May 22, 2018

U-Bahn Tag2018「Happy Birthdey to U」

Ubahntag

初夏は過ごしやすい季節なので、ウィーンでは各種イベントが開催されます。今日は、「Wiener Linienが開催する大規模イベントの話題」です。

このブログでもお伝えしたように今年、ウィーンの地下鉄は40周年を迎えました。これを記念して5月26日(土曜日)に「U-Bahn Tag2018」が開催されることになりました。

サブテーマは「Happy Birthdey to U」。考えましたね(Feriは、こういうセンスは好きです)。

20180521_x201_00002

メイン会場はU3のErdberg駅に隣接する車両基地で、基地構内が公開されます。また、サブ会場は近隣にあるウィーン交通博物館(REMISE)です。

まず、メイン会場のErdberg車両基地では、検査施設や車両の公開に加えて、今回は基地内にある地下鉄管制センターが特別公開されます(写真が施設内の様子)。

19690823722

通常は一般の人の立ち入りが禁止されている施設ですが、「U-Bahn Tag2018」では、特別に観覧者を絞ってガイドツアーが行われることになりました。

この他、機種は公開されていませんが、構内で蒸気機関車の運転も行われる予定です。

ウィーンの地下鉄では蒸気機関車が走った記録はありませんが、その前身となったStadtbahnは開業当時、電化されておらず、蒸気機関車が使われていました。

恐らく、その故事に習って蒸気機関車を展示することにしたのでしょう。写真は、ウィーン交通博物館に展示されいるStadtbahnの様子です。

今年はStadtbahn120に当たることから、それを記念して、特別に蒸気機関車を引っ張り出してきたのだと思います。

Img_2014_09_5926

会場内では、現在、開発が進められている新型地下鉄車両X-Wagen、新規路線のU5などに関する各種展示も行われることになっています。

さらに地下鉄40周年の記念映画も上映される予定になっています。

一方、第2会場となっているのがウィーン交通博物館Remiseです。

こちらでは、「地下鉄40周年」に加えて「120 Jahre Stadtbahn」、「70 Jahre Amerikaner」、「60 Jahre Gelenktriebwagen」というテーマで、各種の展示が行われます。

Continue reading "U-Bahn Tag2018「Happy Birthdey to U」"

| | Comments (0)

May 21, 2018

道路工事で41系統が迂回、42系統はお休み

Img_2014_03_0559

オーストリア航空の日本線ですが、本日、成田に到着したOS51便に60周年記念塗装機(OE-LPF)が投入されました。定刻よりも若干遅れて到着しましたが、初来日なので、恐らく航空ファンの方で空港周辺は賑わったことでしょう。

ところで、初便に投入されなかったのは、5月15日、ウィーン国際空港のハンガーで、同社60周年記念行事がお粉Wレ、そこに展示されたことが理由のようです。

さて、今日は「路面電車の話題」をお届けしましょう。

先日、コメント欄でSteppkeさまから、Ring Straßeの路面電車工事についての情報をご提供頂きましたが、Volksoperに面したWähringer Straßeで大規模な道路工事が行われるため、路面電車の運行系統変更がWiener Linienから発表されました。

今回は、路面電車の軌道工事ではなく、水道管に関連する工事です。

Wiener Linienが発表している路線図を見るとよくわかりますが、迂回ルートとなるのはWähringerStraße-Gersthof間です。

Waehringer_strasze_244432

この区間は、現在、40系統(Schottentor-Herbeckstraße)、41系統(Schottentor-Pötzleinsdorf)が運行されています。

また、Währinger StraßeからAKH方面へ向かい、まで行く42系統が運行されています(Schottentor – Antonigasse間)。

まず、40系統が図のように、42系統の路線に迂回運転となります(Kreuzgasse経由)。この関係で、迂回運転期間中、42系統は運休となります。

Continue reading "道路工事で41系統が迂回、42系統はお休み"

| | Comments (2)

May 19, 2018

Arnold Schwarzenegger、路面電車で環境保護をアピール

16778364731

今日はオーストリア出身の映画俳優「Arnold Schwarzeneggerさんの話題」です。

5月15日・16日の両日、「R20 Austrian World Summit in Wien」が開催されました。

「R20 Austrian World Summit」は、温暖化対策の新しい枠組みである「パリ協定」を踏まえて、温室効果ガスの排出削減を踏まえて、持続可能な開発を推進するための会議です。

この年次イベントですが、Arnold Schwarzeneggerさんが主宰するR20 (Region of Climate Action)が事務局を務めている民間団体主催の会議ものですが、国連、国際金融機関、C40(Cities Climate Leadership Group)、ICLEI (Local Governments for Sustainability)などの機関と連携しています。

20318702041

オーストリアからは、Alexander Van der Bellen連邦大統領、Sebastian Kurz首相なども参加する国際会議です。

2017年、ウィーンのHofburgで初の「R20 Austrian World Summit in Wien」が開催され、今回が2回目になります。なお、日本からは政府要人の参加はありませんでした。

今回の「R20 Austrian World Summit in Wien」では、Arnold Schwarzeneggerさん議長として参加することになり、それに合わせてウィーン市、Wiener Linienが「R20 Austrian World Summit in Wien」をアピールするため、路面電車ULF(785号車)にラッピングを施しました。

このラッピングですが、「R20 Austrian World Summit in Wien」の主催者であるArnold Schwarzeneggerさんを描いたものであるところから、そのお披露目にご本人を招待し、実際に路面電車にも乗ってもらったようです。

Continue reading "Arnold Schwarzenegger、路面電車で環境保護をアピール"

| | Comments (2)

May 18, 2018

無賃乗車は許さない Wiener Linienの臨時検札に思う

20180517ss00002

Elīna Garančaファンの皆さま、お待たせしました。現在、国立歌劇場で上演中の「Samson et Dalila」ですが、Elīna GarančaさんとRoberto Alagnaさんの仕上がりが素晴らしく、大好評です。

Feriは、観るチャンスはありませんが、是非、実際にご覧になったファンの方、コメントをお待ちしております。

さて、今日はオペラとは無関係な「信用乗車の話題」をお届けしましょう。

皆さまもご存じのように、オーストリアでは市内の公共交通機関はワンマン運転で、かつ、どのドアからも乗車・下車可能な「信用乗車方式」が採用されています。

Fskontrolle1_25481_d638

ウィーンの地下鉄やS Bahnも例外ではなく、チケットに利用開始日時を刻印する打刻機はありますが、駅には日本のような自動改札機はありません。

信用乗車方式のメリットは、システムが簡素化できるため、運行コストを大幅に削減できる点です。

何しろ自動改札機がない訳ですから、メンテナンスコストはゼロ。また、路面電車やバスの場合も、乗車時、降車時にチケットやICカードの確認を乗務員が行う必要がないため、乗降を短時間で行うことができます。

3450911231

反面、デメリットは利用者の意識(善意と言っても良いのでしょうか)に委ねられているため、無賃乗車をする人間が大量に出てくると、経営が成り立たなくなることです。

以前と比べ、色々な国の人が増えてきたこともあり、住民の価値観も多様化しています。そのため、ヨーロッパでも地下鉄などに自動改札機を導入する都市も増えてきたようです。

それに対して、ウィーンは、今のところ、信用乗車方式を堅持しています。

17827597731

ただ、信用乗車方式が成立する要件は、「無賃乗車は許さない」という当局の強い決意と行動です。そのため、このブログでもお伝えしたことがありますが、Wiener Linienでは、定期的に臨時検札を実施しています。

ちなみに無賃乗車を「Schwarzfahren」と言うようです。

Wiener Linienでも、時々、集中特別検札をする場合、ホームページに情報を公開しています。また、新聞などに臨時検札を実施する路線が紹介される場合もあります。

車内で行う場合、私服の係員が乗り込んできて、自分の身分証明書を提示した上で、一斉に乗車券のチェックを行います。

Continue reading "無賃乗車は許さない Wiener Linienの臨時検札に思う"

| | Comments (0)

May 16, 2018

祝 本日再就航、オーストリア航空日本線

2018_05_16_os51_03

2016年9月、日本線を休止したオーストリア航空ですが、日本では、本日から再就航となります。

日本線から中国線にシフトを切り替えたオーストリア航空が、これほど早く日本線を再開するとはFeriも予想していませんでした。

2018年5月15日、17時58分にウィーン国際空港(VIE/LOWW)を離陸したOS51便は、本日、11時33分に成田国際空港(NRT/RJAA)に到着。

折り返し52便となって13時30分に成田国際空港を出発する予定です(このブログを書いている時点では、日本へ向けて高度37000フィートを飛行中)。成田到着時には歓迎セレモニーが行われるかもしれません。

さて、気になる再開初便シップですが、すでに日本線でもおなじみの登録番号OE-LPD(Boeing 777-2Z9ER)が使用されています。残念ながら増備された60周年記念塗装機は、初便には投入されませんでした。

20180516ss00001

当面はデイリーではなく、週5便(ウィーン発は月、火、水、金、日、成田発は月、火、水、木、日)というのはちょっと寂しいですが、順調なスタートを切ることを祈るばかりです。

なお、機材繰りの関係から、日曜日ウィーン発51便は13時30分発、月曜日成田発52便は10時55分発となっています。

このブログをご覧になっている方の中には、もしかしたら日本線再就航初便、5月16日のOS52便にご搭乗になった方がいらっしゃるかもしれませんね。

Feriは、残念ながらお呼びではありませんが、もし、ご搭乗になった方がいらっしゃったらコメントをお寄せいただければ幸いです。

今年はオーストリア航空60周年ですから、ある意味、節目の年。この年に路線が再開されたのは、意義あることでしょう。

また、2019年は、オーストリアと日本は、「修交150年」の記念の年を迎えます。そのため、文化交流も活発になることが予想され、それを踏まえての路線再開かもしれません。

ところで、日本線を休止した理由に「収益性の低下」がありましたが、このほど、オーストリア航空60周年の式典に参加するためウィーンにやってきたルフトハンザの幹部が興味深い発言をしています。

Continue reading "祝 本日再就航、オーストリア航空日本線"

| | Comments (4)

May 15, 2018

映画に登場したVolksoper

20180514ss00015

今日は「映画ロケの話題」です。

映画の盛んなオーストリアでは、皆さまもご存じのように、オーストリアやウィーンを舞台にした作品も多数、制作されています。

また、頻繁に映画のロケーションも行われていますが、以前は「他国の街」として使われることも多かったようです。

これは、東西冷戦時、西側の映画会社では、東側諸国でのロケーションが不可能であったため、その代わりとしてオーストリアやウィーンが選ばれた‥という訳です。

理由ですが、「街の雰囲気が東欧圏の国に似ている」ところから来ているのかもしれません。Feriは、詳しく知りませんが‥

さて、先日、友人が日本のテレビで「007リビング・デイライツ」(The Living Daylights)が放送されたので、何気なく見ていたら、Volksoperが出てきた教えてくれました。

20180514ss00007

トム・クルーズが出演した「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」(Mission: Impossible - Rogue Nation)では、国立歌劇場が実名で登場し、大々的なロケーションが行われましたが、アクション映画にVolksoperが登場するのは珍しいですね。

さて、「007 リビング・デイライツ」は1987年に公開された「シリーズ誕生25周年の記念作品」です。そのため、予算が拡大された他、ジェームズ・ボンド役がロジャー・ムーア(Sir Roger George Moore)からティモシー・ダルトン(Timothy Peter Dalton)に代わった初の作品です。

20180514ss00005

Feriは、この作品を詳しく観ていないのですが、インターネットを検索していたら、「あらすじ」が紹介されていました。また、YouTubeには、ウィーンロケの部分をピックアップした映像がアップされていました。なるほど‥という展開です。

ストーリーの前半、ボンドは、ソ連の重要人物コスコフ将軍を西側に亡命させるという密命を受けてチェコスロバキアのブラチスラヴァへ赴きます。

今だったら、簡単にブラチスラヴァでロケーションができますが、当時は、東西冷戦の最中であったため、西側映画会社による撮影は不可能であったため、代替措置としてウィーンをブラチスラヴァに見立ててロケーションが行われたそうです。

Continue reading "映画に登場したVolksoper"

| | Comments (0)

May 14, 2018

路面電車の車内でコンサートののプロモーション

20180512ss00003

今日は「コンサートPRイベントの話題」です。
日本でもイベントのPRのため、色々なアイデアが実施されますが、5月9日の朝、路面電車D系統の車内で、オペレッタショーのプロモーションが行われました。

当日、オペレッタショーに出演するソリストのIldiko RaimondiさんとHerbert Lippertさんが、路面電車D系統の車内で歌を披露して、ショーのPRを行ったそうです。

一時、普通の格好をしたオーケストラメンバーが、街中で当然、演奏をはじめるフラッシュモブが流行りましたが、まぁ、その変形のようなものでしょうか。

しかし、突然、車内でオペレッタの名曲を歌い出したら、いくらウィーンとは言え、お客さまもビックリするでしょうね。

20180512_x201_00001

もちろん、このプロモーションはWiener Linienの全面的な支援を得て行われたものなので、いわゆる「闇ライブ」ではありません。

Wiener Linienとしては、各種コンサートの鑑賞には、公共交通機関を利用してほしいという思いがありますから、利害が一致したというところでしょうか。

当日、PRしたのは「O-Mia」(Operette made in Austria)というガラコンサート(オペレッタショー)で、5月15日と16日の両日、Wiener Stadthalle.で開催されます。

このコンサートですが、名前からもわかるようにJohann Strauss、Carl Michael Ziehrer、FranzLehárなどがオーストリアで作曲したオペレッタのアリアを上演するものです。

Continue reading "路面電車の車内でコンサートののプロモーション"

| | Comments (0)

May 13, 2018

香港からウィーンへ OS1472便余話

41991793111_420105e0c5_h

今日は、今週から日本線が復活する「オーストリア航空の話題」をお届けしましょう。

5月8日、オーストリア航空が増備した長距離用機材B777-200ER(60周年記念塗装機、登録番号OE-LPF)が、香港での4ヵ月間にわたる整備を終え、OS1472便としてウィーンへ回航(フェリーフライト)されました。

その際、事前にオーストリア連邦軍のユーロファイターがお出迎えをすることがプレスリリースに掲載されていました。

これはオーストリア連邦軍が護衛訓練の一環として、計画されたものです。

20180512ss00001

オーストリア連邦軍のユーロファイター2機は、OS1472便がオーストリア領空に入ってからウィーン国際空港までを同行しました。

原文では「Interception Training」と書かれていたので、厳密には護衛訓練というより、迎撃訓練という性格だったようです。

定期便がハイジャックされた場合、連邦軍の戦闘機が迎撃に向かい、指定の空港に誘導する‥そのような場面を想定した訓練だと思われます。

20180512ss00002

先日、その写真がオーストリア連邦軍のホームページで公開されたので、今日は、その写真をご紹介しましょう。オーストリア連邦軍では、以前にも、このように民間旅客機を護衛(迎撃)する訓練を実施しています。

なお、OS1472便は、香港を9時53分に離陸し、ウィーン国際空港には15時57分に着陸しました。フライトタイムは12時間04分でした。

運航ルートはflightradar24によると香港を出発後、北上し、中国本土を通り、カザフスタン、ロシア、ベラルーシ、ポーランド、チェコを経てオーストリアへ。

通常でしたら、チェコから、そのままウィーンへ向かうのですが、今回は迎撃訓練のため、航路図のようにウィーンをかすめて西側へ向かっています。

Continue reading "香港からウィーンへ OS1472便余話"

| | Comments (0)

May 12, 2018

写真特集 Ring Straßeの軌道改修工事

10297912931

今日は「路面電車の軌道改修工事」についてお届けしましょう。

3月23日から4月2日まで、ウィーン国立歌劇場前のRingstraß(Schwarzenbergplatz- Babenbergerstraße間1150メートル)を全面閉鎖して路面電車の軌道改修工事が行われました(2018年4月8日に概要をご紹介しました)。

Feriは、工事期間中、現場に足を運んでいないので、詳細はわからなかったのですが、Wiener Linienが工事の様子を撮影した広報写真を公開しているので、その写真を使って工事の様子をご紹介しましょう。

15772407922

さすがに道路を全面閉鎖しての工事なので大規模だろうと予測していましたが、Feriが考えていたより、本格的な工事でした。

まず、従来のレールを撤去したあと、レールを支えている基礎がコンクリート敷きでない区間については、土(砂利)の交換を実施したようです。その上で、基礎を固めてから、新しいレールを敷設しています。

こちらでは路面電車のレールは、予め基地で「ハシゴ状」に組み立てられたものを大型トレーラーで現場に運び、クレーンでつり上げて敷設します。

19456380762

最終的に「ハシゴ状」のレールをつないでいく方式です。そのため、基礎工事が完了してしまえば、レールの敷設は意外にスピーディーに行うことができるようです。

新しいレールを敷設したら、最終的にレールの間にコンクリート板を入れて、仕上げとなります。

上からの写真を見ると、資材を搭載した多数の工事用車両が集まっているのがわかります。国立歌劇場前には、軌道の間にはめ込むコンクリート板を搭載した大型トラックも見えますね。

Continue reading "写真特集 Ring Straßeの軌道改修工事"

| | Comments (2)

May 11, 2018

本日開催 Craft Bier Fest 2018

20180510_x201_00001

日本は、ここ数日、気温が乱高下しているようですが、ウィーンは良い季節になってきました。今日は「楽しいイベントのご紹介」です。

オーストリアと言えばWineの方が有名ですが、実はBierも沢山、消費されています。大手のメーカーもありますが、小規模な醸造所が多いのもオーストリアの特徴。

実際に暑くなってくると、FeriもWineよりもBierを飲みたくなります。さて、今日と明日の2日間、ウィーンで「Craft Bier Fest 2018」が開催されます。

会場は3区にあるMarx Halleです。オーストリア国内の醸造所だけではなく、アイルランドなど海外の醸造所も参加します。
興味深いのはBierだけではなく、Whiskeyも提供されること。何かすごいイベントですね。
主催者の発表によると、今回は19ヵ国、87の醸造所が参加し、430種類以上のBierなどが提供される予定になっています。

「Craft Bier Fest 2018」には、以下のような醸造所ですが参加する予定です。

-100 BLUMEN BRAUEREI (Wien/Österreich)
-ALEFRIED (Graz/Österreich)
-BEAVER BREWING COMPANY (Wien/Österreich)
-BEAVERTOWN (London/England)
-BERHET (Bardejov/Slowakei)
-BEVOG (Bad Radkersburg/Österreich)
-BFM (Saignelégier/Schweiz) am Stand von Bierfracht.at
-BIERKANTER (Winklarn/Österreich)
-BIERMACHEREI BUGELMÜLLER (Korneuburg/Österreich)
-BIEROL (Schwoich/Österreich) am Stand von Bierfracht.at
-BIRRA BALADIN (Piozzo/Italien) am Stand von Barolista
-BIRRA DEL BORGO (Borgorose/Italien)
-BLACKS OF KINSALE (Cork/Irland)
-BLAKSTOC (Sankt Stefan Ob Stainz/Österreich)
-BOUSTAA (Engerwitzdorf/Österreich)
-BRAUEREI GÖSS (Österreich)
-BRAUEREI SCHWECHAT (Österreich)
-BRAUEREI WIESELBURG (Österreich)
-BRAUEREI ZIPF (Österreich)
-BRAUKÜCHE 35 (Schalladorf /Österreich)
-BRAUMANUFAKTUR SCHALKEN (Wien/Österreich)
-BRÄUHAUS TENFIFTY (Wien/Österreich)
-BREW AGE (Wien/Österreich)
-BREWDOG (Ellon/Schottland)
-BROWAR DUKLA (Dukla/Polen)
-BROWAR MARYENSZTADT (Zwolen/Polen)
20180510_x201_00004

Continue reading "本日開催 Craft Bier Fest 2018"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧