November 27, 2020

12月6日問題、解決

2020112604今日はオーストリアで皆さんが感心を寄せている「12月6日問題」の話題です。

このブログでもお伝えしているようにオーストリア連邦政府は、新型コロナウイルス感染再拡大を受けて12月6日までハードロックダウンを実施中です。

現在、連邦政府は、アドベントの後半となるロックダウン解除後の対応について、検討を進めているようです。

さて、ロックダウン最終日となる12月6日ですが、実は、こちらでは「聖ニコラウスの日」。

2020112602聖ニコラウス(St.Nikolaus)は、3~4世紀の聖職者ニコラウス司教で、サンタクロースのモデルとなったといわれている人物。

一説では、アメリカに移住したオランダ人が17世紀に「サンタクロース」として伝えたとも言われています。

オーストリアやドイツでは、「聖ニコラウスの日」に衣装をつけた男性が家々を訪ね、子供たちに小さな贈物をする慣習(ニコロ祭)があります。

また、ホイリゲなどでも衣装を着けた男性が、家族から預かったプレゼントを子供たちに渡す行事を行っているところもあり、大変な盛り上がりを見せます。

2020112601今年は、「ニコロ祭」が中止になるのか‥とオーストリアの皆さんがヤキモキする中、Sebastian Kurz首相が、「聖ニコラスの訪問は、ロックダウン下でも許可される」と発表しました。

実は、現在、実施中の規制では、「ボランティア活動をはじめとする職業上の目的で自宅を出て、家庭を訪問すること」が許可されています。

このボランティア活動の中に聖ニコラウスを具体的に追加しようというもの。ただし、聖ニコラウスと一緒に家庭を訪問するヒール役のクランプス(Krampus、悪い子供に警告し、罰を与える怪物)については、言及されていません。

その後、27日、緊急事態関連法(COVID-19-Notmaßnahmenverordnung)の改正が行われ、ボランティア団体による「聖ニコラウスの訪問」が正式に許可されました。

Continue reading "12月6日問題、解決"

| | Comments (0)

November 22, 2020

1枚の写真から‥40年前の思い出

2020112011日本は23日が「勤労感謝の日」なので、土曜日から3連休という方も多いでしょう。日本政府の景気刺激策Go Toで、人出が戻りつつあるようですが、反面、感染拡大というニュースも‥

さて、先日、かつて一緒にヨーロッパ旅行をした友人から1枚の写真が送られてきました。今は、電子メールに写真データーを添付する形で、写真を送ってもらえるという「良い時代」になったものです。

それが、今日、冒頭に掲載した写真です。撮影は、今から40年前の1980年の夏。

Feriは、その前年の1979年6月24日、友人とスイスで合流する前に単独でウィーンを訪問しています。これが初のウィーン訪問。

この時は、リンツから夕方、ウィーンに入り、当日、夜行列車でインスブルックへ向かったので、滞在時間は、ごくわずかでした。

2020112014翌、1980年はウィーンに宿泊しているので、本格的にウィーンを探訪したのは、この時が最初です。

1980年は7月3日の夕方、リンツからウィーンへ入りました。到着はWestBahnhof。先日、このブログでご紹介したHotel WestBahnに投宿。

翌日、1日が本格的なウィーン市内探訪となりました。その時に撮影した一コマが、この写真という訳です。

 写真のバックにはブルク劇場とフォルクスガルテンが写っており、撮影場所は現在、鋭意、改修工事が進められている国会議事堂前からです。順光になっているため、撮影は午後であることがわかります。

今と異なり、路面電車の運行系統なども現地に行かないとわからない時代。とりあえず運行本数の多いRingに向かったのは当然の選択でしょう。

ところで、この写真を拡大して見たところ、興味深い事実がわかりました。

2020112015まず、運行系統です。手前のBK系統は当時、Kaisermühlen-Kai-Ring-Kaisermühlenという路線。Kaisermühlenは、ドナウ運河を渡った向こう側で、ウィーン国際センターがある場所。

Reichsbrücke やPraterstern を経由し、Ringを一周して戻っていたのですね。なお、BK系統は、翌、1982年2月に廃止されています。

一方、内回りを走っているのはT系統当時、Börse (Schleife nördlich der Ringstraße) - Schottenring-Burgring-Kärntner Ring-Schubertring-Parkring-Weiskirchnerstraße- Landstraßer Hauptstraße-Rennweg-Grasbergergasse -Leberstraße (Endstelle St. Marx)という路線だったようです。現在の71系統が、この末裔と言えるかも知れません。

Continue reading "1枚の写真から‥40年前の思い出"

| | Comments (0)

November 18, 2020

来夏に向けて仕上げが進むNeubaugasse

2020111710ウィーン市議会議員選挙結果を受けて新しいウィーン市の体制が固まりました。

選挙で大勝したオーストリア社会民主党(Sozialdemokratische Partei Österreichs:SPÖ)のMichaelLudwig市長が連立相手に選んだのは、NEOS(Das Neue Österreich und Liberales Forum、新オーストリアと自由フォーラム、シンボルカラーはピンク)。

2020111711「緑の党」は政権から離れることになりました。NEOS代表であるChristoph Wiederkehr氏が副市長に就任。こちらはでは赤・ピンク連合と呼ばれています。

今日は「Neubaugasseの話題」をお届けしましょう。

例年でしたら、アドベントの期間中、多くのお客さまで賑わうMariahilfer StraßeやNeubaugasseですが、現在はロックダウンのため、寂しい状況になっていることでしょう。

このブログでも9月6日にNeubaugasseのリニューアル工事についてお知らせしましたが(詳しくはこちらから)、いよいよ最終段階に入りました。

リニューアル工事では、Mariahilfer Straße-Burggasse間(800メートル)がミーティングゾーンになりました。

2020111712今回、関係者が出席して植樹式が実施され、30本近くの木(BirnenとSchnurbäume)が植えられました。市内の街路樹に「梨の木」というのは正直、Feriは驚きました。一般的なのでしょうかね。

また、Neubaugasseは地下埋設物の関係で植樹ができない場所もあります。このような場所については、大型のプランターを設置し、多年草の植物を植えることで対処しています。

関連してMondscheingasse、Lindengasse、Westbahnstrasse、Siebensterngasseで作業が行われていますが、こちらは数日で完了予定。

Continue reading "来夏に向けて仕上げが進むNeubaugasse"

| | Comments (1)

November 16, 2020

Heiligenstädter Hangbrückeの大規模改修工事が始まります

2020111411今日はウィーンとクロスターノイブルクを結ぶ「Heiligenstädter Hangbrücke大規模改修工事の話題」です。

自動車でクロスターノイブルクに行かれる際、ご利用になった方もいらっしゃるかもしれませんが、ドナウ川の面した長さ880メートルのHeiligenstädter Hangbrücke(ハイリゲンシュタット高架橋)は建設から45年が経過し、構造体の老朽化が進んでいます。

何しろHeiligenstädter Straße(B14)の一部で、1日の自動車通行量34000台ですから、老朽化は致し方ありません。

そこで本格的なリニューアル工事が2020年11月末から始まることが決まりました。

2020111413当面は準備工事から入り、クリスマス休暇が明けた2021年1月から交通規制を含む、本格的な工事が始まります。工事は880メートルの構造体を分割して解体した上で、新しい構造体に取り替える形で行われます。

工期は2年半(完成は2023年中頃)が予定されていますが、この間、交通規制は入りますが、自家用車や公共交通機関の利用は可能です。ただ、交通規制により、ラッシュ時には遅延が予想されますので、ウィーン市では代替えルートの利用を推奨しています。

2020111412ご利用になった方はご存じのようにHeiligenstädter HangbrückeはLeopoldsbergesとFranz-Josefs-Bahn(ÖBB)に挟まれた狭小地にあります。

そのため、仮設道路を建設するスペースがありません。写真を見るとわかるように高架橋もÖBB線路側に張り出しています。

日本だったら、恐らくÖBBの線路上に仮設道路を設けそうな気がしますが‥

Continue reading "Heiligenstädter Hangbrückeの大規模改修工事が始まります"

| | Comments (0)

November 09, 2020

LainzerTiergartenで冬のお散歩はいかがですか

Wien1301今日はウィーン子が好きなお散歩にまつわるニュースです。

商業施設は営業しているものの、飲食店などが営業中止となっている現在、どうしても閉塞感が漂うのは致し方ありません。

そんな気分を変えるのが、ウィーン子が大好きなお散歩。少人数だったら公園などにお散歩に出かけても問題ありません。

2020110701ヘルメスヴィラがあることで有名なLainzerTiergartenは、広大な敷地を誇る自然公園です。

通常、2450ヘクタールの面積を誇るレクレーション・エリアでは樹木保護対策と野生動物保護のためヘルメルヴィラを除くエリアは冬季、閉園となりますが、ウィーン市と森林局は粋な計らいをしました。

2020110703ウィーン子に新鮮な空気の中でお散歩を楽しんでもらおうと、11月13日から週末限定ですが、LainzerTiergartenのオープンが発表されました。開園するのは金曜日から日曜日で、時間は8時から16時まで。

ただし、園内の休憩所は閉鎖となっています。また、当局では冬季は適切な靴を履いて来園することを呼びかけています。

2020110704エリアが限定されているHermesvillaparkについては、通年、オープン(8時~17時)しており、 Lainzer TorまたはSt. Veiter Torから入園が可能です。

また、12月24日から2021年1月6日までのクリスマス休暇期間中、LainzerTiergartenは例年どおり、毎日、8時から17時まで開園しています。

この間はLainzer Tor、St. Veiter Tor、Nikolaitor、Gütenbachtorの各ゲートから入園することができます。

また、12月24日から2021年1月6日までのクリスマス休暇期間中、LainzerTiergartenは例年どおり、毎日、8時から17時まで開園しています。

Continue reading "LainzerTiergartenで冬のお散歩はいかがですか"

| | Comments (0)

November 08, 2020

剪定作業が進むRathausplatzのWeihnachtsbaum

2020110803今日は「RathausplatzのWeihnachtsbaum続報」をお届けしましょう。

例年、アドベントの到来を告げるRathausplatzのWeihnachtsbaumですが、今年は例年とは大きく意味が異なってきました。

現在、Christkindlmarkt開催は未定ですが、ウィーン市では「明るい未来」を信じて、着々と準備を進めています。

先日、大型クレーンによる設置作業が終わったWeihnachtsbaumの剪定作業が公開されました。

2020110802登山用ハーネスで高所作業車に固定された木の専門家は、30メートルを超える高さのすべての枝をチェックし、剪定作業を行います。

この剪定作業の目的ですが、Rathausplatzに輸送された後も「威勢のいい木」に見えるようにするため。

また、伐採や輸送の途中で、どうしても枝が傷むケースがあります。そこで、痛んだ枝を補修するため、150以上の「補修用枝」(要するに予備部品ですね)が準備されているそうです。

2020110804見栄えを良くするため、新たに枝をボルトとワイヤーで固定するケースもあります。いずれも高所作業ですから、なかなか大変です。何しろ実際に立ててみないとWeihnachtsbaumのバランスを見ることはできませんので、やむを得ませんね。

。また、剪定作業について批判的な意見もあるようですが、「首都を代表するWeihnachtsbaum」ですから、見栄えも重要だと思います。

Continue reading "剪定作業が進むRathausplatzのWeihnachtsbaum"

| | Comments (2)

October 31, 2020

臨時更新 11月3日からの新しいコロナ規制(追記あり)

202010311310月31日、16時30分からオーストリア連邦政府は、新型コロナウイルス感染再拡大を受けて11月3日からの規制内容を発表しました。臨時更新で、このニュースをお伝えします。実施期間は11月3日から11月末までの予定です。また、議会の承認が必要なので、詳細が若干、変わる可能性も残っています。

夜間外出制限:20時~翌日6時までの外出が制限されます。夜間の友人宅訪問も禁止されました。ただし、緊急事態および業務上、やむを得ない場合(医療関係者の通勤、緊急の買い物)は例外です。
また、リラクゼーションのための散歩やジョギング、犬の散歩などは許可される見込みです。この規制は10日間適用されますが、状況を見て、11月末まで延長される可能性があります。

2020103111公共公機関:公共交通機関の車内や施設(駅など)ではマスクの着用が義務づけられます。タクシーの相乗りには乗車制限がかかります。また、レジャー目的のケーブルカー、ロープウェイ、リフト、登山鉄道は使用禁止になります。ただし、プロのスキーヤーやスノーボーダーは例外です。

飲食店:休業になります。ケータリングサービス(食事の宅配)は営業が許可されます。ただし、ホテル内のレストランなどは6時から20時まで営業が許可されます。

ホテル:ホテルも原則として休業となります。ただ、現在、宿泊中の人は予約期間中は利用できます。また、出張者は、宿泊が可能な場合があります。

2020103114劇場・レジャー施設:劇場や映画館、キャバレー、ダンススクール、動物園、美術館は閉鎖されます。閉鎖から除外されるのは図書館と公園です。
これを受けて、Volksoperでも11月3日から30日までの公演キャンセルを発表しました。更に12月の公演は、通常、11月1日発売ですが、これも改めて発表があるまで、延期になりました。ちなみに11月2日はオッフェンバックのオペレッタ「にんじん王」です。

オフィス:連邦政府はテレワークを推奨していますが、規制はありません。ただし、職場内でのマスク着用とソーシャルディスタンス確保が必要です。なお、マスク着用に関しては、経営者と従業員の間で合意がある場合、免除されます。

スポーツ:屋内のアスレチックジムやスポーツ施設は閉鎖されます。屋外でのスポーツは可能ですが、ソーシャルディスタンスの確保が求められます。
そのため、アマチュアの場合、サッカーなどチームで行うスポーツはできません。なお、プロスポーツは規制から除外されます。

老人ホーム・介護施設:訪問者は入館時に抗体検査を行う場合、入館が可能です。入館時にはマスク着用が義務づけられている他、訪問は1日1名に制限されます。なお、職員は週に2回、検査が義務づけられます。

商業施設:今回は商業施設は閉鎖されません。今回は美容院やネイルサロンなども営業が可能です。ただし、「密」を避けるために入場制限が適用されます。

Continue reading "臨時更新 11月3日からの新しいコロナ規制(追記あり)"

| | Comments (1)

October 28, 2020

未の臨時職員、ミッション・コンプリート RTB

2020102704今日は「ドナウ島で任務に就いていた未の話題」です。

このブログでもお伝えしましたが、ウィーン市では生物多様性と持続可能な社会を実現する一環として、ドナウ島(Donauinsel)の草刈りを「未(Krainer-Steinschafe、ボヴェツ羊)に委託」しています。

ドナウ島でのミッションは、2シーズン目で、70頭の「羊の臨時職員」(tierische MitarbeiterInnen)が5月からドナウ島に放牧され、14ヘクタールの草刈りを実施しました。この面積はサッカー場、20面分に相当します。

「未の臨時職員」によるドナウ島でのミッションはEU気候プロジェクトの一環として行われているものです。

ドナウ島の北にある牧草地は、主に自然に近い場所で、羊にとって理想的な場所。「未の臨時職員」は、移動式電気フェンスで保護された牧草地に約1週間滞在し、その後、フェンスを移動して次の牧草地へ移動。夏は湿度が高いため、牧草地の草は一年中緑豊かでした。

2020102703ちなみに「未の臨時職員」達が特にお好みなのが、クローバーやセージ、ヤロウなどの野生のハーブだそうです。

人間界は新型コロナウイルス感染拡大で大騒ぎでしたが、「未の臨時職員」達には関係ないようで、のんびりとミッションに集中していたようです。

ミッション中、「未の臨時職員」は屋外で生活しており、1日1回だけ、派遣元の農場から羊飼いが訪れて、彼らの様子をチェックしていました。

夏時間から冬時間に変わり、冬の訪れを告げる季節になったため、「未の臨時職員」による草刈りミッションも終了。11月中旬には、ホームベースのニーダーエスターライヒ州Lasseeの農場に戻ります。

Continue reading "未の臨時職員、ミッション・コンプリート RTB"

| | Comments (0)

October 26, 2020

新しいコロナ規制が始まりました

2020102701正直、新型コロナウイルス関連の話題は取り上げたくないのですがご容赦ください。トップの写真は、新聞が報じたナショナルデーのヘルデンプラッツ。関係者以外、立ち入り禁止になっているので、ご覧のような状況です。

2020102601日本では、新型コロナウイルス感染拡大に関連して、感染者数の情報はマスコミなどで報じられていますが、それに伴う新たな規制や対策については、国、自治体も含めて、ほとんど発表されなくなったような気がします。「夏頃の大騒ぎ」は何だったのでしょうか?

さて、秋になってヨーロッパ各国では感染者が再び増えています。国によって規制の内容は様々ですが、オーストリアでもコロナ信号の変更に合わせて、先週末から、新しい規制が始まりました。よりによってナショナルデーの週末から規制強化とは‥

2020102604ところでナショナルデーの連邦軍関連番組では、国防大臣がマスク姿で閲兵している様子が流れていましたが、連邦軍のロゴが入った特製マスク。また、随伴の軍人さんは迷彩柄のマスク。

この時期、オーストリアいらっしゃる方はいないと思いますが、オーストリアの情報は日本のマスコミも余り取り上げないと思うので、ご参考までに主要な情報をお伝えします。ある意味、日本の対策と比較してみるのも良いかもしれません。

2020102605レストラン・カフェなどの飲食店
座席が指定されていない場合、一つのテーブルに座ることができる人数は屋内は6名、屋外は12名です。なお、18歳未満の未成年は、この人数に加えて6名まで同席可能です。

屋外での飲酒禁止
営業規制時間以降、敷地内から半径50メートル以内は禁酒です。これはブルストスタンドなどの屋外飲食店の場合にも適用されます。そう言えば、大統領が引っかかったのは、これでしたね。

フェイスシールドの使用禁止
感染がある程度、おさまった時期はマスクに変わってフェイスシールドの使用も許可されていましたが、11月7日から口と鼻を完全に保護するマスク以外の使用は禁止されます。2週間は猶予期間との位置づけです。

2020102602ソーシャルディスタンスの確保
ソーシャルディスタンス(Babyelefanten、1メートル)を法令で義務づけることは憲法裁判所の判断で、廃止されました。しかし、感染の再拡大に伴い、同一世帯の人、大人6名と子供6名のグループ以外はソーシャルディスタンスの確保が求められます。
なお、障害者や同伴者(介護者)が公共交通機関を利用する場合もルールは除外されます。

マスク着用範囲の拡大
閉空間の公共スペース(地下通路、駅、停留所、公共交通機関、劇場など)ではマスクの着用が義務づけられます。なお、健康上の理由でマスク着用が困難な方は、医師の証明書提示が求められます。

イベント
6人または12人を超えるイベントは、座席指定の場合のみ開催可能です。また、事前に保健当局に対して、具体的な感染拡大対策を報告することで、開催が許可されます。
すべての屋内および屋外のイベントにはマスクが義務づけられます。公式に承認されたイベントの場合、屋内は1000人、屋外は1500人が上限です。また、3時間以上続くイベントには、通常の飲食ルールが適用されます
座席が割り当てられていないイベントの場合、屋内は大人6人、屋外は12人が上限です。だけです(大人の監督下の子供さんは、プラス6名まで参加可能)。

Continue reading "新しいコロナ規制が始まりました"

| | Comments (2)

October 21, 2020

Wiener Sicherheitsfest 2020もオンライン開催へ

2020102110今日は10月26日の「ナショナルデー記念行事の話題」です。

先日、お伝えしたようにナショナルデーの記念行事のうち、連邦軍の行事はハイブリッド方式になりましたが、もう一つの大きな行事、セキュリティフェスティバル(Wiener Sicherheitsfest 2020)の開催要領が発表されました。

この行事は2006年からRathausplatzで10月25日、26日に開催されるようになったもので、ウィーンに住む皆さんの安全を確保する組織が一堂に会して、活動の一端を紹介するというイベントです。

2020102112元々は、民間防衛組織がベースにあったのですが、近年では、住民生活に密着した組織も多数参加するようになりました。

例年、「Der K-Kreis」に所属する41の組織から約500名のスタッフが参加します。警察、消防、救急(こちらの救急組織は複数存在します)、救助犬部隊などの組織に加えて、ウィーン市に所属する水道、下水、ゴミ処理、電気、ガス、Wiener Linienなどの組織も展示ブースを出して、活動をアピールします。こちらでは日常生活に不可欠な煙突掃除組合も参加しています。

警察車両や消防、救急車両、ドクターヘリなども参加し、各種デモンストレーションも行われるため、非常に人気の高いイベントです。

また、各ブースでは、各分野の専門家が住民の質問に直接、答えてくれます。ヘルデンプラッツの連邦軍のイベントと掛け持ちが可能です。

Continue reading "Wiener Sicherheitsfest 2020もオンライン開催へ"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧