July 13, 2018

ÖBBの「Fairplay Card」

Img_2018_06_0970

今日は「ÖBBの話題」をお届けしましょう。

FlughafenWien駅の充実により、最近では鉄道を利用して、空港へ行き来する人が増えてきたような気がします。

とくにS Bahnに関しては、以前は地元の皆さまが利用する程度でしたが、CityJetの投入などもあり、最近では観光客の利用者も目立つようになりました。

日本でもインバウンド需要に合わせて、鉄道会社でも各種案内の充実を図っていますが、先日、FlughafenWienへ行くS7の車内で興味深いものを見つけました。その名は「Fairplay Card」。

「Zeig deine schönen Züge.」という副題が書かれていることからわかるように、乗客への乗車マナー向上を目指したものです。

Feriは、当初、空港線のS7社内に設置されていたことから、インバウンドのお客さまを対象とした施策かと思ったのですが、ÖBBのプレスリリースを見ると、総てのお客さまの快適にS Bahnを利用してもらうことを狙っているようです。

Img_2018_06_0974

もちろんFeriこだわりのピクトグラムも描かれています。項目は7つ。上段左は「人数以上の座席を占有しないように」。

リラックスした男性の隣に衣類が描かれており、「×印」がついています(オリジナルの説明はKeine Sitzplätze mit Taschen oder Kleidung belegen)。

上段右は「車内は綺麗に(ピクトグラムは「ゴミはゴミ箱へ」)」なのですが、イラストは窓を清掃している係員が描かれています(オリジナルの説明はMithelfen, den Waggon sauber zu halten)。

中段右側は「愛犬には口輪を」。飼い主さんが愛犬をあやしているイラストが良い感じです(オリジナルの説明はHunde nur mit Beißkorb mitführen)。

中段の真ん中は「バーベキューのイラスト」ですが、これはS Bahn車内での「飲酒・飲食禁止」。

Img_2018_06_0971

もちろんバーベキューをする人はいないわけですが、「匂いが強い食事」の代表として描かれているようです。後ろにはアルコール飲料も‥もちろん×印です(オリジナルのはAuf geruchsintensive Speisen und übermäßigen Alkoholkonsum verzichten)。

中段の右側は「パンクロッカー風のお兄さん(おじさんかな)がチケットを掲げているイラスト」で、「有効なチケットを買って乗車してください」という意味。

一見、常識がありそうな人物が席を2つ占有している上段左のイラストと好対照です。「人は見かけだけで評価してはいけない」という意味深なイラストです(オリジナルの説明はDas gültige Ticket griffbereit mitführen)。

下段の左側は、女性が拡声器でスマートフォンに向かって怒鳴っているイラスト。その後ろにはお客さまが描かれていますが、???となっています。

これはピクトグラムを見ればわかるように「車内ではお静かに」という意味です。携帯電話による通話に限らず、大音量で音楽を聞くことも禁止です(オリジナルの説明はTelefonieren in angemessener Lautstärke .Musik hören nur mit Kopfhörern)。

下段中央は、小鳥がくちばしで車内のSOSボタンを押そうとしていますが、どうやら天敵の猫が近くにいるようです。

非常時には躊躇なく、SOSボタンを押してください」という意味ですが、なかなかユーモアあふれるイラストです(オリジナルの説明はNotsprechstelle nutzen, wenn es zu unangenehmen Erlebnissen im Zug kommt)。

Continue reading " ÖBBの「Fairplay Card」"

| | Comments (0)

May 31, 2018

謎のピクトグラムシリーズ 水上通行標識編

Img_2012_08_5379

今日で5月もおしまいです。皆さまにとって2018年の5月は、どのような月だったでしょうか。

日本も気温が高い日が多かったようですが、こちらも例年になく気温が高くなっています。気温が上がると、水辺のスポーツを楽しみたくなるもの。

Feriは無縁ですが、今日は謎のピクトグラムシリーズとして「湖や河川などで見かける水上通行標識の話題」をお届けしましょう。

Img_2012_08_5382

以前、日本の住むFeriの友人が、“荒川にオーストリア国旗のような標識が出ていたよ”と教えてくれたことがあります。

確かに「赤・白・赤」の標識で、オーストリア国旗と同じ配色です。小型船舶操縦士の免許を持っている人でしたら、河川通行標識についても学んでいるので、すぐに答えがわかると思うのですが、Feriは、この方面とは無縁。

そこで、調べたところ「進入禁止」という意味だそうです。この他にも、地上では無縁の様々な標識が存在することがわかりました。

20180529ss00001

「進入可」は「緑・白・緑」が縦に並んでいます。「喫水制限」、「引き波禁止」、「追い越し禁止」、「汽笛」、「回転禁止」など、ピクトグラムに興味のあるFeriにとって、新鮮な標識が沢山ありました。

興味深いのは、Feriがメルビッシュへのアクセスで利用するNeusiedler See(ノイジードラーゼー)にも、同じ標識が設置されていることです。

ということは、道路標識と同じく、ある程度、共通した仕様になっているのかもしれません。

ご存じのようにノイジードラーゼーは、定期旅客船の他にレジャー用ヨットやボートが多数、運行されていますから、通行標識の整備は不可欠だと思います。

Continue reading "謎のピクトグラムシリーズ 水上通行標識編"

| | Comments (0)

May 01, 2018

謎のピクトグラムシリーズ アルコールゾーンに注意

Img_2009_05_3699

今日は「メーデー」で、こちらはお休みです。市内では、午前中、Ring Straßeを閉鎖して大規模な行事(デモ行進‥でも、実際はパレードですね)が行われます。

行事が終わると、皆さん、政党が主催するビアガルテンで盛り上がります。

また、日本でも良い季節になったので、ゴールデンウィーク中、屋外で仲間とお酒を楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。節度を持って、楽しく飲むお酒は結構ですが、困った例も‥

先日、日本の友人が、自宅近くの鉄道駅を利用した際、駅構内にあるコンビニエンスストアで、泥酔し、足元もおぼつかないにもかかわらず、ワンカップを買って、店の前で床に座り込んで飲酒しているご年配の方を見かけたそうです。

20180430ss00003

別に暴れたりする訳ではないのですが、正直、駅の利用者にとっては迷惑。駅が通報したのか、警察官が駆けつけて、保護していたとの話でした。日本では、飲酒によるトラブルも多いですね。

こちらでは、日本よりもお酒を飲むケースが多い巣が、泥酔者は基本的に軽蔑される存在なので、泥酔者は余り見かけません。しかし、最近は事情が違うようです。

前置きが長くなりましたが、5月最初の話題は、当ブログ恒例の「謎のピクトグラムシリーズ」をお届けしましょう。

4月下旬、Praterstern駅周辺に写真のようなピクトグラムが登場しました。「ワインボトルとカンビールのシルエット斜線」。しかもシルエットには%の表示が‥

これは「アルコール禁止(禁酒、Alkoholverbot)」を示すピクトグラムです。

Alkoholverbotpratersternpkgr

ウィーンでは、今までも一部の公園内は「飲酒禁止」になっていましたが、4月27日からウィーン市当局により「Praterstern駅周辺がアルコール(飲酒)禁止」となりました。飲酒禁止ゾーンは地図のように、駅を中心としたエリアです。
理由は、1日15万人が利用するPratersternを、より魅力的で安全なものにするためです。ということは、飲酒によるトラブルが多発していたと言うことなのでしょう。

マスコミの報道によると、2018年第1四半期にPratersternで逮捕された人は100名ほどいるようですが、その内の半数が酔っていたそうです。

なお、禁酒ゾーンのエリア内であっても、レストランなどは例がなのは言うまでもありません。

また、こちらではスタンディングで飲食をするWürstelstandでもBierなどのアルコール飲料が普通に提供されていますが、これも例外だそうです。表であっても店のカウンターから離れなければ大丈夫ということでしょう。

Continue reading "謎のピクトグラムシリーズ アルコールゾーンに注意"

| | Comments (0)

March 17, 2018

謎のピクトグラムシリーズ ベビーカー禁止?

20180316_x201_00001

先日、Wien-DonaustadtWienで路線バス26A系統(連節バス)と大型トラックの衝突事故が発生しました。この事故で、バスの乗客8名が負傷しました。

写真を見ると、バスの側面に大型トラックが接触したようですが、バスの車体がかなり痛んでおり、大事故になる一歩手前だったような気がします。

Img_218_02_0202

さて、今日は「謎のピクトグラムシリーズ」をお届けしましょう。

現在、ÖBBが運行するS Bahnでは、バリアフリー仕様のCityJetをはじめとする新型電車が続々と投入されています。

ご存じのように、こちらの駅はプラットホームが低いため、列車に乗るには大きな段差があります。この段差が「バリア」になっている訳です。対応策としては、

1.プラットホームをかさ上げする

2.車両を低床化する

という2つですが、ヨーロッパの多くの国では、「車両の低床化」で対応しています。

Img_218_02_0510

ただ、車輪を小径化する訳にはいかないため、台車間を低床化するのが一般的です。

そのため、出入り口付近はプラットホームと同じレベルになっていますが、台車の部分は床が高く、車内を車いすやベビーカーで自由に移動することは難しいのが実情です。

さて、Feriが、はじめてオーストリアを訪問した頃、投入が始まった3両編成の4020型電車は、残念ながら低床仕様になっていません。

そのため、ベビーカーなどを載せる場合は、他のお客さまのアシストが不可欠です。こちらでは、協力をしてくれるお客さまが多いので、比較的スムーズにベビーカーを利用しているお客さまの乗降ができるようです。

先日、S45を利用した際、低床式の4024型ではなく、4020型がやってきました。ふとドアを見ると、写真のようなピクトグラムが…

Continue reading "謎のピクトグラムシリーズ ベビーカー禁止?"

| | Comments (0)

February 24, 2018

今年のWiener Eistraum は‥

Img_2018_02_0726

2月も中旬を過ぎて、日が長くなっているウィーン。春の息吹を徐々に感じることができるようになりました。

今日は、週末を控えて営業も後半に突入した「Wiener Eistraumの話題」をお伝えしましょう。

以前もお伝えしましたが、競技としてのスケートは低調なオーストリアですが、レジャーとしてのスケートは、大変人気があります。

実際、週末になるとWiener Eistraumは大勢のお客さまで賑わいます。靴はレンタルもできますが、地元の皆さんは、自前のスケート靴を持参している人が多いようです。

Img_2018_02_0268

コース設定は、昨年と同じで、人気の周回コースを中心に、市庁舎前広場に大きなリンクが開設されています。昨年、お目見えした巨大なスノーグローブですが、今年も登場しています。また、カーリングレーンも別に設けられています。

最近は、混雑緩和のため、チケットの自動券売機も設置されていますが、なぜか有人カウンターを利用するお客さまが大多数。理由は、よくわかりませんが、日本とは逆のような感じがします。

Img_2018_02_0715

ところで、Wiener Eistraumは、アマチュア用のお手軽レーンですが、定期的に整氷作業を行っており、リンクを良い状態に保っています。

当然、整氷には専用の車両が活躍。この間は、スケーターの利用を中断して作業を行います。まぁ、当たり前なのかもしれませんが、こういうところはしっかりしています。

昨年あたりから、様々な注意書きが増えましたが、これは今年も健在。とくに勾配の関係でスピードが出やすいこともあり、この点はしっかりと注意しています。

Continue reading "今年のWiener Eistraum は‥"

| | Comments (0)

January 16, 2018

謎のピクトグラム 座らないでください

Img_2017_12_0077

「謎のピクトグラムシリーズ」が続きますが、ご容赦ください。

ウィーンでは、以前はあまり見かけなかったピクトグラムが「禁止もの」です。

ただ、最近は色々の国から来た人が増えていることも関係しているのか、公共の場所で「禁止ピクトグラム」が増えているような気がします。

だいたい、禁止ピクトグラムが掲出される場合、実際に、該当する場所で禁止行為を行った人がいて、迷惑だった‥というケースが多いようです。

Img_2015_02_0600

さて、今日、ご紹介するのはWien Mitteのショッピングモールで見かけたもの。

禁煙禁酒は何となくわかりますが、左側の「IN DIESEM BEREICH IST SITZEN」(PLEAE DO NOT SIT)にはビックリ。座らないでくださいですかれねぇ。

恐らく通路などに座ってお客さまの迷惑になる人が出没したのではないかと思われます。

もちろん、ベンチなどの施設以外のお話でしょうが‥ 

日本でも、時々、地方へ行くと列車の中に「座り込まないでください」という注意書きやピクトグラムを見かけることがありますが、それと同じなのかもしれません。

Continue reading "謎のピクトグラム 座らないでください"

| | Comments (0)

January 14, 2018

謎のピクトグラムシリーズ CityJet編

Img_2017_12_0215

今日は「謎のピクトグラムシリーズ」をお届けしましょう。最近、ウィーン市内でも見かけることが多くなった「新型近郊型電車CityJet編」です。

先日、衝突事故を起こしてミソを付けてしまったCityJetですが、車両そのものに事故の要因がある訳ではないので、ある意味、お気の毒。

最新型らしく乗り心地は良く、出入り口もステップレスなので空港アクセスなどには最適な電車です。

Img_2017_12_0225

新型なので、色々な仕掛けが組み込まれており、当然、目新しいピクトグラムも車内に掲出されています。

こちらでは自転車の搭載が日常的に可能ですが、車内にも自転車搭載場所を示すピクトグラムが掲出されています。

これは他の車両でも見かける比較的ポピュラーなピクトグラムと言えるでしょう。

Img_2017_12_0224

そして、今回、新しく登場した(と思われる)ピクトグラムが、ベビーカー+自転車にイスの折りたたみを合成したもの。

このピクトグラムだけ見ると、意味がよくわからない方もいらっしゃると思いますが、実は、この部分の座席は折りたたみ式になっています。

ベビーカーや自転車を搭載する場合、イスを跳ね上げることになっています。という訳で、このピクトグラム登場となった訳です。

Continue reading "謎のピクトグラムシリーズ CityJet編"

| | Comments (0)

December 12, 2017

謎のピクトグラムシリーズ さて、これは?

Img_2014_12_8670

今日は「謎のピクトグラムシリーズ」をお届けしましょう。最近は日本でも「謎のピクトグラム」が増えているような気がします。

ただ、統一されたデザインではなく、それぞれの施設や行政が独自にデザインをしているためか、今ひとつ普及しているとは言いにくいような気もします。

さて、今日お目にかけるのは、写真をご覧になるとわかるように「自動車とドライバー」という組み合わせのピクトグラムです。皆さまは、何を連想しますか?

ドライバーさんの姿勢がヒントかもしれませんね。自動車へ案内しているようにも見えます。

これはウィーン・シュヴェヒャート空港のターミナル3、到着ロビーで見つけたものです。ちょうど、税関を通過してロビーに出たところにあるフェンスに貼り付けられていました。

どうやら迎車のドライバーさんが待機する場所のような感じがします。

Continue reading "謎のピクトグラムシリーズ さて、これは?"

| | Comments (0)

December 10, 2017

児童遊園

Img_2014_12_8931

今日は「児童公園の話題」をお届けしましょう。

このブログではウィーンにある「様々な公園」をご紹介していますが、日本と大きく異なるのは「機能別になっている」という点でしょうか。

もちろん、日本でも機能によって別れているところもあるようですが、ウィーンは同じ公園内でも機能別にエリアが明確に分かれているのが特徴でしょうか。

最近、日本では維持管理が十分にできないため、遊具が破損するケースがあり、児童公園の遊具が撤去されるというケースもありようですが、こちらでは、まだ健在です。

Img_2014_12_9879

今日、ご紹介するのは市や区で開設している独立した公園ではなく、住宅団地の中に開設されている児童公園です。

こちらでも再開発の一環として、中高層住宅を中心とした住宅団地が建設されています。その際、公開緑地が設けられるのが一般的ですが、その一部を児童公園にするケースがあります。

今回、お目にかけるのは20区の住宅団地で見かけたものです。比較的規模は小さく、かつフェンスで囲われていません。また、普段は見かけないイラスト入りのKINDERSPIELPLATZという看板が掲げられていました。

看板の上部に「SOZIALBAU AG」という名称が入っていたので、この企業が管理・運営しているのでしょう。

Continue reading "児童遊園"

| | Comments (0)

November 22, 2017

謎のピクトグラムシリーズ 公園は臨時閉鎖になりました

20171117_x201_00005

今日は仕事で多忙を極めているため、身近絵の話題でご容赦下さい。「謎のピクトグラムシリーズ」をお届けしましょう。

今年は日本でも10月末に、台風が本土に来襲しましたね。「季節外れの台風」と言われますが、過去にも10月末に台風が日本列島を襲ったことはあるようです。これも異常気象の影響なのでしょうかね。

さて、旧聞になりますが、同じ頃、ウィーンでも季節外れの嵐がやって来ました。もちろん「ワインの方の嵐」ではありません。本物の嵐です。

暴風警報が発令され、実際、かなりの強風が吹き荒れました。日本では、最大瞬間風速は秒速(m/s)で表されますが、こちらのマスコミは時速で紹介していました。ちなみに、その時の予測は120km/hでした。

Img_2016_120745

そのため、ウィーン市では利用者の危険防止の観点から、市内の公園・庭園を閉鎖しました。

これは木や枝が折れる可能性があるための予防措置です。さらに中央墓地なども、10月28日の午前中は、墓地への立ち入りが禁止されました。

このように大規模な公園や庭園の閉鎖、墓地の立ち入り制限というのは、ウィーンでは非常に珍しいと思います。
さて、この時に登場したのが、

写真のピクトグラム。Feriは、残念ながら、嵐の際に臨時に掲出されたピクトグラムをキャッチすることはできませんでしたが、写真のようなピクトグラムが掲出されました。

Continue reading "謎のピクトグラムシリーズ 公園は臨時閉鎖になりました"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧