July 11, 2018

またまた仮設薬局 その背景は‥

Img_2018_06__0670

今日は「薬局(APOTHEKE)の話題」をお届けしましょう。

日本の場合、薬局というと、いわゆる「調剤薬局」をイメージする方が多いと思います。

最近、日本では、調剤部門を併設したチェーン店のドラッグストアーが増えているようですが、いわゆる病院や医院に近い場所で営業している「調剤薬局」(門前薬局と揶揄されますが‥)では、OTC医薬品(Over The Counter:オーバー・ザ・カウンター、以前は大衆薬、市販薬などと呼ばれていました)は扱っていないのが一般的だと思います。

実際、風邪を引いた、胃腸の調子が悪い、頭痛がするといった症状が出た場合、皆さんもドラッグストアーで市販薬をお買い求めになるケースが多いと思います。

日本では医療費を抑制するため、厚生労働省は、安易に医者にかかり、薬を処方してもらうのではなく、「自分の健康は自分で守る」という「セルフメディケーション」を推奨しているようです。

それに対して、こちらでは医薬品に限らず、ごく最近まで業種・業態ごとに取り扱うことができる商品が限定されていました。

Img_2018_06__0669

医薬品に関しては、現在も、この「シバリ」があるため、ドラッグストアーでは医薬品は販売されていません(日本の医薬部外品に相当する商品は別ですが‥)。

そのため、処方薬に限らず、医薬品を購入するには薬局に足を運ぶ必要があります。

Feriは、こちらの法令や条例に詳しくないので、何とも言えませんが、薬局については出店規制があるのか、ドラッグストアーほど集中出店していることは少ないように感じます。

恐らく、その関係だと思うのが、日本では、余り見かけない「仮設薬局」です。本来の薬局が改装工事などで、一定期間、閉店する場合、近くの歩道上に仮設薬局を設置するのが一般的になっているようです。

写真は、最近、19区で見かけた仮設薬局。例によってコンテナハウスを活用したものですが、多くのお客さま(患者さま)が立ち寄っていました。

Continue reading "またまた仮設薬局 その背景は‥"

| | Comments (0)

June 29, 2018

変わったお店シリーズ141 BahnhofCityのLEGO専門店

Img_2018_06_0176

ワールドカップの日本対ポーランド戦は、日本が敗れてしまいましたが、最終的にはフェアプレイポイントで、決勝トーナメントに進出したようですね。次はベルギー‥ これまた強そうです。

さて、今日は「変わったお店シリーズ」をお届けしましょう。まぁ、あまり変わった部類には入りませんが‥

長距離列車の発着が減ってしまったWien Westbahnhofですが、BahnhofCityは、相変わらず賑わっているようです。

先日、BahnhofCityに新しく「LEGOの専門店」がオープンしました。Feriも、子供の頃、遊んだ記憶があるブロック玩具のLEGO。

Img_2018_06_0174

デンマークに本社がある玩具メーカーですが、プラスチック製玩具の発売は1949年というから、驚きです。Feriが生まれる前に創業していたことになります。

実際、プラスチック製ブロック玩具の製造・販売をはじめたのは1950年代のようですが、当時、玩具は木製が主流で、プラスチック製のものは、なかなか受け入れられなかったようです。

日本での発売は1960年代だったようですから、Feriが子供の頃、発売が始まったことになります。以来、素材の改良も含めて様々な形で発展し、モーターを搭載して、レールの上を走る乗り物も登場しています。

Img_2018_06_0658

一時期、ビデオゲームの登場などで不振に陥ったようですが、映画とのコラボレーションで、人気が復活。とくに「スターウォーズ」シリーズは人気挽回のきっかけとなったそうです。

BahnhofCityにオープンしたLEGO専門店は「BRICK STORE」という名称で、LEGOの各種セットやパーツなどを販売しています。

やはり世界的なブランドなので、人気が高いようで、旅行者の方も立ち寄っている姿を見かけました。

Img_2018_06_0659

Feriが、子供の頃は、ブロック主体でしたが、最近では、色々なシリーズが販売されるようになり、選択の幅が広がっているようですね。

また、6月の中旬には、BahnhofCity内で、子供さん向けのイベントも開催されていました。実際にインストラクターの指導で、LEGOを組み立てて、その魅力を体感してもらおうというものです。

そして、Westbahnhofのコンコースには、LEGOを使ったスターウォーズの作品が陳列されていました。

Continue reading "変わったお店シリーズ141 BahnhofCityのLEGO専門店"

| | Comments (0)

May 09, 2018

変わったお店シリーズ140 BOSCHのお店

20180509_x201_00001

来週からオーストリア航空の日本線が再開されますが、8日、香港で整備中だったB777-200ER増備機(OE-LPF)が、OS1432便としてウィーンに回送されました。

これで、日本線再開に向けて機材の準備も整ったことになります。

Img_218_02_0682

今日は「変わったお店シリーズ」をお届けしましょう。

色々な店舗が並んでいるMariahilfer Straßeに「BOSCH」という看板を掲げたお店があります。

「BOSCH」は、日本でも自動車部品や電動工具のメーカーとして有名なので、ご存じの方も多いと思いますが、こちらではいわゆる白物家電も販売しています。

同社は1886年にRobert Boschという方がドイツで創業した会社で、自動車部品や電動国具に加えて、産業機械や一般消費財などを製造・販売しています。

当たり前ですが、Mariahilfer Straßeにあるお店は、自動車部品や電動工具を販売しているのではなく、白物家電などの一般消費財を販売しています。

Img_218_02_0683

Feriが通りかかった日は、休業日だったので、中に入って見ることはできませんでしたが、大きな窓からは展示されている商品を眺めることができました。正式名称は「Bosch Store Wien 7」。

取り扱っている商品は、洗濯機や冷蔵庫、食洗機、電子オーブンレンジなどの白物家電や、コーヒーメーカーなどの調理家電など、多種に及んでいます。

20180508_x201_00001

かつては、日本でも同社製の食洗機や乾燥機を販売していたこともあるようですが、このような製品ラインナップを見ると、事実上の総合家電メーカーであることがわかりますね。

ただ、同社は日本の総合家電メーカーのようにテレビなどのAV機器は製造・販売していません。

ところで、日本にもボッシュという会社があるのですが、以前は「ドイツBOSCHの日本現地法人」ではなく、日本でのボッシュ製品の販売および修理に関する代理店として設立された独立した日本法人だったそうです。

Continue reading " 変わったお店シリーズ140 BOSCHのお店"

| | Comments (0)

April 24, 2018

変わったお店シリーズ139 子供靴の専門店

Img_218_02_0482

今日は「変わったお店シリーズ」をお届けしましょう。

ウィーンでは、子供用品の専門店を結構、見かけます。今日、ご紹介するのも、そのようなお店の一つですが、衣料品ではなく「子供靴の専門店」です。

普通は、靴屋の一角に子供靴コーナーがあるのが一般的だと思うのですが、この店は、完全に子供靴を専門に取り扱っているのが特徴です。

屋号は「PICCOLINO」。看板にはおもちゃの機関車が描かれており、なかなか良い雰囲気のお店です。屋号がイタリア語というのが興味深いですね。

言葉の意味は「小さくてかわいい」といったニュアンスのようです。子供靴の専門店にふさわしい屋号だと思います。

Img_218_02_0483

ところで、子供用の靴というと、子供の成長に合わせて頻繁に取り替えるためか、靴選びが軽視されるような気がします。

しかし、このお店では、「子供靴を買うときに最も大切なことは、足の寸法を正確に測定した上で、最適な靴を選ぶこと」と訴えています。靴選びによりX脚を矯正することも可能なようです。

また、子供は年に2足の靴が必要だとか。これは冬期に雪が降ることが関係しているためです。

また、こちらではハイキングなどの際、登山靴を用意するのが一般的です。これは、子供さんも同様なので、用途別のニーズが多そうな気がします。

Continue reading "変わったお店シリーズ139 子供靴の専門店"

| | Comments (0)

April 18, 2018

変わったお店シリーズ138 Parlament前にある「謎の建物」の正体は?

Img_218_02_0647

今日は「変わったお店シリーズ」として「仮設施設」をご紹介しましょう。厳密には「お店」ではありませんが‥

このブログでもご紹介したように、現在、ウィーンにある国会議事堂(パーラメント Parlament)は大規模改修工事が実施されています(詳しくは、2017年1月の記事をご覧ください)

Ringstraße沿いにそびえる古代ギリシャ神殿風の国会議事堂前は、いつも観光客で大賑わい。正面にある「アテネの泉」絶好の記念撮影スポット(今だと「インスタ映え」というのでしょうか)だと思います。

Img_218_02_0650

国会議事堂は、デンマーク生まれの建築家Theophil von Hansen(テオフィル・ハンセン)が設計したもので、1883年に完成しました。

19世紀の建物なのに古代ギリシャ風というのは、民主主義発祥の地アテネにちなんだものと言われています。

ご存じの方も多いと思いますが、同氏は、ウィーン楽友協会の建物、旧ウィーン証券取引所、現在の軍事史博物館などの設計を手がけています。

6996053_500

通常は、館内の見学ができるようになっているのですが、工事に伴って一般の立ち入りが禁止されており、館内に入ることはできなくなりました。

また、広場までは入ることができますが、玄関前への立ち入りも禁止されています。

議会関連施設は、Heldenplatz(ヘルデンプラッツ)の仮庁舎に引っ越しています。2020年の改修工事完了までは、館内の見学はできない訳ですが、先日、国会議事堂の前を通りかかった際、気になる仮設の建物を見かけました。

Continue reading "変わったお店シリーズ138 Parlament前にある「謎の建物」の正体は?"

| | Comments (0)

April 04, 2018

変わったお店シリーズ137 「出店攻勢 ♡のお店」

Img_218_02_0282

昨日お伝えしたVolksoperのインターネットでのチケット発売ですが、現時点で5月分の一斉発売が開始されています。通常どおり、座席指定で購入できるようになりました。日本からお出かけの皆さま、ご心配をお掛けしました。

さて、今日は、「変わったお店シリーズ」をお届けしましょう。今回は、以前、ご紹介した「お店の続々編 」です。

2011年8月に「変わったお店シリーズ25 ハートが一杯」(詳しくはこちら)という記事を掲載しました。その後、2015年4月には、同店が多店舗展開しているという続編(詳しくはこちら)をお伝えしました。

このお店ですが、Herzileinという会社が運営しており、0歳から12歳までの子供服と子供用アクセサリーを製造・販売する専門店です。

当初は10区に1店舗だけを展開していたようですが、その後、市内に展開する直営店が増えてきました。

Img_218_02_0289

ピンク色の「ハートのマーク」がシンボルなので、遠くからも目立ちます。

現在、旗艦店のHerzilein-Wien City-Shop(Wollzeile 17, 1010 Wien)、に加えて、Herzilein-Wien Josefstat(Josefstädter Straße 29, 1080 Wien)、Herzilein-Wien Mariahilf(Amerlingstraße 8, 1060 Wie)が営業しています。

20180403_x201_00001

ところが、最近、同じような店頭デザインですが、取り扱う商品が異なる店舗を、市内で見かけるようになりました。

今日、ご紹介するのは「Herzilein Papeterie」というお店です。

Papeterieという名前が示すように、文房具を中心に販売しているのですが、各種印刷用紙や包装紙、グリーティングカード、革製品などが中心です。

子供服のお店と同じく、Herzileinオリジナルの文具を中心に販売しているのが特徴です。

ご存じのように、こちらでは贈り物をする場合、ラッピングは自分で行うのが一般的なので、気のきいたオリジナルデザインの包装紙は需要が高いようです。

Continue reading "変わったお店シリーズ137 「出店攻勢 ♡のお店」"

| | Comments (0)

March 26, 2018

旧市街には不釣り合い?

Img_218_02_0298

日本では学校が「春休み」に入ったこともあり、人の移動が多くなっているようですが、皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

日本の場合、4月から新年度に入るため、3月末は、新生活に向けて人の動きが活発になりますね。

さて、今日は「旧市街のお店の話題」をお届けしましょう。

ウィーンの旧市街(1区)のお店と言えば、昔から営業している伝統的なお店や、高級品を扱うBoutiqueなどが多いという印象がありますね。

このブログでも時々お伝えしているように、伝統的な個人商店に関しては「後継者難」の問題などもあり、廃業するところが増えているようです。その跡地に入るのは、だいたい新業態や最近流行のお店と相場が決まっています。

先日、所用があってSchottentorから旧市街を横断(おおげさですが)して、Stubentorまで行った時、Stubenbastei で写真のようなお店を見かけました。

Img_218_02_0299

以前、ここは、別のお店だったのは間違いないのですが、どのような業態だったかは、残念ながら記憶にありません。

写真を丹念に探せば、このお店になる前のものが出てくる可能性が高いのですが、めげてしまいました‥

業態は、Wienでも最近多く見かけるようになったディスカウントショップです。日本流に言えば「100円ショップ」ですが、必ずしも「日本の100円」に相当する1Euroでお値段が統一されている訳ではありません。

ただ、色々な商品を安く販売しています。Feriも、時々、覗くことがありますが、なかなか興味深い品揃えです。

ちなみに、このお店の屋号は、Scount Handels。「低価格がウリ」の「庶民的なお店」なので、Wienでも比較的低所得者層が多いエリアに出店する傾向が多い業態です。

という訳で、富裕層が多くお住まいも旧市街には、正直、不釣り合いな業態のような気がします。

Continue reading "旧市街には不釣り合い?"

| | Comments (0)

March 18, 2018

変わったお店シリーズ136 SPARの新業態“SPAR enjoy”

Img_218_02_0293

今日は変わったお店シリーズの一つとして「スーパーマーケットの話題」をお届けしましょう。

ご存じのように、こちらでは日本のコンビニエンスストアと同じ業態はありません。事業形態が比較的似ているのは、ガススタンドに併設されているショップでしょうか。

しかし、それでも、日本のコンビニエンスストアに比べると、圧倒的に品揃えが少ないですね。それでも加工食品やドリンク類が手に入るので、一般のスーパーマーケットが休みの日曜日などには助かります。

一方で、こちれでも生活パターンが多様化してきており、従来の営業形態が、必ずしも利用者のニーズにマッチしているとは言えなくなってきました。

Img_218_02_0295

そのため旧市街にあるスーパーマーケットでは、テイクアウトして、すぐに食べることがでいる商品が増えています。

さらにイートインコーナーを開設しているところも増えてきているように感じます。ただ、基本的な品揃えは、従来のスーパーマーケットに近いと思います。

そんな中、旧市街(Vollzeile39)に今までからあったSPARの小型店が、最近、改装されちょっと変わった店舗になりました。

大げさに言えば「新業態」といった感じです。そのため、店名も「SPAR enjoy」となっています。キャッチフレーズは“Ready to Eat!”。正にすぐに食べることができる商品を取り揃えていることがわかります。

Img_218_02_0294

具体的にはサンドイッチやサラダが中心ですが、SUSHIも並んでいました。また、日本のコンビニエンスストアほどではありませんが、チキンなど温かいスナック(Hot to Go)も販売されています。

当然、ドリンク類も充実しており、紙コップに入ったCoffee(Coffee to Go)も販売しています。

まず、取り扱っている商品が、オフィスなどで昼食をとるときに便利な「中食」(調理済み食品)中心であるという点です。

営業時間は、月曜から金曜日までが7時15分から19時30分まで、土曜日は7時15分から18時00分までとなっています。

Continue reading "変わったお店シリーズ136 SPARの新業態“SPAR enjoy”"

| | Comments (0)

March 12, 2018

変わったお店シリーズ135 都心の小さな食料品店

Img_218_02_0251

昨日は東日本大震災から7年目でしたが、日曜日であったこともあり、各地で追悼行事や復興支援行事が行われたことと思います。

「政治の世界」は何やら騒がしくなってきたようですが、こういった日は犠牲になった方々に思いを馳せたいものです。

さて、今日は「変わったお店シリーズ」をお届けしましょう。東京都心部はオフィスビルディング中心になってしまい、お住まいになっている方は少ないという話を聞いたことがあります。

もっとも、最近は都心の再開発に伴ってタワーマンションが建設されるようになり、都心回帰が始まっているようですから、事情が変わりつつあるのでしょうね。

さて、元々、コンパクトシティであるWienですが、都心部にも多くの人が住んでいます。日本で言えば、「雑居ビルディング」になるのでしょうが、下層階が店舗やオフィス。中層階以上がアパートという物件が多いのがWienの特徴かもしれません。

Img_218_02_0252

そのためか、一見するとオフィス街と思われるような場所に意外な店舗が店を構えていることがあります。今日、ご紹介するのも、そんなお店の一つ。ある意味、Wienらしいお店かも知れません。

先日、市庁舎近くを歩いている時、写真のようなお店を見かけました。このお店がある場所は、。オフィス中心のエリアです。最も中層階以上はアパートもありますが‥

オフィスにお勤めの方に加えて、お住まいになっている方向けの食料品店なのでしょう。ただ、間口が狭く、本当に小さなお店です。

日本では見ることが少なくなった黒板を使った「今日のお勧め」などが店先に出ているところが、オーストリアらしさを醸し出しています。

Img_218_02_0253

立て看板には赤いチョークで「HERINGS SCHMAUS 100g €2.55」という文字が‥ 「今日のお勧め」のお惣菜でしょうか。

こちらでは珍しいお魚料理で、ニシンを使っているようです。残念ながらFeriは頂いたことがありません。ご興味のある方は、ググってください。色々と出てきます。

小さいお店ですが、店頭には果物も並んでいます。

面白いのは、果物は、こちらの基本である「量り売り」である点。お客さまはビニール袋に入れて果物を店内に持っていき、従業員さんが計量してお値段が決定するようです。

また、ショーウィンドウから店内を眺めると、ワインや加工食品、お菓子なども色々と扱っているようで、小さいながらも、食料品を総合的に扱っているお店のようです。

Continue reading "変わったお店シリーズ135 都心の小さな食料品店"

| | Comments (0)

January 28, 2018

変わったお店シリーズ134 ウィーンの「秋葉原」

20180128ss00001

先日、お伝えしたMichael Häupl市長(ミヒャエル・ホイプル)の後継者を選出するためのウィーン市社会民主党(SPÖ)臨時党大会が、27日に開かれMichael Ludwig氏(ミヒャエル・ルドヴィク)が選出されたようです。

なお、市長就任は5月頃の予定です。

さて、今日は「変わったお店シリーズ」をお届けしましょう。

Feriの友人、森野由みさんのご主人はオーストリア人ですが、以前、日本の東京にある秋葉原へ行きたいと言っていたそうです。その後、来日公演の際、ご主人も同行され、秋葉原行きが実現したことがあったそうです。

Img_2017_12_0148

秋葉原に行きたかった理由は、詳しく存じませんが、電機部品をはじめとする各種グッズを販売しているお店が集まっている点のご興味があったようです。

最近では、サブカルチャーの中心地になったこともあり、秋葉原周辺で外国人の方も多く見かけるようになりましたね。

Img_2017_12_0149

そう言えば、色々と問題の多い「マリオカート」が疾走しているのも秋葉原周辺だとか‥

先日、Ottakringへ出かけた際、付近を散策してみました。散歩はブログネタを探すには絶好のチャンスです。

Ottakringer Straßeを歩いている時、小さなお店を見つけました。

最初は何とも思わなかったのですが、何か気になってお店を観察すると、ショーウィンドーの上に「秋葉原」の文字が‥

Continue reading "変わったお店シリーズ134 ウィーンの「秋葉原」"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧