June 21, 2019

今週末は「36. Donauinselfest 2019」

201906210001昨晩、シェーンブルン宮殿で行われたウィーンフィルによる「Sommernachtskonzert in Schönbrunn」ですが、好天にも恵まれ、約85000名のお客さまが来場したそうです。昨年はアンナ・ネトレプコさんが出演したため、記録的な数の来場者となりましたが、今年あたりが妥当な数だと思います。

201906190001さて、今日は週末にウィーンで開催される大規模なイベント「Donauinselfestの話題」をお届けしましょう。

今年で36回を迎える「Donauinselfest2019」が、6月21日から23日の3日間、開催されます。夏の訪れを告げる野外フェルティバルです。

昨日、行われた「Sommernachtskonzert Schönbrunn 2019」がクラシック音楽の演奏会であるのに対し、「Donauinselfest」はポピュラーミュージックやキャバレー(ウィーン風軽演劇の方です)、パフォーマンス、スポーツアトラクション、子供さん向けのプログラムなど幅広いジャンルの催しが行われる野外フェスティバル。

会場は名称からもおわかりのようにドナウ川の中州(Donauinsel)です。半月ほど前から、ウィーン市内では停留所などに広告が出るようになりました。

201906190010Feriはポピュラーミュージックの方は詳しくありませんが、今年は地元のアーティストに加えてSeiler & Speer、Wolfgang Ambros、The Tiger Lillies、Mando Diao、Revolverheldといったグループが参加するそうです(スミマセン。どんな方が存じ上げないもので‥)。

ヨーロッパでは最大級の野外フェスティバルと言われており、毎年、多くのお客さまが来場されます。入場は無料です。長時間にわたる屋外イベントで、各種飲食店も多数出店します。

「Sommernachtskonzert Schönbrunn 2019」以上に若い方が多く集まることから、各種の規制があります。ホームページにはFeriお得意のピクトグラムは掲載されていませんでしたが‥

まず、フェスティバルエリアではセキュリティチェックが行われており、違反した場合は入場することができません。
201906190005大型バックパックの持ち込みは禁止されている他、違法薬物の使用、武器や花火、拡声器、傘、レーザーポインターの持ち込みも禁止されています。そして、各種ドローンの使用も禁止です。主催者によると、傘は武器になる可能性があるため、禁止しているという見解でした。

フェスティバルエリアではアルコール類は販売されていますが、持ち込みは禁止されています。これは青少年に対するアルコール規制(16歳以下はアルコール禁止)を徹底することも背景にあるようです(つまり自宅から持ってくる青少年を排除わけです)。

当たり前ですが、アルコールを飲んだ上で、テンションの上がる音楽を聞けば、トラブル発生のリスクが高まります。

そこで、危険物の持ち込みについては、厳しくチェックしている訳です。手荷物検査では、金属探知機も使われています。空港ほどではありませんが、かなり本格的です。

201906190015こちらでは泥酔者は軽蔑される存在。そのため、会場を巡回しているセキュリティスタッフが、観客に迷惑を及ぼすような泥酔者を発見した場合は、保護の上、会場外へ退去させられます。

最近、日本の野外フェスティバルでは、ゴミ箱がなくて困るという話を耳にしたことがありますが、こちらでは会場内に指定のゴミ箱があり、そこへ捨てるように案内されています。

会場内では、原則として乗り物は使用禁止。自転車、スクーター、インラインスケート、スケートボード、ローラースケートなどは全面禁止です。違反した場合、セキュリティスタッフが、一時預かることになっています。

Continue reading "今週末は「36. Donauinselfest 2019」"

| | Comments (0)

June 18, 2019

6月20日は「Sommernachtskonzert Schönbrunn 2019」ですが‥

201906170004今日は「野外コンサートの話題」をお伝えしましょう。

6月20日は、毎年恒例の「Sommernachtskonzert Schönbrunn 2019」が開催されます。何と言ってもアウトドアとは言え、入場無料でウィーンフィルの演奏が楽しめるので、毎年、多くのお客さまが来場します。

開演は20時45分からですが、天気が良いと場所を求めて、かなり前から皆さま来場されます。最近は人混みが苦手になってしまったFeriは、会場の下見には出かけたことはありますが、本番は行ったことがありません。

ステージはシェーンブルン宮殿の庭、宮殿前に設営されます。以前はグロリエッテ側にステージが設けられていました。しかし、最近は、グロリエッテを観客席に設定するので、このパターンに変わったようです。

201906170005まぁ、当日はORFがテレビ放送をするので、これを観るのが一番かもしれません。

さて、今年のテーマは「Rhapsody in Blue」。指揮は、GUSTAVO DUDAMELさん、ソリスト(PIANO)はYOJA WANGさんが予定されています。

プログラムも、すでに発表されています。

201906170003-Ouvertüre zu “Candide”
-Jubilee Waltz, o.op.
-Rhapsody in Blue
-Casablanca-Suite
-Stars and Stripes Forever
-Adagio for Strings
-Sternenbanner-Marsch, op.460
-Symphonie Nr. 9 (Antonín Dvorák“‘Aus der Neuen Welt”)

まぁ、ここまでは普通の音楽会情報ですが、Feriが注目したのは、会場のご案内に出ていたピクトグラム群。

多くの方が集まるため、現場での混乱やトラブルを防ぐため、かなり細かい規制が行われています。

Continue reading "6月20日は「Sommernachtskonzert Schönbrunn 2019」ですが‥"

| | Comments (0)

June 05, 2019

本日開催 Orchester für alle–Ihr Orchester in Bewegung 2019

201906050020今日は6月5日、オーストリア全土で開催される「楽しいイベントのお知らせ」をお届けしましょう。

「Orchestrefüralle」アクションデーのプログラムとして、Volksoper Wien Orchestraを含む、オーストリアのプロオーケストラ・メンバーが、「Ihr Orchester in Bewegung」というコンセプトの元、 Wienをはじめオーストリア各州都の街中に、楽器を持って飛び出します。

この行事は2017年から行われているもので、一般の皆さんにオーケストラの興味をもっていただくことを目的にしたものです。

そのため、単に街頭で演奏を楽しむだけでなく、観客が指揮をする、オーケストラ・メンバーと交流をする、楽器に触れるなど、色々な形でメンバーと交流する機会が作られているそうです。

紹介記事には「Die Tuba fährt Straßenbahn, der Kontrabass U-Bahn und das Fagott flaniert am Hauptbahnhof」とうたわれているように、路面電車や地下鉄に楽器を持って乗り込み、パフォーマンスも披露するようです。ウィーンでは15時から20時まで開催されます。

Volksoperのメンバーは、Wienでパフォーマンスを披露します。予告されている場所は、以下のとおりです。
-地下鉄Spittelau (U-Bahn Stars – Spot):17時30分
-地下鉄Westbahnhof:16時30分
-Ringstraßenbahn(乗車停留所Karlsplatz、下車停留所Resselpark):15時00分発

運が良ければ、コンサートチケットが入手できる可能性もあるそうです。

Continue reading "本日開催 Orchester für alle–Ihr Orchester in Bewegung 2019"

| | Comments (0)

June 01, 2019

EuroPride 2019が始まりました

201906010012早いもので2019年も6月に入りました。日本では改元という大きな行事が5月に行われたため、慌ただしい1ヵ月だったのではないでしょうか。

さて、6月1日からウィーンでは「EuroPride 2019」が始まりました。

開催期間は6月16日までで、期間中50以上の各種イベントが開催され、最大100万人の来場者が見込まれています。

201906010011EuroPrideは、最近、日本でも話題になっているレズビアン、同性愛者、バイセクシュアル、トランスジェンダーなどLGBTQと呼ばれる人々に対する人権を養護し、周囲の人々が受容する環境を醸成することを目的に行われているものです。

主要会場はRathausplatzやSigmund-Freud-Parkです。また、最大のイベントが6月15日にRingで行われる「Pride Run」と「Regenbogenparade」です。

なお、期間中の各種イベントはこちらをご覧ください。

201906010010このイベントは、ウィーン市などの自治体をはじめ、様々な企業も協賛しています。

その一つがÖBB。ÖBBは「EuroPride 2019」のオフィシャルモビリティパートナーとして、ウィーンへやってくる参加者の輸送やサポートに当たります。また「Regenbogenparade」にもトラックを改造した山車で参加することになっています。

また、Wiener Linienも「EuroPride 2019」のパートナーになっています。

Wiener Linienの代表取締役Alexandra Reinagl氏は、「多様性と寛容性は、Wiener Linienにとって重要な価値観です。だから、私たちは長年プライドをサポートしてきました。今年もまたパートナーとして、連帯のための重要なメッセージを発信できることを嬉しく思います」と述べています。

Continue reading "EuroPride 2019が始まりました"

| | Comments (0)

May 29, 2019

Mozarthaus Vienna でLeopold Mozartsのオリジナル・バイオリンを展示

201905280001日本では、国賓としてトランプ大統領が来日して、色々な話題を提供しているようですね。

また、5月だというのに「真夏日」が連続して続くという、ある種の「異常気象」。そんな5月も、そろそろおしまい‥

今日は「音楽家にまつわる展示の話題」をお届けしましょう。

モーツァルト・ハウス・ウィーン(Mozarthaus Vienna)では、ヨハン・ゲオルク・レオポルト・モーツァルト(Johann Georg Leopold Mozart)の生誕300年を記念して、オリジナル・バイオリンを展示しています。展示期間は5月27日から6月23日までです。

皆さまもご存じのように、レオポルト・モーツァルト(1719年11月14日~1787年5月28日)は、18世紀の作曲家であり、ヴァイオリニスト。

<>ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの父で、ドイツのアウグスブルクで1719年11月14日に生まれ、1787年5月28日にザルツブルクで没しまPした。

2人の子供が誕生してからは、その音楽教育に心血を注いだと言われています。

Continue reading "Mozarthaus Vienna でLeopold Mozartsのオリジナル・バイオリンを展示"

| | Comments (0)

May 28, 2019

Lainzer Tiergartenで市が開かれました

201905270010今日は「ウィーン市内で開催された市(Monatsmarkt)の話題」をお伝えしましょう。

ご存じのようにウィーンでは、現在でも市内各所に市が立ちます。常設の市もありますが、曜日を限定して開催される市も多数。

Feriのアパートに近い広場でも、毎週、小さな市が立っていました。

さて、5月26日、ウィーン市内のLainzer Tiergartenで月例の市が始まりました。これから10月までの期間限定ですが、オーストリアお得意の有機栽培野菜や果物をはじめ、多彩な商品が販売されたようです。

販売されたのは、季節の果物と野菜、植物(ハーブ、花を含む)、乳製品、魚料理、ジャム、手作りのBier(handwerklich gebrautes Bier)、手作り石鹸とオーガニック品質など。

Img_2004_05_7328この市のコンセプトですが、ウィーン子が大好きな散歩を楽しみながら、その途中で、美味しい食材を手に入れようというものです。ウィーンらしい市と言えるかもしれません。

Lainzer Tiergartenはご存じの方も多いと思いますが、ヘルメスヴィラがあることで有名。Hietzingにある広い自然公園です。

.名前が示すように動物保護公園で、野生動物が保護されています(いわゆる禁猟区)。かつては王室の狩り場だった場所が、後に動物保護公園に衣替えしたものです。

Continue reading "Lainzer Tiergartenで市が開かれました"

| | Comments (0)

May 06, 2019

「Tramway-Tag 2019」は5月11日開催

201905040004日本では、改元を挟む歴史的なゴールデンウィークも、今日で終了ですが、皆さまは、どのようにお過ごしになったでしょうか。

さて、今日は「今週末に開催されるイベントのお知らせ」です。

毎年、Wiener Linienが実施している大規模イベント「Tramway-Tag(路面電車の日)」ですが、2019年は5月11日(土曜日)開催が発表されました。

通常は単独で行われますが,今年は「WIENER STADTWERKE 70周年行事」の一環として開催されることになりました。そのため、従来よりも規模が大きくなります。

メイン会場は久しぶりに、Simmeringer Hauptstraßeにある Hauptwerkstätte der Wiener Linien(中央整備工場)です。

中央整備工場は、地下鉄、路面電車、路線バスなどの車両を定期点検する大規模な施設です。

通常の車庫と異なり、整備完了後の車両を点検するための試運転線などもあるため、多彩やプログラムを展開しやすいのが特徴です。

メイン会場での開催時間は14時から22時までですが、この手のイベントで「夜の部」があるのがウィーンらしいところです。

20190504000117時45分からの「夜の部」では、仮設ステージでの音楽演奏が繰り広げられます。U-Bahn-Starsも参加することがアナウンスされています。

今回は、ガイドツアーも開催され、係員の案内で工場内を見学できることになりました。会場には、注目の無人運転バス、新型路面電車FLEXITYも展示されます。

地下鉄電車の運転体験(中央整備工場には試運転線があるので、ここを使います)や路面電車のシミュレーター体験も行われます。本物の地下鉄電車を運転できる滅多にないチャンスなので、これは人気を集めると思います(当日、予約制)。

こちらの現場公開では、会場内にビアホールが仮設されますので、大いに盛り上がることでしょう。 

201905040002

また、今回、興味深いのは路面電車を使ったボーリング(Tram-Bowling)です。路面電車を使って大型のボールを飛ばして、大型ピンを倒すというゲームです。

Tramway-Tagの催しで人気があるのは、Wiener Linienが行う蚤の市(部品即売会)です。以前、Feriが参加した時は、車内に掲出されている路線図、停留所の標識などが販売されていました。

実際、手に取ってみると停留所標識などは大きいので、旅行者の方はちょっと手が出ない品物もありますが、のぞいて見ると楽しいと思います。

メイン会場はHauptwerkstätte der Wiener Linienですが、今回はVerkehrsmuseum Remise(ウィーン交通博物館)がサブ会場となりました。こちらでは「地下鉄建設50周年特別展」が開催されます。そして、Volksteater駅構内にあるInfocenter U2×U5も特別公開されます。

同日は「WIENER STADTWERKE 70周年行事」が、Müllverbrennung Spttelau、Hauptbühne Spttelau、Canpus Winer Netze、Bestattungsmuseum Zentralfriedlof、Kraftwerk Simmeringでも開催されます。

Continue reading "「Tramway-Tag 2019」は5月11日開催"

| | Comments (0)

April 10, 2019

オペレッタ国家らしい大イベント「ウィーン・シティ・マラソン」

2019040900014月7日、ウィーン・シティ・マラソンが盛大に行われましたが、今日はFeriの感想をお伝えしましょう。

このマラソン大会ですが、いわゆるトップアスリートが勝負と記録に挑戦する「まじめな大会」と同時に、「肩の凝らない気楽な大会」が併設されているという点がポイントです。</P><P>ちなみに右の写真は新聞記事のコピーですが、「まじめな部」の記録が紹介されています。

日本でも市民ランナーが多数参加する東京マラソンは、主催者が決めた時間内にコースを走破できる実力がないと参加できないようです。

201904090002そのため、いわゆる日頃から鍛錬をしている皆さまが参加されるとか‥そう言えば、Feriのお得意先の社長さんも参加していました。それでも人気があって、参加するのが大変だそうです。

それに対して、ウィーン・シティ・マラソンについては、日本の地方で記録よりも楽しみながら走ることに主眼を置いた大会に近いものもあります。

Feriは、当日、人混みが苦手なので、コースまで観戦に出かけませんでしたが、ORFの中継や8日の朝に放送されたニュースバラエティを見ると、色々な楽しみ方があることがわかりました。

まず、沿道にはオフィシャルスポンサーが開設した舞台があり、そこで、大規模な応援が行われています。実際、ステージショーの赴き。

201904090003ところが、それ以外にも沿道には、非公式の応援団体が出没して、大会を盛り上げていました。

ORFのレポーターが今回は参加していたのですが、市民ランナーにインタビューしながら走っているのにびっくり。途中で、観戦していた一般の人と一部を一緒に走っている場面も‥

参加者も派手なコスプレで、記録よりも、記憶に残る大会にしている方も‥

<P.さらにコスプレで参加しているランナーが警備の警官と抱擁するシーンも‥この「ゆるさ」は、ある意味、オーストリア風かもしれません。

このゆるさ故、今年は4万人が参加登録していたというニュースもありました。

Continue reading "オペレッタ国家らしい大イベント「ウィーン・シティ・マラソン」"

| | Comments (0)

March 31, 2019

番外編 屋形船でお花見体験

201903300001ココログのトラブルで、皆さまにご迷惑とご心配をお掛けしていますが、今日もだましだまし更新中です。

3月最後の話題は、「番外編」として「日本でのお花見体験」をお伝えしましょう。

Feriは、小さいながらも会社を経営しており、経理・税務面では横浜にある某会計事務所のお世話になっています。

この会計事務所ですが、小さい組織ながら、クラウド会計システムを独自に導入しており、Feriの会社も利用しています。通常、月次会計打合せは、毎月、税理士さんが会社を訪問、もしくは経営者(経理担当者)が会計事務所を訪問といったパターンが一般的です。

しかし、クラウド会計システムを採用しているため、インターネット接続環境が完備していれば、双方が会うことなく、同じ画面を見ながら各種打合せが可能です。

201903300008もちろん、音声でのやり取りが必要ですが、スカイプなどを利用すれば、ウィーンにいても、月次会計打合せは可能です。

そのため、実際にFeriが会計事務所のオフィスを訪問するのは、年度決算の時だけなので、年に1回程度です。これが出張が多い上に、ウィーンに滞在していることが多いFeriが、この事務所と契約をする決め手になりました。

201903300007この事務所の所長さんですが、「遊ばないやつは儲からない」というユニークなコンセプトを掲げており、会計事務所主催で、クライアントを招いて各種の研修会(という名の懇親会)を定期的に開催しています。しかし、このコンセプト、オーストリア人みたいですね。

今までも何度かお誘いをいただいたのですが、ウィーンに居たり、日本での本業と重なったりして、参加する機会がありませんでした。3月中旬に日本へやって来たFeriですが、たまたま日本国内の予定が変更となり、屋形船をチャーターしての船上研修会に参加できることになりました。

某日夕刻、指定された横浜・桜木町近くの船着き場に行くと、複数の屋形船が係留されており、出発を待っていました。この時期、日本では年度替わりなので、歓送迎会などの需要が多いのかも知れません。

201903300002Feriが乗船することになったのは「はまかぜ」という屋形船。今から20年以上前、Feriは、前の会社のメンバーと東京湾で乗船したことがありましたが、それ以来です。

通常、屋形船は船内が畳敷きの和室になっており、座って利用します。が、窓のブラインドが開いて、中が見えるようになってびっくり仰天。何と、テーブルと椅子が設えてあるではありませんか。ただ、床は畳敷きでしたが‥

スタッフの方にうかがったところ、最近は日本人でも畳に座るのが苦手なお客さまが増えており、チャーターの場合、リクエストに応じて、両方に対応しているとのことでした。

ただ、元々、座って利用することを前提に設計されているため、天井が低く、椅子に座っていると、立ち上がった際に頭をぶつけそうになる方も‥Feriは背が低いので、大丈夫でしたが‥ なお、最近では、完全洋風の屋形船も登場しているようです。

参加者が全員集まったところで、「はまかぜ」は出帆。

201903300006しかし、桟橋を離れたところで停船。どうやらある程度、食事が進むまで、停船しているようでした。この間、美味しいお料理やお酒が振る舞われ、参加者同志で懇談することに‥

Feriのお隣の経営者は、変わった会社を運営しており、海外から日本に進出してくる企業のコンサルティングを行っているとのことでした。

とくに北欧の企業が多いようで、同じヨーロッパで仕事をしているFeriとは、結構、話が盛り上がりました。

Continue reading "番外編 屋形船でお花見体験"

| | Comments (0)

March 28, 2019

今週末は「Argus Bike Festival 2019」開催

201903260001当ブログが利用しているココログですが、仕様変更後、トラブルが多発し、会社側で、逐次、修正を行っているようですが、それによる別のトラブルが発生するなど、まともに運用できる状態ではありません(いわゆる泥縄対応に陥っている感じです)。

実際、記事の作成に時間がかかるのは私の能力が低いので、やむを得ませんが、記事を登録するのに、2時間近くかかるため、本業にも支障が出てきています。料金をいただいて提供しているサービスとは思えない対応と言わざるを得ません。

とくに昨日から新規の記事を投稿中、記事作成画面がフリーズする事態が発生しており、新しい記事を事実上、投稿できなくなっています。状況が改善されない場合、この記事を最後に、しばらく更新を中断せざるを得ないかもしれません。本当に残念です。

さて、ウィーンも春本番になり、アウトドアで様々なイベントが行われるようになりました。

201903260003今日は、自転車関連の話題が続いて申し訳ございませんが、今週末、Rathausplatz(市庁舎前広場)で行われるイベント「Argus Bike Festival 2019」をご紹介しましょう。

「Argus Bike Festival」は1999年から始まったオーストリア最大の自転車イベントで、今年は20回目の開催です。「春の自転車シーズン到来」を告げるイベントとして、ウィーン子にも親しまれています。

過去、Feriも何回か会場に足を運んだことがあり、また、その模様を当ブログでご所介したこともありました。
201903260002
例年、自転車に関連する様々なデモンストレーションや展示、関連商品の販売などが行われますが、今年は20周年なので、大々的な催しになりそうです。

開催日は3月30日(土曜日)と31日(日曜日)ですが、20周年を記念して、ハイジャンプコンテストとベストトリックコンテスが、市庁舎前広場の特設会場で開催されることになりました。

このコンテストには、FMBAワールドプロツアーに参戦している最高のライダー達が集まります。
また、今回、「ウィーンBMXジャム」も開催されます。これはBMXドライビングを試すすべての人を対象としたワークショップです。BMXのワールドチャンピオンがインストラクターとして登場することがアナウンスされています。

Continue reading "今週末は「Argus Bike Festival 2019」開催"

| | Comments (2)