January 21, 2020

変わったお店シリーズ165  Volkshilfe WÜRFEL

20200120004日本は「大寒」を迎えた頃ですが、こちらでは、舞踏会の案内を見かける時期になりました。さて、今日は「変わったお店シリーズ」をお伝えしましょう。

先日、Ottakring駅近くを歩いていると「Volkshilfe WÜRFEL」というお店を見つけました。

店内には入っていませんが、販売している商品はリユース品で、家具やアンティーク商品、書籍、調理器具、食器、衣料品、家具、玩具など多種多様な商品が並んでいました。

20200120002日本でもリユース品の買い取りや販売を行っているお店(民間企業)は沢山ありますが、Feriも、当初は、そのようなお店だろうと思っていました。

しかし、雰囲気がちょっと違います。と言うのは店頭に不要になった衣料品を投入するボックスルが設置されているのです。

このブログでも何回かお伝えしていますが、こちらでは不要になった衣料品を集めて、福祉活動に活用するシステムがあります。

以前は、集めた衣料品を整備した上で、そのまま海外で配布していましたが、最近では古着を回収した団体が換金した上で、資金提供するシステムもあります。この方が、効果的な支援ができるためでしょう。

20200120001話を元に戻すと、この回収ボックスが設置されているということは、通常の店舗とは異なるような気がしました。そこで、記事をまとめるにあたって、調べてみました。

このお店は「Volkshilfe Wien」というNPO法人が運営しているものでした。この団体は、社会的に厳しい状況に置かれている人を支援する目的で活動しているもので、寄付金などで活動を行っています。

活動資金を確保する一環として、リユース品の回収(買い取りを含む)と販売を行っているとのことでした。

「Volkshilfe Wien」は、資金的な援助だけでなく、様々な専門スタッフが所属しており、人的な支援も行っています。

Continue reading "変わったお店シリーズ165  Volkshilfe WÜRFEL"

| | Comments (0)

January 16, 2020

Schottentorの地下商店 その後

20200115001今日は「定点観測シリーズ」をお届けしましょう。

このところ、頻繁にお店が変わるSchottentorの地下。昨年、当ブログで、立派な看板まで掲げた「A-1 Pop-Up Store」が店を閉めて、ワイン販売店に変身したことをお伝えしました(前回の記事はこちらから)。

Feriの予想では、年末年始、ワイン需要が増える時期の臨時売店的な位置づけだろうと考えていました。

1月も第3週に入り、気になったので、所用の帰りにSchottentorの地下へ立ち寄ってみました。

20200115002百聞は一見にしかず。写真をご覧になるとわかるように「ワイン販売」を継続中。ただ、昨年「A-1 Pop-Up Storeの看板」の上に張り出されていた販売店のポスターは、なぜか無くなっていました(実際には白くなっていました)。

表示がなくなった理由は不明ですが、販売スタイルは従来と同じ。基本的には5Euro均一で輸入ワインなどを販売しています。

もしかしたら、特定商品の在庫がなくなるまで、販売し続ける魂胆なのかもしれません。しかし、手作りのPOPが、いかにも「臨時の売店」という雰囲気を醸し出しているではありませんか。

Continue reading "Schottentorの地下商店 その後"

| | Comments (0)

January 08, 2020

変わったお店シリーズ164 SNACK SHOP

20200107003今日は2020年、最初の「変わったお店シリーズ」をお届けしましょう。色々なお店が集まるMariahilfer Straße。最近では、お店の入れ替わりも激しくなっていますが、その分、「変わったお店」を見かけることも増えてきました。言わば、「ブログネタの宝庫」です。

今日、ご紹介するのは「お菓子屋さん」(ソフトドリンクも取り扱っています)です。屋号は「SNACK SHOP」。日本人の感覚からすると、お菓子屋さん=SNACK SHOPというのはピンとこないのでしょうが、こちらの皆さまにとっては、「パッケージに入ったお菓子=SNACK」になるのでしょうね。

店頭のガラス窓には、大きなキャンデーが描かれていますので、目立ちます。

このお店ですが、最近、オープンしたものですが、特徴はアメリカ産をはじめ、輸入お菓子やソフトドリンクを中心に扱っていることです。

20200107002日本でもおなじみのPringles、OREO、Reese’sといったブランドのお菓子が販売されています。看板を見ると「SHOP」のOがクッキーになっているのがご愛敬。

また、取扱いブランド名の下地が星条旗模様になっているのも「アメリカ色」を前面に打ち出したいのでしょう。
SNACK SHOPは2013年1月、Hamid Alizadeh GerakaniとSiavash Alizadehという兄姉が設立したブランド。本店は、Mariahilfer Straßeではなく、9区の, Liechtensteinstrasse 25にあります。

という訳でMariahilfer Straßeのお店は2号店のようです。他店舗展開が実現したと言うことは、収益が上がっている証拠でしょう。

20200107001Feriは、買うつもりがなかったので、店内には入りませんでしたが、円筒形のケースに入ったポテトチップスが縦に積み上げられているなど、展示にも工夫が見られます。 現在、このお店で現在、売り出し中なのが、「minimelts」(ミニメルツ)とういアイスクリーム。

「THE ICE CRAM DREAM」という説明がついており、小さな粒状のアイスクリームがカップに入っているという変わった商品です。

20200107004小さな粒状のアイスクリームは、マイナス196℃の液体窒素で瞬間的に凍結したもの。サラサラなのに口の中でサッと溶けて拡がるという新感覚のアイスクリーム。

カラフルで、豊富なフレーバーがラインナップされている点も特徴。粒は、厳選素材、天然素材でできており、キュートなカップに入っています。

日本でも販売されているようですが、ウィーンの「SNACK SHOP」では、1カップ2.9Euroで販売されています。

Continue reading "変わったお店シリーズ164 SNACK SHOP"

| | Comments (0)

December 29, 2019

鞄屋さんがCaféに‥

20191228002今日は「お店の業態転換の話題」をお届けしましょう。

このブログでも、時々、お伝えしていますが、最近、ウィーンの旧市街ではテナントの入れ替わりが多くなっています。

長い歴史があった伝統的なお店が消えるのは、一抹の寂しさを感じます。特にファザードまで変わってしまうと、街の景観にも大きな影響があるだけに、残念です。

後継者難で事業継続が困難になっているケースが多いようですが、賃貸物件の場合、賃料の高騰も影響しているのかもしれません。Schottenkirche前には、皆さんご存じのように様々な行事が行われる広場Fryungがあります。

Fryungを囲むように立っている建物は伝統的なデザインで、Feriも気に入っているエリアです。以前は、この近くにある某ホテルを定宿にしていただけに、思い入れのある場所の一つ。

20191228001Fryungの向かい、地下駐車場の入り口付近にある建物の一角に、女性ものの鞄を中心とし商品を販売していたショップがありました。Feriは利用したことはありませんが、感じの良さそうなお店でした。

先日、この前を通りかかったところ、何とビックリ。Cafeに衣替えしているではありませんか。

屋号は「Vanillas Wien」。アイスクリームショップとして紹介されているケースもありますが、必ずしもアイスクリーム専門(こちらではアイスクリーム専門店を「アイスサロン」と言いますが)ではなく、ケーキやコーヒーなども楽しめます。

20191228003また、各種の朝食も提供しているようです。ただ、営業時間が月曜日から金曜日が8時から(週末は8時30分から)なので、ビジネスパーソンというより、観光客の皆さんをメインターゲットにしているような気がします。

日本流に言うと「甘み喫茶」というイメージでしょうかね。Feriは、まだ利用したことはありませんが、表から見た範囲では、パステルカラーのきれいな店内が特徴。

女性のお客さまを意識したデザインのようです。また、ロゴマークにハートをあしらっているところに、お店のコンセプトがうかがわれます。

Continue reading "鞄屋さんがCaféに‥"

| | Comments (0)

November 26, 2019

変わったお店シリーズ163 A-1がワイン販売?!

20191124012今日は「変わったお店シリーズの定点観測バージョン」です。Schottentor地下のショッピングゾーンで、頻繁にお店が入れ替わるのが、「ピザ・ケバブ店」と「なんちゃって日本料理店PANDA to Go」の間に間に挟まれた空間。

大麻関連グッズを販売するお店が入ってから、ケチが付きだしたのか、頻繁にお店が変わります。A-1の簡易案内所が入居し、大丈夫かなと心配していたら、「A-1 Pop Up Store」という立派な看板も取り付けられ、店内設備も充実してきたので、Feriは安泰かと思っていました。

20191124013先日、所用があって旧市街へ出向いた時、気になって立ち寄ったところ、看板と立食用テーブルは健在でしたが、店内を見て、目が点に‥

電話やインターネットとは全く無関係のワインが無造作に並べられているではありませんか。A-1はいつからワイン販売に乗り出したのでしょう?! 

それは冗談として、恐らくA-1が撤退し、その後、一時的にワインを販売する業者さんが借り受けたのだろうと思います。店頭の看板をよく見ると、A-1の看板にポスターが貼り付けられていました。写真撮影後、拡大して見ると「Alles Wine」の文字が‥

Continue reading "変わったお店シリーズ163 A-1がワイン販売?!"

| | Comments (1)

November 19, 2019

変わったお店シリーズ162 犬の美容室「Hundefriseur WIEN16」

20191118001今日は「変わったお店シリーズ」をお届けしましょう。オーストリアはレストランやホイリゲにも愛犬を連れて行くことができる「ペット大国」です。もちろん、「愛犬のソーシャルスキルが高い」ことが前提な訳ですが‥

最近は、ソーシャルスキルの低い愛犬も見かけますが、本当の愛犬家は「家族の一員」として大切にしているだけでなく、街の人たちから受け入れられるように躾をしっかりしています。

ご主人がホイリゲで楽しんでいるとき、テーブル下のでおとなしくしている犬をみると、微笑ましさを感じます。

20191118004さて、余談が長くなりましたが、先日、Ottakringで「Hundefriseur WIEN16」というお店を見つけました。

店頭の看板には愛犬のイラストと「理髪店のシンボルマーク」が‥日本でも最近は増えているペットサロンです。日本でも「犬の美容室」という名称で営業しているお店も多いと聴いています。

ただ、看板に「理髪店のシンボルマーク」を描いているところが、面白いですね。思わずオペレッタ「ヴェネツィアの一夜」に登場するカラメッロを思い浮かべてしまいました。

20191118003Feriは、もちろん利用したことはありませんが、このお店の特徴は「Welpen Service」(子犬向けのサービス)が提供されていることです。

子犬のうちに、トリミングを経験することで、トリミングに対する警戒心をなくすことを目的にしているようです。そのため、子犬の場合、料金は無料。太っ腹ですが、将来の「お客さま」を獲得するための施策と考えれば、納得できます。

もちろん、成犬のサービスがメイン。1つは「Klein Service」と呼ばれるサービス。こちらは毛の手入れ(カットを含む)を中心としたものです。

Continue reading "変わったお店シリーズ162 犬の美容室「Hundefriseur WIEN16」"

| | Comments (0)

November 08, 2019

サンドイッチショップの移動販売車

20191107002今日は「移動販売車の話題」をお届けしましょう。

最近は日本でも、従来の「屋台」に変わって、自動車に調理器具などを搭載した移動販売車増えているようですね。友人に話によると、色々なイベントに登場する機会も増えているとか。中には今まで日本では馴染みの浅かったケバブの移動販売車(運営しているのは外国の方)などを見かけることも多くなったという話です。

オーストリアでは、これからクリスマスマーケットが始まると、マーケットには小屋形式の屋台が見られるようになります。木製の組立式(いわゆるプレハブですね)で、専門のメーカーもあるようです。

20191107003それとは別に、移動販売車も時々見かけます。こちらは、クリスマスマーケットだけではなく、その機動性を生かして、色々なイベントに顔を出します。

今日、お目にかけるのはウィーンでは有名なオープンサンドチェーンTrześniewskiのもの。Trześniewskiは、日本語のウィーンガイドブックにも掲載されているので、ご利用になった方も多いと思います。

Franciszek Trześniewskiというポーランド生まれの料理人が、1902年にウィーンで操業したもの。現在は家族の手を離れているそうですが、屋号は健在です。色々な種類のオープンサンドを販売しているのが特徴で、ちょっと小腹が空いたときには、絶好の「上品なスナック」です。

さて、そのTrześniewskiの移動販売車が写真のミニバン。この手の移動販売車には、フランス車が、なぜかしっくりくるのですよね。このミニバンもエンブレムを見ればおわかりのようにCitroën製。最新モデルではなく、古いモデルを転用しているところに風情を感じます。

Continue reading "サンドイッチショップの移動販売車"

| | Comments (1)

October 28, 2019

変わったお店シリーズ161 鉄道模型専門店 MBT

20191026005今日は変わったお店シリーズとして「ウィーンの鉄道模型専門店」をご紹介しましょう。

先日、シュテファンドーム近くの老舗おもちゃ屋さん倒産の話題をお伝えしましたが、同店は2階(日本式)が模型売場になっていました。その半分近くは鉄道模型が占めており、比較的豊富な品揃えでした。

このように、こちらでは、おもちゃ屋さんの鉄道模型コーナーが非常に充実しているため、一般的な製品であれば、おもちゃ屋さんで入手可能です。

しかし、実際には、こちらにも中小の鉄道模型メーカーがあり、ディープな製品を製造・販売しています。 20191026004そのような商品も含めて鉄道模型全般を取り扱っているのが、専門店です。ただ、専門店は全般的に立地が良くない場所にあるのが常。WestBahnhof近くにあるMemoba Modelleisenbahn(Aegidigasse 5)は数少ないアクセスの良い店かも知れません。

この他、実際にFeriが利用したことがあるのは、12区にあるTina's Modelleisenbahn(Hilschergasse 1)ですが、両店とも豊富な品揃えが特徴です。さすが専門店という感じ。

日本では、平日の真っ昼間に鉄道模型専門店に買い物に来るお客さまは少ないかも知れませんが、こちらは日曜日が休業なので、愛好家の皆さんは昼間に時間をつくってお買い物にやってきます。

さて、先日、FLEXITY量産形に6系統で乗った時、沿線(10区)で鉄道模型専門店を発見。頭注下車して、見てきました。

それが今日、ご紹介するSuskopf's Modellbahntechnik Günther Ritter(Quellenstraße 24b)です。

20191026003この店の特徴は、豊富な品揃えに留まらず、「専門家によるアドバイス」を提供している点です。店舗にはワークショップが併設されており、模型のメンテナンスやデジタル制御装置の搭載やプログラミングを行っています。

つまり車両や部品、ジオラマ用資材の販売に留まらず、様々なアドバイスを提供することで、愛好家が豊かな鉄道模型趣味生活を送る支援をしようという訳です。なお、在庫のない部品は短期間で取り寄せて、配送までしてくれるサービスもあります。

20191026001そのコンセプトが店名のModellbahntecknikに現れています。取扱いブランドは有名なMärklin、Roco、Fleischmannを始めPeco、Alpha、LGBなど多種多様。幅広い縮尺の鉄道模型を取り扱っています。

オーナーはGünther Ritterさんという方ですが、かなり「熱い方」のようです。実は、Feriも店内をご紹介したかったのですが、訪問した時は、残念ながら閉店中でした。そのため、表から観察しただけのご紹介になってしまった点が残念です。

ちなみにショーウィンドウにはKATOのNゲージ「氷河急行」のパッケージが見えました。また、ドイツのジオラマ用品メーカーNOCHの代理店になっているようです。

Continue reading "変わったお店シリーズ161 鉄道模型専門店 MBT"

| | Comments (0)

October 22, 2019

変わったお店シリーズ160 恒常的なお店に? A-1 Pop-Up Store

20191021001本日、10月22日、日本では「即位の礼」が執り行われますが、お天気が心配ですね。また、台風19号の被害に鑑み、パレードが延期になったようですね。

さて、平常モードの当ブログ。今日は「変わったお店シリーズ」をお届けしましょう。

このブログでおなじみの定点観察。Schottentor地下の商店街も何回か取り上げていますが、最近は店舗の入れ替えが頻繁に行われるようになりました。

その中で、気になった1軒が、昨年オープンした大麻関連グッズの販売店Bushdoctor(詳しくは2019年2月13日の記事をご覧ください)。ただ、色々と問題があったのか、早々に引き払ってしまいました。せっかくなので、2枚目に2019年2月頃の写真をお目にかけましょう。

20191021002その後に入居したのは、皆さまご存じの通信会社A-1。ただ、最初は。店先の看板もなく、店内の什器も仮設のもので「臨時案内所」といった趣でした。2\3枚目の写真が、その時のもの。2019年4月の姿です。

Feriは、当初、ここに入ったA-1もキャンペーン用の施設か何かで、その設備から、しばらくしたら引き払ってしまうのではないか…と予測していました。

20191021003その後、2019年6月頃になると、4枚目の写真のように店上の看板スペースにA-1の看板が掲げられるようになりました。

この写真を撮影した時は、あまり気にならなかったのですが、今回の記事をまとめるにあたって、改めて見たところ、看板の一部がめくれており、仮設の看板だったようです。

今年の秋、久しぶりにSchottentorの地下に出向いてみたところ、冒頭の写真のようになっていました。

まず、立派な看板が店頭に掲げられたこと。屋号も「A-1 Pop-Up Store」となっています。また、店内の什器も立派なものが入っていました。

そして、以前から設置されている店前の飲食用スタンドの広告もA-1に変わっていました(どうでもいい、細かいところが気になるFeri‥)。

Continue reading "変わったお店シリーズ160 恒常的なお店に? A-1 Pop-Up Store"

| | Comments (0)

September 07, 2019

変わったお店シリーズ159 街道沿いの電気店

201909060003今日は「変わったお店シリーズ」をお届けしましょう。

地方へ出かけると、時々、面白いロケーションにお店や会社を見つけることがあります。

工場や倉庫、流通センターなど広い場所を必要とする施設の場合、街中よりも郊外の道路沿いに施設を設けるのが一般的ですが、比較的小規模なお店でも近隣に住宅がほとんど無い場所に開設されているケースもあります。

201909060002今日、ご紹介するのはザツルブルク州Lungauの準幹線道路96号線沿いで見かけた電気店です。屋号は「KARNER」。屋号に電撃マークをあしらっている店が、電気店らしいところでしょうか。

周囲に比較する建物がありませんが、結構、大きな建物です。こちらでは、定番家電となっている食洗機や冷蔵庫、洗濯機など大型家電も取り扱っているようで、下取りした製品が店の前に積まれていました。

201909060004店には行って調査をした訳ではありませんが、雰囲気としては、家電販売店というよりも、電気工事も行う販売店といった感じです。

向かって右側が店舗、左側が倉庫と車庫になっているようです。Lungauは、オーストリアでも非常に寒いところとして知られていますので、冬期間、車両は屋外で長時間駐車させるとトラブルが起こると思います。そのため、社用車用のガレージを確保しているのでしょう。

ところで、ガレージの左側には、結構、大きな建物が連なっていますが、これが電気店を経営しているご家族の住まいだろうと思います。

この規模だと、ペンションもできそうですが、看板は出ていませんでした。

Continue reading "変わったお店シリーズ159 街道沿いの電気店"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧