August 07, 2017

ちょっと変わった小さな児童公園

Img_2009_08_6841

今日は「小さな街で見つけたちょっと変わった児童公園」の話題をお伝えしましょう。

こちらでは、色々な公園がありますが、基本的には地方自治体が開設しているのが一般的です。

以前、夏休みにニーダーエスターライヒ州の小さな街に住む友人夫婦を訪ねた時、その街で、ちょっと変わった公園を見つけました。

ウィーンなどでも見かける児童用の各種遊具を備えた公園なのですが、入り口のゲートにご注目。「Raiffeisen Spielpark」と書かれています。

オーストリア、特に地方を巡っていると「Raiffeisen」という看板を見かけることがありますが、Raiffeisenは、ちょっとユニークな共同組合銀行です。

この組織ですが、ドイツ人のFriedrich Wilhelm Raiffeisen(フリードリヒ・ヴィルヘルム・ライファイゼン)という方が創設したものです。

Img_2015_08_1895

1860年代、Raiffeisenはドイツ・フランマースフェルト市長の時、農民が高利貸しに貪られる農民を見て、「協同組合による自助」をというアイデアを思いつき、協同組合銀行を創設します。

また、金融機関のみならず、信用組合の力を活用して学校の建設、道路の整備、農産物の販売ルート確保といった「ドイツでの村づくりの基礎」を創り上げたそうです。

さて、オーストリアのRaiffeisen Zentralbankも共同組合銀行で、創立当初は農家に対する融資が中心だったそうですが、現在は、商工業企業への融資が増えるなど、幅広い領域で活動をしています。

興味深いのはグループの構成です。各地にある個別のRaiffeisen Bank(477行、約1600拠点)が、8つのRaiffeisenlandesbank(州銀行)を所有し、それらの州銀行がRaiffeisen Zentralbank(中央銀行)の株式を所有しています。

Img_2016_08_2361

現在では、銀行の他、保険やリース、非金融事業の子会社も傘下に持つ巨大な金融グループRZB Groupを構成しています。

組合員数は170万人(人口の約20%)で、グループとしてはオーストリア国内最大規模の金融機関です。

日本のJAバンクに近い組織と言えるでしょう。そのため、地方の農業エリアに行くと、「Raiffeisenbank」という銀行をよく見かけます。

オーストリアのRaiffeisenは、メインの金融業だけでなく、日本のJAと同じく、農業関連資材の調達や販売、農産物の保管なども行っています。そのため、地方の街へ行くと、Raiffeisenのマークをよく見かけることがあります。

Continue reading "ちょっと変わった小さな児童公園"

| | Comments (0)

August 04, 2017

Baumhausのあるお住まいを発見

20170803_x201_00001

昨日、このブログでもお伝えした女子サッカー欧州選手権大会(UEFA Women's EURO 2017)の準決勝。現地時間、8月3日、18時からオーストリア対デンマーク戦が行われました。

オーストリアチームの快進撃を受けて、ウィーンでは市庁舎前のフィルムフェスティバル会場が、特設のパブリックビューイング会場になりました。

さて、試合の結果ですが、オーストリアチームは終始押し気味に試合を進め、スコアレスドローで試合を終了。最終的にPK戦にもつれ込みましたが、3対0でデンマークに敗退しました。残念無念。

20170803_x201_00002

準決勝のもう一試合、オランダ対イングランド戦は、オランダが1対0でイングランドを下し、決勝はオランダ対デンマークに決まりました。

なお、左のマンガは、こちらの日刊紙kurierに掲載されたもの。男子選手団が女子選手を応援している‥という風刺画です。

さて、今日も「夏向きの話題」をお届けしましょう。

欧米で人気があるのが、木の上に小屋を建てる「ツリーハウス」(Baumhaus)。その昔は、実用性を重視していたそうですが、最近ではレジャーや観光を目的に建てられるようになってきました。

Img_2009_08_6866

ホテルのようなツリーハウスもありますが、個人が別荘やアトリエとして建てたり、子どもの遊び場として建てる場合もあります。

まぁ、「隠れ家の感覚」で楽しめるところが「ツリーハウスの魅力」だと思います。子供さんも、冒険心をくすぐるツリーハウスは好きだと思います。

最も、個人で建てる場合、ツリーハウスにふさわしい大きな木があること、庭が広いことなどが、条件なるのは言うまでもありません。

「裏山が自分の敷地」という方はベストでしょうが、そういう人は少数でしょうね。

森林大国のオーストリアなので、当然、ツリーハウスも人気があると思いますが、なかなか本物を見かけることはありません。

Img_2009_08_6885

以前、ニーダーエスターライヒ州をドライブしている時、偶然、休憩をとった街で写真のようなBaumhausを見かけました。

大きさや雰囲気からすると、大人用ではなく、子供さんの遊び場として作ったようです。個人宅の庭なので、あまり詳細に観察すると不審者と間違われる可能性もあるので、比較的離れた場所から、短時間だけ観察しました。

比較的低い場所にありますが、日常とは違った空間なので、きっと色々な楽しみ方があるのでしょう。よく見ると奥に固定式の階段が設置されていますが、バルコニーには「縄ばしご」がかかっています。

また、バルコニーには、旗らしきものが掲げられています。夢がありますね‥

Continue reading "Baumhausのあるお住まいを発見"

| | Comments (0)

August 03, 2017

Feriにとってはご機嫌な「お休み処」

20170802ss00001

日本では恐らくニュースになっていないと思いますが、現在、オランダで女子サッカー欧州選手権大会(UEFA Women's EURO 2017)が開催中です。

この大会で、オーストリアチームが大活躍。Group C(オーストリア、フランス、アイスランド、スイス)に属していましたが、グループ首位で決勝トーナメントに進出。

7月30日には、Group Dで2位のスペインと対決。試合は0対0のスコアレスドローでしたが、PK戦を5対3で制し、見事、準決勝に勝ち進みました。

準決勝の対戦相手は、ドイツを破ったデンマーク。準決勝は、現地時間の8月4日に行われます。ちなみにもう一組は開催国のオランダとイングランドの対決です。

Img_2009_08_6850

ちなみにオーストリアチームの女子サッカー欧州選手権大会本大会出場は、今回が初(それまでは予選敗退が続いていました。ちなみにワールドカップ、オリンピックとも本選出場は果たしていません)。

ご存じのように、男子ナショナルチームは、この数年強かったのですが、2016年フランス大会から負けが続いており、“frauen power炸裂”に国中がフィーバー中。ここまでkitanoですから、是非、決勝まで勝ち登ってもらいたいものです。

さて、今日の話題はサッカーとは全く無縁の「ゆるい話題」です。

Img_2009_08_6845

昨日、ニーダーエスターライヒ州にある友人夫婦宅を訪問した際のエピソードをご紹介しましたが、その続編です。Feriは、何回かご夫婦のご招待にあずかり、この街を訪問しています。

この街はWiener Neustadtに近い場所にあるのですが、ちょっと山側に奥まっているため、非常に自然が豊かで、かつ静かな街です。

いわゆるリゾートエリアではありませんが、自然が豊かな場所なので、サイクリングなどを楽しむことができ、立派なサイクリングロードが整備されています。

街の中心部にある駐車場に車を止めたところ、木造の小屋を見つけました。

最初は無料休憩所かと思ったのですが、Piestingerという地元Bierの看板が下がっているところから、Würstelstandであることがわかりました。

駐車場にWürstelstandがあるのは不思議な気がしますが、実は隣接して公園があるため、その利用者が食事をとる場所として開設されたようです。

Continue reading "Feriにとってはご機嫌な「お休み処」"

| | Comments (0)

August 01, 2017

涼を求めて オーストリアの滝

Img_2010_08_5742

今日から8月になりましたね。

さて、7月、当ブログで最もアクセス数が多かった日は、7月25日でした。また、ページビューが最も多かったのは、Feriの予想どおり「速報 オーストリア航空 日本線が2018年5月に復活」でした。

あと、夏休みに入るためか、ご旅行に役立つと思われる過去の記事にもアクセスが集中していました。当ブログはリードオンリーのお客さまが多いですが、毎日、アクセスいただき、深く御礼申し上げます。

さて、Feriの誕生月である「8月最初の話題」ですが、皆さまへの暑中見舞いを兼ねて「滝の話題」をお伝えしましょう。

Img_2010_08_5740

2010年9月に、当ブログで「ケルンテン州の観光スポット・ベスト10、第一位、Kölnbreinダム」をご紹介したことがあります(詳しくは、こちらから)。

ケルンテン州とザルツブルク州の境にある巨大ダムで、Marta Hochalmstraßeという山岳道路(有料)の終点にあります。

今日、ご紹介するのは、Kölnbreinダムではなく、そのへ向かう途中に立ち寄った「Wasserfall(滝)の話題」です。

Img_2010_08_5741

山岳国家のオーストリアには、滝が多数存在するのですが、山の奥にあるケースが多く、軟弱もののFeriは、なかなか見ることができません。

Fallbach-Wasserfallは、ケルンテン州のGmünd in Kärntenという街からKölnbreinsperreへ向かう途中にありますが、何と道路沿いから見ることができる希有な滝なのです。

ちなみにMaltaという街から5キロほどの場所にあります。

が、FaLlbach-Wasserfallは道路沿いの駐車場に車を止めて、即、見ることができるという軟弱もののFeri向けのスポット(笑)。

Gmünd in KärntenからKölnbreinsperreへ向かうと、左右から山が迫ってきます。いわゆる谷を走ることになります。

Continue reading "涼を求めて オーストリアの滝"

| | Comments (0)

July 24, 2017

Nockalmstraße を走る(下)

Img_2008_08_5972

今日は「国立公園を走る山岳道路Nockalmstraßeの後半」をお伝えしましょう。

Windeben Seeから更に道路を上っていくと、標高2024メートルのところにあるGlockenhütte Schiestlscharteに到着します。

ここには大規模な駐車場があり、景色も良いところから、絶好の休憩ポイントになっています。

Img_2008_08_5975

また、周辺には散歩ができるエリアがあり、手軽に高原の雰囲気を楽しむことができますが、ここを拠点に本格的なトレッキングを楽しむ人もいらっしゃいます。

Hütteなので食事ができるレストランもあり、昼食時は結構、お客さまで賑わっています。

Img_2007_08_9015

なお、この駐車場には、以前、ご紹介したことがあるバイカー用のロッカーが設置されています。

しかし、Nockalmstraßeの最高地点は、ここから少し先のEisentalhöhe

海抜2042メートルです。ここには小さな売店がありますが、駐車スペースが狭いため、大型バスなどは、基本的にGlockenhütte Schiestlscharteを使うケースが多いようです。

ところでオーストリアの高山にはアルプスマーモット(Marmota marmota)が生息しており、道路沿いのHütteには剥製が展示されています。

Continue reading "Nockalmstraße を走る(下)"

| | Comments (0)

July 23, 2017

Nockalmstraße を走る(上)

Img_2007_08_9021

日本では、7月21日あたりから、学校が夏休みに入った地域が多いと思います。

さて、今日は「国立公園を走る山岳道路の話題」をお届けしましょう。

オーストリアは基本的に山国なので、山岳道路が沢山あります。有名なのがザルツブルク州Bruckと、ケルンテン州Heiligenblutを結ぶGroßglockner-Hochalpenstraße(グロースグロックナー山岳道路)でしょう。

今回ご紹介する、Nockalmstraßeも、その一つです。ただ、ケルンテン州にあるため、日本の皆さまには、あまり馴染みがないかもしれません。

Nockberge

Feriは、夏にザルツブルク州Lungau周辺に行くことが多いのですが、定宿の女将さんに勧められて、何回か通ったことがあります。

余談になりますが、この女将さんは、郷土愛にあふれる方で、ザルツブルク州Lungauエリアの行事に関しては、色々と懇切ていねいに案内してくれるのですが、隣接する州の行事や見どころに関しては、ほとんど紹介してくれません。数少ないのがNockalmstraße という訳です。

ケルンテン州にありますが、実際にはザルブルク州、シュタイヤマルク州に隣接している国立公園Biosphärenpark Nockbergeのエリアにルートが設定されています。

20170722_x201_00001

Innerkrems(北側)とReichenau(南側)を結ぶ30km強の山岳道路で、途中、52箇所のヘアピンカーブがある上に、最大勾配は12%というヨーロッパ屈指の急勾配があります。

ただ、アウトバーンから直接アクセスすることはできず、北側はEbeneReichenauで95号線、南側はKremsbrückeで99号線に接続しています。99号線に関しては、並行してアウトバーンE55が走っていますが、インターチェンジはちょっと離れています。

グロースグロックナー山岳道路が1930年代に建設されたのに対し、こちらは比較的新し道路です。
Nockalmstraßeは1971年にケルンテン州政府により建設計画が立案されました。いわゆる輸送を主目的とした道路ではなく、ケルンテン州、シュタイヤマルク州、ザルツブルク州にまたがるGurktaler Alpenの観光振興が目的です。

Continue reading "Nockalmstraße を走る(上)"

| | Comments (0)

July 21, 2017

郷土料理“Lungauer Bauerngröstl”

Img_2007_08_8738_2

今日は「郷土料理の話題」をお届けしましょう。

夏は車で地方に旅行することが多かったFeri。当然、三食が外食になります。定番のWiener Schnitzelもいただきますが、正直、飽きてきます(笑)。

また、フルスペックのWiener Schnitzelは食べることができなくなってからは、パスタなどを食べることも増えてきました。

地方に行ってもイタリアに近い地方は、イタリア人の観光客が多いこともあり、ピザ屋さんが必ずあります。ピアは巨大ですが、パスタに関しては、こちらの感覚では量が少なく、今のFeri向きです。

Img_2007_08_8735

しかし、時々、その地方の料理を食べてみたくなることがあります。地方で比較的多いのがBauerngröstlと呼ばれる料理です。

このジャンルで有名なのが、“Tiroler gröstl”。チロル地方の家庭で最も親しまれている代表的な郷土料理で、じゃがいも、牛肉、豚肉、玉ねぎ、そしてハーブを混ぜ合わせて炒めた料理です。

「チロル風肉じゃが料理」という人もいますが、日本の肉じゃがとはイメージが違うのは言うまでもありません。

ご参考までに、最後の写真がウィーンで食べたTiroler gröstl。目玉焼きが載っているのがポイントかな‥

さて、今回、ご紹介する“Lungauer Bauerngröstl”も、この親戚と言って良いでしょう。地名が冠されていることからもわかるように、ザルツブルク州にあるLungau地方の郷土料理のようです。

Continue reading "郷土料理“Lungauer Bauerngröstl”"

| | Comments (0)

July 20, 2017

街の真ん中にあるランドアバウト

Img_2005_08_1320

先日「ランドアバウト(ロータリー)の交通標識にまつわる話題」をお届けしましたが、今日は続編です。

一般的にランドアバウト(ロータリー)は、ある程度の面積を必要とするところから、オーストリアでは、小さい街の場合、中心部よりも、街へ入るアプローチに設置されていることが多いようです。

以前、夏のオペレッタを観るためにニーダーエスターライヒ州LANGENLOISを訪れたことがあります。この年は、ご存じ「白馬亭にて」が上演されていました。

始めての街だったこともあり、ホテルはLANGENLOISではなく、KREMSにとりました。ご存じの方も多いと思いますが、LANGENLOISは「ワインの名産地」。

LOISIUMをはじめ有名なワイングートが沢山ありますから、今だったら、間違いなくLANGENLOISに宿を取ったことでしょう。

Img_2005_08_1323

せっかくだったので、早めにLANGENLOISに入り、駐車場に車を入れてから、Feri得意の街の散策へ‥

オーストリアの地方都市らしい街並みが魅力的です。さて、街の中心部まで来たところ、何とびっくり、モニュメントの回りがランドアバウトになているではありませんか。

LANGENLOISには、Walter Straße、Kamtal Straße、Bahn Straße、Niklas-Gfellner-Zeileという五つの道路が合流する場所が街の中心部にあるのですが、ここがランドアバウト構造になっているのです。

20170719_x201_00003

五つの道路が交わる箇所なので、ランドアバウトには最も適した場所かも知れません。

オーストリアには、この手のモニュメントがある街が多いですが、一般的には広場になっているケースが多く、ランドアバウトにしているのは珍しいような気がします。

中心部なので、周囲には旧市庁舎や銀行、レストラン、カフェ、商店などが並んでおり、なかなか良い雰囲気です。

余談になりますが、Feriは、このランドアバウトに面したレストランのシャニガルテンで、夕食をとりました。

Continue reading "街の真ん中にあるランドアバウト"

| | Comments (0)

July 19, 2017

「謎のグッズ」を販売中

Img_2015_08_2023

今日は「謎のグッズの話題」をお届けしましょう。

Feriは、日本でも特定の政党支持者や党員ではないので、詳しいことは知りませんが、政党本部にある売店などに行くと、党首などをデザインしたグッズを販売しているという話を聞いたことがあります。

どの程度、売れているのかは知りませんが、少なくとも一般に目立つように販売している訳ではなさそうです。


Img_2011_08_9442

こちらでは、メーデーなど政治色が強い行事の際には、政党の売店が、デモ行進が行われるルートの街頭に開設されて、様々なグッズを販売していることがあります。

ただ、日本と異なり、党首などの人物をモチーフにしたものを、Feriは見たことがありまえせん。

さて、以前、シュタイヤマルク州のMurauへ出かけた際、街中を歩いていたら、写真のようなグッズが販売されているところを見かけました。

シュタイヤマルク州のシンボル(銀豹)を模った各種グッズを販売しており、なかなか洒落たデザインのものがショーウィンドウに並んでいます。

Img_2011_08_9441

グッズは定番のTシャツやネクタイ、スカーフ、マグカップから傘、エプロン、ぬいぐるみまでバラエティに富んでいます。

この手のグッズを売っているところから、最初は「観光案内所」かな‥と思っていたのですが、建物に表示されている「STEIRISCHE VOLKSPARTEI」という看板を見て納得しました。

STEIRISCHE VOLKSPARTEI(STVP)は、日本語にすると「シュタイヤマルク国民党」といった感じになります。

全国組織の政党のオーストリア国民党 (Österreichische Volkspartei、OVP)と連携している地域政党。グラーツに党本部があり、州議会に議席を持っているそうです。

Continue reading "「謎のグッズ」を販売中"

| | Comments (0)

July 13, 2017

州境も色々あります

Img_2016_08_2522

今日は「州境の話題」をお届けしましょう。

日本も県境がありますが、通常、生活していると、ほとんど気にとめることはないと思います。

唯一、県境を実感するのは、日本のテレビで放送されている「路線バス乗り継ぎの旅系の番組」でしょうか。県境で路線バスが途切れてしまって、結局、徒歩で隣の県に移動する‥といったエピソードが時々紹介されていると思います。

こちらでも、アウトバーンや鉄道を利用している分には、州境をあまり意識することなく通過してしまいます。

しかし、一般道を通行していると、州境の標識を見かけることがあります。また、場所によっては州境にモニュメントが設置されているケースも‥

Img_2015_08_2157

モニュメントがある州境は、一般的に州境が広場などになっているケースに限られますが‥

今回ご紹介するのはシュタイヤマルク州とケルンテン州の州境トゥラッハヘーエ(Turracher Höhe)にあるモニュメントです。

ここは、以前、このブログでお伝えした「謎の四重の塔」のあるHotel HOCHSCHOBE(ホテルはケルンテン州側にあります。詳しくは2016年8月31日の記事をご覧ください)のある場所です。

Img_2016_08_2524

ちょうど、サミットの頂上に当たるため、TurrachSeeという湖に面して広場があり、その一角に州境を示すモニュメントが設置されているのです。

ちなみに州境はTurrachSeeを分断する形で設定されています。

州境には両州のエンブレムが取り付けられている他、州旗も立てられています。駐車スペースも完備しているので、休憩がてら、州境で記念撮影をする人も見られます。ちなみに道路は一般道の95号線です。

ところで、州境に設置されているエンブレムの大きさが異なるところが興味深いですね。

Continue reading "州境も色々あります"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧