May 17, 2019

航空運賃雑感

201905160001今日は「日欧間の航空運賃雑感」です。

先日、ちょっと別件で原稿を書くため「Feriがオーストリアをはじめとするヨーロッパを訪問したときの記録」を探しました。

Feriが初めてヨーロッパを訪問したのは1979(昭和54)年。当時は、個人向けの割引航空運賃は存在しませんでしたので、観光では添乗員が引率する団体旅行が中心でした。いわゆる旅行会社が主催するパッケージツアーです。

また、これとは別に会社や組織が主催する団体旅行(視察旅行など)もありました。ただ、いずれも団体行動が要求されるため、個人的にやりたいことがある場合は不向き。

そんなニーズに対応するため、航空券と宿泊をセットにしたフリータイムのツアーが、航空会社系旅行会社から販売されるようになったのも、その頃です。

201905160002ちなみにFeriが1979年にヨーロッパへ行ったときは、「某教職員団体視察旅行」に往復だけ便乗させてもらうという「裏技」。もちろん大手旅行代理店が正式に発売していたチケットですが、一般には広く宣伝はされていません。

「海外旅行通」の中で、知られていたエアーオンリー(略称はエアオン)という種別です。

余談ですが、この時の利用航空会社はルフトハンザのアンカレッジ経由でした。ところが、他社のDC-10の事故で、同機が世界的に運行停止になってしまいました。そのため、出発直前に南回りに変更となりました。

その後、色々な旅行会社が、往復航空券だけを販売するようになりました。形の上ではパッケージツアーですが、実際には添乗員などは不在で、空港の指定集合場所でチケットを受け取り、後はご自由に‥というパターンです。

201905140003ただ、当時は、電子チケットなどが存在しなかった時代なので、全てIATA仕様のチケットを受け取っていました。今回も調べものをしていたら、懐かしのIATA航空券控えが出てきました。

さて、問題はお値段です。1979年の場合、6月下旬から7月上旬までの旅行で、航空運賃は265000円でした。この時は、フランクフルトで件の教員団体と別れて自由行動。そして、集合場所はパリの指定ホテルでした。

その後、1980年は301000円、1981年は285000円、1982年が323000円と推移していることがわかりました。

ちなみに、1981年当時、某大手旅行会社から提示されたプランは、エールフランス(パリ往復)が45日以内で285000円、日本航空(パリまたはロンドン往復)が11日~15日で295000円、KLM(パリ、ローマ、ミラノ、アムステルダム往復)が45日以内で275000円、SAS(パリ、ロンドン、フランクフルト往復)が3週間以内で285000円となっていました。

201905160005検討対象外でしたが、パキスタン航空利用のフランクフルト往復(もちろん、南回り)というのもありました。

出発日に関しても、実はデイリーではなく、曜日限定でした。これは通常の団体を優先させていたためかと思われます。

それが、規制緩和により航空会社が自社で格安航空券を販売する時代になり、状況が一変したのは、皆さまもご存じのとおりです。

当たり前ですが、ホールセラーと呼ばれる卸業者を経由して航空券を販売する場合、航空会社は手数料を支払う訳です。直接販売すれば、その手数料は不要。

Continue reading "航空運賃雑感"

| | Comments (1)

March 30, 2019

大型旅客機A380の製造打ち切りに思う(下)

201903270003昨日に引き続き「旅客機の話題」です。

昨日はご紹介できませんでしたが、中型機や小型機が多いウィーン国際空港で、抜群の存在感を発揮しているエミレーツ航空のA380の写真をトップに持ってきました。

そう言えば、写真のような特別塗装機も飛来してきたこともありますね。しかし、エミレーツ航空はA380を、何と109機も保有しているのですから、びっくり仰天です。

また、双発のB777も138機保有しており、どちらも「世界最大の保有数」を誇っています。さすがにオイルマネーは違います。

201903270001さて、現在、航空会社が最も重視するのは採算性です。つまり、いかに経費を削減した上で、定期便を満席で運行するかということ。

そのため、各社とも燃費の良い新型機の導入を急いでいる訳です。そういう意味では、新型機を買えず、増備も中古というオーストリア航空は気の毒です。

また、収益性の高いビジネスクラスやプレミアムエコノミークラスの座席数を増やし、事実上の「お荷物」であるエコノミークラスの座席を少なくするのは、世界的な傾向のようです。201903270017<>p業界では、ロードファクター(有償座席利用率)を高めることが喫緊の課題になっています。

かつてB747が日本とヨーロッパの間を結んでいた時代、エコノミークラスは200席以上あるのが当たり前でしたが、現在、B777-300で150席弱、B787で100席強になっています。

201903270007逆に燃費の良い中型機の導入によりポーランド航空のワルシャワ線、全日空のウィーン線など、従来では採算性が問題視されていた路線の開設につながっています。

また、フィンエアは、繁忙期には成田―ヘルシンキ間に毎日2便、就航させています。普通に考えれば、大型機1機の方がコストが安くすみそうですが、逆に状況に応じて、便数を調整するという技を使うことで、採算性の向上を図っているようです。

このような背景から、特殊な背景がある中東の航空会社以外は、A380を持てあましているのは事実のようで、ルフトハンザドイツ航空も、先日、一部の売却を発表しました。

Continue reading "大型旅客機A380の製造打ち切りに思う(下)"

| | Comments (0)

March 29, 2019

大型旅客機A380の製造打ち切りに思う(上)

201903270015

何とか「だましだまし」ブログの更新を継続中です。

今日は「旅客機の話題」をお届けしましょう。

先日、エアバスが誇る超大型機A380の製造打ち切りが発表されました。アメリカのボーイングはB747-8の旅客型を一応製造していますが、最近は航空会社からの発注もなく、A380の製造打ち切りは、事実上、「4発仕様の大型旅客機の終焉」を意味するもので、感慨深いものがあります。

かつてFeriが初めてヨーロッパへ行った時、長距離路線の多くは、B747に代表される4発機の牙城でした。例外的に3発のDC-10やL-1011なども使用されていましたが、圧倒的に4発機が存在感を示していました。これは航続距離と飛行の安全性が大きな要因だったと言われています。

201903270010

オーストリア航空が日本線開設に当たり、投入した双発機A310などは例外的でした。もっとも、その後、オーストリア航空も4発のA340に切り替えたのは、皆さまもご存じのとおりです。

それが技術革新により航空機の信頼性が向上し、洋上を含む長距離路線でも、今では燃費の良い双発機、B777、B787、A350などが主流となりました。正直、30年前には双発機で太平洋を横断するなど、思いも寄りませんでした。

201903270002

特に日本航空は一時期、世界で最も多くのB747を運航していた実績があっただけに、同社から4発機が姿を消してしまったというのは、経営破綻という要因があったとはいえ、信じられない思いです。

今や日本を代表するエアラインに成長した全日空も、B747を保有していましたが、やはり運航経費の関係からB777などに置き換え、現在では国内線、国際線ともに引退しています。

右の写真は、新東京国際空港時代の写真ですが、日本航空、全日空のB747-400が並んでします。これが日常的な光景でしたね。

201903270009

なお、日本国内で最後まで残ったB747の旅客型は、現在は航空自衛隊が運航している政府専用機。

ただ、これも先日、後継機のB777-300と交代しています。

天皇皇后両陛下もご搭乗になる政府専用機が、双発になるのですから、これも時代の流れと言えそうです。

201903270004

ただ、貨物用としては向いているため、貨物専門の航空会社ではB747貨物専用機を運用しているところは多いようです。

B747の開発当初、将来、旅客機は超音速機に移管すると言われており、その時、速度の遅いB747は貨物機に転用することを前提に設計されていたとか‥

日本でも日本郵船グループの日本貨物航空(NCA)が現在もB747-8を運用しています。

Continue reading "大型旅客機A380の製造打ち切りに思う(上)"

| | Comments (0)

February 27, 2019

航空会社の広告

201902230001

今日は「航空会社の広告にまつわる話題」をお届けしましょう。

先日、全日空がウィーン線を就航させましたが、自社便なので運行に関わる地上職員も日本から派遣されているようです。

ウィーン国際空港のチェックインは、同じスターアライアンスのオーストリア国空に委託しているようですが、運行に関わる点につては機材がB787型であることなどから、整備関係などのスタッフが常駐しているのでしょう。

ところで、読者の方からコメント欄でリクエストがあった全日空日本線就航関連の広告ですが、市内を色々とチェックしましたが、現時点では発見できませんでした。

やはり日本からのお客さまを中心にセールスを展開しているようです。逆に、最近、目に付くのがAIR CANADAの広告。ÖBBの駅構内で結構、見かけます。

201902230002

広告を見るとVIE(空港会社)との連携になっているので、提携して広告を出しているようです。

同社はウィーンからはトロントへ運行しているような広告ですが、実は同じスターアライアンスのオーストリア航空のコードシェア便(AC6209/AC6210)。現在、週5便の運行で、機材はB767-300ERを使用しています。オーストリア航空の便名はOS071便とOS072便です。

ですから、実質的にはオーストリア航空の広告です。しかし、コードシェアのことは全く触れていませんね。

ちなみにウィーン-トロント間の距離は6941km、フライトタイムは9時間05分です。

なお、オーストリア航空は、2019年4月29日から、ウィーン-モントリオール間にデイリーで就航することになっています。便名はOS73便/OS74便で、やはりAIR CANADAとコードシェア(AC6211便/AC6212便)を行う予定です。

Continue reading "航空会社の広告"

| | Comments (2)

January 19, 2019

雪害対策も色々

20190114_hubschrauber_bundesheer_ho

今日は「雪害対策の話題」をお届けしましょう。

オーストリアでは、現在もオーバーエスターライヒ州を中心に雪が降っており、ÖBBの路線も一部が運休になっています。

先日も、このブログでお伝えしたように線路に積もった雪に関しては、除雪車や作業員の手で除雪が行われています。とくに駅構内に関してはポイントの除雪ができないと、列車の交換や追い抜きができないため、ダイヤを維持することが困難です。

また、ÖBBの場合、運休区間に関しては、気温的にバスによる代行輸送を行っています。自社グループにPost Busを保有していることも強みになっているようですが、実際には民間会社のバスも使われているようです。

20180110_winterdienst

もう一つ問題となるのは、雪崩です。ザルツカンマーグートでは山間部を走る路線も多く、線路上の積雪だけではなく、周囲の山に積もった雪による雪崩が危惧されます。

万が一、雪崩が発生した場合に備えた対策も施されていると思うのですが、ÖBBは日本では考えられない「ちょっと変わった対策」をとっています。

それは、ヘリコプターを使い、ローターのダウンウォッシュにより木に積もった雪をふるい落とすというもの。それにより積雪による倒木を防ごうというアイデアです。

ÖBB広報の発表では、1月11日にKlaus-Linzerhaus間を、14時30分から15時30分までの1時間、運休にして、ヘリコプターによる除雪を試みました。

Continue reading "雪害対策も色々"

| | Comments (0)

December 14, 2018

オーストリア航空が近距離線用機材を増強

Img_2008_08_6289

今日はAdvent関連の話題からちょっと離れて「オーストリア航空の話題」をお届けしましょう。

先日、同社は2019年夏スケジュールを前に、ウィーンを拠点とする機材の増強を発表しました。

これは、ヨーロッパ域内のネットワーク強化を目的としたもので、機種はターボプロップ双発のBOMBARDIER DHC-8-Q400(定員76名)で、4機が追加されます。

ただ、例によって親会社の意向なのか、ルフトハンザ・グループのスイスインターナショナルエアラインズ(SWISS)向けに運航している機材を移籍させるというものです。

ただし、スイスインターナショナルエアラインズおよびエーデルワイス航空は、DHC-8-Q400を運用していません。オーストリア航空がスイス向けに運航している便の機材を振り替えるのでしょう。

そのため、実質的には機数は増えないと思われます。ちなみに、現在、オーストリア航空が所有するDCH-8-Q400は18機(OE-LGA~OE-LGR)です。

20181213ss00001

1機目は、2018年10月中に配置換えを終えており、残る3機は、2019年前半にウィーンに拠点を変更することになっています。

オーストリア航空は、ウィーン発着のネットワーク拡充は、LCC(格安航空会社)との競争施策と位置づけており、長距離国際線との連携で、サービス体制を強化し、差別化を図る狙いのようです。

2019年には全日空の羽田-ウィーン線も就航しますし、その接続便にも投入されることになるのでしょうね。

Continue reading "オーストリア航空が近距離線用機材を増強"

| | Comments (0)

November 30, 2018

番外編 映画「Strategic Air Command」再見

Strategic_air_command__film

11月最後の話題は、オーストリアともウィーンとも全く関係の無い「映画の話題」で申し訳ございません。実は、是非、紹介したいDVDが手に入ったもので‥

実は先日、日本の友人から“Feriさんが探していた映画のDVDが日本で発売になっているよ”という貴重な連絡をもらいました。

その映画とは1955年制作のハリウッド映画「Strategic Air Command」です。当時、アメリカに創設された戦略空軍団を描いた航空映画ですが、軍隊が舞台であるにも関わらず、戦闘のシーンが全くないという異色の作品です。

監督はAnthony Mann(アンソニー・マン)、音楽はVictor Young(ヴィクター・ヤング)という、当時のハリウッドの大御所(アメリカ映画に詳しい先輩曰く、「ハリウッドの一流どころ」のお二人)。

主演はJames Stewart(ジェームズ・スチュワート)とJune Allyson(ジェーン・アリソン)。映画通の方はご存じのように1954年制作の「グレン・ミラー物語」でも、トリオを組んでいます。

内容は当時の時代背景を反映したアメリカ戦略空軍団の完全な広報作品(プロパガンダ映画)です。

というのは、第2次世界大戦が終結し、多くのアメリカ国民が戦争は終わり、平和な時代が来たと思っている時期に、ソビエト連邦との冷戦が深刻化。核兵器による戦争抑止を東西両陣営ともに考えます。

Strategic_air_kommand_01

1946年、アメリカ陸軍航空軍は大規模な組織再編を行いますが、この時、戦術航空軍団(TAC)、防空軍団(ADC)とともに主要軍団として戦略航空軍団(Strategic Air Command、S AC)が設立されました(メジャーコマンドと呼ばれます)。

戦略航空軍団の使命は、核兵器を搭載できる長距離爆撃機(アメリカ本土から無着陸でソ連中枢部まで飛行できる性能を持っています)を運用し、核兵器による戦争抑止です。

その他にも海軍も核兵器を運用する潜水艦や航空母艦を就役させていますが、ここで空軍と海軍の予算、奪い合いが発生しているという背景もあります。

東西冷戦と言えば、オーストリアやウィーンも関係がない訳ではありませんが‥(超こじつけ)。

Strategic_air_kommand_02

その後、1947年に空軍が、陸軍から独立した際、戦略航空軍団も引き継がれています。

特に1949年から1957年まで、戦略航空軍団司令官であったカーチス・ルメイ(第2次世界大戦中、日本への無差別爆撃を推進した人物)は、戦略爆撃能力・核攻撃能力の拡充に努めました。

本作品ではホークス司令官という人物が登場しますが、カーチス・ルメイがモデルであったことは間違いありません。

しかし、米国民には実際に戦争が発生していないため、水面下で東西対立が激化しているという「冷戦の実感」がなく、軍備拡張に関して国民の理解が得られません。そこで、このような映画が作成されたようです。

Continue reading "番外編 映画「Strategic Air Command」再見"

| | Comments (0)

November 20, 2018

産業遺産の動態保存に思う

Img_2006_08_0139

今日は「産業遺産の動態保存についての雑感」をお届けしましょう。

先日、日本の方が、アメリカから購入した飛行可能な零戦を資金的な理由で手放すというニュースを耳にしました。

ビンテージ航空機の動態保存ですが、「日本では絶対に不可能」とまで言われた状況でしたが、法的な問題も含めて難問をクリアし、飛行可能状態を維持していました。

しかし、最終的に「資金の問題」で挫折した訳です。これに対して、「資金の問題で挫折とは、残念」という意見がある一方、「そもそも、この零戦を動態保存する意義があるのか」という意見も聞かれます。

というのは、この機体、パプアニューギニアのラバウル付近で朽ち果てていたものを、1970年代にアメリカのサンタモニカ航空博物館が回収。その後、ロシアで、ほとんどの部品をリバースエンジニアリングで、製造当時同様に新造して復元されたものなのです。

リバースエンジニアリングとは、機械を分解、動作観察などを通じて、製品の構造を分析し、製造方法や動作原理、設計図などの仕様を調査する手法です。

つまり、オリジナルは存在しますが、「事実上の新造機」なので、零戦に縁がありそうな博物館などが「本物ではない」ため食指は動かないにでは‥という訳です。

更に、意外なことに日本では「ビンテージ航空機の飛行可能は価値がない」という考え方があります。

Img_2006_08_0131

世俗的な言い方をすれば、金儲けのために人口密集地で飛ばすことは、周辺住民に危険を与える行為だというものです。

保存している団体(個人)が、この飛行機で金儲けをしようと考えているかどうかは、知る由はありませんが‥

ところで、こちらでは航空機だけではなく、リバースエンジニアリングの手法を活用して動態に復元するという行為は、一般的なことのようです。

鉄道車両などでは、オリジナルの部材を全く使わずに、図面から新造してしまうケースもあります。もちろん、その場合、「レプリカ」と明記されますが‥

当然、動態復帰を行うためには、多額の資金が必要なので、寄付を募る、ファンドを組むといった活動が行われます。

それに対して、「オリジナルではないから、意味が無い。資金も出さない」という声は、あまり耳にしません。

Img_2018_11_7016

これは、恐らく「産業遺産の動態保存」に対する考え方の違いによるものだろうと思います。

「例えリバースエンジニアリングで復元したものや、レプリカであっても実際に動くことに価値がある」という考え方が根底にあるような気がします。

こちらの保存団体は、商売で行っている訳ではありませんが、組織や設備を維持するためにお客さまからお金を頂いています。しかし、主目的は「産業遺産の動態保存」なので、立派な博物館と言えるでしょう。

また、アメリカでは民間団体によるビンテージ航空機の動態保存が盛んです。

しかし、やはりオリジナルの部品だけでは、動態保存は困難なので、代替部品(エンジンを含む)などを使っているケースが多いという話を耳にしました。こちらについても、否定的な意見はあまり聞いたことがありません。

Continue reading "産業遺産の動態保存に思う"

| | Comments (0)

November 19, 2018

オーストリア航空ビジネスクラス搭乗記(下)

Img_2018_08_0034

今日は「オーストリア航空ビジネスクラス搭乗記」の続き、サービス面をご紹介しましょう。

優先搭乗が始まってしばらくすると、離陸前にウェルカムドリンクとメニューが配布されます。ウェルカムドリンクは、シャンペンとソフトドリンクのチョイス。

今回は地上待機中に昼食のオーダーが始まりました。私の席にはオーストリア航空自慢のスカイ・シェフがやって来ました。

日本線なので和食というチョイスもあったのですが、今回はDO & COご自慢のオーストリア料理をお願いしました。

Img_2018_08_0029

メインディッシュは洋食の場合、「ラムの背肉のグリル」(Lammrücken)、「海老のパルミジャーナ」(Crevetten Parmigiana)でした。Feriは後者を選択。

ちなみに和食メニューは「牛肉のとうば煮」または「金目鯛煮付け」でした。最近、日系の航空会社では和食のメインディッシュは一種類というケースが多いだけに、オーストリア航空は気合いが入っています。

Img_2018_11_4683

日系の航空会社では、ビジネスクラスでも、ある程度、食事をコンパクトにまとめる傾向が出てきているようですが、オーストリア航空は伝統的なフルサービス。

最初にパンと前菜。なお、前菜はワゴンサービスで、その場でお客さまがチョイスする方式です。昔のファーストクラスみたいですね(経験はありませんが‥)。

Img_2018_08_0042

もちろん、和風のオードブルも準備されています。沢山、チョイスしてしまうとオードブルだけでも、結構なボリュームになります。そこで、Feriは、少なめに‥

続いてスープ。当日は「ズッキーニのクリームスープ」(Gremige Zucchini Suppe)でした。

そしてメインディッシュという流れです。飲み物はFeriお気に入りのGRÜNER VELTLINER。エコノミークラスと異なり、頻繁に客室乗務員が回って、ワインをサーブしてくれます。

Continue reading "オーストリア航空ビジネスクラス搭乗記(下)"

| | Comments (0)

November 18, 2018

オーストリア航空ビジネスクラス搭乗記(上)

Img_2018_08_0017

今日はオーストリア航空の「日本線ビジネスクラス搭乗記」をお届けしましょう。

「ビジネスクラス=富裕層」というのが一般的な図式ですが、Feriは同社のビジネスクラス搭乗は、いわゆるインボラアップグレード(航空会社の都合で上位クラスに変更されるケース)があるだけでした。

今回、本業の関係でスターアライアンス系航空会社のマイルが貯まったため、片道だけビジネスクラスを利用できることになったものです。とてもフルフェアでは搭乗できません。

ちなみにFeriが以前、乗った時は現在のフルフラットタイプではありませんでした。最近の長距離ビジネスクラスは、ほとんどフルフラット仕様になっており、座席だけに関しては、昔のファーストクラスを上回る快適性。時代の流れを感じます。

20181117_x201_00001

オーストリア航空B777-200のビジネスクラスは、シートマップの図をご覧になるとわかるように、ちょっと興味深い座席配置になっています。

日系の場合、各座席が完全に独立しているパターンが多いのですが、オーストリア航空の場合、1人席と2人席を混在させています。これはフルフラットにするためのスペース確保が目的。

いかに狭いスペースでフルフラットにするかは、各社(実際はシートを納入しているメーカー)の知恵比べです。

Img_2018_08_0028

日本人の場合、2人席は知らない人と相席になるので嫌がる方もいますが、こちらの場合、カップルで搭乗するケースも多いのか、需要はありそうです。

Feriは、事前予約の段階では、7列目の1人席を確保していたのですが、Web Check-in の際、最前列1Aが空いていたので、速攻で変更しました。

シートマップをご覧になるとよくわかると思いますが、1人席の場合、左右に大きな固定式テーブルがあります。実は、この下に、後席(2人席)のシートが潜り込む構造になっているのです。

Continue reading "オーストリア航空ビジネスクラス搭乗記(上)"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧