September 07, 2017

オルロフスキー公爵からの招待状来るFeri bie Orlofsky」

Img_2017_09_0367

今シーズンのVolksoperFestで、最大の目玉企画は、一般のお客さまを招待して実施する「Fest bei Orlofsky」です。

「こうもり」の第2幕、オルロフスキー公爵の夜会に一般のお客さま70名を招待して、実際にやってしまおうという、ぶっ飛び企画です。しかも、「夕方の部」と「夜の部」と2回実施。

7月上旬、Feriは、Robert Meyerさんに“参加の可否”を打診しました。すると、Festの事務局から、参加を承諾する旨のメールが到着。どちらの回に出演したいかを連絡して欲しいという内容が添えられていました。

正に「こうもり」の第1幕前半、アデーレに夜会の招待状が来て、舞い上がってアリアを歌う場面を連想してしまいます。それくらいFeriもテンションが上がりました。もっとも、アリアは歌えませんが(笑)。

実は、今回の企画は、1回目と2回目では、出演者が違うという凝りよう。実は1回目の方が出演者はFeri好みだったのですが、1回目を見学して状況を把握した方がリスクは少ないと判断し、2回目(夜の部)の出演をリクエストしました。

そして、迎えた本番当日の9月2日。Festの会場には、「Feri bie Orlofsky」出演者用のレセプションが設けられていました。

また、家族や友人に晴れ姿を見てもらうため、出演者用に席が確保されており、Feriもチケットを入手しました。ただ、親しい人が忙しく、残念ながら友人にFeriの晴れ姿を観賞してもらうことは実現できませんでした。

レセプションで受付を済ませると、劇場のバックステージに入場できる名前入りの「Bühenenpas」が交付されました。これで当日限りですが、劇団員の仲間入りです。

Img_2017_09_0010

7月下旬、Robert Meyerさんから、当日のスケジュールと第2幕の楽譜が送られてきました。もちろん、全員が歌唱の素養がある訳ではないで、“歌えなくても大丈夫”というコメントが添えられていました。

1回目が予定よりも時間が長くなってしまったため、2回目の劇場入りは、若干遅れて18時過ぎになりました。楽屋口の内部で出演者が「Bühenenpas」を首からぶら下げて待機しています。

皆さんのテンションが上がってきているのが、何となく伝わってきました。

係員の案内で、劇場最上階にあるDressing roomに案内されます。ここは、オペレッタで劇中、衣装を身にまとって小道具などを運ぶスタッフが使用する更衣室のようです。

Img_2017_09_0395

ただ、当日はゲスト用に、ちゃんと名前が入った紙製のプレートが取り付けられていました。

皆さま、ここで本番用の衣装に着替える訳です。当然、男性用と女性用で別の部屋ですが、2回目の陣容を見ると、女性が2/3、男性が1/3といった感じでした。

また、ご夫婦で参加のお客さまもいらっしゃいました。こちらは、舞台上でもカップルを演じていました。

着替えを済ませて、Dressing roomで待機していると、館内放送で“出演者は舞台へ”という指示があり、階段を下りて舞台へ向かいました。

実は、今回の「Feri bie Orlofsky」は「こうもり」の2幕を再現しているのですが、完全に行うのではなく、前半と後半に別れています。

Continue reading "オルロフスキー公爵からの招待状来るFeri bie Orlofsky」"

| | Comments (1)

September 06, 2017

VolksoperFestでシーズンがスタート

Img_2017_09_0394

地下鉄U1がOberllaまで延長開業した9月2日は、各地で様々なイベントが催されました。

そんな中、Feriが足を運んだのはVolksoperFestです。

今回の目玉は「Fest bei Orlofsky」ですが、これについては別途、ご紹介する予定です。

会場はVolksoperの劇場前道路。舞台装置を搬入する場所に仮設の舞台を設置して「Bühne vor der Volksoper」が行われました。

Img_2017_09_0322

プログラムは1時間単位で設定されており、様々な演奏が行われました。

途中、14時30分からはスポンサーから提供された豪華景品が当たる「Musik-Quiz」もあり、結構、盛り上がりましたね。クイズの問題は、いずれもフォルクスオーパーの2017/18シーズンの演目に関係するものばかりでした。

Volksoperのオーケストラメンバーの一部による演奏も行われましたが、「伯爵令嬢マリッツア」や「メリーウィドウ」の楽曲演奏もあり、お客さまにも大人気。

Img_2017_09_0323

やはりカールマンものは人気が高いことが、改めてわかりました。Feriも久しぶりに聴くカールマンものに感激です。

この他、Probebühne(練習場)で開催されたのが、「舞台衣装衣装の蚤の市」(Kostümflohmarkt)。

Feriは舞台衣装を買うつもりはありませんでしたが、Probebühneに入ることができる滅多にないチャンスなので、顔を出してきました。

床は木張りで、一応、照明などもあるようです。ただ、この日は舞台衣装が所狭しと並んでおり、大勢のお客さまが物色中。すごい人気でした。

Continue reading "VolksoperFestでシーズンがスタート"

| | Comments (0)

June 26, 2017

あなたをOrlofsky公爵の夜会にご招待!

2017_09_02_fest_bei_orlofsky

今日は「フォルクスオーパーの話題」です。

2017/18シーズンの冒頭、9月2日に「Fest bei Orlofsky」というSpecialが開催されることは、シーズンプログラムの発表時から公表されていましたが、その内容がわかりました。

まず、当日はシーズンのオープニングを祝ってVolksopern-Fest」が開催されます。このFest最大のイベントが「Fest bei Orlofsky」。

当初、どのようなイベントかわからなかったのですが、同劇場のホームページで詳細が紹介されました。

何と、「こうもり」の第2幕で行われる「オルロフスキー公爵の夜会」に一般のお客さま70名をご招待するというものです。具体的には、実際に劇場のステージで第2幕だけを特別に上演し、そこに一般のお客さまにも参加してもらうという画期的なプログラムです。

つまり、一般のファンがフォルクスオーパーのステージに立つという夢が実現できるわけです。もちろん、主要なキャストは正規のアンサンブルですし、合唱団やバレエ団なども出演する「正規の2幕」です。

Img_2009_09_7015

全体のコーディネートはDirektorの Robert Meyerさんが行うようで、アンサンブルが一般の参加者をサポートします。また、ホームページでは、「歌うことができないお客さまの参加も問題ありません」とうたっており、特別な才能がなくても、このイベントに参加することは可能です。

ご存じのように「こうもり」では、ファルケ博士の画策で、第1膜ではアデーレに夜会への招待状が到着します。そして、叔母が病気になっているという話をロザリンデにして、お暇をもらい、ロザリンデの衣装を無断で借りて、夜会に参加します。まさに、このイメージですね。

当日、「Fest bei Orlofsky」は、16時30分と19時の2回、行われますが、出演者を見ると1回目と2回目ではキャストが異なるという念の入れようです。

ちなみにアイゼンシュタインは1回目がThomas Sigwaldさん、2回目がMehrzad Montazeriさん。ロザリンデは1回目がMelba Ramosさん、2回目がElisabeth Schwarzさん。ホストのオルロフスキー公爵は1回目がMartina Mikeli¿さん、2回目がAnnely Peeboさんです。

Continue reading "あなたをOrlofsky公爵の夜会にご招待!"

| | Comments (0)

June 17, 2017

Zeta und Njegus(後編)

Img_2003_09_6866

今日も昨日に引き続きフォルクスオーパーに出演したZetaとNjegusにスポットライトを当てて、今まで観た公演を振り返ってみたいと思います。

公使館書記という役柄のNjegusは、旧演出、前演出、現演出で性格付けがずいぶんと異なっているように思います。

特に現演出では、Njegusが道化役から、お話の進行を司る重要な役(ストーリーテラー)になっているように思います。

Img_2004_06_8069

まぁ、これはダイレクターのRobert Meyerさんをプレミアで起用することになっていたことから、来ているのかも知れませんが‥裏読みしすぎですかね‥

ところでNjegusに起用される方は、「Die lustige Witwe」で他の役には出ない傾向が強いのですが、両方に出演していた方も存在します。

Img_2006_12_2888

その内、お一人が、名優Rudolf Wasserlofさん。Feriは、2001年9月、2004年6月(旧演出最終公演)の2回、Rudolf WasserlofさんのNjegusを観る機会に恵まれました。

ちなみに、Njegus にRudolf Wasserlofさんが起用された2回の公演では、Baron ZetaはSándor Némethさんでした。これも、ある種の世代交代だったのかもしれません。

このブログでも何回かご紹介しましたが、旧演出の最終公演では、ハンナとダニロが3組登場し、各幕が違うカップルで上演されました。前代未聞の公演スタイルでしたが、すばらしファンサービスだったと思っています。

しかし、お互いのやり取りを観ていると、気心の知れたお二人だけに、ユーモアに富んだお芝居が今でも印象に残っています。

そして、Sándor Némethさんも、実はNjegusで出演したことがあります。Feriが観たのは、2006年12月の1回だけでしたが‥

Continue reading "Zeta und Njegus(後編)"

| | Comments (0)

June 16, 2017

Zeta und Njegus(前編)

Img_2001_05_1126

先日のSeefestspielen Mörbischのインダント交代は、正にオペレッタみたいな出来事でしたね。

最近は本ブログのメインテーマである「オペレッタの話題」がご無沙汰ですが、正直、観ていないので記事が書けないわけです。

そんな訳で、思い出話を少し‥

Feriがフォルクスオーパーで最初に観たのは「Die lustige Witwe」(メリーウィドウ)です。

ただ、初回にはプログラムの購入を失念してしまったため、出演者の記録が唯一残っていません。まぁ、関係者の方にお願いすれば、わかるとは思うのですが、ご迷惑がかかるので、今のところ遠慮しています。

「Die lustige Witwe」と言えば、タイトルロールのHannaと、お相手のDaniloの仕上がりがポイントなのは言うまでもありません。

Img_2001_09_2061

しかし、脇役に当たるBaron ZetaNjegusのお芝居が、作品全体に大きな影響を与えているのは、皆さまもご存じのとおりです。

そこで、今回は、フォルクスオーパーに出演したZetaNjegusにスポットライトを当てて、今まで観た公演を振り返ってみたいと思います。ディープな世界ですねぇ。

Feriが観始めた2001年頃は、Baron Zetaには、往年の名オペレッタ歌手Rudolf Wasserlofさんが、よく起用されていました。粋な演技が光るおじさま。渋かったですねぇ。

奥さまのValencienneには、Martina DorakさんやBernarda Bobroさんが起用されていました。Feri個人としては、Martina Dorakさんとのコンビがお気に入りでした。

Continue reading "Zeta und Njegus(前編)"

| | Comments (0)

April 21, 2017

速報 フォルクスオーパー2017/18シーズンプログラム発表

20170420ss00001

Feriのホームグラウンドでもある「愛しのVolksoper」。やっと来シーズンのプログラムが発表されました。19日にプレス発表があったようで、一般には20日に公開されました。例によって、映像によるプロモーション付きです。

Robert Meyerさんにとって11シーズン目となる2017/18シーズンは、8つのプレミアが行われます。その内、一つはヨーロッパ初演、もう一つはオーストリア初演のプログラムが組まれています。

普通はプレミア中心に紹介するのでしょうが、「オペレッタにはまっている男」ことFeriにとっては、レパートリーも含めてオペレッタに「何が上演されるか」が最大の関心事。

という訳で、オペレッタからご紹介です。

なお、シーズンを通して上演されるオペレッタは鉄板の「こうもり」だけで、後の作品は期間を限定した上演される方式になっています。これは、出演者確保の関係かと思われます。

○オペレッタ
プレミアは2作品ですが、いずれもシーズン中盤、2018年に入ってからの上演です。

20170420ss00011

オペレッタ・プレミア
オペラ舞踏会(Der Opernball、2018年2月17日プレミア)
リヒャルト・ホイベルガー作曲の「オペラ舞踏会」が新演出で上演されることになりました。
オペラ座舞踏会を舞台とした作品で、亭主の浮気度を奥さまがテストするというオペレッタらしい内容です。舞台はパリですが、この作品を見ると、オペラ座の個室には別の使われ方があったことがよくわかります。何故、舞台側にカーテンが付いているかも含めて‥

フォルクスオーパーでは2007/08シーズン以来ですから、10年ぶりということになります。Robert Herzlさんによる前演出は、伝統的な舞台で、なかなか趣があり、Feriの好みの演出でした。今回、演出はAxel Köhlerさんが担当します。

出演者にはCarsten Süssさん、Marco Di Sapiaさん、Kristiane Kaiserさん、Ursula Pfitznerさんなどの名前が挙がっています。

ちなみに前演出でもUrsula Pfitznerさんは、Duménilの妻Marguériteとして出演しています。指揮にはAlfred Eschwéさんが予定されています。

Continue reading "速報 フォルクスオーパー2017/18シーズンプログラム発表"

| | Comments (2)

April 05, 2017

将来のファンづくりに向けて

20170404_x201_00000

音楽ファンの皆さまは、そろそろ2017/18シーズンのプログラム発表が気になっている頃だと思います。

国立歌劇場は、4月5日に公式発表があるようです。ただ、時差の関係で、実際に皆さまにご紹介できるのは、6日になると思いますが‥

さて、今日はフォルクスオーパーが取り組んでいる「将来のファンづくりに向けたプロジェクト」をご紹介しましょう。

ご多分に漏れず、こちらでも娯楽の多様化にともなって、フォルクスオーパーをはじめとする伝統的な劇場へ足を運ぶ若い人が減る傾向にあります。

当然、このままでは劇場への動員が長期低落傾向になるのは目に見えています。そこで、フォルクスオーパーでは、「将来のファンづくり」に向けて色々なプロジェクトを推進しています。

20170404_x201_00001

例えば、子供さん向けの作品上演、子供さん向けの割引サービスの導入(親御さんが気軽に子供さんを連れてくることができます)、子供さんが舞台を観やすいようなクッション導入などは、すでにご紹介したとおりです。

また、最近、増えているのが、子供さんを対象とした各種ワークショップです。

毎年、クリスマスの時期に上演されるオペラ「Hänsel und Gretel」は、大人も楽しめる本格的な作品ですが、子供さんでも十分に楽しめる内容なのは、皆さまもご存じのとおり。実際、この作品で、「始めて劇場でオペラを見る」というお子さんも多いようです。

そして、更にオペラや劇場に興味を持ってもらうため、3月下旬、「Hänsel und Gretel」をテーマとした学校単位のワークショップが開かれました。

今までも学校単位での観劇会は開催されていますが、ワークショップは珍しいようです。

Continue reading "将来のファンづくりに向けて"

| | Comments (0)

February 14, 2017

フォルクスオーパーのビデオプロモーション

Img_2016_09_0457

今日は、バレンタインデーですね(笑)。スーパーマーケットやコンビニエンスストアでは、チョコレートの特設コーナーを設けて商売に精を出していることでしょう。

何しろ2月は、流通業では消費が低迷する時期なので、こういったイベントが消費を喚起することを期待するのは、当然かと思います。

最近では、コンビニエンスストアでも、有名ブランドのチョコレートが店頭に並んでいるとか‥

このブログでも何回かお伝えしていますが、こちらでは「女性が男性に告白する日」ではありません(笑)。もちろん、「チョコレートを送る日」でもなければ、「義理チョコ」も存在しません。

20170212_x201_00003

さて、今日は「フォルクスオーパーの話題」をお伝えしましょう。

最近、フォルクスオーパーでは新しいプロモーションを始めました。コメント欄でSteppkeさまがご紹介されたように、プレミア作品について、映画のようなTrailer(トレーラー)をYouTubeに掲載し始めました。

フォルクスオーパーは、劇場自体で平素からビデオを撮影しているのですが、なかなか一般に公開されることがありませんでした。

20170212_x201_00001

Trailerとは言え、その一部が編集された形で一般に公開されるのは、ファンにとっては嬉しいことです。

また、単に舞台映像だけでなく、指揮者や出演者のインタビューなどが入ったバージョンもあり、これまた非常に興味深い内容になっています。

劇場のホワイエに流れているビデオとは、明らかに内容が異なります。

さらに一部の作品では、舞台装置を舞台で組み上げるまでを早送りで紹介した作品もあります。

これは、Feriなどのように舞台を観ている人間からすると、“なるほど、こうなっているのか”という好奇心をくすぐられる内容です。

Continue reading "フォルクスオーパーのビデオプロモーション"

| | Comments (1)

October 08, 2016

フォルクスオーパーのWebサイトがリニューアル

20161007ss00002

今日は「フォルクスオーパーの話題」をお届けしましょう。と言っても作品のお話ではありません。

10月に入ってオペレッタ/オペラのシーズンが本格化しましたが、先日、フォルクスオーパーのWebサイトがリニューアルされました(ご存じの方も多いと思いますが‥)。

従来は、トップページで言語を選択すると、当日の公演や直近のプレミアなどが掲載されたページにジャンプするパターンでしたが、リニューアル後は、いきなり当日公演の紹介になっています。

また、従来は月間スケジュールが表示されるパターンでしたが、今回は、カレンダーから街頭日の公演にジャンプすることも可能になりました。

左上に折りたたみ式のメニューがあり、ここをクリックすることで、希望のページにジャンプすることができるようになっています。従来よりも、自分が見たいページを探しやすくなった気がします。

そして、一番驚いたのは、アンサンブルのご紹介。演出家、指揮者、歌手、オーケストラ、コーラス、バレエともに全員、写真付きになりました。

ただ、一部は写真が間に合わなかったようで、現在はブランクになっている方もいらっしゃいます。このように写真入りで紹介されると、親しみがわきますね。

指揮者や歌手の皆さんに関しては、一覧から個人のページにジャンプするのは従来と同じですが、写真も大きくなり、より詳細な紹介がなされています。

Continue reading "フォルクスオーパーのWebサイトがリニューアル"

| | Comments (0)

June 18, 2016

懐かしのフォルクスオーパー・ビュフェ

Img_2003_02_5139

今シーズンのフォルクスオーパーでの公演も、まもなく終了となりますが、今日は「フォルクスオーパーの話題」をお伝えしましょう。

先日、ストックしている写真をチェックしていたところ、懐かしいフォルクスオーパーのビュフェで撮影したものが出てきました。

フォルクスオーパーは、国立歌劇場と異なり、ビュフェの数が少ないのは、皆さまもご存じのとおりです。

Img_2001_04_1050

メインのビュフェは、2階(日本式)にありますね。現在は、向かって右側、壁に接する形でカウンターが設置されていますが、実は、以前は写真のように「島式」になっていました。

この島式のメリットは、写真を見ればおわかりのように、多数のお客さまに同時対応しやすいという点です。

フォルクスオーパーの場合、幕間の休憩時間は20分が標準である上に、ビュフェの数が少ないため、どうしてもお客さまが集中します。そこで、短時間でお客さまに対応するため、このような形になったのでしょう。

反面、客席にあたるお客さまがくつろぐスペースが狭くなってしまいます。という訳で、改修工事の際、カウンターの位置が現在の場所に移動しました。

Continue reading "懐かしのフォルクスオーパー・ビュフェ"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧