January 19, 2019

雪害対策も色々

20190114_hubschrauber_bundesheer_ho

今日は「雪害対策の話題」をお届けしましょう。

オーストリアでは、現在もオーバーエスターライヒ州を中心に雪が降っており、ÖBBの路線も一部が運休になっています。

先日も、このブログでお伝えしたように線路に積もった雪に関しては、除雪車や作業員の手で除雪が行われています。とくに駅構内に関してはポイントの除雪ができないと、列車の交換や追い抜きができないため、ダイヤを維持することが困難です。

また、ÖBBの場合、運休区間に関しては、気温的にバスによる代行輸送を行っています。自社グループにPost Busを保有していることも強みになっているようですが、実際には民間会社のバスも使われているようです。

20180110_winterdienst

もう一つ問題となるのは、雪崩です。ザルツカンマーグートでは山間部を走る路線も多く、線路上の積雪だけではなく、周囲の山に積もった雪による雪崩が危惧されます。

万が一、雪崩が発生した場合に備えた対策も施されていると思うのですが、ÖBBは日本では考えられない「ちょっと変わった対策」をとっています。

それは、ヘリコプターを使い、ローターのダウンウォッシュにより木に積もった雪をふるい落とすというもの。それにより積雪による倒木を防ごうというアイデアです。

ÖBB広報の発表では、1月11日にKlaus-Linzerhaus間を、14時30分から15時30分までの1時間、運休にして、ヘリコプターによる除雪を試みました。

Continue reading "雪害対策も色々"

| | Comments (0)

December 14, 2018

オーストリア航空が近距離線用機材を増強

Img_2008_08_6289

今日はAdvent関連の話題からちょっと離れて「オーストリア航空の話題」をお届けしましょう。

先日、同社は2019年夏スケジュールを前に、ウィーンを拠点とする機材の増強を発表しました。

これは、ヨーロッパ域内のネットワーク強化を目的としたもので、機種はターボプロップ双発のBOMBARDIER DHC-8-Q400(定員76名)で、4機が追加されます。

ただ、例によって親会社の意向なのか、ルフトハンザ・グループのスイスインターナショナルエアラインズ(SWISS)向けに運航している機材を移籍させるというものです。

ただし、スイスインターナショナルエアラインズおよびエーデルワイス航空は、DHC-8-Q400を運用していません。オーストリア航空がスイス向けに運航している便の機材を振り替えるのでしょう。

そのため、実質的には機数は増えないと思われます。ちなみに、現在、オーストリア航空が所有するDCH-8-Q400は18機(OE-LGA~OE-LGR)です。

20181213ss00001

1機目は、2018年10月中に配置換えを終えており、残る3機は、2019年前半にウィーンに拠点を変更することになっています。

オーストリア航空は、ウィーン発着のネットワーク拡充は、LCC(格安航空会社)との競争施策と位置づけており、長距離国際線との連携で、サービス体制を強化し、差別化を図る狙いのようです。

2019年には全日空の羽田-ウィーン線も就航しますし、その接続便にも投入されることになるのでしょうね。

Continue reading "オーストリア航空が近距離線用機材を増強"

| | Comments (0)

November 30, 2018

番外編 映画「Strategic Air Command」再見

Strategic_air_command__film

11月最後の話題は、オーストリアともウィーンとも全く関係の無い「映画の話題」で申し訳ございません。実は、是非、紹介したいDVDが手に入ったもので‥

実は先日、日本の友人から“Feriさんが探していた映画のDVDが日本で発売になっているよ”という貴重な連絡をもらいました。

その映画とは1955年制作のハリウッド映画「Strategic Air Command」です。当時、アメリカに創設された戦略空軍団を描いた航空映画ですが、軍隊が舞台であるにも関わらず、戦闘のシーンが全くないという異色の作品です。

監督はAnthony Mann(アンソニー・マン)、音楽はVictor Young(ヴィクター・ヤング)という、当時のハリウッドの大御所(アメリカ映画に詳しい先輩曰く、「ハリウッドの一流どころ」のお二人)。

主演はJames Stewart(ジェームズ・スチュワート)とJune Allyson(ジェーン・アリソン)。映画通の方はご存じのように1954年制作の「グレン・ミラー物語」でも、トリオを組んでいます。

内容は当時の時代背景を反映したアメリカ戦略空軍団の完全な広報作品(プロパガンダ映画)です。

というのは、第2次世界大戦が終結し、多くのアメリカ国民が戦争は終わり、平和な時代が来たと思っている時期に、ソビエト連邦との冷戦が深刻化。核兵器による戦争抑止を東西両陣営ともに考えます。

Strategic_air_kommand_01

1946年、アメリカ陸軍航空軍は大規模な組織再編を行いますが、この時、戦術航空軍団(TAC)、防空軍団(ADC)とともに主要軍団として戦略航空軍団(Strategic Air Command、S AC)が設立されました(メジャーコマンドと呼ばれます)。

戦略航空軍団の使命は、核兵器を搭載できる長距離爆撃機(アメリカ本土から無着陸でソ連中枢部まで飛行できる性能を持っています)を運用し、核兵器による戦争抑止です。

その他にも海軍も核兵器を運用する潜水艦や航空母艦を就役させていますが、ここで空軍と海軍の予算、奪い合いが発生しているという背景もあります。

東西冷戦と言えば、オーストリアやウィーンも関係がない訳ではありませんが‥(超こじつけ)。

Strategic_air_kommand_02

その後、1947年に空軍が、陸軍から独立した際、戦略航空軍団も引き継がれています。

特に1949年から1957年まで、戦略航空軍団司令官であったカーチス・ルメイ(第2次世界大戦中、日本への無差別爆撃を推進した人物)は、戦略爆撃能力・核攻撃能力の拡充に努めました。

本作品ではホークス司令官という人物が登場しますが、カーチス・ルメイがモデルであったことは間違いありません。

しかし、米国民には実際に戦争が発生していないため、水面下で東西対立が激化しているという「冷戦の実感」がなく、軍備拡張に関して国民の理解が得られません。そこで、このような映画が作成されたようです。

Continue reading "番外編 映画「Strategic Air Command」再見"

| | Comments (0)

November 20, 2018

産業遺産の動態保存に思う

Img_2006_08_0139

今日は「産業遺産の動態保存についての雑感」をお届けしましょう。

先日、日本の方が、アメリカから購入した飛行可能な零戦を資金的な理由で手放すというニュースを耳にしました。

ビンテージ航空機の動態保存ですが、「日本では絶対に不可能」とまで言われた状況でしたが、法的な問題も含めて難問をクリアし、飛行可能状態を維持していました。

しかし、最終的に「資金の問題」で挫折した訳です。これに対して、「資金の問題で挫折とは、残念」という意見がある一方、「そもそも、この零戦を動態保存する意義があるのか」という意見も聞かれます。

というのは、この機体、パプアニューギニアのラバウル付近で朽ち果てていたものを、1970年代にアメリカのサンタモニカ航空博物館が回収。その後、ロシアで、ほとんどの部品をリバースエンジニアリングで、製造当時同様に新造して復元されたものなのです。

リバースエンジニアリングとは、機械を分解、動作観察などを通じて、製品の構造を分析し、製造方法や動作原理、設計図などの仕様を調査する手法です。

つまり、オリジナルは存在しますが、「事実上の新造機」なので、零戦に縁がありそうな博物館などが「本物ではない」ため食指は動かないにでは‥という訳です。

更に、意外なことに日本では「ビンテージ航空機の飛行可能は価値がない」という考え方があります。

Img_2006_08_0131

世俗的な言い方をすれば、金儲けのために人口密集地で飛ばすことは、周辺住民に危険を与える行為だというものです。

保存している団体(個人)が、この飛行機で金儲けをしようと考えているかどうかは、知る由はありませんが‥

ところで、こちらでは航空機だけではなく、リバースエンジニアリングの手法を活用して動態に復元するという行為は、一般的なことのようです。

鉄道車両などでは、オリジナルの部材を全く使わずに、図面から新造してしまうケースもあります。もちろん、その場合、「レプリカ」と明記されますが‥

当然、動態復帰を行うためには、多額の資金が必要なので、寄付を募る、ファンドを組むといった活動が行われます。

それに対して、「オリジナルではないから、意味が無い。資金も出さない」という声は、あまり耳にしません。

Img_2018_11_7016

これは、恐らく「産業遺産の動態保存」に対する考え方の違いによるものだろうと思います。

「例えリバースエンジニアリングで復元したものや、レプリカであっても実際に動くことに価値がある」という考え方が根底にあるような気がします。

こちらの保存団体は、商売で行っている訳ではありませんが、組織や設備を維持するためにお客さまからお金を頂いています。しかし、主目的は「産業遺産の動態保存」なので、立派な博物館と言えるでしょう。

また、アメリカでは民間団体によるビンテージ航空機の動態保存が盛んです。

しかし、やはりオリジナルの部品だけでは、動態保存は困難なので、代替部品(エンジンを含む)などを使っているケースが多いという話を耳にしました。こちらについても、否定的な意見はあまり聞いたことがありません。

Continue reading "産業遺産の動態保存に思う"

| | Comments (0)

November 19, 2018

オーストリア航空ビジネスクラス搭乗記(下)

Img_2018_08_0034

今日は「オーストリア航空ビジネスクラス搭乗記」の続き、サービス面をご紹介しましょう。

優先搭乗が始まってしばらくすると、離陸前にウェルカムドリンクとメニューが配布されます。ウェルカムドリンクは、シャンペンとソフトドリンクのチョイス。

今回は地上待機中に昼食のオーダーが始まりました。私の席にはオーストリア航空自慢のスカイ・シェフがやって来ました。

日本線なので和食というチョイスもあったのですが、今回はDO & COご自慢のオーストリア料理をお願いしました。

Img_2018_08_0029

メインディッシュは洋食の場合、「ラムの背肉のグリル」(Lammrücken)、「海老のパルミジャーナ」(Crevetten Parmigiana)でした。Feriは後者を選択。

ちなみに和食メニューは「牛肉のとうば煮」または「金目鯛煮付け」でした。最近、日系の航空会社では和食のメインディッシュは一種類というケースが多いだけに、オーストリア航空は気合いが入っています。

Img_2018_11_4683

日系の航空会社では、ビジネスクラスでも、ある程度、食事をコンパクトにまとめる傾向が出てきているようですが、オーストリア航空は伝統的なフルサービス。

最初にパンと前菜。なお、前菜はワゴンサービスで、その場でお客さまがチョイスする方式です。昔のファーストクラスみたいですね(経験はありませんが‥)。

Img_2018_08_0042

もちろん、和風のオードブルも準備されています。沢山、チョイスしてしまうとオードブルだけでも、結構なボリュームになります。そこで、Feriは、少なめに‥

続いてスープ。当日は「ズッキーニのクリームスープ」(Gremige Zucchini Suppe)でした。

そしてメインディッシュという流れです。飲み物はFeriお気に入りのGRÜNER VELTLINER。エコノミークラスと異なり、頻繁に客室乗務員が回って、ワインをサーブしてくれます。

Continue reading "オーストリア航空ビジネスクラス搭乗記(下)"

| | Comments (0)

November 18, 2018

オーストリア航空ビジネスクラス搭乗記(上)

Img_2018_08_0017

今日はオーストリア航空の「日本線ビジネスクラス搭乗記」をお届けしましょう。

「ビジネスクラス=富裕層」というのが一般的な図式ですが、Feriは同社のビジネスクラス搭乗は、いわゆるインボラアップグレード(航空会社の都合で上位クラスに変更されるケース)があるだけでした。

今回、本業の関係でスターアライアンス系航空会社のマイルが貯まったため、片道だけビジネスクラスを利用できることになったものです。とてもフルフェアでは搭乗できません。

ちなみにFeriが以前、乗った時は現在のフルフラットタイプではありませんでした。最近の長距離ビジネスクラスは、ほとんどフルフラット仕様になっており、座席だけに関しては、昔のファーストクラスを上回る快適性。時代の流れを感じます。

20181117_x201_00001

オーストリア航空B777-200のビジネスクラスは、シートマップの図をご覧になるとわかるように、ちょっと興味深い座席配置になっています。

日系の場合、各座席が完全に独立しているパターンが多いのですが、オーストリア航空の場合、1人席と2人席を混在させています。これはフルフラットにするためのスペース確保が目的。

いかに狭いスペースでフルフラットにするかは、各社(実際はシートを納入しているメーカー)の知恵比べです。

Img_2018_08_0028

日本人の場合、2人席は知らない人と相席になるので嫌がる方もいますが、こちらの場合、カップルで搭乗するケースも多いのか、需要はありそうです。

Feriは、事前予約の段階では、7列目の1人席を確保していたのですが、Web Check-in の際、最前列1Aが空いていたので、速攻で変更しました。

シートマップをご覧になるとよくわかると思いますが、1人席の場合、左右に大きな固定式テーブルがあります。実は、この下に、後席(2人席)のシートが潜り込む構造になっているのです。

Continue reading "オーストリア航空ビジネスクラス搭乗記(上)"

| | Comments (0)

November 16, 2018

変わったお店シリーズ145 Breitling Boutique Vienne

Img_218_02_0350

今日は久しぶりに「変わったお店シリーズ」をお届けしましょう。ウィーンの中心部には海外ブランドの直営店が増えているような気がします。

それだけ富裕層の訪問者が増えているということなのでしょうかね。ブランド品がお好きな方も多いと思いますが、どうもFeriは、衣料品関係のブランドものには、全く関心がなく、そのようなお店がオープンしても前を素通りするだけ‥

まぁ、ブランドものを購入する資金がないというのも事実ですが‥その資金は、オペレッタのチケットに消えてしまうと言う説も‥

Img_218_02_0351

今日、ご紹介するのは男性には人気が高い時計、ブライトリングの直営店(Breitling Boutique Vienne)です。GIORIO ARMANIのお店と隣接していることからもわかるようにブランドショップ街のKOHLMARKT にあります。

男性はメカニズムが凝縮されている時計のファンが多いと言われていますが、その中でも航空時計は独特のデザインと機能で魅力がありますね。

その中でも、航空時計に特化しているのがスイスのブライトリング(Breitling Montres S.A.)。

航空業界とのつながりが強く、コクピットウォッチ、クロノグラフ、ストップウォッチを主力としおり、「時計ではなく(航空用)計器である」という理念のもとに、製品はすべてクロノメーター検定に合格しているそうです。

Img_2013_08_4970

そして、同社は各種航空イベントを支援している他、自社でもチェコ製のジェット練習機アルバトロスを使ったデモフライトチーム(BREITLING JET TEAM、しかも7機編成)を保有しています。

ブライトリングの面白いところは、各国の空軍やアクロバットチーム仕様のクロノグラフを限定品として発売しているところです。

実はオーストリア連邦軍のリミテッドエディション「オーストリアンエアフォース エマージェンシー」というのが発売されたことがあります。

「エマージェンシー」というカテゴリーは、周波数121.5MHzの国際航空遭難信号発信機を装備しており、万が一、遭難した場合、救助を要請することができるものです。そのため、購入できる人が限定されていました(パイロットまたは航空無線従事者)。

ブライトリングは基本的に機械式なのですが、エアロスペースというモデルは、アナログとデジタルのコンビネーションです(電池式クォーツ)。そのため、機械式のモデルよりも若干、お値段が安いようです。

Continue reading "変わったお店シリーズ145 Breitling Boutique Vienne"

| | Comments (0)

October 25, 2018

また逢う日まで‥オーストリア航空日本線

Img_2018_08_0018

10月25日、成田発、ウィーン行きの52便をもって、オーストリア航空日本線は「冬眠」に入ります。今日は、「オーストリア航空日本線の話題」をお届けしましょう。

10月15日、同じスターアライアンスの全日空(ANA)が、2019年2月17日からデイリーで羽田-ウィーン線を開設すると発表しました。

現在、日本線は羽田発着路線の人気が高まっており、当然、成田発着のオーストリア航空は影響を受けると思われます。

再開予定が気になりますが、オーストリア航空では2019年3月31日(日曜日)のOS51便(ウィーン発成田行き)から運航を再開すると発表しています。さらに10月24日、情報が更新されました。

3月31日から4月29日まではウィーン発が、水曜以外の週6往復。4月30日から10月26日まではデイリーになります。

興味深いのは、曜日によって運行機材が異なる点です。

現在、使用されているB777-200ER型(3クラス306席:ビジネス38席、プレミアムエコノミー24席、エコノミー244席)に加えて、B767-300ER(3クラス211席:ビジネス26席、プレミアムエコノミー18席、エコノミー167席)が投入されます。ただ、性能の違いから、機種によってダイヤが異なります。

Img_2018_08_0021

○3月31日~4月29日
-OS51便: ウィーン17:時45分発、成田11時55分着(翌日)、運航日:日月木土、77-200ER

-OS51 ウィーン17時25分発、成田11時55分着(翌日)、運航日:火金、7 67-300ER

-OS52 成田13時35分発、ウィーン18時35分着、運航日:日月火金、777-200ER

-OS52 成田13時35分発、ウィーン18時55分着、運航日:水土、767-300ER

○4月30日~10月26日
-OS51便: ウィーン17:時45分発、成田11時55分着(翌日)、運航日:日月水金土:、77-200ER

-OS51 ウィーン17時25分発、成田11時55分着(翌日)、運航日:火木、767-300ER

-OS52 成田13時35分発、ウィーン18時35分着、運航日:日月火木土、777-200ER

-OS52 成田13時35分発、ウィーン18時55分着、運航日:水金、767-300ER

Img_2018_06_0416

まさか777に加えて767を投入して、デイリー化するとはFeriも予想していませんでした。かなり苦しい機材繰りであることがわかります。

全日空のウィーン線は、羽田を深夜に出発するいう「羽田の国際線枠」に事情でダイヤが決まったようですが、最近は深夜便の需要も増えているようです。

一見するとビジネスユースのような気がしますが、団体旅行などでも到着日を1日有効に使えるというメリットがあります。乗り継ぎで東欧へ行く場合でも、到着時間が早いですからメリットはあります。

オーストリア航空日本線のダイヤは、成田発が午後なので、成田空港から比較的遠方のお客さまも利用しやすいというメリットがあります。反面、到着が夜になるので、当日のオペラやオペレッタ観賞は不可能です。

Continue reading "また逢う日まで‥オーストリア航空日本線"

| | Comments (3)

October 16, 2018

速報 2019年2月、ANAが羽田-ウィーン線を開設

Img_2018_05_5488

10月15日、日本からびっくりするようなニュースが流れてきました。ANA(全日本空輸)が2019年2月17日から羽田-ウィーン線を自社運行するというものです。

今回、ANAが羽田-ウィーン線の開設を決めた理由は、2019年が日本オーストリア修好150年を迎えること、2019年にも日欧経済連携協定(EPA)が発効する可能性が高いことなどから、日欧のビジネス需要が増えることを踏まえた結果のようです。

ウィーンは、ANAのヨーロッパ就航地で7番目、世界で44番目となり、ヨーロッパへの路線と便数は計7路線、週112便の体制に拡充されます。

運行はデイリー(毎日1便)で、ダイヤは以下のとおりです。

NH205便:羽田1時55分発、ウィーン6時00分着

NH206便:ウィーン11時50分発、羽田6時55分着(翌日)

気になる機材ですが、FeriはB787-8を予測していたのですが、何とB787-9(ビジネス48席、エコノミー167席、計215席)が投入されることになりました。

Img_2018_05_5483

羽田を深夜に発ち、現地に早朝着とすることで、ウィーン空港で乗り継ぎを含めヨーロッパ各都市へ午前中に到着できる利便性の高いダイヤになっています。

ご存じのようにウィーン国際空港は、共同事業パートナー・ルフトハンザ・グループのオーストリア航空が拠点を置き、ヨーロッパ域内68都市へスムーズにアクセスできます。

航空機への乗り継ぎに加え、空港地下駅にはRailJetも乗り入れていることから、中・東欧各都市への渡航スケジュールも組みやすくなります。

ところで、若い方は、ご存じないかも知れませんが、ANAのウィーン線は、今回が「初」ではありません。実は2000年頃、B747-400型で、成田-ウィーン-パリ線が運行されていました。

ただ、この時は、結局、短期間で撤退しています。

現在は状況がかわり、すでに就航しているANAの羽田―フランクフルト路線は、深夜便のビジネスクラス利用率が9割になるなどビジネス需要が高く、ウィーン路線も同様の需要を取り込めるとみているようです。

ちょうど、AUA(オーストリア航空)のウィーン-成田線が冬期運休中にスタートするANAの羽田-ウィーン線。Feriの実家は成田の方が近いので、羽田は‥ですが、深夜便となると状況は変わります。

Continue reading "速報 2019年2月、ANAが羽田-ウィーン線を開設"

| | Comments (0)

October 09, 2018

空港運営に思う ベビーカー貸し出し中

Img_2018_09_0101

今日は「空港の話題」をお届けしましょう。

先日、ウィーン国際空港を利用した際、Terminal1の制限エリア内で、写真のようなベビーカーの貸し出しステーションを見かけました。

以前は見た記憶がないので、最近、設置されたのかも知れません(Feriが見過ごしていただけかもしれませんが‥)。

皆さまもご存じのように、制限エリア内では、自分が所有しているベビーカーは、機内に持ち込めないため、使えないケースが多いようです。

そのため、自分のベビーカーはチェックインカウンターで預け入れ荷物にして、そこからベビーカーを借りるというパターンが一般的ではないでしょうか。

Img_2018_09_0102

ただ、日本の国内線では、直前まで自分のベビーカーを使って、搭乗ゲートのところで預けるというケースを見かけたこともありますが‥

まぁ、これ自体は普通の光景なのですが、ふと、気づいたのは、貸出用ベビーカーの運用を、どこが行っているか‥ということです。つまらないことが気になるFeri‥

良く見るとベビーカーにはVIEのロゴが‥つまり、空港の運営会社が実施しているようです。

確か、日本国内では各航空会社が、この手のサービスを実施しており、貸出用ベビーカーなども、航空会社で準備していると思います。

考えてみると、このベビーカーに限らず、現在、ヨーロッパの空港では、航空機牽引車やタラップ車をはじめとする航空機運用に必要な支援機材は、航空会社ではなく、空港会社が準備して、運用しているケースをよく見かけます。

Img_2018_06_0978

ウィーン国際空港でも、航空機の周囲に集まっている各種作業車を見ると、航空会社のロゴが入っているものではなく、黄色い車両が中心です。この黄色い車両にもVIEのロゴが入っており、空港会社が所有し、運営しているようです。

日本の場合、各航空会社が機材を準備して、運用しているのと対照的です。そのため、航空会社のロゴが入っていますよね。

色々と「大人の事情」がありそうですが、素人が考えると、空港運営会社が一括して機材の準備と運用を行う方が、各航空会社が各々に機材を準備するより、効率的な気がします。

最も、その分、空港運営会社に費用を支払っていると思われるので、最終的には、どちらの方がメリットが多いのかは、部外者にはわからないところです。

Continue reading "空港運営に思う ベビーカー貸し出し中"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧