March 04, 2021

75周年を迎えたMA48

2021030201今日は「誕生75周年を迎えたMA48の話題」をお届けしましょう。

ゴミ収集や道路清掃、冬期除雪から廃棄物の各種リサイクルまで、現在では幅広い住民サービスを提供しているMA48(Magistratsabteilung 48)が、2021年3月1日、創立75周年を迎えました。今回は、誕生にまつわるエピソードも交えてご紹介しましょう。

1946年3月1日、Körner市長の下、「Magistratsabteilung 48 - Fuhrwerksbetrieb und Straßenpflege」が設立されました。

当時、ウィーンは、第2次世界大戦の戦災で「廃墟の街」と化していました。創立されたMA48、最初の仕事は爆撃で破壊された約85万平方メートルの戦災瓦礫と、約20万平方メートルの路上ゴミを一掃することでした。

2021030204日本の大都市も連合軍の空爆で破壊されましたが、木の住まいが多かったことから、焼夷弾が使われました。

余談ですが、米軍では焼夷弾攻撃に際して、アメリカ本土に日本の木族家屋の街並みを再現し、そこで効果的な焼夷弾攻撃を実行するための燃焼実験を行ったという記録も残っています。

一方、ウィーンをはじめとするヨーロッパの場合、空爆の対象となる大都市は石造りの住まい(集合住宅を含む)が多いため、爆弾が使われましたが、戦災瓦礫の処理が大きな問題になったのでしょう。

当時、使用可能な車両は11台しかなかった上に、3ヵ所あった車庫も占領軍に接収されたり、戦災を受けて使えなくなっていたようです。また、瓦礫の処理に必要な機材やゴミ箱も不足している中での、作業だったようです。

このような困難な状況下、MA48の職員は創意工夫で困難を乗り切りましたが、この精神が、今日まで引き継がれています。

2021030202当時からゴミ収集に加えて、道路清掃、冬期除雪や凍結防止、公衆トイレの運営、官用車の運行なども担当していました。

 設立、数年後には消防関係を除く車両調達、廃棄物不法投棄防止、廃棄物アドバイス、廃棄物リサイクル、廃棄物処理、レッカーサービス、遺失物サービスといった新しい業務が追加されました。

Feriは、MA48設立のきっかけが戦災瓦礫処理だったいう事実を初めて知りました。

さて、戦後復興と経済の好転により、廃棄物の量が大幅に増加しました。当時、ウィーンでは、廃棄物は穴に詰める処理する埋立式でした。

2021030206しかし、1950年代末になると、使用済み埋立地の有限性が認識され、廃棄物処理の新しい方法としてサーマルリサイクルが採用されました。さらに環境意識の高まりを受けて、ウィーンの廃棄物処理のエコロジー化が急速に進展します。

1963年、ウィーン初のごみ焼却施設がFlötzersteigに開設されます。同施設は、Spittelau 、Pfaffenauの両清掃工場とともに、現在も稼働中です。

現在、ウィーンでは、年間57万5000トンの廃棄物がリサイクルされています。また、52万6000トン以上の廃棄物(粗大ゴミを含む)は、排気ガス浄化システムを持つ焼却プラントで焼却処分されていますが、そのエネルギーは電力や地域暖房に活用されています。

2021030210なお、ウィーン市では、廃棄物処理は、可能な限り市内で実施しています。

このブログでもお伝えしているように生ゴミについては、MA48自身が肥料などに再生し、住民に提供されています。これは園芸や家庭菜園を行っているウィーン子には人気があります。

そして、現在、再活用可能なものを回収して、MA48が運営するリサイクルショップで販売するようになりました。これもゴミの削減に一役買っています。

Continue reading "75周年を迎えたMA48"

| | Comments (0)

February 26, 2021

佳境を迎えたリンツのNeue Donaubrücke建設

20210222linz10今日はウィーンを離れて、リンツで行われている「大規模土木工事の話題」をお届けしましょう。

土木工事は、その方法にお国柄が出ることがあります。今回の工事も、そのような例かもしれません。

現在、リンツではドナウ川にかかる橋(Neue Donaubrücke)の付け替え工事(実際は新規架橋に近い大工事)が行われています。

20210222linz04この橋は、1897年から1900年にかけて鉄道橋として建設され、1900年11月14日に開通しました。その後、鉄道と公共交通機関が使用してきましたが、21世紀に入り、鉄骨の腐食がひどくなり、倒壊の危険性が増してきました。

2015年9月、新しい橋の建設(橋梁の掛け替え)可否を問う住民投票が実施され、賛成68%で新しい橋の建設が決まり、プロジェクトがスタートしました。

EUを対象としたコンペの結果、フランス・パリの建築事務所Marc Mimram案が採用され、MCE GmbH、Porr Bau GmbH、Strabag AGコンソーシアムが建設を行っています。

20210222linz05Neue Donaubrückeは全長400メートル、最大幅33.7メートル、片側1車線、路面電車の戦況軌道(複線)、自転車専用レーン(2.5メートル)と歩道(2メートル)が別途、設けられます。

なお、路面電車の専用軌道は工事が完成するまで、路線バスが使用する予定です。

Neue Donaubrückeの建設費用は9020万Euroで、リンツ市とオーバーエスターライヒ州が負担しています。

工事ですが、2016年2月から8月に掛けて、古い橋の解体(2枚目の写真が解体された橋)が行われ、2018年7月に起工式が執り行われました。

20210222linz06まず、護岸の取付部工事から始まり、川の中にあった古い橋脚の撤去と新しい橋脚の建設といった土木工事が進められました。

護岸からの取付部は陸上から鉄骨を組み上げる方式で建設されましたが、中央部については、予めできあがった橋桁を設置する方式が採用されました。

なお、Covid-19感染拡大に伴う入国制限で、作業員がオーストリアに来ることができず、5週間、工事が中断しました。

20210222linz08今回の工事でハイライトとなるのは、組み上がった橋桁を川に掛ける工事。工事は、2月23日・24日、3月3日・3月4日の2回に分けて実施されます。

この橋桁ですが、何とビックリ、ロッテルダムで製造されたもので、総重量は2800トン。台船に乗せられ、2隻のタグボートに牽引され、Rhein-Main-Donau運河を経由し、リンツの組立ステーションまでやって来ました。さすが川で国がつながっているヨーロッパ。

20210222linz03ただ、橋桁側面のアーチについては、高さが15メートルあるため、取り付けた状態での架線輸送は困難。

そこで、リンツの架橋場所に隣接する組立ステーション到着後、最終組立を行う方式が採用されました。

最終組立が終わった中央橋桁は、30個の車輪を持つジャッキ付き特殊車両に積載されて、作業用台船に移動。これが初日の作業。

続いて、2日目は、作業用台船でドナウ川中央の現場へ運ばれた後、4メートルほどジャッキアップされ、コンクリート製の橋脚に架設します。

Continue reading "佳境を迎えたリンツのNeue Donaubrücke建設"

| | Comments (0)

February 20, 2021

冬のお散歩の途中に立ち寄りたくなる場所‥Heurigen to go

2021021910先日、ウィーンのコロナ信号( Corona-Ampel)がオレンジになりましたが、残念なことに再び赤に逆戻りしました。

逆にオーバーエスターライヒ州はオレンジになりました。一進一退という感じですね。

2021021913さて、今日は週末にふさわしい「お散歩とホイリゲにまつわる話題」です。

ウィーン子は寒い冬でもお散歩は大好き。ロックダウンは解除されたとは言え、Covid-19感染拡大の影響で現時点で長距離旅行やスキー休暇はほとんど不可能。

そのため、自宅から徒歩で楽しめるお散歩やハイキングが、今やトレンディな個人的イベントです。また、ウィーン市でも健康管理のため、家の中に閉じこもっているだけでなく、新鮮な空気の中での運動を推奨しています。

Feriの行動パターンは、このブログの読者の皆さまならご存じのとおり、季節を通じてお散歩の終点はホイリゲです。

2021021912歩いて適度に体を動かしたあと、ホイリゲで頂くGRÜNER VELTLINERは一段と美味しく感じるものです。まぁ、このような行動パターンのウィーン子も多いようです。

が、現在、Covid-19感染拡大のためホイリゲを含む飲食店の営業は禁止。そのため、「お散歩の後の楽しみ」(自分へのご褒美)が無くなってしまったのが、残念無念。

そんな中、ウィーン南部Thermenregion地区にあるWeingutがSchachterlheurigenを営業しています。

2021021911Schachterlheurigenは、持ち帰り用の軽食やワインを販売するお店。つまり「Heurigen to go」。

ホイリゲのお持ち帰りです。考えましたね。通常は各Weingutが特定の日にちに臨時に店を開けて、販売します。

そして驚くことにGumpoldskirchen(今回、写真で紹介したホイリゲ街のある街)にはワイン自動販売機(Weinautomat)が設置され、13のWeingutが厳選したワインを適切な温度管理の下、24時間、提供しているのです。

このアイデアを発案したのはワイン生産者協会のRobert Grill氏とJohannes Hofer氏。Covid-19感染拡大によるロックダウンで壊滅的な被害を被っているWeingutを救うためのアイデアです。

Continue reading "冬のお散歩の途中に立ち寄りたくなる場所‥Heurigen to go"

| | Comments (0)

February 17, 2021

地下鉄工事でプラタナスを移植

20210217012021年から本格的に始まったU2×U5の建設工事ですが、今日は2月16日に行われた樹齢90年のプラタナス移植の話題をお届けしましょう。

U2×U5の大規模建設工事が始まったRathaus付近ですが、CafeEilesのプラタナスが建設に師匠があることが判明。

当初、樹齢90年のプラタナスを伐採することも検討されていましたが、Kuratorium Waldを含む自然保護活動団体が、保護のためのキャンペーンを展開し、SchmerlinkplatzのBettina-Huber-Parkへ移植されることが決まりました。

2021021702移植決定後、2週間の準備期間を経て、2月16日の深夜、厳しい寒さの中、プラタナスの根元が掘り起こされ、大型クレーンにより引き上げられ、輸送用大型トラックに積載されました。

そして、Bettina-Huber-Parkへ搬送されました。移植の費用はWiener Linienが負担し、作業は樹木移植専門業者Manfred Sallerが担当しました。

本プロジェクトの経費は当初、はっきりしませんでしたが、マスコミの取材により約5万Euroの費用がかかったことが判明しています。

Continue reading "地下鉄工事でプラタナスを移植"

| | Comments (0)

February 12, 2021

Ludwigウィーン市長がホッキョクグマFinjaとご対面

2021021102今日は短めの話題で、ご容赦ください。2月8日からロックダウンが一部解除され、美術館、動物園なども一定の規制はあるものの、利用できるようになりました。

これをアピールするため、2月9日、Michael Ludwig市長がシェーンブルン動物園を訪問し、2019年11月に生まれたホッキョクグマFinjaとの対面を行いました。ちなみにMichael Ludwig市長のスポンサー(支援者)です。

2020年3月には、スポンサー引き継ぎのため、Michael Ludwig市長がfinjaを訪ねましたが、それ以来の訪問(その時の様子はこちらから)。

2020年3月の時点では、ぬいぐるみのように可愛い姿でしたが、その後、成長し、Finjaの体重は既に150kg。両親と一緒に水しぶきを上げるのが、大好きだとか‥

2021021101しかし、ガラス越しながらちゃんとMichael Ludwig市長とハイタッチしているところが、何とも愛らしいですね。

今回の訪問では、シェーンブルン動物園Stephan Hering-Hagenbeck園長も同行し、市長にfinjaの様子を説明しています。という訳で、ウィーン市が公開した当日の写真をご覧ください。

Covid-19感染拡大の影響で、殺伐とした話題が多い中、こういったほのぼのとしたニュースも良いものです。

Continue reading "Ludwigウィーン市長がホッキョクグマFinjaとご対面"

| | Comments (0)

February 11, 2021

ウィーン市が2020年版航空写真公開

2021021001日本では2月11日は「建国記念の日」ですね。こちらの「Nationalfeiertag」(10月26日)に相当する祝日だと思いますが、日本では例年、国を挙げての行事は行われていないような気がします。

さて、今日はウィーン市が公開している「航空写真の話題」をお届けしましょう。以前、当ブログで「“Wien von oben“空からウィーンを見てみよう!!」という記事(元記事はこちらから)で、ウィーン市が提供している航空写真をご紹介しましたが、これは斜めに撮影した写真が中心でした。

一方、今日、ご紹介するのはウィーン市が提供しているデジタル地図の元となる垂直撮影の航空写真です。

2021021004最近ではGoogleが提供するデジタル地図や航空写真が有名ですが、ウィーン市では、何と1938年以来、市内全域の航空写真を市が独自に撮影し、保管しています。

驚くことに2014年からは都市開発が盛んになったこともあり、毎年、航空写真とデジタル地図を更新しています(担当はWiener Stadtvermessung、MA41)。

2020年は7月30日・31日の2日間、ウィーンの市街地全域を、高度1600メートルを東から西へ飛行し、116メガピクセルの航空デジタルカメラで、合計11636枚の垂直航空写真が撮影されました。

撮影されたのが半年前なのに公開が2021年2月になったのには理由があります。

Feriは今まで知らなかったのですが、航空カメラで撮影された空中写真は、レンズの中心に光束が集まる中心投影なので、レンズの中心から対象物までの距離の違いにより、写真上の像に位置ズレが生じます。

写真に写る対象物が地面から高いほど、また写真の中心から周縁部に向かうほど、この位置ズレは大きくなります。つまり地図のようは見えない訳です。

2021021003そこで地図と同じく、真上から見たような傾きのない、正しい大きさと位置に表示される画像に変換(正射変換」と言います)した画像をオルソ画像(オルソ写真)と言います。

ウィーン市が公開している航空写真は、オルソ画像なので、デジタル地図と同じイメージ。

トップの写真は屋根が特徴的なHauptbahnhof付近ですが、高層ビルディングが立っているため、本来ならば、ビルディングの側面が見えることになりますが、ご覧のとおり、垂直で、地図、そっくりです。このオルソ画像に加工するため、半年の時間が必要だった訳です。

公開されたオルソ画像は一般的な写真だけではなく、解像度7.5cmの赤外線画像も公開されています。

今回、通常の画像と赤外線画像を並べてご覧頂きましょう。2つの画像を比較すると、なかなか興味深いですね。ちなみに2枚目はRathausplatz付近、3枚目はReichsbruecke付近です。

Continue reading "ウィーン市が2020年版航空写真公開 "

| | Comments (0)

February 05, 2021

子供たちと一緒にウィーンの街を再発見-Grätzl-Rallye-

2021020401ウィーンでは、Covid-19感染拡大で学校での対面授業が中止になるなど、子供たちへの影響も出てきています。

ロックダウンや在宅授業の結果、体育の授業や自転車通学もなくなり、子供たちは運動不足に陥っています。また、諸般の規制によりスポーツの機会も限られています。

2月8日からは、一応、義務教育に関しては制限はあるものの対面授業が再開される予定ですが、色々な制約が伴うことでしょう。

そんな中、新鮮な空気の中、街中を散歩をしながら楽しむというコンセプトのGrätzl-RallyesをMobilitätsagentur Wienが提案しています。

2021020402このラリー(オリエンテーリング)は「Die Stadt & Du」という移動教育プログラムで、小学生を対象に、年齢に応じた方法で、積極的に、安全に、そして気候に優しい方法で街を移動する方法を体験を通じて修得するものです。

ただ、現在は学校単位で課外活動として「Die Stadt & Du」を実施することが難しい状況であるところから、個人や小グループで自主的に取り組み、運動不足を解消してもらおうというのがGrätzl-Rallyesです。

2021020404Grätzl-Rallyes、何かを集めて得点を競い合うフィールドゲーム「スカベンジャーハント」(直訳すると「ガラクタ集め」、欧米では一般的なフィールドゲームです)という手法を採り入れたものです。

ホームページから各区のラリー用ガイドブックがダウンロードできます。

なかなか凝った作りになっており、該当する区内のウォーキングルートをまわりながら、ガイドブックに出ている場所を見つけて、クイズに答えていくことで、地域の理解を深めるという素晴らしい内容です。

2021020405そして、回答もちゃんと用意されており、仮に自分たちで全ての場所を発見できなかった、設問に答えることができなかった場合、この回答(言わば種明かし)を見ることで、理解が深まるという構成です。

実際に自分たちで場所や答えを見つけたあとで、「種明かし」を見ることで、更に理解が深まることでしょう。

しかし、クイズの内容に16区を代表するホイリゲ10ER MARIEが出ているのは、さすがウィーン。

そして、19区版では、このブログでもご紹介したことがあるSetagayaparkもクイズとともに登場。という訳で、今回はラリー用ガイドブックと回答編を合わせてお目にかけることにしました。

Feriの散歩コースも多数、収録されており、ガイドブックの写真を見ただけで、場所が特定できるところも多数。

しかし、さすが奥の深いウィーン、まだ知らない場所も多数、存在しており、正に「ブログネタの宝庫」と言っても過言ではありません(笑)。

Continue reading "子供たちと一緒にウィーンの街を再発見-Grätzl-Rallye-"

| | Comments (0)

February 03, 2021

Saisonstart im Lainzer Tiergarten

2021020211こちらの皆さんは、厳寒でも防寒具を着てお散歩をする人が沢山いらっしゃいます。

そんなお散歩好きのウィーン子に人気なのが、Hermesvillaがあることで有名なLainzer Tiergarten。毎年、この時期に公開が始まりますが、2021年は1月30日に全面オープンとなりました。

毎回、ご案内していますが、Lainzer Tiergartenは、自然保護区で案内図を見るとわかるように広大な敷地を誇ります。

敷地面積は2450ヘクタールで、約21kmの長さの壁で囲まれています。

ご存じのように、かつてのオーストリア帝国皇帝フェルディナンドⅠ世が、1591年、家族が使用する狩猟場として造ったもの。

20210202121919年から一般に解放されましたが、現在は自然公園として整備されており、ハイキングコースの総延長は約38km。

Covid-19対策のポイントである「集」「近」「密」とは無縁の世界。

ハイキングコースだけでなく、自然の中で楽しめるアクティビティも用意されています。

現在は、冬季なので動植物の観察には適しませんが、春になるとハイキングの途中で動物や植物を愛でることもできます。

2005年からBiosphärenparks Wienerwaldの一部となり、動植物の保護にも従来以上に力を入れるようになりました。

Wien1301敷地の80%を占める森には、様々な希少動物や昆虫が生息しています。

更に珍しい植物が群生しているエリアもあります。多種多様な楽しみ方ができる自然公園と言えるでしょう。

しかし、このように自然が豊かなエリアが「市内」にあるのですから、ウィーンは不思議な街です。

なお、Lainzer Torにあるインフォメーションセンターは、開門時間中、自然保護区に関する質問を受け付けています。

Continue reading "Saisonstart im Lainzer Tiergarten"

| | Comments (0)

January 25, 2021

今日からマスク規制が強化されます

2021012407Covid-19感染拡大以来、元々、マスクをするのが好きだった日本では、外出時、常時、マスクを着用するのが一般的になったようです。

実際、1人しか乗車していない乗用車のドライバーさん、周囲に誰もいない公園で散歩中の方がマスクを着用している姿を見かけるとか‥

ただ、「何のためにマスクをするのか」という理由が明確に伝わっていないためか、隙間が多い、鼻を出しているなど着用方法に問題のある方も多いとか‥

一方、一年前までは、マスクをする習慣すらなかったオーストリアですが、現在では法令でマスク着用が義務づけられるようになってしまいました。

2021012402そもそも、それまではテロ対策の一環として、マスクなどで顔を隠すことは法令で禁止されていたのですから、この変化には、大きな戸惑いがあります。

日本以上に厳しい規制を強いるロックダウンを実施しているにもかかわらず、Covid-19感染拡大が終息しないオーストリア。さらにオーストリアでも亜種が見つかっています。

このような状況を受けて、連邦政府は1月21日、第3次緊急対策条例を施行し、1月25日から食料品店、商業施設、公共交通機関、各種サービス利用時にFFP2マスク着用が義務づけられました(14歳以上)。また、ソーシャルディスタンスの距離が従来の倍と定められました。

ポイントは、「マスクならば何でも良い」ではなく、明確な基準が決められたことです。

2021012401日本ではサージカルマスク(内側から外側という呼気の方向でテスト済みのマスク)が一般的ですが、今回の規制強化では、防護マスク着用が義務づけられました。

防護マスクは、吸引時(外側から内側へ)のフィルターの有効性と顔への漏れをテスト済みの「使い捨ての呼吸器防護マスク」で、従来は主に医療機関従事者が使っていました。

つまり、従来は自分が周囲にCovid-19ウイルスを飛沫で拡散しないためにマスクを着用するという発想でしたが、今回は「Covid-19ウイルスから自分を守る」という大きな方針転換を図ったことになります。

2021012405使い捨ての呼吸器防護マスク」は、地域によって規格が異なりますが、欧州規格ではFFP1からFFP3まであります。

FFP1:ろ過率は3つの中で最小で、80%のエアロゾルろ過率と22%の内部漏れ率。 主に防じんマスクとして使用されます。

FFP2:94%のろ過率と8%の内部漏れ率。主に建物、農業、製薬産業で使用されています。また鳥インフルエンザ、SARS、肺ペスト、結核、新型コロナウイルスに携わる医療従事者が使用します。

FFP3:99%のろ過率と2%の内部漏れ率。 アスベストなどの微粒子から保護する、最もろ過率が高いマスクです。

2021012406つまり、従来は感染リスクが極めて高い場所で働く人が着用していたマスクを、一般の人にも着用を義務づけることになったものです。

日本で流行っているデザイン性が高いウレタンマスクや、自作の布マスクなどは全て不可。

連邦政府の決定を受けて、連邦軍ではオーストリア全土の公共機関で働く職員用に、軍で備蓄していたFFP2マスク約50000枚の提供を開始しました。

2021012408FFP2マスク着用義務は、本日、1月25日から発効。ウィーン市でも、市の施設を利用する場合、FFP2マスク着用を義務づけました。

しかし、FFP2マスクを準備している人は少ないのが現実。そこで、規制強化を受けて、スーパーマーケットチェーンのReweグループ(Billa、Merkur、Penny)、Spar、Hoferは、FFP2マスクを59centという低価格での販売を始めました。

Continue reading "今日からマスク規制が強化されます"

| | Comments (0)

January 24, 2021

ウィーンの森でオオヤマネコ発見

2021012301今日は「珍しい野生動物の話題」をお伝えしましょう。

ウィーンは自然が豊かな街で、様々な野生動物が生息しています。先日、ウィーン市が興味深い発表を行いました。ウイーンでは絶滅したと思われていたオオヤマネコ(Lynx lynx、Eurasischer Luchs)の生息が確認されたというものです。

2020年以降、オオヤマネコがクィーン市の保護林(Bereiche Hochschwab/Rax/Schneeberg)生息している痕跡が見つかりました。

今回、オオヤマネコ2頭(雄と雌)の写真撮影に成功し、ウィーン市が発表したものです。ちなみにウィーンでは1世紀ぶりの発見です。

ウィーン市森林局長Andreas Januskovecz氏は、ウィーンでは絶滅していたと考えられていたオオヤマネコの発見に対して、“オオヤマネコは、私たちの森の一部です。オオカミなど、私たちの森に戻ってきた他の野生生物とともに、自然な生態系の保全に貢献するでしょう”と述べています。

2021012302自然保護団体WWFオーストリアも、ヨーロッパ最大の猫種が、オーストリアで絶滅の危機に瀕していることから、この証拠にも満足しているというコメントを発表。

実はオーストリアに生息していた自然のオオヤマネコは、1918年に絶滅したと言われています。

その後、1970年代から1980年代にかけて、種を保護するため、人工繁殖させたオオヤマネコを自然に返す試みが行われました(再導入)。

近年では、2011年から2017年にかけてオーバーエスターライヒ州Kalkalpen国立公園で再導入が行われています。

オオヤマネコは孤高な動物で、夜間に狩りを行います。行動範囲は餌の分布と密接な関係があり、50平方キロから400平方キロと幅があります。

Continue reading "ウィーンの森でオオヤマネコ発見"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧