November 18, 2019

番外編 日墺洪国交樹立150周年記念コンサート&レクチャー

201911160017今日は11月16日に東京で行われた「日墺洪国交樹立150周年記念コンサート&レクチャー」の模様をお伝えしましょう。

今回、Feriの友人が、この行事に参加する機会を得ました。当日の模様を連絡してくれたので、その内容からの抜粋です。

会場は明治神宮・参集殿。実は明治天皇とは少なからずご縁があるため、この会場が選ばれたようです。1869年、オーストリア=ハンガリー二重帝国訪問団から昭憲皇太后にベーゼンドルファーのピアノが贈られました。 20191116011その十数年後、1886年には,ハンガリーのヴァイオリニスト、レメーニ・エドゥアルト氏が日本を訪れ、明治天皇、昭憲皇太后の前でヴァイオリンの演奏をしているのです。その後、音楽はオーストリアおよびハンガリーと日本とを緊密に結びつける要素になったのは、皆さまご存じのとおりです。

この催しのポイントは、「駐日ハンガリー大使館とオーストリア大使館の共催である」という点です。

今回は駐日ハンガリー大使館が、主導的な立場を果たしていたようです。実際、会の進行は駐日ハンガリー大使館職員が務めました。

参加したのは、ハンガリーからピアニスト ボガーニ・ゲルゲイさん、オーストリアからハーピスト ソフィー・シュタイナーさん。両氏による演奏が行われました。

201911160012さらに、学習院高等科教諭 島田昌幸さんがオーストリア・日本・ハンガリーの交流史を講演しました。

ボガーニ・ゲルゲイさんは、ハンガリー・ヴァーツ生まれ。4歳よりピアノをはじめ、ブダペストのリスト・アカデミー他で研鑽を積み、国内外の数々のコンクールで成功を収めています。

ソフィー・シュタイナーさんは、オーストリア・ウィーン生まれ。5歳よりハープをはじめ、数々の国際コンクールで優勝。グザビエ・ドゥ・メストレ他に師事。日本への留学経験もあります。

島田昌幸さんは、現職の学習院高等科教諭(政治経済)。専攻はヨーロッパ国際政治史、オーストリア=ハンガリー外交史、日墺洪関係史という在野の専門家です。

冒頭、パラノビチ・ノルバート駐日ハンガリー大使のご挨拶(日本語)が行われて、イベントがスタートしました。

201911160016 当日、演奏された曲目は、以下のとおりです。
-ソフィー・シュタイナー:L.シュポーア「幻想曲」
-ボガーニ・ゲルゲイ:F.リスト「ハンガリー狂詩曲第15番」

第一部終了後、島田昌幸氏による「日本とオーストリア=ハンガリー帝国、半世紀の歩み(1869-1918):両国の政治・経済的関係」という標題で、講演が行われました。


休憩を挟んで、第二部の曲目は以下のとおり。
-ボガーニ・ゲルゲイ:F.リスト「三つの演奏会用練習曲より第三番ため息、二つの演奏会用練習曲より 第二番小人の踊り」
-ソフィー・シュタイナー:G.フォーレ「即興曲」

201911160015第三部の曲目は以下のとおりです。
-ボガーニ・ゲルゲイ:F.リスト「ハンガリー狂詩曲第2番」
-ソフィー・シュタイナー:黛 敏郎「ROKUDAN」

Feriと同じく音楽だけでなく、多様なことに興味がある友人。演奏も素晴らしかったそうですが、それ以上に興味を引いたのは島田昌幸さんの講演。

日本とオーストリア・ハンガリーが国交を樹立したのは、ハプスブルク家末期のオーストリア=ハンガリー二重帝国の時代でした。日本とオーストリア=ハンガリー二重帝国との国交は50年だった訳ですが、その間の政治的・経済的交流を研究した内容の一部を紹介されました。

いわゆるトリビア的な話も多数、盛り込まれていました。例えば、紀尾井町にあったオーストリア・ハンガリー帝国の大使館(関東大震災で倒壊)の改修工事を実施したのが、実は広島・広島県産業奨励館(現在の原爆ドーム)を設計した設計はチェコ人建築家ヤン・レッツェル氏であったこと。

Continue reading "番外編 日墺洪国交樹立150周年記念コンサート&レクチャー"

| | Comments (0)

November 10, 2019

森野由みさんリサイタル「THE BOOK」

20191110001今日はFeriの友人、森野由みさんの話題をお届けしましょう。最近はオーストリア国内に留まらず、ヨーロッパ各国で活躍している彼女ですが、毎年、秋から年末にかけては日本でのリサイタルを欠かしません。

2019年もご出身地の北九州を始め、神戸、東京でのリサイタルが予定されています。

北九州では「森野由みさんを支援する会10周年記念行事」として、「森野由み ソプラノリサイタル 本編~THE BOOK~さまざまな愛の歌」が11月9日、北九州市「ウェルとばた」(中ホール)で開催されました。

20191110002「森野由みさんを支援する会」のメンバーから、当日の模様をお知らせいただいたので、当ブログでもご紹介しましょう。

最近、彼女は自分自身が中心となって、ジャンルを超えて北九州出身のアーティストに声をかけて、新しい試みを繰り広げています。精力的な活動に頭が下がります。

今回のコンサートは、2年間に亘る「一つの物語」として構成されており、今年は、その本編「The Book」。

20191110003「大いなる愛」をテーマに、去年は「われを創りたまいしもの」ということでプログラムを組み、これまでの軌跡をたどるような形で、彼女の高校の合唱指揮と指導者だった完戸真人先生と音楽の刺激を与えて下さったピアニスト吉冨淳子先生をお招きし、あのころからずっと歩んできた合唱の仲間と舞台を共にしています。まさしく彼女の本領発揮という舞台だったようです。

20191110004今年は、去年からのテーマ「愛」がいよいよ「人物像」に昇華。いろいろな曲やオペラからのシーンから楽曲が披露されましたが、全体を通して、「ひとつの物語にしたい」という彼女の思いがあり、声楽の師匠、福嶋敬晃先生のご子息である福嶋康礼さんに台本を作っていただいたとのこと‥

康礼さんは画家・陶芸家として著名だけでなく、幼少の頃からクラシック音楽に囲まれた環境の中で成長され、豊かな感性と類まれなる才能から活動の領域を音楽にも広げ、90年代には日本を代表する声楽家勝部太氏、大野徹也氏、大久保真氏、ピアニスト楠本隆一氏らのコンサートの企画運営を手掛けてこられた方。

20191110005彼女は、ここ数年間、これからのコンサートのあり方、形について幾度となく話しを重ねて、今回の10周年記念事業に際し、「THE BOOK~さまざまな愛の歌」という脚本に結び付いたのでした。

“紐解く人によって見えてくるものが変わるという不思議な本。その本を手にした女優の実花さんが見る世界とは‥”

去年も舞台を共にした女優 高山実花さんがストーリーテラーを務めました。

出演者の皆さまもピアニストの宮崎由紀子さん、マリンバの島田亜希子さん、ダンスの徳野一也さん・下河邊衣津子さん(ペア)という幅広い皆さまが集まりました。

20191110006コンサートは三部構成で、第一章は「恋が生まれる街」、第二章は「ラテンの情熱」、第三章は「捧げられた愛」、エピローグは「時限を越えて」でした。オペレッタやオペラのアリアをはじめウィンナリートなど、今回は幅広いジャンルから楽曲がセレクトされていました。

第二章ではピアソラの作品が取り上げられましたが、写真をご覧になるとわかるように、いつもの彼女と違った雰囲気で、新境地開拓といったところでしょうか。

単体の楽曲を楽しむリサイタルではなく、新しい一つの物語に各楽曲が華を添えるという展開は、ある意味、新しい試み。

Continue reading "森野由みさんリサイタル「THE BOOK」"

| | Comments (0)

September 05, 2019

2020年、ウィーン国立歌劇場来日公演

201909040001愛好家の方はご存じかと思いますが、日本舞台芸術振興会(NBS)が2021年に「第10回オペラフェスティバル」としてミラノスカラ座(2020年9月)とウィーン国立歌劇場(2020年10月)を招聘するようですね。

ウィーン国立歌劇場は、このブログでは取り上げませんでしたが、2020年からドミニク・マイヤー総裁(2010年就任)に代わってボグダン・ロシチッチ氏(Bogdan Roščić、セルビア生まれのオーストリア育ち)が就任します。新総裁として、初の日本公演になる訳です。

演目は「ばらの騎士」と「コジ・ファン・トゥッテ」。キャストは、当たり前ですが、まだ発表されていませんが、指揮者は「ばらの騎士」が、2020年から音楽監督に就任するフィリップ・ジョルダン氏(Philippe Jordan)。「コジ・ファン・トゥッテ」は日本にファンが多いリッカルド・ムーティ氏。しかし、キャストもわからないでチケットの申し込みは勇気がいりますよね(以下、自粛‥)

「ばらの騎士」は、Feriも好きなオットー・シェンク氏の演出を継続上演するようです。

一方、「コジ・ファン・トゥッテ」については、2018年にナポリのテアトロ・サンカルロとの共同制作作品で、2020年5月、ウィーン国立歌劇場でPremiereが行われる新演出だそうです。

ウィーン国利歌劇場に関しては、総裁が替わることもあって運営方針も転換。2020/21シーズンには、若手歌手を要請するためのスタジオを開設するそうです。

Continue reading "2020年、ウィーン国立歌劇場来日公演"

| | Comments (0)

November 08, 2017

HABE-Quartett Wien 日本公演

Image1

最近は、諸般の事情で「音楽関係の話題」から遠ざかっており、脱線気味の記事が多く、読者の皆さまの期待を裏切っているような気がしています。

さて、このブログでは、「公演のお知らせ」は基本的には行っていないのですが、今日は例外です。

Volksoperのオーケストラで活躍している三輪さんから、ご自身もメンバーになっているカルテットの日本公演に関するお知らせをいただきました。

こちらでは、オーケストラや座付きオーケストラに所属している奏者の皆さんが、通常、所属している楽団とは別のグループをつくり、活動しているケースを結構見かけます。

今回、ご紹介するHABE-Quartett Wienも、そういったグループの一つ。

構成メンバーは、ウィーン交響楽団のコンサートマスターであるアレクサンダー・ブルグガッサーさんが、ヴィオラのヨハネス・フリーダーさん(ウィーン交響楽団 首席ヴィオラ奏者)、チェロのミヒャエル・フォークト(ウィーン交響楽団 首席チェロ奏者)さんと結成したグループです。

その後、Volksoperの第一ヴァイオリニスト三輪 愛さんが加わり、Quartettになりました。

日本の場合、音楽を演奏することだけで生計を立てることができる方は少ないようですが、こちらの場合、アンサンブルになると、生活面の不安はなくなります。

Continue reading "HABE-Quartett Wien 日本公演"

| | Comments (0)

June 04, 2017

姉妹都市提携30周年

P_20170424_163839

今日は「姉妹都市提携の話題」をお届けしましょう。

ウィーン市の区と日本の都市(または区)で、姉妹都市の提携を結んでいるところがあるのは、この話題はブログでも何回か取り上げていますので、皆さまもご存じのとおりです。

今年、フロリツドルフ区(22区)と東京の葛飾区が姉妹都市の提携を結んで、30周年になるそうで、6月10日、葛飾区内にある「かつしかシンフォニーヒルズ」でウィーン少年合唱団の記念公演が開催されることになりました。

なお、「かつしかシンフォニーヒルズ」は、開館25周年を迎えたそうなので、姉妹都市の縁組みと、ほぼ同じ歳月を経過していることになります。

Img_2012_06_2469

フロリツドルフ区と葛飾区の姉妹都市提携のきっかけとなったのは、映画「男はつらいよ」のロケーションだったのいうのは有名な話。

東京都葛飾区とフロリツドルフ区は、1987年に姉妹都市の縁組みを結んでいます。

“日本の下町の気質は古き良きウィーンっ子に通ずるものがある”」と言われることがありますが、旧市内からドナウ川を越えて、フロリツドルフ周辺まで来ると、ウィーン旧市街とは雰囲気がずいぶん違います。

最近では外国人の姿を多くみかけるようになりました。

この手の姉妹都市ですが、縁組みを推進した首町は熱心なのはわかるのですが、後継者は熱が冷めてしまうことがあります。

そのため、有名無実になってしまうケースもあるようです。また、肝心の住民の関心が低い点も問題ではないかと思っています。やはり住民が自主的に推進したものでないと、なかなか定着しないのかもしれません。

Continue reading "姉妹都市提携30周年"

| | Comments (0)

November 07, 2016

番外編 プラハ国立歌劇場、来日公演「ノルマ」

Img_2016_11_0017

叔母の合祀のため、日本へ戻っているFeri。このタイミングで、何とびっくり、グルベローヴァさんが出演するプラハ国立歌劇場の「ノルマ」が11月6日にオーチャードホールで上演されました。

ご存じのように、グルヴェローヴァさんは、2012年11月のウィーン国立歌劇場来日公演の祭、「今回が最後の来日公演になる」とおっしゃっていました。

それだけに、今回の来日公演実現は、正直、驚きました。恐らくオペラ出演での来日は、本当に、これが最後になるかもしれません。

ちなみにFeriは、今までグルベローヴァさんが出演している「ノルマ」は、バーデン祝祭劇場(2004年5月)、ウィーン国立歌劇場(2007年12月、2回)、バイエルン国立歌劇場(2008年7月、2009年1月)で観ています。

また、グルベローヴァさんが出演したオペラを直近で観たのは、2015年10月、ウィーン国立歌劇場で行われた「アンナ・ボレーナ」です。

当日の指揮は、Peter Valentovič(ペーター・ヴァレントヴィッチ)さん。主な出演者は、以下のとおりです。

-ノルマ:Edita Gruberovaさん

-ポリオーネ:Zoran Todorovichさん

-アダルジーザ:Zusana Švedaさん

-オロヴェーゾ:Oleg Korotkovさん

-フラヴィオ:Václav Cikánekさん

-クロティルデ:Sylva Čmugrováさん

なお、演出は日本人の菅尾 友さんが担当されていますが、2015年にプラハで「ノルマ」の演出を手がけています。

Continue reading "番外編 プラハ国立歌劇場、来日公演「ノルマ」"

| | Comments (0)

June 05, 2016

フォルクスオーパー来日公演を終えて‥雑感

2016_05_29_vop_j_01

2週間にわたる第9回のフォルクスオーパー来日公演が、5月29日、無事終了しました。今日は「来日公演‥雑感」をお伝えしましょう。

今回は、残念ながら満員御礼とはならなかったようですが、現在の社会情勢を考えると、高額なチケット故にやむを得ないでしょう。

また、結果として誤報になってしまいましたが、当初計画では、今回、大阪公演が予定されていました。そのため、滞在期間も1ヵ月の予定だったようです。

しかし、実施計画の詳細を詰める段階で、招へい元の判断が難色を示したようで、結果として、「幻の大阪公演」になってしまいました。お客さまの入りに加えて、舞台装置や衣装などを大阪へ運ぶための経費などがネックになったものと予想されます。

Sn00610

その関係もあってか、地方からいらっしゃるお客さまを考慮して、マチネ公演が増やしたようです。

なお、この手の契約は、稼働率(有償のお客さまがどれくらい入ったか)にかかわらず、劇場側に支払われるフィーは一緒なので、来日する劇場関係者は、ある意味、満席かどうかはあまり気にしていないようです。ですから、フォルクスオーパー側としては、大阪公演は乗り気だったようです。

ところで、歌手やスタッフの皆さんが、公共交通機関で移動しているのを見て、驚いた方もいらっしゃるようですが、宿舎となっていた赤坂の某ホテルからは地下鉄などで、東京文化会館へ通っていたようです。

そのため、主催者側からIC乗車券が交付されているという話を耳に挟んだことがあります。

Continue reading "フォルクスオーパー来日公演を終えて‥雑感"

| | Comments (4)

January 09, 2016

番外編 ブダペストオペレッタ劇場専属歌手によるニューイヤーコンサート

Img_2016_01_8869_01

今日は番外編として、1月7日に東京・大手町で行われた「ブダペストオペレッタ劇場専属歌手によるニューイヤーコンサート」の模様をお伝えしましょう。

2000年頃、日本でブダペストオペレッタ劇場旋風が吹き荒れた時期がありました。オペレッタの来日公演に加えて、シルベスターコンサートやニューイヤーコンサートを日本で開催していたのをご存じの方も多いと思います。

Feriも、ブダペストオペレッタ劇場の来日公演を観て、フォルクスオーパーとはひと味違った魅力の虜になった一人です。

実は、2000年にはFeriの地元(日本)にある音楽ホールでコンサート形式ながら、ブダペストオペレッタ劇場による「チャールダーシュの女王」が上演されました。

この時の体験は、正に「滝に打たれたような」インパクト。これで、益々「オペレッタにはまってしまった」のは言うまでもありません。

その後、ブダペストにも何回か足を運び、現地の劇場でオペレッタを観たのも楽しい思い出です。


音楽的には、フォルクスオーパーの方が洗練されており、技術的にも上だと思いますが、「お客さまを楽しませる」という点に関しては、ブダペストオペレッタ劇場はサービス精神が旺盛で、ある意味、日本人の感性に合っているような気がしたものです。

ところが、招へいしていた日本のエージェントが倒産してしまったこともあり、その後、劇場としての来日公演は途絶えてしまったのは、残念でなりません。

もし、その後もブダペストオペレッタ劇場が来日していたら、日本でもオペレッタファンがもっと増えた可能性もあると思います。

さて、前置きが長くなりましたが、昨年、ウィーンのアパートで日経新聞のサイトをのぞいていると「ブダペストオペレッタ劇場専属歌手によるニューイヤーコンサート」という案内を発見しました。便利な世の中になったものです。

この催しですが、日本経済新聞社が定期的に行っている「日経ミューズサロン」というコンサートシリーズの一環です。

Feriが日本に戻っている時期に開催される上に、お値段も安いので、ネットでチケットを手配しました。ウィーンから東京のコンサートチケットを手配するとは思ってもみませんでした。

Continue reading "番外編 ブダペストオペレッタ劇場専属歌手によるニューイヤーコンサート"

| | Comments (0)

November 29, 2015

番外編 森野由みソプラノコンサート ウィーンからの贈り物

2015_11_tobata_008

今日は番外編として、Feriの友人である森野由みさんが、地元、北九州で11月27日に開催したリサイタルの様子を、「森野由みさんを支援する会」の北九州メンバーから送っていただいたのポートでご紹介しましょう。

戸畑市民会館中ホールはJR戸畑駅に隣接した「ウェルとばた」内にある立派なホールで、定員は300名強です。名前は固いですが、使い勝手の良いホールなので、今までも森野由みさんも何回か利用しています。

さて、今回はゲストとして、ピアニストの宮崎由紀子さん、打楽器奏者の村岡慈子さんにご参加いただきました。

今まではウィーンをテーマにしたプログラムでしたが、今回は趣向を変えて「情熱~ヒロイン達の想い~」と題して、オーストリアにこだわらず、情熱的な女性に関連する歌を取り上げました。

Continue reading "番外編 森野由みソプラノコンサート ウィーンからの贈り物"

| | Comments (0)

November 03, 2015

番外編 森野由み ウィーンからのごあいさつ~いろいろ散歩道~

2015_11_01_005

ウィーンでFeriの友人である森野由みさんが、10月中旬、リサイタルのため日本へ旅立ちました。

11月1日、東京・谷中で最初のリサイタルが行われましたが、「森野由みさんを支援する会」のスタッフが写真を送ってくれましたので、今日は番外編として、その模様をご紹介しましょう。

会場となった「やなか音楽ホール」ですが、Feriが住んでいるウィーンの5区と雰囲気が似ている下町にある定員100名ほどのホールです。しかし、音楽専用ホールなので、音響効果は良いのが特徴です。

今回のピアニストは、高木由雅さんでした。

森野さんは自然が豊かなウィーン郊外にお住まいですが、今回は、ウィーン子が好きな散歩をテーマに、曲をお選びになったようです。

また、ご自宅近くに、かつてシューベルトが遊びに来ていたそうです。というのは、シューベルトと親しかったフレスコ画家のクペルヴィーザーが住んでいたためだとか。実際、近くにはシューベルトの記念碑もあるそうです。

Continue reading "番外編 森野由み ウィーンからのごあいさつ~いろいろ散歩道~"

| | Comments (1)