November 15, 2018

Währinger Schubertparkを訪ねて

Img_218_02_0444

11月15日、オーストリアとは関係ありませんが、ボジョレー・ヌーボーの解禁日ですね。

日本ではコンビニエンスストアでも、15日0時(14日の24時)過ぎから販売をはじめているそうですが、バブル期のような大騒ぎはくなったのは結構なことだと思います。

ふと、オーストリアのホイリゲも、このようなブームになれば沢山売れるのに‥と思いますが、逆に極端な生産量の確保は、品質の低下が危惧されますから、「今のまま」が良いのでしょう。

今日は「公園の話題」をお届けしましょう。

皆さんはWähringer Straße沿いにある「Währinger Schubertpark」をご存じでしょうか。名前からわかるようにオーストリアの作曲家Franz Peter Schubertにちなんだ公園です。

Img_218_02_0448

場所は、ギュルテルの外側になるので、SchottentorやVolksoperから41系統などに乗ってゆくことになります。もちろん、徒歩でも行くことができます。最寄りの停留所はAumannplatzです。

現在のWähringer Schubertparkは約14000平方メートルの18区Währing地区の123番と123番の間、WähringerStraße沿いにあります。

入り口には史跡を示すプレートも取り付けられています。

実はSchubertparkは、1925年、ヴェーリング地域墓地の跡に開設された公園です。今では周囲が都市化されおり、墓地のイメージはありませんが、その昔、このエリアは郊外でした。

Img_2018_06_0057

こちらでは、基本的に教会に隣接する墓地に埋葬するのが一般的ですが、当時、ウィーンも都市化が進んだため、この地区でも教区教会の墓地が不足してきたようです。

そこで、教会から離れた場所に墓地を建設することになったのですが、土地の所有者が墓地になることがわかると、契約を忌避するケースが多かったと伝えられています。今も昔も、墓地は「嫌われる施設」の代表なのですね。

最終的に現在の場所に「ヴェーリング地域墓地」が建設されることになりました。墓地は1769年2月24日にビーダーマイヤー様式で建立され、主にWähringとWeinhausで亡くなった方が埋葬されたそうです。

Img_218_02_0446

ヴェーリング地方墓地には、当時、有名人も埋葬されました。オーストリアを代表する劇作家ヨハン・ネストロイ、詩人のフランツ・グリルパルツァーも埋葬されています。

そして、1827年3月26日に亡くなったベートーベンもヴェーリング地域墓地に埋葬されました。

ベートーベンが没した翌年に亡くなったシューベルトは、兄フェルディナントの尽力によりヴェーリング地域墓地にあった「ベートーベンの墓」の隣に埋葬されました。

「ヴェーリング地域墓地」は人気が高く、1820年代後半、埋葬者が増えたため、ヴェーリング地域墓地の拡張が行われました。同時に、同墓地で埋葬する場合、条件が付けられたという話もあります。

Continue reading "Währinger Schubertparkを訪ねて"

| | Comments (0)

November 13, 2018

タバコ屋さんに強盗

20181112ss00001

いよいよ今週末からウィーンではクリスマス市が始まります。今年は、今のところ、気温が高いので、何かピンとこない感じがしますが‥

今日は「ウィーンで発生した強盗事件の話題」です。比較的、治安が良いとされるウィーンですが、強盗事件は時々発生します。

先週の金曜日、11月9日、ウィーンのJosefstadtとMeidlingにあるタバコ店に、強盗が押し入ったといううニュースがありました。

Img_2018_09_0523

犯人は2人組で、フェイスマスクで顔を描くし、拳銃を所持していたそうです。強盗は、従業員に現金とタバコを要求。「タバコの要求」というのは、珍しいというか‥

幸い従業員に怪我などはなかったそうです。警察は直ちに緊急配備を行い犯人の検挙に乗り出しましたが、残念ながら身柄の確保には至っていません。

二つの事件に関連があるかどうか、警察が捜査にあたっているようです。

日本では、銃規制が厳しいため、拳銃強盗は、ほとんどありませんが、オーストリアの場合、こういった事件があるのですね。

犯人が、タバコ屋を狙われたというのは、比較的防犯体制が弱いと踏んだのでしょうか。

Continue reading "タバコ屋さんに強盗"

| | Comments (0)

November 12, 2018

交通博物館のクリスマス(Es weihnachtet im Verkehrsmuseum Remise)

Img_2017_12_0311

今日は「クリスマス市の話題」をお届けしましょう。

正直、ホイリゲが解禁になっていないのに「クリスマス市の話題」というのも、何かピンとこない感じがしますが、ご容赦ください。

今年もWiener Linienは交通博物館Remiseでクリスマス市を開催します。期間は11月30日から12月16日までの金曜日・土曜日・日曜日です。時間は14時00分から21時00分まで。

昨年との違いは、開催期間が短縮されたことでしょうか。

以前は正面玄関付近で開催されていましたが、ここ数年は、奥にある広場で開催されており、今年も、そのパターンになると思います。

Img_2017_12_0309

今年はWiener Linien特製のクッキーが販売されるようです。

地下鉄をモチーフにしたクッキーが11月30日と12月1日に販売され、売上は寄付されるとのこと。どんなクッキーが提供されるのか、ちょっと興味がありますね。

クリスマスシーズンには欠かせないPunschや料理を提供する屋台が出店するのも例年どおり。そして、アトラクションとしてカーリングレーンも開設されるほか、子供さん向けの工作教室も開催されます。

Img_2017_12_5416

毎年、Wiener LinienのFanshopでは、趣向を凝らしたグッズが販売されますが、今年は、上記のクッキーに加えて、どのような商品がラインナップされるか楽しみですね。

交通博物館らいしいアトラクションがOldtimer-Bim(オールドタイマー路面電車)の運転です。今年は、12月2日、9日、16日の3日間、14時から20時30分まで、随時、運転されます。

そして、「U-Bahn-Stars」のメンバーによる演奏も行われます。

Continue reading "交通博物館のクリスマス(Es weihnachtet im Verkehrsmuseum Remise)"

| | Comments (0)

November 11, 2018

インフルエンザの予防接種

20181109_x201_00001

日本では初冬になると、地方自治体などが「インフルエンザの予防接種」を呼びかけるメッセージが増えてきますね。

Feriは医療の専門家ではありませんが、ドクターのお話だと“インフルエンザワクチンは、感染を完全に抑えることはできないけれども、インフルエンザにかかってしまったとき、肺炎などの重い合併症になるのを軽減してくれる可能性があるといわれている”ということでした。

日本の場合、接種の時期は、インフルエンザが12月から3月に流行することが多いため、その前の11月中がお勧めだそうです。

そのため、ご年配の方は、インフルエンザが命に関わることもあるため、費用の一部を負担しているところもありますね。

また、インフルエンザ予防接種は、保険適用外になるため、医療機関によって料金が異なるようです。友人の話によると、全額自己負担の場合、3000円くらいだとか‥

では、ウィーンではインフルエンザの予防接種(Grippeimpfung)は、どうなっているのでしょうか。

Continue reading "インフルエンザの予防接種"

| | Comments (0)

November 10, 2018

アパートのデザイン

Img_218_02_0394

今日は「集合住宅(アパート)の話題」をお届けしましょう。

ウィーンは、日本の大都市に比べるとコンパクトな街で、職住接近が一般的です。そのため、このブログでもお伝えしているように、市内の住居は集合住宅が中心です。

集合住宅も「伝統的な石造りの建物」から、「斬新なデザインの建物」まで多種多様。最近では、スクラップアンドビルド方式が増えたため、新しいデザインの建物が増えているような気がします。もちろん、個人の感想ですが‥

今日は、ちょっと変わったデザインのアパートをご紹介しましょう。

Img_218_02_0403

16区で見かけたものですが、どっしりとした造りで、二つの幹線道路に面した巨大な集合住宅です。多面形の造詣がユニークですね。

これは、太陽光線を効果的に入れるために考えられたのではないかと思います(違っていたらスミマセン)。

通常、この手の集合住宅にはベランダがケースが多いのですが、日本式の2階から7階までは、ベランダらしい構造物は見あたりません。

そして、何ともユニークなのは外側に張り出したオレンジ色の日よけ。この日よけですが、全ての部屋に接されていないのが不思議。

もしかしたら、最初は全て付いていたのかも知れませんが、お住まいになっている方の意向で取り外したのでしょうか。

そして、この日よけの裏側には、ビルトインタイプのベランダがあるのかもしれませんが、そこまでは確認できませんでした。

道路に面した側面にまわると、出窓の部分が一部、ベランダ状になっていることがわかります。しかし、階によっては窓が付いており、部屋になっているもよう。

Continue reading "アパートのデザイン"

| | Comments (0)

November 09, 2018

Weihnachtsbaumがウィーンにやって来た

20181107dsc00243jpg

今年のウィーンは、例年よりも気温が高く、11月になっても冬のコートの出番がありません。もっとも、急に寒くなることがあるので、油断は禁物ですが‥

さて、日本だったら「平成最後のクリスマス」(元号と西洋の行事というすごい組み合わせ)ということで、色々と盛り上げるのでしょうが、こちらは、平常モード。

毎年、Wiener Rathausplatz(市庁舎前広場)には、オーストリア各地から巨大なWeihnachtsbaum(クリスマスツリー)。

今年はケルンテン州で伐採された28メートルのトウヒがやってきました。

ところで、実際に伐採されたツリーですが、そのまま市庁舎前に設置されるのではなく、設置後、お客さまに美しく見えるように剪定作業を行っています。

20181107dsc00213jpg

当然、巨大なツリーなので、作業に当たっては写真のように重機なども駆使して行っています。

もっとも、作業そのものは職員が行っている訳ですが‥今回は、普段は見ることができない剪定作業の様子を、ウィーン市が公開している公式写真でご紹介しましょう。

ところで、この写真ですが、カメラマンのポジションが作業員に近いので、重機に乗って撮影したのでしょうね。

なお、従来、ウィーンに到着後、ここまで徹底した剪定作業が行われたことがなかったそうです。今回は、ウィーンに到着後、「ツリーの体裁が良くない」という声が上がったため、急きょ、本格的な剪定作業を行うことになりました。

剪定作業終了後は、今度はイルミネーションの設置。このブログでもお伝えしましたが、現在はLED照明が使われています。

そして、ウィーン最大のクリスマス市「Wiener Christkindlmarkt am Rathausplatz」は、11月16日(金曜日)から始まります。

Continue reading "Weihnachtsbaumがウィーンにやって来た"

| | Comments (0)

November 07, 2018

Wiener Linienの防犯対策

20181106ss00001

このブログでは、政治の問題は取り上げませんが、今、話題になっているのはオーストリアが、12月にモロッコのマラケシュで開催される「安全で秩序ある正規移住のためのグローバル・コンパクト採択政府間会議」で正式に採択される「移民協定」(Migrationspakt)に参加しないと表明しました。

これは国連加盟国が、18ヵ月以上にわたり協議してきたもので、国連加盟国中、190ヵ国が、これまで「移民協定」への加盟意思を表明していました。

しかし、オーストリアの離脱声明がきかっけになり、他国にも加盟保留の動きが出てきています。もちろん、オーストリア国内にも「移民協定」に参加しないことに対して批判的な意見もあるようです。

さて、今日は「Wiener Linienの防犯対策」のお話です。

Image_278310

残念なことに最近、地下鉄などで治安が悪化してきています。そこで、Wiener Linienでは、独自にセキュリティチームを組織し、警察と連携して駅構内や車内の巡回を行っています。

現在、80名のスタッフが所属しているそうですが、2019年末までには120名に増員されることになっています。

日本の鉄道では、鉄道警察隊が存在しますが、通常は民間の警備会社に業務を委託しているケースが多く、鉄道会社が独自でセキュリティチームを組織しているという話は耳にした記憶がありません。

このあたり、考え方の違いなのでしょうかね。

Img_2017_12_0267

ところで、最近、セキュリティスタッフに導入された装備がボディカメラです。写真のようにスタッフが身につけるベストにカメラが取り付けられており、巡回中の様子を録画するというもの。人間版のドライブレコーダーですね。

すでに警察やÖBBのセキュリティスタッフも使用しているそうですが、Wiener Linienでは今夏、試験的に導入しました。

これは、犯罪の抑止に効果があるようで、年末までに全面的に導入されることが発表になりました。これから、Advent、Sylvesterと賑やかな季節を迎えると、車内や駅構内でのトラブルが増えることも予想されます。

Continue reading "Wiener Linienの防犯対策"

| | Comments (0)

November 06, 2018

今年も運転 Manner-Weihnachtsstraßenbahn

Img_2015_12_1347

日本では、11月に入るとコンビニエンスストアなどでもクリスマスケーキやおせち料理の予約が本格化しますね。気が早いような気もしますが、師走が近づいているような気になります。

今年は「平成最後のクリスマス+年末」ですから、色々と盛り上げるのでしょう。

さて、気が早いですが、今年もマンナーの「クリスマス・トラム運転」の情報が入ってきましたので、お知らせしましょう。

毎年、Wienを代表する菓子メーカーMannerが保存されているMannerカラーの路面電車を使ってRingでクリスマス・トラムを運転しています。

Karlsplatz beim Otto-Wagner-Pavillonを出発して、Ringへ入り、反時計回りに一周して、Karlsplatzへ戻るルートです。

Img_2015_12_1386

最初の運転日は、Weihnachtsmarkt(クリスマス市)がオープンする11月16日(金曜日)。16時50分、17時40分、18時25分、19時10分に出発します。

そして、「サンタクロースの起源」と呼ばれる聖人Nikolo(Nikolaus)の命日に当たる12月6日(木曜日)にも運転されます。オーストリアでは、この日に子供たちにクリスマスプレゼントが配られます。

当日は、15時50分、16時40分、17時25分、18時10分、19時10分に出発します。

この他、Adventの週末にも運転されます。今年は12月1日・2日、8日・9日、15日・16日、22日・23日です。

Advent期間中は、14時10分、15時00分、15時50分、16時40分、17時30分、18時20分に発車します。

Continue reading "今年も運転 Manner-Weihnachtsstraßenbahn"

| | Comments (0)

November 02, 2018

またまた交通信号機

Img_2018_06_0630

10月で最もアクセスが多かった記事は、予想どおり「全日空のウィーン線開設」でした。何しろ日系航空会社としては、久しぶりのウィーン線、かつ羽田は着ですから、関心が高いのもわかります。

さて、今日は「交通信号機の話題」をお届けしましょう。

前回の記事を書いてから、街中を歩く際、交差点の交通信号を意識して見るようになりました。

もちろん、場所によって最適な設置方法が採用されている訳ですが、全般的に多いのは交差点の中央部に信号機本体を設置しているということです。

日本では、基本的に歩道にポールを立てて、そこに信号機を取り付けるため、道路を跨ぐゲート上のポールを使用しない限り、道路中央に信号機本体を設置することはできません。

それに対して、こちらではポールを使っている例もありますが、多いのは道路上にケーブルを渡して、そのケーブルに信号機をぶら下げるという構造です。

Img_2018_06_0155

冒頭の写真は、ご存じ国会議事堂の前。ちょうどOttakring方面へ向かう道路との交差点です。路面電車もRingから分岐するところですが、自動車用信号機は道路中央に設置されているのがわかると思います。

2枚目の写真は、Volksoper前、ギュルテルの交差点。やはり道路上にケーブルを渡して、その中央に自動車用信号機をぶら下げています。当たり前ですが、信号機へ電力を供給するケーブルは太くなっていますね。

Img_2018_06_0125

道路上に信号機を設置する場合、この方式が一番多いような気がしますが、先日、19区で写真のような信号機を見つけました。

ケーブルではなく、ポールに信号機を取り付けているのですが、水平方向のポールは、ほぼ道路の幅。しかも信号機が4基設置されているではありませんか。

さすがに、これだけスパンが長いと通常の方法では水平方向のポールを安定させることが難しいので、支柱からケーブルで水平方向のポールを支えていました。

Continue reading "またまた交通信号機"

| | Comments (0)

October 31, 2018

内外価格差

Img_2014_09_5826b

早いもので10月も今日でおしまいですね。2018年、平成30年も、あと2ヵ月となりました。「平成最後の秋」もまもなく終わろうとしている訳ですね。

さて、今日は「もののお値段にまつわる話題」をお届けしましょう。

当たり前ですが、日本の場合、輸入品は物流コストがかかるため、基本的にお値段が高くなる傾向があるのは皆さまもご存じのとおりです。

しかし、例外は輸入元で非常に安く商品が製造できるケースです。日本のコンビニエンスストアで販売されているホットスナックの多くは輸入品。チキン系はタイで製造され、現地で冷凍の上、日本へ運ばれているそうです。

Img_2018_09_0172

それでも「あのお値段」ですから、以下に現地で安く製造しているか‥想像できますね。また、100円ショップ(こちらでは1EuroShop)で販売されている商品の多くが、中国製というのも頷けます。

そんな中で、興味深いのは多国籍企業が世界的に販売している商品です。その一つはスイスに本社を置く、世界最大の食品・飲料会社「Nestlé」。

貿易障壁の撤廃にともない、同社は各国のメーカーを買収し、傘下に入れています。かつて日本でNestléと言えば、インスタントコーヒーの会社というイメージが強かったですが、今では様々な商品を取り扱っていますね。

現在、Nestléが力を入れているのはカプセル式コーヒー。一つは子会社が発売しているNESPRESSO。こちらはオーストリアでも人気のある勝因ですが、専用カプセルはNespressoBoutiqueだけで販売されています。

Continue reading "内外価格差"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧