June 13, 2021

30 Jahre Film Festival auf dem Wiener Rathausplatz

2021061101昨年、Covid-19感染拡大下でも万全の対策を施して実施された.「Film Festival auf dem Wiener Rathausplatz」ですが、30周年を迎える2021年は、7月3日から9月4日までの64日間、開催されることが発表されました。

オーストリア連邦政府は7月1日からイベントエリアの全面開放を予定しており、ウィーン市では連邦政府の規制に則った開催を実施すべく、現在、計画の詳細をつめています。

詳細は追って発表されますが、入場無料ながら、場合によっては昨年と同じような予約制が採用される可能性があると思います。

もちろん、音楽映画の上映だけでなく、レストランの屋台も出店され、お食事を楽しみながら作品を観ることができます。正に「夏のお楽しみ」。

2021061103記者会見でMichael Ludwig市長は“市庁舎前広場で開催される映画祭のないウィーンの夏は考えられません。今からちょうど30年前、初めて開催されたユニークなイベントです。それ以来、ウィーンの人々やオーストリアや海外からのゲストの心を掴み、イベントカレンダーには絶対的な存在となっています。なぜなら、ウィーンの市庁舎前広場で開催される映画祭は、他のどの映画祭よりも純粋な生きる喜びを表現しているからです。”と述べています。

気になるプログラムは、すでに発表されていますが、各日原則として1演目の上映です。以前はクラシック音楽が中心でしたが、近年では幅広いお客さまに楽しんでもらうというコンセプトの下、ポップスやジャズなどの作品も上演されるようになりました。

Continue reading "30 Jahre Film Festival auf dem Wiener Rathausplatz"

| | | Comments (7)

June 10, 2021

今年は6月19日に開催“25. Wiener Regenbogenparade”

2021060902今日は「Vienna Pride 2021の話題」をお届けしましょう。

最近は日本でも話題に上ることが多い「LGBTIQ」(こちらではLGBTに加えて、最近ではintergeschlechtlicheとqueereが加わるようになりました)。

昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で行事の規模が縮小されましたが、今年はVienna Pride(6月7日~20日)の中心行事である「第25回Wiener Regenbogenparade(ウィーン・レインボーパレード)」が、6月19日に開催されることが決まりました。

Vienna Prideの主催者であるKatharina Kacerovsky-Strobl氏は、記者会見で“「特にこのような危機的状況下では、生きる喜びを可視化し、強い一体感を求めて立ち上がることが、より重要です”と述べています。そのシンボルとなる行事がWiener Regenbogenparade。

2021060904近年、装飾自動車やステージを備えたトラックを中心とした大規模なパレードに変貌してきましたが、今年は原点回帰で徒歩と自転車によるパレードになります。

当日は、14時00分にRathausplatz、Burgtheaterを出発。リンクを進行方向とは逆に周回し、17時00分にRathausplatzに戻ります。そして、活動家や政治家のスピーチを含む最終集会が行われます。

2021060901写真は2013年のものですが、この頃は、徒歩や自転車での参加者も居ましたが、多くは周囲に各種パフォーマンスでアピールできるステージ付きのトラックを使っていました。

実は1996年の第1回では、トラックを使わず、徒歩または自転車でパレードを繰り広げましたので、正に「原点回帰」と言えるでしょう。

Continue reading "今年は6月19日に開催“25. Wiener Regenbogenparade”"

| | | Comments (0)

April 26, 2021

工事が進むSchloss-Restaurant Cobenzlで定礎式実施

2021042301例年ですと各劇場が2021/22シーズンのプログラムを発表する時期ですが、Covid-19感染拡大の影響を受けて、遅れているようです。

さて、今日はウィーン子に人気があるCobenzlの「Schloss-Restaurantリニューアル工事」の話題をお届けしましょう。

Cobenzlには市営WeingutやKinderbauernhofもあり、人気のハイキングスポット。

その中でも人気が高かったのがSchloss-Restaurantですが、2022年秋の再開を目指して、現在、大規模なリニューアル工事が行われています。

昨年、秋から工事が始まりましたが、老朽化した別棟の解体が終わり、整地が完了したところ。そこで新しい建物の建設を前に現地で定礎式(Grundsteinlegung)が行われました。

2021042302日本でもビルディングの入口などに「定礎」と刻まれた記念プレートが設置されているケースがありますね。

中には建物の図面、定礎式当日の新聞、出資者名簿などを入れた金属製の定礎箱が埋め込まれているそうです。

一方、本家ヨーロッパでは、古代ローマ時代から建物の基準となる石(礎石)に着工時に印をし、建物の完成や存続を祈ること行事が行われています。

現在では、日本と同じくタイムカプセルとなる基礎に定礎箱を埋め込むようになりました。

今回、Schloss-Restaurant Cobenzlでも、建物の新築工事を前に関係者が集まり、記念の品を入れてた定礎箱を埋設する定礎式が開催されたものです。

Continue reading "工事が進むSchloss-Restaurant Cobenzlで定礎式実施"

| | | Comments (0)

April 17, 2021

まだまだ続く活動制限 各種イベントは‥

2021041601日本ではCovid-19感染拡大を受けて、再び規制強化の動きがあるようですが、如何せん、法的拘束力がないので、正直、その効果はどうなのでしょう。

一方、オーストリアの場合、法律を改正し、罰則を背景に下規制が続いていますが、感染拡大は収まる気配がありません。

そんな中、初夏から夏にかけての各種イベント開催の有無などが発表されるようになりました。

まず、Michael Ludwig市長は、4月13日、毎年恒例になっている5月1日にRathausplatzで開催される「メーデー中央集会」および関連行事(デモ行進など)を中止すると発表しました。

2020年も中止になっているので、2年連続です。なお、代わってネットを使った行事が計画されています。

Michael Ludwig市長が所属するSPÖ(オーストリア社会民主党)は、中道左派なので、どちらかと言うと労働者側に立った政治路線です。

2021041602それだけに同党にとってメーデーの中央集会は、存在感を示す大きな行事。メーデーそのものが無くなる訳ではありませんが、2年続けての行事中止は、色々な意味で波紋が広がりそうです。

写真は2009年のものですが、これだけ多くの人が集まる行事ですから、現時点では中止はやむを得ないでしょう。

一方、2020年は開催時期を空きに変更したにもかかわらず、結果として無観客で行われた「初夏の風物詩」Sommernachtskonzert der Wiener Philharmoniker

先日、オーケストラから今年は6月18日に開催されることが発表されました。ただし、今年も昨年同様、制限付きで開催される予定です。

恐らく一部招待者以外は、会場に入ることができないと思います。今年の指揮者はDaniel Hardingさん、ソリストとしてIgor Levitさんが出演します。

プログラムなどの詳細は後日、発表されますが、例によってORF2で生中継される予定です。この他、オーケストラメンバーが最初のワクチン接種を受けたというニュースも入っています。

Continue reading "まだまだ続く活動制限 各種イベントは‥"

| | | Comments (0)

March 21, 2021

結局中止、Ostermarkt

2021032103今日は皆さまが楽しみにしていた「Ostermarkt(イースターマーケット)の話題」です。

2021年の復活祭は比較的早い4月4日。これを踏まえて春の訪れを告げるOstermarktは、今年の場合、早いところで3月15日、一般的には3月19日から始まる予定でした。

最終的には連邦政府の規制が緩和されなかったこともあり、各地のOstermarktは開催中止となりました。

なお、一部のマーケットでは、出店業者さんとオンラインで各種グッズを入手できるサービスを展開しています。バーチャルイースターマーケット‥という訳です。

2021032102右の写真は、旧市街のAltwiener Ostermarktに毎年、出店しているPeter’s Seasons GmbHのネットショップ。訪問した方はご存じのように、ここはカラフルなEastereggを販売していることで有名です。

ネットショップでは、イースターエッグ以外にもイースターにちなんだ置物や飾りを多数販売しています。春らしいパステルカラーが特徴。見ているだけでも、楽しくなります。

余談ですが、Altwiener Ostermarktには塀に四旬節にちなんだ大きな絵“Fastenkrippe aus Tirol”が掲げられています。

この絵は、チロル出身の画家Philipp Schumacherが描いたものをモチーフにしています(オリジナルはチロル民族博物館に展示中)。キリストの受難から復活までを描いた物語性の高い絵です。

2021032101一般的にはクリスマスの方が知られていますが、キリスト教では復活祭の方が大切な行事。また、復活祭の前に開催されるOstermarktは「春の訪れを告げる行事」なので、これが始まると冬とお別れ‥という感じになります。

Ostermarktが中止になったことと全く関係はありませんが、20日、こちらは冬に逆戻り。ウィーンでも雪が降り、高速道路A21が除雪のため、一時、通行止めになっています。

ついに2年連続でOstermarktが中止になった訳で、Feriもショック‥また、復活祭のミサについても規制がかかるような話を耳にしました。

Continue reading "結局中止、Ostermarkt"

| | | Comments (0)

March 14, 2021

今年も開催“KultursommerWien”

2021031003今日は、いつもどおりオーストリア・ウィーンの話題に戻ります。現在、各劇場は連邦政府の指示で上演禁止になっており、残るシーズンがどうなるか心配なところです。

また、各地で開催される「夏の音楽祭」についても、今夏は、どうなるのか予断を許さない状況だと思います。

そんな中、ウィーン市がいち早く、7月上旬から8月中旬にかけて市内各所で「KultursommerWien」を開催する計画を進めていることを発表しました。

20210310073月9日、市庁舎で開かれた記者会見でMichael Ludwig市長は“コロナパンデミックの最中であっても、決意と優れたコンセプトがあれば、生きる喜びを促進し、経済を刺激する安全なイベントが可能であることを、私たちはすでに何度か証明しています。だからこそ、ウィーンは今年もそれを上げています!2020年に5万人を超える人々が体験した「文化的な夏」は、2021年も再開され、より多くのステージとさらに幅広い文化的提供が行われます。ウィーンの皆さん、1年以上続いているパンデミックに落胆することはありません。私たちは解決策を提供します。ウィーンで刺激的で安全な夏のために!”と決意を表明しました。

 2021031001詳細は、今後、検討の上、発表されることになっていますが、2020年と同じく7月上旬から8月中旬までの40日間、市内全体を会場(大小40会場を設定予定)として開催されます。

キャッチフレーズは「40 Tage - 40 Locations - 1000 Acts」。Michael Ludwig市長は攻めていますねぇ。各会場とも木曜日から日曜日の間、一晩、2公演が行われる予定です。

2021031008昨年、公共の会場に来ることが難しい障害を持つ方、高齢者を対象とした出前公演“Häusern zum Leben”が大変、好評でした。

特に老人ホームからのオファーが多かったことを踏まえて、昨年の16ヵ所から、2021年は25ヵ所程度に拡大することが発表されました。

Continue reading "今年も開催“KultursommerWien”"

| | | Comments (0)

March 13, 2021

FOODEX JAPAN2021 オーストリア・パビリオン

2021031205今日は日本国内で開催された「FOODEX JAPAN2021の模様」をお届けしましょう。

毎年、この時期、千葉県の幕張メッセで開催されている「FOODEX JAPAN」(国際食品・飲料展)。2020年は直前になってCovid-19感染拡大の影響を受けて、主催者が中止を発表しました。

それから1年。オーストリアほどではありませんが、日本国内でもCovid-19感染拡大が終息する気配はなく、この時点でも開催場所となる千葉県下には緊急事態宣言が出されています。

Feriは、開催地の緊急事態宣言が延長されたこともあり、最終的に中止の判断が下ると思っていたのですが、今年は3月9日から12日までの4日間、感染防止策を十分に行った上で、開催となりました。

2021031203Feriの友人が業界関係者であるため、会場を訪問して、その様子を伝えてくれたので、ご紹介することにしました。

今回は入場に際してスタッフとの接触を極力少なくするため、事前登録制になり、2次元バーコードの「来場者バッジ引換券」を準備。これを会場入口の端末にかざすと、氏名記入の来場者バッジが印刷されるという方式。

この間、案内のスタッフは待機していますが、基本的に非接触。ゲートから入る際には、おなじみの非接触体温計による検温を実施。会場内ではマスク着用が義務づけられていました。

2021031202オーストリアをはじめとする外国企業・組織が出展する海外展示ゾーンはホール4と5。出展している国や地域は例年と、ほぼ同じだったものの、その規模は、半分以下ではないか‥というのが現地を視察した友人の感想。

特に、現在、原則として海外からの入国が禁止されているため、外国人参加者の姿がほとんど見られなかったそうです。

そのため、各国のパビリオンも在日機関や日本側インポーターの日本人スタッフが中心。これはやむを得ません。

オーストリア・パビリオンは、例年、大国に比べると小振りですが、今年は特に狭かったとか‥

2021031204ちなみに出展していたのは、11er Nahrungsmittel GmbH(冷凍ポテトを製造販売、日本未輸入)、Weingut Wien Cobenzl、Weingut Thomas und Maria Buchmayer、Klosterquell Hofer Vertriebs GmbH、そして有機農業協会BIO AUSTRIA Marketing GmbH。

オーストリア・パビリオンに限らず、一応、試飲や試食などは行っていましたが、こぢんまりとしていたようです。

また会場では3月11日に、「EUNo.1オーガニック先進国オーストリア―コロナ禍での食に対する変化とトレンド」という主催者セミナーが開催されました。

これはコロナ渦の影響だけでなく、連邦政府に「緑の党」が加わったことで、政策が変化した部分も含めて、紹介されたそうです。

他方、国内出展者は、ほぼ例年どおりで、多種多様な企業や組織が参加していたようです。
ただ、従来、国内企業は日本国内でのマーケティングに加えて、輸出を狙った展示も多かったのですが、外国人トレーダーが参加していないため、その点、国内展示会の趣だったとか‥

Continue reading "FOODEX JAPAN2021 オーストリア・パビリオン"

| | | Comments (0)

March 03, 2021

“Du bist fahrtastisch!”お客さまに感謝 Wiener Linien

2021030221日本では、3月3日は「ひな祭り」。こちらでは、イースターを前にレストランやカフェのシャニガルテン営業再開を検討する動きが出ています。

さて、今日は3月1日に行われた「Wiener Linienの興味深いアクション」をご紹介します。

先日、お伝えしたように2020年はCovid-19感染拡大によるロックダウンなどの影響で、Wiener Linienの利用者は大幅に減少しました。

しかし、そんな中でも利用するお客さまがゼロになった訳ではありません。また、年間パスの発行枚数も100万枚を超えています。

このようにお客さまから支持されているWiener Linienですが、感謝の気持ちをお客さまに伝えようというアクションを3月1日に実施しました。

日本では知られていませんが、3月1日は「World Compliment Day」(Tag der Komplimente)。感謝の言葉やほめ言葉を具体的に相手に伝えることで、関係者の気持ちを幸せにしていこうというもの。2000年に入ってから、オランダの専門家が提唱したそうです。

2021030222通常は、自分の身近な人たちや、自分ために毎日のサービスを提供している人々(公共交通期間のスタッフ、店舗やレストランのスタッフなど)に出会ったとき、笑顔で“ありがとう”という感謝の気持ちを現すのが基本ですが、Wiener Linienの試みは、この逆というのが、何ともユニークです。

今回、Wiener Linienでは「Tag der Komplimente」合わせて、お客さまに感謝の気持ちを込めた認めたメッセージボードを従業員が掲げました。

メッセージの内容ですが、“Du bist fahrtastisch”“Du bist mein Öffi-Hero”など、普通では恥ずかしくて言えないようなメッセージが満載。メッセージボードの写真はWiener Linienが公開したものです。

Continue reading "“Du bist fahrtastisch!”お客さまに感謝 Wiener Linien"

| | | Comments (0)

February 05, 2021

子供たちと一緒にウィーンの街を再発見-Grätzl-Rallye-

2021020401ウィーンでは、Covid-19感染拡大で学校での対面授業が中止になるなど、子供たちへの影響も出てきています。

ロックダウンや在宅授業の結果、体育の授業や自転車通学もなくなり、子供たちは運動不足に陥っています。また、諸般の規制によりスポーツの機会も限られています。

2月8日からは、一応、義務教育に関しては制限はあるものの対面授業が再開される予定ですが、色々な制約が伴うことでしょう。

そんな中、新鮮な空気の中、街中を散歩をしながら楽しむというコンセプトのGrätzl-RallyesをMobilitätsagentur Wienが提案しています。

2021020402このラリー(オリエンテーリング)は「Die Stadt & Du」という移動教育プログラムで、小学生を対象に、年齢に応じた方法で、積極的に、安全に、そして気候に優しい方法で街を移動する方法を体験を通じて修得するものです。

ただ、現在は学校単位で課外活動として「Die Stadt & Du」を実施することが難しい状況であるところから、個人や小グループで自主的に取り組み、運動不足を解消してもらおうというのがGrätzl-Rallyesです。

2021020404Grätzl-Rallyes、何かを集めて得点を競い合うフィールドゲーム「スカベンジャーハント」(直訳すると「ガラクタ集め」、欧米では一般的なフィールドゲームです)という手法を採り入れたものです。

ホームページから各区のラリー用ガイドブックがダウンロードできます。

なかなか凝った作りになっており、該当する区内のウォーキングルートをまわりながら、ガイドブックに出ている場所を見つけて、クイズに答えていくことで、地域の理解を深めるという素晴らしい内容です。

2021020405そして、回答もちゃんと用意されており、仮に自分たちで全ての場所を発見できなかった、設問に答えることができなかった場合、この回答(言わば種明かし)を見ることで、理解が深まるという構成です。

実際に自分たちで場所や答えを見つけたあとで、「種明かし」を見ることで、更に理解が深まることでしょう。

しかし、クイズの内容に16区を代表するホイリゲ10ER MARIEが出ているのは、さすがウィーン。

そして、19区版では、このブログでもご紹介したことがあるSetagayaparkもクイズとともに登場。という訳で、今回はラリー用ガイドブックと回答編を合わせてお目にかけることにしました。

Feriの散歩コースも多数、収録されており、ガイドブックの写真を見ただけで、場所が特定できるところも多数。

しかし、さすが奥の深いウィーン、まだ知らない場所も多数、存在しており、正に「ブログネタの宝庫」と言っても過言ではありません(笑)。

Continue reading "子供たちと一緒にウィーンの街を再発見-Grätzl-Rallye-"

| | | Comments (0)

January 30, 2021

ロックダウン下でも好評営業中 Wiener Eistraum

2021012901今日は営業期間の半分(33日間)が経過した「Wiener Eistraumの話題」をお届けしましょう。

Rathausplatzのクリスマスマーケット中止を受けて、急きょ、12月24日から8300平方メートルの会場が全面オープンとなったWiener Eistraumですが、66日間の営業期間の半分が経過しました。

Covid-19感染拡大の影響で、ロックダウン下のオーストリア。当たり前ですが、部屋に閉じこもっていると精神的にも閉塞感が募ります。

このような状況だからこそ、新鮮な空気の中で運動することは非常に大切。ましてやウィーン中心部でスポーツをする機会が非常に減っているだけに、Wiener Eistraumの存在は大きなものになりました。

2021012903このブログでもお伝えしたように、Covid-19感染拡大下での営業であるため、主催者は様々な安全対策を打ち出していますが、現時点では利用者には好意的に受けとめられているようです。

また、主催するStadt wien marketingでは、利用者の協力に感謝の意を表明しています。

今シーズンは、リンクを利用できる人数は最大1200名。これは通常年の半分の定員。そのため、午後、夕方、週末は待ち時間が長くなる傾向が出ています。ただ、利用者は電話で事前に状況を確認することができます。

感染拡大対策の目玉は、利用者に貸与されるDistance Marker。利用者は、チケット購入後、名前や電話番号などの登録を行い、Distance Marker(デポジット制10Euro)を受け取ります。

2021012902このDistance Markerは、他の利用者と接近し、2メートルのソーシャルディスタンスを確保できなくなると、光信号、振動、ビープ音で警告します。

ただし、予め登録しておくと同一世帯の家族など警報対象外の人物については、接近しても警報は動作しません。

同時にする接触状況は記録され、後日、感染した場合、トレーサビリティーが可能なシステムです。

Distance Markerを入手して、初めてスケートリンクへの入場が許可されます。

Continue reading "ロックダウン下でも好評営業中 Wiener Eistraum"

| | | Comments (0)

より以前の記事一覧