August 16, 2019

新しい乗り物 E-Kleintretroller

201908160005皆さま、お盆はいかがお過ごしでしょうか。台風10号が西日本を直撃したので、影響のあった方も多かった方と思います。今日はウィーンの「新しい乗り物の話題」です。

公共交通機関や各種乗り物のシェアリングに力を入れているウィーンですが、今まで、このブログで紹介しなかったものの一つに「E-Kleintretroller(E-Scooter)」があります。

最近、大幅に台数を増やしている電動キックスクーターではなく、こちらは乗車するタイプの本格的な電動スクーターのレンタルです。

201908160006オーストリアでは、日本のJFAFに近い組織であるÖAMTC(Österreichischer Automobil-, Motorrad- und Touring Club)をはじめ、民間企業も参入しています。

ÖAMTCは全国組織ですが、電動スクーターのレンタルサービスについては、人口が集中しているウィーンとグラーツで実施。

サービスのニックネームは“ easy way”。料金は、現在、1分19Centが基本です。

レンタルは専用アプリによって行うシステムになっている点は、電動キックスクーターと同じです。

201908160003現在、ÖAMTCがウィーンで運用している電動スクーターは約300台で、サービスエリアは市の中心部(1区~9区)に加えて、最近、10区、21区、22区に拡大されました。

201908160004ただ、電動キックスクーターと異なり、どこでも乗り捨て自由という訳ではなく、特定のステーション(駐車エリア)で借りて、ステーションに返却するシステムです。このあたりは、CityBikeと似ています。

なお、例外的にサービスエリア外にあるÖAMTCの拠点でレンタルすることも可能です。

二輪のスクーターなので、利用する際はヘルメットが必要になりますが、こちらも同時にレンタルできるので、利用者が持ち込む必要はありません。

Continue reading "新しい乗り物 E-Kleintretroller"

| | Comments (0)

July 31, 2019

ウィーン国際空港駅にて 空港-市内の移動雑感

201907310012今夏は、ANAの羽田-ウィーン線が就航したこともあり、夏休みにウィーンを訪れる方も多いと思います。7月最後の話題は「ウィーン国際空港と市内間の移動」にまつわる話題です。

先日、比較的ゆとりを持ってチェックインができるCAT-Terminal Wien MitteでのCity Check-Inの利用をお勧めするコメントを頂きました。この話題に関して、ちょっと思い出したことがあったので、それも含めて記事にまとめてみました。

なお、CAT(City Airport Train)は2018年12月に運行開始15年を迎えましたが、その時、CATの変遷と現状を当ブログでもご紹介しました。ご興味のある方は、こちらをご覧ください。

201907310009ウィーン国際空港(Flughafen Wien)から市内(または、その逆)の移動ですが、Feriは、今でこそÖBB(S BahnまたはRailJet)利用が中心になりましたが、以前は定宿の近くにバス停があったため、Vienna Airport Lines(PostBus)を利用していました。

停留所から乗ってしまえば目的地から一直線。所要時間も20分ほどで、乗り換えの手間もありませんから便利です。

現在の運賃は片道8Euroだったと思います。今でもVienna Airport Linesを愛用している方も多いと思います。

201907310010以前、ウィーンに親を連れて行った時は、到着が深夜になった関係で、負担を軽減するためタクシーを使ったこともありました。

当時も定額制タクシーもあったようですが、RedCabが本格的にサービスをはじめるまでは、一般のタクシーを使っていました。

正直、タクシーは割高ですが、二人になると実質的には料金は半額ですし、何よりホテルの玄関前まで運んでくれますから、荷物移動の手間もかかりません。

201907310011ヨーロッパ内乗り継ぎで、疲れている時などは、正直、タクシーを使いたくなったものです。

リーズナブルなお値段のRedCabがサービスを開始してからは、日本からウィーンに戻った時だけは、RedCabを使ったこともよくあります。

201907310004RedCabの面白いところは、利用するまで車種が不明な点。実際、人数が少ないためセダンタイプでオーダーを出しておいても、相手の都合でミニバンが来ることも‥もちろん、相手の都合なので、お値段は一緒です。

ただ、その後、運賃が上がってしまい、お得感が薄れてしまったのが、残念です。

201907310007さて、2003年にCity Airport Train(CAT)が開業。鉄道ファンのFeriも、何回かCATを利用しました。当時からウィーン国際空港にはS Bahn(S7)も乗り入れていましたが、利便性が悪く、地元の方以外が鉄道を利用する場合、CAT一択でした。

ただ、都心側のターミナルがWien Mitteなので、徒歩で行けるエリアにホテルを確保している場合は別ですが、どうしても乗り換えが伴います。

201907310001今ではMitteのターミナル改築に合わせて、CATのチェックインカウンターも良い場所に移動しましたが、開設当初は、ちょっと不便な場所でしたね。

最近は空港内の制限エリア内にチケット販売機を設置するなど、猛攻勢をかけているのは、皆さまもご存じのとおり。それは、ÖBBの列車が充実したためです。

Feriが17区のアパートに住んでいた頃は、S45とS7を乗り継ぐパターンが多くなりました。その後、5区に引っ越してからは、路線バス13Aの停留所が近くにあった関係で、Hauptbahnhof経由になりました。

Flughafen Wien-Hauptbahnhof間は、利用当初はドイツ直通のICEでした。ただ、長距離列車の乗り入れ当初は、運転間隔が非常に長く、利用しづらく、市内への移動には最適とは言えませんでした。

Continue reading "ウィーン国際空港駅にて 空港-市内の移動雑感"

| | Comments (3)

July 27, 2019

公共交通機関の利用者が増加中

201907270015今日は「ウィーン市内の交通にまつわる話題」をお届けしましょう。

先日、ウィーン市から市内交通の利用状況に関するデーターが公表されました。ウィーンでは、環境保護の一環として公共交通機関の利用を推進しています。

グラフをご覧になるとわかるように、自家用車の使用が横ばいであるのに対し、公共交通機関の利用は「うなぎ登り」。2015年には利用者数が逆転しました。

まぁ、日本の大都市では、移動人数が圧倒的に多いため、鉄道を中心とする公共交通機関利用者が多数を占めると思うのですが、自動車利用が多いヨーロッパでは、これは珍しいケースと言えるかもしれません。

201907270014この要因は、路面電車の軌道敷き内自動車通行禁止をはじめ、あえて自動車での市内移動を不便にすることで、公共交通機関への移行を促進する施策が功を奏したのかもしれません。日本では、自動車産業が基幹産業ですから、自動車利用を積極的に規制する施策は打ち出しにくいと思います。

もちろん、自動車利用を不便にするだけでは、住民の不満が募ってしまいます。そこで、ウィーン市がWiener Linienと協同で打ち出したのがリーズナブルな年間パスの発行です。

ご存じのように、ウィーンの公共交通機関運賃はゾーン制になっている関係で、短距離は割高です。現在、事前購入の1回券は2.4Euro(現在のレートで300円弱)です。1日券は5.8Euro、ウィークリーパス(Wochenkarte)は17.1Euro、マンスリーパス(Monatskarte)は51.0Euroと、ちょっと高めです。

201907270013しかし、これが年間パス(Jahreskarte)になると365Euro。つまり1日当たり1Euroと大幅に安くなります(記名式ですが全線乗り放題)。

ウィーン市とWiener Linienでは、年間パスの利用者を増やすため、あえて利用期間の短いチケットの値段を上げているフシがあります。実際、マンスリーパス7ヵ月分で、年間パスが買えるのですから、年間パス利用者が増えるのもわかる気がします。

実際、365Euroの年間パスが発売されてから、グラフのように利用者が急増しており、2018年には80万枚を突破、822000枚が発行されました。人口が200万人を下回っているウィーンとしては、画期的な発行枚数だと思います。

201907270010ウィーン市の当局者は、「再びウィーンは、都市と環境にやさしい交通政策が、どのように機能するかを示しました。 価格が妥当であれば、自動車からの切替は不可能(モーダルシフト)ではないことを証明しています。」と述べています。

近年の旅客数の増加は、公共交通システムの積極的な発展を示しています。具体的には過去1年間で9億6590万人、そして毎日260万人がウィーンの公共交通システムを利用しています。

Continue reading "公共交通機関の利用者が増加中"

| | Comments (0)

July 08, 2019

増えてきた観光電気自動車

201907080001今日は「観光客の皆さま用の乗り物にまつわる話題 続編」です。 ウィーン旧市街観光の乗り物と言えば、代表的なものは二頭立て馬車Fiaker(フィアカー)ですよね。色々と問題を抱えながらも、やはり伝統的な乗り物だけに、現在も主力として活躍しています。

そこへ、新たに参入したのがクラシックスタイルの電気自動車です。Fiakerと同じくドライバー(Fiakerの場合は、御者ですが‥)が観光案内をしながら、旧市街を回遊するものです。以前、この ブログでもサービス開始をご案内したことがあります。

201907080003正直、オールドライマーとは言え、古い自動車ではなく、「古い自動車を模した新型の電気自動車」なので、お客さまの反応が気になるところ‥

201907080002ただ、運営業者は「環境の優しい乗り物」を前面に打ち出して、集客活動に勤しんでいるようです。それに生き物を使う訳ではないので、動物愛護の観点からもお勧めできるかもしれません。

先日、久しぶりに休日に旧市街に出かけたところ、件の観光電気自動車が多数、運行されていました。しかも、お客さまが結構、乗っているのです。

つまり、営業が、それなりに軌道に乗ってきたということでしょう。 現在、E-Cars GmbH という会社が運営しており、サービス名は「Royal E-Car Sightseeing Tours」。

Continue reading "増えてきた観光電気自動車"

| | Comments (0)

June 27, 2019

路線バス13Aのルートが変わります

201906250001今日は「路線バス13Aのルート変更計画の話題」をお届けしましょう。

先日、このブログで「ウィーンの公共交通機関は、中心部から放射状に伸びている路線は多いものの、それを結ぶ路線が少ない」という話題をお伝えしました。

放射状の路線を結ぶ数少ない路線の一つが路線バス13Aです。Feriもよくお世話になる13Aは、現在、Hauptbahnhof -Alser Straße, Skodagasse間で運行されており、6つの地区を結ぶ利便性の高さから、利用者が多いのが特徴です。ちなみに利用者は1500万人だそうです。そのため、連節バスが投入され、輸送力の増強が図られているのは、皆さまご存じのとおり。

将来的にはU2の延伸区間が、13Aの機能を一部、代替えすることになりますが、U2の工事が完了するまでは、13Aに頑張ってもらう必要があります。

201906250003ところで、U2の延伸区間で重要な乗換駅となるのがNeubaugasseです。現在はU3の単独駅ですが、将来的にはU2との複合駅になります。

すでにNeubaugasseの地下にU3が走っているため、横断するU2は、U3の下に建設されます。そして、いよいよNeubaugasse周辺でもU2建設工事が始まることになりました。

これに伴って、路線バス13Aのルートが変更になることがウィーン市・Wiener Linienから発表になりました。

201906250005今回のルート変更は、基本的に地下鉄U2の工事に伴うものですが、新しいルートの剪定にあたっては「地域の環境保全」も重視されました。環境問題に関心の高いウィーン市らしい発想です。

これは単にルートを変更するだけではなく、それに合わせて路線バスが走る周辺環境の整備も行うというものです。

Neubaugasse周辺では、環境保全(ヒートアイランド現象の防止)を目的とした「Cool Mile Zieglergasse」というパイロットプロジェクトが行われていますが、13Aのルート変更に合わせて、Siebensternviertel地区でもパイロットプランと同様、「大規模な緑化の推進」などどの施策が行われる予定です。

Continue reading "路線バス13Aのルートが変わります"

| | Comments (2)

June 24, 2019

Eスクーターの安全な運用に向けて

201906230004今日は、先日、ご質問があった「Eスクーターにまつわる話題」をお届けしましょう。

今夏、ウィーンは、レンタルのEスクーターが本格的にサービスを開始してから、初のハイシーズンを迎えます。

ウィーンでは、従来から個人でもキックスクーターを使っている人は多かったのですが、電動式のものはお値段が張ることもあり、今ひとつ、普及していませんでした。

しかし、このブログでも何回かご紹介しているようにスマートフォンのアプリを活用した利便性の高いEスクーターがサービスを開始してから、様相は一変しました。街中でEスクーターに乗っている人が急速に増えたのです。

201906230003現在、ウィーンではEスクーターのレンタルを実施している会社は6社、1500台以上が運用されていると言われています。
長距離の移動には向きませんが、短距離の移動では非常に便利です。何しろ、乗り捨て自由ですから‥

また、乗り捨て式のレンタルバイク(自転車)が大きな問題を起こして頓挫したのに対し、Eスクーターの場合、毎晩、運用会社が市内から回収し、充電の上、翌朝、市内にデリバリーする形をとっているため、当局からも「公共交通機関を補佐する乗り物」という評価を得るに至りました。

201906230005反面、運用開始直後から問題になったのが、安全の確保。実際、Feriも市内を歩いていると、Eスクーターが音もなくやって来て脇をすり抜け、ちょっとビックリした経験もあります。

今後、交通事故が多発するようなことがあると、システム全体が崩壊しかねません。

そこで、観光客も増えるハイシーズンを前に、ウィーン市当局では、Eスクーターの安全な利用を促進するため、運用会社と連携して、明確なルールを設定し、発表しました。

そのルールは、以下のとおりです。

Continue reading "Eスクーターの安全な運用に向けて"

| | Comments (3)

June 19, 2019

謎のピクトグラムシリーズ ガソリンエンジン車進入禁止?

Img_2019_04_0183今日は「謎のピクトグラムシリーズ」をお届けしましょう。

ウィーン市内のガレージは、土地の関係から地下に設けられているケースが多いですが、先日、ある地下ガレージの入り口で写真のようなピクトグラムを見かけました。

「丸に斜線」なので、禁止行為であることは明白ですが、ちょっと見かけないピクトグラムです。自動車のシルエットに何らかのボンベ。そして、液体が垂れています。

ピクトグラムの横には「Einfahrt für flüssiggasbetriebene KFZ verboten!」という文字が描かれています。

その隣にはピクトグラムではありませんが、看板が掲げられています。この看板には「Sauber,Sicher,Sparsam Erdgasauto ICH DARF HINEIN」という文字が‥

つまり、このガレージは天然ガス自動車専用で、ガソリンエンジン車の乗り入れを禁止しているようです。

Feriは、ウィーン市内で天然ガス自動車の表示を見たのは、この時が初めてで、正直、驚きました。

201906050010天然ガス自動車は、光化学スモッグや酸性雨など、環境汚染の原因となる窒素酸化物や炭化水素の排出量が少なく、硫黄酸化物は全く排出されません。

さらに、喘息などの呼吸器疾患の原因となる黒煙や粒子状物質は、ほとんど排出されません。

そのため大気汚染対策には有効なのですが、日本ではLPGガス自動車は、ガスを供給するスタンドの問題、車体重量の問題などから、主に大都市部のタクシーなどに限定されており、通常の乗用車では見かけないような気がします。

実際、オーストリアでも自家用車に関しては、天然ガス自動車は非常に少数に留まっているというデーターもあります(JETROの資料では、2018年のオーストリアでの登録台数は、天然ガス・ガソリン併用が525台、天然ガスが110台となっていました)。

Continue reading "謎のピクトグラムシリーズ ガソリンエンジン車進入禁止?"

| | Comments (0)

June 15, 2019

自律型E-Busの実用化試験が始まりました

201906140002Wiener Linienが中心となって開発と実用化を進めている自律型E-Bus(自動運転電気バス)の実用化試験が、6月6日からSeestadtで始まりました。

現車の完成後、2018年4月からWiener Linienが中心となり、オーストリア工科大学(AIT)、KuratoriumfürVerkehrssicherheit(KFV)、TÜVAustria、Siemens Mobility、Navyaなどの協力を得て、Leopoldauにあるバス車庫で様々なテストを行ってきましたが、いよいよ実際に乗客を乗せた実用化試験という第2段階に入ったものです。

実用化試験初日にはMichael Ludwigウィーン市長をはじめとする関係者が出席し、実用化試験のスタートを祝いました。

201906140001このブログでも以前お伝えしたように、今回、自律型E-Busの実用化試験が行われるのは、U2のSeestadt駅を起点とする路線で、10の停留所が設けられます。

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、U2のSeestadt駅から住民が住む街まで約2キロ、離れています。この間のアクセスを担当する訳です。

自律型E-Busの定員は11名ですが、安全確保と法律的な要件をクリアするため、オペレーター(保安要員)が同乗します。そのため、実際に乗れる人数は10名です。

201906140005さらに安全上の理由から、立ち席乗車は認められません。また、ベビーカーを使用するお客さまが乗車する場合、席が減少することになります。

テスト中に障害が発生した場合、代替交通機関は提供されません。そのため、乗車料金は無料になっています。

興味深いのは、自律型E-Busは、いわゆる時刻表は存在しません。

Continue reading "自律型E-Busの実用化試験が始まりました"

| | Comments (0)

May 16, 2019

路面電車にもパートタイム運転士制度を導入

201905160011今日は「Wiener Linienの運転士募集にまつわる話題」をお届けしましょう。


最近は、いずこも人手不足で社員の確保が大変です。日本でも「働き方改革」の一環として、有給休暇取得が義務づけられたため、有給休暇をとる社員をカバーするための要員確保が大きな問題になっているという話を耳にしました。


特に日本の場合、年中無休という業態も多いため、人員の確保は頭の痛い問題だと思います。


さて、2019年1月に、このブログでWiener Linienが地下鉄の運転士にパートタイム制度を導入するという話題をお届けしました(詳しくはこちらから)。


その際、地下鉄でのプロジェクトがうまくいった場合、路面電車やバスにもパートタイム運転士制度を広げる可能性があることをご紹介しました。


201905160012このほど、Wiener Linienから路面電車の運転士に もパートタイム制度を導入することが発表されました。


パートタイム運転士の勤務は、朝夕のラッシュ時、大規模イベント時など、多くの運転士が必要な場合に投入されます。また、フルタイムの運転士が、急病で欠勤した場合などのカバーにもあたります(オペラみたいですね)。


パートタイム運転士の勤務は、週12時間以上。パートタイム運転士を希望する人は、申し込み後、フルタイムの運転士と同様のトレーニングを通じて、適性を判断されます。このトレーニングは17日間です。


そして、適性があると判断された候補者は、40日間にわたる本格的なトレーニング(実地訓練)に入ります。


トレーニング内容ですが、教習車を使っての実車運転(18日)、異常時対応(4日)、トレーナーが同乗した営業路面電車でのトレーニング(18日)、応急措置対応(1日)、お客さま対応(4日)などとなっています。

Continue reading "路面電車にもパートタイム運転士制度を導入"

| | Comments (0)

May 11, 2019

E-Scooter in U-Bahn

201905110003今日は「Tramway-Tag 2019」の開催日。残念ながらFeriは、今回、参加できませんので、見学レポートはございません。

さて、「今日は地下鉄の話題」をお届けしましょう。

ウィーンでは、現在、電動式のシェアスクーターが人気を集めています。当ブログでも2018年12月に電動シェアスクーターの話題をご紹介しました(詳しくはこちら)。

無料のシェアバイクがマナー違反者による乗り捨てで、しないから駆逐されたのとは対照的に、こちらは夜間に運営会社が回収し、充電とメンテナンスを行うため、市当局からも「次世代の公共交通期間」として期待されています。

その後、複数の運営会社が参入し、現在、6社が営業しています。

201905110002やはり積極的に運営会社が関わらないと、うまくいかないという好例でしょうか。

ご存じのようにウィーンの地下鉄では、ラッシュ時を除き自転車(E Bikeを含む)を搭載することが可能です(平日は9時~15時、18時30分以降は搭載可能。別途、料金は不要)。

道路交通法では、Eスクーター(E-Scooter)は自転車と同じ扱いですが、Wiener Linienでは、従来、スクーターに関しては自転車と同じ扱いにはせず、手荷物扱いにしていました。

これは、大きさの関係から他の乗客に迷惑がかかるからという理由のようで、基本的に折りたたみ、座席の下に格納することが求められていました。

Continue reading "E-Scooter in U-Bahn"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧