September 09, 2020

ウィーン国立歌劇場2020/21シーズン「Madama Butterfly」

2020090930最初に興味深いニュースをご紹介しましょう。オーストリアのSebastian Kurz首相は、9月9日、日本の安倍総理と電話会談を行い、二国間の関係を強化するために尽力した安倍総理に感謝の意を表しました。

同時に「オーストリア訪問を要請した」と、こちらのニュースで報じています。安倍総理はSebastian Kurz首相の招待に対し、「元首相と国会議員としての立場で、健康状態が許せばすぐにオーストリアを訪問したい」という意向を表明したと報道されています。

これがきっかけで、2国間の交流が再開されると良いのですが‥しかし、今まで日本の総理は世界では「顔が見えない」と言われていましたが、安倍総理については長期政権であったことも加わって、海外でもよく報じられていますね。

2020090920さて、新型コロナウイルス感染の影響で変則的な運営を強いられるウィーンの歌劇場ですが、何はともあれ9月7日、「Madama Butterfly」のPremiereでスタートを切りました。

しかし、新型コロナウイルス渦の中、オープニングに新演出をぶつけてくるとは、Bogdan Roščić新総裁はなかなかやりますね。

2020090921現在、ウィーンは「Corona-Ampel(コロナ信号)」が黄色であるため、劇場内の規制が若干、厳しくなっています。

劇場ならではの規制が、飛沫防止のため“ブラヴァ”や“ブー”は禁止。拍手は飛沫に関係ないのでOK。右の写真が規制の内容です。

さて、9月7日の「Madama Butterfly」PremiereはORFⅢで生中継されました。

当日の指揮は新しく音楽監督に就任したPhilippe Jordanさん。主なキャストは、以下のとおりです。

-Cio-Cio-San:Asmik Grigorianさん

-Suzuki:Virginie Verrezさん

-Pinkerton:Freddie De Tommasoさん

2020090911-Sharpless:Boris Pinkhasovichさん

-Goro:Andrea Giovanniniさん

Asmik Grigorianさんは、リトアニア出身の方ですが、確かザルツブルク音楽祭の「サロメ」のタイトルロールで高評価を得たと思います。

しかし、ウィーンやオーストリア国内に住んでいるキャストは問題ありませんが、EU内でも海外からの客演となると、色々と大変なことでしょう。

2020090924Feriは、以前、前演出を見たことがありますが、明るい華やかな舞台でした。今回は、最近流行の暗い舞台でしたが、時代設定はオリジナルのまま。その点は、一安心。

オリジナルどおり、2幕構成で、1幕後に休憩。2幕の1場と2場は暗転でした。

2020090913歌手の仕上がりは、テレビで見た範囲では、見事でしたが、これだけは実際に劇場で観ないと(聴かないと)、正しい評価は難しいと思います。何しろオーケストラの演奏と歌手の歌を調整していますから‥

また、舞台装置は抽象的なもので、中央に大きな開口部があり、そこが光るような仕掛けになっています。

オープニングも工夫が凝らされています。まず、幕が上がると序曲の前に、着物をお召しの女性が黄金の扇子を手に踊ります。

2020090914しばらく踊ったところで、前奏曲が奏でられるという趣向です。衣装が蝶々さんのものと同じなので、蝶々さんをイメージしているのかもしれません。

興味深かったのは、襖を模した衝立を黒衣が異動させて、場面転換を図るようになっている点です。

衣装に関しては、異人さん(あえて、こういう表現にしました)は時代考証もしっかりしており、自然な感じ。一方、日本側は、着物を着ているものの、デザインや小道具が何となく妙なデザイン。

2020090915日本から見ると、若干、お隣の国のテイストが混じっているような気もしますが、まぁ、「歌劇」ですから、その当たりは大目に見ましょう。

こちらの方にとっては、古い日本には「異国情調」が満ちあふれていないと困りますから‥

今回の演出で、Feriが一番驚いたのは、2幕から登場する蝶々さんとピンカートンの間にできた子供。今までは子役を使っていましたが、今回、テレビを見ていると何か変。

2020090916よく見ると、何と人形遣いが操る人形なのです。実際の舞台を観れば、オペラグラスで、どのように人形遣いが分担しているかがわかるのですが、カーテンコールに出てきた人形遣いは3名でした。

ということは、現在の人形浄瑠璃文楽と同じ構成です。誰が考えたのか存じませんが、人形浄瑠璃文楽をヒントにしていることは間違いないと思います。

そう言えば、Volksoperでは「オズの魔法使い」で、ドロシーの愛犬は人間が操っているぬいぐるみでしたが、あちらの人形遣いは一人。

そういう意味では、こちらのお客さまにとっては、極めて新鮮に映ったかもしれません。

Continue reading "ウィーン国立歌劇場2020/21シーズン「Madama Butterfly」"

| | Comments (0)

June 27, 2020

グラーツ歌劇場2020/21シーズンプログラム発表

2020062601遅くなっていたグラーツ歌劇場の2020/21シーズンのプログラムが、週末に発表されました。

さっそく、概要をご紹介しましょう。グラーツの場合、2019/20シーズンにPremiereが流れた演目を組み込んでいるのが特徴です。

○オペラ、オペレッタ、ミュージカル
オペラ「Die Passagierin」(乗客、2020年9月18日Premiere)
Mieczysław Weinbergsの作品で、2019/20シーズンにPremiereが予定されていた作品です。アウシュビッツ生存者ゾフィアポスミシュによる同名の小説を元に、元強制収容所の警備員リサと元囚人マルタの出会いを描いた作品です。

本作品は、グラーツ歌劇場の新しい主任指揮者Roland Kluttig氏が指揮を担当します。演出はグラーツ歌劇場でオペラ「アリアーヌと野獣」を手がけたNadja Loschky氏が担当します。

2020062602リサにはDshamilja Kaiser さん、マルタにはNadja Stefanoffさんが起用されます。

ミュージカル「Anatevka」(アナテフカ、屋根の上のヴァイオリン弾き、2020年10月17日Premiere)
Jerry Bockによる名作ミュージカル「アナテフカ」が新演出で上演されます。

オペラ「Madama Butterfly」(蝶々夫人、2020年11月7日Premiere)
日本のファンにも親しまれているプッチーニ作曲の名作オペラ。蝶々さんにはMarjukka Tepponenさん、ピンカートンにはMykhailo Malafiiさんが起用される予定です。

2020062603指揮はグラーツ歌劇場デビューとなるFrancesco Angelico氏が担当します。

オペラ「Die verkaufte Braut」(売られた花嫁、2020年12月12日Premiere)
スメタナの代表作で、楽しい作品です。本作品はKonzert Theater Bernとの共同制作で、Adriana Altarasさんが、グラーツ歌劇場で初めて主演、脚本、演出を担当します。

アンサンブルのTetiana Miyusさん、Pavel Petrovさん、Wilfried Zelinkaさん、Albert Memetiさん、Markus Butterさんの起用が予定されています。

2020062604オペレッタ「Die Großherzogin von Gerolstein」(ジェロルスタン女大公殿下、2021年1月16日Premiere)
毎シーズン1作品上演されるオペレッタ。2020/21シーズンでは、ジャック・オッフェンバックの「ジェロルスタン女大公殿下」が取り上げられることになりました。

日本では浅草オペラ時代に「ブン大将」として親しまれてきた楽しい作品です。当時のフランス軍政を皮肉った「パリのエスプリ」にあふれたオペレッタです。

演出はPeter Lundさん、指揮はMarcus Merkelさんが担当します。タイトルロールのジェロルスタン女大公殿下にはAnna Brullさん、イケメンの兵士フリッツにはAlexander Kaimbacherさんが起用される予定です。

オペラ「Der fliegende Holländer」(さまよえるオランダ人、2021年3月12日Premiere)
ワーグナーの大作。今回、ドイツで高い評価を得ているSandra Leupoldさんが、グラーツ歌劇場で初めて演出を担当します。

Jordan Shanahanさん、Cornelia Beskowさんらの起用が予定されています。

Continue reading "グラーツ歌劇場2020/21シーズンプログラム発表"

| | Comments (0)

June 13, 2020

#soWIENie「Film Festival 2020」開催決定

2020061306 今日は“プラーターにまもなく「Königreich der Eisenbahnen」が誕生(下)”をお届けする予定でしたが、ウィーン市から夏の風物詩、市庁舎前のフィルムフェスティバル(2020 #soWIENie Film Festival 2020 )開催についての発表があったので、こちらをお届けします。

今夏、各地の音楽祭やフェスティバルが新型コロナウイルス感染の影響で中止になっているため、Feriは「市庁舎前のフィルムフェスティバル」も中止になると思っていたのですが、運営スタイルを変えて実施することが、ウィーンから発表されました。

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、「集近閉の防止」がポイントになります。屋外なので閉鎖空間に関しては、問題ありません。主にソーシャルディスタンス確保がポイントになります。

2020061301そこで、今年の市庁舎広場は、図のように映画観賞エリアと、完全に独立した喫食エリアに分割されます。昨年まで見られたスタンド席は、「集」「近」を阻止できないため、廃止になりました。

そして、映画鑑賞エリアへの入場は「密」を避けるため、完全予約制(Webからの予約、ただし、無料は継続)になりました。

イベント会場のこのような構造により、規定の安全距離と保護対策が可能になります。12日の記者会見では、まだ正式な座席図は発表されませんでした。

当然、入口と出口は分離されます。映画鑑賞エリアへの入口はLichtenfelsgasse側にあり、ここで当日、有効な予約券が確認が行われます。

2020061305入場に際して、アルコールを使った消毒なども行われる可能性もあると思います。屋外なので入場者にはマスク着用の義務はありませんが、手洗いの徹底、咳エチケットの遵守、体調が悪い場合は、来場しないといった要請が出ています。

入場時間は映画上映開始の2時間前から。また、上演終了後、1時間以内に2箇所の出口(FelderstrasseとLichtenfelsgasse)から退出することが求められます。

なお、当日有効な入場券を所持している場合、入場後の退出、再入場は可能です。

300平方メートルのスクリーン前に設置される映画鑑賞エリアは、ソーシャルディスタンスを確保するため、500席が設けられますが、2人席と4人席のボックスにグループ化されます。何となく「椅子のある枡席」といった趣です。

この他、お客さまの安全を確保するため、様々な案内表示が設置されることになっています。

2020061302一方、ブルグ劇場側の喫食エリアについても、様変わりします。従来は、会場内に設置されているテーブルを自由に利用できるようになっていましたが、こちらもソーシャルディスタンスを確保するため、枡席状になります。

喫食エリアは、長年のパートナーであるDO&COが全体を取り仕切ります。今年のモットーは“小さいけれど良い”。こちらも500席の客席が設けられます。

営業時間は11時から深夜まで。こちらについては、予約が必須ではありませんが、主催者側は映画祭のサイトからの事前予約を推奨しています。

2020061303開演時間については、終演を合わせるためか、作品によって20時30分から21時15分までと、ばらつきがあります。

気になるプログラムですが、今年はベートヴェン生誕150周年がメインになりますが、オペレッタファンにとって忘れてはならないのはフランツ・レハール生誕150周年の歳であること。

今年のフィルムフェスティバルは、7月4日(土曜日)、ベートーヴェンのオペラ「フィデリオ」で幕を開けます。交響曲第9番をはじめ数々の作品が、週1回のペースで上演されます。

Continue reading "#soWIENie「Film Festival 2020」開催決定"

| | Comments (0)

June 03, 2020

アン・ディア・ウィーン劇場2020/21プログラム発表

2020060311オペラを中心に独自のプログラム展開を行っているTheater an der Wienから、2020/21シーズンのプログラムが発表されました。

2020年3月に公演予定だった「Der feurige Engel」は、新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、上演中止となりましたが、2021年3月17日にプレミアが設定されました。

ご存じのようにアン・ディア・ウィーン劇場は、毎シーズン、原則として新演出の作品が上演されます。

○オペラ
Zazà(ザザ、Ruggero Leoncavallo作曲)、2020年9月16日~27日までに6公演上演
Porgy and Bess(ポギーとベス、George Gershwin作曲)、2020年10月14日~24日までに10公演上演
Le nozze di Figaro(フィガロの結婚、Wolfgang Amadeus Mozart作曲)、2020年11月12日~23日までに6公演上演
Platée(プラテ-、Jean-Philippe Rameau作曲)、2020年12月14日~31日までに6公演上演
Thaïs(タイス、Jules Massenet作曲)、2021年1月19日~30日までに6公演上演
Belisario(ベリザーリオ、Gaetano Donizetti作曲)、2021年2月16日~27日までに6公演上演
Der feurige Engel(炎の天使、Sergei Prokofjew作曲)、2021年3月17日~28日までに6公演Premiere
Saul(サウル、Georg Friedrich Händel作曲)、2021年4月16日~27日までに6公演

○Oper konzertant(コンサート形式オペラ)
アン・ディア・ウィーン劇場の場合、コンサート形式で上演されるオペラは、原則として1回限り。つまり、全てPremiereです。

Carlo il Calvo(Nicola Antonio Porpora作曲)、2020年9月20日上演
Oreste(オレスト、Georg Friedrich Händel作曲)、2020年11月15日上演
Egmont & Leonore(エグモントとレオノーレ)、2020年11月28日上演。ベートヴェン生誕250周年記念作品です。
Messiah(メサイヤ、Georg Friedrich Händel作曲)、2020年12月17日上演
Cajo Fabrizio(Johann Adolf Hasse作曲)、2021年1月25日上演
Winterreise(冬の旅、Franz Schubert作曲)、2021年1月29日上演
Armida(アルミーダ、Antonio Salieri作曲)、2021年2月19日上演
Himmelerde(Familie Flöz、Musicbanda Franui作曲)、2021年2月26日上演
Argippo (アルジッポ、Antonio Vivaldi作曲)2021年3月22日上演
Orlando paladino (騎士オルランド、Joseph Haydn作曲)、2021年4月19日上演
Tamerlano(タメルラーノ、Georg Friedrich Händel作曲)、2021年4月22日上演

○バレエ
An die Freude/Hamburg Ballett、2021年5月5日~5月7日まで3公演

Continue reading "アン・ディア・ウィーン劇場2020/21プログラム発表"

| | Comments (0)

May 27, 2020

速報 2020/21シーズンVolksoperプログラム発表

20200527015月27日、19時45分からORFⅢで放送された「Kultur Heute Spezial」で、Volksoperの「Präsentation der Saison 2020/21」が行われました。

通常よりも1ヶ月半遅い発表ですが、さっそく、来シーズンのプログラム概要をご紹介しましょう。

ただ、歌劇場に関する新しい上演ルールが決まっていないため、今までと同じように実施されるのか、何らかの新しい規制が導入されるのかは、未定です。

2020/21シーズンですが、プレミアは10演目、再演は5演目、レパートリーは22演目となっています。今回、写真はVolksoperの公式写真をお借りしています。

シーズンのスタートは9月1日で、演目は「Die Fledermaus」に決まりました。

○オペレッタ
2020/21シーズンでは、オペレッタが全く上演されない月はありません。この点は評価できます。
プレミア
オペレッタの新作は1演目です。
-「Der Teufel auf Erden(地上の悪魔)」:2020年12月5日プレミア
Franz von Suppéの生誕200年を記念して取り上げられることになりました。1978年にカール劇場で初演が行われたスッペ後期の作品です。ほとんど上演される機会がない珍しい作品です。

最近、Volksoperのオペレッタで「定番」の演出改訂は、厳しい評価が下ることが多く、観客動員も思わしくない傾向があります。昨シーズンの「にんじん王」のように、珍しい作品の場合、過去の名演出と比較されることがないため、リスクは少ないような気がします。

そのように考えると、この演目を引っ張り出してきたのは、ある意味、正解かもしれません。

2020052711指揮はAlfred Eschwéさん、演出・舞台装置・衣装はHinrich Horstkotteさんが担当します。キャストも発表されており、HöllenknechtにRobert Meyerさん、Engel außer DienstにChristian Grafさん、Iska, TanzschülerinにJohanna Arrouasさん、 Ismail, TanzschülerにCarsten Süssさんらが起用される予定です。

再演
オペレッタの再演は2演目です。
-「DIE LUSTIGE WITWE(メリーウィドウ)」:2020年9月~10月に5公演
2019/20シーズンの再演が流れたので、横滑りです。すでに準備ができていたためか9月から10月にかけて上演されます。

2020052713きれいな舞台で、演奏も良いのですが、なぜ、かつてのような人気が出ないのか、疑問です。Hanna GlawariにはRebecca Nelsenさん、Graf Danilo DanilowitschにはAlexandre Beuchatさん、Baron Mirko ZetaにはSebastian Reinthallerさん、ValencienneにはJohanna Arrouasが起用されます。

Hanna GlawariのRebecca Nelsenさんは期待が持てます。また、Sebastian ReinthallerさんのZetaにも注目です。

-「Das Land des Lächelns」(微笑みの国)」:2021年3月~4月に8公演
2007/08シーズンにプレミアが行われました。2010/11シーズン以来、久しぶりに「Das Land des Lächelns」が戻ってきます。

2020052712Beverly Blankenshipsさんの演出は、中国カラー全開でしたね。

Prinz Sou-ChongにはSzabolcs Bricknerさん、LisaにはSophia Brommerさん、Graf GustavにはMichael Havlicekさんらの起用が予定されています。

 レパートリー
珍しく6演目がラインナップされました。
-「Die Fledermaus(こうもり)
-「König Karotte(にんじん王)」:2020年10月~11月に7公演
-「Meine Schwester und ich(姉さんと私)」:2020年12月29日~2021年1月22日に6公演
-「Die Csárdásfürstin(チャールダーシュの女王)」:2021年2月~3月に10公演
-「Gräfin Mariza(伯爵令嬢マリッツア)」:2021年4月~5月に5公演
-「Der Zigeunerbaron(ジプシー男爵)」:2021年5月~6月に8公演

オペレッタでは「Orpheus in der Unterwelt(地獄のオルフェ)」が外れました。

20200527102ただ、シーズンを通して上演されるのは「DIE FLEDERMAUS(こうもり)」だけで、それ以外の演目は、期間限定方式になっています。これも出演者の確保が難しいことが要因だと思われます。

○オペラ
オペラに関しては、1ヵ月に1ないし2演目程度に減っています。
プレミア
来シーズンは4作品が新演出で上演されます。
-「Die Zauberflöte(魔笛)」:2020年10月17日プレミア
モーツァルトの定番が新演出で上演されます。演出はHenry Masonさん、舞台装置・衣装はJan Meierさんが担当します。かなり斬新な演出になりそうです。

-「Macht des Schicksals(運命の力)」:2020年11月7日プレミア
ヴェルディの作品。今回はコンサート形式での上演となります。Leonore di VargasさんにはMelba Ramosさんが起用される予定です。

2020052715-「Der Tod in Venedig(ヴェニスに死す)」:2021年4月17日プレミア
ベンジャミン・ブリテン最後のオペラです。演出はVolksoperでは初となるDavid McVicarさんが担当します。

-「Leyla und Medjnun(レイラとメジュヌン)」:2021年6月24日プレミア
Detlev Glanertの現代音楽劇。1988年にミュンヘンで初演されました。本作品はVolksoperではなくKasino am Schwarzenbergplatzで上演されます。

Continue reading "速報 2020/21シーズンVolksoperプログラム発表"

| | Comments (0)

May 13, 2020

BADEN 2020/21シーズンプログラム

2020051311Volksoperの来シーズンプログラムは、まだ発表されていませんが、BADENの2020/21シーズンのプログラムが発表になりました。最近は冬シーズンと夏シーズンが同時に発表されるようになりました。

まず、2020年6月からの夏シーズンは、現時点では予定どおり上演されるかどうかは、はっきりしません。ただ、一応、上演禁止が6月末までなので、場合によっては7月以降、上演される可能性は残っています。

さて、2020年夏のプログラムはオペレッタが「白馬亭にて」と「蒼いマズルカ」(いずれも夏劇場)、ミュージカル「サンセット大通り」(冬劇場)ですが、6月にPremiereが行われる予定だった「白馬亭にて」は、全公演のキャンセルが決定しました。「白馬亭にて」の大ファンであるFeriとしては、かなりの衝撃‥ 7月にPremiereを迎える残りの2作品については、現在でもチケットの予約は可能です。

このタイミングでの発表をみると、恐らく2019/20シーズンの公演休止に関係なく、既に決定していたプログラムを上演することにしたのだろうと思われます。ウィーン国立歌劇場と同じパターンです。

10月以降ですが、次のような演目がラインナップされました。

2020051313○オペレッタ
GRÄFIN MARIZA」(伯爵令嬢マリッツア、2020年12月19日Premiere)
Emmerich Kálmán作曲の傑作。今更、説明する必要はありませんね。2021年2月4日まで、12公演上演されます。2020年のシルベスター公演も、同作品に決まりました。

タイトルロールのGräfin Mariza にはCornelia Horakさん、Graf TassiloにはReinhard Alessandriさん、Baron Koloman ZsupánにはThomas Zistererさん、LisaにはVerena Barth-Jurcaさんの起用が予定されています。恐らくオーソドックスな演出だろうと思うので、期待できます。

DER VETTER AUS DINGSDA」(2021年4月24日Premiere)
Eduard Künneke作曲の作品ですが。ほとんど情報がありません。1921年にベルリンで初演された作品です。

Badenの場合、あまり上演される機会のない作品を取り上げる傾向がありますが、その一つと言えるでしょう。

ただ、公演回数が4月30日まで、わずか3回と少ないのが玉に瑕。2020/21シーズン、いわゆる市劇場で行われる「冬公演」ではオペレッタは、この2作品と寂しい限りです。

2020051314EINE NACHT IN VENEDIG」(ヴェネツィアの一夜、2021年6月18日Premiere)
こちらは2020/21シーズンの「夏公演」で上演されるため、会場は夏劇場です。2021年9月3日まで13公演、上演されます。

Guido, Herzog von UrbinoにはIurie Ciobanuさん、CaramelloにはClemens Kerschbaumerさん、AnninaにはIvana Zdravkova、さん、PappacodaにはFrenzel Baudischさん、CibolettaにはVerena Barth-Jurca,さんの起用が予定されています。

夏劇場は舞台が狭いので、シンプルな演出になると思われます。

EVA」(エヴァ、2021年7月30日Premiere)
2020/21シーズン「夏公演」の2作品目は、Franz Lehár作曲の「EVA」になりました。2021年9月2日まで11公演、上演されます。「工場の娘」というタイトルで紹介されることがある作品で、工場で働く少女のシンデレラストーリー。

1911年にアン・ディア・クィーン劇場で初演されました。タイトルロールのEVAにはSieglinde Feldhoferさんが起用されます。

Continue reading "BADEN 2020/21シーズンプログラム"

| | Comments (0)

April 27, 2020

速報Wiener Staatsoper2020/21プログラム

202004270064月26日、ウィーン国立歌劇場が、例年とは異なり、ORFⅢの特別番組「Erlebnis Bühne Spezial Spielplanpräsentation der Wiener Staatsoper」を通じて2020/21シーズンのプログラムを発表しました。

通常の記者会見ではなく、総裁と音楽監督の対談に加えて、注目歌手の映像を盛り込むなど、意欲的なプログラムになっていました。本番組は海外へのアピールも兼ねているため、日本からでも視聴できたと思います。

同時に発行された年間プログラム(5Euro)ですが、表紙が随分、変わりました。

2020/21シーズンは9月6日のTag der offenen Tür(オープンハウス)で幕を開けます。それでは、概要をご紹介しましょう。今回は、定番作品の新演出が多いのが興味深いところ。

○プレミア・オペラ
2019/20シーズン後半にプレミアが予定されていた「Così fan tutte(コジ・ファン・トゥッテ、2020年5月22日プレミア予定)と「Un ballo in maschera(仮面舞踏会)」(2020年6月15日プレミア予定)の2作品は、意外なことに2020/21シーズンに引き継がれることなく、消えてしまいました。

20200427003MADAMA BUTTERFLY(2020年9月7日)
今までの演出もオースドックスで良かったのですが、今回、シーズントップを飾って新演出で「マダムバタフライ」が登場です。
Cio-Cio-SanはAsmik Grigorianさん、SuzukiはVirginie Verrezさん、Kate PinkertonはIsabel Signoretさん、PinkertonはFreddie De Tommasoさん、SharplessはBoris Pinkhasovichさん、GoroはThomas Ebensteinさん、SolotänzerinはHsin-Ping Changさん、SolotänzerはTom Yangさんらの起用が予定されています。

DIE ENTFÜHRUNG AUS DEM SERAIL(2020年10月12日)
モーツァルトの定番オペラも新演出で登場します。
Bassa SelimはChristian Nickelさん、KonstanzeはLisette Oropesaさん、Konstanze – Schauspielerinは Emanuela von Frankenbergさん、BlondeはRegula Mühlemannさん、Blonde – SchauspielerinはStella Robertsさん、OsminはGoran Juricさん、Osmin – SchauspielerはAndreas Grötzingerさん、BelmonteはDaniel Behleさん、Belmonte – SchauspielerはChristian Natterさん、PedrilloはMichael Laurenzさん、Pedrillo – SchauspielerはLudwig Blochbergerさんらの起用が予定されています。

EUGEN ONEGIN(2020年10月25日)
チャイコフスキーの代表作。かつて小澤征爾さんが得意としていた演目。
TatjanaはTamuna Gochashviliさん、OlgaはAnna Goryachovaさん、Eugen OneginはAndrè Schuenさん、LenskiはBogdan Volkovさん、Fürst GreminはDimitry Ivashchenkoさんらの起用が予定されています。

DAS VERRATENE MEER(2020年12月13日)
ハンス・ヴェルナー・ヘンツェのオペラ。新しい作品です。

20200427008CARMEN(2021年2月6日)
ビゼーの代表作で、日本の方にも馴染みが深い作品。今までも良い演出でしたが、さて、どうなるのでしょうか。
CarmenはAnita Rachvelishviliさん、Don JoséはCharles Castronovoさん、Escamillo,ToreadorはErwin Schrottさん、MicaëlaはOlga Kulchynskaさん、FrasquitaはSlávka Zámečnikováさん、MercédèsはSzilvia Vörösさん、ZunigaはPeter Kellnerさん、Moralès, Sergeant はStefan Astakhovさん、RemendadoはCarlos Osunaさん、DancaïreはMichael Rakotoarivonyさんらの起用が予定されています。

LA TRAVIATA(2021年3月4日)
ヴェルディの代表作「椿姫」。こちらも日本の方に馴染みの深い作品。定番中の定番オペラと言えるでしょう。
Violetta ValéryはPretty Yendeさん、Flora BervoixはMargaret Plummerさん、AnninaはDonna Ellenさん、Alfred GermontはFrédéric Antounさん、George GermontはIgor Golovatenkoさんらの起用が予定されています。

20200427005PARSIFAL(2021年4月1日)
ご存じ、ワーグナーの大作ですが、出演者で注目を集めそうです。タイトルロールのパルジファルには、当代きってのワーグナー歌手Jonas Kaufmannさんが起用される他、日本のファンも多いElīna Garančaさんがクンドリ(Kundry)として出演します。
この他、AmfortasはLudovic Tézierさん、GurnemanzはGeorg Zeppenfeldさん、TiturelはPeter Kellnerさん、KlingsorはWolfgang Kochさんらの起用が予定されています。また、指揮はPhilippe Jordanさんが務めます。

20200427004FAUST(2021年4月22日)
グノー作曲のオペラ。ゲーテの劇詩をオペラ化したもので、グノーの最高傑作と言われています。
Doktor FaustはJuan Diego Flórezさん、MargueriteはNicole Carさん、Méphistopélès はAdam Palkaさん、Valentin はBoris Pryglさん、Wagner はPeter Kellnerさん、Siébel はVirginie Verrezさん、Marthe はMonika Bohinecさんの起用が予定されています。

L'INCORONAZIONE DI POPPEA(2021年5月22日)
「ポッペーアの戴冠」はモンテヴェルディが作曲したオペラ・セリア。皇帝ネロと悪女として有名なポッペーアの史実に基づく作品。モンテヴェルディ最後のオペラ。
Nerone はKate Lindseyさん、Poppea はSlávka Zámečnikováさん、Ottone, früherer Gatte PoppeasはXavier Sabataさん、Ottavia, Neros GemahlinはChristina Bockさん、SenecaはWillard Whiteさん、Virtù / DrusillaはVera-Lotte Boeckerさん、Arnalta, Poppeas AmmeはThomas Ebensteinさん、Amore / VallettoはIleana Toncaさんらの起用が予定されています。 

20200427002MACBETH(2021年6月10日)
シーズン最後を飾る新演出はヴェルディの「マクベス」。こちらも注目を集めそうです。というにはLady MacbethにAnna Netrebkoさんの出演が予定されているからです。
この他、MacbethはLuca Salsiさん、BanquoはRoberto Tagliaviniさん、MacduffはFreddie De Tommasoさんらの起用が予定されています。

Continue reading "速報Wiener Staatsoper2020/21プログラム"

| | Comments (0)

March 28, 2020

歌劇場の動向

20200327011オーストリアでは、今日から「夏時間」に移行しました。オーストリア航空ですが、新型コロナウイルス感染拡大と各国の入国制限を受けて、全便の運行停止を4月19日まで延長しました。フライトをキャンセルした方が、赤字が出ないと思うので、ある意味、賢明な決断と言えるかもしれません。

ところで、コメント欄で興味深い情報をご提供いただきましたが、オーストリアでも医療崩壊を防ぐため、検査は基本的に発症者に絞っています。

それ故に、外出を事実上、禁止し、接触感染を防止してる訳です。28日、15時現在、感染者数は7995名、死者は68名です。感染者の増加は、若干、低くなってきているようです。また、先日、年代別感染者数が発表されました。

これを見ると、45歳~54歳が最も多く、次に多いのが64歳以上です。逆に5~14歳、5歳以下は非常に少なくなっています。やはり成人で経済活動を行っている人は、色々な人と接触するため、感染者が増えているのかもしれません。

各種の規制により経済活動も制限を受けているオーストリアですが、劇場関連の話題をお届けしましょう。

3月27日の時点では、オーストリア劇場連盟所属の各劇場は4月13日まで休演となっています。ただし、現在、4月と5月の全公演はCulturallでもチケットの販売が休止されています。

20200327001これは公演中止が継続された場合、チケットの払い戻し対応が負担になることを考えているのだろ思います。つまり、状況が流動的であることを物語っています。

さて、チケットの販売も関係するので気になる来シーズンの予定ですが、4月24日に予定されていたVolksoperWienの2020/21シーズン記者会見は中止が決まりました。新しい日程は未定です。

一方、Wiener Staatsoperについては、4月26日11時(現地時間)に2020/21シーズン記者会見が実施される予定です。

それを受けて、Culturallでは4月29日、14時から2020/21シーズンのチケット予約を開始する予定になっています。ただ、これは劇場側が来シーズンのプログラムを予定どおり発表した場合の対応なので、4月26日の状況次第と考えた方が良さそうです。

先日もお伝えしたように、現在、各劇場のボックスオフィスは閉鎖されています。

20200327002なお、グラーツでは4月13日以降の公演については、チケット販売を継続しているようですが、変更や休演の場合があることが明示されています。

なお、休演したチケットを持っている方は、キャンセル以外に別の公演(2020/21シーズンを含む)への振替もできるようです。また、グラーツは、2020/21シーズン記者会見についての情報は、現時点では入手できませんでした。

今シーズンの公演がどうなるかが決められないため、状況によっては来シーズンの公演プログラムにも影響が出ると思います。例えば、公演休止になった期間中に実施予定だったPremiereの扱いなのです。その関係で、通常は4月上旬に記者会見が延期されているのでしょう。

Continue reading "歌劇場の動向"

| | Comments (0)

November 13, 2019

2020年のウィーンは「ベートーヴェン・イヤー」

201911120002今日は、気が早いですが「2020年の話題」です。日本では2020と言えば「東京オリンピック・パラリンピック」で決まりだと思います。
マラソンと競歩の札幌開催など、まだまだドタバタが続きそうで心配ですが‥

さて、毎年、色々なネタを集めてきて記念行事を開催することが多いウィーン。良く言えば「歴史のある街で、人々に注目してもらえるネタが多い」と言えるでしょう。

ちなにに2018年は「100 Jahre Gründung der Republik(共和国創立100周年)」、2019年は「100 Jahre Rotes Wien(ウィーン市の社会民主主義100年)」でした。

このほどウィーン市は、2020年を「Start für Beethoven 2020」にすることを発表しました。

ご存じのようにルートヴィヒ・ベートヴェンはドイツ・ボンの出身ですが、ウィーンでの生活も長く、関連する史跡も数多く残っています。2020年はベートヴェンの生誕250周年に当たることから、偉大な音楽家を記念する年にしたようです。市長は“「音楽の都ウィーン」はベートーヴェン抜きには考えられない”と述べています。まぁ、確かに当たっている面もありますが‥

201911130001今回、「Beethoven2020」では、各施設や団体が独自に企画を実施することに主眼を置き、ウィーン市としては、モーツァルト・イヤーのように総監督を設置しない方針です。どうも、これはウィーン市自身が予算を削減するため、総合プロデュースを断念したようです。

市が主催する(資金を提供する)行事は、2019年12月16日のオープニングパーティと1年後のクロージングパーティ(2020年12月16日)のみ。それ以外は、各施設や団体が、「Beethoven2020」の趣旨に沿って独自に主催することになります。

現在、300近いイベントが企画されており、ウィーン市では、今後、各イベントはウィーン市から発信される予定です。ベートーヴェンの場合、音楽的な功績に加えて、政治的な影響力もあったため、イベントは、その両方からアプローチするようです。現在、公表されているイベントも色々ありますが、ごく一部をご紹介しましょう。

Continue reading "2020年のウィーンは「ベートーヴェン・イヤー」"

| | Comments (0)

October 26, 2019

VOLKS OPER「Das Gespenst von Canterville(カンタヴィルの亡霊)」

201910260010オーストリアでは、週末、夏時間から冬時間へ切り替わります。ウィーン市では、26日から27日にかけて市が管理する時計の時刻調整を実施します。具体的には27日は1時59分の次が、3時00分になります。冬時間の期間は、2020年3月29日まで。

ちなみにオーストリアでは、3月と10月の最後の日曜日に夏時間と冬時間の切替が行われます。オーストリアも、冬模様に突入です。

201910260014さて、今日は「VOLKS OPERのオペラ新作の話題」をお届けしましょう。

ドイツの作曲家Marius Felix Lange氏(マリウス・フェリックス・ランゲ)が作曲したオペラが「Das Gespenst von Canterville(カンタヴィルの亡霊)」です。チューリッヒで2013年に初演され、2014年にベルリンで改訂されました。

VOLKS OPER版は「ピノキオ」の演出を行ったPhilipp M. Krennさんが担当したファミリーオペラです。ハロウィンを前にした10月18日にPremiereが行われました。

20191026011ただ、Feriは、まだ見ていないので、観賞レポートになっていない点はご容赦ください。Premiereの指揮はGerrit Prießnitzさん。主な出演者は、以下のとおりです。

―Sir Simon, Gespenst von Canterville:Morten Frank Larsenさん

―Georg König, Immobilien-Unternehmer:Reinhard Mayrさん

―Virginia, seine Tochter:Anita Götzさん

―Leon, sein Sohn:Lukas Karzelさん

―Noel, sein Sohn:Stefan Bleiberschnigさん

―Mrs. Cecilia Umney, Haushälterin im Schloss :Regula Rosinさん

―David Umney, ihr Sohn :Paul Schweinesterさん

201910260012―Frauke-Beeke Hansen, Assistentin von Georg König :Rebecca Nelsenさん

―Die Stimme von Virginias toter Mutter:Birgid Steinbergerさん

結構、良いメンバーが集まっていますね。ファミリー向けでも、手を抜かないVOLKS OPERらしいところです。また、休憩1回を含んで、上演時間が2時間15分というのも、子供さん連れでも対応できる時間だと思います。

本作品の舞台は、イギリスにある「亡霊が出る」と名高い屋敷。亡霊は新しい住人のアメリカ大使オーティス一家を怖がらせようと奮闘します。

Continue reading "VOLKS OPER「Das Gespenst von Canterville(カンタヴィルの亡霊)」"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧