September 07, 2017

オルロフスキー公爵からの招待状来るFeri bie Orlofsky」

Img_2017_09_0367

今シーズンのVolksoperFestで、最大の目玉企画は、一般のお客さまを招待して実施する「Fest bei Orlofsky」です。

「こうもり」の第2幕、オルロフスキー公爵の夜会に一般のお客さま70名を招待して、実際にやってしまおうという、ぶっ飛び企画です。しかも、「夕方の部」と「夜の部」と2回実施。

7月上旬、Feriは、Robert Meyerさんに“参加の可否”を打診しました。すると、Festの事務局から、参加を承諾する旨のメールが到着。どちらの回に出演したいかを連絡して欲しいという内容が添えられていました。

正に「こうもり」の第1幕前半、アデーレに夜会の招待状が来て、舞い上がってアリアを歌う場面を連想してしまいます。それくらいFeriもテンションが上がりました。もっとも、アリアは歌えませんが(笑)。

実は、今回の企画は、1回目と2回目では、出演者が違うという凝りよう。実は1回目の方が出演者はFeri好みだったのですが、1回目を見学して状況を把握した方がリスクは少ないと判断し、2回目(夜の部)の出演をリクエストしました。

そして、迎えた本番当日の9月2日。Festの会場には、「Feri bie Orlofsky」出演者用のレセプションが設けられていました。

また、家族や友人に晴れ姿を見てもらうため、出演者用に席が確保されており、Feriもチケットを入手しました。ただ、親しい人が忙しく、残念ながら友人にFeriの晴れ姿を観賞してもらうことは実現できませんでした。

レセプションで受付を済ませると、劇場のバックステージに入場できる名前入りの「Bühenenpas」が交付されました。これで当日限りですが、劇団員の仲間入りです。

Img_2017_09_0010

7月下旬、Robert Meyerさんから、当日のスケジュールと第2幕の楽譜が送られてきました。もちろん、全員が歌唱の素養がある訳ではないで、“歌えなくても大丈夫”というコメントが添えられていました。

1回目が予定よりも時間が長くなってしまったため、2回目の劇場入りは、若干遅れて18時過ぎになりました。楽屋口の内部で出演者が「Bühenenpas」を首からぶら下げて待機しています。

皆さんのテンションが上がってきているのが、何となく伝わってきました。

係員の案内で、劇場最上階にあるDressing roomに案内されます。ここは、オペレッタで劇中、衣装を身にまとって小道具などを運ぶスタッフが使用する更衣室のようです。

Img_2017_09_0395

ただ、当日はゲスト用に、ちゃんと名前が入った紙製のプレートが取り付けられていました。

皆さま、ここで本番用の衣装に着替える訳です。当然、男性用と女性用で別の部屋ですが、2回目の陣容を見ると、女性が2/3、男性が1/3といった感じでした。

また、ご夫婦で参加のお客さまもいらっしゃいました。こちらは、舞台上でもカップルを演じていました。

着替えを済ませて、Dressing roomで待機していると、館内放送で“出演者は舞台へ”という指示があり、階段を下りて舞台へ向かいました。

実は、今回の「Feri bie Orlofsky」は「こうもり」の2幕を再現しているのですが、完全に行うのではなく、前半と後半に別れています。

Continue reading "オルロフスキー公爵からの招待状来るFeri bie Orlofsky」"

| | Comments (1)

August 24, 2017

写真特集 Seefestspielen Mörbisch2017“Vogelhändler”

Seefestspiele_morbisch_07

3回に渡ってお伝えした「世界一周旅行のお話」はお楽しみ頂けたでしょうか。

まぁ、余りにも世間離れした旅程に、呆れた方が多いかと思います。正直、今、自分で振り返ってみても、変なところばかりを狙って出かけているのがよくわかります。

さて、例年ですと、この時期、Mörbischのレポートをお届けしています。すでに最終公演が終わってしまってからのレポートで、正直、お役に立たない訳ですが‥

しかし、今年は、大変残念ですが、Feriはオペレッタであるにもかかわらず、“Vogelhändler”を観ることができませんでした。

本来はSeefestspielen Mörbisch60周年記念公演でしたから、オペレッタファンのFeriとしては、参加が必須だったのですが‥

Seefestspiele_morbisch_06

そのため、ネタバレ満載の観賞レポートをお届けすることはできません。実際に観た有人の話によると、非常にきれいな舞台で楽しい公演だったようです。

また、「小鳥売り」は、Tirolが舞台ですが、今回は主なキャストがオーストリア出身者で固められており、主役のアダムのBernhard Berchtoldさん、Paul SchweinesterさんともにTirol出身の方でした。そういう意味では、雰囲気も出ていたようです。

せっかくなので、主なキャストをご紹介しましょう。

-Christel:Sieglinde Feldhoferさん、Martina Fenderさん

-Kurfürstin Marie:Cornelia Zinkさん、Elena Pusztaさん

-Adelaide:Dagmar Schellenbergerさん

-von Scharrnagel:Peter Horakさん
Seefestspiele_morbisch_05

-Baron Weps:Horst Lamnekさん、Rupert Bergmannさん

-Graf Stanislaus:Maximilian Mayerさん、Philipp Kapellerさん

-Würmchen, Professor:Gerhard Ernstさん

-Süffle, Professor:Wolfgang Doschさん

-Jette, Kellnerin:Anú Anjuli Sifkovitsさん

-Frau Nebel, Wirtin:Franziska Stannerさん

-Schneck, Dorfschulze:Raimund Stanglさん

-Quendel, Hoflakai:Claudio Hillerさん

Continue reading "写真特集 Seefestspielen Mörbisch2017“Vogelhändler”"

| | Comments (0)

July 02, 2017

「夏の音楽祭2017」に寄せて

Sfm_vh2017_a4inserat_hoch_nur_logo

オペレッタのレギュラーシーズンが終わり、いよいよ各地で「夏の音楽祭」が始まります。

そこで、夏の音楽祭関連の情報を整理してみました。

Seefestspiele Mörbisch
最近、ゴタゴタ続きのメルビッシュですが、Seefestspiele Mörbischは予定どおり行われるようです。

演目はカール・ツェラーのオペレッタ「小鳥売り」(Vogelhändler)。屋外向けの作品かどうかは微妙ですが、比較的大人数が出演する作品だけに、演出如何ではメルビッシュの大舞台でも楽しめるでしょう。

プレミアは七夕の7月7日(金曜日)。今日の時点でカテゴリー4~9には、まだ空席があるのが気になります。やはりSerafinさんが抜けた穴は大きかったような気がします。

2017年は8月19日まで行われます。例年、終盤に出かけていたFeriですが、今年はどうなることやら‥

Oper im Steinbruch
2017_st_margarethen

メルビッシュに隣接するSt.Margarethenで開催される野外オペラ。石切場という特殊な会場を使っているだけに、最適な作品を選ぶのが難しいような気がします。そのため、一時、中止になりましたが、現在はリニューアルして再スタートを切っています。

2017年の作品はヴェルディの「リゴレット」(Rigoletto)です。Feriは、2009年に同演目を観ていますが、やはり屋外向けの作品とは言えなかったような記憶があります。

やはり「アイーダ」の凱旋パレードように、大人数が出る場面がある作品の方がぴったりだと思います。ただ、そうすると作品が限られてしまい、集客が難しいという面もあるようです。

プレミアは7月12日で、8月19日まで、18回、上演されます。興味深いのは、集客に力を入れるためか、インターネットのチケット購入サイトに送迎バスとチケットがセットになったタイプが出たことです。バスの発着はウィーンとアイゼンシュタットです。

さらにステージツアー付きのチケットも販売されるようになりました。これらもリニューアルの一環なのでしょう。

Continue reading "「夏の音楽祭2017」に寄せて"

| | Comments (0)

June 26, 2017

あなたをOrlofsky公爵の夜会にご招待!

2017_09_02_fest_bei_orlofsky

今日は「フォルクスオーパーの話題」です。

2017/18シーズンの冒頭、9月2日に「Fest bei Orlofsky」というSpecialが開催されることは、シーズンプログラムの発表時から公表されていましたが、その内容がわかりました。

まず、当日はシーズンのオープニングを祝ってVolksopern-Fest」が開催されます。このFest最大のイベントが「Fest bei Orlofsky」。

当初、どのようなイベントかわからなかったのですが、同劇場のホームページで詳細が紹介されました。

何と、「こうもり」の第2幕で行われる「オルロフスキー公爵の夜会」に一般のお客さま70名をご招待するというものです。具体的には、実際に劇場のステージで第2幕だけを特別に上演し、そこに一般のお客さまにも参加してもらうという画期的なプログラムです。

つまり、一般のファンがフォルクスオーパーのステージに立つという夢が実現できるわけです。もちろん、主要なキャストは正規のアンサンブルですし、合唱団やバレエ団なども出演する「正規の2幕」です。

Img_2009_09_7015

全体のコーディネートはDirektorの Robert Meyerさんが行うようで、アンサンブルが一般の参加者をサポートします。また、ホームページでは、「歌うことができないお客さまの参加も問題ありません」とうたっており、特別な才能がなくても、このイベントに参加することは可能です。

ご存じのように「こうもり」では、ファルケ博士の画策で、第1膜ではアデーレに夜会への招待状が到着します。そして、叔母が病気になっているという話をロザリンデにして、お暇をもらい、ロザリンデの衣装を無断で借りて、夜会に参加します。まさに、このイメージですね。

当日、「Fest bei Orlofsky」は、16時30分と19時の2回、行われますが、出演者を見ると1回目と2回目ではキャストが異なるという念の入れようです。

ちなみにアイゼンシュタインは1回目がThomas Sigwaldさん、2回目がMehrzad Montazeriさん。ロザリンデは1回目がMelba Ramosさん、2回目がElisabeth Schwarzさん。ホストのオルロフスキー公爵は1回目がMartina Mikeli¿さん、2回目がAnnely Peeboさんです。

Continue reading "あなたをOrlofsky公爵の夜会にご招待!"

| | Comments (0)

June 17, 2017

Zeta und Njegus(後編)

Img_2003_09_6866

今日も昨日に引き続きフォルクスオーパーに出演したZetaとNjegusにスポットライトを当てて、今まで観た公演を振り返ってみたいと思います。

公使館書記という役柄のNjegusは、旧演出、前演出、現演出で性格付けがずいぶんと異なっているように思います。

特に現演出では、Njegusが道化役から、お話の進行を司る重要な役(ストーリーテラー)になっているように思います。

Img_2004_06_8069

まぁ、これはダイレクターのRobert Meyerさんをプレミアで起用することになっていたことから、来ているのかも知れませんが‥裏読みしすぎですかね‥

ところでNjegusに起用される方は、「Die lustige Witwe」で他の役には出ない傾向が強いのですが、両方に出演していた方も存在します。

Img_2006_12_2888

その内、お一人が、名優Rudolf Wasserlofさん。Feriは、2001年9月、2004年6月(旧演出最終公演)の2回、Rudolf WasserlofさんのNjegusを観る機会に恵まれました。

ちなみに、Njegus にRudolf Wasserlofさんが起用された2回の公演では、Baron ZetaはSándor Némethさんでした。これも、ある種の世代交代だったのかもしれません。

このブログでも何回かご紹介しましたが、旧演出の最終公演では、ハンナとダニロが3組登場し、各幕が違うカップルで上演されました。前代未聞の公演スタイルでしたが、すばらしファンサービスだったと思っています。

しかし、お互いのやり取りを観ていると、気心の知れたお二人だけに、ユーモアに富んだお芝居が今でも印象に残っています。

そして、Sándor Némethさんも、実はNjegusで出演したことがあります。Feriが観たのは、2006年12月の1回だけでしたが‥

Continue reading "Zeta und Njegus(後編)"

| | Comments (0)

June 16, 2017

Zeta und Njegus(前編)

Img_2001_05_1126

先日のSeefestspielen Mörbischのインダント交代は、正にオペレッタみたいな出来事でしたね。

最近は本ブログのメインテーマである「オペレッタの話題」がご無沙汰ですが、正直、観ていないので記事が書けないわけです。

そんな訳で、思い出話を少し‥

Feriがフォルクスオーパーで最初に観たのは「Die lustige Witwe」(メリーウィドウ)です。

ただ、初回にはプログラムの購入を失念してしまったため、出演者の記録が唯一残っていません。まぁ、関係者の方にお願いすれば、わかるとは思うのですが、ご迷惑がかかるので、今のところ遠慮しています。

「Die lustige Witwe」と言えば、タイトルロールのHannaと、お相手のDaniloの仕上がりがポイントなのは言うまでもありません。

Img_2001_09_2061

しかし、脇役に当たるBaron ZetaNjegusのお芝居が、作品全体に大きな影響を与えているのは、皆さまもご存じのとおりです。

そこで、今回は、フォルクスオーパーに出演したZetaNjegusにスポットライトを当てて、今まで観た公演を振り返ってみたいと思います。ディープな世界ですねぇ。

Feriが観始めた2001年頃は、Baron Zetaには、往年の名オペレッタ歌手Rudolf Wasserlofさんが、よく起用されていました。粋な演技が光るおじさま。渋かったですねぇ。

奥さまのValencienneには、Martina DorakさんやBernarda Bobroさんが起用されていました。Feri個人としては、Martina Dorakさんとのコンビがお気に入りでした。

Continue reading "Zeta und Njegus(前編)"

| | Comments (0)

June 13, 2017

Seefestspielen Mörbisch2018は「Gräfin Mariza」に決定ですが‥

Jubilamslogo

日本では6月の第3日曜日が「父の日」ですが、オーストリアでは6月の第2日曜日です。という訳で、今年は6月11日が「父の日」でした。

この時期は、季候も良いことから、お父さんを中心に庭でバーベキューというご家庭も多いという話を耳にしました。きっとお父さんが自慢の腕を振るうのでしょう。

さて、そろそろレギュラーシーズンのオペレッタやオペラがお開きになりますが、代わって夏のフェスティバルが各地で始まりますね。

Bieler_edelmann_posteiner_01

内容の善し悪しは別にして、夏の風物詩として定着しているSeefestspielen Mörbischですが、60周年記念ロゴが発表になりました。

そして、例年のことですが、2017シーズンが始まる前に、2018年の演目が発表されました。

2018年は、Feriお気に入りの一つであるカールマンの「Gräfin Mariza」に決定。これは、楽しみです。

Img_2004_08_8439

プレミアは2018年7月12日、千秋楽は8月25日で、都合、22公演が上演されます。

ちなみに前回、Gräfin Mariza」が上演されたのは2004年。すでに10年以上が経過しているのですね。前回は屋外の舞台を生かした楽しい演出でした。

ただ、まだ、ブログを開設していませんでしたので、紹介記事はありません。という訳で、1枚だけ、当時の写真をご紹介しましょう。

Jb2016101900029

ところで、2018年プログラムの公表に合わせて、主催者から、びっくりするような発表がありました。

それは、昨年10月に、2018年からのインダント就任が発表されたGerald Pichowetzさんが、何とスタート前に辞任を発表。同時に、新しいインダントとして、歌手のPeter Elelmannさんが就任することが発表されました。

Gerald Pichowetzさんは、2016年10月の記事でもお伝えしたように、ウィーンのフロリツドルフにあるバラエティ劇場Gloria theater総支配人ですが、個性的な俳優さん(キャバレスト)です。

2007/08シーズンにフォルクスオーパーで上演された「Orpheus in der Unterwelt(地獄のオルフェ」で、印象的なキューピット(Cupido)を演じていたので、強く印象に残っています。

Continue reading "Seefestspielen Mörbisch2018は「Gräfin Mariza」に決定ですが‥"

| | Comments (0)

June 09, 2017

速報 Baden2017/18シーズン プログラム

20170608ss00001

各劇場で2017/18シーズンの公演プログラムが発表になっていますが、夏公演が行われる関係で、発表が遅れていたBaden(バーデン市立劇場)でも、やっと冬公演のプログラムが公表されました。

特に2017/18シーズンは、フォルクスオーパーのオペレッタが低調なので、FeriとしてはBadenが気になっていました。

しかし、オペラ公演が入ったため、オペレッタは事実上、2作品と、ちょっと寂しい展開です。

オペレッタ
Die Kaiserin(皇妃)
Leo Fallの作品で、1915年にベルリンのメトロポール劇場で初演されました。

ただ、Feriは観たことがないので、内容のご紹介はできません。2017年12月16日プレミア。2018年2月1日まで、12公演が上演されます。

タイトルロールのDie KaiserinにはMiriam Portmannさん、Der Gemahl der KaiserinにはReinhard Alessandriさん、Prinzessin AdelgundeにはVerena Barth–Jurcaさんらの名前が挙がっています。

20170608ss00002

Maske in Blau(青い仮面)
Fred Raymondの作品で、ベルリン・オペレッタです。舞台は1930年頃のサンレモとアルゼンチン。ミュージカルに近い内容です。

この作品も、あまり上演されることはありませんが、Badenでは、かつて夏公演で上演されたことがあります。はっぱさんが鑑賞記をご自身のブログにアップされています(詳しくはこちら)。

2018年1月20日プレミア。2018年3月18日まで、13公演が上演されます。出演者には、Jevgenij Taruntsovさん、Maya Boogさん、Jens Jankeさん、Caroline Vasicekさんなどの名前が挙がっています。

Eine Frau, die weiß, was sie will
オスカー・シュトラウスの作品です。2018年4月20日がプレミアですが、21日のわずか2公演。

出演者にはMatjaž Stopinšekさん、Beppo Binderさん、Georg Wacksさんなどの名前が挙がっています。

Continue reading "速報 Baden2017/18シーズン プログラム"

| | Comments (0)

April 28, 2017

番外編 Staatsoperette Dresden 1017/18シーズンプログラム

Dresden201718

長年の懸案であった市内中心部への復帰を果たしたStaatsoperette Dresdenですが、来シーズンのプログラムが発表されたので、ご紹介しましょう。

オペレッタ・プレミア
Feriの食指が動きそうな4作品が取り上げられます。浮気したくなっちゃいますね(笑)。

FRAU LUNA
フォルクスオーパーでも上演されていたPaul Lince作曲のベルリン・オペレッタ「Frau Luna」(ルーナ夫人)が取り上げられました。

ドイツのオペレッタなので、ある意味、お得意のジャンルと言えるかも知れません。

プレミアは、2018年1月28日。フォルクスオーパー版は奇抜な演出でしたが、どのように仕上げてくるか、興味がありますね。

DIE CSÁRDÁSFÜRSTIN
ご存じEmmerich Kálmán作曲の名作オペレッタ「チャールダーシュの女王」。以前も同劇場で上演されていましたが、新演出での再登場です。演出もさることながら、タイトルロールのシルヴァの出来が本作品のキーポイントなだけに、誰が起用されるか注目されるところです。

プレミアは2018年6月30日に行われ、7月中に7公演、上演されます。

DIE LUSTIGE WITWE
Franz Lehárの代表作で、フォルクスオーパーでもレパートリーとして2017/18シーズンも継続上演されます。Feriは、旧劇場時代に観ていますが、風刺の効いた演出だったことが印象に残っています。さて、今回の演出は、どのようになるでしょうか。

2017年9月30日がプレミアで、10月から12月にかけて11公演、上演されます。なお、10月1日は「70 Jahre Staatsoperette Dresden」の記念公演になる模様です。正直、これは観たいところ‥

CANDIDE
「キャンディード」はLeonard Bernstein作曲の作品ですが、Dresdenではオペレッタという位置づけになっています。ちなみにフォルクスオーパーでは、コンサート形式のミュージカルで上演されました。

プレミアは2018年3月3日で、3月から6月にかけて10公演、上演されます。

Continue reading "番外編 Staatsoperette Dresden 1017/18シーズンプログラム"

| | Comments (0)

March 14, 2017

今シーズンもAnita Götzさんの魅力全開「Der Kongress tanzt」

Der_kongress_tanzt01

日本では、今日はバレンタインデーのお返しを送る「ホワイトデー」だそうですが、誰が考えたのでしょうね。スーパーマーケットやコンビニエンスストアの点灯には、ホワイトデー特設コーナーができているとか‥

オーストリアでは、3月14日は「普通の日」です。

さて、今日は「フォルクスオーパーで上演されているレパートリーオペレッタの話題」です。

2015/16シーズンにフォルクスオーパーでプレミアを迎えたオペレッタ映画を下敷きにした「Der Kongress tanzt」。

かなり個性的な演出ですが、心わくわくする展開はオペレッタらしい仕上がりです。

個人的な事情で、ちょっと凹んでいるFeriにとって、今、必要なのは、Anita Götzさん演じるChristelの前向きな姿勢です。

という訳で、凹んだ気持ちを立て直すため持ちため、再びフォルクスオーパーへ足を運びました(完全な言い訳ですね)。

指揮はChristian Kolonovitsさん。主なキャストは、以下の通りです。

-Metternich:Robert Meyerさん

-Pepi:Michael Havlicekさん

-Christel, Inhaberin des Handschuhladens zur schönen Schäferin:Anita Götzさん

-Zar Alexander von Rußland / Uralsky:Boris Ederさん
Der_kongress_tanzt16

-Bibikoff, Adjutant des Zaren:Thomas Sigwaldさん

-Komtesse:Ildiko Babosさん

-Wellington:Wolfgang Gratschmaierさん

-Talleyrand:Marco Di Sapiaさん

-König August von Sachsen:Axel Herrigさん

-General von Piefke, Preußischer Gesandter:Bernd Birkhahnさん

-Polnischer Gesandter:Franz Suhradaさん

-Schweizer Gesandter:Gernot Krannerさん

-Heurigensängerin:Agnes Palmisanoさん

-Finanzminister:Nicolaus Haggさん

-Bürgermeister:Fritz von Friedlさん

-Fürstin:Regula Rosiさん

-GräfinRenée Schüttengruberさん

-Vollzugsbeamter:Georg Wacksさん

Continue reading "今シーズンもAnita Götzさんの魅力全開「Der Kongress tanzt」"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧