May 10, 2019

普及するか「MyBlu」

201905090003日本では連休明けから本格的に「令和時代」がスタートしましたが、街中には「令和記念」の商品も出ているとか‥

写真は友人から送ってもらったものですが、色々と考えるものですね。さすが、日本です。

さて、今日は「タバコの話題」をお届けしましょう。

日本では、現在、電子タバコ(加熱式タバコ)が急速に普及しているという話を耳にしたことがあります。

何でもフィリップモリスが発売しているiQOSが世界で最も売れているのは日本だとか‥

それに続いて、JTのPloom TECH、ブリティッシュ・アメリカン・タバコのgloなどが、店頭を賑わしているとか‥

201905090002Feriは、今はタバコを吸いませんから、全く関心がありませんが、日本の友人によると最近は加熱式タバコに切り替える人も多くなっているようです。

加熱式タバコは、紙巻きタバコのようにタバコ葉に直接火をつけるのではなく、タバコ葉に熱を加えてニコチンを発生させる仕組みだそうですね。

当初は、紙巻きタバコよりも吸える場所が多かったようですが、最近は紙巻きタバコと同じように規制対象になっているという話も耳にしました。

こちらでは、現在も紙巻きタバコが主流で、iQOSは販売されていないようです。逆にタバコ専門店では、イスラム圏で大成した水タバコが販売されています。

ところで、そんなオーストリアで最近、見かけるようになったのがノンニコチン・ノンタールの電子タバコmybluです。

Continue reading "普及するか「MyBlu」"

| | Comments (0)

January 15, 2019

自動販売機で「こんなグッズ」を販売中

Img_2018_12_0114

昔、「成人の日」は固定祝日で、本来は1月15日でしたね。

1948年に制定された当時は、確か、この日が小正月であったこと、かつて「元服の儀」が小正月に行われていたことから15日に決まったという話を耳にしたことがあります。

さて、今日は「自動販売機の話題」をお届けしましょう。

Feriは、「日本は世界に冠たる自動販売機王国だ」と思っています。まず、台数が非常に多く、街角に単独で自動販売機が設置されているケースも多いため、ソフトドリンクなどは、どこでも簡単に手に入りますよね。本当に便利な国です。

Img_2018_12_0115

その点、オーストリアではドリンクの自動販売機は、駅構内などの限られた場所にしか設置されていません。

ましてや街頭にポツンと自動販売機が置かれているケースは、ほとんど見かけません。これは、治安の問題という見方もあります。言葉は悪いですが、小銭中心とは言え、金庫が街中に置いてあるようなものですから‥

反面、オーストリアの自動販売機を観察すると、“何で、こんなものを売っているのだろう”という商品が入っているケースがあります。

先日、S45の駅で列車を待っている時、プラットホームに設置されている自動販売機を見て、Feriはびっくりしました。

この販売機は、従来、ドリンクとスナックが販売されていたのですが、今回、上段には何と「使い捨てライター」が入っているではありませんか。

Img_2018_12_0218

日本でもおなじみのBICのライターです。世界的なブランドなので、日本でも販売されている電子式ライターです。

パッケージには、日本では見かけない“3000回着火できる”という表示が出ています。お値段は2.5Euro(現在のレートでは、310円ほど)です。

ちなみに日本ではオープン価格の商品ですが、希望小売価格は150円(税別)なので、約倍の価格ということになります。

が、その後、別の駅で同じ会社の自動販売機をチェックしたところ、商品パッケージに「2× MORE PLUS」というステッカーが貼ってありました。

ということは、2個セットのようです。となると1個当たりの値段は1.25Euroに下がるので、日本の実勢価格と、ほぼ同じことになりますね。

しかし、ライターのようなリスクのある商品を自動販売機に入れてしまうという発想には、驚きました。

こちらでは、Bankomat Card(銀行キャッシュカード)で連嶺認証をするタバコの自動販売機は比較的普及していますので、ライターを忘れた方からすれば、この自動販売機は、非常にありがたいでしょうね。

Continue reading "自動販売機で「こんなグッズ」を販売中"

| | Comments (0)

January 07, 2019

ウィーンに“NINJA”見参

2019christbaumsammelstellen

小林陵侑選手がスキージャンプ・ワールドカップで、ビショフスホーフェン大会で8勝目を挙げましたが、ジャンプ週間で完全優勝。こちらでも大きな話題になっています。オーストリア勢は、今ひとつ、勢いがありません‥

昨年、「木の形が良くない」と物議を醸し出した市庁舎前広場のクリスマスツリーですが、クリスマス市の終了後、WienerEistsoum準備のため、1月4日の朝、撤去されました。

昨日も触れましたが、家庭などで役目を終えたクリスマスツリーは、ウィーンでは熱源として再利用されます。2018年は、534の回収ステーションで757トンのツリーが回収されましたが、これにより約1000世帯に1か月エネルギーを供給することができるそうです。

「クリスマスツリー」にも「第二の使命」がある訳ですね。もちろん、市庁舎前の巨大ツリーもエネルギー源になります。

Img_2018_12_0496

なお、2019年はクリスマスツリーの回収ステーションは、2019年1月13日まで、市内各所に開設されます。

回収ステーションの場所は、ウィーン市のホームページ上でも公開されていますが、最近では48er-Appで検索することもできるようになりました。

さて、今日は「日本にも関係のある話題」です。

外国人の方が、興味を示す日本のアイテムに忍者があると思います。

Feriが子供の頃、忍者を取り上げた作品は人気がありました。「カムイ伝」、「仮面の忍者赤影」、「忍者ハットリくん」などがありましたね。

Img_2018_12_0495

さて、先日、Westbahnhofに隣接するbahnhofCityに立ち寄った際、このブログでもご紹介したLEGO の専門店「BRICK STORE」のショーウィンドウのディスプレイが一新されていました。

以前は、こちらでも人気が高いスターウォーズシリーズでしたね。新しいディスプレイが、今回、お目にかけるもの。当然、LEGOのブロックで作ったものです。

台座には「NINJAGO MOVIE」。最近は、この手の話題にまったくついて行けないFeri。ちょっと調べてみました。

「LEGO NINJAGO」は、2011年に発売された忍者を題材にした玩具を元にしたアニメ作品だそうですね。デンマークとイギリス、北米では2011年から放送されたようで、フルCGアニメーション。日本では2012年からCS放送で放送が始まり、2015年から地上波のテレビ東京でも放送が開始されたそうです。

Feriは、この作品を見たことがないので全くわかりませんが、解説によると「ニンジャたちは表向き、喫茶店で店員として働き、一方で陰ながらニンジャの修行をしている」とか。

Continue reading "ウィーンに“NINJA”見参"

| | Comments (0)

December 28, 2018

ウィーンでも好評発売中 EOS-Rシステム

Img_2018_12_0298

今日は「カメラの話題」をお届けしましょう。

デジタル一眼レフカメラに関しては、ヨーロッパでも主流は、もはや日本製です。

Canon、Nikonという二大メーカーに加えて、αを引き継いだSONYやPanasonicなどのカメラが店頭に並んでいます。

最近ではミラーレス一眼レフの登場によって、市場の動向も変わりつつあるようです。

従来のデジタル一眼レフカメラは、基本的に銀塩カメラの延長だったので、フィルムを使う一眼レフカメラを開発・製造していたメーカーが圧倒的に有利でした。

しかし、ミラーレスになると、メカニカルシャッターを含む機械部分の構造が大きく変わるため、電子機器メーカーでもカメラ専業メーカーに太刀打ちできると言われています。

ただ、一眼レフカメラの場合、何と言っても交換レンズの品質とラインナップがユーザーにとっては大きな関心事。

そういう意味では、築き上げた資産を継承できるカメラ専業メーカーが有利という見方もありました。

とは言ってもミラーレスになると、本来は新しいレンズシステムを開発した方が、システム全体としては最適化を図ることができます。

その点、豊富な過去の資産を持っているカメラ専業メーカーは、逆に本格的なレンズ構造(主にカメラと接続するマウント部分)の変更に着手するのは大変だという話を耳にしたことがあります。

これは、かつてフィルムを使う一眼レフカメラでも、電子化の進展によって、マウントの変更を余儀なくされた例がありました。

かつて某出版社に勤務していたFeriは、CanonがFDマウントからEOSシリーズの登場により、EFマウントに変わった場面に直面しました。その結果、ボディを変えると社有のレンズがほとんど使えなくなるという事態に‥

Continue reading "ウィーンでも好評発売中 EOS-Rシステム"

| | Comments (0)

November 16, 2018

変わったお店シリーズ145 Breitling Boutique Vienne

Img_218_02_0350

今日は久しぶりに「変わったお店シリーズ」をお届けしましょう。ウィーンの中心部には海外ブランドの直営店が増えているような気がします。

それだけ富裕層の訪問者が増えているということなのでしょうかね。ブランド品がお好きな方も多いと思いますが、どうもFeriは、衣料品関係のブランドものには、全く関心がなく、そのようなお店がオープンしても前を素通りするだけ‥

まぁ、ブランドものを購入する資金がないというのも事実ですが‥その資金は、オペレッタのチケットに消えてしまうと言う説も‥

Img_218_02_0351

今日、ご紹介するのは男性には人気が高い時計、ブライトリングの直営店(Breitling Boutique Vienne)です。GIORIO ARMANIのお店と隣接していることからもわかるようにブランドショップ街のKOHLMARKT にあります。

男性はメカニズムが凝縮されている時計のファンが多いと言われていますが、その中でも航空時計は独特のデザインと機能で魅力がありますね。

その中でも、航空時計に特化しているのがスイスのブライトリング(Breitling Montres S.A.)。

航空業界とのつながりが強く、コクピットウォッチ、クロノグラフ、ストップウォッチを主力としおり、「時計ではなく(航空用)計器である」という理念のもとに、製品はすべてクロノメーター検定に合格しているそうです。

Img_2013_08_4970

そして、同社は各種航空イベントを支援している他、自社でもチェコ製のジェット練習機アルバトロスを使ったデモフライトチーム(BREITLING JET TEAM、しかも7機編成)を保有しています。

ブライトリングの面白いところは、各国の空軍やアクロバットチーム仕様のクロノグラフを限定品として発売しているところです。

実はオーストリア連邦軍のリミテッドエディション「オーストリアンエアフォース エマージェンシー」というのが発売されたことがあります。

「エマージェンシー」というカテゴリーは、周波数121.5MHzの国際航空遭難信号発信機を装備しており、万が一、遭難した場合、救助を要請することができるものです。そのため、購入できる人が限定されていました(パイロットまたは航空無線従事者)。

ブライトリングは基本的に機械式なのですが、エアロスペースというモデルは、アナログとデジタルのコンビネーションです(電池式クォーツ)。そのため、機械式のモデルよりも若干、お値段が安いようです。

Continue reading "変わったお店シリーズ145 Breitling Boutique Vienne"

| | Comments (0)

November 04, 2018

鉄瓶でお茶はいかが?

Img_2015_09_4845

多忙につき、短めの話題でご容赦ください。

今日は「グッズの話題」をお届けしましょう。

以前、ウィーン西駅にあるBahnhofCityにあるバラエティショップに立ち寄った時のことです。このお店は、チェーン店なのですが、季節によって、なかなか興味深い商品を販売しています。

その日、店頭に並んでいたのは、写真のような「鉄瓶」でした。日本でも、最近は店頭で見かけることが少なくなった鉄瓶ですが、まさかウィーンで見かけるとは思ってもみませんでした。

ところで、こちらでは推販には基本的にガスを使っているご家庭は少ないようです。これは、ガス爆発を心配する方が多く、電気コンロや電磁調理器を使っているご家庭が多いようです。

実際、Feriがお世話になったアパートも全て調理は電気で行っていました。電気代が失敗だったのですが‥

Continue reading "鉄瓶でお茶はいかが?"

| | Comments (0)

August 24, 2018

楽しい電話機を発見

Img_2018_08_0083

仕事が立て込んでしまい、なかなか「夏期休暇」を取れなかったFeriですが、短いですが、やっと休みを取ることができました。

まぁ、忙しいのは、ある意味、結構なことなのですが‥

夏休みで、ウィーンを離れて某ホテルへ宿泊したところ、部屋に面白い電話機が‥

懐かしいですね。Feriにとって「電話機」といえば「ダイヤルに指を入れて回すもの」なので、定番デザインです。

が、この電話機ですが、ダイヤルは回りません(笑)。そう、プッシュ式なのですげ、デザインが「昔の電話機」になっているのです。

Img_2018_08_0108

そのため、ダイヤル式電話機では考えられない「#」も付いています。しかし、凝っているのは、ちゃんとダイヤルを回す際、「ここまで回す」という指留め(正式名称は知りませんが)まで付いていること。

カラフルな色使いであると同時に、遊び心一杯の電話機です。つい、どんな会社が作っているのかが気になるFeri。さっそく、電話機の裏を見て銘板を探しました。

AEI Communicationsという銘板が付いていたので、ネットで検索したところ、AEIは、アメリカ・カリフォルニア州ミルブレイで創業したホテルの電話システムを専門に手がける通信システム会社であることがわかりました。2010年に旧Teledexmanagement とG-Tek Electronicsによって設立されたそうです。

Continue reading "楽しい電話機を発見"

| | Comments (0)

July 17, 2018

セルフィースティック愛用者が増加中

Img_2018_06_0810

今日は「記念写真撮影の話題」をお届けしましょう。

最近は人混みが苦手になっているFeriは、あまり観光客の皆さんが集中する場所には出かけません。

ただ、所要があって、どうしても観光客の皆さんが多いエリアを通過せざるを得ない場合もありますが‥

そんな中、Feriの個人的な感想ですが、「セルフィースティックを使っている人が増えたなぁ」ということ。

日本では自撮り棒と呼ばれるセルフィースティック。小型デジタルカメラを取り付けることができる製品もあるようですが、最近、見かけるのはもっぱらスマートフォンを取り付けて撮影に興じている人。

Img_018_06_0829

こちらの方は、写真のように1人でセルフィースティックを使っているケースもありますが、カップルやグループが記念撮影をするために使うことが多いようです。

普及するようになった最大の要因は、記念撮影に、高性能のカメラを搭載してスマートフォンを使用することが一般的になったためだろうと思います。

実際、先日、旧市内で行われた「Österreichisches Blasmusikfest 2018」の会場でも、写真や動画を撮影している人の多くがスマートフォンを使っていました。

そう、最近では動画もビデオカメラではなく、スマートフォンなのですねぇ。セルフィースティックの使い方も、自撮りはもちろん、人の頭越しに撮影するために利用する人も多くなっているような気がします。

Continue reading "セルフィースティック愛用者が増加中"

| | Comments (0)

July 16, 2018

ワールドカップも終わりましたが‥

20180715_x201_00001

今日は「ワールドカップ2018にまつわる話題」をお届けしましょう。

ドイツが予選リーグで敗退するなど、サプライズもありましたが、日本の予想外の活躍もあって、日本でも盛り上がったワールドカップ2018ロシア大会(Fußball-WM)。

結果は皆さまもご存じのようにフランスが4対2でクロアチアに快勝。5大会ぶり(20年ぶり)、2度目の優勝を果たしました。

ウィーンには決勝に進出したクロアチア種神の方が多く住むエリアがあります。決勝戦の日は、大いに盛り上がったことでしょう。

また、日本は16日が「海の日」でお休みだったので、決勝戦をテレビで観戦された方も多かったのではないでしょうか。

Img_2018_06_0788

さて、大会が始まる前、ウィーンの旧市街を歩いていたところ、ある食器店のショーウィンドウで興味深いディスプレイを発見しました。

写真をご覧になればわかると思いますが、ワールドカップ2018ロシア大会に出場した国の国旗をあしらったカップです。

本大会にはご縁がなかったオーストリアのカップがあるはご愛敬ですが、オーストリアの首都ウィーンで販売する訳ですから、入れないわけにはいかないですよね。

ショーウィンドウに展示されていたカップは、出場した32ヵ国すべての製品が並んでいませんでしたが、嬉しいのは「日本のカップ」が並んでいることです。日の丸はシンプルなデザインなので、目立ちますね。

このカップですが、REVOLというメーカーの製品で、よく見ると「MADE IN FRANCE」。

Continue reading "ワールドカップも終わりましたが‥"

| | Comments (0)

July 09, 2018

暑い夏を乗り切る「必須アイテム」

Img_2018_06__0648

日本では、西日本を中心に記録的な大雨で大きな被害が出ていますが、皆さまはいかがでしょうか。まず、西日本で、被災中の皆様にお見舞い申し上げます。

地震と異なり、雨の場合、事前にある程度、避難などの対策もとれると言われていますが、「記録的な豪雨」になると、予想もしなかった状況が発生するため、犠牲になる方が出てしまうのは、残念なことです。

さて、今日は「暑い夏を乗り切るグッズの話題」です。

5月下旬から6月中旬までは非常に暑かったウィーンですが、その後は、一段落。しかし、全般的に気温が上がる傾向があるようで、これから「暑い夏」がやってくると思います。

30年以上前、初めてウィーンに来たときはエアコンなどはお目にかかったことはなかったのですが、最近はかなり普及するようになってきました。

Img_2018_06__0647

何しろ、地下鉄や路面電車、バスにもエアコンが装備される時代ですからね。

オフィスなどに関しては、熱が発生するIT機器などが増えていること、高層化が進んでいることなどからエアコンを備えているところも多くなっているようです。

しかし、日本のように、一般家庭にエアコンが広く普及するまでには至っていません。また、リーズナブルな価格帯のホテルやアパートも、当然、エアコンはありません。

以前は、通風ができる窓を半開きにしていれば、何とか過ごすことができましたが、最近のように気温が高くなってくると、室温も上昇するケースも‥

寒い冬に備えて「外断熱工法」を採用しているため、逆に部屋が暑くなってしまうと、暖気が抜けないという問題もあるようです。

そんな中、皆さんが最も良く使う「必須アイテム」が、扇風機です。

Continue reading "暑い夏を乗り切る「必須アイテム」"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧