February 13, 2019

変わったお店シリーズ148 Bushdoctor

201902110003

今日は、日本では、まず見ることができない本当に「変わったお店」です。

先日、Schottentorの地下停留所に行ったところ、以前、飲食店が入っていた場所が「Bushdoctor」というお店に衣替えしていました。ちなみに、この場所は何回かお店が変わっていますが、その経緯は、後日、改めて‥

実際、お店には入りませんでしたが、ガラス張りの店内で、中の様子はよくわかります。どうも、Aromablütenという表示からアロマ関係の各種商品を取り扱っているような雰囲気でした。

その時は、あまり気にとめなかったのですが、記事をまとめる際に同店のホームページを見たところ、びっくりするような事実が‥

実は、同店は「オーストリアで最も有名な大麻関連商品を扱うお店」だったのです。

Bushdoctor GmbHの本社は、7区 Kirchengasse にあるそうで、リアル店舗だけでなく、オンラインショップも大々的に展開しています。

201902110002

同社は1998年に創業し、大麻栽培に必要な各種の園芸用品(初心者用キットというのもありました)をはじめ、吸引用の器具(大麻は、パイプ、ジョイント、水パイプ、気化器などで摂取するそうです)など取り扱っているそうです。

パイプは、木、金属、ガラス、陶器など、様々な素材で作られており、その形状も多用。実際、店頭にも、色々なパイプが並んでいたようです。

皆さまはご存じのように、日本では大麻は御法度。無許可所持に最高懲役5年、営利目的栽培には懲役10年という重い刑罰が課せられます。

ところが海外では、大麻が合法化されている国(ヨーロッパではオランダが有名ですが‥)もあるほか、非犯罪化という扱いになっている国が増えているとか‥

非犯罪化というのは、違法でもなく、合法でもないグレーゾーン。一応、取り締まるための法律はあるものの、実際には運用されていない状態を指すそうです。

Continue reading "変わったお店シリーズ148 Bushdoctor"

| | Comments (0)

February 03, 2019

薬局の店頭に自動販売機

201901310002

今日は、「節分」なので、日本では各地で、色々な行事が行われていると思います。

当ブログでは「節分」とは無縁の「自動販売機の話題」です。

国民性の違いなのか、考え方の違いないのか、日本人のFeriが、こちらの自動販売機を見ると、首をかしげたくなるケースがあります。

今日のケースも、その一つ。先日、銀行へ行く途中、道路沿いにあった薬局に自動販売機が設置されていました。

日本でもドラッグストアや薬局などに自動販売機が置いてあるケースは珍しくないと思いますが、そのほとんどは清涼飲料ではないかと思います。まぁ、副収入という感じでしょうか。

201901310001

ちなみに、Feriが、こちらの薬局店頭で自動販売機を発見したのは、今回が初めてのような気がします(気づかなかっただけという可能性はありますが‥)。

当然、興味津々。どんなものを売っているのか、チェックしてみました。すると、通常、薬局やドラッグストアで販売しているような商品がラインナップされていました。

ただ、中央の目立つ場所に並んでいたのは、日本の薬局では単独の自動販売機で販売されることが多いコ○ド○ムでした(SPAM対策で伏せ字にしました‥)。

まぁ、こちらでは公衆トイレでも販売しているケースが多いですから、最もポピュラーな商品なのかもしれません。

ただ、それ以外ではボックスに入ったティッシュ、救急絆創膏、ハンドクリーム、乳児用ミルクなどが入っていました。基本的に緊急性の高い商品がラインナップされていることがわかります。

店舗の開店時間とも関連しますが、日本のように長時間営業のドラッグストアやコンビニエンスストアがないため、こういったアイデアを思いついたのかもしれません。

Continue reading "薬局の店頭に自動販売機"

| | Comments (0)

January 18, 2019

変わったお店シリーズ147 無人郵便局

Img_2018_12_0047

ウィーンでは、今日からRathausplatzで「Wiener Eistraum 2019」がオープンします。

24回目となる「今年の目玉」は、Sky Rink。3月2日までの営業予定。ウィーンにお越しの際には、是非、お立ち寄りください。

さて、今日は「変わったお店シリーズ」をお届けしましょう。

このブログでもたびたびお伝えしているように、こちらでも郵便事業は日本と同じく民営化されています。

その結果、収益性の向上に向けた様々な合理化策が打ち出されました。一つは、郵便窓口の民間委託「Post Partner」です。

直営の郵便局を廃止し、民間の各種店舗に郵便窓口を委託するもので、かつては、地方の街が中心でしたが、最近ではウィーン市内でも見かけるようになりました。

Img_2018_12_0046

この他、日本と同じく、以前は郵便局が銀行業務を行っていましたが、民営化の際、分割され銀行業務はドイツ系BAWAG傘下になり、BAWAG PSKとして営業をしています。

従来どおり、写真のように郵便局内に併設されているケースもあります。ただ、営業組織が別なので、場所を貸しているような感じです。

Img_2016_02_1151_2

そして、ウィーンなどの大都市で増えつつあるのが、無人郵便局(Post SB)です。友人の郵便局が時間帯によっては、無人化するというパターンもあります。

このブログでもお伝えしたことがありますが、郵便や小包を送るための自動受付機などが設置されているのが特徴です。これによって利用者の利便性を高めながら、省力化を推進しようというのが、会社側の狙いでしょう。

利用方法は、利用者が郵便や荷物を持ち込み、タッチパネル方式の受付機で登録を行います。料金決済は、クレジットカードが基本。

Continue reading "変わったお店シリーズ147 無人郵便局"

| | Comments (0)

January 03, 2019

変わったお店シリーズ146 BALLOON SHOP

Img_2018_12_0195

日本ではお正月は「三が日はお休み」という方が多いと思います。今日は故郷でお正月を過ごした皆さまの帰省ラッシュですね。

また、最近ではスーパーマーケットの中には、1日と2日を休業に戻すところも出てきたという話を耳にしました。

スーパーマーケットの従業員さんはご家庭をお持ちの女性が多いですから、家族との団らんを大切にしてもらおうという配慮なのでしょう。

最も「年中無休、24時間営業」の代表、コンビニエンスストアは、年末年始も通常営業で、賑わっているようですが‥

さて、今日は「変わったお店シリーズ」をお届けしましょう。

Img_2018_12_0194

昨年、ウィーン交通博物館のクリスマス市を見に行った時、近くで「BALLOON SHOP」を見つけました。場所は3区で、屋号は「Glamour and more」と言うようです。

こちらでも店舗のディスプレイや各種のイベントで風船を活用するケースがありますが、このお店は「vip decorations」という副題が付けられているように、単に風船関係の商品を販売するのではなく、風船を使った各種デコレーションを請け負っている会社のようです。

物販専門店の場合は、お客さまの注目を集めて、購買行動を促すためにショーウィンドウを充実させるのが一般的です。

20181230ss00001

しかし、ディスプレイ関連の会社は、PRの仕方が悩ましいところ。このお店では自社が販売している風船やディスプレイ関連商品を並べているのが特徴です。

Feriが気に入ったのは、同店の看板です。新郎新婦が風船の付いた自転車に乗っているデザイン。なかなか夢があり、物語を感じさせる良いデザインですね。

記事をまとめるため、後日、同店(同社)のホームページを見たところ、文字がドイツ語ではなく、ボスニア語で表記されていました。ということは、ボスニアの会社(もしくはオーナーさんがボスニアご出身)なのでしょうか。

Feriは、「BALLOON SHOP」という名称から風船を使ったディスプレイ専業なのかと思っていたのですが、実際にホームページを見ると、素材に風船以外のものをつかった各種デコレーションを請け負っていることがわかりました。

Continue reading "変わったお店シリーズ146 BALLOON SHOP"

| | Comments (0)

November 16, 2018

変わったお店シリーズ145 Breitling Boutique Vienne

Img_218_02_0350

今日は久しぶりに「変わったお店シリーズ」をお届けしましょう。ウィーンの中心部には海外ブランドの直営店が増えているような気がします。

それだけ富裕層の訪問者が増えているということなのでしょうかね。ブランド品がお好きな方も多いと思いますが、どうもFeriは、衣料品関係のブランドものには、全く関心がなく、そのようなお店がオープンしても前を素通りするだけ‥

まぁ、ブランドものを購入する資金がないというのも事実ですが‥その資金は、オペレッタのチケットに消えてしまうと言う説も‥

Img_218_02_0351

今日、ご紹介するのは男性には人気が高い時計、ブライトリングの直営店(Breitling Boutique Vienne)です。GIORIO ARMANIのお店と隣接していることからもわかるようにブランドショップ街のKOHLMARKT にあります。

男性はメカニズムが凝縮されている時計のファンが多いと言われていますが、その中でも航空時計は独特のデザインと機能で魅力がありますね。

その中でも、航空時計に特化しているのがスイスのブライトリング(Breitling Montres S.A.)。

航空業界とのつながりが強く、コクピットウォッチ、クロノグラフ、ストップウォッチを主力としおり、「時計ではなく(航空用)計器である」という理念のもとに、製品はすべてクロノメーター検定に合格しているそうです。

Img_2013_08_4970

そして、同社は各種航空イベントを支援している他、自社でもチェコ製のジェット練習機アルバトロスを使ったデモフライトチーム(BREITLING JET TEAM、しかも7機編成)を保有しています。

ブライトリングの面白いところは、各国の空軍やアクロバットチーム仕様のクロノグラフを限定品として発売しているところです。

実はオーストリア連邦軍のリミテッドエディション「オーストリアンエアフォース エマージェンシー」というのが発売されたことがあります。

「エマージェンシー」というカテゴリーは、周波数121.5MHzの国際航空遭難信号発信機を装備しており、万が一、遭難した場合、救助を要請することができるものです。そのため、購入できる人が限定されていました(パイロットまたは航空無線従事者)。

ブライトリングは基本的に機械式なのですが、エアロスペースというモデルは、アナログとデジタルのコンビネーションです(電池式クォーツ)。そのため、機械式のモデルよりも若干、お値段が安いようです。

Continue reading "変わったお店シリーズ145 Breitling Boutique Vienne"

| | Comments (0)

October 03, 2018

謎のピクトグラムシリーズ 洒落たピクトグラムの看板

Img_2018_09_0470

今日は、仕事がちょっと立て込んでいるので、「軽い話題」でご容赦ください。

お店の看板には、結構、お国柄や文化が反映されると思います。

オーストリアでは、伝統的なマイスターが経営しているお店みは、重厚で魅力的な看板が掲げられているところが多いですね。いかにも「伝統と誇り」を感じさせます。

一方、ユーモアに富んだ看板を掲げているお店もあります。このセンスが、興味をそそります。今日は、そんなユーモアに富んだ看板をご紹介しましょう。

Img_2018_09_0471

ビジュアルなので、細かい説明よりも写真をご覧頂ければ、一目瞭然。ガソリン計量器のイラストですが、供給しているのはベンジンではなく、Bier。

呑兵衛のFeriなどが見ると、「発案者の意図」がよくわかります。暑い時期、汗をかいた後などは、燃料を補給したくなるものです。その心理をついた「見事な看板」と言えるでしょう。

この看板は、Ottakringで9月に開催された「Ottakringer Kirtag 2018」の会場に出店していた「ワゴン型の屋台」で見かけたものです。

Continue reading "謎のピクトグラムシリーズ 洒落たピクトグラムの看板"

| | Comments (0)

September 10, 2018

変わったお店シリーズ144 Apple Stores Österreich

20180909ss00001

「オーストリアの話題」ではありませんが、まずは日本人として嬉しいニュースから。

テニスの全米オープン女子シングルス決勝で、第20シードの大坂なおみ選手が第17シードのS・ウィリアムズ選手を6-2、6-4のストレートで破りました。

日本人男女を通じて史上初となる「四大大会優勝」の快挙。日本でも災害関連の厳しいニュースが多い中、明るい話題として注目を集めていると思います。

ご存じのようにテニスは、こちらでも人気のあるスポーツなので、こちらの新聞にも大きく取り上げられています。

Img_2018_06_0612

また、現在、オーストリアでは、Innsbruckで「IFSC クライミング・世界選手権 2018」が開催されています。

この中でボルダリングは、ワールドカップ女子で優勝した野中生萌選手をはじめとする日本選手の活躍が期待されます。

さて、今日はスポーツとは全く関係のない「IT関係のお店にまつわる話題」をお届けしましょう。

ご存じ、アメリカのコンピューターメーカーであるアップル。画像処理に強いところから、日本でも出版関係では定番システムかと思います。

Img_2018_06_0611

DTP(デスクトップパブリッシング)に関しては、アップルのソフトを推奨している印刷会社も多く、Windowsが主流となっている今日でも、雑誌や書籍の編集関係や、デザイン関係ではアップルのパーソナルコンピューターMacを愛用している人が多いですね。

最近ではWindows版のDTPソフトも出ていますが、やはり印刷の際には制約も多いようです。

Feriは、本業で企業から委託を受けて部内用印刷物の作成などを行っていたこともありますが、WindowsとMacの両方を使うことは断念しました。

そんなアップルが一般の皆さんに大きく認知されるようになったのは、ご存じのように日本では絶大なシェアを誇るiPhone。オーストリアでは日本よりもAndroid系のスマートフォンが普及していますが、日本ではiPhoneの人気は高いですね。

Continue reading "変わったお店シリーズ144 Apple Stores Österreich"

| | Comments (0)

September 02, 2018

変わったお店シリーズ143 Rustのアイスクリームスタンド

Img_2018_08_0176

今日は「Feriのバカンスシリーズ」をお届けしましょう。

ホテルが新しくオープンしたようにRustも、しばらく訪問しないと、色々と変化があります。今回はSeeBadまでは行きませんでしたが、あそこも色入と変わっているかも知れません。

さて、そんな中、SeeHotel Rustの駐車場に隣接する場所にアイスクリームスタンドがオープンしていました。

もともと低地地帯で暑いブルゲンラント。Rustはノイジードラーゼー湖畔と言っても、暑いのは、皆さまご存じのとおり。

Img_2018_08_0150

ただ、意外なことに、今までアイスクリームを専門に扱うお店は少なく、1件程度だったと思います。

そのため、このお店、いつも繁盛しています。もちろん、Caféでは色々な種類のアイスクリームを提供していますから、困ることはないと思います。

今回、見かけたのはテイクアウト(To Go)もできる専門店。こちらでは定番の「コーンの上にアイスを乗せる」タイプです。

Img_2018_08_0179

お値段は1玉が1.3Euro、2玉が2.5Euro、3玉が3.6Euroと数が多いほどオトクになっています。ちなみに、それ以上は1玉1Euroのようです。

Feriは、アイスよりもBierの方が良いので、斜め向かいにあるCaféのシャニガルテンを利用しましたが、子供さん連れも含めて、結構、お客さまが立ち寄っていました。

また、店の前には子供さん向けの電動遊具やガチャも設置されており、基本的には子供さんを意識した店づくりになっています。

Continue reading "変わったお店シリーズ143 Rustのアイスクリームスタンド"

| | Comments (0)

July 26, 2018

変わったお店シリーズ142 籐製品の専門店

Img_2018_06_0152

今日は久しぶりに「変わったお店シリーズ」をお届けしましょう。

日本では、家具以外では、余り見かけなくなってしまった「籐」を使った各種製品。ウィーンでも、少なくなっていますが、現在でも製造・修理などを専門に行っているお店が存在します。

旧市街のFreyungでは、毎週、市が立ちますが、そこに出展している「籐製品の専門店」があります。

このお店は、家具はもちろんのこと、買い物カゴや各種カゴ、新聞ホルダー(ウィーンの伝統的なカフェハウスで見かけるもの)など、幅広い製品を製造・販売していることです。

Img_2018_06_0150

また、この市へ製品を運んでくるカートは、外側が透明のアクリルパネルになっており、搭載している製品が見えるようになっています。これも、なかなかインパクトがあります。

見ているだけでも、楽しい商品が多いのが特徴で、最近では籐製の買い物カートなども発売しています。

市は、もちろん「臨時のお店」で、ウィーン市内に本店が存在します。先日、所用があって近くまで行ったので、本店を訪ねてみました。

と言っても、実際に商品を購入する訳ではないので、お店の外から様子を見ただけですが‥

Img_2018_06_0151

このお店ですが、屋号は「KORBWAREN DRABEK」。場所は18区Kreuzgasseにあります。間口は小さいお店ですが、写真のように店頭にやショーウィンドウには同社のオリジナル製品が並べられており、なかなかインパクトがあります。Feri、お気に入りの「新聞ホルダー」もショーウィンドウに展示されていました。

特に「巨大な帽子」には圧倒されました。この大きさから考えると、実際にかぶるわけではないのでしょうが、「お店の看板」のような製品なのかもしれません。

並んでいる製品を見ると、いわゆる手工業製品らしく、作っている人の想いが伝わってきませんか。

Continue reading "変わったお店シリーズ142 籐製品の専門店"

| | Comments (2)

July 11, 2018

またまた仮設薬局 その背景は‥

Img_2018_06__0670

今日は「薬局(APOTHEKE)の話題」をお届けしましょう。

日本の場合、薬局というと、いわゆる「調剤薬局」をイメージする方が多いと思います。

最近、日本では、調剤部門を併設したチェーン店のドラッグストアーが増えているようですが、いわゆる病院や医院に近い場所で営業している「調剤薬局」(門前薬局と揶揄されますが‥)では、OTC医薬品(Over The Counter:オーバー・ザ・カウンター、以前は大衆薬、市販薬などと呼ばれていました)は扱っていないのが一般的だと思います。

実際、風邪を引いた、胃腸の調子が悪い、頭痛がするといった症状が出た場合、皆さんもドラッグストアーで市販薬をお買い求めになるケースが多いと思います。

日本では医療費を抑制するため、厚生労働省は、安易に医者にかかり、薬を処方してもらうのではなく、「自分の健康は自分で守る」という「セルフメディケーション」を推奨しているようです。

それに対して、こちらでは医薬品に限らず、ごく最近まで業種・業態ごとに取り扱うことができる商品が限定されていました。

Img_2018_06__0669

医薬品に関しては、現在も、この「シバリ」があるため、ドラッグストアーでは医薬品は販売されていません(日本の医薬部外品に相当する商品は別ですが‥)。

そのため、処方薬に限らず、医薬品を購入するには薬局に足を運ぶ必要があります。

Feriは、こちらの法令や条例に詳しくないので、何とも言えませんが、薬局については出店規制があるのか、ドラッグストアーほど集中出店していることは少ないように感じます。

恐らく、その関係だと思うのが、日本では、余り見かけない「仮設薬局」です。本来の薬局が改装工事などで、一定期間、閉店する場合、近くの歩道上に仮設薬局を設置するのが一般的になっているようです。

写真は、最近、19区で見かけた仮設薬局。例によってコンテナハウスを活用したものですが、多くのお客さま(患者さま)が立ち寄っていました。

Continue reading "またまた仮設薬局 その背景は‥"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧