April 06, 2017

速報 国立歌劇場2017/18シーズン・プログラム発表

20170405_x201_00004

4月5日、国立歌劇場総裁のDominique Meyerさん、バレエダイレクターのManuel Legrisさん、コマーシャルティレクターのThomas W. Platzerさんが参加して、国立歌劇場2017/18シーズンのプログラムが発表されました。
来シーズンは各種のプログラムを合計して350公演以上が上演されます。オペラに関しては227回の公演が予定されています。
取り急ぎ、速報版で‥抜けている部分は、皆さまのコメントで、カバーさせていただければ幸いです。

○オペラ・プレミア
子供向けを含めて7作品が新演出で上演されます。

DER SPIELER(賭博師)、セルゲイ・プロコフィエフ作曲、2017年9月4日プレミア
指揮はSimone Youngさんが予定されています。主な出演者には、General:Dan Paul Dumitrescuさん、Polina:Elena Gusevaさん、Alexej Iwanowitsch:Misha Didykさん、Babulenka:Linda Watsonさん、Marquis:Thomas Ebensteinさん、Blanche:Elena Maximovaさん、Mr. Astley:Morten Frank Larsenさんの名前が挙がっています。

LULU(ルル)、アルバン・ベルク作曲、2017年12月3日プレミア
指揮はIngo Metzmacherさんが予定されています。主な出演者には、Lulu:Agneta Eichenholzさん、Gräfin Geschwitz:Angela Denokeさん、Dr. Schön/Jack the Ripper:Bo Skovhusさん、Alwa:Herbert Lippertさん、Schigolch:Franz Grundheberさんの名前が挙がっています。

ARIODANTE(アリオダンテ)、ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル作曲、2018年2月24日プレミア
指揮はWilliam Christieさんが予定されています。主な出演者には、Ariodante:Sarah Connollyさん、Ginevra:Chen Reissさん、Dalinda::Hila Fahimaさん、Polinesso::Christophe Dumauxさん、 Lurcanio:Rainer Trostさん、Odoardo::Pavel Kolgatinさん、Il Re di Scozia::Wilhelm Schwinghammerさんの名前が挙がっています。

DANTONS TOD(ダントンの死)、ゴットフリート・フォン・アイネム作曲、2018年3月24日プレミア
指揮はSusanna Mälkkiさんが予定されています。主な出演者は、Georges Danton:Wolfgang Kochさん、Camille Desmoulins:Herbert Lippertさん、Hérault de Séchelles::Jörg Schneiderさん、Robespierre:Thomas Ebensteinさん、Lucile:Olga Bezsmertnaさんの名前が挙がっています。フォルクスオーパーのオペレッタで活躍したJörg Schneiderさんが、国立歌劇場のオペラ・プレミアに起用されるのは特記されます。

SAMSON ET DALILA (サムソンとデリラ)、カミーユ・サン=サーンス作曲、2018年5月12日プレミア
指揮はMarco Armiliatoさんが予定されています。主な出演者は、Dalila:Elīna Garanča さん、Samson:Roberto Alagnaさん、Oberpriester des Dagon:Carlos Álvarezさん、Abimélech:Sorin Colibanさんの名前が挙がっています。

DER FREISCHÜTZ(魔弾の射手)、カール・マリア・フォン・ウェーバー作曲、2018年6月11日プレミア
指揮はTomáš Netopilさんが予定されています。主な出演者は、Agathe:Camilla Nylund さん Ännchen:Daniela Fallyさん、Kaspar: Alan Heldさん、Max:Andreas Schagerさん、Eremit:Albert Dohmenさんの名前が挙がっています。

CINDERELLA(シンデレラ)、Alma Deutscher作曲、2018年1月28日プレミア
子供向けオペラです。

Continue reading "速報 国立歌劇場2017/18シーズン・プログラム発表"

| | Comments (2)

April 07, 2016

速報 ウィーン国立歌劇場 2016/17シーズン プログラム発表

Sn00554

4月6日、ウィーン国立歌劇場が2016/17シーズンのプログラムを発表しましたので、その概要をご紹介しましょう。

年間の公演プログラムは350以上で、オペラ公演は54演目、バレエ公演は10演目、子供向けオペラは3演目となっています。

なお、具体的なスケジュールについては、Austria-fan.comに掲載をお願いしました。相変わらずAustria-fan..comのスタッフは仕事が早いです。

来シーズンも、9月3日の「Tag der offenen Tuer」(オープンハウス)で開幕します。

○オペラ・プレミア
来シーズンは5演目が新演出で上演されます。
-Christoph Willibald Gluck作曲「ARMIDE(アルミード)」(2016年10月16日プレミア)
指揮はMarc Minkowskiさん、出演者にはGaëlle Arquez、Paolo Rumetz、Stanislas de Barbeyrac、Gabriel Bermúdez、Jinxu Xiahou、Olga Bezsmertna、Hila Fahimaといった皆さんの名前が挙がっています。

-Giuseppe Verdi作曲「FALSTAFF(ファルスタッフ)」(2016年12月4日プレミア)
指揮はZubin Mehtaさん、出演者にはAmbrogio Maestri、Ludovic Tézier、Paolo Fanale、Carmen Giannattasio、Hila Fahima, Marie- Nicole Lemieux、Lilly Jørstadといった皆さんの名前が挙がっています。

-Giuseppe Verdi作曲「IL TROVATORE(イル・トロヴァトーレ)」(2017年2月5日プレミア)
指揮はMarco Armiliatoさん、出演者にはLudovic Tézier、 Anna Netrebko、Roberto Alagna。Luciana D’Intinoといった皆さんの名前が挙がっています。

-Richard Wagner作曲「PARSIFAL(パルジファル)」(2017年3月30日プレミア)
指揮はSemyon Bychkovさん、出演者にはGerald Finley、 Hans-Peter König、Christopher Ventris、Jochen Schmeckenbecher、Nina Stemmeといった皆さんの名前が挙がっています。

-Claude Debussy作曲「PELLÉAS ET MÉLISANDE(ペレアスとメリザンド)」(2017年6月18日プレミア)
指揮はAlain Altinogluさん、出演者にはFranz-Josef Selig、Bernarda Fink、Benjamin Bruns、Simon Keenlyside、Olga Bezsmertnaといった皆さんの名前が挙がっています。

○子供のためのオペラ・プレミア
-「Tristan Schulze(トリスタン・シュルツェ)」(2017年1月29日プレミア)
AGRANA STUDIOBÜHNEに制作を委託した作品です。指揮はWitolf Wernerさんが予定されています。

○バレエ・プレミア
3作品が新演出で上演されます。
-「BALANCHINE | LIANG | PROIETTO」(2016年11月1日プレミア)
「LE PAVILLON D'ARMIDE | LE SACRE」(2017年2月19日プレミア)
-「NUREJEW GALA 2017」(2017年6月29日プレミア)

Continue reading "速報 ウィーン国立歌劇場 2016/17シーズン プログラム発表"

| | Comments (0)

September 10, 2015

国立歌劇場で「TAG DER OFFENEN TÜR」がありました

Img_2015_09_3357_001

最近、「オーストリア、難民問題」のキーワードで検索されて、当ブログにいらっしゃる方が増えているようです。日本では、断片的な情報しか提供されない上に、マイナス面の情報が多いため、ご不安に思っている方も多いことと思います。

ハンガリーの状況については、Feriは実際に行っていないので、明確なことは申し上げられませんが、オーストリア、ウィーンに関しては、治安は平穏です。観光客の数も例年どおり多く、不安を感じることはありません。その点は、ご安心ください。

Img_2015_09_3932_001

なお、オーストリアでは、難民の多くがドイツ行きを希望しているため、一時的に受け入れているそうです。実際、オーストリアに難民申請する人は極端に少ないと報道されています。現在は、当局がコントロールしているようなので、旅行をご計画の方は、オーストリアに関してはご心配になることはないでしょう。

ところで、7日の昼過ぎ、Schottentorで道路に水が大量に溢れる事故があり、深夜まで公共交通機関が混乱しましたが、これはテロ行為ではなく、単純に水道管が破裂しただけです。テロ行為とは無関係です。

さて、「白馬亭にて」のプルミエレポートが続いたため、「気の抜けたビール状態」になってしまいましたが、9月6日に国立歌劇場で行われた「TAG DER OFFENEN TÜR」の模様をお伝えしましょう。

Img_2015_09_3363_001

この催しは、国立歌劇場のオープンハウスで、オペラやバレエに、より興味をもっていただくため、通常は関係者以外、立ち入ることができないバックステージの一部や、裏方さんの仕事を公開したものです。

実は、国立歌劇場は職員の家族でも、通常、職場見学はできないそうです。そのため、職員の仕事場を家族に見てもらうという側面もあったようです。

Feriは、夜、フォルクスオーパーで「白馬亭にて」のプルミエがあったため、14時からの公開に申し込みました。

13時過ぎに国立歌劇場前に到着すると「Erntedankfest」2日目恒例となっているトラクターパレードに出場する車列がやってきました。

国立歌劇場を背景にトラクターが行進する‥農業国のオーストリアらしい光景ですね。ちなみに今年のErntedankfest」ですが、2日間で28万人の来場者があったそうです。

Continue reading "国立歌劇場で「TAG DER OFFENEN TÜR」がありました"

| | Comments (0)

August 13, 2015

国立歌劇場で「Tag der offenen Tuer」が行われます

Sn00374

ウィーンも暑さが戻ってきましたが、今日は2本立てです。

現在、夏休み中のウィーン国立歌劇場ですが、新シーズン開幕後、最初の日曜日、9月6日にTag der offenen Tuer(オープンハウス)が行われます。

当日は劇場の公演はなく、通常は見ることができない劇場のバックステージが見学できるほか、オーケストラや合唱、バレエのリハーサルなどを見ることができるようです。

これらは通常の劇場ではなく、劇場内にある稽古場で行われます。稽古場は通常、一般の人は見学できませんので、貴重な機会と言えるでしょう。

このほか、大道具や小道具、ステージ衣装の展示、ライブビューイングに関するプレゼンテーションなど多才な催しが用意されています。

ご存じの方も多いと思いますが、国立歌劇場は通常の公演が行われる劇場よりも、バックステージをはじめとする関連施設の方が広くなっています。そういう意味で、舞台裏の見学は興味津々‥

Continue reading "国立歌劇場で「Tag der offenen Tuer」が行われます"

| | Comments (0)

April 11, 2015

ウィーン国立歌劇場2015/16シーズンプログラム発表

Img_2014_10_7666_001

4月9日、ウィーン国立歌劇場から2015/16シーズンのプログラムが発表されました。

本来、10日にブログでご紹介したかったのですが、Feriが仕事でバタバタしていたため、ちょっと遅れてしまいました。ちなみに昨年は3月25日に発表されましたが、今年は例年通り、4月に入ってからの記者会見になりましたね。

オペラファンの皆さまは国立歌劇場のwebサイトで確認されたかと思いますが、ご紹介しましょう。

○オペラ・プルミエ
来シーズンは「子供のためのオペラ」も含めて、6公演のプルミエが行われます。

マクベス(MACBETH、2015年10月4日)
シーズン最初のプルミエはヴェルディ作曲の「マクベス」です。指揮はAlain Altinoglu、出演者にはLudovic Tézier、Ferruccio Furlanetto、Tatiana Serjan、Jorge de Leónといった皆さんの名前が挙がっています。

ヘンゼルとグレーテル(HÄNSEL UND GRETEL、2015年11月19日)
フンパーディンク作曲の子供向けオペラで、今までフォルクスオーパーがアドヴェントの時期に上演していました。指揮は何とChristian Thielemann。出演者にはAdrian Eröd、Janina Baechle、Daniela Sindram、Chen Reiss、 Michaela Schuster、Annika Gerhardsといった皆さんの名前が挙がっています。

マクロプス事件(VEC MAKROPULOS、2015年12月13日)
ヤナーチェク作曲のオペラです。チャペックの舞台「マクロプロス事件」を見たヤナーチェックがオペラ化を熱望して、紆余曲折を経て完成したオペラ。指揮はJakub Hrůša。出演者にはLaura Aikin、Rainer Trost、Margarita Gritskova、Markus Marquardt、Norbert Ernst、Wolfgang Bankl、 Heinz Zednikといった皆さんの名前が挙がっています。

三人姉妹(TRI SESTRI、2016年3月6日)
ハンガリー出身のエトヴェシュ・ペーテル作曲のオペラです。指揮はPéter Eötvös。出演者にはOlga Bezsmertna、Margarita Gritskova、Ilseyar Khayrullova、Eric Jurenas、Boaz Daniel、Paolo Rumetzといった皆さんの名前が挙がっています。

トゥーランドット(TURANDOT、2016年4月28日)
プッチーニの名作オペラですね。フォルクスオーパー版は出演者が虫に扮していましたが、国立歌劇場は、どんな演出になるでしょうか。指揮はGustavo Dudamel。出演者にはLise Lindstrom、Johan Botha、Anita Hartig、Heinz Zednik、Dan Paul Dumitrescuといった皆さんの名前が挙がっています。

FATIMA(2015年12月23日)
Johanna Doderer作曲の「子供のためのオペラ」で、屋上の専用劇場で上演されます。

○バレエ・プルミエ
3公演のプルミエが行われます。「Abend THOSS/WHEELDON/ROBBINS」(2015年10月29日)、「LE CORSAIRE」 (2016年3月20日)、「NUREJEW GALA (2016年6月26日)。

Continue reading "ウィーン国立歌劇場2015/16シーズンプログラム発表"

| | Comments (0)

March 26, 2014

速報「国立歌劇場2014/15シーズン」プログラム発表

201415_sow01_2

3月25日、ウィーン国立歌劇場2014/15シーズンのプログラムが発表になりました。さっそく、その概要をお伝えしましょう。来シーズンはオペラ223公演、バレエ56公演、コンサート7公演などとなっています。

○オペラ・プルミエ
来シーズンはオペラのプルミエが6公演予定されています。演目はモーツァルトの「イドメオネ」(2014年10月5日プルミエ)、ムソルグスキーの「ホヴァーンシチナ(CHOWANSCHTSCHINA)」(2014年11月15日プルミエ)、ヴェルディの「リゴレット」(2014年12月20日プルミエ)、リヒャルト・シュトラウスの「エレクトラ」(2015年3月29日プルミエ)、ドニゼッティの「ドン・パスクワーレ(DON PASQUALE)」(2015年4月26日プルミエ)、トーマス•アデス(Thomas Adès)の「テンペスト(TEMPEST)」(2015年6月14日プルミエ、この作品はオーストリア初演)となっています。

また、子供のためのオペラではAlbert Lortzingsの「UNDINE」(2015年4月18日プルミエ)が新演出で上演されます。

Continue reading "速報「国立歌劇場2014/15シーズン」プログラム発表"

| | Comments (0)

February 11, 2014

番外編 日経Web版に掲載された甲斐 栄次郎さんの手記

2014_01_26_nikkei_kai

ソチオリンピックですが、アルペンの女子複合で、ミヒャエラ キルヒガサー(Michaela Kirchgasser)選手が銀メダルに輝きました。トップとの差は、わずか0.40秒。日本勢は、なかなか結果がでませんが、今後に期待しましょう。

今日は番外編として、「甲斐 栄次郎さんの話題」をお伝えしましょう。

先日、たまたま日本経済新聞のサイトを見ていたら、「ウィーン国立歌劇場専属で夢中に歌った10年間」と題する甲斐 栄次郎さんの手記が掲載されていました。1月26日に掲載されたものです。

以前、トークショーでうかがった海外へ進出した経緯や、ウィーン国立歌劇場で専属歌手になるまでの海外でのキャリア。

この中で興味深いのは「自分もオペラ歌手としてサラリーマンになれた」という記述です。そう、劇場に毎日通い、新しい役を学ぶ‥正に専属歌手ならではの貴重な体験。

日本では、「オペラ歌手のサラリーマン」など想像がつきませんが、こちらでは歌劇場専属のオーケストラ、合唱団も含めて、サラリーマンなのですよね。私がこちらでお目にかかるフォルクスオーパーの皆さまも、正にサラリーマン感覚。つまり毎日、歌う、演奏するのがお仕事‥この感覚は日本では、恐らく経験することは難しいでしょうね。

甲斐さんは10シーズンで習得したレパートリー60役を越えるそうですが、カバー(代役)のためにトレーニングをしているものもあるので、実際に部隊で歌ったのは42役だそうです。それでもすごいですよね。

Continue reading "番外編 日経Web版に掲載された甲斐 栄次郎さんの手記"

| | Comments (0)

October 17, 2013

速報 10月27日から国立歌劇場ライブストリーミングがスタート

Wienerstatsoperlivestreaming_001

予告されていたウィーン国立歌劇場のライブストリーミングが、10月27日から開始されることが発表されました。

このライブストリーミングはSmartTV、またはコンピューターを経由してSAMSUNG SmartTVのアプリで受信することができます。ライブストリーミングの映像は8台のハイビジョンカメラで撮影され、フルハイビジョン(字幕付き)で配信されることになっています。

ライブストリーミングですが、料金をインターネットで支払う際、タイムゾーンを選択すると、ウィーン時間ではなく、視聴者のエリアに合わせてタイムシフト配信されます。また、開演の30分前からストリーミングサイトにアクセスできると説明されています(ブッキングは先にできるようです)。

10月27日にライブストリーミングされる作品はリヒャルト・シュトラウスの「ばらの騎士」(指揮:Adam Fischerさん、元帥夫人:Renée Flemingさん、オクタヴィアン:Sophie Kochさん、オックス男爵:Peter Roseさん、ゾフィー:Mojca Erdmannさん)です。

Continue reading "速報 10月27日から国立歌劇場ライブストリーミングがスタート"

| | Comments (0)

September 30, 2013

今シーズンの国立歌劇場から‥

Img_110_09_9940_001

29日はオーストリア国民議会選挙だったのですが、選挙戦は27日の金曜日まで。テレビの党首討論も27日がフィナーレでした。街頭のポスターは貼ってありますが、チラシの配布なども27日が最後だったようです。選挙権とは無縁のFeriですが、先週は街を歩いていると政党の運動員さんがチラシ(必ずグッズ付き)を渡してきます。お陰で、政党グッズが手に入りましたが‥

さて、今日は2013/14シーズンの国立歌劇場の話題をお伝えしましょう。

実はFeriもシーズンが始まってから、国立歌劇場には最近まで足を運んでいませんでした。お値段が高い上に、自分湖のみの演目がないので‥

まず、毎シーズン色々なデザインで楽しませてくれる防火壁のデザインですが、今シーズンは写真のようなものになりました。比較的おとなしい(というか、まともな)デザインだと思います。

このほか、当初、日本語字幕が採用されるという話がありましたが、9月の時点では、その気配はなし‥ 座席背面や個室に取り付けられている液晶ディスプレイは従来と同じもので、ドイツ語と英語の字幕が流れています。

Continue reading "今シーズンの国立歌劇場から‥"

| | Comments (4)

June 20, 2013

国立歌劇場のゲネプロを見学しました

Img_107_06_7193_001

今までフォルクスオーパーのゲネプロは何回か見学していますが、国立歌劇場については来日公演の時しか観たことがありませんでした。

今回、偶然にも13日にプルミエが行われた「トリスタンとイゾルデ」のゲネプロチケットを入手することができ、6月10日に行ってきました。

さすがにチケットは一般に販売されていないので、入場者は少なめですが、それでも、かなりの人数が入っていましたね。当初、楽屋口から入場するような話を聞いていましたが、通常通り、正面玄関から入ることができました。公演が長時間にわたるため、ビュフェも営業していましたね。この点はフォルクスオーパーと一緒です。

また、ゲネプロ専用のプログラム(出演者リストにあらすじだけを印刷したもの)が2.5Euroで販売されていました。

Continue reading "国立歌劇場のゲネプロを見学しました"

| | Comments (0)