November 17, 2019

スーパーマーケット店頭の「謎のゴミ箱」

201911160004ウィーンでは、予定どおり11月15日から「Christkindlmarkt auf dem Rathausplatz2019」が開幕しました。市長さんも“Neuer Romantik-Hotspot im Rathauspark”ということで、アピールに余念がありません。

また、16日からは旧市内の主要なクリスマスマーケットも一斉にオープン。

しかし、11月中旬のクリスマスマーケットというのは、どうもピンときませんね。やはり12月の声を聴かないと‥

201911160003さて、今日の話題は「スーパーマーケット店頭のゴミ箱」です。

日本でも多くのスーパーマーケットチェーンで、ペットボトルやテトラパックなどのリサイクルを行っており、利用するお客さまも増えているようです。

先日、事情通の方からコメントを頂きましたが、オーストリアではウィーンに限らず、ゴミのリサイクルに熱心です。

ペットボトル・缶や瓶(無色と色つき)などのゴミ箱は街中で良く見かけますが、コンポスト用のゴミを入れるゴミ箱は、余り見かけません。

コンポストの場合、異物が混入していると堆肥の生産に影響を及ぼすため、厳密な分別が必要なためだと思われます。そのため、一定の管理下でゴミの回収をしているのだろうと思います。

201911160002そんな中、17区にある大手スーパーマーケット・MERKURの店頭で、不思議なゴミ箱を見かけました。

初めて見たときは、普通のゴミ箱だろうと思ったのですが、ちょっと変わった形をしている上にMA48のゴミ箱では見かけない可愛らしいイラストも描かれています。

その後、調べたところ、どうもコンポスト用ゴミ箱のようでした。店内ではなく、店頭に設置されているため、イタズラされるリスクが心配ですが、店側では大丈夫と判断しているのでしょう。

また、一般のお客さまが間違えないように「文字による表示」も描かれています。

Continue reading "スーパーマーケット店頭の「謎のゴミ箱」"

| | Comments (0)

October 21, 2019

MIKADO特売中

20191019001今日は「日本食材の話題」です。最近はスーパーマーケットに行くと、日本をはじめとする海外の商品も数多く見かけるようになりました。それだけ、こちらのスーパーマーケットでも「国際化」が進んでいるのでしょう。

ただ、お菓子大国であるヨーロッパで市民権を確立している日本発のお菓子は少ないのが実情です。その中で際立った存在感を示しているのが、日本でもおなじみに江崎グリコの「ポッキー」です。1966年から発売されているため、Feriも子供の頃から親しんでいました。

ポッキーは、海外展開している数少ない日本生まれのお菓子です。海外でもポッキー(Pocky)という商品名で販売している国もありますが、国によってはポッキーの名称がふさわしくない(良くない言葉)ため、別の名称が使われています。

ご存じの方も多いと思いますが、オーストリアをはじめとするヨーロッパでは、恐れ多くも「MIKADO」という名称です。

こちらで、いつ頃から販売が始まったのかは、よくわかりませんが、少なくとも一定の支持を集めているからこそ、スーパーマーケットでも「定番商品」として棚を確保しているのでしょう。以前、このブログでもご紹介したようにホイリゲで、スナックとして販売しているくらいですから(詳しくはこちら)。

20191019002先日、某スーパーマーケットに立ち寄ったところ、ワゴンで特売を行っていました。通常1.99Euroのところ、1.32Euroになっていました。ただ、まとめ買いが条件のようですが‥

余談ですが、ポッキーの芯部分はプリッツですが、こちらはヨーロッパ起源のお菓子「プレッツェル」に由来するものだそうです。

今日は、オマケで日本食材の話題をもう一つ。こちらで販売されている日本食材の中には、日本では販売されていない商品もあります。

Continue reading "MIKADO特売中 "

| | Comments (0)

October 02, 2019

Abholboxとは何?

201910020001今日は「スーパーマーケットの話題」をお届けしましょう。日本でも最近は「ネットスーパーや店舗で購入した商品のお届け」が当たり前のサービスになった感がありますね。まぁ、最近は共働き家庭も多いですし、お買い物にでかける時間がとりにくいという背景があるのだと思います。

このブログでもお伝えしたように、比較的のんびりしているオーストリアでも、最近ではネットスーパーのサービスが始まっています。

ただ、今まではオーダーしてから届くまでに、日本よりも時間がかかるのが難点でした。これは、配送インフラの違いが大きいような気がしています。

201910020004そんな中、大手スーパーマーケットチェーンの一つINTERSPARが、面白いサービスを始めました。それが「Abholbox」です。

これはオンラインでオーダーした商品を自宅やオフィスといった「指定場所」に届けるのではなく、予め決められたステーションに届け、それをお客さまがピックアップするというサービスです。

日本でも、「PUDOステーション」という宅配便ロッカーが、最近は駅などに増えていますが、こちらは一般商品が対象。それに対して、Abholboxは食料品を受け取ることができるロッカーである点が大きく異なります。

しかも、ステーションが決まっているため、正午までに注文した場合、当日の配達(Abholboxでの受け取り)も可能という、こちらとしては、極めてスピーディーなサービスです。

201910020003利用可能時間は、月曜日から土曜日の23時までとなっています(残念ながら日曜日・祝日はお休みのようです)。

配達希望時間はオンラインショップで購入時に指定できますが、10時00分~12時00分、13時00分~17時00分、18時00分~23時00分となっています。配達希望時間に幅があるのは、配達遅延のリスクを回避するためだろうと思います。

料金ですが、1Euroで利用できますが、100Euro以上の商品購入時は無料です。

自分がオーダーした商品を受け取る場合、Abholboxにビルトインされた端末にスマートフォンに送信されてきたQRコードをスキャン(パソコンの場合は、紙に印刷したQRコードでも可能なようです)、その後、PINコードを入力して、商品を受け取る仕組みのようです。

Continue reading "Abholboxとは何?"

| | Comments (0)

March 18, 2019

ウィーンのキッチンから 「卵のばら売り」はいかが

2019031600051

今日は「食材についての話題」をお届けしましょう。

日本でもオーストリアでも定番の食材が。色々な料理に使いますから、どこのスーパーマーケットでも入手できます。

ただ、こちらで販売されている卵は、以前、このブログにも紹介したことがありますが、BIOが中心。日本のように閉鎖された空間で飼われている鶏が産んだものではなく、放し飼い、もしくは、それに近い環境で育成されている鶏から産出されたものです。

当然、餌に抗生物質などは入っていませんから、生で食べることはできません。日本人が好きな「卵掛けご飯」は、こちらでは御法度です。

2019031600011

また、卵、一つひとつにトレーサビリティ用の番号が印刷されており、これをインターネット上の専用サイトで検索すると、様々な情報を入手することができます。

販売方法ですが、スーパーマーケットでの売り方は、日本と同じくパック入り。最小単位は6個です。

最近、日本の某スーパーマーケットに行って驚いたのは、かつては最小単位が4個だったものが、2個パックが並んでいました。

2019031600041

いわゆる少量パックという方式ですが、一人暮らしなどの場合、自宅にストックしておくよりも、小まめに補充した方が新鮮な卵を食べることができるので、こういう売り方は助かりますね。

基本的に少量パックという概念が希釈はオーストリアなので、パックに入っている食材は、量が多いのが玉に瑕。これは、カット野菜なども同様です。

そのため、Feriのような単身者は、使い切ることができないという悩みも‥

最も野菜や果物については、スーパーマーケットでも量り売りをしていますから、ある程度、個数を制限して購入することができるのは助かります。

ところで、卵の販売に話を戻すと、実はパック以外で販売している場所があります。それが、一部の市(Markt)。

Continue reading "ウィーンのキッチンから 「卵のばら売り」はいかが"

| | Comments (1)

March 08, 2019

変わったお店シリーズ150 レストランがBäckereiに衣替え

201903060002

変わったお店シリーズも、何と150回目になりました。まぁ、自分で言うのも何ですが、よくネタを集めてくるものだと思います。

今日は「業態転換したお店(本当に変わったお店)の話題」です。

5区のPilgramgasse駅近くに「NEW POINT」というレストランがありました。路線バスも走る交差点の角地にあって、なかなか目立つ存在。

Feriは利用したことはありませんが、お店も比較的大きく、若者を中心に、そこそこ繁盛していたような雰囲気でした。現役だった頃の写真が2枚目と3枚目です。

Feriが17区から5区のアパートに引っ越した頃は営業していましたが、その後、2016年の末、営業を休止したようです。

201903060001

店の前を通りかかったところ、「店舗売ります」というポスターが出ていました。ただ、この時点では「居抜き」を考慮していたのか、レストランの形態は、そのままでしたね(これが4枚目の写真です)。

その後、しばらく、こういった状態が続いていたような気がします。

先日、近くを通りかかったところ、全く新しいお店がオープンしていました。今度はレストランではなくBäckereiです。屋号も「Tat Bäckerei Lebensmittel」に変わりました。

201903060003

ファザードはほとんど変わっていませんが、レストランとBäckereiでは構造が異なるため、内部はかなり手を加えているようでした。

この時は、時間がなかったので、実際に店内に入ってチェックしませんでしたが、入り口から見た範囲でも、店内レイアウトは変わっていました。

そして、店内をのぞいて驚いたのは、Bäckereiという看板を掲げているにもかかわらず、実質的には多様な食料品を取り扱っている中規模なスーパーマーケットになっていたことです。

という訳で、新装開店した後の写真が、本日のトップです。

Continue reading "変わったお店シリーズ150 レストランがBäckereiに衣替え"

| | Comments (0)

February 02, 2019

ガススタンド併設のBILLA

Img_2018_12_0253

日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)が発効しましたが、これによってワインの関税はゼロに。GRÜNER VELTLINERをはじめとするオーストリア自慢のワインが、日本でもリーズナブルな値段で楽しめるようになるといいですね。

さて、今日は「スーパーマーケットの話題」をお届けしましょう。

ご存じのように、こちらでは法令で定められているため、市中のスーパーマーケットは日曜・祝日は休業となっています。

例外は駅構内や空港内のように、旅行者が利用するお店。シュヴェヒャート空港到着ロビー内にあるSPARも営業していますよね。

Img_2018_12_0254

なお、以前よりも「シバリ」が緩くなって、土曜日に関しては営業時間が平日並みになりましたので、連休でもない限り、休業日は週1日という訳です。

そのため、以前よりも生活に与える影響は少なくなったような気がします(個人的な感想ですが‥)。

また、週の後半に営業時間を延長するお店も出てくるようになりました。それでも、日本のように極端な長時間営業のスーパーマーケットは見かけませんね。まぁ、これが、「本来の姿」で、日本の方が異常なのかもしれませんが‥

ところで、日曜日に営業する「裏技」も存在します。一つは、当局に特別許可を申請して、日曜営業を実施するというもの。Feriも、以前、ケルンテン州の小さな街で日曜営業をしているBILLAを利用したことがあります。

Img_2018_12_0276

もう一つは、ガススタンドに店舗を併設するパターンです。

以前から、ガススタンドが独自に物販コーナーを設けていましたが、大手スーパーマーケットチェーンと連携することで、物販コーナーを充実させ、売り上げを上げようというものです。

こちらはウィーン市内でも、数多く見かけるようになりました。今日、ご紹介するのは16区で見かけたSHELLのガススタンドに併設されたBILLAです。

BILLA Untewegs」というのが業態名のようで、かなり大きなスペースを誇っており、BILLAが主体でガススタンドが併設されているような印象を受けます。

Continue reading "ガススタンド併設のBILLA"

| | Comments (0)

November 03, 2018

365日営業中U3 Supermarket

Img_2018_09_0510

日本は「文化の日」でお休みですね。とは言っても、日本は祝日だからと言ってスーパーマーケットやコンビニエンスストアが休業することはなく、通常営業を行っていると思います。

と言う訳で、今日は「365日営業のスーパーマーケットの話題」をお届けしましょう。

最近では、こちらもスーパーマーケットの営業時間が徐々に長くなってきました。特に週末は夜間まで営業しているところが増えてきました。さすがに日本のように23時まで営業しているところは見かけませんが‥

しかし、さすがに日曜・祝日の営業については、特殊な例を除いて行っていません(特別に許可を得ると可能で、以前、地方で営業している例をご紹介したことがあります)。

ただ、従業員の確保も含めて、多くのスーパーマーケットで実施するのは、まだまだハードルが高いようです。

そんな中、ウィーンに365日営業をうたっているスーパーマーケットが存在します。一つはÖBB駅構内なので営業している「OKAYA Shop」は「旅行者向けのスーパーマーケット」という位置づけで、日曜・祝日も営業しています。U2のSchottentor駅構内にも店を構えていますね。

Img_2018_09_0480

もう一つが、以前も、このブログで取り上げたことがありますが、地下鉄Westbahnhof駅構内にある「U3 Supermarket」です。

こちらは、写真をご覧になるとわかるように365日営業(365 Tage)を全面的に打ち出しています。小さいスーパーマーケットで、日本のコンビニエンスストア程度の店舗面積です。

しかも、営業時間が、こちらとしては「驚異的に長い」のです。

-月曜日~目標日:6時00分~24時00分

-金曜日:6時00分~深夜1時00分

-土曜日:7時00分~深夜1時00分

-日曜日・祝日:7時00分~24時00分

日本のコンビニエンスストアでも時々見かける開閉店(24時間営業ではないお店)よりも営業時間が長いのには、驚き。

Continue reading "365日営業中U3 Supermarket"

| | Comments (0)

July 31, 2018

BACKBOX

Img_218_02_0504

7月最後の記事は「スーパーマーケット(Supermärkte)の話題」をお届けしましょう。

ウィーンにはチェーン店のスーパーマーケットが多数、出店していますが、各チェーンともお客さまを獲得するため、差別化に力を入れています。

BILLAやMERKURなどでは、比較的早くからインストアベーカリーを展開しています。

予め工場で作った半生の製品をスーパーマーケットの店内に設置してあるオーブンで焼き上げて、「焼き立てパン」を提供するという仕組みです。

Csm_innenaufnahmen_wels_roemerstr_2

もちろん伝統的なベッカライが作る本格的なブロート(とくにハンドセンメル)に比べると、味や食感は違うと思いますが、それでも「焼き立て」なのは事実で、従来のように工場で生産した完成品のブロートよりも美味しく、お客さまの人気も高いものがあります。

とくに周辺にベッカライがないようなエリアでは、重宝ですね。

さて、最近になってHOFERというチェーンでも「BACKBOX」という名称で、インストアベーカリーを始めました。

Csm_vkma_danner_christine_02_519879

HOFERは、オーストリアのスーパーマーケットチェーンです。現在、Aldi Sudグループの一員で、11ヵ国4台大陸に5600以上の店舗を展開しています。

1969年にオーストリアで営業を開始しましたが、ディスカウント志向の強いチェーンです。ただ、単なる「安売り」だけでなく、独自の商品施策を展開しています。

まず、プライベートブランド(PB)を中心にしている点です。オーストリアでは、他のスーパーマーケットチェーンでもPBを展開していますが、HOFERの場合、PBの占める割合が90%以上と言われています。

確かにPBを導入すると、商品価格を下げることは可能ですが、皆さまもご存じのようにブランドの信用度合いが売れ行きを左右します。そういう意味では、オーストリアではHOFERのPBは一定の支持を集めていると言って良いでしょう。

Continue reading "BACKBOX"

| | Comments (0)

July 18, 2018

日清焼そば ウィーンに見参

Img_2018_06__0841

今日は「日本が誇る即席麺の話題」をお届けしましょう。

最近は外国人の方が増えたことも関係しているのか、ウィーンのスーパーマーケットでも各種の即席麺を見かけるようになりました。

現在、日本の即席麺メーカーの中には、日清食品のように、こちらの生産工場を持っており、現地生産している会社もあります。

実際、ドイツでは日清食品金星のカップ麺なども、スーパーマーケットの店頭に並んでいます。東日本大震災以降、日本からの加工食品輸入が禁止されていた時期は、フランクフルト・アム・マイン空港にある日本航空のラウンジでも、現地生産のカップヌードルが提供されていました。

Img_2014_12_9963

また、最近では同空港のルフトハンザ・セネターラウンジでも、同社のドイツ製カップヌードルが提供されるようになりました。

3枚目の写真はフランクフルト空港のセネターラウンジに掲げられていた案内です。市民権を得ていますねぇ。

ただ、ウィーン市内のスーパーマーケットでは、基本的にKnorrやMaggieといったメーカーの即席袋麺は販売していますが、日系の即席袋麺は見かけたことがありませんでした。

Img_218_02_0107

また、KnorrやMaggieの即席麺は、基本的に中華料理系です。Feriも、以前、何回か食べたことがありますが、味については、まずまずなのですが、一番、違和感を感じたのは「麺が短い」ということでしょうか。

日本の即席麺は袋麺、カップ麺ともにブロックになっているのに対し、こちらの即席麺はバラバラです。そのため、麺が短く、ヌーデルズッペのような感じです。

さて、先日、ウィーン市内の某SPARに立ち寄ったところ、即席麺売場で「驚愕の商品」を発見。

Continue reading "日清焼そば ウィーンに見参"

| | Comments (0)

June 21, 2018

路面電車車庫を活用したスーパーマーケット訪問

Img_2018_06_0134

今日は、先日、コメント欄で教えていただいた「使わなくなった路面電車車庫を活用したスーパーマーケット」のご紹介です。

Währinger Straßeの水道管工事で41系統が迂回運転しているので、GersthofからSchottentorに戻る際、件のスーパーマーケット周辺を散策することにしました。

最寄りの停留所はSommarugagasseです(住所はKreuzgasse 72-74, 1180 Wien)。興味深いのは停留所の向かいには近代的な中層アパートが建っており、その後ろにスーパーマーケットが見えました。

Img_2018_06_0130

車庫が現役時代は、当然、この中層ビルディングはなかった訳ですが、車庫廃止後、線路が敷いてあった広場を有効活用するという観点からアパートが建設されたものと思われます。そのため、このアパートは近代的なデザインです。

面白いのは、スーパーマーケットへのアクセスをよくするため、いわゆる1階部分が吹き抜けになっている点です。そのため、路面電車に乗っていても、すぐにスーパーマーケットの存在がわかります。

アパートの下をくぐってスーパーマーケットへ行くと、煉瓦造りの重厚な車庫が3棟あり、その内、2棟が、そのまま転用されていました。

Img_2018_06_0133

お店は、こちらではおなじみのチェーン・EUROSPARです。スーパーマーケットチェーンのSPARは、いくつかの業態がありますが、規模が大きい店舗はEUROSPARという名称になっています(EUROSPAR 1180, Kreuzgasse)。

当たり前ですが、生鮮食料品も取り扱う関係で、内部は近代的に改装されており、路面電車車庫時代の面影はほとんど見られませんが、ご覧のようにファザードは基本的に煉瓦造りの車庫をそのまま活用しています。

Continue reading "路面電車車庫を活用したスーパーマーケット訪問"

| | Comments (2)