、人気を博して、お客さまが多く集まったため、30日まで延長されました。時節柄、「密」を避けるために、入場者を制限したのかもしれません。


Thierry Voyeux氏とともに15年間、Caféを経営してきたFriedrich Crone氏は、フリーマーケットに集まった愛好家を見て、感無量だったとか。


フリーマーケットは30日にお開きとなり、15次30分、鍵がBundestheater-Holdingに返却されました。

Continue reading "Café Oper Wienが閉店"

| | Comments (0)

June 12, 2020

夏のバカンス異変?

2020060902このブログでもお伝えしたウィーン・Messeに設けられた新型コロナウイルス感染者の収容施設ですが、感染者数が減少したことから、7月末に閉鎖されることが発表されました。

さて、今日はオーストリアの皆さまが楽しみにしている「夏のバカンスにまつわる話題」をお届けしましょう。

“遊ぶために働いている”と揶揄されるほど、遊ぶことに気合いが入っているオーストリアの皆さま。ただ、今夏は新型コロナウイルス感染拡大により「バカンスのあり方」も大きく変わろうとしています。

2020060904このブログでもお伝えしているように、6月中旬以降、隣国との国境は徐々に開放されるようですが、オーストリア連邦政府としては、「今夏のバカンスは国内でね」というのが基本スタンス。

そんな中、国から資金援助を受けているオーストリア航空は、バカンス地へのチャーター便を飛ばして大丈夫なのでしょうかね。

さて、こんな中、密かなブームになっているのが、オートキャンプ。

2020060905元々、オートキャンプが日本よりも盛んな国で、リゾート地にはオートキャンプ場が整備されているところも多数。

また、長期の休みをとることが多いため、キャンピングカーを所有している人も、日本より多いかもしれません。

また、夏のハイシーズンには、隣国のドイツからキャンピングカーにレジャー用品を満載してザルツカンマーグート方面に向かう家族を多数、見かけます。さすが陸続き。

2020060903キャンピングカーには、エンジンを搭載して自力で走行できる専用モデルと、乗用車により牽引するトレーラータイプがあるのは、皆さまもご存じのとおり。

今夏は、ホテルなどが営業を再開しているとは言え、やはり新型コロナウイルス感染が心配な方が、移動も含めて、家族以外との接触を避けることができるオートキャンプを考えているようです。

自前のキャンピングカーがあれば問題ありませんが、そうは言っても、所有していない方はレンタル会社へGO。

Continue reading "夏のバカンス異変?"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧