June 11, 2021

ウィーンが「世界で最も住みやすい都市」から陥落

2021061002先日、「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット・ランキング(EIU)2021」の結果が発表されました。

今まで3年連続で首位をキープしていたウィーンが、ついに首位陥落。しかもトップ10以下の12位という衝撃的な結果でした。

ウィーンに代わって首位に躍り出たのはニュージーランドのオークランド(前回6位)、そして、日本人として複雑なのは、第2位が何と大坂。そして、第3位はオーストリアのアデレードでした。

同調査は、2021年2月22日~3月21日の間にデーターが収集された上で、分析されています。ウィーンに限らず、ヨーロッパの都市は、軒並みランキングを下げていますが、その理由は「Covid-19感染拡大にともなうロックダウン」で、「生活の質」が大幅に低下したため。

外食はもちろん、外出禁止、商業施設の営業禁止、音楽や演劇も上演禁止になってしまったのですから、当然と言えば当然。同調査のサマリーでも、ヨーロッパやカナダの多くの都市が、文化、スポーツ関連のイベントを大幅に制限、学校やレストランを閉鎖したことが、ポイント下落の要因としています。

2021061001ちなみに調査結果によると、Covid-19感染拡大の影響で、パンデミック前の平均居住性スコアと比べ、7ポイント下落しています。

トップに躍り出たオークランドの場合、EIUによると「Covid-19パンデミックの封じ込めに成功したアプローチ」が高く評価されたようです。

ベスト10から陥落した都市のうち、8つはヨーロッパ。その中で、最もランクの下落が激しかったのはドイツ・ハンブルクで、34も下がり、47位になりました。

201907180002ドイツは軒並み大幅下落で、Frankfurtは39位(マイナス29)、デュッセルドルフが50位(マイナス28)です。ヨーロッパの都市でベスト10に残ったのは、スイスのチューリヒ(7位)とジュネーブ(8位)という結果です。

さて、オーストリアのメディアは自国のことを中心に取り上げるので、オリジナルのサマリー(概要判は無料)を取り寄せて、チェックしてみました。

ベスト10の結果は、写真のとおり。ニュージーランド、オーストラリアというオセアニアが6都市、日本が大坂(2位、94.2ポイント)、東京(ウェリントンと同率4位、93.7ポイント)でした。

Continue reading "ウィーンが「世界で最も住みやすい都市」から陥落"

| | | Comments (0)

June 10, 2021

今年は6月19日に開催“25. Wiener Regenbogenparade”

2021060902今日は「Vienna Pride 2021の話題」をお届けしましょう。

最近は日本でも話題に上ることが多い「LGBTIQ」(こちらではLGBTに加えて、最近ではintergeschlechtlicheとqueereが加わるようになりました)。

昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で行事の規模が縮小されましたが、今年はVienna Pride(6月7日~20日)の中心行事である「第25回Wiener Regenbogenparade(ウィーン・レインボーパレード)」が、6月19日に開催されることが決まりました。

Vienna Prideの主催者であるKatharina Kacerovsky-Strobl氏は、記者会見で“「特にこのような危機的状況下では、生きる喜びを可視化し、強い一体感を求めて立ち上がることが、より重要です”と述べています。そのシンボルとなる行事がWiener Regenbogenparade。

2021060904近年、装飾自動車やステージを備えたトラックを中心とした大規模なパレードに変貌してきましたが、今年は原点回帰で徒歩と自転車によるパレードになります。

当日は、14時00分にRathausplatz、Burgtheaterを出発。リンクを進行方向とは逆に周回し、17時00分にRathausplatzに戻ります。そして、活動家や政治家のスピーチを含む最終集会が行われます。

2021060901写真は2013年のものですが、この頃は、徒歩や自転車での参加者も居ましたが、多くは周囲に各種パフォーマンスでアピールできるステージ付きのトラックを使っていました。

実は1996年の第1回では、トラックを使わず、徒歩または自転車でパレードを繰り広げましたので、正に「原点回帰」と言えるでしょう。

Continue reading "今年は6月19日に開催“25. Wiener Regenbogenparade”"

| | | Comments (0)

June 06, 2021

ウィーン市は“スズメの保育園”を捜しています

2021060301今日は「スズメ(Spatzen)の話題」です。ウィーンでも市内の公園でスズメを見かけることがあります。

ウィーン市のプレスリリースは“Spatzen gehören zu Wien wie die Melange ins Kaffeehaus.”(スズメはコーヒー ハウスのメランジと同じくらいウィーンの一部です)という洒落た一文で始まります。広報担当者の文章センスには脱帽です。

ちなみにトップの写真は、カフェのシャニガルテンにやってきたスズメ。パフェを試食中のようです(笑)。

ウィーンには2種類のスズメが生息しています。市街地にはイエスズメ、郊外には希少種であるスズメが住んでいます。

2021060302スズメは適切な繁殖地に長期間、留まり、産卵と子育てを行う傾向があります。そこで、ウィーン市はBirdLife Österreichと協力して、「スズメの保育園」を探しています。

ウィーン子が見つけたスズメの営巣地をホームページ経由で報告することで、ウィーンの「スズメの生態」を明らかにしようというもの。

イエスズメは、日本と同じく建物の隙間に巣を作り、そこで繁殖します。ほとんどが屋根の下の高い場所ですが、木の穴や巣箱に移動することも好きです。

2021060303スズメは、年に2〜3回の子育てをするため、夏になっても子育てに忙しい野鳥。"ウィーン市環境保護局Josef Mikocki氏は、“7月末まで、皆さんからの報告を楽しみにしています!”と語っています。

イエスズメとスズメの見分け方ですが、雄のイエスズメは灰色の頭頂部と灰色の頬をしています。また、雌は地味な灰色がかった茶色の模様です。

イエスズメは住宅地に生息しており、屋根下などに巣を作ることが多いようです。ただ、雨どいに入り込むこともあります。

一方、郊外に生息するスズメは、雄と雌が同じ色。栗茶色の頭頂部、頬の印象的な黒い斑点、白い首輪で見分けることができます。スズメは木の穴などで繁殖することが多いようです。BirdLife Österreichが提供している写真を見ると一目瞭然です。

2021060305なお、トップ写真は甘いものに目がない雌のイエスズメ。さすがウィーン在住のイエスズメ。その後、シャニガルテンで休憩。ウィーン子そのものですね。

そう言えば、ウィーンのマダムのように体格がよろしいようで‥

Continue reading "ウィーン市は“スズメの保育園”を捜しています"

| | | Comments (0)

June 05, 2021

Raimund Theaterが新装オープン

2021060101今日は「劇場の話題」をお届けしましょう。Covid-19感染拡大の影響で、各劇場は2020年から2021年にかけて、公演中止を余儀なくされ、厳しい状況に置かれています。

このような状況下、現在、ミュージカル劇場として存在感を示しているRaimund Theater(ライムラント劇場)のリニューアル工事が完了したというニュースが入ってきました。

6区にあるライムラント劇場は、1893年、Ferdinand Raimundの「Die gefesselte Phantasie」上演で幕を開けた中産階級の劇場です。

当時の大劇場へのアンチテーゼとして、ドイツの古典的な民族劇や現代劇を上演していました。1908年、ヨハン・シュトラウスのオペレッタ「Zigeunerbaron(ジプシー男爵)」が初演され、1940年代末はオペレッタ劇場として全盛期を迎えます。

2021060103同劇場でミュージカルが上演されたのは1796年のこと。その後、Vereinigte Bühnen Wienが劇場を買収し、常設のミュージカル専門劇場となりました。

日本のミュージカルファンで、訪れたことがある方も多いと思います。

リニューアル工事は、2019 年 7 月から開始され、このほど完成。9月には「こけら落とし」として、Vereinigte Bühnen Wien所属歌手によるミュージカルガラ(Große Eröffnungs-Gala)が開催され、11月からは世界的にヒットしたミュージカル「ミス・サイゴン」の上演が始まります。

今回、躯体改修の一環として、排水対策と緊急に必要なファサード、屋根の工事が行われています。

劇場ホールは、床・壁・天井を一新。座席も完全に新しくなりました。特に客席に関しては、将来的に自由なレイアウトができるように工夫されています。1階と2階の通路も全面的に改修された他、Wallgasseに面した屋外バルコニーも改修されました。

Continue reading "Raimund Theaterが新装オープン"

| | | Comments (1)

June 02, 2021

施設をリニューアルしてプールシーズンがスタート

20210531035月の当ブログですが、最もアクセス数が多かったのは、5月5日でした。5月に掲載した記事で、比較的、アクセスが多かったのは、「ロックダウン解除に寄せて‥心豊かにしてくれる“美味しいお食事”」、「頑張れOttakringer コロナ危機に負けるな:」、「5月19日から公演再開Volksoper オペレッタ3連発!!」などでした。お越し頂いた皆さまには、深く、感謝いたします。

さて、今日は「ウィーンの公共プールの話題」をお届けしましょう。

2021053105ウィーンではロックダウン解除に合わせて公共プールが営業を始めましたが、シーズンオフの間にリニューアル工事を行った施設もあります。

先日、Christoph Wiederkehr副市長がStrandbad Alte Donauを訪問し、記者会見で施設リニューアルの概要を発表しています。

Strandbad Alte Donauでは、長さ60メートルの海水浴用桟橋が完全にリニューアルされました。木造建築で、水への入り口、手すり、108平方メートルの水浴場があります。

2021053102この桟橋にはSALETTLEと呼ばれる「四阿」が設置されているのですが、工事に際して、一旦、取り外されています。トップの写真で、関係者の後ろに見えるのがリニューアルした桟橋です。

また、2枚目はリニューアル工事前の写真。雰囲気は変えないようにしつつ、耐久性の向上が図れているようです。

この他の施設では、Jörgerbad、Brigittenau、Floridsdorfの各プールで屋外エリアがリニューアルされています。

開設100年を越える歴史を持つJörgerbadでは、17区とMA42が協議した結果、駐車場だった場所を屋外エリアに組み込みました。

2021053101この結果、屋外エリアは645平方メートル拡張され、総面積2785平方メートルになります。

現在、工事が進められており、6月末に完成予定です。同時に屋外エリアのバリアフリー化も行われます。

Ottakringer Badには新しい運動場が設置されました。2つのビーチバレーボールコート、2つの小さなサッカーグラウンド、そして6月からはビーチサッカーグラウンドが利用できるようになります。

学校が夏休みの期間中、ウィーンの公営プールではスイミングスクールを開校。2週間のコースで、4つの室内プールで、月曜日から金曜日まで時間を変えて、開催されます。ちなみに料金は100Euroだそうです。

Continue reading "施設をリニューアルしてプールシーズンがスタート"

| | | Comments (0)

May 31, 2021

太陽光発電、まっしぐら

20210526pressekonferenz5月最後の今日は「再生可能エネルギーの話題」をお届けしましょう。皆さまもご存じのようにEUでは温室効果ガス排出量相殺(カーボンオフセット)に向けて、再々可能エネルギーへの転換を急速に進めています。

Feriの個人的な見解ですが、オーストリアのみならず、ヨーロッパは、やや「前のめり」になっているのが気になりますが‥

日本でも小泉環境大臣が住宅への太陽光発電義務づけのような発言を行い、波紋を呼んでいるようですが、ウィーン市では「緑の屋根」に設置された太陽光発電システムへの新たな補助金「グリーン電力基金」に200万ユーロを追加融資すると発表しました。

ウィーン市では気候変動を抑制するため、2025年までに太陽光発電システムによる発電量を5倍にするという目標を掲げています。

2021052823stadtentwicklungsgebietこの目標を達成するため、毎年、過去15年間の合計に匹敵する数の太陽光発電所を建てる計画を進めています。この計画が進むと、2030年には、必要な電力の10%を太陽光発電でまかなうことが可能だそうです。

この計画を推進するためには、公共施設だけではなく、民間の集合住宅などへの太陽光発電システム設置を進める必要があります。

そこで、6月1日から、新たな補助金制度「ウィーン太陽光発電グリーンルーフ補助金」がスタートします。

さらに「ウィーン・グリーン電力基金」の資金を約200万Euro、増額します。これにより、2021年、太陽光発電システムの建設に対して、従来の3倍の資金が投入されることになります。

Continue reading "太陽光発電、まっしぐら"

| | | Comments (0)

May 30, 2021

Wiener Netzeが電動消防車を導入

20210526mona_01今日は「電気自動車の話題」です。Wiener Linienでは路線バスへ電気バス導入を進めていますが、警察や消防関係車両については、機動性が求められることから、現在も内燃機関を使った特殊車両が標準になっています。

そんな中、Wiener Netzeが電動消防車(E-Feuerwehrauto)を導入したというニュースが入ってきました。

Wiener Netzeは、オーストリア最大のエネルギーネットワーク事業者。電気、ガス、地域暖房、通信を地域に供給しています。

20210526mona_04同社は2013年8月、Wien Energie Stromnetz、Fernwärme Wien、Wien Energie Gasnetzの3社が合併して誕生したもので、Wiener Stadtwerke Holding AGが株式を100%保有している特殊会社です。

ウィーン市だけではなく、ニーダーエスターライヒ州、ブルゲンラント州の一部もサービスエリアになっており、200万人以上の顧客を擁しています。

同社は合併前のガス会社時代の1953年に自衛消防隊を設立し、1968年に消防局との連携が始まりました。

20210526mona_05現在、専門的な訓練を受けた23名の隊員(女性4名、男性19名)がおり、同社施設内で、通常の業務と平行して万が一の場合、消防活動にあたります。

自衛消防隊なので、ウィーン消防本部の消防車よりも活動範囲が狭いのがポイント。同社のHarald Rauscher消防隊長は、導入の理由として、
1.通常の消防車よりメンテナンスフリーであること
2.自社で生産した電力で充電できること(同社の施設屋上には1700を越える太陽光発電モジュールが設置されています)
3.活動範囲がエネルギー供給施設やWiener Netzeキャンパス構内と狭いこと
などあげています。

20210526mona_02なお、今回、同社が導入した電動消防車は、出力が136 PS、航続距離が100km。

写真をご覧になるとわかるように消防車の代名詞であるポンプ車ではなく、隊員と消防機材を現場に運ぶためのミニバンスタイルの車両です。

さすがに消防ポンプを電気で駆動したら、バッテリーが持たないでしょうね。とは言っても常時使う車両ではありませんから、出動しない時は充電しておくのでしょう。

メーカーによると、特殊装備と1000 kgのトレーラー牽引能力を備えており、オーストリアで最初に導入された電気消防車両です。

Continue reading "Wiener Netzeが電動消防車を導入"

| | | Comments (0)

May 28, 2021

街並み保存に貢献する旧市街保存基金

20210527015月27日、連邦政府はコロナ信号の改訂を行いオーストリア全土から赤のエリアがなくあんりました。

ザルツブルク、チロル、フォアアールベルクなどはオレンジになっていますが、ウィーンも含めて、その他の地区はイエローもしくはグリーンになっています。

まぁ、大幅に規制を緩和したのですから、当然と言えば当然ですが‥

20210526breitenseeさて、今日は「ウィーンの街並み保存にまつわる話題」をお届けしましょう。今更申し上げるまでも無く、ウィーンには歴史的に価値のある建造物や施設が多数、存在します。

しかし、このような歴史的遺産を良い状態で維持するには費用がかかります。

そこで、ウィーン市は歴史的建造物と街並みの保存に貢献することを使命とする「ウィーン旧市街保存基金」(Wiener Altstadterhaltungsfonds 、WAE)を1970年代に設立し、資金援助を行っています。

2021年は総額190万Euroを投じて、31件の修復を支援することが決まりました。なお、同機金では、設立以来総額約2億5200万Euroを投じて、4615件の修復を支援してきました。

20210526herrengasseウィーン市の文化担当参事Veronica Kaup-Hasler氏は、“ウィーンには、あらゆる時代の豊かで多様な建築遺産があります。この遺産の保存と維持は、ウィーン旧市街保存基金の使命です。ウィーン旧市街保存基金は、50年にわたり歴史的建造物の保存に尽力し、街に多くのプラスの効果をもたらしてきました。”
“ウィーンの人々は、この豊かな建築遺産と、そのさらなる発展の中で生きています。ウィーンは博物館ではなく、生きていて成長している都市なのです”と述べています。

今回、補助金交付の対象となった施設の一部をご紹介しましょう。

Palais Wilczek:1区のHerrengasseにあるPalais Wilczekは、かつてのPalais Brassicanで、1722年から1737年にかけて建設されました。バロック建築の巨匠Anton Ospelの手によるものとされています。今回、特徴的なバルコニーを持つファザードの修復に128000Euroが支給されます(2枚目の写真)。

Zum Ritter St. Georg:8区のLenaugasseにある18世紀の郊外住宅。ファザードの修復のため、22700Euroが支給されます。

20210526hofherrgasseWipplingerstraßeにある歴史的建造物:中央出窓のある3階建ての住宅兼商業ビルディング。ファサードの修復に205348Euroが資金援助されます。

-Steigenteschgasse 94の複合建築物:20世紀のウィーンを代表する芸術家Hans Robert Pippalによる四季を描いたモザイク画があります。今回、モザイク場の修復に2800Euro支給されます。 

Hofherrgasse 5-13(10区)にある門:職業上の日常生活を描いたレリーフ「Figural Representation」があります。大規模な修復が行われており、6800Euroの資金が提供されます。(3枚目の写真)

Continue reading "街並み保存に貢献する旧市街保存基金"

| | | Comments (0)

May 26, 2021

珍しい?落書き犯の現行犯逮捕

2021052503今日は「落書き犯逮捕の話題」です。大変残念ですが、ウィーン市内ではスプレーによる落書きが数多く、見られます。

ÖBBやWiener Linienの列車に対して落書きが行われた例もあります。落書き犯が多いことに加えて、当たり前ですが人気の無い深夜に犯行に及ぶため、なかなか検挙されることはありません。

更に落書きを消すためには、多額の費用がかかるためか、そのままにしている例も多く、結果として落書き犯の犯行を増長させているような気がします。

2021052504特に防音壁の場合、ハニカム状の金属板であるため、塗料のスプレーを使った落書きは有機溶剤を使用しないと除去するのは難しいことも、放置されている遠因になっているような気がします。

さて、ロックダウン解除後、最初の週末となった5月22日、ウィーン市内で落書き犯2名が検挙されたというニュースがありました。落書き犯検挙がニュースになるというのは、それくらい現行犯で逮捕されるケースが少ないということなのでしょう。

202105250122日(土曜日)の6時頃、2人の若い男性(18歳と24歳)が、焼き栗スタンドをはじめ、いくつかの施設にスプレーで落書きをしているところ、通りかかった市民が発見。直ちに警察に通報しました。

18歳の被疑者はE-Rollerで逃走しようとしましたが(今風ですね)、あえなく警察官に身柄を確保されました。

一方、24歳の被疑者は、Karlsplatzに隣接するResselparkにある池に逃げ込みました。彼は酒に酔っていたようで、池の水は冷たいにもかかわらず、警察官の説得にも応じず、池から出ようとはしません。

Continue reading "珍しい?落書き犯の現行犯逮捕"

| | | Comments (0)

May 25, 2021

緑化プロジェクトの一般投票始まる

2021052402オーストリアはキリスト教の行事に伴う祝日が多いのですが、2021年、移動祝日であるペンテコステ(聖霊降臨日)は、5月23日でした。これに合わせて、お休みをとる方も多いことから、ロックダウン解除を、その前に実施したともいわれています。

さて、このブログでもお伝えしているウィーン市主催の都市緑化プロジェクトですが、一般から500件を越える応募があり、5月21日からインターネットによる一般投票が始まりました。
現在、専用サイトで公開されているプロジェクトは、予備審査を通過したプラン。

投票はインターネットの専用サイト(https://wienwirdwow.submit.to/landing/showcase)にアクセスし、プロジェクトごとに1から5の星(星5が最高評価)で評価する仕組みです。締め切りは5月30日、23時59分。

2021052401同時に専門家により構成された審査員が、公開されている全てのプロジェクトについて、実現可能性、有効性(問題解決)、革新度、メンテナンスのしやすさ、独創性などを審査します。

ランキングは、一般投票と専門審査員の合計ポイントで決まりますが、ポイント配分は専門審査員70%、一般投票30%となっています。

Continue reading "緑化プロジェクトの一般投票始まる"

| | | Comments (0)

より以前の記事一覧