June 22, 2017

ウィーン市の新路面電車プロジェクト

20170620_x201_00001

今日はWiener Linienが発表した「Straßenbahn-Projekte laut Öffi-Paket bis 2020」の概要をお届けしましょう。

Wiener Linienでは、これから2020年に向けて、路面電車やバスの路線延長やルート変更を中心とした改良プロジェクトを発表しました。地下鉄U1の延長開業、U2/U5の建設工事なども関係しているようです。

-O系統の延長
O系統は、現在、Migerkastraße-Praterstern間を結ぶ路線ですが、北部の都市開発に合わせてPratersternまで1.4キロ、延長されることになりました。

この間に、4つの停留所が新設される予定になっています。なお、延長工事は2019年から開始されます。

-D系統の延長
D系統は、現在、Alfred-Adler-Straße ―Beethovengang間を結ぶ路線で、Hauptbahnhof Ostにも乗り入れています。

Img_2012_12_0449

現在はHauptbahnhofの先、Alfred-Adler-Straßeで折り返していますが、これをAbsberggasseまで延長しようというものです。延長区間の距離は1.1キロで、2つの停留所が新設されます。

この区間はU1と並行する路線ですが、ご存じのようにHauptbahnhof周辺の大規模再開発プロジェクトが進められているエリアです。そのため、U1を補完し、新しいエリアへの足を確保するための路線延長となったようです。

-6系統の路線改良
6系統はBurggasse-Stadthalle - Kaiserebersdorf, Zinnergasse間を結ぶ路線です。

路線が長い上に、混雑する区間を通過することから、より円滑な運行を行うため、新しいループ線を建設することになりました。

なお、D系統が延長されるとAbsberggasseで接続することになります。恐らく、D系統の延長に合わせた関連工事になると思われます。

Continue reading "ウィーン市の新路面電車プロジェクト"

| | Comments (1)

June 10, 2017

ORFの車両も様々‥

Img_2008_12_9798

今日は「ORFの話題」をお届けしましょう。

日本のNHKにあたるオーストリアの公共放送ORF(Österreichischer Rundfunk)。1924年にラジオ局として開局したのがスタートだそうです。

最近では、衛星放送やインターネットの発達で、他国の放送が簡単に観ることができるようになりましたが、オーストリア国内では、多チャンネル化をしながら、一定の存在感を示しています。

ご存じのようにウィーンフィルのニューイヤーコンサートを世界に中継しており、日本でも、その際はORFのロゴをテレビで見かけると思います。

そんなORFですが、中継車をはじめとする各種の放送用車両を所有しています。こういった車両を時々、街中で見かけることもあります。そんな車両を少し、ご紹介してみましょう。

Img_2008_12_9797

最初にご紹介するのは、ドイツのダイムラーがメルセデスベンツブランドで製造・販売する多目的自動車ウニモグ(Unimog)がベースになっているようです。

見かけたのは、旧市街にあるクンストフォーラム前。ただ、この車両ですが、写真をご覧になるとわかるように、いわゆる放送機器を搭載した放送用車両ではなさそうです。

側面に取り付けられているフレームが、これまた謎‥ミステリアスな車両と言えます。

美術館の前に止まっているところから考えられるのは、美術品などの貴重品を運搬する専用車両。実際、日本でも大手物流会社は、エアサスペンションや空調を完備した美術品専用の運搬車を所有しています。ただ、美術品運搬車ならばベース車両が悪路を得意とするウニモクというのは、何とも‥

Img_2008_07_5623

しかし、2枚目の荷下ろし中の写真を見ると、明らかに梱包した「何か」を運搬してきたようです。

ちなみに、この車両ですが、荷下ろしの際には、貨物室部分を下げることができる特殊構造になっているようです。

側面についているフレームは、貨物室を上下させる際の安全対策のカバーのようでした。ウニモクは、悪路を走行できるように車高が高いのが特長。そこで、荷下ろしの際には、貨物室が下がるのでしょう。

この箱の中身が知りたいところですが、残念ながら、これは永遠の謎でしょうか‥しかし、放送局が、なぜ、このような特殊車両を所有しているのか‥これも興味がありますね。

次にお目にかけるのは大きなパラボラアンテナが特徴的な放送衛星による中継を行うための小型車両。

ベースは、こちらもメルセデスベンツブランドのミニバンです。ウィーン市内にある某政党本部前で見かけたものですが、こちらでは日常的に放送衛星を使って中継をしているようです。

Continue reading "ORFの車両も様々‥"

| | Comments (0)

May 21, 2017

スタイリッシュな四輪自転車

Img_2016_04_1085

今日は「乗り物の話題」をお伝えしましょう。

今日は日曜日なので、休日向けの話題を選んでみました。以前、フォルクスオーパーへ観劇に出かけた際、おなじみCafé Weimarの前を通りかかった際、写真のような自転車が駐輪していました。

恐らく、この自転車のオーナーさんはCafé Weimarでご休憩中かと思います。写真をご覧になるとおわかりのように、四輪タイプの2人乗り(サイド・バイ・サイド)自転車です。

よく旧市街で、ベロタクシーを見かけますが、あちらはドライバーさんを含めて、3人乗りで、かつ電動アシスト付き。

Img_2016_04_1086

こちらは、ちょっと見た限りでは電動アシストのない人力専用車のようですが、写真を拡大して見たところ、前部にあるペダルにモーターが取り付けられており、やはり電動アシスト自転車(こちらではE-Bikeと言いますが)でした。しかし、なかなかスタイリッシュですね。

以前、体の不自由な方向けの三輪自転車を見かけたことがありますが、それに似たデザインです。

こんな自転車でウィーンの街を走ったら、さぞ、気持ち良いことでしょう。どんな方がオーナーさんなのか、興味がありましたが、Caféから出てくるまで張り込むほどFeriも暇ではないので、写真だけ撮影して、その場を去りました。

後日、調べたところPacific Cyclesという台湾に本社・工場がある自転車メーカー製であることがわかりました。日本にもPacific Cycles Japanという法人があり、折りたたみ式自転車など、なかなかユニークな製品を発売しているようです。

Continue reading "スタイリッシュな四輪自転車"

| | Comments (0)

May 19, 2017

トランジットモール

Img_2014_05_2986

今日は「都市交通の話題」をお届けしましょう。

ヨーロッパを中心に、最近では都市中心部への自動車乗り入れを制限する動きがあります。その一つが「トランジットモール」と呼ばれる施策です。

「トランジットモール」とは、「公共交通と歩行者だけの通行を許した街路」のことで、公共交通(路面電車やバス)をスムーズに通すことに加えて、歩行者が自由に街路の向こう側にわたれることを狙っています。

そのため、トランジットモール内は、歩行者は自由に歩くことができますので、原則として、信号機はありません。もっとも最近では、例外も出てきているようですが‥

Img_2014_10_7762

では、路面電車が発達しているウィーンで、トランジットモールは存在するのか? 実は一部に、路面電車と歩行者だけが通行できるエリアがありますが、本格的なトランジットモールと呼べる場所は存在しません。

Feriの知る限り、現在、2系統の終点近くのOttakringにあるJohannes-Krawarik-Gasse停留所付近については、自動車の乗り入れが禁止されており、トランジットモールのような雰囲気になっています(左の写真が、その現場です)。

Katholische Kirche Altottakringの前に当たります。ただ、トランジットモールと言うより、広場のような雰囲気ですが‥

ただ、Feriは、黄昏時のJohannes-Krawarik-Gasse停留所付近の雰囲気は非常に好きです。

また、路面電車ではありませんが、歩行者優先の施策が打ち出され、抜本的な改良が行われたMariahilfer Straßeについても路線バス13Aが走っている区間が、トランジットモールのような雰囲気になっています。

ただし、ここは一般車両(自動車)の通行が完全にシャットアウトされている訳ではないので、厳密にはトランジットモールの定義からは外れると思います。

Kärntner StraßeやGrabenも基本的に歩行者優先ですが、時間帯によっては、荷物を搬入する自動車なども乗り入れますから、こちらもトランジットモールとは言えないと思います。

Continue reading "トランジットモール"

| | Comments (0)

May 13, 2017

無人自動運転ミニバスの試験が始まります

20170512_x61s_00001

今日はウィーンで実験が始まる「新しい交通システムの話題」をお届けしましょう。

日本でも人口減少、超高齢化にともなって、自家用車に頼らずに生活ができるコンパクトシティ化の検討が進められるようになってきました。市内の交通機関として注目を集めているのが、ご存じ、無人運転のバスです。すでに実験も始まっているようですね。

さて、ウィーンは、元々、コンパクトシティで、かつ地下鉄、路面電車、バスなどの公共交通機関が充実しているため、今でも市内の移動は非常に楽です。

また、徒歩で移動できる範囲も広い点が特長です。実際、バスなどは一方通行の関係で、迂回するため、歩いた方が早いケースもあります。

Image_211949

こんなウィーンですが、将来を見据えてWiener Linienが中心となって自動運転バスの実験プロジェクトが始まりました。

このプロジェクトは、オーストリア運輸省が資金を提供して進められているもので、Wiener Linienほか、AIT Austrian Institute of Technology、KFV(Kuratorium für Verkehrssicherheit、オーストリア交通安全委員会)、TÜV AUSTRIA、SIEMENS AG Österreich、 NAVYA(フランスのバスメーカー)が参加しています。

本プロジェクトは、無人自動運転バスの自律走行の効率と信頼性を高めることを目的としており、ウィーンで最も新しい街Seestadtで実証実験が行われることになっています。

実証実験に使われる無人自動運転バスは電気式で、定員は11名と発表されています。

Continue reading "無人自動運転ミニバスの試験が始まります"

| | Comments (0)

April 26, 2017

お得な空港アクセスは

Img_2016_12_1021

今日は「シュヴェヒャート空港のアクセス」にまつわる話題をお届けしましょう。

まもなく日本では、恒例のゴールデンウィークが始まりますが、この時期、ウィーンへお越しになる方もいらっしゃると思います。

日本とオーストリアの直行便が廃止されてしまったため、ヨーロッパ内(もしくは中東など)での乗り継ぎでウィーンへいらっしゃることになるでしょう。

乗り継ぎ場所の選定も重要なファクターになりますが、Feriは日系航空会社を使っていることもあり、ヨーロッパのゲート空港は、フランクフルトかヘルシンキが中心です。

空港の規模からみるとヘルシンキが空港内の移動も楽で、気に入っています。ただ、ウィーから日本へ向かう場合、ウィーン出発が早いのが難点。そのため、日本行きはフランクフルト空港利用が中心となっています。

Img_2017_02_0497

ところで、シュヴェヒャート空港と市内へのアクセスですが、現在では、タクシーなどに加えて、公共交通機関のバスと鉄道が中心になっているのは皆さまもご存じのとおりです。

ただ、今まで個別の案内はありましたが、空港アクセスをまとめたパンフレットはありませんでした。

今では市内と空港を結ぶ連絡バスを運行するPostBusもÖBB傘下の企業になっているので、Feriは、“空港アクセスをまとめたパンフレットがあれば便利だなぁ”と思っていました。

Img_2017_02_0498

別にFeriがリクエストした訳ではありませんが、やっと空港アクセス全般をまとめたパンフレットが発行されました。
このパンフレットには、鉄道とバスをまとめた路線図が入っているのが、まずはポイント。

さらにバスと鉄道(CAT、Rail Jet、S-Bahn)という複数のアクセスについて、ダイヤと料金が掲載されています。

どのアクセスが良いかは、ウィーン市内の最終目的地によって変わってくるのは、言うまでもありません。

Continue reading "お得な空港アクセスは"

| | Comments (1)

April 07, 2017

荷物運搬自転車アラカルト

Img_2016_12_0778

今日はFeriお得意の「乗り物系の話題」から、またまた「荷物運搬用自転車」を取り上げます。

最近、ウィーン市内で、荷物運搬に特化した自転車型車両を見かけることが多くなりました。

Feriは、専門家ではありませんので、理由は定かではありませんが、一つは自動車輸送から自転車へシフトすることで環境負荷の軽減を図る目的があるのかもしれません。

また、日本と異なり、小型の荷物運搬自動車(日本の軽自動車に相当するミニバンなど)が少ないこともあり、自転車型の方が小回りが利くといった利点があるのかもしれません。

Img_2017_02_0162

少なくとも荷物運搬用の自転車は、排気ガスは出しませんし、騒音も極めて低いですから、ウィーンのようなコンパクトシティには最適な輸送手段かもしれません。

トップの写真は三輪タイプのもので、前輪が二輪、動力となっている後輪が一輪です。ハンドルがフレームタイプになっているのが特長ですね。

気になるのは、方向の制御。このタイプは、比較的、見かけますが、実は、仕掛けがあります。

Img_2017_02_0230

車輪が左右に動くのではなく、荷台のある全部車体と、動力のある後部車体が左右に回転するジョイントで結ばれているのです。ハンドルは荷台側(前部車体)についているので、力は必要ですが、曲げることが可能です。


Feriは、実際に、この手の三輪自転車に乗ったことがないので、操縦感覚がわかりませんが、もしかしたら、後部車体を曲げることで方向転換するのかもしれません。

なお、この写真のものは、お店の広告用として路上に置かれていたものです。ただ、完全なダミーではなく、実際に使われているものです。

Continue reading "荷物運搬自転車アラカルト"

| | Comments (0)

April 02, 2017

変わった形のバス車庫

Img_2014_08_4864

今日の話題は「Feriお得意の乗り物系」。「バス車庫の話題」をお届けしましょう。

ご存じのようにオーストリアでは、かつてPostBus(郵便バス)が国内全土をくまなく網羅していました。皆さま、ご存じのように、これは郵便馬車に端を発するもので、郵便物と乗客を同時に運ぶというもの。

郵便物も同時に運ぶ任務を担っていたため、街の郵便局前がターミナル(停留所)になっていました。

地方に行くと、Postという名称のホテルを多数見かけますが、これも郵便馬車や郵便バスで到着したお客さまに利用していただくため、郵便局に隣接する場所に作ったもの。

Img_2014_08_5404

ある意味、鉄道がない街では、遠距離輸送の中心であった訳です。

分割民営化前は、Post und Telekom Austria AGが、PostBusの運行を担当していました。

分割民営化後、経営母体がいつくか変わり、現在はÖBB-Postbus GmbHが運行を担当し、ネットワークを維持しています。

鉄道が通らない山の町や村を結ぶネットワークがあるので、非常に便利です。ただ、最近では、利用者減少から運行本数が削減される傾向にあるようです。

Img_2014_08_4862

地方都市へ行くと、バスの車庫を併設したバス営業所を見かけることがあります。今日、ご紹介するのも、そのような地方にある車庫です。

通常、バスの車庫は、シューボックス型(箱形)が一般的です。ところが、この車庫は扇形になっているのです。

鉄道の場合、蒸気機関車時代には機関車の方向転換をするためのターンテーブルが必要であったため、扇形車庫(扇型庫)が、日本でも数多く見られました。

扉の上には車庫の番号が振られており、この車庫では10番までありました。10番がちょっと離れているので、もしかすると、ここには検査用にピットなどがあるのかもしれません。

Continue reading "変わった形のバス車庫"

| | Comments (0)

February 26, 2017

電気自動車のタクシーが登場

Img_2017_02_0225

今日は「タクシーの話題」をお届けしましょう。

ウィーン市内のタクシーで最近、多く見かけるようになったのが、TOYOTAのハイブリッド車プリウスです。

日本でもプリウスのタクシーは比較的増えているようですが、このブログでもご紹介したことがありますが、ウィーンでは急速に普及しています。

面白いのは、自家用車として使用されているプリウスよりも、タクシーの方が目立つ点でしょうか。恐らくお値段がネックになっているのだろうと思います。

Img_2017_02_0224

さて、先日、アパートの近くに何とびっくり、NISSANリーフのタクシーが止まっていました。休憩時間中だったようで、ドライバーさんはいませんでした。

eTAXIというロゴが入っており、大々的に売り出し中といった感じです。

車体には「Wien Energie」のロゴが入っているところを見ると、市当局と協力して導入を始めたのかも知れません。

そこで、調べたところ「SMART CITY WIEN」というプロジェクトの一環として、2016年3月にe TAXIの導入が決まったようです。

Continue reading "電気自動車のタクシーが登場"

| | Comments (0)

February 09, 2017

ウィーンで活躍 MAZDAのトラック

Img_2016_02_0506

今日は「オーストリアで活躍する日本車の話題」です。

ご存じのようにオーストリアは、基本的に自動車は海外メーカーからの輸入です。乗用車はドイツ、フランス、イタリア、チェコ、日本、韓国、などが多いです。

一方、商用車に関しては、製造しているメーカーが限られているためか、ドイツ(メルセデス)、スェーデン(スカニア)が多いような気がします。

そんな中、先日、アパートの近くでMAZDAのトラックを見かけました。ごく普通のトラックなので、これといった特長はありませんが、荷台にMAZDAの文字が入っています。

海外では、荷台にメーカー名を入れている車両が販売されていますが、よい広告になっていますね。

Img_2016_02_0508

荷台にカバーが掛かっていたので、何を運んでいるのかはわかりませんが、近くの会社が使っているのでしょう。

E2200という型式銘板がキャブに取り付けられていましたが、日本ではボンゴという名称で親しまれている商用車です。こちらは、アルファベットや数字で型式を表すのが一般的なようですね。

ちなみに、このモデルですが、日本ではボンゴの愛称で親しまれているタイプです。

今回、ウィーンで見かけたE2200は、ボンゴブローニィ(BONGO BRAWNY)というタイプで、ボンゴをベースにホイールベースを延長した車種です。

ヨーロッパではMAZDAは、比較的良く見かけますが、Feriは同社のトラックを見たのは、この時が初めてです。

Continue reading "ウィーンで活躍 MAZDAのトラック"

| | Comments (5)

より以前の記事一覧