June 12, 2021

連邦軍が電気自動車を導入

2021060911今日は「オーストリア連邦軍の話題」をお届けしましょう。このブログでも再三お伝えしているように持続可能な社会をつくるため、オーストリアでは温室効果ガス削減のため、様々な政策を実行しています。

公共交通機関への電気バスや燃料電池バス導入も、その一つです。さて、6月2日、オーストリア連邦軍が電気自動車を導入したというニュースがありました。

軍事の分野でも使用エネルギー削減という観点から、様々な工夫がなされていますが、さすがに戦闘用車両を電動化するのは、エネルギー方法の供給も含めて、技術的に難易度が高いようです。

2021060910今回、導入されたのは平時の連絡や移動用に使用されるもので、車種はフォルクスワーゲンID.3。第一段として30両が導入されますが、導入コストは約114万Euro。

当日は、ウィーン軍司令官Kurt Wagner准将とニーダーエスターライヒ州軍司令官Martin Jawurek准将が、全軍司令部を代表して、Klaudia Tanner国防相から電気自動車を引き渡しを受けました。

Continue reading "連邦軍が電気自動車を導入"

| | | Comments (0)

June 07, 2021

世界環境デーと鉄道

20210606046月5日は「世界環境デー」(Weltumwelttag)でした。「環境保全に対する関心を高め啓発活動を図る日」として、国連で制定した「国際的な記念日」。

日付の由来ですが、1972年6月5日からスウェーデン・ストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念したもの。

ところで、皆さんは、この記念日が日本とセネガルの共同提案で制定されたことをご存じでしたか? Feriは知りませんでした。
と言う訳で、制定に尽力した日本に敬意を表して、環境省制作の2021年版公式ポスターをお目にかけましょう。

2021060605オーストリアに限らず、現在、ヨーロッパではCO2排出抑制のため、自動車や航空機から鉄道へのシフトを積極的に推進しています。

先日、このブログでもお伝えしたÖBBが進める長距離夜行列車NightJetの充実も、その一つ。また、Wiener Linienも積極的に環境保護の観点から、利用促進策を打ち出しています。

さて、今年、Wiener Lokalbahnen(WLB)が世界環境デーに合わせて特別デザインの電車(ラッピング電車)を投入しました。

同線は、当初は温泉保養地バーデンとウィーンを結ぶ、どちらかというとレジャー用の鉄道でした。その後、沿線の開発が進み、住宅が増えるにつれて、その性格を変えています。

2021060601ただ、現在でもウィーン-バーデン間を自家用車で通勤している人が多く、公共交通機関利用意識を高め、自動車から鉄道利用に転換してもらうことでCO2を削減しようというもの。

ちなみにウィーン市の発表によると、バーデン-ウィーン間の移動手段を自動車から鉄道に切り替えた場合、年間1620kgのCO2が削減されるそうです。さらに1年間で約600リットルの燃料削減につながります。

Covid-19感染拡大以降、公共交通機関の利用者が激減していることから、今年は、鉄道の利用促進に力が入っているような気がします。

特別塗装電車(ラッピング電車)は、自家用車ドライバーに公共交通機関利用を促す目的で投入したもの。ちなみに同鉄道は1906年から電気鉄道として運行されています。写真のオールドタイマーは1927年に製造されたものです。

2021060603鉄道の利用促進を促すためには、利便性の向上も不可欠です。2020年12月からは運転間隔を短縮して、利用しやすくしたのも、その一つ。

さらに現在、製造中の快適性を高めた新型車両の投入で、Badner Bahnの魅力を高めることに努めています(同社では、利用促進策を利用者へのインセンティブと表現しています)。

ちなみに最後の写真に写っている女性は、同社のマネージング・ディレクターMonika Unterholznerさん。

毎回、述べていますが、日本では「環境保護のために鉄道を積極的に利用しよう」という動きが、あまり見えないような気がします。

Continue reading "世界環境デーと鉄道"

| | | Comments (0)

June 01, 2021

太陽光発電の電力で列車を運行

2021052904今日から6月になりました。まもなく国立歌劇場の2021/22シーズンプログラムが発表されるので、楽しみにしている方も多いと思います。

さて、今日は「太陽光発電、まっしぐらパート2 ÖBB編」をお届けしましょう。

かつてのオーストリア連邦鉄道ÖBBは、民営化後、再生可能エネルギー導入を積極的に進めており、同社が使用する電力は、すでに100%グリーンエネルギーです。

こんな中、5月中旬からBahnstrom-Solarkraftwerk in Ladendorf(列車運行用太陽光発電所)が稼働を始めました。

ちょっと専門的になりますが、オーストリアやドイツ、スイスの連邦鉄道は15000Vの交流で電化されていますが、日本のように商用交流ではなく、鉄道専用の低周波交流(周波数16 2/3Hz、現在は16.7Hzと表現されています)が使われています。

2021052903これは、交流で直接、列車を動かす交流モーターを駆動させるためでした。

ÖBBは、列車の動力源として必要な電流の約3分の1を、8つの自社発電所で生産しています。残りの3分の2は、提携先の発電所や公共の送電網から供給されています。

ただ、周波数が異なるため、ÖBBの7つの周波数変換変電所で50Hzから16.7Hzに変換し、独自の送電グリッド(110kV)で供給しています。

太陽光発電に関しても積極的に導入していますが、このような事情があるため、主に駅施設などに使用されていました。

しかし、2015年、ニーダーエスターライヒ州Wilfleinsdorfに、世界初の16 2/3Hz交流電力を供給する太陽光発電所が稼働を開始。

2021052901そして、今回、Ladendorfに建設されているÖBB最大の太陽光発電所も、列車の運行用電力を供給するものです。ソーラーエネルギーで列車を走らせている訳です。

ÖBBは、現在、オーストリア国内で50Hz(商用交流)の太陽光発電所を21基、16 2/3Hzの太陽光発電所を3基、運用しています。

Ladendorfの新しい太陽光発電所稼働により、ÖBBは、自社の再生可能エネルギー生産量を増やし、オーストリア国内で独自のグリーン電力供給を行うという長期的な目標に近づいたことになります。

Continue reading "太陽光発電の電力で列車を運行"

| | | Comments (0)

May 31, 2021

太陽光発電、まっしぐら

20210526pressekonferenz5月最後の今日は「再生可能エネルギーの話題」をお届けしましょう。皆さまもご存じのようにEUでは温室効果ガス排出量相殺(カーボンオフセット)に向けて、再々可能エネルギーへの転換を急速に進めています。

Feriの個人的な見解ですが、オーストリアのみならず、ヨーロッパは、やや「前のめり」になっているのが気になりますが‥

日本でも小泉環境大臣が住宅への太陽光発電義務づけのような発言を行い、波紋を呼んでいるようですが、ウィーン市では「緑の屋根」に設置された太陽光発電システムへの新たな補助金「グリーン電力基金」に200万ユーロを追加融資すると発表しました。

ウィーン市では気候変動を抑制するため、2025年までに太陽光発電システムによる発電量を5倍にするという目標を掲げています。

2021052823stadtentwicklungsgebietこの目標を達成するため、毎年、過去15年間の合計に匹敵する数の太陽光発電所を建てる計画を進めています。この計画が進むと、2030年には、必要な電力の10%を太陽光発電でまかなうことが可能だそうです。

この計画を推進するためには、公共施設だけではなく、民間の集合住宅などへの太陽光発電システム設置を進める必要があります。

そこで、6月1日から、新たな補助金制度「ウィーン太陽光発電グリーンルーフ補助金」がスタートします。

さらに「ウィーン・グリーン電力基金」の資金を約200万Euro、増額します。これにより、2021年、太陽光発電システムの建設に対して、従来の3倍の資金が投入されることになります。

Continue reading "太陽光発電、まっしぐら"

| | | Comments (0)

May 29, 2021

ÖBB NightJetが運転再開、アムステルダムにも運行開始

2021052801今日は「夜行列車NightJet運行再開のニュース」をお届けしましょう。

Covid-19感染拡大の影響で、運行を取りやめていたÖBBが運行する夜行列車NightJetですが、規制緩和を受けて、5月25日から運行が再開されました。ちなみに運休期間は6ヵ月間でした。

特に初路線となるアムステルダムでは、5月25日、NightJet運行再開を祝して、セレモニーがLeonoreGewessler環境大臣AndreasMatthä ÖBB CEO、Marjan Rintel NS(オランダ鉄道)CEOらが参加して行われています。そして列車は予定どおり、5月26日、ウィーンに到着しました。

2021052803ウィーン(リンツ経由)、インスブルック(ミュンヘン経由)-アムステルダム間のNightJetは毎日、運行されています。ダイヤは以下の通りです。

NJ40490 ウィーン20時13分発、アムステルダム9時58分着
NJ40421 アムステルダム19時30分発、ウィーン9時19分着

NJ420 インスブルック20時44分発、アムステルダム9時58分着
NJ421 アムステルダム19時30分発、インスブルック9時14分着

一方、5月25日にウィーンを発ったNightJetが26日、ブリュッセル(Bruxelles Midi)に到着。ウィーン-ブリュッセル間は、現在、週3便(ウィーン発は火曜日、木曜日、日曜日。ブリュッセル発は月曜日、水曜日、金曜日)の運行です。

ウィーン-ブリュッセル間に関してはダイヤ改正により、ブリュッセル到着時刻が1時間繰り上がり、9時55分となりました。また、寝台車の連結両数が増えています。

Continue reading "ÖBB NightJetが運転再開、アムステルダムにも運行開始"

| | | Comments (0)

May 25, 2021

緑化プロジェクトの一般投票始まる

2021052402オーストリアはキリスト教の行事に伴う祝日が多いのですが、2021年、移動祝日であるペンテコステ(聖霊降臨日)は、5月23日でした。これに合わせて、お休みをとる方も多いことから、ロックダウン解除を、その前に実施したともいわれています。

さて、このブログでもお伝えしているウィーン市主催の都市緑化プロジェクトですが、一般から500件を越える応募があり、5月21日からインターネットによる一般投票が始まりました。
現在、専用サイトで公開されているプロジェクトは、予備審査を通過したプラン。

投票はインターネットの専用サイト(https://wienwirdwow.submit.to/landing/showcase)にアクセスし、プロジェクトごとに1から5の星(星5が最高評価)で評価する仕組みです。締め切りは5月30日、23時59分。

2021052401同時に専門家により構成された審査員が、公開されている全てのプロジェクトについて、実現可能性、有効性(問題解決)、革新度、メンテナンスのしやすさ、独創性などを審査します。

ランキングは、一般投票と専門審査員の合計ポイントで決まりますが、ポイント配分は専門審査員70%、一般投票30%となっています。

Continue reading "緑化プロジェクトの一般投票始まる"

| | | Comments (0)

May 23, 2021

5月20日は「ミツバチの日(Tag der Biene)」

2021052101今日は「ミツバチの話題」をお届けしましょう。

5月20日は「世界ミツバチの日」(World Bee Day)でした。スロベニア政府の提案に基づき、2017年12月の国連総会で制定されたそうです。

養蜂が盛んなスロベニアで「近代養蜂の先駆者」アントン・ヤンシャ(Anton Janša)氏の誕生日にちなんで、この日に制定されました。

2021052105このブログでもお伝えしているようにウィーンでは養蜂も盛んですが、今日は「Wiener Linienの取り組み」をご紹介しましょう。

2021052104「Wiener Linienとミツバチ」‥ちょっと関連がなさそうですが、実はWiener Linienでは、ミツバチの生息地(コロニー)を作っています。

現在、同社のコロニーはU1のLeopoldau駅に隣接した緑地ありますが、Wiener Linienでは2022年夏までに、同社の使っていない敷地に約80のコロニーを作り、200万匹のミツバチを生息させる計画です。

2021052102ご存じのように、ミツバチは、都市部の生物多様性にとって重要です。

花を咲かせる植物の多くは、昆虫の受粉に依存しています。そのうち約80%はミツバチが担っています。

実は公共交通機関とミツバチは相性が良いと言われています。それは、線路沿いに花が咲いている緑地があること。

Continue reading "5月20日は「ミツバチの日(Tag der Biene)」"

| | | Comments (0)

May 17, 2021

食料品梱包材の削減にご協力を

2021051207今日は「食料品の包装に関する話題」をお届けしましょう。

歳がバレますが、Feriが子供の頃は、日本でも生鮮食料品は、ほとんどパックに詰められていませんでした。

当然、レジ袋などはなく、母親は買い物カゴを持って近くの商店街(都内でしたが、当初はスーパーマーケットはありませんでした)のお店に買い物に行っていたのを良く覚えています。

その後、日本では、生活様式の変化により、農産品も含めて生鮮食料品はパック詰めが一般的になったのは皆さま、ご存じのとおりです。

2021051208もっとも、最近の皆さまは、子供の頃から「魚は切り身でパックに詰めて販売しているのが当たり前」という方も多いと思います。

さて、オーストリアでは、日本よりは食料品の梱包は簡易です。それでも近年、ウィーンなどの大都会では生活様式の変化に伴い、日本のようにパック詰めされているケースが増えてきました。

 当然、食料品を詰めたパックはゴミになる訳で、環境負荷軽減のため、ゴミ削減をめざすウィーン市では、「食料品をパックなしで購入しよう」という啓蒙活動を推進しています。

2021051205日本はプラスチックの使用削減が中心ですが、ウィーンの場合「ゴミの削減による環境保護」が主目的です。

この啓蒙活動のため、ウィーン市では「パックなしで購入するためのヒント」を多角的にまとめたサイトを設営しています(詳しくはこちらから)。

まず、基本は利用者(お客さま)側の意識改革です。

以下、ウィーン市のご案内。“再利用可能なボトルを手に入れ、持ってきた容器に詰めて、自分の買い物袋を使用してください。廃棄物の回避は非常に簡単です。スーパーマーケットやパン屋では、すでに多くのことが行われています。また、市場ではパッケージ化されていない製品を幅広く取り揃えています”

2021051206“販売員は、商品を袋に詰めたり、紙で包んだりします。これは、私たちが反応するよりも速く行われることがあります。そこで、注文する前に、自分でパッケージを持ってきており、梱包の必要がないことを伝えてください”

商品ジャンルごとにまとめられており、とても全てをご紹介できませんが、その一部をご紹介しましょう。

チーズ:冷蔵ショーケース内のボードにチーズが載っているケースでは、持参した容器に入れてもらえます。自宅で保管する場合、密封容器が適しています。ハードチーズの場合、ラップの代わりに、綿布を使用することもできます。

2021051202パン:布製バッグは軽くて小さく折りたためるので、ポケットに入れることができます。パンや焼き菓子は、布で包むと長期間、新鮮な状態で保存できます。店頭では、バッグを持参したことを販売員に伝えましょう。

ジュース類:レモネードやジュース用のリターナブルボトルの利用は、スーパーマーケットで拡大しています。市場では地域の食材から作られた自家製のシロップやジュースもリターナブルボトルで販売しています。
リターナブルボトルでソフトドリンクを確実に手に入れることができるのは、パッケージ化されていない店舗。主にオーストリアの農場や中小企業からのシロップ、レモネード、フルーツジュースなどを販売しています。

2021051201チョコレートやお菓子:一部の市場では、お菓子や砂糖漬けの果物を豊富に取り揃えた屋台があります。これらの屋台では、持参した容器に商品を入れるように頼むことができます。
ウィーンには、数え切れないほど多くのチョコレート工房やキャンディー工房がありますが、多くの店で、持参した容器に商品を入れてくれます。

Continue reading "食料品梱包材の削減にご協力を"

| | | Comments (0)

May 15, 2021

ナッシュマルクト駐車場改修計画に異論あり

2021051402先日、このブログでもお伝えしたナッシュマルクト駐車場のマーケットホール建設計画ですが、二つの政党が異論を唱えており、署名キャンペーンを始めました。

ウィーン市が公開したマーケットホールの案はイラストのようなもの。巨大な屋根がありますが、周囲はオープンな空間を想定しているようです。

これに対して、緑の党-緑のオルタナティヴ(Die Grünen - Die Grüne Alternative)は、元々、緑地が少ないエリアなので、商業施設をつくらず、住民がリラックスできる完全な公園にして欲しいという要望を出しています。同党では、公園建設に関する書名活動を始めました。

2021051401一方、現状維持を訴えているのがオーストリア自由党(Freiheitliche Partei Österreichs 、FPÖ)。住民用の駐車場を残し、毎週土曜日に開催されているフリーマーケットも、そのまま駐車場で開催することを訴えています。同党は、5月11日からさっそく署名活動を始めています。

右の写真は現地で署名活動を発表する同党幹部の皆様

今回のプロジェクトは住民参加型なので、両党の主張に賛同する住民が増えると、計画自体の大幅変更も考えられます。さて、今後の展開はどうなることでしょうか。

一方、ウィーン市が実施中の都市緑化アイデアコンペですが、5月21日から一般投票が開始されます。

Continue reading "ナッシュマルクト駐車場改修計画に異論あり"

| | | Comments (0)

May 14, 2021

ウィーンの路面電車にEU旗を掲出中

20210511115月いっぱい、ウィーン市内を走る約400両の路面電車ににEU旗が掲げられます。

この時期にEU旗が掲出されたのは、「Europatag2021」を記念したものですが、2021年が「Bahn frei für das Europäische Jah」(ヨーロッパ鉄道年)であることも関係しています。

2月にはÖBBに記念塗装の電気機関車が登場しましたが(詳しくはこちらから)、今回はウィーン市民への啓蒙活動の意味も含めています。

“ヨーロッパの未来は都市部にある”とMichael Ludwig市長が語っているように、温暖化抑制、都市環境の改善には鉄道をはじめとする公共交通期間へのシフトが不可欠。

次世代が住みやすいヨーロッパをつくるためにEUの精神に則り、ウィーンは率先して公共交通期間の充実を図っています。

2021051112もちろん、都市間輸送でも鉄道利用を推進する動きが活発になっています。旅客輸送では、ÖBBが運行するNight Jetに代表される夜行列車の充実や、ダイヤが乱れた場合の旅客対応の向上など行われています。

一方、EUでは1年間の期間をかけて、ヨーロッパの未来に関する会議を開催しています。この会議はオンラインプラットホームを活用しており、一般のEU市民も参加が可能。

気候保護や環境など、予め定められた9つのテーマごとに自分のアイデアや要望を述べることができます。

オーストリアでは、2020年6月に「鉄道で3時間以内の距離の国内線空路を全面廃止」という法律が可決されましたが、フランスでも4月11日、「鉄道で2時間半以内の距離の国内線空路を全面廃止する」という法案がフランス下院を通過しています。

エールフランス・KLM連合は強く反対していたため、2時間半以内になったそうですが、それでもパリ-ボルドー間、パリ-リヨン間、パリ-ナント間、パリ-レンヌ間、リヨン-マルセイユ間の航空路が廃止されます。

Continue reading "ウィーンの路面電車にEU旗を掲出中"

| | | Comments (0)