June 22, 2017

ウィーン市の新路面電車プロジェクト

20170620_x201_00001

今日はWiener Linienが発表した「Straßenbahn-Projekte laut Öffi-Paket bis 2020」の概要をお届けしましょう。

Wiener Linienでは、これから2020年に向けて、路面電車やバスの路線延長やルート変更を中心とした改良プロジェクトを発表しました。地下鉄U1の延長開業、U2/U5の建設工事なども関係しているようです。

-O系統の延長
O系統は、現在、Migerkastraße-Praterstern間を結ぶ路線ですが、北部の都市開発に合わせてPratersternまで1.4キロ、延長されることになりました。

この間に、4つの停留所が新設される予定になっています。なお、延長工事は2019年から開始されます。

-D系統の延長
D系統は、現在、Alfred-Adler-Straße ―Beethovengang間を結ぶ路線で、Hauptbahnhof Ostにも乗り入れています。

Img_2012_12_0449

現在はHauptbahnhofの先、Alfred-Adler-Straßeで折り返していますが、これをAbsberggasseまで延長しようというものです。延長区間の距離は1.1キロで、2つの停留所が新設されます。

この区間はU1と並行する路線ですが、ご存じのようにHauptbahnhof周辺の大規模再開発プロジェクトが進められているエリアです。そのため、U1を補完し、新しいエリアへの足を確保するための路線延長となったようです。

-6系統の路線改良
6系統はBurggasse-Stadthalle - Kaiserebersdorf, Zinnergasse間を結ぶ路線です。

路線が長い上に、混雑する区間を通過することから、より円滑な運行を行うため、新しいループ線を建設することになりました。

なお、D系統が延長されるとAbsberggasseで接続することになります。恐らく、D系統の延長に合わせた関連工事になると思われます。

Continue reading "ウィーン市の新路面電車プロジェクト"

| | Comments (1)

June 21, 2017

World Naked Bike Ride 2017

20170620ss00002

今日は、「先日、ウィーンで行われたイベントの話題」をお届けしましょう。

日本でも少し報道されたようですが、6月16日、「World Naked Bike Ride 2017」が開催されました。

日本ではロイターが“ウィーンのイベント「裸でサイクリング」、自転車利用をPR”という見出しで紹介しており、「裸でサイクリング」に力点を置いているように感じます。

この行事は、「裸でのサイクリング」が目的ではなく、自動車中心の社会への抗議を目的としており、自転車のみならず、歩行者にも優しい街の実現を目指すための抗議活動です。

主催者としては、化石燃料への依存を少なくすることも主張しているようです。自転車を使っていますが、デモの一種ですね。

20170620ss00006

出発地点は噴水で有名なSchwarzenbergplatz。必ずしも「裸」がウリな訳ではなく、ボディペインティングをはじめ、趣向を凝らしてコスチュームを身にまとったライダーが、16時30分にSchwarzenbergplatzを出発して、市内をライディングしたようです。

当日の写真がインターネット上に紹介されていましたので、ピックアップしてお目にかけますが、Feriが興味を持ったのは、ライダーのみならず、乗っている自転車がバラエティ豊かなこと。

このブログでも、ご紹介したことがある四輪自転車を始め、様々な改造を施したユニークなスタイルの自転車が登場したようです。

まぁ、自転車で自由に走ることをアピールするイベントですから、個性的な自転車で参加するのも頷ける気がします。

また、中には自前の自転車ではなく、無料レンタルバイクCityBikeを借りて参加した方も‥

Continue reading "World Naked Bike Ride 2017"

| | Comments (0)

June 20, 2017

番外編 駅が劇場に大変身

Img_2004_05_7202

今日は、番外編ですが、「劇場の話題」をお届けしましょう。

ウィーンでは、歌劇場や音楽ホールは、当初から目的を明確にして建設されているところが、大多数だと思います。

ウィーン国立歌劇場のように戦災で大きな被害を受けた建物も、復行に際して、オリジナルを尊重した形で復行されたため、細かい説明を見ないと、昔からの建物が、そのまま残っているような錯覚に陥ります。

それに対して、ドイツではバイエルン国立歌劇場やドレスデン・ゼンパーオーパーのように、昔の姿を見事に止めている劇場もありますが、全く新しく作った劇場も多いようです。

Img_2004_05_7199

最もFeriは、ドイツの歌劇場やコンサートホールをくまなく回ったわけではありませんから、明確なことは言えませんが‥

そんな中で、非常に印象に残っている劇場が、バーデン=ヴュルテンベルク州Baden-Baden(バーデン=バーデン)にあるFestspielhaus Baden-Baden(祝祭劇場)です。

ご存じの方も多いと思いますが、ドイツのバーデン=バーデンは、17世紀から続く有名な温泉保養地です。Feriなどはウィーン近郊のBadenの方が親しみがありますが、一般の人にとっては、ドイツの方が知られているかもしれません。

人口5万人ほどの小さな街なのですが、温泉保養地としてクアハウスやホテルが充実している他、競馬場、美術館(州立美術館を含む)などが設置されています。

そして音楽ファンにとって有名なのが、Festspielhaus Baden-Baden(祝祭劇場)です。同劇場は収容人数2500名という巨大な劇場です。

Img_2004_05_7224

実は、この劇場は、規模が大きいだけではなく、その構造に特長があるのです。というのは、劇場のファザードがかつての鉄道の駅舎を、そのまま転用しているのです。

この駅は1904年、Baden-Badenの中央駅として建設されたものです。ただ、本線から分岐している支線の駅として使われていました。その後、支線が廃止されたため、駅も1977年に廃止されました。

その後、Festspielhaus Baden-Badenを建設する際、伝統的な駅舎の再活用プランが浮上し、劇場のエントランスとして使用されることになったものです。

ちなみに設計を担当したのは、Salzburg生まれの建築家Wilhelm Holzbauer氏だそうですから、オーストリアとも縁があるわけです。

Continue reading "番外編 駅が劇場に大変身"

| | Comments (0)

June 19, 2017

これは安い!

Img_2013_04_5326

昨日、日本は「父の日」でしたが、皆さまはいかがお過ごしになったでしょうか。日本では、「母の日」の方が、商売上は盛り上がるようですが‥

今日は週初めから恐縮ですが、「festのBier」のお話です。

オーストリアでは、春から秋にかけて各地でFestが行われますが、暑い時期のfestでは、Bierが欠かせません。

炎天下の広場で飲むBierは、これまた格別。日本ではプラスチック製の使い捨てカップを使うのが一般的ですが、こちらでは、今でもガラス製のマグを使うのが一般的。

最近ではプラスチック製のカップを使うケースもありますが、デポジット制なので、ゴミが増えることはありません。

Img_2013_04_5324

これらのfestでは、Bier会社が全面的に協力して、サーバーを始めfestに不可欠なテントやテーブル、ベンチなどを提供しています。何しろ天気が良ければBierが大量に消費される訳ですから、会社としては協賛する価値がある訳です。

17区に住んでいた時、区役所があるElterleinplatzで、初夏の到来を告げるMaibaumaufestが行われました。小さい広場ですが、中央にMaibaumを建てて、皆さんで御祝いをする訳です。当然、広場はビアガルテン状態に‥

ブラスバンドも出て、雰囲気を盛り上げます。Feriが一番好きなパターンですね。

さて、その時、festではOttakringer Bierが提供されていたのですが、お値段を見てびっくり。何と2.2Euroと格安でした。

Continue reading " これは安い!"

| | Comments (0)

June 18, 2017

番外編 街頭図書館 ドイツKulmbach編

Img_2014_09_6400

今日は「街頭図書館の番外編」をお届けします。

このブログでは、何回かウィーン市内に設置されている街頭図書館をご紹介したことがあります。いずれも地元の有志やNPOが運営しているものです。

また、ウィーン以外でも、小規模ながら街頭図書館が設置されている街もあります。ある意味、こちらでは「街頭図書館」が市民権を得ていると言えるでしょう。

さて、最近はオーストリア以外の国に出かけることが減ったFeriですが、2014年9月、友人とともに鉄道関連のイベントを見学するため、ドイツ・バイエルン州へ行った時、宿泊した街で街頭図書館を見かけました。

Img_2014_09_6166

ワーグナーの音楽祭で世界的にも有名なBayreuthに近いKulmbachという、旧市街は中世の面影が色濃く残る「渋い街」です。

特に旧市街は、石畳に加えて古い建物が並んでおり、観光客にとっても魅力的な街です。また、景観だけでなく、Bierとブルスト、プラッセンブルク城が有名です。

実際、市庁舎前には、Bier職人さんをモチーフにした像も設置されています。Bierとブルストが名物とは、Feri好みの街です。こういう街を宿泊場所に選ぶというのは、嗅覚が働く‥ということでしょうかね(笑)。

ただ、第二次世界大戦で被害が全くなかったとは考えられないので、恐らく、その後、古い街並みを再建したのだろうと思います。

Img_2014_09_6399

また、市内の公共交通はバスだけですが、ドイツらしく、しっかりとしたネットワークが構築されているようです。

ただ、ドイツの街らしく、オーストリアの田舎とは、やはり雰囲気が異なりますね。同じドイツ語圏ですが、久しぶりに「外国に来た」と実感したことを覚えています。

イベントが終わり、ドイツ旅行を続ける友人と別れ、ウィーンへ戻る前、1人で街の中を散策してみました。

すると、Langgasseという路地に面した噴水がある小さな広場に「街頭図書館」が設置されているではありませんか。

あまり時間がなかったので、近くまで行ってじっくり観察はできなかったのですが、基本的なシステムはオーストリアで見かけるものと同じようです。

Continue reading "番外編 街頭図書館 ドイツKulmbach編"

| | Comments (0)

June 15, 2017

謎のパンダ像

Img_2015_12_7054

今日は「ジャイアントパンダにまつわるお話」です。

日本では上野動物園でパンダが出産したということで話題になっていますね。和歌山では、頻繁にパンダが出産していますが、やはり首都圏だけにマスコミの騒ぎ方も尋常ではないようです‥以下、自粛。

ご存じのようにウィーンのパンダも、子どもを多数、産んでおり、注目を集めていますが、日本ほど大騒ぎをしなくなりました。これも、お国柄でしょうかね。

そう言えば、最近、Feriもシェーンブルン動物園には行っていませんね。何しろ入場料が‥

ところで、以前も、このブログでご紹介したことがありますが、お恥ずかしい話、Feriが実物のパンダを見たのは、日本ではなく、シェーンブルン動物園だけです。

Img_2008_02_2510

ウィーンの風土がお気に入りなのか、屋外の飼育場でのんびり(勝手気ままに)過ごしている姿が印象的でした。

さて、今日、ご紹介するのはシェーンブルン動物園のパンダではありません。楽友協会近くの路上に設置されているサクソフォンを吹いているパンダ像です。

しかも、本来「白」のところが、「金」。何とも不思議な、不気味なパンダ像。

Continue reading "謎のパンダ像"

| | Comments (0)

June 14, 2017

オーストリアの傘事情

Img_2013_03_4429

今日は「オーストリアの傘事情」の話題です。

先日、ご紹介した「傘の日」を提唱している日本洋傘振興協議会のホームページには、「世界の傘事情」という興味深い記事が掲載されていますが、その中に「オーストリア編」がありました。

傘の団体だけあって、まずは雨についての話題が紹介されていました。

記事によると“雨については、ウィーンは少なく、ザルツブルクがよく降る。ザルツブルクは「雨の街」とも言われ、特に6月、7月は梅雨の東京よりも降雨量が多くなる。オーストリア観光局のスタッフは、「ザルツブルクの観光ガイドが毎日傘を手放さず持っているくらい、頻繁に雨は降る。どしゃぶりではなく、細い雨が一日中降り続くようなイメージ」と説明する。”と紹介されています。

Img_2014_05_3934

この時期、FeriはSalzburgへ長期間滞在したことがないので、正直、実感がありませんが、何となくわかる気もします。

ここで紹介されていたのが、老舗の傘メーカーの「Kirchtag(キルヒターク)」。1903年、旧市街の「Getreidegasse(ゲトライデガッセ)」にオープンした伝統あるお店で、開業以来手作りにこだわっているそうです。

現在も、伝統の技を継承し、手元や骨を職人さんが一つひとつ丹念に仕上げているそうです。きっと、お値段も張ることでしょうね。というこはFeriには生涯無縁でしょうか‥

Img_2014_09_6320

残念ながら、Feriは同店を実際に見に行ったことがないので、具体的にご紹介できないのが残念です。

また、オーストリアの傘事情については、以下のように紹介されています。

“多くのオーストリア人が、そうした伝統的な高級傘を使用しているわけでは、もちろんない。オーストリア大使館のスタッフは、「黒っぽい無地の傘が一般的であり、オーストリア人は体が大きいので、それに合わせて大寸のものを使う人が多い。私は現地に行ったときに日本製のコンパクトな折りたたみ傘を使っていたが、オーストリア人は、『こんなに小さくて軽量な傘が世の中にはあるのか』と、ビックリしていた」と話す”と紹介されています。


確かに体格のよろしい方が多いので、大きめの傘が多いのかも知れません。もちろん、最近では、折りたたみ傘も見かけるようになりましたが、その比率は低いような気がします。

Continue reading "オーストリアの傘事情"

| | Comments (0)

June 12, 2017

大型荷物の搬入も大変です

Img_2005_02_9719

今日は「荷物の搬入にまつわる話題」をお届けしましょう。

日本でも引越などの際、階段が狭いと家具や大型家電の搬入や搬出が大変ですよね。戸建て住宅の場合は、2階の窓から運び込むというケースもあるようです。そのあたり、引越のプロが色々と工夫しているのでしょう。

ところで、Feriの家主さんが17区のアパートから5区のアパートへ引っ越した際、自分で揃えたベッドやソファなどの家具は、新しいアパートへ持ってきています。

Feriは、その場に立ち会っていないので、どうやって大型荷物を搬入したのかは知る由はありませんが、5区のアパートは、古い建物で、リフトはありません。

また、階段の幅は比較的広いものの、天井が高いため、階の途中に踊り場があるタイプ。そのため、大型家具の搬入は意外と大変ではないかと思います。

17区のアパートは、部屋が1階だったのでリフト(エレベーター)を使う必要はありませんでしたが、しっかり付いていました。

このように、ウィーンも新しい住宅は、リフト(エレベーター)が付いていたりして、大型荷物の搬入も比較的容易だと思いますが、古いアパートの場合、外付けで増設する以外、リフトの設置が難しいので、家具の搬入なども工夫が必要かも知れません。

Continue reading "大型荷物の搬入も大変です"

| | Comments (0)

June 10, 2017

ORFの車両も様々‥

Img_2008_12_9798

今日は「ORFの話題」をお届けしましょう。

日本のNHKにあたるオーストリアの公共放送ORF(Österreichischer Rundfunk)。1924年にラジオ局として開局したのがスタートだそうです。

最近では、衛星放送やインターネットの発達で、他国の放送が簡単に観ることができるようになりましたが、オーストリア国内では、多チャンネル化をしながら、一定の存在感を示しています。

ご存じのようにウィーンフィルのニューイヤーコンサートを世界に中継しており、日本でも、その際はORFのロゴをテレビで見かけると思います。

そんなORFですが、中継車をはじめとする各種の放送用車両を所有しています。こういった車両を時々、街中で見かけることもあります。そんな車両を少し、ご紹介してみましょう。

Img_2008_12_9797

最初にご紹介するのは、ドイツのダイムラーがメルセデスベンツブランドで製造・販売する多目的自動車ウニモグ(Unimog)がベースになっているようです。

見かけたのは、旧市街にあるクンストフォーラム前。ただ、この車両ですが、写真をご覧になるとわかるように、いわゆる放送機器を搭載した放送用車両ではなさそうです。

側面に取り付けられているフレームが、これまた謎‥ミステリアスな車両と言えます。

美術館の前に止まっているところから考えられるのは、美術品などの貴重品を運搬する専用車両。実際、日本でも大手物流会社は、エアサスペンションや空調を完備した美術品専用の運搬車を所有しています。ただ、美術品運搬車ならばベース車両が悪路を得意とするウニモクというのは、何とも‥

Img_2008_07_5623

しかし、2枚目の荷下ろし中の写真を見ると、明らかに梱包した「何か」を運搬してきたようです。

ちなみに、この車両ですが、荷下ろしの際には、貨物室部分を下げることができる特殊構造になっているようです。

側面についているフレームは、貨物室を上下させる際の安全対策のカバーのようでした。ウニモクは、悪路を走行できるように車高が高いのが特長。そこで、荷下ろしの際には、貨物室が下がるのでしょう。

この箱の中身が知りたいところですが、残念ながら、これは永遠の謎でしょうか‥しかし、放送局が、なぜ、このような特殊車両を所有しているのか‥これも興味がありますね。

次にお目にかけるのは大きなパラボラアンテナが特徴的な放送衛星による中継を行うための小型車両。

ベースは、こちらもメルセデスベンツブランドのミニバンです。ウィーン市内にある某政党本部前で見かけたものですが、こちらでは日常的に放送衛星を使って中継をしているようです。

Continue reading "ORFの車両も様々‥"

| | Comments (0)

June 07, 2017

歴史とともに‥街頭体重計(下)

20170606_x201_00001

6月5日、オーストリア・アルプスTrofaiachで、警察の山岳救助隊員が、遭難した登山者を救助するため、ヘリコプターからロープで下り、自分も含めた3人をつり上げようとしたところ、ロープに不具合が発生。

3人全員がかなりの高さから渓谷に落下し、救助隊員を含む2人が死亡するという痛ましい事故が起こりました。

山岳救助の経験が豊富なオーストリアでも、こういった事故を防ぐのは難しいようで、残念です。

Img_2015_12_6770

さて、今日も昨日に引き続き「街頭体重計にまつわる話題」をお届けしましょう。

住民の健康管理という目的を担った市営の街頭体重計ですが、その後、大きな問題に直面します。

個人の体重は、今で言うところの「個人情報」です。そのため、プライバシーに対する意識が高まるにつれて、大人を中心に、利用を敬遠する人が増えてきたのです。これは何となくわかりますね。

利用者の激減により、1970年代には公共事業としての街頭体重計が行き詰まりをみせ、事業が民間へ移管されることになります。

Img_2016_02_0693

当時は、2社が、街頭体重計の事業に参入していたようです。

その後、事業の統合が行われ、現在ではブルゲンラント州のPinkafeld(ピンカンフェルト)という街にあるPopp Karin / Andreasという会社が、設備の維持と運営を行っているようです。

現在の街頭体重計は、写真をご覧になるとわかるように、機械式の伝統的なスタイルです。そのため、維持管理に非常に手間がかかります。

では、ウィーン市内に街頭体重計は何基設置されているのでしょうか。

Continue reading "歴史とともに‥街頭体重計(下)"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧