July 02, 2017

「夏の音楽祭2017」に寄せて

Sfm_vh2017_a4inserat_hoch_nur_logo

オペレッタのレギュラーシーズンが終わり、いよいよ各地で「夏の音楽祭」が始まります。

そこで、夏の音楽祭関連の情報を整理してみました。

Seefestspiele Mörbisch
最近、ゴタゴタ続きのメルビッシュですが、Seefestspiele Mörbischは予定どおり行われるようです。

演目はカール・ツェラーのオペレッタ「小鳥売り」(Vogelhändler)。屋外向けの作品かどうかは微妙ですが、比較的大人数が出演する作品だけに、演出如何ではメルビッシュの大舞台でも楽しめるでしょう。

プレミアは七夕の7月7日(金曜日)。今日の時点でカテゴリー4~9には、まだ空席があるのが気になります。やはりSerafinさんが抜けた穴は大きかったような気がします。

2017年は8月19日まで行われます。例年、終盤に出かけていたFeriですが、今年はどうなることやら‥

Oper im Steinbruch
2017_st_margarethen

メルビッシュに隣接するSt.Margarethenで開催される野外オペラ。石切場という特殊な会場を使っているだけに、最適な作品を選ぶのが難しいような気がします。そのため、一時、中止になりましたが、現在はリニューアルして再スタートを切っています。

2017年の作品はヴェルディの「リゴレット」(Rigoletto)です。Feriは、2009年に同演目を観ていますが、やはり屋外向けの作品とは言えなかったような記憶があります。

やはり「アイーダ」の凱旋パレードように、大人数が出る場面がある作品の方がぴったりだと思います。ただ、そうすると作品が限られてしまい、集客が難しいという面もあるようです。

プレミアは7月12日で、8月19日まで、18回、上演されます。興味深いのは、集客に力を入れるためか、インターネットのチケット購入サイトに送迎バスとチケットがセットになったタイプが出たことです。バスの発着はウィーンとアイゼンシュタットです。

さらにステージツアー付きのチケットも販売されるようになりました。これらもリニューアルの一環なのでしょう。

Continue reading "「夏の音楽祭2017」に寄せて"

| | Comments (0)

June 09, 2017

速報 Baden2017/18シーズン プログラム

20170608ss00001

各劇場で2017/18シーズンの公演プログラムが発表になっていますが、夏公演が行われる関係で、発表が遅れていたBaden(バーデン市立劇場)でも、やっと冬公演のプログラムが公表されました。

特に2017/18シーズンは、フォルクスオーパーのオペレッタが低調なので、FeriとしてはBadenが気になっていました。

しかし、オペラ公演が入ったため、オペレッタは事実上、2作品と、ちょっと寂しい展開です。

オペレッタ
Die Kaiserin(皇妃)
Leo Fallの作品で、1915年にベルリンのメトロポール劇場で初演されました。

ただ、Feriは観たことがないので、内容のご紹介はできません。2017年12月16日プレミア。2018年2月1日まで、12公演が上演されます。

タイトルロールのDie KaiserinにはMiriam Portmannさん、Der Gemahl der KaiserinにはReinhard Alessandriさん、Prinzessin AdelgundeにはVerena Barth–Jurcaさんらの名前が挙がっています。

20170608ss00002

Maske in Blau(青い仮面)
Fred Raymondの作品で、ベルリン・オペレッタです。舞台は1930年頃のサンレモとアルゼンチン。ミュージカルに近い内容です。

この作品も、あまり上演されることはありませんが、Badenでは、かつて夏公演で上演されたことがあります。はっぱさんが鑑賞記をご自身のブログにアップされています(詳しくはこちら)。

2018年1月20日プレミア。2018年3月18日まで、13公演が上演されます。出演者には、Jevgenij Taruntsovさん、Maya Boogさん、Jens Jankeさん、Caroline Vasicekさんなどの名前が挙がっています。

Eine Frau, die weiß, was sie will
オスカー・シュトラウスの作品です。2018年4月20日がプレミアですが、21日のわずか2公演。

出演者にはMatjaž Stopinšekさん、Beppo Binderさん、Georg Wacksさんなどの名前が挙がっています。

Continue reading "速報 Baden2017/18シーズン プログラム"

| | Comments (0)

May 03, 2017

Theater an der Wien2017/18シーズン・プログラム

20170502_x201_00001

今日からゴールデンウィークの「後半6連休」が始まりますね。

日本周辺では、きな臭い話も出ているので、心配ですが、皆さまは、どのようにお過ごしでしょうか。

今日は劇場の発表から、若干、時間がたってしまいましたが、「Theater an der Wien2017/18シーズン・プログラム」をご紹介しましょう。

ちなみに、当劇場は5区のアパートから最も近い歌劇場です。

ご存じのようにTheater an der Wienは、月替わりで1作品のオペラを上演するという方式をとっています。

オペラ
Die Zauberflöte(魔笛)
モーツァルトの定番オペラ「魔笛」がシーズン始めに上演されます。プレミアは2017年9月17日です。9月19日、21日、23日、28日に上演されます。さて、どんな演出になるでしょうね。

Wozzeck(ヴォツェック)
ビューヒナーの戯曲を元に、アルバン・ベルクが作曲したオペラです。貧しい床屋上がりの兵士が、鼓手長と通じた内縁の妻を殺害するという陰惨な物語。1925年に初演されました。Theater an der Wienらしいプログラムと言えるかもしれません。
プレミアは2017年10月15日。10月17日、19日、21日、23日、27日に上演されます。

Hagen(ハーゲン)Die Ring-Trilogie
ご存じ、リヒャルト・ワーグナーのリング三部作です。ただ、通常の公演名を見てもわかるように通常のリングとは異なり、新しくアン・ディア・ウィーン劇場向けに構成された作品です。プレミアは2017年12月1日。12月7日、17日、29日に上演されます。

Siegfried (ジークリート)Die Ring-Trilogie
同じく12月には「Siegfried」が上演されます。プレミアは12月2日。12月9日、18日、30日に上演されます。
20170502_x201_00002
Brünnhilde(ブリュンヒルデ)Die Ring-Trilogie
更に12月には「Brünnhilde」が上演されます。プレミアは12月3日。12月10日、19日、31日に上演されます。
三部作を三日連続で見ることができるという趣向です。しかし、シルヴェスターが「Brünnhilde」というのはTheater an der Wienらしいところ。

Maria Stuarda(マリア・スチュアルダ)
ドニゼッティ作曲のオペラ。「女王三部作」の一つで、テューダー朝とその女性たちを主役としたオペラです。プレミアは1月19日。1月21日、23日、26日、28日、30日に上演されます。

Saul(ソール)
Theater an der Wienが得意とするヘンデルの作品。3幕の「Trauermarsch」(葬送行進曲)は有名かと思います。プレミアは2月16日。2月18日、20日、23日、25日、27日に上演されます。

Der Besuch der alten Dame(老婦人の訪問)
オーストリアの作曲家ゴットフリート・フォン・アイネムの作品です。この作品もTheater an der Wienらしい気がします。
プレミアは3月16日。3月18日、20日、23日、26日、30日に上演されます。

A Midsummer Night´s Dream(真夏の夜の夢)
ベンジャミン・ブリテンの作品。シェイクスピアの戯曲が基になっているのはご存じのとおり。
プレミアは4月15日。4月17日、19日、21日、23日、25日に上演されます。

Continue reading "Theater an der Wien2017/18シーズン・プログラム"

| | Comments (0)

January 29, 2017

フォルクスオーパー「Das Wunder der Heliane」(ヘリアーネの奇蹟)

2017_01_26_gp_heliane_bp_546

今日は、久しぶりに「オペラの話題」です。フォルクスオーパーで上演される作品でも、基本的にオペレッタ以外には余り関心が無いFeri。

2016/17シーズンで上演される興味深いオペラがコルンゴルト作曲の「Das Wunder der Heliane」(ヘリアーネの奇跡)です。

2017年1月28日にプレミアが行われましたが、Feriは観賞していません。という訳で、プレミアレポートではありませんが、友人の話などから、ちょっとだけ様子をお伝えしましょう。

本公演は、コンサート形式での上演なので、珍妙な演出や舞台装置でびっくり仰天‥ということはありません。公演数が3回と少ないのは、上演が大変な作品であるためだからでしょう。

Feriは、コルンゴルトの作品は「死の都」を何回か見ていますが、独特の世界観がある作曲家だという印象です。

「ヘリアーネの奇跡」もコルンゴルト節、全開の作品で、ファンにとっては聞き逃せない公演と言えるでしょう。3幕のオペラですが、合唱が入る前奏が特徴的です。

2017_01_26_gp_heliane_bp_691

聴きどころは、2幕のヘリアーネのアリアですが、クライマックスはオーケストラの演奏がポイントになっています。

指揮はJac van Steenさん。主なキャストは、以下のとおりです。

-Heliane:Annemarie Kremerさん

-Der Herrscher:Martin Winklerさん

-Der Fremde:Daniel Kirchさん

-Die Botin:Martina Mikelićさん

-Der Pförtner:Andreas Mitschkeさん

-Der Schwertrichter:Mehrzad Montazeriさん
2017_01_26_gp_heliane_bp_507_ret

-Der junge Mensch:Szabolcs Bricknerさん

-Erster Richter:Karl-Michael Ebnerさん

-Zweiter Richter:Ben Connorさん

-Dritter Richter :Daniel Ohlenschlägerさん

-Vierter Richter:Christian Drescherさん

-Fünfter Richter:Michael Havlicekさん

-Sechster Richter:Yasushi Hiranoさん

Continue reading "フォルクスオーパー「Das Wunder der Heliane」(ヘリアーネの奇蹟)"

| | Comments (0)

April 20, 2016

グラーツ歌劇場 2016/17シーズン・プログラム発表

Graz201617

各劇場で2016/17シーズンのプログラムが発表されていますが、今日はグラーツ歌劇場の来シーズン・プログラムをご紹介しましょう。なかなか興味深い演目が並んでいます。

○オペラ・オペレッタのプレミア(初演)
-リヒャルト・ワーグナー作曲オペラ「トリスタンとイゾルデ(Tristan und Isolde)」(2016年9月24日プレミア)

-ベニー・アンダーソン、ビョルン・ウルヴァース作曲ミュージカル「チェス(Chess)」(2016年10月15日プレミア)
ABBAのメンバーであるベニー・アンダーソン、ビョルン・ウルヴァースが作曲した冷戦をテーマにしたミュージカルです。1986年のロンドンで初演されました。

Img_2015_02_2349

-シャルル・グノー作曲オペラ「ロメオとジュリエット(Roméo et Juliette)」

-エドヴァルド・グリーグ作曲オペラ「ペール・ギュント(Peer Gynt)」(2016年11月19日プレミア、コンサート形式)

-ジャコモ・プッチーニ作曲オペラ「つばめ(La Rondine)」(2017年1月12日プレミア)

-エメリッヒ・カールマン作曲オペレッタ「サーカスの女王(Die Zirkusprinzessin)」(2017年2月11日プレミア)
毎年、オペレッタが1演目上演されますが、来シーズンは、奇しくもフォルクスオーパーが2016/17シーズンで取り上げたカールマンのオペレッタ「サーカスの女王」がグラーツでも上演されることになりました。演出の違いに注目したいところです。しかし、同じ演目というのは、もったいない気もします。

Continue reading "グラーツ歌劇場 2016/17シーズン・プログラム発表"

| | Comments (0)

April 19, 2016

アン・ディア・ウィーン劇場 2016/17シーズン・プログラム発表

Sn00563

各劇場で来シーズンのプログラムが発表になっていますが、アン・ディア・ウィーン劇場でも2016/17シーズンのプログラムが発表になりました。

その概要をお伝えしましょう。なお、皆さまご存じのように、同劇場では月替わりでオペラが上演されるパターンです。例によって個性的なプログラムが多いですね。

○オペラ
-シャルル・ルイ・アンブロワーズ・トマ作曲「ハムレット(Hamlet)」(2016年9月14日プレミア)
-アントニオ・サリエリ作曲「ファルスタッフ(Falstaff)」(2016年10月12日プレミア)
-ジュゼッペ・ヴェルディ作曲「マクベス(Macbeth)」(2016年11月11日プレミア)
-ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲「ドン・ジョヴァンニ(Don Giovanni)」(2016年12月12日プレミア)
-ヘンリー・パーセル作曲「妖精の女王(The Fairy Queen)」(2017年1月19日プレミア)
-ヴェルナー・エック作曲「ペール・ギュント(Peer Gynt)」(2017年2月17日プレミア)
-ジョアキーノ・ロッシーニ作曲「イングランドの女王エリザベッタ(Elisabetta)」(2017年3月17日プレミア)
-ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ作曲「若い恋人たちへのエレジー(Elegie für junge Liebende)」(2017年3月2日プレミア)

○コンサート形式オペラ

-Georg Friedrich Händel作曲「Il delirio amoroso」(2016年9月17日、Wiener Philharmonikerによる上演)
-Henry Purcell作曲「Dido und Kleopatra」(2016年9月24日)
-Antonio Salieri作曲「Les Horaces」(2016年10月18日)
-Jean-Philippe Rameau作曲「Zoroastre」(2016年11月16日)
-Christoph Willibald Gluck作曲「Orpheus」(2016年11月23日)
-Giovanni Battista Pergolesi作曲「Adriano in Siria」(2016年12月16日)
-Antonio Vivaldi作曲「Juditha Triumphans」(2017年1月25日)
-Johann Adolph Hasse作曲「Piramo e Tisbe」(2017年2月28日)
-Claudio Monteverdi作曲「Il ritorno d´Ulisse in patria」(2017年3月22日)
-Nicola Antonio Porpora作曲「Germanico in Germania」(2017年3月30日)
-Georg Friedrich Händel作曲「Ariodante」(2017年5月12日)
-Joseph Haydn作曲「Die Schöpfung(szenisch)」(2017年5月15日・16日)

Continue reading "アン・ディア・ウィーン劇場 2016/17シーズン・プログラム発表"

| | Comments (1)

December 29, 2015

フォルクスオーパーの「La Bohème(ラ・ボエーム)」

Img_2015_12_8089_01

最近は、自分の予算の関係でオペレッタ以外ごぶさたなFeriですが、演出が良さそうなのでVolksoperのオペラ「La Bohème」を観てきました。

ご存じ、プッチーニのオペラですが、クリスマスの「寂しいお話」である上に、貧しボヘミアン達が主役なので、貧乏くさいという観点から好き嫌いが強い作品です。

しかし、日本では、比較的人気の高い作品です。日本人には「赤貧の青年達」に共感する風土があるのでしょうかね。
さて、この作品は通常、イタリア語で上演されますが、フォルクスオーパーでは、お得意のドイツ語版で上演されます。ちなみにFeriは、2010年2月に観ていますが、時間がだいぶ経過しているので、どのようになっているかも気になりました。

演出はHarry Kupferさんの手によるもの。上演時間は2時間15分。休憩1回というパターンです。このプロダクションは2014/15シーズンに再演されたもので、Feriが観た回は、通算上演回数94回目でした。

Continue reading "フォルクスオーパーの「La Bohème(ラ・ボエーム)」"

| | Comments (0)

December 25, 2015

フォルクスオーパーの「ヘンゼルとグレーテル」

Img_2015_12_8497_01

25日ですが、ウィーンは朝は霧に包まれましたが、太陽が昇り出すと、昨日と同じ快晴に恵まれました。過ごしやすいクリスマスになっています。今日からフォルクスオーパー、国立歌劇場とも上演が再開されますね。

さて、毎年、クリスマスの時期に上演されるフンパーディンクのオペラ「ヘンゼルとグレーテル」。今年は、国立歌劇場も参戦して、競争が激しくなりました。

当然Feriは、いつもお世話になっているフォルクスオーパーの方へ足を運びました。

「ヘンゼルとグレーテル」の魅力は、何と言っても毎回、怪演を見せるヒール役魔女の存在。毎年、個性的な歌手が起用されます。

かつては、オペレッタ歌手として名声を得ていたAdolf Dallapozzaさんが務めていたこともあります。かつての名ダニロですよ。

2010年12月にはAdolf Dallapozzaさんの「お誕生日記念公演」が「ヘンゼルとグレーテル」でした(詳しくはこちらから)。

2015年の「ヘンゼルとグレーテル」ですが、例年よりも上演開始が遅く、12月23日が初演となりました。

Feriが観た日は、指揮がChristof Prickさんでした。主なキャストは、以下のとおりです。

Continue reading "フォルクスオーパーの「ヘンゼルとグレーテル」"

| | Comments (0)

October 24, 2015

Edita Gruberovaさん出演「Anna Bolena」

Img_215_10_6221_01

Edita Gruberovaさんが国立歌劇場に出演する時は、必ず現れるFeri。しかし、まだ記事になっていないので、どうしたのかとご心配の皆さま。ご安心ください最終公演を観てきました。

2015/16シーズン、グルベローヴァさんが、国立歌劇場に出演する唯一の演目が「アンナ・ボレーナ」です。2012年の来日公演の際、出演されたので、ご覧になった日本のファンも多いことでしょう。

ところで、10月の国立歌劇場ですが、Anna Netrebkoさんが出演する「Eugen Onegin」が上演されるので、普通のお客さまはこちらの方に関心が集まったようです。しかし、Feriの関心はEdita Gruberovaさんが出演する「Anna Bolena」。

当日の指揮は、日本公演でも「アンナ・ボレーナ」を振ったEvelino Pidòさん。主なキャストは、以下のとおりです。

-エンリーコ8世:Marco Vincoさん
-アンナ・ボレーナ:Edita Gruberovaさん
-ジョヴァンナ・シーモアSonia Ganassiさん(日本公演でも同じ役)
-リッカルド・パーシー卿:Celso Albeloさん
-スメトン:Margarita Gritskovaさん
-ロシュフォール卿:Ryan Speedo Greenさん
-ハーヴェイ:Carlos Osunaさん

通常、グルベローヴァさんは完璧主義なので、日本公演の際、今まで同歌劇場で行ったことのない演目に出演することはあり得ないのですが、2012年はなぜか「アンナ・ボレーナ」に出演されましたね。

Continue reading "Edita Gruberovaさん出演「Anna Bolena」"

| | Comments (0)

April 19, 2015

アン・ディア・ウィーン劇場2015/16シーズンプログラム

Sn00225

Feriがズボラをしていたので、結果として見落としてしまいましたが、アン・ディア・ウィーン劇場の2015/16シーズンのプログラムが発表されています。

毎年、意欲的なプログラムを展開するウィーン劇場らしい内容になっています。順番が逆になりましたが、オペラについて、その概要をご紹介しましょう。

なお、ウィーン劇場は月替わりでオペラ一作品を上演するパターンをとっています。そのため、観たい公演がある場合は、該当する月に行く必要があります。

○オペラ
-「Hans Heiling」(2015年9月13日プルミエ)
ハインリヒ・マルシュナー(Heinrich Marschner)作曲のオペラです。1833年にベルリンで初演された作品です。
9月13日、16日、18日、21日、23日、25日に上演されます。

「L´incoronazione di Poppea」(ポッペーアの戴冠、2015年10月12日プルミエ)
モンテヴェルディ作曲のオペラです。1642年にヴェネチアで初演されました。
10月12日、14日、16日、19日、21日、23日に上演されます。

-「Der fliegende Holländer」(さまよえるオランダ人、2015年11月12日プルミエ)
ご存じ、ワーグナー作曲によるオペラです。ウィーン劇場でワーグナーというのも興味深い公演です。
11月12日、14日、17日、19日、22日、24日に上演されます。

-「Peter Grimes」(ピーター・グライムズ、2015年12月12日プルミエ)
ベンジャミン・ブリテン作曲のオペラです。1945年、ロンドンで初演されました。
12月12日、14日、16日、20日、22日に上演されます。

-「Die Dreigroschenoper」(三文オペラ、2016年1月13日プルミエ)
クルト・ヴァイルが作曲を手がけた音楽劇で、1928年にシッフバウアーダム劇場の開場に合わせて初演されました。
劇中歌の“メッキー・メッサーのモリタート”は、英語版では“マック・ザ・ナイフ”というタイトルで大ヒットし、スタンダード・ナンバーとなっています。
2016年1月13日、16日、18日、20日、23日、25日、28日、30日

Continue reading "アン・ディア・ウィーン劇場2015/16シーズンプログラム"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧