June 11, 2021

ウィーンが「世界で最も住みやすい都市」から陥落

2021061002先日、「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット・ランキング(EIU)2021」の結果が発表されました。

今まで3年連続で首位をキープしていたウィーンが、ついに首位陥落。しかもトップ10以下の12位という衝撃的な結果でした。

ウィーンに代わって首位に躍り出たのはニュージーランドのオークランド(前回6位)、そして、日本人として複雑なのは、第2位が何と大坂。そして、第3位はオーストリアのアデレードでした。

同調査は、2021年2月22日~3月21日の間にデーターが収集された上で、分析されています。ウィーンに限らず、ヨーロッパの都市は、軒並みランキングを下げていますが、その理由は「Covid-19感染拡大にともなうロックダウン」で、「生活の質」が大幅に低下したため。

外食はもちろん、外出禁止、商業施設の営業禁止、音楽や演劇も上演禁止になってしまったのですから、当然と言えば当然。同調査のサマリーでも、ヨーロッパやカナダの多くの都市が、文化、スポーツ関連のイベントを大幅に制限、学校やレストランを閉鎖したことが、ポイント下落の要因としています。

2021061001ちなみに調査結果によると、Covid-19感染拡大の影響で、パンデミック前の平均居住性スコアと比べ、7ポイント下落しています。

トップに躍り出たオークランドの場合、EIUによると「Covid-19パンデミックの封じ込めに成功したアプローチ」が高く評価されたようです。

ベスト10から陥落した都市のうち、8つはヨーロッパ。その中で、最もランクの下落が激しかったのはドイツ・ハンブルクで、34も下がり、47位になりました。

201907180002ドイツは軒並み大幅下落で、Frankfurtは39位(マイナス29)、デュッセルドルフが50位(マイナス28)です。ヨーロッパの都市でベスト10に残ったのは、スイスのチューリヒ(7位)とジュネーブ(8位)という結果です。

さて、オーストリアのメディアは自国のことを中心に取り上げるので、オリジナルのサマリー(概要判は無料)を取り寄せて、チェックしてみました。

ベスト10の結果は、写真のとおり。ニュージーランド、オーストラリアというオセアニアが6都市、日本が大坂(2位、94.2ポイント)、東京(ウェリントンと同率4位、93.7ポイント)でした。

Continue reading "ウィーンが「世界で最も住みやすい都市」から陥落"

| | | Comments (0)

June 09, 2021

ÖBBが進めているウィーン-ブラチスラバ間の複線化

2021060702今日は「ÖBBが進めているウィーン-ブラチスラバ間の複線・電化計画」の話題をお伝えしましょう。

現在、ÖBBではウィーン-ブラチスラバ間の所要時間を15分間、短縮するため、2016年9月からオーストリア国内(37km)の複線化と電化工事を進めています(Projekt „Twin City Rail“)。

現在、Siebenbrunn-Leopoldsdorf-Schönfeld-Lassee間の複線・電化工事が進められています。同時に利用者の利便性を向上させるため、各駅の近代化(バリアフリー化、P&R化を含む)も進められています。

今回、Schönfeld-Lassee-Siebenbrunn-Leopoldsdorf間の複線化工事では、高速線路敷設装置を使用し、わずか数日で5km以上の線路を敷設しましたその間、列車の運行も停止されませんでした。

2020年4月にRaasdorf 駅、2020年12月にGlinzendorf駅、Siebenbrunn-Leopoldsdorf駅、Breitensee駅の近代化が完了。

2021060701

2022年9月にはSchönfeld-Lassee駅の近代化工事が完了する予定です。沿線の陸橋やアンダーパスは、半分以上が完成しており、すでに通行可能になっています。

全体の工事は、三つのセクションに分けて行われています。最初のセクション、Wien Stadlau-Wien Aspern Nord間は2016年9月から2018年12月まで複線・電化工事が行われました。

工事完成後、Hauptbahnhof Wien-Wien Aspern間にS80が30分間隔で運転されるようになりました。

Continue reading "ÖBBが進めているウィーン-ブラチスラバ間の複線化"

| | | Comments (0)

June 06, 2021

ウィーン市は“スズメの保育園”を捜しています

2021060301今日は「スズメ(Spatzen)の話題」です。ウィーンでも市内の公園でスズメを見かけることがあります。

ウィーン市のプレスリリースは“Spatzen gehören zu Wien wie die Melange ins Kaffeehaus.”(スズメはコーヒー ハウスのメランジと同じくらいウィーンの一部です)という洒落た一文で始まります。広報担当者の文章センスには脱帽です。

ちなみにトップの写真は、カフェのシャニガルテンにやってきたスズメ。パフェを試食中のようです(笑)。

ウィーンには2種類のスズメが生息しています。市街地にはイエスズメ、郊外には希少種であるスズメが住んでいます。

2021060302スズメは適切な繁殖地に長期間、留まり、産卵と子育てを行う傾向があります。そこで、ウィーン市はBirdLife Österreichと協力して、「スズメの保育園」を探しています。

ウィーン子が見つけたスズメの営巣地をホームページ経由で報告することで、ウィーンの「スズメの生態」を明らかにしようというもの。

イエスズメは、日本と同じく建物の隙間に巣を作り、そこで繁殖します。ほとんどが屋根の下の高い場所ですが、木の穴や巣箱に移動することも好きです。

2021060303スズメは、年に2〜3回の子育てをするため、夏になっても子育てに忙しい野鳥。"ウィーン市環境保護局Josef Mikocki氏は、“7月末まで、皆さんからの報告を楽しみにしています!”と語っています。

イエスズメとスズメの見分け方ですが、雄のイエスズメは灰色の頭頂部と灰色の頬をしています。また、雌は地味な灰色がかった茶色の模様です。

イエスズメは住宅地に生息しており、屋根下などに巣を作ることが多いようです。ただ、雨どいに入り込むこともあります。

一方、郊外に生息するスズメは、雄と雌が同じ色。栗茶色の頭頂部、頬の印象的な黒い斑点、白い首輪で見分けることができます。スズメは木の穴などで繁殖することが多いようです。BirdLife Österreichが提供している写真を見ると一目瞭然です。

2021060305なお、トップ写真は甘いものに目がない雌のイエスズメ。さすがウィーン在住のイエスズメ。その後、シャニガルテンで休憩。ウィーン子そのものですね。

そう言えば、ウィーンのマダムのように体格がよろしいようで‥

Continue reading "ウィーン市は“スズメの保育園”を捜しています"

| | | Comments (0)

May 11, 2021

レクレーションエリアをきれいにしよう

2021051001月曜日、ザルツブルクでは気温が30度を超えました。ウィーンも11日には29度を記録。いきなり夏モードに突入です。

さて、今日はウィーンの「レクレーションエリアの話題」をお届けしましょう。

ウィーンには自然を生かした様々なレクレーションエリアがありますが、10区にあるWienerbergも、その一つです。

Wienerbergのレクレーションエリアは、都市開発アイデアコンペを経て、1980年代につくられました。レクリエーションエリア全域は景観保護エリアに指定されています。

この中でも人工的に作られたWienerbergteichは、ウィーン南部で最大の葦の個体数を誇っています。

2021051002レクレーションエリアには、遊び場、サイクリングロード、サッカー場、ドッグラン、日光浴用芝生などが完備しており、約180万人の人々が訪れます。

Covid-19感染拡大の影響で、屋外でリラクゼーションを楽しむ人が増えているため、昨今は、利用者が増えているようです。

利用者が増えるのはけっこうなことですが、当然、利用者が出すゴミの量も増えます。管轄するウィーン森林農業局でも、この地域の清掃を徹底していますが、残念ながら利用者の協力が不十分だとゴミが放置されてままに‥

2021051003そこで、区長と市議会議員の皆さんが、Wienerbergのゴミ処理の徹底を利用者に訴えました。

なお、日光浴用芝生、運動公園、ドッグランなどは毎日、午前中に清掃が行われ、ゴミ箱のゴミも回収されます。また、月曜日と金曜日にはエリア内全てのゴミ箱のゴミが回収されます。

日本では公園などにゴミ箱がないケースがあり、自宅までゴミを持ち帰ることが推奨されているようですが、ウィーンの場合、レクレーションエリアでもゴミ箱がしっかり設置されていますので、必ずしも自宅まで持ち帰る必要はありません。

Continue reading "レクレーションエリアをきれいにしよう"

| | | Comments (0)

May 06, 2021

ドナウ氾濫原

2021050503今日は「ドナウ氾濫原(Donau-Auen)」にまつわる話題をお届けしましょう。

洪水時に流水が河川などから溢流して氾濫する平野を「氾濫原(Auen)」と言いますが、日本にも各地にあると思います。

氾濫原は、平坦で水の供給が良いことから、植物の生育には好適で、様々な生物が生息しています。

2021050506さて、オーストリア東部とスロバキア西部にまたがるエリアにドナウ氾濫原があります。

現在、一部はドナウ氾濫原国立公園(Nationalpark Donau-Auen)になっています。

同公園は9600ヘクタール以上の面積を誇り、中央ヨーロッパで最後の大規模氾濫原と言われています。

2021050501現在、この氾濫原の保全と生態系改善に向けてEUが資金提供して、オーストリアとスロバキアの共同プロジェクト「Dynamic LIFE Lines Danube」が進められています。

このプロジェクトでは、25kmの支流をドナウ川に再接続し、多くの水を氾濫原に戻すものです。また、水力発電所が設置されている約4kmの河岸が改修されます。さらに、水辺の森を改善などの対策も計画されています。

支流がドナウ川氾濫原のダイナミックな生命線となり、質の高い生態系を維持することが期待されています。

2021050504プロジェクトには、ヴィアドナウ水路会社、ドナウ氾濫原国立公園、WWFオーストリア、スロバキアのNGO「BROZ」、ブラティスラバのコメニウス大学(自然科学部)、スロバキア国立森林センター(NLC)などが参加。

ニーダーエスターライヒ州とニーダーエスターライヒ州漁業組合は、このプロジェクトを資金面で支援しています。

なお、地図のマーカー部分が、今回のプロジェクト対象エリアです。

Continue reading "ドナウ氾濫原"

| | | Comments (0)

May 01, 2021

アーバンガーデニングを始めよう

20210429015月最初の話題は、先日、お伝えした「アーバンガーデニング(Urban Gardening)の話題」をお届けしましょう。

Covid-19感染拡大以前から集合住宅が多いウィーンでは、ウィーン市が住民用に家庭菜園用の敷地を提供していました。

ウィーン市が所有する土地の一部を有償で提供するものですが、Covid-19感染拡大により住民の考え方が変化し、現在、アーバンガーデニング志向が強くなっています。

さて、ウィーン市が管理するウィーン港(Hafen Wien)でも、4月1日から「Garteln ums Eck」というキャッチフレーズの下、アーバンガーデニング用スペースの貸出が始まりました。区画は50平方メートルと100平方メートルの2種類。結構広いですね。

2021042902圃場の土についてはウィーン港が整備しており、借主は自分の区画で、自分で準備した種子を使って野菜や果物、ハーブなどを育てることができます。また、初心者にはウィーン港のスタッフが事前に相談に乗ってくれます。

アーバンガーデニング用スペースには、借主の利便性を高めるため、自家用車と自転車の駐車スペース、仮設トイレ、分別ゴミ箱、灌漑用井戸などが設けられています。

ウィーン港が貸主なのですが、場所は港の中ではなく、11区Alberner Straße 21の庭園内にあります。

Continue reading "アーバンガーデニングを始めよう"

| | | Comments (0)

March 27, 2021

ÖBBがコウノトリの営巣地を建設

2021032216今日は「コウノトリの話題」をお届けしましょう。

オーストリアで見られるコウノトリ(Störche)は、日本ではシュバシコウ朱嘴鸛、赤いクチバシのコウノトリ)と呼ばれる種で、日本に生息する種とは異なります。

シュバシコウはヨーロッパや北アフリカ、中近東に分布。繁殖地は主にヨーロッパと中央アジアですが、現在、ポーランドは他を圧倒する繁殖地として知られています。

オーストリアでは、ノイジードラーゼー周辺が有名ですが、それ以外のエリアでも見ることができます。

FeriもRustを訪れた際、何回かシュバシコウを見ていますが、ご存じのように人家屋根の煙突に巣を作っています。

2021032213また、人に対する警戒心が低く、湖畔に下りてくることもありました。また、電信柱の上などにも巣をつくることもあるそうです。

シュタイヤマルク州でもシュバシコウが生息していますが、最近、ÖBBが同州で営巣地を建設したというニュースがありました。

Hart bei Graz市Autalでは、高さ20メートルのÖBB電波塔の上に長年、シュバシコウが巣を作っていました。しかし、成鳥では4kgを越える大型のコウノトリが使う巣は、設置場所の強度がポイント。

2021032212ところが電波塔の上にあった巣は重量が100kg程度あったため、塔の安全性を確保するため、シュバシコウの巣を撤去せざるを得なくなりました。

しかし、シュバシコウがアフリカにある冬の居住エリアから戻ってきた時に、巣がないと繁殖ができません。ちなみにシュバシコウは、普通、一度に3~4個の卵を産み、抱卵期間は35日程度。

2021032214そこで、ÖBBは地元自治体、コウノトリ協会(Storchenverein)と協議の上、近くに新しい営巣地を建設しました。

今回、鉄道会社らしく写真のように古い架線柱を改良して、頭部に巣を設置しました。日本でも、大きなポールの上に営巣地を設置するケースがありますが、よく似ています。

Continue reading "ÖBBがコウノトリの営巣地を建設"

| | | Comments (0)

March 23, 2021

“Tag des Waldes”ウィーンは環境に優しい方法で原生林を保護しています

20210321113月21日は、国連が2012年に制定した「国際森林デー」(Tag des Waldes)。世界で森林や樹木に対する意識を高める記念日です。

日本でも毎年3月に森林保護に関して各種行事が行われているようですが、今日は“Tag des Waldes”にちなんだ話題をお届けしましょう。皆さんは、ウィーン市内の湧き水が、どこから来ているかご存じでしょうか。

実はウィーン郊外(といってもかなり距離が離れていますが‥)のRax、Schneeberg、Hochschwabにある森から供給されているのです。トップの写真は、ご存じ登山鉄道も運行されているSchneebergです。

湧き水を提供する森林地帯は湧水保護地域に指定されており、総面積は32930ヘクタールにも及びます。これはウィーン市の面積の5分の4に相当します。

ウィーン市では、良質な湧き水を確保するため、これらの森林を自然な形で保全、管理しています。色々と手広くやっていますね。

2021032112今回、Gahns-Stixensteinの湧水保護地域に環境に配慮したハイブリッド技術を活用したケーブルクレーンが導入されました。

Koller ForsttechnikのケーブルクレーンK 507 e-Hは、ディーゼルエンジンに加えて、モーターを搭載しています。

春先に行われる保護林の管理では、皆伐は行わず、小規模な伐採が行われますが、土壌や下草を傷つけないように、以前からケーブルクレーンが使われてきました。

今回導入されたハイブリッド・ケーブルクレーンは、従来のケーブルクレーンに比べて燃料消費量が10分の1に抑えられており、地球環境保護にも貢献しています。

更にモーターを採用することで、ケーブルクレーンのメンテナンスコストを大幅に削減することができます。また、運転時にはバイオオイルを使用するなど、多角的に環境に配慮しています。

Continue reading "“Tag des Waldes”ウィーンは環境に優しい方法で原生林を保護しています"

| | | Comments (0)

March 17, 2021

ドナウ運河ウォーターフロント再開発プロジェクト

2021031605先日、このブログでお伝えしたウィーン市が企画している「公設シャニガルテン計画」ですが、予算が通り、具体的な準備が始まりました。新聞報道によると、市内全域に約50ヵ所開設されるようです。また、期間は3ヵ月間の予定。ウィーン市から計画の詳細が発表された時点で、具体的な内容をご紹介したいと思います。

さて、昨年、水上公園が誕生したドナウ運河ですが、更なる再開発プロジェクトが始動しました。2021年は、ドナウ運河の歴史で「革新の年」になります。

先日、スポーツ、文化、美食に関するプロジェクトへのプレゼンテーションが行われました。

プレゼンテーションの審査員は、建築/設計、調達および契約、観光、美食、土地管理の分野の専門家で構成されており、持続可能性、革新性、環境保護、経済効率の観点で審査が行われました。

なお、契約は、会計検査院の勧告により、10年に制限されました。入札後、審査の結果、採用されたプロジェクトは、以下の通りです。

Urban Tribes:サイクリングコミュニティ
自転車を中心にした若い人のコミュニティが造られます。2017年に設立されたUrban Tribes GmbH & Coがプロジェクトの中心となり、1区側Salztorbrücke-Marienbrücke間のエリア(Freda-Meissner-Blau-Promenade)に、コミュニティ・センターを作る計画です。

2021031603コミュニティ・センターには、自転車修理センター、ビストロ・バーなども開設される予定です。自転車愛好家は、このセンターでドリンクを傾けながら、同好の士とコミュニケーションを深めることができます。

修理センターには専門家が常駐しており、各種アドバイスやスペアパーツの販売が行われます。

ウィーンでは、自転車を使ったメッセンジャーが多く活躍していますが、彼らの「集いの場」も想定されています。これは協会の創設者Julian Suryana氏が3年間、自転車メッセンジャーを務めていたことから、発案したものだそうです。

2021031602Muse:バー・レストランを備えた仮想現実ギャラリー
Museは365日無料で利用できるバー・レストランを併設した仮想現実アートギャラリー(Augmented-Reality-Galerie)。これまでAdria Wienが所有していた2区(Dianabadufer)側Salztorbrückeの下流に設置されます。

拡張現実を実現するためのテクノロジーパートナーは、この分野ではウィーンの草分けArtivive社。

当面、Museでは朝食やブランチに力を入れ、その後、レストラン付きのバー経営にスムーズに移行する予定です。

2021031604Die Werkstatt:体、心、魂のリラクゼーション
Badeschiff(Wolfgang-Schmitz-Promenade)の上流にあるVorkaiflächeに、料理、スポーツ、エンターテイメントを1つの場所に集めたワークショップが建設されます。

料理はウィーン風で、プラスチックを使用せず、再利用可能な容器を使用するなど、持続可能性にも配慮しています。

日中は、オーストリアのペストリーと組み合わせた「Werkstatt」が、街で最も都会的なウィーン風カフェハウスになる予定です。

Continue reading "ドナウ運河ウォーターフロント再開発プロジェクト"

| | | Comments (0)

March 09, 2021

Hörndlwaldに新しいピクニック広場ができました

2021030611相変わらずコロナ信号は「赤」が続くウィーンですが、3月に入って春の息吹が感じられるようになりました。

今日はウィーン子に人気がある「レクレーションエリアの話題」をお届けしましょう。

かつてLainzer Tiergartenの一部でもあった13区のHörndlwaldは、自然公園として人気のあるレクレーションエリアです。今まで、色々な使われ方をしてきました。

今回、旧Afritschheimに、広い緑地と特別にデザインされたテーブルやベンチを備えたピクニックエリアが整備されました。

2021030613この場所には、以前、Afritschheimという若者を対象とした交際交流施設(右側の写真)が建っていました。1970年代後半には、難民収容施設として使用されていたようです。

その後が、老朽化が進み、2000年に入ってから支援団体が同施設の改装を計画していましたが、ウィーン市が建築権契約を更新せず、リニューアルプロジェクトは挫折。

2013年4月、老朽化した建物は取り壊されました。そして、2020年9月、この土地がウィーン市森林農業局に移管され、レクレーションエリアの整備がスタートしたものです。

2021030612ウィーン市ではHörndlwald再活性化で、25000平方メートルのエリアを緑地として整備、公開する予定ですが、これには地域住民のHörndlwaldの自然回復を求める運動が大きく影響しているようです。

将来的には、樫の木と小さな牧草地などが整備される予定です。また、以前、使われていた子供用プールを池に改装し、カエルやイモリなどの生息地にする計画も進行中です。

Continue reading "Hörndlwaldに新しいピクニック広場ができました"

| | | Comments (0)

より以前の記事一覧