October 22, 2019

変わったお店シリーズ160 恒常的なお店に? A-1 Pop-Up Store

20191021001本日、10月22日、日本では「即位の礼」が執り行われますが、お天気が心配ですね。また、台風19号の被害に鑑み、パレードが延期になったようですね。

さて、平常モードの当ブログ。今日は「変わったお店シリーズ」をお届けしましょう。

このブログでおなじみの定点観察。Schottentor地下の商店街も何回か取り上げていますが、最近は店舗の入れ替えが頻繁に行われるようになりました。

その中で、気になった1軒が、昨年オープンした大麻関連グッズの販売店Bushdoctor(詳しくは2019年2月13日の記事をご覧ください)。ただ、色々と問題があったのか、早々に引き払ってしまいました。せっかくなので、2枚目に2019年2月頃の写真をお目にかけましょう。

20191021002その後に入居したのは、皆さまご存じの通信会社A-1。ただ、最初は。店先の看板もなく、店内の什器も仮設のもので「臨時案内所」といった趣でした。2\3枚目の写真が、その時のもの。2019年4月の姿です。

Feriは、当初、ここに入ったA-1もキャンペーン用の施設か何かで、その設備から、しばらくしたら引き払ってしまうのではないか…と予測していました。

20191021003その後、2019年6月頃になると、4枚目の写真のように店上の看板スペースにA-1の看板が掲げられるようになりました。

この写真を撮影した時は、あまり気にならなかったのですが、今回の記事をまとめるにあたって、改めて見たところ、看板の一部がめくれており、仮設の看板だったようです。

今年の秋、久しぶりにSchottentorの地下に出向いてみたところ、冒頭の写真のようになっていました。

まず、立派な看板が店頭に掲げられたこと。屋号も「A-1 Pop-Up Store」となっています。また、店内の什器も立派なものが入っていました。

そして、以前から設置されている店前の飲食用スタンドの広告もA-1に変わっていました(どうでもいい、細かいところが気になるFeri‥)。

Continue reading "変わったお店シリーズ160 恒常的なお店に? A-1 Pop-Up Store"

| | Comments (0)

October 21, 2019

MIKADO特売中

20191019001今日は「日本食材の話題」です。最近はスーパーマーケットに行くと、日本をはじめとする海外の商品も数多く見かけるようになりました。それだけ、こちらのスーパーマーケットでも「国際化」が進んでいるのでしょう。

ただ、お菓子大国であるヨーロッパで市民権を確立している日本発のお菓子は少ないのが実情です。その中で際立った存在感を示しているのが、日本でもおなじみに江崎グリコの「ポッキー」です。1966年から発売されているため、Feriも子供の頃から親しんでいました。

ポッキーは、海外展開している数少ない日本生まれのお菓子です。海外でもポッキー(Pocky)という商品名で販売している国もありますが、国によってはポッキーの名称がふさわしくない(良くない言葉)ため、別の名称が使われています。

ご存じの方も多いと思いますが、オーストリアをはじめとするヨーロッパでは、恐れ多くも「MIKADO」という名称です。

こちらで、いつ頃から販売が始まったのかは、よくわかりませんが、少なくとも一定の支持を集めているからこそ、スーパーマーケットでも「定番商品」として棚を確保しているのでしょう。以前、このブログでもご紹介したようにホイリゲで、スナックとして販売しているくらいですから(詳しくはこちら)。

20191019002先日、某スーパーマーケットに立ち寄ったところ、ワゴンで特売を行っていました。通常1.99Euroのところ、1.32Euroになっていました。ただ、まとめ買いが条件のようですが‥

余談ですが、ポッキーの芯部分はプリッツですが、こちらはヨーロッパ起源のお菓子「プレッツェル」に由来するものだそうです。

今日は、オマケで日本食材の話題をもう一つ。こちらで販売されている日本食材の中には、日本では販売されていない商品もあります。

Continue reading "MIKADO特売中 "

| | Comments (0)

October 18, 2019

Tag der Wiederbelebung

201910170112019年も自然災害が多発した日本ですが、9月9日が「救急の日」ということで、各地で様々な行事が行われたと思います。

Feriは、専門家ではないので、詳しくないのですが、10月16日は「Tag der Wiederbelebung」(国際蘇生デー)という日だったようで、ウィーンでも関連した行事が行われています。

最近は、日本でも街中でAEDを設置しているところを数多く見かけるようになりました。AEDは、「異常な拍動を繰り返し、ポンプとしての役割を果たしていない状態の心臓を、電気ショックによって一時静止させることで正常な拍動の再開を促す装置。

20191017013AED使用で、一時静止させられた心臓は、本来は自動的に拍動を再開するそうですが、酸欠などの状態にあると拍動が再開しにくいため、AED使用後、速やかに胸骨圧迫(一般に心臓マッサージといわれるもの)を行う必要があるそうです。

AED使用の有無にかかわらず、心停止に至った場合、なるべく早く心肺蘇生を試みることが、命の維持につながることは間違いありません。

一般の人たちに対して、このような活動を啓蒙するために「Tag der Wiederbelebung」が制定されました。

生活習慣の違いによるためなのか、日本よりもヨーロッパの方が、心臓疾患が多いようで、実際に街中で突然、倒れて死亡する方も多いという話を耳にしたことがあります。

Continue reading "Tag der Wiederbelebung"

| | Comments (0)

October 17, 2019

犬がお掃除中

20191017003今日は「清掃局の話題」をお届けしましょう。

日本で言うところのウィーン清掃局MA48(正式な名称は異なりますが‥)は、ゴミの収集はもちろんですが、街をきれいにするための啓蒙活動を色々と行っています。

各種ポスターなどは、その代表ですが、日本と異なり、ウィットに富んだ内容になっています。ある意味、住民の注目度を上げるための考え方なのかもしれません。

20191017001オーストリアでは、ペットを飼っている飼い主のマナーは、比較的良いですが、それでも、最近は困った飼い主も増えています。これがウィーンで実施されている大型犬のライセンス制につながっている訳です。

日本よりは少ないとは言え、愛犬の散歩中の糞は、大きな問題。

街中には糞を処理する(捨てる)ための黒いビニール袋が無料で設置されているほか、糞を放置すると罰金(今は50Euro)がかかるようになっています。

余談ですが、この警告看板は、よく見かけますが、破損しているものが多いのも気になります。

20191017002ある意味、硬軟取り混ぜた対策で、街角から「犬の糞」をなくすように努力している訳です。

その一つに清掃当局が実施している啓蒙活動があります。今回、ご覧にいれるようなゴミ箱や清掃車に啓蒙用ポスターを掲出しています。

このポスターの内容を考えるのも、なかなか大変だと思いますが、思えず見てしまうような内容になっていますね。

最初にご紹介したポスターは、犬が「ほうきとちりとり」を持って糞を片づけている図柄。芸が細かいのは、後ろで別の犬が、その様子を見ているところです。

Continue reading "犬がお掃除中"

| | Comments (0)

October 16, 2019

老舗のおもちゃ屋さんが廃業

20191015002今日は「お店の廃業にまつわる話題」をお届けしましょう。

皆さまもご存じのようにウィーンには、長い歴史を誇る個人商店が、沢山あります。特に旧市街にある歴史あるお店は、伝統的な建物に店を構えており、ウィーンらしい情緒を醸し出しています。

さて、旧市街、シュテファンドームの近くにGEGRという屋号のおもちゃ屋さんがありました。そう、過去形で語らなくてはいけないのが、悲しいところ。

先日、所用があって近くを通りかかったところ、建物は健在でしたが、内部は空っぽ。どうやら廃業してしまったようです。

以前は、興味深い商品が並んでいるショーウィンドウを眺めるのが、楽しみの1つだったFeriとしては、商品が何もなくなってしまったショーウィンドウを見た時、思わず、足が止まりました。

20191015001_20191015095401SchulerstraßeとStrobelgasseが交わる角にあったので、ご存じの方も多いと思います。

1階が一般的なおもちゃ、2階が模型を中心とした校正でした。2階の売場は床が木張りで、趣のある店構え。Feriも、以前、友人に頼まれた鉄道模型を2階の売場で、何回か買い求めたことがあります。

従業員さんは、比較的若い方が多かったのが、印象的でした。場所柄、比較的お客さまも来店していたような気がしていただけに、ちょっとショックです。

ファザードに1872と書かれているのが、創業した年だと思いますので、150年近い歴史を誇っていたことになります。創業150年を前に廃業とは‥

Continue reading "老舗のおもちゃ屋さんが廃業"

| | Comments (3)

October 15, 2019

路面電車が数珠つなぎ

20191015001こちらでも引き続き、台風19号の影響で甚大な被害が発生している日本の状況が報道されています。考えてみると、日本で、これだけ広範囲に堤防が決壊し、河川が氾濫したという例は希ではないでしょうか。 Feriも驚いたのは、新幹線長野車両センターが千曲川決壊の影響で冠水したことです。車両基地は、広大なスペースが必要なため、建設できる場所が限定されてしまいます。また、一級河川である千曲川で大規模な反乱が起こるとは考えてもみなかったと思います。

ただ、車両10編成が冠水したことに加えて、車両の研修設備も冠水しているため、車両の点検や修理は別の基地で行う必要があるため、復旧にはかなりの時間が必要だろうと思います。

また、箱根登山鉄道をはじめ、鉄道関係の被害も甚大で、今後、復旧に向けて関係者の皆さまの苦労は想像を絶するものがあると思います。

2019100901 さて、気を取り直して今日は「路面電車の話題」をお届けしましょう。ウィーンの路面電車は路線網が充実している上に、路面でも優先交通権が確保されているところが多く、非常に便利な公共交通期間だと思います。

また、ウィーンの場合、途中での折り返し設備が数多く設置されているため、デモ行進や各種イベントで道路が閉鎖される場合、鵜飼運転を柔軟に実施することができます。

しかし、事前に予想できない事故の場合は、どうしようもありません。先日、所用があって旧市街へ出かけた帰り、市庁舎前に出たところ、内回りの停留所にある運行表示器に運行停止中の案内が‥

2019100902そのままマリアテレジア広場方面に歩いて行ったところ、Dr. Karl Renner Ringの手前で大変な光景を目にしました。

1系統のULFを先頭に、何編成もの路面電車が数珠つなぎ状態になって止まっているではありませんか。この区間はRingでも運行系統が多い場所。1系統、2系統、D系統、71系統などの定期路線に喰われて、RingTramも運行されています

そして、内回りの軌道上には救急車の姿が‥ どうやら何かの事故が発生したようです。しかも、救急車は通常タイプのものに加えて、もう1台。もしかしたらドクターを現場へ運んできたのかも知れません。

2019100905歩道上には救急隊員に加えて警察官らしい姿も‥ 具体的にどのような事故だったのかははっきりしませんが、Feriが外回りの停留所で路面電車を待っていると、数分で救急車が2台とも移動を開始。しかし、サイレンは鳴らしていなかったので、搬送は行われなかったということでしょう。

救急車が軌道上から出たことで、進路が開け、先頭の1系統から順次、運転を再開しました。

2019100904臨時停車中に、多くのお客さまは降りてしまっていたようですが、各停留所で待っているお客さまもいるため、全車が一斉に走り出すことはできず、順番待ちという形になっていました。

この渋滞にはRingTramも巻き込まれていましたが、さすがに、こちらはお客さまが乗ったままでした。

通常の鉄道では、駅以外に臨時停車してしまうと乗客を降ろすことができないため、事故の際は、原則として駅で運転を抑止するパターンが多いようですが、さすがに路面電車。

Continue reading "路面電車が数珠つなぎ"

| | Comments (0)

October 14, 2019

学校を改築中ですが‥

20191013010日本では、今日は「体育の日」でお休みだと思います。ただ、台風19号の被害が甚大なので、「それどころではない」という方も多いかもしれません。台風の直撃を受けなかった地域でも大雨で、河川が氾濫するなど、やはり台風は侮れません。

また、10月14日は「鉄道の日」(鉄道記念日)です。各種イベントが企画されていたと思いますが、こちらも台風の影響で中止になっていることでしょう。

こちらでも通信社の情報などを使って報道が行われています。ご存じの方も多いと思いますが、地震と異なり、河川の増水による水害は、比較的多く発生します。こちらも注目するほどの被害が発生したということをお伝えしておきます。

20191013006さて、今日は「学校改築の話題」です。最近、ウィーンでは人口増加にともなって、小中学校の需要が増えているようで、このブログでもお伝えしたように新しい学校の新設も行われています。

先日、Ottakringに行った際、馴染みのホイリゲ途中にあるNMSi Wiesberggasseという学校が大規模改築工事を行っていました。新学期が始まっている中での改築工事なので、生徒さんは一時的に2つの学校へ分散して、授業を受けているそうです。

20191013005ウィーンの学校は、日本と異なり、広い校庭を学校の敷地内に備えているところは少ないようです。そのため、「一見すると普通の建物に見える学校」が結構、存在します。まぁ、玄関の表示を見ればすぐにわかりますが‥

この学校も伝統的なスタイルの建物で、いかにも「ウィーンの学校」というイメージです。朝、親御さんに連れられた生徒さんが通学しているシーンを見たこともあります(最後の写真が通学時の風景です)。

20191013004この学校ですが、デジタルテクノロジーを駆使した新しタイプの学校です。そのため、教育方法も工夫が凝らされているようです。

今回の改修ですが、道路に面したファザードは、そのまま活用しているようですが、たまたま裏側を見ることができる場所を通りかかったらびっくり仰天。

壁の一部を壊しており、間取りの変更を含む、かなり大規模な工事のようです。もしかすると、教育内容や手法の変更に合わせて、校舎の改築となったのかもしれません。

そして、Feriが一番驚いたのは、上を見たとき‥

20191013002何と上層階に建物を継ぎ足しているようなのです。当たり前ですが、現場に立ち入ることができない一般人のFeriとしては、遠くから様子を観察する以外に方法はありません。

工事は2018/19学年度終了後に開始されたもので、2フロアが増設されます。鉄骨の骨組みが見えることから、現在の建物の上に新しい教室を増設する訳です。従来の建物に継ぎ足すため、強度は大丈夫なのでしょうか。

日本の場合、地震という問題があるので、柱がつながっていないと強度に問題が出そうです。しかし、こちらの場合、日本のようなシビアな耐震基準はありませんから、単純な継ぎ足しでも大丈夫なのかもしれません。

そのため、資材を運ぶために必要なこちらの建設現場ではおなじみの巨大なタワークレーンが学校前にそびえ立っていました。

Continue reading "学校を改築中ですが‥"

| | Comments (0)

October 13, 2019

Wiener Linienが、新ファッションを販売

20191012010日本では台風19号による豪雨で多くの河川が氾濫したようですが、皆さまがお住まいの地域は、いかがだったでしょうか。さて、今日は、このブログではほとんど取り上げない「ファッションの話題」です。何しろFeri自身、関心が薄もので‥

さて、今夏、突如、水着を販売し話題を集めたWiener Linien。その際、「続編を企画している」という案内がありましたが、本当に続編が登場しました。

今回はKollektion WL19という名のストリートファッション。“Trag deine Öffi-Liebe”というコンセプトで開発された若者向けのコレクションです。クールな黒を基調に、Wiener Linienのロゴをあしらったデザイン。

WL19は9つのアイテムで構成されており、多くはユニセックスで着用できます。今回発売されるのは、ウインドブレーカー(149 Euro)、スウェットパンツ(79 Euro)、Tシャツ(45 Euro)、クロップドトップ(39 Euro)、ボディ(99 Euro)、靴下( 19Euro)、ベルト(39Euro)、ショルダーバッグ(35Euro)、スカーフ(35Euro)。全て同じコンセプトでデザインされています。全て限定版(Limited Edition)です。まぁ、限定版として、売り切り完売を目指しているのでしょう。

まだ、写真が1枚しか公開されていないため、コレクションの全容は、よくわかりません。今回のファッションもウィーンのデザイナーズレーベルPeng!とのコラボレーションです。そして、前回、スイムウェア開発にも携わったStudio Miyagiも関わっていると伝えています。

Feriは、この手の話はまったく詳しくないので、どの程度、人気のあるレーベルなのかは存じません。

Continue reading "Wiener Linienが、新ファッションを販売"

| | Comments (0)

October 11, 2019

DESIGN DISTRICT 1010が開催されました

20191011003今日は、先日ウィーンで行われた「デザインに関するイベントの話題」をお届けしましょう。ウィーンでは、様々な展示会やイベントが開催されるのは、皆さまもご存じのとおりです。

今回は「五感でデザインを体験する」というコンセプトで、10月4日から6日までの3日間、HOFBURGを中心に旧市街でデザインに関するイベント「DESIGN DISTRICT 1010」が開催されました。

20191011004「Living & Lifestyle Messe」という副題が付けられているように、今回のイベントでは、インテリアデザイン、ライフスタイル、テクノロジー、アートなど幅広いジャンルが取り上げられたのが特徴。

約200のブランドが出展し、会場は巨大なショールームとなりました。旧市街にある企業のショールームが会場になっているケースも多かったようです。

HOFBURG内では、専門家が参加したフォーラムが開かれ、多彩なスピーカーが登場したようです。こちらは専門家向けの内容ですが、今回のイベントで、もう一つ注目されたのは、旧市街の中にパビリオンを設置し、一般の方も自由に見学できるようになっていた点です。

20191011005ガイディングツアーも開催されていたようですが、フラリと立ち寄って興味のある展示物を見学するのも、もちろんOKです。Feriは専門的な展示内容に関しては、門外漢なので、参加しませんでしたが、旧市街の街中で見かけた展示を、写真でご紹介しましょう。

トップの写真はGrabenで見かけた「自動車のオブジェ」。今回のイベントでは、Mazda Österreichがパートナー企業に名を連ねているため、同社の出展のようでした。

場所柄、人気が高く、この前で、記念写真を撮影している観光客の姿を数多く見かけました。

20191011001次にご紹介するのは、メイン会場となったHOFBURG前のMichaelerplatzに仮設されたブース。

Geberitというスイスに本拠を置く水道機器やサニタリーシステムなどを扱うメーカーです。そこに展示されていたのは、こちらでは、まだ珍しい温水便座。

3つ目にお目にかけるのは、MIONETTOという日本でも販売されているイタリアのスパークリングワインメーカーのブース。

Continue reading "DESIGN DISTRICT 1010が開催されました"

| | Comments (0)

October 10, 2019

5 Jahre Wien Hauptbahnhof

20191010005以前、日本では10月10日は「体育の日」で祝日でしたね。1964年、東京オリンピック開催を記念して制定された祝日なので、リアル世代としては感慨深い日でもあります。さて、

今日は「Wien Hauptbahnhofの話題」をお届けしましょう。
今やウィーンを発着する長距離列車が利用するWien Hauptbahnhofですが、早いもので本格開業から今年で5周年。それを記念して本日10月10日にイベントが開催されます。

20191010006Wien Hauptbahnhofは、現在、毎日150,000人を超えるお客さまが利用し、1000本を越える列車が発着しており、単なる駅を越えたランドマークとなっているのは、皆さまもご存じのとおりです。

10日は地下1階の特設ステージで、子供向けプログラム、バンドコンテスト、コンサート、チャリティーオークションなど、さまざまなイベントが開催されます。

また、10月7日からは写真展をはじめとするイベントが構内で開催されています。 20191010003レットをお客さまに配布していました。

お恥ずかしい話ですが、Feriも、このリーフレットをもらって、開業5周年を迎えることに気づきました。

Wien Hauptbahnhofは、2009年12月にSüd Bahnhofの廃止から工事が本格化しました(もちろん、その前から、各種の準備工事は行われていましたが‥)。

20191010001そして、2012年12月9日には駅施設の一部が営業を開始しましたが、まだ、駅構内にも何もない状態。暫定開業でした。

そのため、優等列車の発着は行われず、巨大なプラットホームを使うのは短い編成のローカル列車という不思議な光景でした。

その後、駅構内および隣接地域の開発が進み、2014年12月14日に全面開業しました。ただ、この段階ではSalzburg方面へ向かうÖBB南鉄道の優等列車は、WestBahnhofを利用していました。

20191010004同一プラットホームでの優等列車乗り換えなども可能になり、利便性が向上しましたね。

そしてFlughafenWienにÖBBの優等列車が乗り入れるようになってから、Wien Hauptbahnhof-FlughafenWien間の利用者も増えたような気がします。これも認知度が高まったことが影響しているのでしょう。

すでに、駅に隣接するエリアの再開発もかなり進んでおり、車両基地跡に建設中の新しい街もかなりできあがってきました。

Continue reading "5 Jahre Wien Hauptbahnhof"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧