November 21, 2017

Wiener Linienが2018年1月1日から値上げ

Img_2013_01_3605b

今日は「値上げの話題」です。このところ、ウィーンでも物価が上昇気味で、もののの値段が上がる傾向にあります。

そんな中、Wiener Linienが2018年1月1日(元旦)から、市内交通のチケットを値上げすると発表しました。

主なチケットの新価格は、以下のとおりです。

-1回券:22.4Euro(現在は2.2Euro)

-24時間チケット:8.0Euro(現在7.6Euro)

-72時間チケット:17.1Euro(現在16.5Euro)

-1ヵ月パス:51.0Euro(現在は48.2Euro)

-ウィークリーパス:17.1Euro(現在は16.2Euro)

Img_2017_09_5184

ちなみに年間パス(Jahreskarte)は、従来と同じく365Euroで据え置きです。また、学生を対象としたチケットも値上げ対象から外れています。どうも、短期間の利用ほど、値上げ幅が大きいような感じですね。

観光客の皆さま、ご愛用の72時間チケットが値上げになるのは、痛いところです。

地下鉄U2やU5の建設、地下鉄U4やU6の改修工事、新型路面電車や新型バスの投入などで原資が必要なのはわかりますが、市内の移動に公共交通期間を使っているFeriとしては、頭が痛い‥

なお、Wiener Linienでは、プレスリリースの中で、2012年から発売を開始した年間パスは利用者が急増していること、他のヨーロッパ都市で発売されている年間パスよりも格安であること(アムステルダムは920Euro)などを強調して、値上げに対する理解を求めています。

Continue reading "Wiener Linienが2018年1月1日から値上げ"

| | Comments (0)

November 14, 2017

謎のテンキーボード

1993080016b

今日は「レンタカーの車内にあった謎のテンキーボードの話題」をお届けしましょう。

当初は列車やバスで各地を回っていたFeriですが、ある年、友人とレンタカーを借りてからは、その利便性に負けて、その後は、夏はレンタカーで移動するようになりました。

今はインターネット経由で簡単にレンタカーを予約できるようになりましたが、昔は、そんな便利なシステムはなく、日本の予約センターに連絡を入れて、予約をとってもらうというのが一般的でした。

今でも、この点だけは同じですが、海外の場合、実際に現地の営業所に到着するまで、どんな車が割り当てられるか、わからないことです。

車種のカテゴリーで予約していますが、実際には、あちらの都合で、一つ上のカテゴリーの自動車が割り当てられることも、よくあります。ただ、一人しか乗らないのに、ミニバンはもったいないですが(燃料代金も含めて‥)。

さらにヨーロッパ大陸の場合、陸続きなので、レンタカーも国を超えてプールしているようで、必ずしも借りた国のナンバーがついた自動車が割り当てられるとは限りません。

今から四半世紀前のことです。日本からミュンヘン行きのJAL直行便が設定されていたことがあります。機種は、当時は一般的だったB747。

1993080016a

当時、ザルツカンマーグートなどを回ることが多かったので、同便を利用し、新しく開業したミュンヘン・フランツヨーゼフシュトラウス空港から旅を始めたことがあります。

フランツヨーゼフシュトラウス空港からレンタカーを借りたのですが、営業所での手続きを行ってキーを手渡された後、係員から“この車にはコンピューターがついている。イグニッションキーを回しただけでは、エンジンがかからない。キーを差し込んでから、車内に取り付けられているキーボードから4桁のPINコードを入力するように”という案内がありました。

そして、“PINコードは絶対に忘れないように”という忠告が‥

さっそくレンタカー専用駐車場へ行くと、割り当てられたのはイタリア・ローマナンバーのフィアットUNO。

以前、イタリアでは自動車の盗難が多いという話を聴いたことがありますし、実際、オーストリアやドイツでレンタカーを借りる際も、“イタリアへ行く予定はありますか?”と質問されることがありました。

恐らく盗難防止のための装置が取り付けられているのでしょう。運転席につくと、通常、カーオーディオがついている場所に「謎のテンキーボード」が後付けされていました。

Continue reading "謎のテンキーボード"

| | Comments (0)

November 11, 2017

謎のピクトグラムシリーズ 手すりにお掴まりください

Img_2017_09_0128

今日はMartinstag(聖マルティヌスの日)。「冬の始まり」の日でもあり、オーストリアではガチョウ料理を食べる習慣があります。

そして、ワインファンには待望の「ホイリゲ解禁の日」でもあります。さて、今年のワインは、どのような味に仕上がっているでしょうね。

さて、ブログの記事は「謎のピクトグラムシリーズ 公共交通機関編」をお届けしましょう。

日本では、公共交通機関では、除却の事故防止を目的に、ピクトグラムを含む各種の注意書きが掲出されていますね。

一方、こちらでも最近は注意を促すピクトグラムが増えているような気がします。

今日、ご紹介するのはDr. Richardが運行する路線バスの中で見かけたものです。左側は、定番の禁煙ですが、右側は「手すりにお掴まりください」ですね。

確かに路面電車に比べると路線バスは揺れが大きいので、席に座っていない場合、手すりに掴まった方が安全性が高いのは言うまでもありません。

Feriも路線バスをよく利用しますが、立っているお客さまの大多数は、手すりに掴まっています。

にも関わらず、このようなピクトグラムを掲出するようになった理由を、Feriは思い浮かべることができませんでした。

Continue reading "謎のピクトグラムシリーズ 手すりにお掴まりください"

| | Comments (0)

November 10, 2017

自動運転、雑感

Img_2017_09_0599

今日は「自動車の自動運転」に関する話題をお届けしましょう。

最近、世界各地で自動車の自動運転実用化に向けた動きが出ています。ウィーンでも無人自動運転ミニバスの試験が始まるという話題をご紹介しました(詳しくは2017年5月13日の記事をご覧ください)。

また、日本の報道などを見ていると、自家用車の自動運転が、今すぐにでも実用化できそうな記事を見かけます。

しかし、安全面で本当に大丈夫なのでしょうかね。人をはじめとする障害物が進路上に入り込む可能性が低い鉄道でも、完全自動運転を実施している例は希です。

Img_2015_12_8754

今回、写真を掲載したフランクフルト・アム・マイン空港でターミナル間を結んでいる「スカイライン」という新交通システムは、完全無人運転です。駅にもホームドアがあり、車両側のドアと同時に開閉します。

言ってみれば平行移動するエレベーターのようなものです。しかも軌道は高架なので、障害物が入り込む余地はありません。

現在、ウィーンで建設が進められているU5も自動運転が予定されていますが、地下鉄なので、こちらも通常は障害物が進路に入ることは考えられません。

それに対して、専用のレーンを走る訳ではない自動運転の自動車は、進路に何が飛び出してくるかわかりません。
各種のセンサーで前方を監視しているようですが、ドライバーが運転していて、危険予知をしていても、残念ながら事故が起こる訳です。

Continue reading "自動運転、雑感"

| | Comments (0)

October 25, 2017

Wiener Linienの話題 大型連節バスが走り始めました

20171025ss00001

昨日に続いて「乗り物の話題」です。

以前、このブログでもお伝えしましたが、Wiener Linienでは、市内のバス路線混雑緩和に向けて、従来の連節バスよりも大型の車両(Type CapaCity NG265 XL)を発注していました。

斧ほど、XLバスの第Ⅰロット5両が完成し、運用を開始しました。今回、投入された路線は11B(Stadion-Bahnhof Heiligenstad間)です。この路線は、平日の日中は、10分間隔で運転されている路線で、利用者も多い系統です。

XLバスは、従来の連節バスの後部車体をストレッチしたもので、全長は20メートル。後部車体に取り付けられた車輪が2軸になっているのが特徴です。

Img_2016_12_0734

車体をストレッチした結果、客席容量も20%増え、定員は122名(座席定員44名、車いす定員2名)となりました。

基本的な仕様は、従来から使用されている連節バス(Type Citaro NG 265 MB)と同じで、バリアフリー仕様になっている他、エアコン、案内システム、監視カメラなどが装備されています。

右の写真は、従来の連節バスのものですが、こんなXLも、こんな感じだと思います。

この車両に限らず、現在、投入されている新型バスは、排ガス規制EURO6の基準を満たしており、環境に優しいバスなのは、言うまでもありません。

メーカーはMercedesで、車両番号は8501からが割り当てられています。

Continue reading "Wiener Linienの話題 大型連節バスが走り始めました"

| | Comments (0)

October 18, 2017

POLIZEIで活躍するHONDA

Img_2017_09_0310

国民議会選挙の話題が続いたので、今日は軽めの話題で‥

日本でも報道されているので、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、オーストリアの飲料メーカーRedBullが主催する「Red Bull Air Race World Championship 2017」の最終戦がアメリカ、インディアナポリスで開催され、日本人の室屋義秀選手が優勝し、アジア人初のワールドチャンピオンに輝きました。

エアレースは、欧米では人気のあるスポーツで、優秀な選手が多いのですが、同レースのマスタークラスに参戦しているアジア出身の選手は、現時点では室屋選手一人。快挙と言っても良いでしょう。

今日は「モーターバイクの話題」をお届けしましょう。

Img_2017_09_0311

オーストリアには、同国ブランドの一般的な自動車メーカーが存在しないため、外国の自動車が数多く走っているのは、皆さまもご存じのとおりです。

当然、日本車も沢山走っています。最近、4輪に関してはお値段の関係から、韓国のメーカーがかなり進出していますが、2輪に関しては、日本勢は健在です。

そんな中、民間のみならず、公用車にも日本車は導入されています。

今日、ご紹介するのはウィーン警察のパトロールバイク。日本で言う「白バイ」ですね。こちらは、通常のパトロールカーと同じ配色なので、「白バイ」ではありませんが‥

オーストリアにはKTMというスポーツバイクメーカーが存在しますが、警察車両には導入されていないようです。

Continue reading "POLIZEIで活躍するHONDA"

| | Comments (0)

October 11, 2017

市民権を得ている特殊自転車

Img_2017_09_0214

今日は「特殊自転車の話題」をお届けしましょう。

このブログでも、時々ご紹介していますが、ウィーン市内では荷物などを載せることができる特殊自転車が走っているところを、よく見かけます。

基本的に3輪タイプが多いのですが、宅配便の配達、スーパーマーケットの配達、工事用機材の運搬など、様々な分野で使用されています。

U1の延長開業イベントの祭、Oberlaa会場で、Mobilitätsagentur Wien GmbHという組織がブースを出して、特殊自転車の展示と試乗を行っていました。

20171010_x201_00003

この時、展示されていた特殊自転車ですが、2輪ながらハンドル前にバケットがある他、後ろにもイスがついています。子供さんを二人乗せる特殊自転車でしょうかね。

2輪で駐輪時の安定が悪いため、バスケットの両側にスタンドが取り付けられていました。

2枚目の写真も2輪タイプですが、ハンドル前のバスケットが大きく、荷物を運搬するタイプだと思います。ただ、気になったのはバスケットの後部に取り付けられたシートベルト。

シートベルトがあるということは、人も載せることができるのでしょうか? 

Img_2017_09_0216

この自転車はオランダのURBAN ARROWという会社が製造・発売しているもので、何と中央のバスケットを交換することで、多様なニーズに対応できるシステム自転車でした。

Family、Shorty、Cargoの3タイプがあり、今回、展示されていたのはFamilyタイプでした。

実は、オプションでバスケットにキャノピーが取り付けられるようになっており、雨天でもバスケットの人を守ることができます。

URBAN ARROWが公開しているプロモーションビデオを見ると、バスケットにベビー用バスケットと長女、愛犬を乗せて、お母様がさっそうと市内を走っているシーンがありました。

なお、記事の最後で、プロモーションビデオをご紹介します。

Continue reading "市民権を得ている特殊自転車"

| | Comments (0)

October 07, 2017

連節バスは狭い道路が苦手?

Img_2016_02_1795

日本では、10月9日が「体育の日」でお休みなので、今日から3連休という方もいらっしゃると思います。「日本の秋」は、食べ物も美味しくて、良いですよね。

さて、今日は「連節バスの話題」です。

ウィーンでは、Feriもよく利用する13Aを始め、輸送量の多い路線には連節バスが投入されています。

Wiener Linienでは、このブログでもご紹介したように、現在、運行されている最新の連節バスMercedes Citaro G2を2メートル、ストレッチしたタイプの投入も計画されています。フランスなどでは、三連接バスも運航されているようですね。

日本でも、千葉県の幕張付近では輸送量の多いため、連節バスが運行されていますが、日本では許可を取得するのが非常に大変だという噂話を耳にしたことがあります。

Img_2015_06_0843

何でも仰々しい会議を経なければ運行できないとか‥とくに運行経路について、当局からいろいろと運行事業者に注文が付くようです。

また、警察関係が難色を示すという話も‥最もFeriは関係者ではありませんので、真偽のほどはわかりませんが‥
結局、「連節バスは小回りがきかないため、道路交通の支障になる」という認識が日本では一般的なようです。

しかし、13Aなどに乗車すると、「連節バスは小回りがきかない」という認識が誤りであることに気づきます。

Continue reading "連節バスは狭い道路が苦手?"

| | Comments (0)

September 27, 2017

“オレンジ色の憎いヤツ” CityBikeにライバル出現ですが‥

20170926ss00001

先日、ウィーンでは自転車を、「都市内でのパーソナル交通手段の一つ」と位置づけているという話をしましたが、今日は、それに関連した話題です。

このブログでも、何回かご紹介していますが、ウィーンでは、市当局が中心となって無料の自転車シェアシステム“CityBike”が運営されています。

試行錯誤の末、クレジットカードによるデポジット制が採用されてからは、安定した運用ができるようになりました。

最近では、ステーションも街中に増えて、住民のみならず、観光客の皆さまも気軽に利用できるようになりました。

“CityBike”は、一見すると、完全に利用者任せのように見えますが、実は、各ステーションにスタンバイする自転車が偏るのを防ぐため、定期的に自動車で「シェアバイクの回送」を行っています。

Img_2017_02_0413

また、「Westbahnhofの駐輪場」の記事でもお伝えしましたが、ウィーン市がホームページ上で提供している地図にもCityBikeのステーションが表示されるようになっています。

さて、今年の夏頃から、奇妙な自転車がウィーン市内で見かけるようになりました。明らかにCityBikeとはデザインが異なるシェアバイクらしき自転車‥ 

実は中国系のofoという会社(本社はシンガポール)が始めたシェアバイクシステムoBikeであることがわかりました。

このプロジェクトは2014年に北京の大学で始まり、現在、12カ国170都市以上で800万台以上のシェアバイクを運用しているそうです。

“デポジット制とは言え、無料で利用できるCityBikeに対抗できるのか?”という疑問を持つ皆さまもいらっしゃると思いますが、実はCityBikeには、唯一の欠点があります。

それは、「ステーションで借りて、ステーションに返却する必要がある」という点です。

20170926ss00004

最近では、ステーションが増えたとは言え、自宅やオフィスの直近にステーションがあるとは限らないので、その場合、CityBikeを借りるためにステーションへ出向き、かつ返却後は徒歩で目的地へ‥という行動パターンになります。

そこで、ofoが考案したのは、「ステーションフリーのシェアバイクシステム」。スマートフォンの専用アプリを使い、自転車のレンタルを行うもので、使用後は乗り捨て自由(とは言っても、一応、公共の無料駐輪場に止めるように推奨されていますが‥)。

自動車シェアリングシステム「car2go」の自転車版と考えて良いでしょう。こちらはドイツ生まれですが‥ちなみにウィーンでは、「car2go」用のスマートスタイルは700台ほど運用されています。

ウィーンの「car2go」は、路上の駐車スペースに自由に止めることができますが、ちゃんと駐車料金を運営会社が支払っていますので、問題はありません。

さて、話をofoに戻すと、利用は簡単で、アプリケーションのダウンロード後、ユーザー登録を済ませると、アプリケーションを使用して空いている自転車の検索ができます。

該当する自転車に到着すると車輪のQRコードをスキャンすれば、ロックが解除されて、すぐに利用可能。当たり前ですが、自動車よりも簡単です。

Continue reading "“オレンジ色の憎いヤツ” CityBikeにライバル出現ですが‥"

| | Comments (0)

August 15, 2017

アウトバーンの自動化ゲート

Img_2014_08_5668

日本では、お盆休みを終えた皆さまのUターンラッシュが始まっていると思います。当然、高速道路は大渋滞‥ ドライバーの皆さまは、本当にお疲れさまです。

さて、今日は「アウトバーンの自動化ゲート(Videomaut)の話題」をお伝えしましょう。

ご存じのように、こちらのアウトバーンは有料ですが、事前に定額制の料金を支払う方式(車両に料金支払を証明するステッカーを貼ります)のため、インターチェンジに料金所はありません。

そのため、レンタカーなどを使っていると「完全無料」のような錯覚に陥りますが、実は事前に料金を支払っているだけで、利用料金は支払っている訳です。

ちなみにお値段ですが、2017年の場合、「Österreich PKW Vignette 1 Jahr」(1年間有効)が、86.4Euroです(10日間は8.9Euro)。

さて、それとは別に、料金が必要な区間があります。主に峠をアンダーパスする長大トンネル区間です。これは、長大トンネルの維持管理に費用がかかるための措置のようです。

という訳で、長大トンネル区間の前後には料金所が開設されており、ピーク時には「渋滞の元」にもなっています。

20170814ss00003

料金所も最近では近代化が進み、Feriが最初に利用した頃は係員がブースに待機しており、対面で通行料金を支払う方式でした。

その後、自動販売機方式に変わり、無人化され、レーンも増えました。この自動販売機は、現金はもちろん、クレジットカードも利用できるタイプです。

しかし、「一旦停止して、料金を支払うと、ゲートが上がる」というシステムには変わりありません。そのため、逆に自動販売機方式になってからの方が、通過に時間がかかるようになった気がします。

そこで、登場したのが「Videomaut」という自動化ゲートです。1991年から試験的に導入が始まりました。当初は年間パス所有者を対象としていましたが、現在では1回券での利用も可能です。

20170814ss00001

日本電子料金収受システムETC(Electronic Toll Collection System)と似たようなシステムですが、ETCが専用機器とカードを搭載しないと使用できないのに対し、Videomautは「Video」という名前が象徴するように、画像認証システムが採用されているのです。

具体的には、利用前に高速道路運営会社ASFINAGのwebサイトで、料金を支払い、使用する自動車を登録します(国籍とナンバー)。なお、カードはガスステーションやサービスエリアなどでも購入が可能です(登録は必要ですが)。

登録が完了すると、利用する自動車事態には何も付属装置を付けることなく自動化ゲートを利用できます。

なぜなら、自動化ゲートでは、対象車のナンバープレートを読み取って認証しているためです。そのため、レンタカーや海外からの利用者も簡単に自動化ゲートを使うことが可能です。

ただし、ナンバープレートが汚れているとビデオ認証ができないため、きれいにしておくことが求められます。写真をご覧になるとわかるように、Videomaut専用ゲート通過時の速度は、30km/hに制限されています。

Continue reading "アウトバーンの自動化ゲート"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧