October 19, 2017

謎のピクトグラムシリーズ 運河への転落注意

20171016_x201_00005

最初にニュースから。10月18日の午後、FlughafenWien駅構内でCATの車両から発煙があり、一時、駅が閉鎖され、消防隊が出動。消火活動に当たりました。

幸い、人的被害は発生しませんでしたが、FlughafenWien駅が全面閉鎖されたため、CATやS7の代行バスが運転されたようです。

さて、今日は「謎のピクトグラムシリーズ」をお届けしましょう。

先日、ウィーン市内中心部で、深夜に若者による乱闘騒ぎがあり、その過程で19歳の少年がドナウ運河に飛び込んだそうです。

Img_2007_07_8020

ドナウ運河に飛び込んだ少年は、近くの通行人が引き上げて、救急搬送され、一命は取り留めたそうです。

なお、乱闘騒ぎを起こしたのは、外国人と言われていますが、警察が駆けつけた際には、すでに逃亡していたそうで、詳細は不明です。

そのニュース記事の写真で、Feriが気になったのが、件のピクトグラムです。

こういうピクトグラムもあるのですね。

Continue reading "謎のピクトグラムシリーズ 運河への転落注意"

| | Comments (0)

October 04, 2017

謎のピクトグラムシリーズ Kurpark Oberlaa編

Img_2017_09_0065

今日は「謎のピクトグラムシリーズ」をお届けしましょう。

最近は、ウィーンでも公共施設での注意書き(禁止事項)が増えてきました。それだけ、マナーを守らない人が増えてきている‥ということなのでしょうか。残念なことです。

一般的に、禁止事項が増えるのは、「実際に、禁止事項に該当する、とんでもない行動をとった人物がいた」という証ではないかと思っています。

今日、ご紹介するのは地下鉄U1の延長開業で便利になった「Kurpark Oberlaa編」です。

Kurpark Oberlaaは、約86万平方メートルの敷地面積を誇る広大な公園で、大きな池が園内に点在していることでも有名。また、園内では季候の良い時期は日光浴などが楽しめるようになっています。

また、公園全体がフェンスに囲まれており、開閉式の門扉で利用時間が決められています。

開園時間は、冬期が6時から18時、夏期が6時から22時ですが、通常の公園よりも、季節ごとの開園時間が細かくコントロールされているのもポイント。閉園時間が2月は19時、3月と10月は20時、4月と9月は21時となっています。

Img_2017_09_0062

さて、ピクトグラムですが、公園内の案内板と、門扉周辺に取り付けられています。

上段の左から5番目までは、どの公園でもみかけるポピュラーなものですね。「転倒注意」と「悪天候時の避難」は、ほぼ総ての公園で見ることができます。


上段、左から6番目から8番目までは、「愛犬の散歩」に関するピクトグラム。

散歩で訪れる方が多いことから、愛犬の入園も可能ですが、「リートをつける」ことが義務づけられています。「リートを外すことは禁止」、「犬の排便禁止」と続きます。「犬の糞は飼い主が片づける」という案内は多く見かけますが、「犬の排便禁止」というピクトグラムは、余り見かけません。

Img_2017_09_0061_b

上段、一番右側は「自転車の走行禁止」。広大な公園なので、どうしても自転車でやって来て、そのまま乗り入れたくなる人も多いと思いますが、園外の駐輪場に止めて、公園を利用することになります。

下段、左から4つは、園内でのスポーツ禁止に関するピクトグラム。「サッカー禁止」、「スケートボード禁止」、「スケート禁止」、「遊泳禁止」です。

多くの池が配されている公園だけに、池に関する禁止事項が表示されているのが特徴でしょうか。温泉保養施設付属の公園であるため、スポーツ全般が禁止されているのが特徴です。

なお、「サッカーは駄目だけれども、キャッチボールは良いのか」という突っ込みはなし‥球技全般が禁止されていると考えるのが妥当でしょう。

こちらではレジャーの1つとしてバーベキューが定着していますが、園内ではもちろん禁止です。恐らくチャレンジした人がいたのでしょうね。

左から6番目からは、園内の自然に関連する禁止事項。「草花を持ち帰らないでください」も一般的なピクトグラムです。いるのでしょうねぇ‥持ち帰る人が‥

Continue reading "謎のピクトグラムシリーズ Kurpark Oberlaa編"

| | Comments (0)

August 05, 2017

謎のピクトグラムシリーズ 触車注意

Img_2016_08_2750

今日は週末ですが、ちょっと多忙なので、「短めの話題」でご容赦願います。

日本でもプラットホームで、列車と乗客が接触する事故が時々ありますが、この問題はいずこも同じようです。

日本でも、以前は、プラットホームに駅職員が常駐し、乗客の様子を見守っていましたが、合理化により、ラッシュ時以外は、プラットホーム上は無人になっています。

Img_2009_08_6853

もちろん、監視カメラ等を設置して、プラットホームの状況は把握しているようですが、緊急時の対応には時間差が生じてしまうと思います。

さて、日本以上に鉄道の合理化が進んでいるオーストリア。ÖBBの地方路線にある駅は、ほとんどが無人駅です。もちろん、最初から無人駅だった訳ではないので、立派な駅舎(左の写真)が残っています。

しかし、実際には職員の姿はなく、チケットも自動販売機で購入するようになっています。

Img_2016_08_2751

ご存じのようにÖBBの駅は、基本的に改札口がありませんから、乗客以外の人がプラットホームへ上がることも容易です。そのように考えると触車事故の可能性は、日本よりも高いかも知れません。

そこで、駅を利用する人に、車両への接触を注意するピクトグラムが登場しました。以前、ドイツのものをご紹介しましたが、今回はÖBB編です。

日本でも「黄色い線の外側に出ないでください」といったアナウンスが流れる場合がありますが、こちらでもプラットホームには「白いライン」が引かれています。

鉄道当局としては、乗客は、列車が停車するまで、このラインの内側で待機してもらいたい訳です。

Continue reading "謎のピクトグラムシリーズ 触車注意"

| | Comments (0)

July 18, 2017

謎のピクトグラムシリーズ  ウインカーを出せ!

Img_2009_08_5900

3連休は、皆さま、いかがお過ごしになりましたでしょうか。関東地方などは、梅雨の気配はどこへやら‥猛暑が続いているようなので、熱中症に対する注意が必要な今日この頃かと思います。しかし、山間部に雨が降らないと、今度は夏の水不足が心配ですね。

日本では今まで7月の連休が終わる、次は9月まで「おあずけ」でしたが、今年から「山の日」が制定されたため、8月にも連休が生まれることになったそうですね。

「海の日」は「7月第3月曜」という移動祝日ですが、「山の日」は8月11日の「固定祝日」。2017年は金曜日なので、3連休という方も多いと思います。

ところで、なぜ、8月11日が「山の日」になったのか‥とくに日にちの由来はないそうです。ただ、お盆休みと連動させやすいように日程を決めたようですね。

Img_2005_08_1512

さて、今日は「謎のピクトグラムシリーズ」をお届けしましょう。

日本でも最近増えつつあるロータリー交差点(円形交差点)。最近では、ランドアバウト(roundabout、ドイツ語ではKreisverkehr)という名称で、ロータリー交差点を進化させてものが各国で採用されています。

オーストリアでも、信号機が不要であることから、従来の交差点をランドアバウトに改修するエリアも出てきました。
通常、このタイプの交差点がある場所には、写真のような道路標識が設置されているのが一般的です。これによって、ドライバーに注意を促す訳ですね。

慣れてくると、何の問題もないのですが、Feriも初めのうちは、正直、戸惑いました。ランドアバウトには、様々なルールが存在します。

Kreisverkehr

まずは、「環道内の車両優先」なので、道路からランドアバウトに進入する車両は「環道内の車両に進路を譲る」ことが求められます。そのための、標識がランドアバウト付近に準備されています。

そして、もう一つはランドアバウトを出る際にはウインカーを使用しなければなりません。環道から出る際、進入する側にウインカーを出す必要があります。

これは、進入した道路の隣の道路に曲がっていく時も同様で、この場合は、進入時から、その方向にウインカーを出す必要があります。

Continue reading "謎のピクトグラムシリーズ  ウインカーを出せ!"

| | Comments (0)

July 14, 2017

地方の「とある児童公園」で‥

Img_2015_08_2043

今日は「地方で見つけた児童公園の話題」をお届けしましょう。

このブログでもたびたび取り上げていますが、オーストリアは公園が良く整備されている国だと思います。

また、Feriは、使用目的に合わせてゾーニングが徹底している点も特長の一つだと思っています。ゾーニングがしてあるために、利用者も気持ち良く利用することができるようです。

さて、今日、ご紹介するのは地方の小さな街で見かけた児童公園です。児童公園なので、遊具が多数、設置してあるところがポイントです。

Img_2015_08_2042

設置されている遊具も工夫を凝らしたデザインで、子供さんが体を動かして楽しめるものばかりでした。

同時に児童公園故に禁止事項も沢山あるようで、ピクトグラムを交えて表示されていました。

注意書きは子供さんを連れてくる大人が対象だと思うのですが、子供さんの利用が中心であるためか、イラストも可愛らしいデザインになっていました。

Continue reading "地方の「とある児童公園」で‥"

| | Comments (0)

July 11, 2017

謎のピクトグラムシリーズ 馬の乗り入れは禁止

Img_2015_08_2283

昨日は、日本が猛暑に見舞われているにもかかわらず、暑そうな話題をご紹介して、正直、ヒンシュクものでしたね。もっと涼しい話題をセレクトすべきでした‥反省

さて、今日は謎のピクトグラムシリーズですが、日本ではあまり見かけないジャンルです。

2015年8月31日に、こちらの「夏のリゾートでの楽しみ方」をご紹介したことがあります。

まぁ、日本人以上に遊ぶことに関しては気合いの入っている人が多いので、遊び方も多種多様。その中に、日本では馴染みが少ない乗馬もあります。

Img_2015_08_2493

しかも馬場ではなく、インストラクターが引率して、グループでライディングを楽しむというものです。

大人だけでなく、子供さんも参加しているところから、こちらでは、かなり一般的なアクティビティと言えそうです。

良く「馬にまたがると視点が高くなるため、見える世界が異なる」と言われますが、きっと、リゾート地でも違った風景を楽しむことができるのでしょう。

こういったライディングが簡単にできる背景には、リゾート地では、ライディング用のコースが整備されていることが一つの要因になっていると思います。

Continue reading "謎のピクトグラムシリーズ 馬の乗り入れは禁止"

| | Comments (0)

July 05, 2017

謎のピクトグラムシリーズ ドイツ鉄道編

Img_2014_09_6427

今日は「謎のピクトグラムシリーズ」をお届けしましょう。

題して「ドイツ鉄道編」です。ヨーロッパでは、鉄道の駅や車両内もピクトグラムの宝庫です。これは色々な国の方がご利用になるので、文字による説明より、直感的にわかるピクトグラムの方が有利だからでしょう。

最初にご紹介するのは、ホームの通路幅が狭くなっているため、車いすの通行ができないことを警告するピクトグラムです。

こちらでは、日本よりはホームの幅は広めに設定されているところが多いのですが、地方に行くと古い駅などでは、昔のままのホームを使用しているところがあります。

Img_2014_09_6430

このピクトグラムは、駅舎へ移動するための地下通路階段横に設置されていました。階段横は通路幅が狭くなっているケースが日本でも見られますが、それと同じです。

トップの写真がプラットホームの階段部分ですが、確かに狭いですね。

日本の場合、「この付近はホームの幅が狭いので、立ち止まらないで下さい」といったニュアンスの警告が多いですが、車いす利用の方への注意は、余り見かけたことがありません。

日本の場合、基本的に駅構内では駅員さんが車いすのお客さまをアシストするため、このような標識は必要がないのでしょう。

こちらの場合、車両のバリアフリー化が進んでおり、車いすのお客さまも自力で乗車するのが基本となっているため、こういった標識が設置されているような気がします。

Continue reading "謎のピクトグラムシリーズ ドイツ鉄道編"

| | Comments (0)

June 28, 2017

オーストリアの交通信号ボタン

Img_2014_03_0948

今日は前日の「ドイツの信号機雑感」の続きです。

先日、「ドイツの信号機雑感」という記事を掲載しました。本来は、その時に同時にご紹介すれば良かったのですが、ウィーンで見つけた交通信号延長ボタンの写真がやっと見つかったので、別記事でご紹介することにします(手抜きですねぇ‥)。

以前も、このブログでご紹介したようにウィーンの交通信号機の押しボタンは、複数のメーカーが製造を担当しています。

個人的には一つのメーカーに集約した方が部品の管理やメンテナンスが楽だと思うのですが、当局としては「独占は良くない」という判断なのでしょう。ちなみに、現在、3社の製品が採用されているようです。

そのため、信号機の操作ボックスも複数のスタイルが存在します。

Img_2015_10_0146

今回、お目にかけるのは19区で見かけたものですが、目の不自由な方向けの押しボタンのようで、杖を手に横断歩道を渡っている人物のピクトグラムが描かれています。さらに、

興味深いのは「NUR FÜR」という文字の表記がある点。つまり「目の不自由な方専用」という趣旨だと思います。ウィーンにも色々なタイプの交通信号ボタンがありますが、このタイプは、あまり見たことがありません。

ボックスのタイプとしては一般的なのですが、なぜ、ここは文字による表示が併用されているのかという理由については、よくわかりません。

Continue reading "オーストリアの交通信号ボタン"

| | Comments (0)

June 27, 2017

謎のピクトグラム 番外編“Keep rright”

Img_2016_08_2264

今日は「謎のピクトグラム」をお届けしましょう。ただし、番外編ですが‥

Feriは、以前、出張の多い会社で勤務していた時代、日系航空会社のマイレージ上級会員になったこともあり、オーストリアと日本の行き来には、日系航空会社を使うことが多くなっています。ラウンジの利用や荷物の対応など、色々と便宜を図ってくれるものですから‥

ただ、日系航空会社を使う場合、どうしてもヨーロッパ内の他国での乗り継ぎになります。今まで、乗り継ぎで利用した空港は色々ありますが、ドイツ語圏で慣れているため、フランクフルト空港を選ぶケースが多いですね。

Img2014_05_2828

ただ、フランクフルト空港は、増設に増設を重ねているため、利用するたびに乗り継ぎルートが変わるなど、正直、使い勝手はあまり良くありません。

最近、気にいっているのが、フィンランドのヘルシンキ空港です。ヘルシンキ空港は、フランクフルト空港などに比べるとコンパクトなので、乗り継ぎも楽です。

また、日本便の場合、フライトタイムが中欧線に比べて短いのもポイント。それだけ疲れが少ないと思います。

Feriはフィンランドへ入国したことはないので、ヘルシンキがどんな場所なのかは詳しくは知りませんが、独特の文化があるのは、間違いないでしょう。

写真のようにShopではムーミン達がお客さまを出迎えています。

前置きが長くなりましたが、そのヘルシンキ空港で見かけたピクトグラムが「今日のテーマ」です。

乗り継ぎの通路で見かけたものですが、興味深いのは「3人の人物が歩いているピクトグラム」です。

Continue reading "謎のピクトグラム 番外編“Keep rright”"

| | Comments (0)

June 23, 2017

謎のピクトグラム 番外編 楽しいHOTEL

Img_2004_05_7213

今日は「謎のピクトグラムの番外編」をお届けしましょう。

見つけた場所は、オーストリアではなく、ドイツだったので「番外編」としました。同じドイツ語圏ですが、オーストリアとドイツは、微妙に違うのが特長。実際、ドイツ語でも単語が異なっているケースもあります。

先日、昔の駅舎を転用したBaden-Badenの祝祭劇場をご紹介しましたが、その時、Baden-Badenで見つけたピクトグラムをご紹介しましょう。

Baden-Badenは、古くからの温泉保養地ですが、現在ではリゾート地としての性格が強くなっているようです。

Img_2004_05_7209

街には大きな公園もあり、祝祭劇場をはじめとする様々な施設が充実しています。また、比較的古いデザインの建物も多く、風情のある街並みが印象的でした。

ウィーン近郊のBadenよりも街の規模は大きいため、ホテルの数も多いような気がします。

この時、FeriはウィーンからBaden-Badenへ1泊で出かけたのですが、Frankfurtまでは航空機を利用し、空港駅からドイツ鉄道自慢のICEで向かいました。この区間は幹線なので、ICEも新型が投入されていました。

宿泊したホテルは祝祭劇場から少し離れた街の中心部にありました。こちらは、今回、ご紹介するピクトグラムとは関係ありません(笑)。

Continue reading "謎のピクトグラム 番外編 楽しいHOTEL"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧