September 20, 2020

チケット自動購入プロジェクトのテストが始まります

20200920毎年、初夏にシェーンブルン宮殿の庭園で行われる「ウィーンフィルのサマーコンサート」(Wiener Sommernachtskonzert 2020)ですが、このブログでもお伝えしたように新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、4ヵ月延期されました。

9月18日、招待者のみという事実上の無観客状態で開催。指揮はValery Gergievさん。ORFではライブストリーミング配信が行われ、多くの人が自宅で楽しみました。

ドイツがウィーンを危険地帯に指定したため、Jonas Kaufmannの参加が危ぶまれましたが、予定どおり参加し、聴衆を魅了しました。

2020091502今日は「公共交通機関の新しいチケット購入システムの話題」をお届けしましょう。

日本ではICカードを使った交通系電子マネーが広く普及し、利用時にICカードから利用区間の運賃が引き落とされますが、オーストリアの公共交通機関は、現在、改札システムが存在しません。

ご存じのように信用乗車方式が基本です。利用前にチケットを準備することが例外なく要求されます。また、チケットを車内で購入した場合、自動券売機を利用しても割高になります。

更に無賃乗車が判明した場合、理由の如何を問わず高額な反則金を支払わなければなりません。

2020091503そのため、その都度、チケットを買う手間を省く1日券、ウィークリーパス、マンスリーパス、年間パスなどが広く普及するようになりました。

そんな中、Verkehrsverbund Ost-Region(VOR)、Wiener Linien、Wiener Lokalbahnenが共同で、「全く新しいチケット購入システムの運用テスト実施」というニュースが入ってきました。

このシステムはスマートフォンにインストールしたFAIRTIQというアプリケーションを使うもので、ポイントはGPSによる位置情報を元に、自動的に利用者にとって最適なチケットを決定するものです。

個別のチケットと1日券のどちらが利用者にとってオトクかをアプリが自動判定します。

2020091504マンスリーパスなどを持っている利用者は関係ありませんが、従来、たまに公共交通機関を利用するお客さまは、自分でチケットを選ぶ必要がありました。その手間を省こうというものです。

使い方は、アプリを立ち上げ、乗車前に画面をスワイプし「乗車」(チェックイン)を指定。バスなど、乗務員にチケットを提示する必要がある場合は、画面を見せます。

そして、目的地に到着し、下車した段階で画面をスワイプし「下車」(チェックアウト)を指定。

チェックイン、チェックアウト情報とGPSによる経路情報を元に最適な運賃が選定され、当日の終わりに紐付けされたクレジットカードから料金が引き落とされます。

Continue reading "チケット自動購入プロジェクトのテストが始まります"

| | Comments (0)

September 14, 2020

Wiener Linien、最近の話題から

2020091201今日は9月上旬の「Wiener Linienに関連する話題」をまとめてお伝えしましょう。

○42系統にJohann-Nepomuk-Vogl-Platz停留所がオープン
9月4日、Schottentor-Antonigasse間を結ぶ路面電車42系統にJohann-Nepomuk-Vogl-Platz停留所(18区)が開業しました。

これはJohann-Nepomuk-Vogl-Platzのリニューアル工事が完成したため、それに合わせて停留所を新設したものです。

2020091203この停留所はJohann-Nepomuk-Vogl-Platz内にはJohann-Nepomuk-Vogl-Marktがあるため、市場を利用する人にとって便利な停留所。Wiener Linienの発表では、毎日、約3000名の利用者を見込んでいるそうです。

2020091202なお、ギュルテル方面の停留所間の距離を調整するため、Hildebrandgasse停留所が移動し、合わせてEduardgasse停留所に名称が変更されました。

今回の新設で42系統の停留所は10箇所となりました。

○新コンセプトの停留所が完成
次は、このブログでも8月1日付けの記事で計画をお伝えした「Wiener Linienが新しい停留所のコンセプトモデル」(Großstadtdschungel)ですが、9月11日に完成し、お披露目がありました。

2020091207今回、完成したのはDr. Karl-Renner-Ring 沿いにあるParlament(国会議事堂)の向かいにある停留所です。この停留所には路面電車1系統、2系統、71系統、D系統が停車します。

8月1日の記事でもお伝えしたように、従来の緑化停留所は側面だけでしたが、今回は停留所の屋根も緑化されている点が特徴。屋根には16種類の植物が植えられています。

2020091208また、計画段階では紹介されていませんでしたが、停留所全体の大型化も図られました。

これはバリアフリー化を進めるためで、オーストリア障害者協会の協力を得て、デザインが検討されました。大型化したこととで、車いすやベビーカーを利用するお客さまも雨から避けることができるようになりました。

従来以上に自然の植物を植えているため、停留所に設けられた貯水槽に雨水を溜めて、この水を供給するシステムになっています。

都市緑化の新しいモデルとして、今後、注目を集めることになりそうです。それにしても「Großstadtdschungel」とは、すごいニックネームですね。

2020091211○地下鉄駅の表示器にスロープ付き車両を表示
現在、Wiener Linienでは地下鉄駅は全駅バリアフリー仕様(エレベーターまたはスロープの設置)になっています。

また、車両についてはType Vは先頭車の運転台後部の扉に傾斜スロープが取り付けられています。このスロープは停車時、プラットホームとの隙間を埋めるため、車いすを利用している人も自力で乗車、下車が可能です。

ところが、現時点ではType VとType Uは共通運用されているため、駅ではどちらが来るかがわかりません。

そこで、Wiener LinienではU1とU4のプラットホームにある案内表示器にスロープ付き車両がくるかどうかを表示するようになりました。

路面電車の停留所にある電光式の案内表示器に車いすマークが表示されますが、この地下鉄版という訳です。

なお、今後、投入されるType Xは全ての扉にスロープが設置されます。

Continue reading "Wiener Linien、最近の話題から"

| | Comments (0)

September 05, 2020

Wiener Linienが新しいユニフォームを発表

2020090301今日は「Wiener Linienの新しいユニフォームの話題」をお届けしましょう。

2020年9月2日、Wiener Linienは2021年春から導入する新しいユニフォームを発表しました。

従来のユニフォームはグレーをベースにしていましたが、今回はベースカラーが落ち着いた紺になり、アクセントとして赤いライン(白い縁取り付き)が入っています。

2020090304公開された写真を見るとノーネクタイでカジュアルな印象を受けます。

また、職種はわかりませんが、女性が着用しているスカーフが印象的です。ただ、種類によっては何となくスポーツ選手のトレーニングウェアのようなイメージもありますが‥

2020090306Wiener Linienでは航空会社のように職種によってユニフォームが異なっており、今回、30種類以上のバージョンが登場します。

今回は従来のユニフォームに加えて、初めて、ジーンズとピケシャツ、キルティングジャケット、ブルゾン、ドレス、ベルト、バックパックなども提供さることになりました。

2020090307そのため、写真のように組み合わせによって、様々なバリエーションが存在します。このあたり、航空会社のユニフォームに近い考え方ですね。

素材は品質に重点を置いて選ばれていますが、ユニフォームの75%は天然繊維で構成されています。

20200305特にリバーシブル仕様のキルティングジャケットには、最新の中空糸テクノロジーを使った繊維が採用されており、防寒仕様に優れています。

冬季は酷寒のウィーンなので、屋外で作業をするスタッフにとっては、ありがたい装備と言えるでしょう。

なお、デザインはウィーンのファッションブランド「Peng!」が担当しました。また、ユニフォームの生産は主にヨーロッパ内で行われると発表されています。

Continue reading "Wiener Linienが新しいユニフォームを発表"

| | Comments (0)

August 26, 2020

8月26日からCityBike全ステーションの運用が再開

2020082502 今日は「CityBike運用再開の話題」です。

7月、オペレーターのGewistaとの交渉が決裂し、一部のステーションが閉鎖されていたCityBikeですが、先日、お伝えしたようにMichael Ludwig市長の英断でWiener Linienが引き継ぐことが決まりました。

その後、運用再開に向けて準備が進められていましたが、8月24日、ウィーン市から本日、8月26日から121の全ステーションが運用を再開する旨が発表されました。

24日と25日には、運用停止中だったステーションに自転車がデリバリーされ、26日からの全面的に運用が再開されます。

今回の記者会見でFeriが注目したのは、CityBikeの運用再開に向けてWiener Linienが、新しい運営会社を入札で決定するのではなく、暫定的に前オペレーターであるGewistaに運用を委託した点です。日本流に言えば随意契約です。

2020082504ウィーン市のプレスリリースでは理由についての説明はありませんが、案の定、記者会見では記者から、この点を突っ込まれました。

それに対して、ウィーン市側では、“短時間でステーションをすべて再開するためには、機材や人員などを含めて、オペレーションになれている組織に頼らざるを得なかった。入札をしていたらステーションの再開は数ヶ月後になるだろう。”と述べています。

これは、明らかに選挙前にCityBikeの運営を正常化したいという政権与党の思惑があったものと思われます。

ところでウィーン市とGewistaの交渉が決裂したのは、委託費用増額の件(同社は年間110万Euroを要求)。なぜ、今回、再委託が実現できたのか?

2020082503Wiener LinienとGewistaとの間で暫定的な委託費用などについて、水面下で交渉が行われていたようで、不足分についてはスポンサーを見つけることで、対処するという曖昧な答えにとどまっています。

なお、Gewistaはウィーン市の政権与党SPÖ(オーストリア社会民主党)系の会社だそうです。また、同社との交渉に失敗した副市長は「緑の党」の所属。何やら「大人の事情」が見え隠れしますね。

なお、7月31日の記事でもお伝えしたように、今後、2022年からCityBikeのシステム全体をWiener Linienが引き継ぎ、ドナウ川対岸のエリアにも運用エリアを拡大する予定です。 

Continue reading "8月26日からCityBike全ステーションの運用が再開"

| | Comments (0)

August 22, 2020

自転車の集中取り締まり実施

2020081810苦戦が続く世界各国の航空会社ですが、オーストリア航空では、9月中旬までにErbil,、Amman、Köln、Tel Avivへのフライトを再開すると発表しました。

現在、オーストリア航空はウィーンから77都市に就航しています。コロナ危機以前は、約130都市に就航しており、航空需要が戻っていないことを如術に反映しています。また、機材についても半数は、地上で待機中です。

こんな中、同社は7月、短時間勤務の管理職にボーナスを支給しましたが、国家補助を受けている時期なので、各政党から批判的な意見が出ています。

今日は、先日、ウィーン市内で行われた「自転車の集中取り締まりの話題」をお届けしましょう。

このブログでも度々お伝えしているようにウィーンでは自転車を公共交通期間と位置づけており、自転車専用信号や専用レーンの設置、駐輪場の整備など、様々な優遇措置を講じています。さらに子供の頃から、自転車運転の教育にも力を入れています。

2020081811そのため、日本に比べると自転車の交通違反は少ないような気がするのですが、最近ではE-Scooterの増加などにより、事故も増えているようです。

そこで、ウィーン警察では定期的(月に4回ほど)にサイクリストとE-Scooterのライダーを対象とした一斉取り締まりを行っています。

先週、行われた一斉取り締まりでは200件以上の警告が出され、162件が摘発されています。

気になる違反内容ですが、信号無視、運転中の携帯電話使用、歩道の走行などが多かったようで、摘発されたサイクリストは116件でした。この他、自転車の整備不良を指摘されたサイクリストが17名いました。

さらに悪質な違反者に対しては、高額の罰金が科せられたという報道もあります。結構、徹底的に行っているようですね。

20200103002ところで、日本でも最近は自転車事故が増えていることから、警察の取り組みも強化されているという話を耳にしました。

日本でも、3年以内に2回以上摘発(信号無視、一時不停止、酒酔い運転など)された悪質自転車運転者に対して、自転車運転者講習が義務づけられるようになったそうですね。

また、先日、自動車運転免許を更新した友人の話によると、免許更新の講習で、自転車についても「あおり運転」が危険行為に加わったそうです。

Continue reading "自転車の集中取り締まり実施"

| | Comments (0)

August 10, 2020

写真特集 Feierliche Eröffnung - 6. August 2020「Königreich der Eisenbahnen」

2020081012日本では、今日、8月10日は「山の日」でお休みですね。本来は11日ですが、2020年は東京五輪・パラリンピック特措法により、オリンピック閉会式翌日の8月10日に変更されたものでしたね。

さて、8月6日にプラーターにオープンした「Königreich der Eisenbahnen」ですが、オープニングセレモニーの様子を含む当日の写真を同社が公開しました。

また、プラーターのホームページにも、新しいアトラクションとして大々的に紹介されています。

2020081003今日は同社の新しい写真を紹介しながら、施設の印象を語ってみたいと思います。

建物の外観ですが、3枚目の写真をご覧になるとわかるように現時点では巨大な倉庫のようなイメージ。「何とか間に合わせました」という感じですが、今後、付帯設備の増設に合わせて、変化することでしょう。

まぁ、建物の外側より、中身勝負ですから、この選択は「吉」。

同社のホームページによると、現在の専務が5歳時、鉄道模型に接したことが、このプランの源泉になったとのこと。子供の頃からの夢を実現した方に脱帽です。

2020081002ある意味、お好きな方が計画に深く関与していることが、施設の完成度を高めることにつながっていると思います。

まず、Feriが施設の全体写真を見て強く感じたことはウィーン・セクションに関しては、明らかに「街の情景を楽しむこと」をコンセプトにデザインされているです。

今までクローズアップ写真が中心でしたが、ウィーン・セクション全体の写真を見ると、正直、数々の建物の迫力に圧倒されます。そして、「ウィーンの街」の雰囲気が見事に再現されています。

2020081006先日もお伝えしたように、いくら巨大とは言え、ジオラマの建設スペースには限りがあります。

架空の都市を造るのであれば、問題は少ないのですが、「実在の都市」を再現するとなると、来館者の見方も大きく変わってきます。

違和感なく見せるのは、プランナーの腕の見せ所ですが、良い意味での割り切りができているように思います。

2020081008日本人の場合、雰囲気よりも、「実物に忠実かどうか」という点にこだわる傾向があるような気がしますが、この施設を見ると、雰囲気を大切にするためには、あえて実物をデフォルメするという手段を大胆に採用しています。

全体写真を見ると国立歌劇場も見事に再現されており、旧市街の作り込みは、さすがです。反面、意外だったのはKärntner Straßが省略されていると思われる点です。

2020081013実際に施設を見学した訳ではないので、明言は避けますが、国利歌劇場の右側に建物がつながっており、他の角度の写真を見ても、Kärntner Straßに相当するスペースはないようです。

また、シュトラウス像で有名なStadParkは外せないランドマークですが、同公園にあるクアハウス・ウィーンは再現されているものの、公園そのものはかなり狭くなっています。

2020081018この他、楽友協会、カールス教会、ベルヴェデーレ宮殿(上宮)は当然、再現されています。ベルヴェデーレ宮殿前のPrinz-Eugen- Straßeにはしっかり路面電車が走っています。

このような矛盾点は、恐らく沢山あると思いますが、雰囲気を再現することを優先したのでしょう。

この考え方は施設のメインである鉄道にも反映されています。

2020081020ÖBBの長距離列車に使用される客車は25メートルなので、1/87スケール(HO)では28cm程度になります。

現在、ヨーロッパの鉄道模型も精密化が進み、フルスケールの模型が中心になりつつあります。ところが、一世代前までは、実用性を重視し、客車などは長さだけ1/100スケールにしたものが中心でした。

これは、家庭でジオラマ(日本の鉄道模型界ではレイアウトと言いますが)を作って楽しむためには、曲線がきつくなるため、長さを短縮せざるを得なかったのです。

Continue reading "写真特集 Feierliche Eröffnung - 6. August 2020「Königreich der Eisenbahnen」"

| | Comments (3)

August 02, 2020

Twin City Liner運航再開 Red Ticketで需要を喚起

20200731twincityliner7月、当ブログで最もアクセスが多かった日は7月17日でした。また、「Café Oper Wienが閉店」や「オーストリア航空の運航関連の記事」が人気が高かったようです。

オーストリアでもバカンスシーズンの到来で、残念ながらリゾートエリアで感染者が拡大しています。

入国規制については、基本的に相互にバランスをとりながら行うため、日本側がEUからの入国を許可しない限り、オーストリアは日本からの入国許可を出さないでしょう。現在は、EUに入る査証を持っていないと入国できません。

さて、今日はウィーンとブラチスラバを結ぶ「Twin City Liner運行再開の話題」です。

既にお伝えしたように新型コロナウイルス感染拡大の影響で欠航中だったTwin City Liner(Wien HoldingとRaiffeisenlandesbankNÖ-Wienの合弁会社Central Danubeが運航)が8月1日から運航を始めました。

新型の高速カタマラン船でウィーン-ブラチスラバ間を75分で結びます。何しろ都心の船着き場を利用するのが最大のメリットです。

20200731twincityliner02当面は、週3便の運航です。しかし、長期間の欠航で、需要が落ち込んでいるのはいずこも同じ。

そこで、同社は思い切ったキャンペーンを打ち出しました。オーストリア版の「Go Toキャンペーン」です。

まず、席数限定で設定されたのが「Twin City Liner Red Ticket」。料金はウィーン-ブラチスラバ間が1人22Euro(通常のエコノミー料金は30Euro)。ただ、1便22名様という席数限定のため、早めの予約が吉。

しかし、「Twin City Liner Red Ticket」がゲットできなかったお客さまのために設定されたのが、「Twin City Liner Treue-Bonus」。こちらは席数限定ではなく、通常料金が全カテゴリーで10%割引になるものです。

そのため、メインデッキのファーストクラス(37Euro)やアッパーデッキのキャプテンズラウンジ(47Euro)も利用可能です。また、2020年シーズンは、大人同伴の場合、子供さん2人(18歳まで)は無料で利用できます。太っ腹ですね。

Continue reading "Twin City Liner運航再開 Red Ticketで需要を喚起"

| | Comments (0)

August 01, 2020

臨時更新 8月からのオーストリア航空運航再開路線

2020080101臨時更新として「オーストリア航空の運航再開に関するニュース」をお届けしましょう。

オーストリア連邦政府は7月31日、エジプト、アルバニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブルガリア、コソボ、モンテネグロ、北マケドニア、ルーマニア、セルビア、イギリス、スウェーデン、ウクライナから各便について着陸禁止命令解除すると発表しました。

これを受けて、オーストリア航空では7月中旬に急きょ、運航取りやめとなった路線を含めて、15の目的地への運航を再開しました。

7月31日からウィーンとBukarest、Chicago、Pristina、Sarajevoへのフライトが再開されました。

Chicago線に関しては、ウィーンでの乗り継ぎ利用者が多いため、運航が再開されたものです。

また、8月1日から、Belgrad、Kairo、Kiew、London、Podgorica、Sibiu、Skopje, Sofia、Stockholm、Tirana、Varnaを結ぶ各路線の運航が再開されました。

ただし、上海、テルアビブについては8月も運航休止中です。この他、乗り継ぎの場合、ウィーン国際空港でPCR検査を受ける必要はありません。

2020080102この他、現在、オーストリアの入国規制に関する情報も提供されています。

○以下の欧州諸国(アンドラ、ベルギー、デンマーク、ドイツ、エストニア、フィンランド、フランス、ギリシャ、イギリス、アイルランド、アイスランド、イタリア、クロアチア 、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、モナコ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、サンマリノ、スイス、スロバキア、スロベニア、スペイン、チェコ共和国、ハンガリー、バチカン、キプロス。)からの乗客に関してはPCR検査および検疫措置は必要ありません。

○ウィーン国際空港での乗り継ぎ旅客はPCR検査の必要はありません。

Continue reading "臨時更新 8月からのオーストリア航空運航再開路線"

| | Comments (0)

Wiener Linienの新しい停留所コンセプトモデル

2020073102本来ならば、7月下旬から8月上旬にかけては、東京オリンピック(TOKYO2020)が盛り上がっているはずだった訳ですが、状況が一変してしまいましたね。

正直、Feriも昨年の今頃、1年後にこんな事態になるとは想像もできませんでした。色々な意味で、「できるときにやっておく」ことは大切かもしれません。

ちなみに8月はFeriの誕生月ですが、今年は「特別の意味」がある節目の誕生日です。

さて、8月最初の話題は「Wiener Linienが新しい停留所のコンセプトモデルを建設中」という話題です。

2020073105環境都市ウィーンの市内交通を担うWiener Linienは、昨日の記事でCityBikeステーションの運営に参入するというニュースをお伝えしましたが、「Greener Linien」をモットーに環境に優しい公共交通機関を目指しています(右がコンセプト図)。

最近では車両だけでなく、各種施設の緑化にも熱心です。U4のSpittelauは駅(右の写真)では、ファザードの緑化を大規模に進めています。

ファザードの緑化は建物内の気温上昇を抑制するだけでなく、ヒートアイランドの防止にも効果があります。

2020073104また、一部の停留所では大型プランターを設置して、屋根や壁面を緑で覆う試みも行われています。

現在、Universitätsring、Stadiongasse(1、71、D系統)、Salztorbrücke(1系統)、Julius-Raab-Platz(1系統)、Weihburggasse(2系統)、(Vorgartenstrasse(路線バス82A系統)が、このタイプの停留所になっています。

なお、プランターのメンテナンスはWiener Linienではなく、ウィーン市の専門部所MA42が担当しています。

<こんな中、更に路面電車停留所の更なるアップグレード計画が発表されました。

2020073103何と停留所を様々な草花で覆ってしまうというプロジェクトです。場所は国会議事堂前(Parlament)の停留所で、すでに工事は始められています。

ParlamentはVolksgartenの最寄り停留所ですから、最適な場所と言えるでしょう。

このプロジェクトはInitiative Innovationsfördernde Öffentliche Beschaffung (イニシアチブ・イノベーション推進公共調達、IÖB)との協同プロジェクトで、「停留所の緑化モデル」についてのアイデアを公募。

多数の応募の中から、Hartung Architekturbüroの建築家Bettina Hartungのコンセプトが採用されました。

現在、市内でテストされている停留所緑化モデルは、あくまでも既存の停留所施設を活用したものですが、今回は停留所そのものを全面的に建て替えるため、自由度も増加。

Continue reading "Wiener Linienの新しい停留所コンセプトモデル"

| | Comments (0)

July 31, 2020

CityBikeのステーション運営がWiener Linienに

2020073001今日は予定を変更して「CityBikeのステーション運営がWiener Linienに委託されることに決まった」というニュースをお伝えします。

このブログでも5月25日の記事で、CityBikeのステーション運営を巡ってウィーン市と運営会社Gewista社との間で委託料について交渉が行われているというニュースをお伝えしました。

運営会社Gewistaは委託料を増やして欲しいとウィーン市側の要請していましたが、交渉は難航。結局、Gewista社が運営していたステーションは7月に入って閉鎖されました。

Gewista社は、ウィーン市内の公共広告を受託していますが、ウィーン市も出資している特殊会社です。同社は、ウィーン市側に条件をのませるため、実力行使に出た訳です。

2020073002閉鎖されたのは121ステーションの約半分にあたる60箇所。地図でグレーになっているステーションが、現在、運用を停止している場所です。

なお、ウィーン側の交渉窓口はBirgit Hebein副市長でした。このままでは、運用開始から15年を経過し、市内交通の一翼を担う存在に成長したCityBikeが消滅する可能性が高まりました。

ところが、7月29日、Michael Ludwig市長が画期的な決断を下します。Gewista社との交渉を打ち切り、新たにWiener Linienにステーションの運営を委託する旨を発表したのです。契約期間は10年です。

Michael Ludwig市長は記者会見で、“私はウィーン市の公共モビリティサービスプロバイダーとなるWiener Linienに対して、ウィーンの利益のため、CityBikeネットワーク全体の運用をできるだけ早く復旧するように依頼しました。具体的には2か月以内に、CityBikeが全ステーションで従来どおり、利用できるようになるでしょう”と述べています。

2020073004このブログでもお伝えしているように、CityBikeも含めて各種公共交通機関の情報はスマートフォンアプリWien Mobilに表示されます。

更に最近、Wiener Linienが運行する路面電車屋路線バスに設置されている車内案内表示装置には、停留所最寄りのCityBikeステーションと利用可能台数が表示されるようになっています。

そういう意味では、Wiener Linienとの親和性は高く、最適なサービスプロバイダーと言えるでしょう。

Michael Ludwig市長は記者会見で、既存のステーション運営委託にとどまらず、Wiener Linienが主体となってステーションの拡充も計画していることを発表。最初にFloridsdorfとDonaustadtにステーションが建設されます。

Continue reading "CityBikeのステーション運営がWiener Linienに"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧