November 30, 2020

12月2日からウィーンで大規模検査を実施

2020113010日本時間では12月1日ですが、本ブログ「11月最後の話題」は、またまたコロナウイルス感染拡大に関連する話題で申し訳ございません。

今日は12月2日からウィーン市で行われる新型コロナウイルス大規模検査(Corona-Massentest)のニュースをお伝えしましょう。

現在、ウィーンでは12月2日から13日まで実施されるコロナウイルス大規模検査実施に向けた準備が進められています。

会場はStadthalle、Marxhalle、Messehalleの3箇所で、合計300のテストレーンが設置されることになっており、連邦軍の協力の下、準備が進められています。

2020112805ウィーン市の発表によると11月30日には、3会場の準備が完了したようで、会場の様子や関係者による記者会見が行われています。

ちなみに、現在、ウィーンに設置されている大規模検査施設の50倍の処理能力があります。

2020113012検査時間は8時から22時までが予定されており、1テストレーンあたり毎日500名まで対応可能。1日、最大15万人の検査が可能です。

ただ、時間のかかるPCR検査ではなく、抗原検査を実施します。そして、抗原検査で陽性反応が出た場合、PCR検査で再度、確認します。

2020113011実は抗体検査は迅速にできる反面、疑似陽性が出る確率が高く、検査精度に問題があるため、PCR検査での確認が必要なのだそうです。

万が一、抗体検査で陽性反応が出た場合、一時的に隔離され、PCR検査の結果を待つことになります。

検査待ちの人の列を避けるため、オンライン予約システムが採用されており、屋外で待機することになっています。

連邦軍のスタッフが検査に協力する他、ウィーン市が募集した専門家ボランティア200名が検査を担当します。

2020112807この時期に連邦政府がウィーン市と協力して大規模検査を実施する理由は、ご存じ、クリスマス休暇向けの対策。

こちらでは、家族単位でお祝いすることが一般的なクリスマスですが、日頃、離れて生活している家族がクリスマス休暇に帰省します。そのため、安心して帰省できるように検査を受けましょう‥という考え方です。

ウィーン市では、期間中、120万人が検査を受けると予想しています。

Continue reading "12月2日からウィーンで大規模検査を実施"

| | Comments (0)

November 29, 2020

ウィーンで最も美しいクリスマスツリーの点灯式実施

202011290211月5日、Rathausplatzに到着したWiener Weihnachtsbaum(クリスマスツリー)は、設置の上、剪定作業を経て、LEDライトの取り付けなどがロックダウン下で粛々と実施されました。

そして、11月28日、予定より2週間遅れで点灯式が行われました。「ロックダウン下の点灯式」というのは、異例中の異例。

ロックダウンは12月6日までの予定ですが、その後、どの程度、規制が解除されるのかは、現時点では不明です。

Christkindlmarkt(クリスマス市)の開催が許可されるかどうかもはっきりしない状況ですが、今回、ウィーン市が「クリスマスツリーの点灯式」を前倒しで実施した背景には、クリスマスツリーを「連帯と一体感の象徴」と位置づけているからです。

点灯式にはMichael Ludwig市長と、今回、ツリーを提供したオーバーエスターライヒ州のThomas Stelzer知事、Klaffer am Hochficht市やSchlägl修道院の関係者が参加。ツリーの元に設置されたスイッチを押すと、ツリーに取り付けられた2000個のLEDに一斉に灯りが灯りました。

2020112903Michael Ludwig市長は点灯式で、“美しくライトアップされ、華やかに飾られたツリーは、クリスマス前の季節の一部です。特に今年のウィーンは、観想的でゆったりとしたアドベントにふさわしい。この木は、街が困難な時代を乗り切り、結束と一体感により強くなることを示しています。物理的な距離の近さは今のところ実現できませんが、お互いに心の距離を縮めています。ウィーンの人々を代表して、今年、クリスマスツリーを提供してくださったオーバーエスターライヒ州、特にKlaffer市とSchlägl修道院に感謝します”と語っています。

Continue reading "ウィーンで最も美しいクリスマスツリーの点灯式実施"

| | Comments (0)

November 28, 2020

晩秋の旧ドナウを楽しみませんか

2020112811今日は日曜日向けの話題です。11月もまもなく終わりますが、今年は市内の様子がいつもと違います。電飾は始まっていますが、例年だったら多くの人々で賑わうクリスマス市も、まだ、開催されていません。

そんな中、ハードロックダウン下でも、「心と体」の健康を維持するため、個人的な散歩は認められています。

そこで、今日はウィーン市がお勧めする「旧ドナウのお散歩に関する話題」です。

ウィーンの水辺は、四季折々に魅力的な散歩を楽しむことができます。旧ドナウ周辺は、春夏秋冬、それぞれ異なった魅力がありますが、特に秋は美しい。写真のようにきれいな紅葉を楽しむこともできます(Feriの写真ではないのが残念ですが‥)。

2020112812このブログでもお伝えしたことがありますが、ウィーン水道局(Wiener Wasser)では、散策をより楽しんでもらえるように旧ドナウの散歩コースに22箇所の情報ステーションを設置しています。

情報ステーションには、パネルによる解説が設置されている他、Wiener Wasserweg-Appを使うことで、詳細な情報を入手することも可能。

例えば、Kaisermühlen(カイザーミューレン)という名前の由来、水中調査の伝説的人物Hans Hass氏と旧ドナウ側との関係、旧ドナウ川で最初のセーリング・レガッタが開催されたのは?といった情報がアプリ内のステーションをクリックすることで、知ることができます。

Continue reading "晩秋の旧ドナウを楽しみませんか"

| | Comments (0)

November 27, 2020

12月6日問題、解決

2020112604今日はオーストリアで皆さんが感心を寄せている「12月6日問題」の話題です。

このブログでもお伝えしているようにオーストリア連邦政府は、新型コロナウイルス感染再拡大を受けて12月6日までハードロックダウンを実施中です。

現在、連邦政府は、アドベントの後半となるロックダウン解除後の対応について、検討を進めているようです。

さて、ロックダウン最終日となる12月6日ですが、実は、こちらでは「聖ニコラウスの日」。

2020112602聖ニコラウス(St.Nikolaus)は、3~4世紀の聖職者ニコラウス司教で、サンタクロースのモデルとなったといわれている人物。

一説では、アメリカに移住したオランダ人が17世紀に「サンタクロース」として伝えたとも言われています。

オーストリアやドイツでは、「聖ニコラウスの日」に衣装をつけた男性が家々を訪ね、子供たちに小さな贈物をする慣習(ニコロ祭)があります。

また、ホイリゲなどでも衣装を着けた男性が、家族から預かったプレゼントを子供たちに渡す行事を行っているところもあり、大変な盛り上がりを見せます。

2020112601今年は、「ニコロ祭」が中止になるのか‥とオーストリアの皆さんがヤキモキする中、Sebastian Kurz首相が、「聖ニコラスの訪問は、ロックダウン下でも許可される」と発表しました。

実は、現在、実施中の規制では、「ボランティア活動をはじめとする職業上の目的で自宅を出て、家庭を訪問すること」が許可されています。

このボランティア活動の中に聖ニコラウスを具体的に追加しようというもの。ただし、聖ニコラウスと一緒に家庭を訪問するヒール役のクランプス(Krampus、悪い子供に警告し、罰を与える怪物)については、言及されていません。

その後、27日、緊急事態関連法(COVID-19-Notmaßnahmenverordnung)の改正が行われ、ボランティア団体による「聖ニコラウスの訪問」が正式に許可されました。

Continue reading "12月6日問題、解決"

| | Comments (0)

November 25, 2020

NeuLeopoldau再開発プロジェクト

202011250211月24日、ウィーン市議会が開催され、正式に新しいウィーン州(市)政府が発足しました。

写真は、新しい州政府のメンバーです。前政権から引き続きとどまっているメンバーもいらっしゃいますが、担当が交代しています。

昨日お伝えしたケーブルカー建設計画に代表されるように各種政策が、これから進められることになります。

さて、今日は「アパートの話題」をお届けしましょう。ご存じのようにウィーンは、現在、深刻なアパート不足に陥っています。

2020112503最近、完成した21区NeuLeopoldau地区の物件「Blickpunkt 21 - Leopold」も、その一つ。

Marischkapromenadeにある118戸の補助金付き賃貸アパートです。建物の1階には食料品店が入居しています。アパートは4階から6階という中層で、各戸は2から4室で構成されています。

2020112501Leopold地区では、2019年5月以降、ガス製造工場跡地(13.5ヘクタール)を活用した再開発プロジェクトが進められています(左の図が全体構成です)。

主に若い入居者を想定したプロジェクトで、周辺住民も参加したワークショップで、コンセプトが練りあげられました。

現在、2022年の完成を目指して、総戸数1400戸のアパート(その内、補助金付きアパートは1000戸)や商業施設、公共施設の建設が鋭意、進められています。今回、入居が始まったアパートは、その一部です(全体構成図のLが「Blickpunkt 21 - Leopold」です)。

2020112504歴史を大切にする街ウィーンらしく、旧ガス製造工場の建物も一部、保存され、公共空間として活用しています。

こちらの住宅団地なので、中層住宅が中心で、公共緑地を十分にとった緑の多いレイアウトが特徴です。

ただ、元々、ガス製造工場だったため必ずしも交通の便が良くありません。最寄り駅はS BahnのSiemensstrasse駅ですが、徒歩だと10分。

そこで、Wiener Linienはアパートの入居開始に合わせて、バスルートの一部を変更しました。

Continue reading "NeuLeopoldau再開発プロジェクト"

| | Comments (0)

November 24, 2020

Ottakring-Hütteldorf間ロープウェイ建設プロジェクト

2020112311ウィーン市でSPÖとNEOSの連立政権が発足して、新しい政策案が多数、打ち出されました。その一つが、「新しい公共交通機関の建設計画検討」です。

何と、Feriのお散歩コースであるOttakring-Hütteldorf間に公共ケーブルカー(Seilbahn)を建設しようというものです。

これは、かねてからNEOSが提唱していた計画(2017年に発案)で、今回、政権入りしたことで、建設の可能性について、今後、2年間で検討に入ることが発表されました。

2020112312ORFのニュースによると計画では、図のようにOttakring駅からWilhelminenspitalへ向かい、Ottakringer Bad、Otto-Wagnerエリアを経て、Linzer Straßeを通り、Hütteldorf駅へ至るルートです。

丘の中腹に建設するようなプランです。NEOSは、1時間に2000人を輸送できるとしています。現在、Ottakring駅-Otto-Wagnerエリア間には路線バス48A(連節式)が運行されています。

2020112314このプランが生まれた背景は、Otto-Wagnerエリアある病院を移転させ、その跡地にCentral European University(CEU、中央ヨーロッパ大学)が移転してくる計画があるため、従来の路線バスでは輸送力が不十分であると判断しているようです。

2020112313CEUは、1991年に創立された英語で授業を行う国際的な私立大学院大学で、現在は、ハンガリーのブダペストにキャンパスがあります。

この計画に対してウィーン工科大学のGünter Emberger氏は、費用対効果を考えると適切ではないと批判的です。

このエリアはFeriも良く知っていますが、Günter Emberger氏は路線バス、路面電車、S Bahnなどが完備しており、従来のネットワークを充実させることで、十分対応できるとORFの取材で述べています。

 2020112315そもそもワインハイキングのコースにもなっている非常に自然が豊かな「ウィーンの森」に隣接した場所にロープウェイ建設など、どう考えても尋常ではありません。

案の定、ORFのニュース番組でインタビューを受けた地元の皆さまも批判的でした。この他、実際問題としてWiener Linienがロープウェイ運行の経験がなく、ノウハウ導入にもコストがかかることも指摘されています。

Continue reading "Ottakring-Hütteldorf間ロープウェイ建設プロジェクト"

| | Comments (0)

November 21, 2020

オランダとウィーンの絆 10000本のチューリップ

2020112001ウィーンで無差別テロが発生して三週間が経過しましたが、今回、Feriが強いショックを受けた理由が、だんだんわかってきました。

それは、今までの海外で発生したテロのニュースに接しても、その場所がイメージできませんでした。良くも悪くも他人事でした。

しかし、今回は具体的な場所を聞いただけで、その場所の景色が頭に浮かびました。それだけ身近な場所で発生したことが、心に影を落とすことになったのでしょう。

さて、無差別テロ発生を受けて、周辺の各国からも色々な働きかけがあります。先日、オランダ王国からウィーン市に「連帯と結束の象徴としてチューリップの球根10000本」が贈られました。

2020112002贈呈式は11月19日にテロ事件現場に近いRuprechtsstiegeで、Michael Ludwig市長、Aldrik Gierveld駐オーストリアオランダ王国大使臨席の下に行われ、球根が植えられました。

贈呈式でMichael Ludwig市長は“チューリップはオランダのシンボル。植えられた球根は、春にはきれいな花を咲かせることになるでしょう。チューリップはウィーンの人々の結束力と団結力の象徴。テロリストは社会の分断を狙っていますが、それは達成できません”と述べています。

今回、ウィーン市に贈られた10000本の球根は、Südholland州Noordwijkerhoutにある農家が有機栽培で育てたもので、今回、オランダ王国農業省の強力で寄贈が実現しました。

今後、寄贈された球根はKurpark Oberlaa、Märzpark(Rudolfsheim-Fünfhaus)などにも植えられます。

Continue reading "オランダとウィーンの絆 10000本のチューリップ"

| | Comments (0)

November 19, 2020

Hotel Sacherがドライブスルー方式でSacher-Torteを販売

2020111802今日は「新しいサービスの話題」をお届けしましょう。

新型コロナウイルス感染再拡大によるロックダウンで、オーストリアでは各業界も大きな打撃を受けているのは、皆さまご存じのとおり。

本来であれば、11月11日の聖マルティン祭以降、クリスマスに向けて商業活動が活発になる時期です。それが12月6日までロックダウンですから、皆さま頭が痛いところでしょう。

さて、Sacher-Torteで有名なHotel Sacherが、ロックダウン当日の11月17日、新しいサービスを開始すると発表しました。何と同ホテル自慢のスィーツSacher-Torteをドライブスルー方式で販売するというものです。

現在、閉鎖されているホテルの駐車場に駐車すると、従業員がオーダーをとり、スィーツを車まで持ってきてくれるというもの。支払いは非接触方式も可能。毎日8時から19時まで営業している点がセールスポイントです。

また、徒歩で来店したお客さま向けにKärntnerStraßeの角を曲がったSacher Confiserieにも販売エリアが開設されました。

2020111803同ホテルのDirektor であるAndreas Keese氏は“オリジナルのSacher-Torteを非接触で購入し、家に戻って楽しんでください。私たち全員が安全で健康な状態を保つことができます”と語っています。今回、kleineren Sacher-Würfelも販売される予定です。

ところで、今や日本のコンビニエンスストアでも販売されている「Sacher-Torte」ですが、皆さまは誕生のいきさつをご存じでしょうか。以前、日本オーストリア食文化協会の方から詳しく教えていただきました。

1832年、クレメンス・メッテルニヒ(Klemens Metternich)に仕える料理人の一人だったフランツ・ザッハー(Franz Sacher)が考案したもの。

当時、フランツ・ザッハーはまだ16歳で、下級の料理人でしたが、当時、病床に伏せっていた料理長の代わりにお菓子屋見習いになって2年目のフランツ・ザッハーにメッテルニヒから“飽食した貴族たちのために、かつて誰も食したことのないようなデザートを作るように”との命を受けて作り上げたのが、あの有名になった「Sacher-Torte」だったのです。

しかし、この「Sacher-Torte」は、正確には彼の発案ではありません。というのはチョコレートを使ったケーキは誰でもが想像できるようで、18世紀前半には文献上にも出現しており、各国でもチョコレートを使ったケーキは作られていました。

Continue reading "Hotel Sacherがドライブスルー方式でSacher-Torteを販売"

| | Comments (0)

November 18, 2020

来夏に向けて仕上げが進むNeubaugasse

2020111710ウィーン市議会議員選挙結果を受けて新しいウィーン市の体制が固まりました。

選挙で大勝したオーストリア社会民主党(Sozialdemokratische Partei Österreichs:SPÖ)のMichaelLudwig市長が連立相手に選んだのは、NEOS(Das Neue Österreich und Liberales Forum、新オーストリアと自由フォーラム、シンボルカラーはピンク)。

2020111711「緑の党」は政権から離れることになりました。NEOS代表であるChristoph Wiederkehr氏が副市長に就任。こちらはでは赤・ピンク連合と呼ばれています。

今日は「Neubaugasseの話題」をお届けしましょう。

例年でしたら、アドベントの期間中、多くのお客さまで賑わうMariahilfer StraßeやNeubaugasseですが、現在はロックダウンのため、寂しい状況になっていることでしょう。

このブログでも9月6日にNeubaugasseのリニューアル工事についてお知らせしましたが(詳しくはこちらから)、いよいよ最終段階に入りました。

リニューアル工事では、Mariahilfer Straße-Burggasse間(800メートル)がミーティングゾーンになりました。

2020111712今回、関係者が出席して植樹式が実施され、30本近くの木(BirnenとSchnurbäume)が植えられました。市内の街路樹に「梨の木」というのは正直、Feriは驚きました。一般的なのでしょうかね。

また、Neubaugasseは地下埋設物の関係で植樹ができない場所もあります。このような場所については、大型のプランターを設置し、多年草の植物を植えることで対処しています。

関連してMondscheingasse、Lindengasse、Westbahnstrasse、Siebensterngasseで作業が行われていますが、こちらは数日で完了予定。

Continue reading "来夏に向けて仕上げが進むNeubaugasse"

| | Comments (1)

November 17, 2020

ウィーン修理バウチャーは大成功?

2020111720本日からオーストリアでは、新型コロナウイルス感染再拡大を受けて、事実上のロックダウンが施行されました。

オペレッタファンの方は12月5日、Volksoperで上演予定の「Der Teufel auf Erden」Premiereが気になると思います。結論から申し上げると、延期になりました。ただ、いつ、「Der Teufel auf Erden」のPremiereが開催されるかは未定。仮に12月7日以降に公演が再開された場合でも、プログラムの組み替えが必要になると思うので、Feriも先が読めません。

2020091901ところで、ある研究によるとロックダウン下では飲酒量が増えるそうです。呑兵衛のFeriにはわかりような気がします。

今日は「ウィーン市が実施中の修理バウチャー」の話題です。

環境保護を目的に買い換えではなく、修理して使うことを促進することを目的として9月21日からスタートした「修理バウチャー」(Der Wiener Reparaturbon)ですが、途中経過が発表されました。

まず、この施策の「おさらい」から。「Reparaturnetzwerk Wien」という組織に参加している企業に依頼する際、「Der Wiener Reparaturbon」(修理バウチャー、ネットからダウンロードできます)を提出すると、修理金額の50%(最大100Euro)が割り引かれるシステムです。

また、見積のみで修理を行わなかった場合は、見積費用の全額(最大45Euro)がバウチャーでカバーされます。後日、申請してキャッシュバックを受けるというシステムではなく、その場で、割引になるという点がポイントです。

2020091903ウィーン市の発表によると制度が導入されてから9月末までの時点で、4000件の利用があったそうです。2023年のプロジェクト終了までの予算は160万Euroですが、最初の2ヵ月間で24万Euroが支払われています。また、平均補助額は70Euroでした。

更にホームページ上からは2700枚のバウチャーがダウンロードされていますが、これらはまだ使用されていません。

修理に持ち込まれたものですが、最も多かったのは電気および電子機器で、全体の67%、2955件でした。この中で、スマートフォンやタブレット、携帯電話が約57%を占めています。落下などによる破損が多いですから、わかるような気がします。

この他、修理に持ち込まれたものは家具、靴、衣類、自転車などだったそうです。

当局の葉票によるとこれだけでCO2が約100トン削減されたことになります(もちろん換算ですが‥)。

Continue reading "ウィーン修理バウチャーは大成功?"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧