August 03, 2019

花火大会雑感

2019080300017月の当ブログですが、最もページビューが多かったのが、7月28日でした。ただ、実際にご覧頂いた記事は、当月の記事というより、夏休みのご旅行を控えているためか、航空便の搭乗記などの閲覧が多かったようです。

さて、トップの写真は、すでに後半にさしかかったSeefestspiele Mörbisch「DAS LAND DES LÄCHELNS」の公式舞台写真です。プログラムに折り込みで掲載されている舞台全景を撮影した写真。これで雰囲気を感じ取って頂くことができると思います。

今日は夏の風物詩「花火大会の話題」です。

日本では、この時期、各地で大小の花火大会が開催されていると思います。7月の最終土曜日は、東京を代表する隅田川花火大会が開催されましたね。もちろん、夏以外の季節に花火大会が開催されるケースもあるようですが、圧倒的に多いのは夏だと思います。

また、首都圏などで、同一日程で花火大会が開かれる時もあり、お客さまも、どちらへ出かけるか迷うというケースもあると思います。

201908030005余談になりますが、Feriの実家では、毎年、8月第一土曜日に市民花火大会が開催されます。今年は、今晩。天気も良さそうなので、きっと浴衣をお召しになった多くのお客さまで賑わうことでしょう。

昔は、自分の住まいから花火を見ることができたのですが、その後、近くに中層集合住宅ができて、見えなくなってしまいました。ちなみに左の写真は、数年前に撮影した写真です。 

さて、オーストリアでも花火は盛んですが、何故か「単独の花火大会」というのは、余り聞きません。

屋外で開催されるSeefestspiele Mörbischでは、毎年、カーテンコール終了後に花火が上がります。時間は短いですが、大量の花火が上がるため、結構、見ていて楽しいものがあります。

201908030002昨年は噴水とのコラボレーションも実現して、時間は短いものの、印象に残るショーに仕上がっていました。しかも、該当作品のメドレーが流れる中で、花火が打ち上げられるため、いっそう印象に強く残りますね。

しかし、日本のように、純粋に「花火だけを楽しむ」というイベントは、余り耳にしたことがありません。

Feriが見過ごしている可能性もありますが、Sylvesterの花火も、新年を祝う行事の一環として行われているので、「花火大会」と位置づけるのには無理があるような気がします。

201908030003日本で、夏に花火大会が多い理由ですが、一説によるとお盆の迎え火、送り火と関係が深いという話を聞いたことがあります。

お盆の時には、火を使ってご先祖様の霊を慰める風習がありますが、この一つとして花火を打ち上げる風習が生まれたというものです。

言わば「鎮魂花火」と言えるかも知れません。それが、時代の変化と共に、霊を慰める行事から、花火を楽しむ行事に変化したようです。

Continue reading "花火大会雑感"

| | Comments (2)

July 28, 2019

ウィーンで猛暑を楽しもう

201907280011パリでは気温が40度を超えたというニュースが入ってきましたが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。パリほどではありませんが、暑い日が続くウィーン。「まじめな暑さ対策」だけでなく、「夏を楽しむイベント」も開催されます。

さすがに遊ぶことにかけても気合いの入っているオーストリア人です。今日は、その話題をご紹介しましょう。

8月2日と3日、Wiener Linienが、夏のキャンペーン「Hetz in da Hitz」の一環としてKarlsplatzで「水をテーマとしたアトラクション」を開設します。

201907280010猛暑対策と同時に、ウィーン市内でバカンス気分を味わおうという企画。もちろん入場無料です。

会場にはWasserbomben-Mikado(どんなアトラクションかはわかりませんが、前年のビデオがありました‥それが左の写真です)、 Surf-Rodeo、Chillout Areaなどが開設されます。

Chillout Areaはサンラウンジですが、ビーチパラソルに加えて、スプレーアーチから水が放出されるようです。

201907280013太っ腹なWiener Linienは、会場で日焼け止めクリームやビーチサンダル、粘着式タトゥーなどを無料で提供します。

ビーチサンダルはWiener Linienのロゴ入り。このイベントは両日とも14時から22時まで行われます。夜はお酒も入って、大いに盛り上がることでしょう。

一方、Wiener Wasserでは従来の猛暑対策に加えて、先週末、KarlsplatzにMega-Wasservorhangを設置しました(スミマセン、現地に行って取材で来ませんでした‥)。

Continue reading "ウィーンで猛暑を楽しもう"

| | Comments (0)

July 02, 2019

AUSTRIANTASTING TOKYO「オーストリアワイン大試飲会2019」

2019070100046月も多くの方にご覧頂き、深く御礼申し上げます。6月、当ブログでは最もページビューが多かったのは10日でした。また、アクセスの多かった記事を確認すると、意外と以前に掲載した記事をご覧になっている方が多いようです。さて、今日は日本の話題です。

7月1日、東京で「オーストリアワイン大試飲会2019」がオーストリア大使館商務部、オーストリアワインマーケティング協会の主催で開催されました。

会場は東京駅に隣接するシャングリ・ラ ホテル 東京、27階のシャングリ・ラ ボールルーム。いぁー、お金がありますねぇ‥以下、自粛。

今年は、日墺友好150周年を記念して、50以上のワイナリーが一挙来日。合計約100のワイナリーから、400以上のアイテムが集まる大規模なイベントになりました。

日中は「業界の部」が開催されましたが、友人が参加して、その模様を送ってくれましたので、当ブログでも当日の模様をご紹介しましょう。

○ワインセミナー
「業界の部」で注目されるのは、ワインセミナーです。今回は、以下のようなセミナーが開催されました。

1.ター・オブ・ワインのアンドレアス・ヴィックホフ氏によるセミナー
新規のワインをお探しのインポーター向けのセミナー。オーストリアワインの魅力や、その使い方について、マスター・オブ・ワインのアンドレアス・ヴィックホフ氏が、ワインテイスターで活躍されている大越基裕氏と共に解説。本セミナーでは、まだ日本では知られてない未輸入ワイナリーの製品が試飲できました。

2019070100012.グリューナー・ヴェルトリーナー ワークショップ

3.和食の味わいを引き立てるオーストリアワインの魅力

4.オーストリアのナチュラルワイン

5.Greatest business opportunities in Austrian wine

201907010006Feriが気になったのは、何と言ってもオーストリアで愛飲しているGRÜNER VELTLINERに関するワークショップ。これは、是非、参加したかったですね。

友人の話によると、事前申し込み制でしたが、抽選で参加者が決まるシステムだったとか。くじ運の良くないFeriは、申し込んでもハズレでしょうねぇ‥

さて、「グリューナー・ヴェルトリーナー ワークショップ」ですが、友人は当日のキャンセル待ちで参加が実現しました。

201907010008当初はGRÜNER VELTLINERというワインに関するセミナーだと思っていたのですが、実は、内容はびっくり仰天。「GRÜNER VELTLINERにピッタリのワイングラスは何か」という内容でした。

セミナー講師は、Riedel JapanのWolfgang Angyal氏。改めてご紹介するまでもなく、Riedelはオーストリアを代表するグラスメーカー。

最近では、同社のグラスを採用するエアラインも増えています。特にワインの種類に合わせたグラスを開発していることでも知られています。

201907010009実は、「グリューナー・ヴェルトリーナー ワークショップ」は、GRÜNER VELTLINERに最もあったグラスを決めるため、オーストリアのワイナリーの人たちに集まってもらい、14種類のグラスでテイスティングを行ったものです。

今回は、それを再現したという訳です。ただ、時間の関係もあり、使ったグラスは4種類。注目されたのはPerformanceと呼ばれるシリーズ。何とワイングラスの内側に特殊加工が施されており、ワインとの接触面積が増えるようになっているのです(右の写真が、そのグラスです)。

最終的にオーストリアでGRÜNER VELTLINERに最も合うグラスはPerformance Rieslingというモデルでした(左の写真では左から3番目)。

201907010007友人に話によると、4種類のグラスでテイスティングをしたそうですが、グラスが違うだけで、香りや味が異なることが体験できたとのことです。ワイングラスの世界も奥が深いですね。右の写真は、オーストリアでのワークショップの様子です。

○オーストリアワイン大使によるミニガイドツアー
オーストリアワイン大使が各ブースを一緒に回りながら、ガイディングをするミニガイドツアー。

「オーストリアらしさを表現するワイン(白ワイン篇)」、「和食とオーストリアワインのマリアージュ」、「きらりと光る、オーストリアの隠れた地場品種」、「イタリアンでオーストリアワインをどう使うか」、「オーストリアの自然派ワインを知る」、「フレンチでオーストリアワインをどう使うか」、「オーストリアらしさを表現するワイン(赤ワイン篇)」といったテーマが設定されていました。

Continue reading "AUSTRIANTASTING TOKYO「オーストリアワイン大試飲会2019」"

| | Comments (0)

July 01, 2019

Militärmusikfestival 2019が開催されました

2019063000057月最初の話題は先月、Linzで行われた「Militärmusikfestival(連邦軍音楽祭)の話題」をお届けしましょう。

日本では、毎年、自衛隊記念日行事の一環として、秋に東京の日本武道館で「自衛隊音楽まつり」が開催されます。

陸海空自衛隊の音楽隊に加えて、米軍やゲスト国のバンドも参加して、大変な盛り上がりを見せます。人気も高く、入場券はなかなか当たらないという話です。

さて、今回、会場となったのはLinzのTIPS-Arena。各地に展開する連邦軍の軍楽隊9隊が集まりました。隊員の総勢400名以上。

201906300004軍楽隊以外にSt.Florian合唱団(50名)、Zwölfaxingに所属するプロダンサー16名も参加しました。

日本の場合、女性隊員から選抜され、旗を使った演技を披露するガード隊が登場しますが、プロのダンサー(バレリーナ)を起用するところは、オーストリアらしいですね。

そう言えば、最近は自衛隊音楽隊に音楽大学出身の歌手が入隊し、話題になっていますが、こちらでも女性歌手は存在するようです。ちなみに屋内の会場なので、お客さまは4000名だったそうです。

自衛隊音楽まつりも同じですが、軍楽隊の演奏では、演奏に合わせてパフォーマンスを披露することが多く、音楽関係以外の隊員が参加するのが一般的。今回は、戦車部隊から40名、儀仗隊から70名の隊員が参加しています。

201906300002Feriは、残念ながら現地でMilitärmusikfestival 2019を見た訳ではないので、具体的な感想をご紹介することができません。

連邦軍のプレスリリースによると、Militärmusikfestival 2019は二部構成で、第一部は参加した9隊が、部隊ごとに演奏を行いました。

ここでは軍楽隊の演奏に合わせてダンスが披露された他、「Schild Hoch」という曲の演奏では、防護服を着た隊員のパフォーマンスが披露されています。

201906300003公開されている公式写真を見ると、演奏を行いながら、隊形を変化させるドリルも行われたようです。

余談になりますが、日本の自衛隊は米軍のドリルを範にして、独自の要素を取り入れているようです。一方、ヨーロッパの場合、アメリカ式のドリルはあまり見かけません。これも文化の違いなのだと思います。

第二部は、参加した軍楽隊が合同で演奏を披露。ヘンデルの「Feuerwerksmusik」も演奏されています。

フィナーレは、軍音楽監督Bernhard Heher大佐の指揮で、参加した全音楽隊により「Großen Österreichischen Zapfenstreichs」が演奏されました。

Continue reading "Militärmusikfestival 2019が開催されました"

| | Comments (0)

June 21, 2019

今週末は「36. Donauinselfest 2019」

201906210001昨晩、シェーンブルン宮殿で行われたウィーンフィルによる「Sommernachtskonzert in Schönbrunn」ですが、好天にも恵まれ、約85000名のお客さまが来場したそうです。昨年はアンナ・ネトレプコさんが出演したため、記録的な数の来場者となりましたが、今年あたりが妥当な数だと思います。

201906190001さて、今日は週末にウィーンで開催される大規模なイベント「Donauinselfestの話題」をお届けしましょう。

今年で36回を迎える「Donauinselfest2019」が、6月21日から23日の3日間、開催されます。夏の訪れを告げる野外フェルティバルです。

昨日、行われた「Sommernachtskonzert Schönbrunn 2019」がクラシック音楽の演奏会であるのに対し、「Donauinselfest」はポピュラーミュージックやキャバレー(ウィーン風軽演劇の方です)、パフォーマンス、スポーツアトラクション、子供さん向けのプログラムなど幅広いジャンルの催しが行われる野外フェスティバル。

会場は名称からもおわかりのようにドナウ川の中州(Donauinsel)です。半月ほど前から、ウィーン市内では停留所などに広告が出るようになりました。

201906190010Feriはポピュラーミュージックの方は詳しくありませんが、今年は地元のアーティストに加えてSeiler & Speer、Wolfgang Ambros、The Tiger Lillies、Mando Diao、Revolverheldといったグループが参加するそうです(スミマセン。どんな方が存じ上げないもので‥)。

ヨーロッパでは最大級の野外フェスティバルと言われており、毎年、多くのお客さまが来場されます。入場は無料です。長時間にわたる屋外イベントで、各種飲食店も多数出店します。

「Sommernachtskonzert Schönbrunn 2019」以上に若い方が多く集まることから、各種の規制があります。ホームページにはFeriお得意のピクトグラムは掲載されていませんでしたが‥

まず、フェスティバルエリアではセキュリティチェックが行われており、違反した場合は入場することができません。
201906190005大型バックパックの持ち込みは禁止されている他、違法薬物の使用、武器や花火、拡声器、傘、レーザーポインターの持ち込みも禁止されています。そして、各種ドローンの使用も禁止です。主催者によると、傘は武器になる可能性があるため、禁止しているという見解でした。

フェスティバルエリアではアルコール類は販売されていますが、持ち込みは禁止されています。これは青少年に対するアルコール規制(16歳以下はアルコール禁止)を徹底することも背景にあるようです(つまり自宅から持ってくる青少年を排除わけです)。

当たり前ですが、アルコールを飲んだ上で、テンションの上がる音楽を聞けば、トラブル発生のリスクが高まります。

そこで、危険物の持ち込みについては、厳しくチェックしている訳です。手荷物検査では、金属探知機も使われています。空港ほどではありませんが、かなり本格的です。

201906190015こちらでは泥酔者は軽蔑される存在。そのため、会場を巡回しているセキュリティスタッフが、観客に迷惑を及ぼすような泥酔者を発見した場合は、保護の上、会場外へ退去させられます。

最近、日本の野外フェスティバルでは、ゴミ箱がなくて困るという話を耳にしたことがありますが、こちらでは会場内に指定のゴミ箱があり、そこへ捨てるように案内されています。

会場内では、原則として乗り物は使用禁止。自転車、スクーター、インラインスケート、スケートボード、ローラースケートなどは全面禁止です。違反した場合、セキュリティスタッフが、一時預かることになっています。

Continue reading "今週末は「36. Donauinselfest 2019」"

| | Comments (0)

June 18, 2019

6月20日は「Sommernachtskonzert Schönbrunn 2019」ですが‥

201906170004今日は「野外コンサートの話題」をお伝えしましょう。

6月20日は、毎年恒例の「Sommernachtskonzert Schönbrunn 2019」が開催されます。何と言ってもアウトドアとは言え、入場無料でウィーンフィルの演奏が楽しめるので、毎年、多くのお客さまが来場します。

開演は20時45分からですが、天気が良いと場所を求めて、かなり前から皆さま来場されます。最近は人混みが苦手になってしまったFeriは、会場の下見には出かけたことはありますが、本番は行ったことがありません。

ステージはシェーンブルン宮殿の庭、宮殿前に設営されます。以前はグロリエッテ側にステージが設けられていました。しかし、最近は、グロリエッテを観客席に設定するので、このパターンに変わったようです。

201906170005まぁ、当日はORFがテレビ放送をするので、これを観るのが一番かもしれません。

さて、今年のテーマは「Rhapsody in Blue」。指揮は、GUSTAVO DUDAMELさん、ソリスト(PIANO)はYOJA WANGさんが予定されています。

プログラムも、すでに発表されています。

201906170003-Ouvertüre zu “Candide”
-Jubilee Waltz, o.op.
-Rhapsody in Blue
-Casablanca-Suite
-Stars and Stripes Forever
-Adagio for Strings
-Sternenbanner-Marsch, op.460
-Symphonie Nr. 9 (Antonín Dvorák“‘Aus der Neuen Welt”)

まぁ、ここまでは普通の音楽会情報ですが、Feriが注目したのは、会場のご案内に出ていたピクトグラム群。

多くの方が集まるため、現場での混乱やトラブルを防ぐため、かなり細かい規制が行われています。

Continue reading "6月20日は「Sommernachtskonzert Schönbrunn 2019」ですが‥"

| | Comments (0)

June 05, 2019

本日開催 Orchester für alle–Ihr Orchester in Bewegung 2019

201906050020今日は6月5日、オーストリア全土で開催される「楽しいイベントのお知らせ」をお届けしましょう。

「Orchestrefüralle」アクションデーのプログラムとして、Volksoper Wien Orchestraを含む、オーストリアのプロオーケストラ・メンバーが、「Ihr Orchester in Bewegung」というコンセプトの元、 Wienをはじめオーストリア各州都の街中に、楽器を持って飛び出します。

この行事は2017年から行われているもので、一般の皆さんにオーケストラの興味をもっていただくことを目的にしたものです。

そのため、単に街頭で演奏を楽しむだけでなく、観客が指揮をする、オーケストラ・メンバーと交流をする、楽器に触れるなど、色々な形でメンバーと交流する機会が作られているそうです。

紹介記事には「Die Tuba fährt Straßenbahn, der Kontrabass U-Bahn und das Fagott flaniert am Hauptbahnhof」とうたわれているように、路面電車や地下鉄に楽器を持って乗り込み、パフォーマンスも披露するようです。ウィーンでは15時から20時まで開催されます。

Volksoperのメンバーは、Wienでパフォーマンスを披露します。予告されている場所は、以下のとおりです。
-地下鉄Spittelau (U-Bahn Stars – Spot):17時30分
-地下鉄Westbahnhof:16時30分
-Ringstraßenbahn(乗車停留所Karlsplatz、下車停留所Resselpark):15時00分発

運が良ければ、コンサートチケットが入手できる可能性もあるそうです。

Continue reading "本日開催 Orchester für alle–Ihr Orchester in Bewegung 2019"

| | Comments (0)

June 01, 2019

EuroPride 2019が始まりました

201906010012早いもので2019年も6月に入りました。日本では改元という大きな行事が5月に行われたため、慌ただしい1ヵ月だったのではないでしょうか。

さて、6月1日からウィーンでは「EuroPride 2019」が始まりました。

開催期間は6月16日までで、期間中50以上の各種イベントが開催され、最大100万人の来場者が見込まれています。

201906010011EuroPrideは、最近、日本でも話題になっているレズビアン、同性愛者、バイセクシュアル、トランスジェンダーなどLGBTQと呼ばれる人々に対する人権を養護し、周囲の人々が受容する環境を醸成することを目的に行われているものです。

主要会場はRathausplatzやSigmund-Freud-Parkです。また、最大のイベントが6月15日にRingで行われる「Pride Run」と「Regenbogenparade」です。

なお、期間中の各種イベントはこちらをご覧ください。

201906010010このイベントは、ウィーン市などの自治体をはじめ、様々な企業も協賛しています。

その一つがÖBB。ÖBBは「EuroPride 2019」のオフィシャルモビリティパートナーとして、ウィーンへやってくる参加者の輸送やサポートに当たります。また「Regenbogenparade」にもトラックを改造した山車で参加することになっています。

また、Wiener Linienも「EuroPride 2019」のパートナーになっています。

Wiener Linienの代表取締役Alexandra Reinagl氏は、「多様性と寛容性は、Wiener Linienにとって重要な価値観です。だから、私たちは長年プライドをサポートしてきました。今年もまたパートナーとして、連帯のための重要なメッセージを発信できることを嬉しく思います」と述べています。

Continue reading "EuroPride 2019が始まりました"

| | Comments (0)

May 29, 2019

Mozarthaus Vienna でLeopold Mozartsのオリジナル・バイオリンを展示

201905280001日本では、国賓としてトランプ大統領が来日して、色々な話題を提供しているようですね。

また、5月だというのに「真夏日」が連続して続くという、ある種の「異常気象」。そんな5月も、そろそろおしまい‥

今日は「音楽家にまつわる展示の話題」をお届けしましょう。

モーツァルト・ハウス・ウィーン(Mozarthaus Vienna)では、ヨハン・ゲオルク・レオポルト・モーツァルト(Johann Georg Leopold Mozart)の生誕300年を記念して、オリジナル・バイオリンを展示しています。展示期間は5月27日から6月23日までです。

皆さまもご存じのように、レオポルト・モーツァルト(1719年11月14日~1787年5月28日)は、18世紀の作曲家であり、ヴァイオリニスト。

<>ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの父で、ドイツのアウグスブルクで1719年11月14日に生まれ、1787年5月28日にザルツブルクで没しまPした。

2人の子供が誕生してからは、その音楽教育に心血を注いだと言われています。

Continue reading "Mozarthaus Vienna でLeopold Mozartsのオリジナル・バイオリンを展示"

| | Comments (0)

May 28, 2019

Lainzer Tiergartenで市が開かれました

201905270010今日は「ウィーン市内で開催された市(Monatsmarkt)の話題」をお伝えしましょう。

ご存じのようにウィーンでは、現在でも市内各所に市が立ちます。常設の市もありますが、曜日を限定して開催される市も多数。

Feriのアパートに近い広場でも、毎週、小さな市が立っていました。

さて、5月26日、ウィーン市内のLainzer Tiergartenで月例の市が始まりました。これから10月までの期間限定ですが、オーストリアお得意の有機栽培野菜や果物をはじめ、多彩な商品が販売されたようです。

販売されたのは、季節の果物と野菜、植物(ハーブ、花を含む)、乳製品、魚料理、ジャム、手作りのBier(handwerklich gebrautes Bier)、手作り石鹸とオーガニック品質など。

Img_2004_05_7328この市のコンセプトですが、ウィーン子が大好きな散歩を楽しみながら、その途中で、美味しい食材を手に入れようというものです。ウィーンらしい市と言えるかもしれません。

Lainzer Tiergartenはご存じの方も多いと思いますが、ヘルメスヴィラがあることで有名。Hietzingにある広い自然公園です。

.名前が示すように動物保護公園で、野生動物が保護されています(いわゆる禁猟区)。かつては王室の狩り場だった場所が、後に動物保護公園に衣替えしたものです。

Continue reading "Lainzer Tiergartenで市が開かれました"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧