June 17, 2017

Zeta und Njegus(後編)

Img_2003_09_6866

今日も昨日に引き続きフォルクスオーパーに出演したZetaとNjegusにスポットライトを当てて、今まで観た公演を振り返ってみたいと思います。

公使館書記という役柄のNjegusは、旧演出、前演出、現演出で性格付けがずいぶんと異なっているように思います。

特に現演出では、Njegusが道化役から、お話の進行を司る重要な役(ストーリーテラー)になっているように思います。

Img_2004_06_8069

まぁ、これはダイレクターのRobert Meyerさんをプレミアで起用することになっていたことから、来ているのかも知れませんが‥裏読みしすぎですかね‥

ところでNjegusに起用される方は、「Die lustige Witwe」で他の役には出ない傾向が強いのですが、両方に出演していた方も存在します。

Img_2006_12_2888

その内、お一人が、名優Rudolf Wasserlofさん。Feriは、2001年9月、2004年6月(旧演出最終公演)の2回、Rudolf WasserlofさんのNjegusを観る機会に恵まれました。

ちなみに、Njegus にRudolf Wasserlofさんが起用された2回の公演では、Baron ZetaはSándor Némethさんでした。これも、ある種の世代交代だったのかもしれません。

このブログでも何回かご紹介しましたが、旧演出の最終公演では、ハンナとダニロが3組登場し、各幕が違うカップルで上演されました。前代未聞の公演スタイルでしたが、すばらしファンサービスだったと思っています。

しかし、お互いのやり取りを観ていると、気心の知れたお二人だけに、ユーモアに富んだお芝居が今でも印象に残っています。

そして、Sándor Némethさんも、実はNjegusで出演したことがあります。Feriが観たのは、2006年12月の1回だけでしたが‥

Continue reading "Zeta und Njegus(後編)"

| | Comments (0)

June 16, 2017

Zeta und Njegus(前編)

Img_2001_05_1126

先日のSeefestspielen Mörbischのインダント交代は、正にオペレッタみたいな出来事でしたね。

最近は本ブログのメインテーマである「オペレッタの話題」がご無沙汰ですが、正直、観ていないので記事が書けないわけです。

そんな訳で、思い出話を少し‥

Feriがフォルクスオーパーで最初に観たのは「Die lustige Witwe」(メリーウィドウ)です。

ただ、初回にはプログラムの購入を失念してしまったため、出演者の記録が唯一残っていません。まぁ、関係者の方にお願いすれば、わかるとは思うのですが、ご迷惑がかかるので、今のところ遠慮しています。

「Die lustige Witwe」と言えば、タイトルロールのHannaと、お相手のDaniloの仕上がりがポイントなのは言うまでもありません。

Img_2001_09_2061

しかし、脇役に当たるBaron ZetaNjegusのお芝居が、作品全体に大きな影響を与えているのは、皆さまもご存じのとおりです。

そこで、今回は、フォルクスオーパーに出演したZetaNjegusにスポットライトを当てて、今まで観た公演を振り返ってみたいと思います。ディープな世界ですねぇ。

Feriが観始めた2001年頃は、Baron Zetaには、往年の名オペレッタ歌手Rudolf Wasserlofさんが、よく起用されていました。粋な演技が光るおじさま。渋かったですねぇ。

奥さまのValencienneには、Martina DorakさんやBernarda Bobroさんが起用されていました。Feri個人としては、Martina Dorakさんとのコンビがお気に入りでした。

Continue reading "Zeta und Njegus(前編)"

| | Comments (0)

June 13, 2017

Seefestspielen Mörbisch2018は「Gräfin Mariza」に決定ですが‥

Jubilamslogo

日本では6月の第3日曜日が「父の日」ですが、オーストリアでは6月の第2日曜日です。という訳で、今年は6月11日が「父の日」でした。

この時期は、季候も良いことから、お父さんを中心に庭でバーベキューというご家庭も多いという話を耳にしました。きっとお父さんが自慢の腕を振るうのでしょう。

さて、そろそろレギュラーシーズンのオペレッタやオペラがお開きになりますが、代わって夏のフェスティバルが各地で始まりますね。

Bieler_edelmann_posteiner_01

内容の善し悪しは別にして、夏の風物詩として定着しているSeefestspielen Mörbischですが、60周年記念ロゴが発表になりました。

そして、例年のことですが、2017シーズンが始まる前に、2018年の演目が発表されました。

2018年は、Feriお気に入りの一つであるカールマンの「Gräfin Mariza」に決定。これは、楽しみです。

Img_2004_08_8439

プレミアは2018年7月12日、千秋楽は8月25日で、都合、22公演が上演されます。

ちなみに前回、Gräfin Mariza」が上演されたのは2004年。すでに10年以上が経過しているのですね。前回は屋外の舞台を生かした楽しい演出でした。

ただ、まだ、ブログを開設していませんでしたので、紹介記事はありません。という訳で、1枚だけ、当時の写真をご紹介しましょう。

Jb2016101900029

ところで、2018年プログラムの公表に合わせて、主催者から、びっくりするような発表がありました。

それは、昨年10月に、2018年からのインダント就任が発表されたGerald Pichowetzさんが、何とスタート前に辞任を発表。同時に、新しいインダントとして、歌手のPeter Elelmannさんが就任することが発表されました。

Gerald Pichowetzさんは、2016年10月の記事でもお伝えしたように、ウィーンのフロリツドルフにあるバラエティ劇場Gloria theater総支配人ですが、個性的な俳優さん(キャバレスト)です。

2007/08シーズンにフォルクスオーパーで上演された「Orpheus in der Unterwelt(地獄のオルフェ」で、印象的なキューピット(Cupido)を演じていたので、強く印象に残っています。

Continue reading "Seefestspielen Mörbisch2018は「Gräfin Mariza」に決定ですが‥"

| | Comments (0)

June 09, 2017

速報 Baden2017/18シーズン プログラム

20170608ss00001

各劇場で2017/18シーズンの公演プログラムが発表になっていますが、夏公演が行われる関係で、発表が遅れていたBaden(バーデン市立劇場)でも、やっと冬公演のプログラムが公表されました。

特に2017/18シーズンは、フォルクスオーパーのオペレッタが低調なので、FeriとしてはBadenが気になっていました。

しかし、オペラ公演が入ったため、オペレッタは事実上、2作品と、ちょっと寂しい展開です。

オペレッタ
Die Kaiserin(皇妃)
Leo Fallの作品で、1915年にベルリンのメトロポール劇場で初演されました。

ただ、Feriは観たことがないので、内容のご紹介はできません。2017年12月16日プレミア。2018年2月1日まで、12公演が上演されます。

タイトルロールのDie KaiserinにはMiriam Portmannさん、Der Gemahl der KaiserinにはReinhard Alessandriさん、Prinzessin AdelgundeにはVerena Barth–Jurcaさんらの名前が挙がっています。

20170608ss00002

Maske in Blau(青い仮面)
Fred Raymondの作品で、ベルリン・オペレッタです。舞台は1930年頃のサンレモとアルゼンチン。ミュージカルに近い内容です。

この作品も、あまり上演されることはありませんが、Badenでは、かつて夏公演で上演されたことがあります。はっぱさんが鑑賞記をご自身のブログにアップされています(詳しくはこちら)。

2018年1月20日プレミア。2018年3月18日まで、13公演が上演されます。出演者には、Jevgenij Taruntsovさん、Maya Boogさん、Jens Jankeさん、Caroline Vasicekさんなどの名前が挙がっています。

Eine Frau, die weiß, was sie will
オスカー・シュトラウスの作品です。2018年4月20日がプレミアですが、21日のわずか2公演。

出演者にはMatjaž Stopinšekさん、Beppo Binderさん、Georg Wacksさんなどの名前が挙がっています。

Continue reading "速報 Baden2017/18シーズン プログラム"

| | Comments (0)

April 28, 2017

番外編 Staatsoperette Dresden 1017/18シーズンプログラム

Dresden201718

長年の懸案であった市内中心部への復帰を果たしたStaatsoperette Dresdenですが、来シーズンのプログラムが発表されたので、ご紹介しましょう。

オペレッタ・プレミア
Feriの食指が動きそうな4作品が取り上げられます。浮気したくなっちゃいますね(笑)。

FRAU LUNA
フォルクスオーパーでも上演されていたPaul Lince作曲のベルリン・オペレッタ「Frau Luna」(ルーナ夫人)が取り上げられました。

ドイツのオペレッタなので、ある意味、お得意のジャンルと言えるかも知れません。

プレミアは、2018年1月28日。フォルクスオーパー版は奇抜な演出でしたが、どのように仕上げてくるか、興味がありますね。

DIE CSÁRDÁSFÜRSTIN
ご存じEmmerich Kálmán作曲の名作オペレッタ「チャールダーシュの女王」。以前も同劇場で上演されていましたが、新演出での再登場です。演出もさることながら、タイトルロールのシルヴァの出来が本作品のキーポイントなだけに、誰が起用されるか注目されるところです。

プレミアは2018年6月30日に行われ、7月中に7公演、上演されます。

DIE LUSTIGE WITWE
Franz Lehárの代表作で、フォルクスオーパーでもレパートリーとして2017/18シーズンも継続上演されます。Feriは、旧劇場時代に観ていますが、風刺の効いた演出だったことが印象に残っています。さて、今回の演出は、どのようになるでしょうか。

2017年9月30日がプレミアで、10月から12月にかけて11公演、上演されます。なお、10月1日は「70 Jahre Staatsoperette Dresden」の記念公演になる模様です。正直、これは観たいところ‥

CANDIDE
「キャンディード」はLeonard Bernstein作曲の作品ですが、Dresdenではオペレッタという位置づけになっています。ちなみにフォルクスオーパーでは、コンサート形式のミュージカルで上演されました。

プレミアは2018年3月3日で、3月から6月にかけて10公演、上演されます。

Continue reading "番外編 Staatsoperette Dresden 1017/18シーズンプログラム"

| | Comments (0)

March 14, 2017

今シーズンもAnita Götzさんの魅力全開「Der Kongress tanzt」

Der_kongress_tanzt01

日本では、今日はバレンタインデーのお返しを送る「ホワイトデー」だそうですが、誰が考えたのでしょうね。スーパーマーケットやコンビニエンスストアの点灯には、ホワイトデー特設コーナーができているとか‥

オーストリアでは、3月14日は「普通の日」です。

さて、今日は「フォルクスオーパーで上演されているレパートリーオペレッタの話題」です。

2015/16シーズンにフォルクスオーパーでプレミアを迎えたオペレッタ映画を下敷きにした「Der Kongress tanzt」。

かなり個性的な演出ですが、心わくわくする展開はオペレッタらしい仕上がりです。

個人的な事情で、ちょっと凹んでいるFeriにとって、今、必要なのは、Anita Götzさん演じるChristelの前向きな姿勢です。

という訳で、凹んだ気持ちを立て直すため持ちため、再びフォルクスオーパーへ足を運びました(完全な言い訳ですね)。

指揮はChristian Kolonovitsさん。主なキャストは、以下の通りです。

-Metternich:Robert Meyerさん

-Pepi:Michael Havlicekさん

-Christel, Inhaberin des Handschuhladens zur schönen Schäferin:Anita Götzさん

-Zar Alexander von Rußland / Uralsky:Boris Ederさん
Der_kongress_tanzt16

-Bibikoff, Adjutant des Zaren:Thomas Sigwaldさん

-Komtesse:Ildiko Babosさん

-Wellington:Wolfgang Gratschmaierさん

-Talleyrand:Marco Di Sapiaさん

-König August von Sachsen:Axel Herrigさん

-General von Piefke, Preußischer Gesandter:Bernd Birkhahnさん

-Polnischer Gesandter:Franz Suhradaさん

-Schweizer Gesandter:Gernot Krannerさん

-Heurigensängerin:Agnes Palmisanoさん

-Finanzminister:Nicolaus Haggさん

-Bürgermeister:Fritz von Friedlさん

-Fürstin:Regula Rosiさん

-GräfinRenée Schüttengruberさん

-Vollzugsbeamter:Georg Wacksさん

Continue reading "今シーズンもAnita Götzさんの魅力全開「Der Kongress tanzt」"

| | Comments (0)

February 24, 2017

2016/17シーズンの「Die lustige Witwe」

Lustige_witwe_001

今日は「オペレッタの話題」をお届けしましょう。Feriがオペレッタにはまるきっかけをつくってくれたフォルクスオーパーの「Die lustige Witwe」(メリーウィドウ)。

Feriが好きなオペレッタの一つで、毎シーズン上演されるのですが、最近は上演回数が減っており、かつシーズンを通して上演されることがなくなりました。2016/17シーズンは、1月から3月にかけての上演となりました。

なぜ、上演期間が限られているのか。もちろん出演者の都合もあるでしょうが、如何せん、お客さまが入らないのですよ‥悲しいことです。

それでも2010/11シーズンのプレミアからの通算上演回数は80回を越していますが‥

という訳で少しでもフォルクスオーパーの経営にお役に立てば‥ということで、ちゃんと料金を払って観てきました。

指揮は、Alfred Eschwéさん。主なキャストは、以下のとおりです。

-Baron Mirko Zeta:Andreas Mitschkeさん

-Valencienne:Johanna Arrouasさん

-Hanna Glawari:Caroline Melzerさん

-Graf Danilo Danilowitsch:Kay Stiefermannさん
Lustige_witwe_002

-Camille de Rosillon:Mehrzad Montazeriさん

-Vicomte Cascada:Alexandre Beuchatさん

-Raoul de St. Brioche:Oliver Lieblさん

-Bogdanowitsch:Joachim Moserさん

-Sylviane:Manuela Leonhartsbergerさん

-Kromow:Georg Wacksさん

-Olga:Susanne Litschauerさん

-Pritschitsch:Heinz Fitzkaさん

-Praskowia:Regula Rosinさん

-Njegus: Boris Ederさん

Continue reading "2016/17シーズンの「Die lustige Witwe」"

| | Comments (0)

February 20, 2017

2016/17シーズン「Die Zirkusprinzessin」最終公演

Die_zirkusprinzessin_102

今日はフォルクスオーパーの「オペレッタの話題」をお届けします。でも、オペレッタものは人気がないのですよね‥

今シーズン、フォルクスオーパーでプレミアを迎えたカールマンのオペレッタ作品「Die Zirkusprinzessin」(サーカス妃殿下)が、2月18日にシーズン最終公演を迎えました。ちなみに今シーズンの上演回数は通算11回です。

当日の模様をご紹介しましょう。

指揮はAlfred Eschwéさん。主な出演者は、以下のとおりです。

-Fürstin Fedora Palinska:Astrid Kesslerさん

-Prinz Sergius Wladimir:Kurt Schreibmayerさん

-Graf Saskusin:Nicolaus Haggさん

-Baron Peter Brusowsky, Adjutant des Prinzen:Georg Wacksさん

-Direktor Stanislawski:Gerhard Ernstさん

-Mister X:Szabolcs Bricknerさん
Die_zirkusprinzessin_103
-Miss Mabel Gibson:Juliette Khalilさん

-Carla Schlumberger:Elisabeth Flechlさん

-Toni Schlumberger:Otto Jausさん

-Pelikan, Oberkellner:Herbert Steinböckさん

-Ein Bolschewik / Ein Gast:Maximilian Klakowさん

プレミア組とセカンドクルーの混成という珍しいパターンです。PelikanもRobert Meyerさんではないので、どんな感じになるのか、Feriも興味があるところ。

プレミア組はタイトルロールのFürstin Fedora PalinskaのAstrid Kesslerさん、Toni SchlumbergerのOtto Jausさん、Miss Mabel GibsonのJuliette Khalilさん。Otto Jausさんのファンの方がコメントをお寄せ頂きましたが、最終公演もブッフォとスプレッドはプレミア組です。

まず、フェードラのAstrid Kesslerさんですが公演数を重ねたためか、良い仕上がりになっていました。少なくともプレミアの時よりは、格段に安定感を増した印象です。

Continue reading "2016/17シーズン「Die Zirkusprinzessin」最終公演"

| | Comments (3)

February 18, 2017

In memoriam Prof. Rudolf Bibl「Die Fledermaus」

Img_2017_02_0462

2017年1月に急死されたProf. Rudolf Biblさん追悼記念公演「Die Fledermaus」が、2017年2月17日、フォルクスオーパーで行われました。

すでにお亡くなりになっているので、ご本人が出演する訳ではありませんが、永年、素晴らしいオペレッタを提供してくれたProf. Rudolf Biblさんを忍ぶため、Feriは予定をちゃぶ台返しして馳せ参じました。

指揮はGerrit Prießnitzさん。主なキャストは、以下のとおりです。

-Gabriel von Eisenstein:Mehrzad Montazeriさん

-Rosalinde:Ulrike Steinskyさん

-Adele:Anita Götzさん
20170217_x201_00001
-Ida:Klaudia Nagyさん

-Dr. Falke:Günter Haumerさん

-Prinz Orlofsky:Annely Peeboさん

-Alfred:Alexander Pinderakさん

-Iwan: Stefan Tanzerさん

-Frank:Kurt Schreibmayerさん

-Frosch:Gerhard Ernstさん
Fledermaus_02
-Dr. Blind:Roman Martinさん

以前、ブログでご案内したキャストから、若干、変更がありました。

指揮はてっきりAlfred Eschwéさんあたりが務めると思っていただけに、若手のGerrit Prießnitzさんというのは、ちょっと意外な起用でした。

ちなみにGerrit Prießnitzさんは、昨年の来日公演でも「Die Fledermaus」を振っていたので、皆さまもおなじみかと思います。本公演後は「Limonen aus Sizilien」をもっぱら振るようです。

Continue reading "In memoriam Prof. Rudolf Bibl「Die Fledermaus」"

| | Comments (0)

February 02, 2017

追悼 Rudolf Biblさんに寄せて

Sn_x6100131

オペレッタ界の巨匠、Rudolf Biblさん急死の報を耳にして、正直、信じられない思いで一杯です。何しろ1月1日に、お元気で指揮をしていた訳ですから‥

Rudolf Biblさんのフォルクスオーパーでのハウスデビューは、1972年12月2日。演目は「Das Land des Lächelns」でした。

その後、 1991年にはフォルクスオーパーの名誉会員に推挙されています。フォルクスオーパーでの45年にわたる活躍で、指揮をした公演数は2273回にのぼりました。

今日は、Feri個人の「Rudolf Biblさんの思い出」を綴りたいと思います。

Feriが、Rudolf Biblさんが指揮をした公演を始めて観たのは、実はフォルクスオーパーではありません。

国立歌劇場で上演されていたオペレッタが最初です。で、演目ですが「Die lustige Witwe(メリーウィドウ)」。2000年1月4日のことでした。

Img_2000_01_0141

当時、年末年始の定番「Die Fledermaus」に代わって、「Die lustige Witwe」が上演されていました。1998年12月に始まったFeriのオペレッタ鑑賞ですが、観賞演目としては、まだ「Die lustige Witwe」に限られていました。

都合5回目のオペレッタ鑑賞でRudolf Biblさんに当たったことになります。

やはり素晴らしい演奏だったことが、今でも鮮明に記憶に残っています。そして2回目も国立歌劇場。2003年2月21日で、演目は「Die Fledermaus」。

当時は2月でも、国立歌劇場でオペレッタを上演していたのですよ。この時、フロッシュがRobert Meyerさんだったのも何かのご縁でしょうか。

現在、Feriのホームグラウンドとなっているフォルクスオーパーで、Rudolf Biblさんの指揮による演奏を聴いたのは、オペレッタではなく、2008年10月の「フォルクスオーパー・オペレッタ150周年ガラコンサート」でした。

この時は、当時、同劇場に所属していた多くの指揮者、ソリストが参加して、非常に素晴らしいコンサートでした。

Img_2008_10_8683

当日、Rudolf Biblさんが振ったのは、第一部では「Der Bettelstudent」、「Die Csárdásfürstein」の二作品。

第一部のフィナーレは「Die Csárdásfürstein」から、おなじみの「Jaj,Mamam」。Sándor NémethさんがFeri、Daniel Prohaskaさん がSylva、Edith LienbacherさんがBoniでした。

この時のSándor Némethさんは、素晴らしかったですね。一気にファンになってしまったのは言うまでもありません。

休憩を挟んで、後半もRudolf Biblさんの指揮でスタート。演奏された曲は、「Der Opernball」(序曲)、「Giuditta」、「Ein Walzertraum」、「Das Dreimaãderlhaus」でした。

もちろん、本来のオペレッタで聴くのがベストなのは言うまでもありませんが、後で振り返ってみると、Biblさんが指揮する演目が少なくなっていたので、このガラコンサートは、良い機会だったと思います。

そして、フォルクスオーパーでBiblさんが指揮するフルバージョンのオペレッタを観たのは、2007年2月15日の「Die Fledermaus」です。

Continue reading "追悼 Rudolf Biblさんに寄せて"

| | Comments (8)

より以前の記事一覧